プロフィールPROFILE

風呼さんのプロフィール

住所
町田市
出身
博多区

自由文未設定

ブログタイトル
ピカソ・マニマニア
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/wienne0610
ブログ紹介文
詩で綴るピカソの91年
更新頻度(1年)

68回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2009/05/30

風呼さんのプロフィール
読者になる

風呼さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,446サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,908サイト
自作詩・自作ポエム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,809サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 81,848位 81,907位 81,985位 978,446サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 305位 294位 294位 5,908サイト
自作詩・自作ポエム 圏外 圏外 圏外 圏外 64位 61位 61位 1,809サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,446サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,908サイト
自作詩・自作ポエム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,809サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、風呼さんの読者になりませんか?

ハンドル名
風呼さん
ブログタイトル
ピカソ・マニマニア
更新頻度
68回 / 365日(平均1.3回/週)
読者になる
ピカソ・マニマニア

風呼さんの新着記事

1件〜30件

  • ” ジョーカー ” 映画

    ジョーカーとはアメリカンコミックスの『バットマン』に登場するバットマン最大の敵役。スーパーヴィラン(supervillain)と呼ばれる超能力や化学を駆使する犯罪者です。化学物質のタンクに落ち緑の髪・裂けた赤い唇・真っ白の皮膚となりました。ピエロを生業とするアーサーは脳に損傷があり緊張すると笑いが止まらなくなる病気で皆に気味悪がられています。彼の住む街は行政が乱れ、貧富の差が激しく、清掃業者によるストライキでゴミだらけになっている。アーサー自身も予算カットにより薬も貰えない。貧者はより弱いものに鬱憤を晴らしアーサーはその餌食になります。ある日ピエロの同業者から一丁の拳銃を譲り受けました。本人の望むところではなかったのですが。これで身を守れと。地下鉄で酔ったエリートたちに絡まれている女性を助けるが返り討ちに逢い、...”ジョーカー”映画

  • 岡田わ さん主宰の 押し花絵展

    メディアに全く登場されない押し花作家、岡田わさんと16人の選抜門下生による押し花展が銀座一枚の絵画ギャラリーで行われています。11月2日(土曜日)まで。前回の展覧会は5年前でした。その前は8年前だったそうです。今回は前回の鳩居堂より会場が狭いからか随分と作品数が少ない。上手ばかりなのは選抜だからですね。会場内は一斉撮影禁止なので岡田わさんの作品は3点あったのですがポスターのこの一点だけしか載せられません。大き目の掛け軸位。”花魁魂入”岡田わさんは花びら押し葉塾主宰サロンドトーヌ正規会員フランス芸術家協会永久会員で日本よりフランスで有名な方だそうです。今回は生徒さんの作品に題名がついていませんでした。来場者の名前の記載帳もなくいっそいさぎが良い。30日観風呼でした岡田わさん主宰の押し花絵展

  • 近頃 小学校の運動会事情

    えっ!!びっくりしました。向こうに見える白い建物は校舎。校庭のフェンス際は見渡す限りテント、テント、テント。子供の出番以外はゆっくり休んでいられます。年長者にはありがたい。就学前の弟・妹は絵本を見たり、ごろごろしたり。いっとき、キャンプ気分です。保育園も小学校も大雨続きでイベントが中止なったり延期になったり、昨26日(土曜日)、関東は晴れました。前日はまたまた大雨でしたが。取り敢えず無事に予定通りに行われて良かったです。by風呼近頃小学校の運動会事情

  • 重い汗 今日のヨガレッスン

    急に寒くなったせいか体のあちこちが痛い。一昨日のジムでのヒップホップレッスンでも今までにない違和感を覚えた。普段は大好きなヒップホップレッスンを受けるとたちまち体調が良くなるのだが。こんな日こそヨガを休むわけにはいかない。出来ることだけしよう。始まってすぐから全身からじとじと汗がでる。「こんな日は重い汗が出ます」インストラクターの言葉。そうか私だけではないのか。たしかにねちっと重い汗だ。いつものポーズを適当にやる。頑張らない!今日は。あら不思議、いつもより楽にポーズが決まっているような。「力まないで。頑張らないで呼吸をするのがヨガですよ」インストラクターのいつもの言葉はこういうことか。元気だと頑張りすぎちゃうものね。疲れている時こそヨガなのですね。10年近くやっていてまだまだ未熟、気づきのあるヨガのお話でした。...重い汗今日のヨガレッスン

