子どもたちへ 本を届けよう
住所
香芝市
出身
ハンドル名
ktomokaさん
ブログタイトル
子どもたちへ 本を届けよう
ブログURL
http://todokeyou.blog90.fc2.com/
ブログ紹介文
大学で児童文学を教えながら、子どもに本、お話を届ける活動をしています。東北被災地にも本を届けます。
自由文
大阪樟蔭女子大学神村研究室です。 子どもの本、絵本について教えながら、図書館や小学校などで、子どもたちに本、お話を届ける活動をしています。東日本震災の被災地の子どもたちにも本を届けています。
更新頻度(1年)

15回 / 281日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2012/01/17

ktomokaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,547サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,565サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,290サイト
ヤングアダルト 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33サイト
絵本・児童書 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 880サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 94,321位 圏外 94,321位 94,633位 75,580位 75,545位 75,330位 972,547サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 494位 圏外 494位 490位 314位 317位 314位 12,565サイト
書評・レビュー 200位 圏外 200位 197位 166位 164位 160位 3,290サイト
ヤングアダルト 2位 圏外 2位 2位 2位 圏外 圏外 33サイト
絵本・児童書 40位 圏外 40位 41位 27位 31位 34位 880サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,547サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,565サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,290サイト
ヤングアダルト 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33サイト
絵本・児童書 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 880サイト

ktomokaさんのブログ記事

1件〜30件

  • 祝!三宅興子先生国際グリム賞受賞

    三宅興子先生が、長年にわたる功績から国際グリム賞を受賞されました。日本児童文学会、日本イギリス児童文学会の双方に創立の頃から加わっておられる先達のお一人です。今もって、少女のままのみずみずしい好奇心でもって児童文学を探求し続け、いつ、どこで、お話を聞かせていただいても、とても面白く、触発されることばかり。賞の贈呈式と記念講演会が開催されます。≪贈呈式 ・ 記念講演会≫ 2018年11月9日(土)14:00~ 贈...

  • 子ども図書館の選書について学習会

    児図研 学習会日 時:2019年9月9日(月) 場 所 :大阪市立総合生涯学習センター  5階第3研修室「児童書の選書とは~今、学びたいこと~ 」 選書が大事だとはだれもが言います。では、実際は…? 一冊一冊選んだ本の集まりが蔵書です。子どもを育む読書は蔵書によって支えられています。今回、蔵書を作る理論と選書の実際を学びます。児童図書館員養成専門講座で10年に渡り、その理論と実践を講じてきた杉岡氏は、児童選書の...

  • 8月読書会

    おかしな天候が続きましたが、梅雨明けとともに、夏が本気の熱さを見せてくれていますね……。毎日サウナです……。更新が滞ってしまいました。前回、6月の読書会は、神村の心身の不調のため、急遽、中止といたしました。あらためて、8月に、同じ課題図書でリベンジ読書会をすることといたします。みなさま、よろしくお願いします。次回の読書会は、6月15日(土)8月24日(土)、今年の読書感想文課題図書の一冊を読むことになり...

  • 6月の読書会のお知らせ

    次回の読書会は、6月15日(土)、今年の読書感想文課題図書の一冊を読むことになりました。ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみアンジー・トーマス/作 服部理佳/訳出版社名 岩崎書店出版年月 2018年3月書籍に関する情報はこちらもどうぞ→岩崎書店の紹介ページ課題図書に選ばれたので品薄状態(増刷でそのうち大量に出回るはず……)。図書館は順番待ちになるかも?黒人であったがために、(白人)警官に問答無用で射殺...

  • 柴田元幸先生講演会(詳細)

    以前に速報を掲載した講演会について、詳細が決定しました!日本イギリス児童文学会西日本支部・夏の講演会柴田 元幸 氏「Adventures of Huckleberry Finn を訳す」講 師: 柴田 元幸氏    (翻訳家、東京大学名誉教授、文芸誌『MONKEY』編集長)日 時: 2019年6月8日(土) 14時30分から16時30分(予定)場 所: 大谷学園 帝塚山学舎参加費: 一般 500円、学生 300円学会HPにも掲載されています。→日本イギリス児童...

  • ファクトフルネス

    『Factfulness ファクトフルネス』いい本でした。ビル・ゲイツも絶賛とかで、ビジネス書として紹介されているようですが……。そういう枠やタイトルにとらわれず、多くの方に読んでみてほしい、おすすめしたい、と思える本でした。物事のみかた、とらえかたがいかに偏りやすいものか、それを避けるにはどんなことに注意すればいいか……。それを、角度を変えつつ、繰り返し、丁寧に説き明かしていく。……要約すればただそれだけ、なので...

