searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

行政書士東武会さんのプロフィール

住所
新座市
出身
練馬区

埼玉県新座市の行政書士事務所「行政書士東武会」は、近隣公共施設で毎月1〜2回、毎月第4土曜日には当会事務所において困りごと無料相談会を開催中(日程等、詳しくはhttp://www.toubukai.net.)。

ブログタイトル
日々の雑記帖(営業中)
ブログURL
http://toubukai.seesaa.net/
ブログ紹介文
経営コンサルティングを業務とする行政書士事務所より、売上増加につながるヒントを紹介しています。
更新頻度(1年)

237回 / 365日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2009/12/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、行政書士東武会さんの読者になりませんか?

ハンドル名
行政書士東武会さん
ブログタイトル
日々の雑記帖(営業中)
更新頻度
237回 / 365日(平均4.5回/週)
読者になる
日々の雑記帖(営業中)

行政書士東武会さんの新着記事

1件〜30件

  • 何業と決めない2

    何業と決めない2 当記事では「何業と決めない」と書いています。 マーケットの変化に併せて「業」は変化するべきと考えるからです。 この「何業と決めない」と対峙する言葉を「業務を絞り込む」と思っています。 今でもこの「絞り込む」経営教訓として使われます。 全体として「発展途上」であれば「絞り込み」は必要と思いますが、「成熟社会」のマーケットでは「絞り込み」はどうかと考えます。 発展途上は…

  • エース席

    エース席 「エース席」これも当記事の造語です。 「一番稼ぐ席」の意味です。 例えばお店の入り口に対して正対している席が4席ある場合「左から2番目」がエース、3番目が次、一番左が3番、一番右が4番。 お店の入り口に対して側対している場合は「入り口から2番目」がエース、3番目が次、一番入り口に近い席が3番、一番奥が4番。 といった具合です。 勿論これは当記事が考える原則です。 で、これをどう供…

  • 自分にご褒美

    自分にご褒美 過去記事で感心したキャッチで「自分にご褒美」と書きました。 この「自分にご褒美」の反対は「おみやげ」だと思います。 この二つのキャッチ購買行動が別れるように考えます。 端的に言えば前者が「量より質」、後者が「質より量」ではないでしょうか。 今のマーケットは「量より質」供給側は工夫の必要があるように思います。 (今日の一枚)

  • お米の売り方3

    お米の売り方3 炊飯器の販売が好調とのこと。 国内に限らず、海外でも販売好調の様子。 「お米」の消費が減少する中「炊飯器」は人気。 これは「ご飯」に「特別感(キラキラ感)」を期待する消費のように考えます。 過去記事で成熟社会のマーケットは「選択」(対して食べる為のマーケットは「一択」)と書きました。 米食のカウンターにあるパン食の多様性を見ると「お米の売り方」選択肢を増やすのも考えの…

  • 認定子育てマンション

    認定子育てマンション うーん、当記事的には疑問です。 これだと「子育て」していない需要側にとっては購入しづらいように思います。 更に現在「子育て」中であっても10年後、20年後はどうなるのでしょうか。 「子育て」環境に即したマンションの仕様を見てみても「子供」に限らずあらゆる「層」にも支持されそうな気がするのですが。 過去記事で書きましたがマンションは「いつかみた町内会」のようになって行く…

  • 人生の資金計画

    人生の資金計画 特に春先になると「人生の資金計画」なるチャート式の読み物があります。 概ね「教育資金計画」「住宅購入計画」「老後資金計画」を「三大資金計画」と捉え「独身時代」から備えようとの流れが多いように思います。 唯思うのですが「今」そして「今〜」の時代に合っているのか(興味を引くのか)疑問に思う面があります。 「今」は晩婚化・生涯未婚率高・少子化・小規模世帯多数・高齢化の時代「今〜」…