  • 『 営繕かるかや怪異譚 』  小野不由美著

    〔奥庭より〕〔屋根裏に〕〔雨の鈴〕〔異形のひと〕〔潮滿ちの井戸〕〔檻の外〕の5編からなる表題通りの怪異譚です。古い建物にまつわる話なのはその怪異に立会うのが大工である若い営繕やさんだから。始めは怖いので夜寝る前に読むのは止めることにしたのですがだんだんどの話も特定の人にとり憑いているのではなく現象としてあるのだ大工である営繕屋さんが双方に支障のないように対象を改修する優しい物語なのだと気づきました。作者の小野不由美さんは1960年、大分県中津市生まれ。小さいころから怖い話が大好きだったそう。日本有数のパワーゾーンには不思議な話には事欠かなかったようです。中津藩といえば福沢諭吉のふるさとでもあります。あるかもしれないものと共存、もしかしたらこの世は二重構造なのかもしれない。風呼でした『営繕かるかや怪異譚』小野不由美著

  • 2019年 10月13日

    前日の12日に関東地方に前代未聞の雨量をもたらした台風19号が東北に抜けここでも大暴れしている。嵐の前の静けさというが嵐の後も(何かを押さえつけたように)静かだといつも思う。12日は通い始めて20年間で初めてジムが閉鎖された。私の住んでいる処では大きな被害はなかったので13日は午後から営業。午後3時半、町田からJR横浜線に乗り長津田で田園都市線に乗り換え三軒茶屋へ。JR横浜線は13日の開催が予定通りと決まったラグビーWカップの日本ースコットランド戦の横浜スタジアムの最寄り駅があるのでホームと車内にもさくらのユニホームを着たカップルを見かけた。どちらも熟年だ。私の分も応援お願いね。昨日多摩川が氾濫した二子玉川駅を通る。線路に並行している橋は車でいっぱいでほとんど動いていない。河川わきの道は物見高い人で溢れていた。...2019年10月13日

  • お金の匂いのしない ラグビーWカップ

    ルールなどまるで知らないけれどラグビーWカップを熱心に見ている。勿論、日本戦が主ですが。えっ、どこの国のチーム?人種も様々混ざっていて最初は??でしたがなにも日本だけのことではないと気づき。現在は5年在住していればその国の代表チームに入れるそうです。日本のトップリーグでは殆どがプロ契約だそうですが年俸のことを誰も言わないのが潔い。外見に驚かされることもあるけれど下劣にならないのはそう云うわけなんでしょうね。明日も頑張ってほしいと思います。by風呼お金の匂いのしないラグビーWカップ

  • ” 絶唱 ”  湊かなえ

    1995年の阪神淡路大震災時にかけがえのない人を亡くし深い悔恨に沈みトンガという国に救いを求めた4人の女性の物語です。作者自身も大学卒業を目前に震災に遭われその翌年から二年間、海外青年協力隊員としてトンガに家庭科教師として赴任されました。物語は5才で双子の片割れをこの震災で亡くし亡くなった方の名前で生きることを強いられた女性の本来の自分に還る話『楽園』高校教師からトンガの話をよく聞かされていた。大学生活も後半、交際相手に別れも告げられない優柔不断の自分に助け舟を出してくれた共通の友人に辛辣な言葉を投げつけたまま永遠の別れをすることになった『約束』その交際相手から逃げるようにやってきたトンガで家庭科教師をしている。父親を震災で亡くし命の大切さが身に染みている20才の女性がシングルマザーになり母親からも見捨てられな...”絶唱”湊かなえ

  • 暗算と消費税

    むかしむかしほんのちょっと昔消費税なんてなかった頃明治生まれのはるゑさんは買い物はみんな暗算八百屋でもスーパーでも品物を受け取る時には手の平に合計金額が載っていたはるゑさんに負けじとわたしも暗算しながらお買い物予算通りにお買い物合計金額はいつもぴったりだったはるゑさんは昭和と共に鬼籍に入りやがて元号が平成となって消費税が導入されころころと変わりわたしも何時からか端数を省略大雑把な暗算しかしなくなり若い人はスマホ活用にたけているが貨幣だって仮想なのにスマホ決済って仮想の二乗以上危うく思えどっぷり昭和浸りの私にはいま一つ信用しきれていないアキレスと亀のよう複数カード利用で月に10万円くらい還元する主婦もいると聞き頭は暗算プラスこんな風に使うのかとガラケーに戻した方がいいワタシですby風呼暗算と消費税