  • 柴田元幸先生講演会(速報)

    お世話になっている日本イギリス児童文学会で、柴田元幸先生をお招きしての講演会を予定しています。柴田元幸氏はアメリカ現代文学を中心に、かなり幅広く、英米文学の研究、翻訳をしておられて、著書、訳書は数えきれないほど。子どもの本に近いところでは、マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒けん』や、エドワード・ゴーリーの絵本……などなどを手掛けられています。それから、翻訳や文学にまつわるエッセイもとって...

  • 石橋千代子さんを偲ぶ会

    香芝お話ローソクの会を作ってくださった石橋千代子さんがお亡くなりになりました。石橋さんは奈良県はもとより、大阪南部、三重など、各地の語り手、お話の会を育ててくださった方。この方の情熱と信念なくして、今のような語りの会や語り手はなかったと思います。今日は、東京子ども図書館の松岡享子先生をお招きして、ゆかりの方々のお力添えで、石橋千代子さんを偲ぶ会がひらかれました。私は仕事の関係で、前日の会場準備にし...

  • 内陸のくじら シオドーラ・クローバー

    アメリカ西海岸カリフォルニア。発行元はこちら→編集グループSURE発行元の紹介ページはこちら→シオドーラ・クローバー(中尾ハジメ訳)『内陸のくじら 〜カリフォルニア・インディアンの伝説からの9つの再話〜』...

  • 研究会のお知らせ

    所属している学会の研究会のお知らせです。どなたでもお越しいただけます。今回は参加費無料です。日本イギリス児童文学会西日本支部春の研究会********************************・2019年3月9日(土) ・あべのハルカス23階 大阪大谷大学Lecture Room A・支部会 13時30分〜14時・研究発表14時〜15時10分・講演  15時30分から~16時30発 表 ① 飯田 美帆「P. L. Travers Mary Poppins シリーズに描かれる鳥 ―― 「飛ぶ」「空」...

  • 受講者の声

    時々、外部団体からのご依頼により、講演、講座、研修などを行います。【受講者の声】過去一年間に実施した絵本の講座について、主催団体から感想をちょうだいしました。素晴らしい感想がたくさんあって感激したので、少しご紹介します。※複数の講座からランダムに抽出。長い文章を分けたり、カットしたりしていますが、文言には手を加えていません。・絵と音が果たす役割が別々であることがよくわかりました。・絵本の選び方や読...

  • 読書会のお知らせ

    まだまだ寒いですが、少し春を思わせる日差しの明るさ。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。2月の読書会は和やかに終了しました。年度の変わり目は何かとみなさん忙しく、GWあたりも例年とは違う日程になりそうな感じなので、次の読書会は、だいぶ先になりますが、GW明けといたします。課題図書は、子どもの貧困、ネグレクト、虐待などがまだそれほど話題にならなかった時期に、いちはやくテーマとした『おかしな金曜日』です。...

  • 2019年はじめの読書会

    本年もよろしくお願いいたします。今年は、年末年始も何も予定を入れず、例年よりもゆっくりめのスタート。おかげで、いつもより心なしか、おだやかに過ごせている気がします。さて、2019年最初の読書会は2月9日です。エヴリデイ (Sunnyside Books) David Levithan ( デイヴィッド レヴィサン )著、三辺 律子訳、小峰書店近年の訳業目覚ましく、三辺律子氏は、YAの翻訳者としては欠かせない翻訳家の一人です。私も未読なので、...

  • 読書会⑥2015年

    研究室で開催している読書会のまとめを少しずつアップしています……。やっと6年目まできました。2015年 (平成27年) 6年目~5月まで お休み6月 20150627●セリア・リーズ著 『魔女の血をひく娘』(1・2) 理論社 2003年 2006年 →関連記事 「魔女の血をひく娘」へ8月 20150801 ●上橋菜穂子 『精霊の木』9月 20150829 ●シャーマン・アレクシー 『はみだしインディアンのホントにホントの物語』10月...

  • おはなし配達、小学校へ。

    先日、年末のご挨拶の記事をアップしまして。もう年内は、更新できないかも……?というつもりでいたのですが、やっぱりご報告しなくちゃ。毎年12月に、お話ローソクの会でおうかがいしている小学校へ、今年も、おはなし配達に行くことができました。わたしは小学校5年生と6年生のクラスに、もう一人の方とふたりで組んで入りました。プログラム手遊び  奈良めぐりお 話   カッパと瓜(日本・美濃)  『おはなしのろうそく ...