  • 景気良くなるために。

    景気良くなるために。 経営者の方とのお話で「景気良くなるために」があります。 その為には先ず「景気の良い人とご商売しましょう」と話題にします。 景気の良い輪に包まれれば自然と景気が良くなると考えています。 「景気が良い」とは何も「お金持ち」とは限りません。 明るく前向きにアイデアを持った人と付き合うことと思います。 景気良くなるために先ず「景気の良い人とご商売しましょう」 (今日の…

  • お中元・お歳暮

    お中元・お歳暮 お中元・お歳暮の性格が変わってきているようです。 従前でしたら「仕事関係」が主だったものが今は「身内需要」その「身内」には自身も含まれるようです。 この分野も「女性・シニア」のマーケットになりつつあるようです。 女性・シニアマーケットの考えは「買う物は身近・買い物は近場」と書いています。 従前の「百貨店での購入」から地元商店での「地産品」を贈る「売り方」も提案出来るよう…

  • 徒歩商圏

    徒歩商圏 日本に限らず「先進国」と呼ばれる国では個人消費の商圏が徒歩圏になってきているように思います。 都市部を見れば車は使いづらいですし、自転車の駐輪規制も進み移動手段は「徒歩」が前提になりつつあります。 「徒歩」では移動半径は小さくなりますが移動時間はゆっくりとなり車等では通り過ぎてしまうような小規模店舗にもチャンスが出るように考えます。 「徒歩商圏」ならば「大型店舗」が必ずしも強…

  • ロボットと暮らす生活2

    ロボットと暮らす生活2 「ロボット」に関する情報が目立ちます。 著名な噺家を模したロボットや接客業務を行うロボットもあるようです。 従前に比べ「目線」や「仕草」等益々「人」に近づけた新型のようです。 当記事では「ロボット」にも「業務用」と「家庭用」があると思います。 「業務用」は先記事に書いた「人事部ロボット課」の方向、そして「家庭用」は「寂しさと煩わしさのマーケット」商品と考えます。 …

  • 資産に見合った売上

    資産に見合った売上 過去記事で「売上不足」と書きました。 何に対してですが「資産」だと思います。 もし資産が「マンション」ならば満室時の家賃収入が売上の上限で現状との対比は簡単ですが、各種の資産が存在する通常企業ではその算定が曖昧になりがちです。 資産を再計算して「適正売上」を計算することもデフレ後の中小企業経営には必要のように考えます。 (今日の一枚)

  • 目標の2分割

    目標の2分割 ご商売に目的を持つことは必要だと思います。 「売上目標」と「件数目標」です。 例えば月商500万円、件数10件等です。 そしてそれを分けて考えることが必要と考えます。 もし一軒で450万円の仕事が成立しても残9件の仕事を目指したり500万円の月商を達成しても月10件はあくまで目指す等です。 何故ならば目指すことが変わった結果今までの仕事の内容が変化し「幅」が広がる可能性があると思うか…

  • 営業時間の縦と横

    営業時間の縦と横 営業時間には「縦」と「横」があると思っています。 「縦」はそのものずばり「営業時間」 「横」は時間の「使い方」 「縦」の営業時間には限界があります。 でも「横」の使い方には様々な工夫が可能です。 「縦」への営業時間の拡張は何らかの状況変化で大きく業況に響く可能性があります。 もし「縦」の営業時間の拡大を考えるのならば「後」よりも「前」への拡大が出来ないか考えてみる…

  • ハウジングプロデュース

    ハウジングプロデュース 大手百貨店さんが個人宅のリフォームサービスを始めるとのこと。 「中食」「中衣」「中電」と進んで次は「中住」の流れに様々な異業種が参入してきています。(当記事内の造語も含まれています) 唯「中住」を「リフォーム」とすると「中電」→「中住」は少し距離があると思います。 当記事ではその「中住」を「模様替え」からと考えています。 「模様替え〜リフォーム」を括る何か「カタ…