  • 『 高校入試 』  湊かなえ著

    とある地方の名門校の入学試験前日と当日を描いた話です。「入試をぶっつぶ」される学校が舞台。元々は2012年のフジTV系のドラマで(長澤まさみ主演)原作者の湊かなえさんがシナリオに初挑戦、翌年に小説化されました。シナリオと小説では結末が違うらしい。登場人物は学校側12人、その他11人の計23人。巻頭にこんな相関図が載っています。試験中にネットの掲示板に問題が漏洩したり実況されたり。全13話のテレビドラマのシナリオが元なので一話一話に次回に話を引っ張る仕掛けがありなかなかスリリングに展開します。高校入試に何らかの拘りを持つ者が共謀者が誰かもお互いに知らないままの犯行なのでした。結末は私にはちょっと?なので機会があったらシナリオも読んでみたいと思いました。by風呼『高校入試』湊かなえ著

  • みんな シャロンテイト が好きだった ”Once Upon A Time In Hollwood"

    もう50年経ちました。ハリウッドで起きたヒッピーによる殺人事件。ビートルズが世界を席巻し、ヴェトナム戦争が泥沼化し、ハリウッド映画が衰退していった1960年代はベビーブーマーが成人しあらゆる体制に反抗し始めた時でもありました。TVでそこそこ成功するも落ちぶれ始め映画でも敵役をするしかなかった俳優とそのスタントマンの1969年の2月8日からの3日間と運命の8月8日と9日未明が描かれます。スティーブマックイーンやバートレイノルズ等、俳優は特定のスタントマンと一心同体の関係にある場合がありました。2月8~10日までの落ちぶれた俳優(ディカプリオ)とそのスタントマン(ブラッドピット)となぜか隣に越してきたばかりのシャロンテイトの日常が丁寧に描かれます。一度その姿を目にした者はそう、みんなシャロンテイトが大好きになったの...みんなシャロンテイトが好きだった”OnceUponATimeInHollwood"

  • のんさん ”私の恋人”  於・本多劇場

    2013年、NHK朝ドラ「あまちゃん」で大ブレイクしたのんさん(能年玲奈さん)の初舞台です。劇団3〇〇を主宰する渡辺えりさん、小日向文世さんが共演です。名優揃い、ラッキーなデビューと思えますがかなりのプレッシャーでしょう。のんさんは多少大人びられましたが力まず透明感がありすがすがしい存在感です。10万年前のクロマニヨン人とアウシュビッツのユダヤ人の記憶を持つ井上ユウスケ(のん)の10万年前から脳内に描いている恋人を探す話。冒頭はマグリットの空から降ってくる紳士たちのイメージ。3人で30人を演じます。1時間40分ノンストップ、目まぐるしく舞台は展開します。えりさん、小日向さん、共に60才をはるかに超えられていると思うのですが素晴らしい運動量で物語に惹きこまれました。『ニムロッド』で前回の芥川賞を受賞された上田岳弘...のんさん”私の恋人”於・本多劇場

  • 大橋美加 ライブ

    昨9月2日、中野サンプラーザにてわがジャズヴォーカルの師大橋美加の14枚目のCDアルバム発売の記念ライブがありました。共演はピアノ守屋純子、ベース池田聡、ドラム松浦賢二のレコーデイングメンバー。CINEMAFULLIFEがタイトルです。大橋美加は映画評論家でもあります。第二部ではCDにはないマリリンモンローの曲が中心。網タイツの美脚を披露。脚線美には定評があります。バンドの演奏も素晴らしく、先日の身内の発表会で私たちの伴奏をして下さったベースの池田さんのの表現力にびっくりしました。ベースってこんなに魅力的なんだ。風呼でした大橋美加ライブ

  • コシノジュンコさん 日経新聞”私の履歴書”

    8月の日経新聞朝刊の私の履歴書はコシノジュンコさんでした。文化服装学院の花の9期生の一員で最年少にして装苑賞を受賞されました。当時、私の姉二人が文化服装学院に行っていたので『装苑』という雑誌は私の家にあり小学生だった私も何となく覚えています。その後の活躍は胸のすくもので同性としていつも喝采をおくっていました。すべてにおいて優秀だった姉ヒロコさんに追い付け追い越せの少女時代。高田賢三等、後の日本ファション界をリードする文化服装学院での仲間との出会い、作詞家安井かづみとの交流、パリへの進出、二度の結婚等、大きな失敗もすべて書かれています。交友関係も多彩で優れた人は異種でも優れた人を見分けられるのだと感心しました。私は少し占いができるのでコシノ母娘を観てみました。4人に共通するのは頭の良さです。ミチコさん以外の3人は...コシノジュンコさん日経新聞”私の履歴書”

  • ” かけおちる ”  青山文平著

    2016年、”つまをめとらば”で直木賞を受賞された青山文平さんの2012年の作です。前年の”白樫の樹の下で”で松本清張賞を受賞されています。2015年作の”つまをめとらば”2011年の”白樫の樹の下で"2014年の”鬼はもとより”2016年の“半席”2016年の”励み場”と読んできて、2012年作のこの"かけおちる”なので、少々こなれていない感じがしました。つまりこの作者はあら70才にしてまだ筆が伸びているということなんでしょうか。凄い!!どの作品にも共通の江戸中期の下級武士の話です。妻が他の男とかけおちる事で、夫の奮起を促そうとする、母を倣ってその娘も同じ事をする、他にも方法があるだろうにその家の癖のようなものがあるんでしょうか。最後まで面白く読みましたがちょっと無理があるかなあ~とも思いました。なかなか読後...”かけおちる”青山文平著

  • ” けむりの軍団 ”  劇団☆新感線

    時は秀吉が小田原攻めをする前のいつか。軍司十兵衛が仕官せんと放浪中に賭場泥棒や人質となっている城から逃げ出す姫や一向宗に巻き込まれるという話です。十兵衛に古田新太、賭場泥棒に池田成志、姫に(昼ドラ安らぎの里・道のおしのちゃん)清野奈々、僧侶に粟根まこと、姫が囚われていた藩の家来に早乙女太一の配役です。古田新太さんのさすが、賭場泥棒役の池田成志さんが秀逸!!早乙女太一さんのうっとりとする殺陣!!粟根まことさんを始め、新感線の面々の切れのいいダンス!!おしのちゃんですがアクションを頑張っての健闘です。「髑髏城の七人花」の沙霧役についで二度目の出演だそう。私はこの演目をIHIステージで見たのですが全く記憶にありません。小栗旬と小池栄子の若どくろで沙霧をやった仲里依紗さんがあまりに強烈だったので「風」の岸井ゆきのさんを...”けむりの軍団”劇団☆新感線

  • 滑川渓谷  愛媛県

    松山市の東、東温市にあります。駐車場から奥の滝(冒頭の写真)まで20分。2才くらいの子も川中を歩いています。子供は殆どの子がクロックスを履いていました。一本橋はくぐったり座ったりするためにある?涼し~いい駐車場は暑い~い7/28風呼でした滑川渓谷愛媛県

  • 平賀源内 生誕地  志度

    香川県東部の志度町は江戸末期、エレキテル等、数々の発明で有名な平賀源内の生誕地です。その墓が四国八十八カ所の第八十六番、志度寺あります。冒頭の写真はこの門の左右の運慶作の国の重要文化財の仁王像です。源内の墓はこの仁王門の手前右手にあります。左の立て札に源内さんお墓と書いてありました。地元の人に親しまれているのですね。この仁王門から真直ぐ西に延びる道は源内通りと呼ばれ生家のとなりに銅像があります。源内通りの道沿いに子供たちの絵が貼られていました。本当に愛されているのですね。7月29日by風呼平賀源内生誕地志度

  • 四万十川の 夕陽

    7月27日(土曜日)近畿・東海地方に接近しているという台風を跨いで羽田✈から松山✈まで。松山✈からそのままレンタカーで四万十へ。四万十川は支流を含めて47の沈下橋があるので有名です。沈下橋とは増水時に川に沈んでしまう欄干のない橋です。徳島の吉野川では潜水橋と呼ばれるそう。冒頭は景観の良さで評判の岩間橋です。残念ながら平成29年に途中から崩れてしまいました。再築の予定はないそうです。釣りバカ日誌14のロケ地勝間橋から。夕日が映ってキラキラ水面の花火のようです。対岸に煙が。高瀬橋です。四万十川は1995年まで正式名称は渡川(わたりがわ)でした。1708年著の「土佐日記」にわたりがわとあるそう。山清水を集め蛇行するこの川が四万十と呼ばれるのには諸説ありますが多分、四万石の木を十回流すことが出来るから。松山から四万十ま...四万十川の夕陽