  • 「売り方」を変えなければ

    「売り方」を変えなければ 「売り方」供給側は良く考える必要があると思います。 最近のカラオケ店さんの利用状況は「夜間の利用が減り昼間の利用が増加、一次会での利用が増加」だそうです。 従前の供給側から見れば「カラオケ」は二次会での利用が中心、その為の「売り方」を考えていたと思います。 しかしながら「一次会」での利用が「マーケット」とすれば「カラオケ」の「売り方」大きく可能性が増加するように…

  • 目標の80%

    目標の80% ご商売をする上で「数値目標」は持つべきと思います。 根拠の無い「夢の数字」では困りますが、少し背伸びをした数値でなければ「目標」になりません。 唯中々目標通りに進まないと途中で目標を追いかけることを断念してしまうこともあります。 当記事では「目標の80%」を先ず確実に達成することが大切と考えています。 「目標の80%」は「努力」で達成、それを継続すれば残りの20%は幸運に恵まれる…

  • 賃貸マンションの部屋別間取り。

    賃貸マンションの部屋別間取り。 さすがに最近では全部屋同間取りの賃貸マンションは減少しましたが、もっと思い切って部屋の間取り(大きさ)を変えても良いように思います。 「1R」「2DK」「3DK」等が混在する「賃貸マンション」です。 様々な「層」が居住する形式の方が長期に見て安定した収益が見込まれると思いますし、同マンション内での住み替えも期待できます。 更に入居率の低い低層階を「シニア向け…

  • 2020年7月15日(水)「事務所困りごと無料相談日」のお知らせ

    2020年7月15日(水)「事務所困りごと無料相談日」のお知らせ 当事務所(当記事の作成者事務所)では毎月「無料相談日」を開催しております。 日常生活や会社経営での相談事お気軽にご予約下さい。 日常生活での相談事で多いのは �@ 遺言書作成に関すること。 �A 相続手続(名義変更)に関すること。 �B シニアライフの心配(不安)に関すること。 �C 離婚手続(財産分与・慰謝料・養育費)に関すること…

  • シニア消費、趣味に全力?

    シニア消費、趣味に全力? 以前の新聞社が行ったアンケート調査の結果です。 「何にお金を使いたいか?」への回答です。 1位「旅行」2位「趣味」3位「健康増進」4位「食」5位「今後の備え」6位「子や孫との触れ合い」7位「住まい」8位「ファッション」と続きます。 2位の趣味には1位の旅行や4位の食や8位のファッション等も含まれますので見出しが「シニア消費趣味に全力」となったものと思います。 唯当記事で…

  • 台湾式シャンプー

    台湾式シャンプー 主に台湾の美容院さんで行われているサービスで特徴的なのはお客様が座ったまま行うようです。 台湾では「シャンプー」を美容院さんにキープし頻繁にシャンプーに通っているようです。 過去記事で市販新製品シャンプーの美容院さんでの「お試し利用」も面白いではないかと書きました。 この「お試し利用」に「台湾式シャンプー」を「組み合わせる」のも良いように思うのですが。 (今日の一枚) …

  • ハウジングプロデュース2

    ハウジングプロデュース2 前記事で「リフォーム」のもっと良いネーミングとして「ハウジングプロデュース」と書きました。 今回はもう少し具体的な「キャッチ」二つです。 一つ目は「お孫ちゃんセイフティーライフプレゼント」です。 今団塊の世代が「お孫ちゃん」へ各種のプレゼントを行うのが流行しています。 シニア世代の消費調査でも「お孫ちゃん」関係は別格のようです。 良いように思うのですが。 …

  • ハウジングプロデュース3

    ハウジングプロデュース3 新聞記事に「戸建て、富裕層に照準」とありました。 大手ハウスメーカーが富裕層向けの戸建て住宅の販売を拡張する内容。 背景には高価格帯の戸建て住宅の売れ行き堅調がある様子。 新築需要もあるでしょうが共同住宅まで考えれば「ハウジングプロデュース」の方が守備範囲広いように思います。 さてキャッチです。 「富裕層」このワード何か適正な「キャッチ」必要なように考えます…