  • 小さな約束

    80才の彼女は世が世ならコンテッサ(伯爵夫人)正真正銘のレディで私の憧れのひとだったその彼女がある日「私もカラオケで歌えるようになりたい」「いいですよ何時でもお供しますよ」約束を叶えぬまま月日が経って年賀状に返信が来なくなり風の便りに体調が優れず皆の前から姿を消したと私はずっとお供をしなかったことを悔いているのです。by風呼小さな約束

  • ” 励み場 ”  青山文平著

    宝暦の飢饉の後の延享元年(1744年)の話です。『耕作専一』(商いに頼らず耕作のみ)にて飢饉を乗り切った名主を顕彰する報告書を書くべく派遣された若き勘定所普請役(武士未満)の己の持てるすべてを注ぎこむのに足りる、励み場探しの物語です。主人公、笹森信郎は名子(なご)出身でした。名子とは武士を捨てた領主にそのままついてゆき家来のまま使用人になった者のことです。平和も150年も続くと元々は武士であったものの領地を持たない名子は小作人よりも低い立場に置かれます。信郎は幼いころに両親を亡くし名主の下で育ちます。手習い所で頭角を現しめきめき出世、江戸で失った武士の位に戻りたいと故郷を後にしたのです。派遣先で耕作専一の筈の名主からその真実を突き止め自分の励み場は武士に戻ることではないと思い直します。相思相愛の妻との相手を思い...”励み場”青山文平著

  • ” オーシャンズ 11 ”  於・東京宝塚劇場

    左、東京宝塚劇場公演のパンフレット、右、宝塚大劇場のパンフレットの表紙です。パンフレットの中身は前半はほぼ同じですが、東京の方には練習風景の他に舞台写真も載っています。主役・準主役を始め男役が11人、敵役を含めると重要な役が男ばかり12人にも登るので見分けがつくか心配でしたがちゃんとわかりました。ダニー・オーシャンを演じられた真風涼帆(まかぜすずほ)さんはとても大人っぽくこの役にぴったりです。他の10人+1人も役柄を捉えられていて楽しめました。スリの達人役の和季そら(かずきそらエデンの東のキャルを演じさせてみたい)さんの切れのあるダンス、5年前のヒロイン・テスを演じた妖精のような夢白あやさんに魅せられました。ラスベガスのショーのクイーン・ダイアナ役の純矢ちとせさんの存在感も半端なく。フィナーレの105期生8人を...”オーシャンズ11”於・東京宝塚劇場

  • 久里浜の花火

    昨7月13日(土曜日)、横須賀のペリー公園前の大浜で恒例の花火大会がありました。時々小雨のちらつく中最前列のど真ん中に陣取って鑑賞。特等席からの眺めです。朝から席を取ってくれた家族に感謝!!by風呼久里浜の花火

  • この二人似てない ? 村上祥子さんと 竹原芳子さん

    先週7月3日(水曜日)の徹子の部屋に出演された料理研究家の村上祥子さんです。一瞬、映画”カメラを止めるな”にTVのディレクター役で出演されていた竹原芳子さんかと思いました。最近、改名されたというし。村上祥子さんは77才です。最近電子レンジを使ったおひとり様料理がシニアに人気だそうです。竹原芳子さんは59才。新しい名前は『どんぐり』さんです。by風呼この二人似てない?村上祥子さんと竹原芳子さん

  • アート石井 ミニ発表ライブ 

    ジャズヴォーカリスト大橋美加の歌唱指導によるジャズヴォーカル教室のミニ発表会が東京スカイツリーのお膝もとの本所吾妻橋にあるアート石井教室でありました。伴奏はピアノ・守屋純子(!)、ベース・池田聡という豪華版です。今までで一番出演者が少ないという会でしたがあの守屋さんのピアノということでちょっとわくわくです。参加者全9人2曲づつ、みんな上手になりました。私は♪シャレード♪と♪ワークソング♪♪ワークソング♪は間奏が2コーラス、ピアノとベースが1コーラスづつという初めてのバージョンで楽しみにしていました。ノリが命の曲です。多少のミスをしましたがノリのほうはばっちり。録音を家で何度も聴いています。素晴らしい体験でした。守屋さん、池田さん、ありがとうございました。今だから許される、出来ることに感謝!!です。7月7日by風...アート石井ミニ発表ライブ

  • 『 半席 』  青山文平著

    時は文化年間(1804~1818将軍は徳川家斉)半席といわれる一代限りの御家人、28才の片岡直人という徒目付(かちめつけ)が主人公の「半席」「真桑瓜」「六代目中村庄蔵」「蓼を喰う」「見抜くもの」「役替え」の六篇からなっています。無役の小普請組から”逢対”(あいたい有力者の登城前にその屋敷への日参)からやっとの思いで這い上がった徒目付という役目。もう一つの勘定方に登用されれば晴れて永代の将軍お目見えの旗本になれる。いずれ設けるだろう子孫の為に旗本になる夢を叶えたい。そんな直人が事件に拘わった武士の真相が知りたいという依頼に出世の邪魔だと始めは断ったものの次第に応じていく話です。お江戸の時代も200年続くと武士も長生きするらしい。「真桑瓜」などは80才から99才までの役のある旗本の集まりが舞台だ。「六代目中村庄蔵」...『半席』青山文平著

  • 国府弘子さん Piano solo  於 " 蛍月 ”

    昨年亡くなられたピアニストの前田憲男さんの追悼コンサートが東池袋にある”蛍月”でありました。前田憲男さんの薫陶を受けた国府弘子さんのピアノソロと映像を見ながらの思い出話の会です。40人も入ればいっぱいの店内にはご遺族や前田憲男さん、国府弘子さんとよくトリオで演奏されていた故羽田健太郎さんのご家族もお見えでした。国府さん伴奏による”蛍月”オーナーのシャンソン歌手、杉田真理子さんの♪ひまわり♪、コーラスグループ・サーカスのメンバーによる♪Mrサマータイム♪も歌われるという素敵な夕べでした。冒頭の写真は前田憲男さんがお好きだったという♪ミスティ♪右は在りし日の前田憲男さんの写真です。国府弘子さんは映像でお見かけする通り華やかで美しく、トークもお上手なきさくな方でした。演奏されたのは皆、馴染みのある曲ばかりでした。中で...国府弘子さんPianosolo於"蛍月”

  • 『 鬼はもとより 』  青山文平著

    この作者の本を読むのは三冊目です。三冊、いづれも江戸中後期の下級武士が主人公です。『白樫の樹の下で』が賄賂の横行した田沼意次時代が終わった後(1788年寛政時代)が舞台ならこの『鬼はもとより』はその直前(宝暦1751~1764)の話。東北の小さな藩、参勤交代で藩の財政が窮迫する中飢饉が起こり藩札を発行するも行き詰まる。規定よりも多い額を摺ろうとする家老に抗して版元を持って逃走する男が主人公です。藩札は藩が所持する金銀の3倍が鉄則でした。家老は新たに版元を作り藩札の発行を続け男が危惧した通り藩は滅亡します。江戸で万年青(おもと)の鉢を造り、細々と暮らしていた男に男の噂を聞いた弱小藩から藩札発行の指南を仰がれるようになります。男は弱小藩が貧困から逃れる方法を考え続け答えに行きつき、一万六千石と云う東北の藩で実行に移...『鬼はもとより』青山文平著

  • 紫陽花 アジサイ

    近所の市営住宅敷地内の紫陽花です。立葵との見事なコラボ。我が家のアジサイは今年は咲かないなこれだけ?と思っていたら隣の庭に出っ張って咲いていました。手繰り寄せて枝にくくりつけてもいいけれど隣はずっと空き家です。ちょとこのまま失礼させてごめんなさい(`・∀・´)ノ所詮花のお茶目です。by風呼紫陽花アジサイ

  • 『 白樫の樹の下で 』  青山文平著

    江戸幕府が開かれてから180年(!!)天明の時代の親子二代にわたってお役目のない若い三人の下級御家人の話です。同じ道場に通う三人は木刀でも振っていないと貧困に押しつぶされそう。揃って腕が立つので他道場の道場破りの助っ人に呼ばれたりする。提灯張りや当時はやり始めた金魚の養殖等の内職だけでは家族が養えないのでいい小遣い稼ぎになるのです。普通の道場は面,胴をつけて竹刀で稽古するのですが三人の通う道場では真剣を想定して防具なしの木刀なのです。武士は真剣を抜いたことがない。だからか辻斬りが横行し三人のうちの一人がたまたま現場に居合わせ犯人を斬った。その手柄によりある武家に召し抱えられます。それを羨む一人は自分も辻斬りを退治し士官したいと夜な夜な町へ出る。多分、一番腕の立つ主人公であるもう一人は門弟の町人に一振りの刀を預け...『白樫の樹の下で』青山文平著

カテゴリー一覧
商用