  • 過去未来

    過去未来 商売の3要素「ヒト・モノ・カネ」には過去から来たものと未来から来たものがあると考えています。 「ヒト」に関しては従業員・取引先・お客様にも「過去・未来」、「モノ」に関しても「過去・未来」、そして「カネ」に関しても「過去・未来」。 「過去・未来」どちらが良い悪いことではなく、3要素を現在で見るのではなく「過去・未来」で見る視点があると考えるのです。 一番分かりやすいのは「カネ」売…

  • 便利なところに引っ越そう

    便利なところに引っ越そう 「生活便利なところへの引っ越し」を促す広告が目立ちます。 多分にここに商機があるとみていると思います。 過去記事でリタイヤ後の人生ステージが一番長期になるものと書きました。 「リタイヤ後」これは既に「老後」ではありません。 資金的に余裕のある生活再編だと思います。 「衣・食・住」全ての再編です。 唯この「衣食住」を別々に再編するのではなく一体として再編する…

  • 四階階段マンション

    四階階段マンション 通常高層階で階段のみの「マンション経営」は難しいものです。 唯少し考えようで「魅力」になるようにも思います。 例えば階ごとに階段の「色」を変たり、階段に番号を入れて「昇降」に「健康要素」を加味するのも面白いように考えます。 今は「売り方」の時代従来のアプローチ以外にも様々な「売り方」考える必要があるように思います。 (今日の一枚)

  • 製造業のB=C

    製造業のB=C 埼玉県内の中小製造業者さんが一般消費者向けの商品を開発・販売するとのこと。 今のマーケットを考えれば良いように思います。 「地産地消」と言うと飲食物に目が行ってしまいますが、「工業製品」も「地産地消」の対象になるように思います。 最終組立メーカーに納品するのみではなく「自社ブランド」での展開楽しみです。 (今日の一枚)

  • 中小企業経営「危機は成功を短期化する」

    中小企業経営「危機は成功を短期化する」 「ピンチはチャンス」という言葉があります。 唯全ての企業がピンチをチャンスに読み替えては良くないように思います。 危機が問題点を短期に顕在化させることは過去記事で書きましたが同様に危機が成功を短期に実現させることも多いように思います。 今後相応の年月で実現する商品・サービス等が短期に顕在化し成功する場合や自社に適切な投資を行って徐々に業容拡大を図っ…

  • 中小企業経営「危機は問題点を短期化する」

    中小企業経営「危機は問題点を短期化する」 当記事が考える中小企業の業況指標「付加価値=最終利益+役員報酬+減価償却費」この指標が長期的に徐々に悪化することをとても恐れます。 長期的に渡ればその環境の変化に気づくことが出来ず、儲からなくなるまで大きくなってしまうことがあるからです。 精一杯大きくなってしまうと取扱商品の変更やマーケットの変化についていく体力(主に資金調達力)がなくなってしまう…

  • 中小企業経営「解決策は売上UP」

    中小企業経営「解決策は売上UP」 会社は数字の塊だと考える事が出来るのではないでしょうか。 P/LもB/Sも数字の塊です。 例えば様々な成果も課題も数字で出る事が多いです。 成果なら良いのですが課題の場合、課題となった数字が例えば「原価」ならばその原価を削減する努力を行う場合があります。 確かに原価削減によって利益は多くなることがあり大事な取り組みかも知れません。 唯それは根本的な解決…

  • リフォームテーマは「体操コーナー」

    リフォームテーマは「体操コーナー」 ステイホームもしかすると一番の悩みは「運動不足」かも知れません。 ネットで様々スポーツ選手等が「自宅で出来る簡単体操」を紹介していますが、それでも相応の空間、更には床の強度、つかまるバー、出来れば姿見等もあれば継続の力にもなるのではないでしょうか。 「形から入る」のも良い動機付けだと思います。 自宅をもっと機能的で楽しい空間に、その勇気が生活を豊かにす…

カテゴリー一覧
商用