プロフィールPROFILE

yumede-ai  『夢逢人』さんのプロフィール

住所
調布市
出身
調布市

日常は買物専任者、そして散策などの時、四季折々のうつろいを享受し、 随筆、ノンフィクション、現代史などの読書、 そして古き良き時代の映画を自宅で鑑賞、 或いは音楽を聴いたり♪ ときおり小庭の手入れをしたり、 家内との共通趣味の国内旅行をして、 その地の風土、文化などを教示される♪ こうした時に感じたこと・・あふれる思いを心の発露として、 真摯に、ときには楽しく綴る♪

ブログタイトル
夢逢人かりそめ草紙
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yumede-ai
ブログ紹介文
定年退職後、身過ぎ世過ぎの生活。日々に感じたことなど・・あふれる思いを心の発露として。
更新頻度(1年)

348回 / 364日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2008/06/19

yumede-ai  『夢逢人』さんのプロフィール
読者になる

yumede-ai  『夢逢人』さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(IN) 1,921位 2,088位 2,144位 2,200位 2,283位 2,301位 2,391位 977,896サイト
INポイント 10 180 230 190 170 180 130 1,090/週
OUTポイント 50 2,230 2,190 1,740 2,110 1,270 1,140 10,730/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 36位 37位 36位 37位 38位 41位 42位 3,455サイト
70歳代 2位 2位 2位 2位 3位 4位 3位 409サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 989位 1,061位 1,155位 1,214位 1,269位 1,352位 1,349位 977,896サイト
INポイント 10 180 230 190 170 180 130 1,090/週
OUTポイント 50 2,230 2,190 1,740 2,110 1,270 1,140 10,730/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 33位 33位 35位 38位 40位 43位 45位 3,455サイト
70歳代 1位 1位 1位 1位 2位 3位 3位 409サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,896サイト
INポイント 10 180 230 190 170 180 130 1,090/週
OUTポイント 50 2,230 2,190 1,740 2,110 1,270 1,140 10,730/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,455サイト
70歳代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 409サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、yumede-ai  『夢逢人』さんの読者になりませんか?

ハンドル名
yumede-ai  『夢逢人』さん
ブログタイトル
夢逢人かりそめ草紙
更新頻度
348回 / 364日(平均6.7回/週)
読者になる
夢逢人かりそめ草紙

yumede-ai  『夢逢人』さんの新着記事

1件〜30件

  • なんだか目がかすむ・・・は、老化現象ではなく、肺線維症の恐れ、私は動顛しながら学び、やがて多々教示させられて・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【NEWSポストセブン】を見ていたら、『なんだか目がかすむ・・・は、老化現象ではなく肺線維症の恐れ』と題された見出しを見たりした・・。私は東京の調布市に住む年金生活の75歳の身であるが、過ぎし年の4年前に白内障の手術を左眼、そして右眼の受けて、それまで酷い近眼の0.03であったが、手術後まもなく0.8前後の視力となったりした。そして私は高校生よりメガネを愛用してきたが、メガネが55年ぶりに不要となり、何かと酷い近眼で劣等感を感じてきた私は、人生観さえ変わったりした。やがて今年の3月の初めの頃、私は突然に左眼だけが酷い白内障になったように視力が激変し、結果的には4月2日より、眼科医院に6泊7日して左眼の硝子体手術を受けたりした・・。このように眼に関しても、何かと深い体験をして...なんだか目がかすむ・・・は、老化現象ではなく、肺線維症の恐れ、私は動顛しながら学び、やがて多々教示させられて・・。

  • 配偶者を亡くしたあと、「最後のひとり暮らし」を乗り切る知恵、高齢者の私は真摯に学び、多々教示され・・。

    先程、愛読している公式サイトの【現代ビジネス】を見ている中、『配偶者を亡くしたあと、健康保険料を払わない「裏ワザ」とそのリスク~「最後のひとり暮らし」を乗り切る知恵~』、と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市に住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中、こうした中、私たち夫婦の両親は、今や家内の母だけとなっている。私が2004年(平成16年)の秋に定年後する直前に、家内の父が病死され、家内の母は我が家より遠い地で、独り住まいとなっている。ここ数年は家内の母が『要介護3』となり、長女の家内と家内の妹が交互に、家内の母宅に宿泊して、家内の母の食...配偶者を亡くしたあと、「最後のひとり暮らし」を乗り切る知恵、高齢者の私は真摯に学び、多々教示され・・。

  • 積極的に涙を流すことで健康になる『 涙活 』、遅ればせながら高齢者の私は学び、やがて人生の光明を感じて・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【NEWSポストセブン】を見ていたら、『「なみだ先生」が教える泣ける作品、鉄拳・振り子や永遠の0他』と題された見出しを見たりした・・。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、雑木の多い小庭の中で、古ぼけた一軒家に住み、ささやかに過ごしている。こうした中、私は体力の衰えを実感しているが、好奇心だけは強く、今回の《・・「なみだ先生」・・》って、どのようなことですか、と思いながら、記事を精読してしまった・・。この記事の原文は、『女性セブン』の2019年11月21日号に掲載された記事のひとつで、関連の公式サイトの【NEWSポストセブン】に11月12日に配信され、無断であるが記事の殆どを転載させ...積極的に涙を流すことで健康になる『涙活』、遅ればせながら高齢者の私は学び、やがて人生の光明を感じて・・。

  • 「妻が先に死ぬか、夫が先に死ぬか」で税金の額が激変してしまうワケ、高齢者の私は学び、多々教示させられて・・。

    先程、愛読している公式サイトの【現代ビジネス】を見ている中、『「妻が先に死ぬか、夫が先に死ぬか」で税金の額が激変してしまうワケ』、と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市に住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中、私たち夫婦の80歳までの家計収支計画は、私が定年後の年金生活を始める数年前に立案して、この後の実態生活に応じて、幾分修正をして今日に至っている。しかしながら、どちらかが『おひとりさま』の生活になった時は、我が家の収入の根幹の年金は、半分ぐらいになるだろう、と漠然と思ったりしてきた。そして遅ればせながら確か4年前の頃、高齢者の『おひ...「妻が先に死ぬか、夫が先に死ぬか」で税金の額が激変してしまうワケ、高齢者の私は学び、多々教示させられて・・。

  • ある医師が受ける心臓検査は『心臓MRI検査』、高齢者の私は改めて学び、やがて微苦笑して・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【NEWSポストセブン】を見ていたら、『心電図チェックは不十分なことも医師が受ける心臓検査は』と題された見出しを見たりした・・。私は東京の調布市に住む年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、我が家は家内とたった2人だけの家庭であり、そして私より5歳若い家内と共に、古ぼけた一軒屋に住み、ささやかに過ごしている。こうした中、昨年までは私たち夫婦は、幸運にも大病に遭遇せずに、過ごしてきた・・。しかしながら私は、新年そうそうの1月3日の夜10時過ぎ、心臓の左胸が圧迫され、強く痛みを感じて、やむなく救急車で循環器専門の『榊原記念病院』に搬送されて、10数名の医療スタッフの中で、私は中央診察台で心電図、造影剤を入れてカテーテル、そしてCTスキャンなどの精密検...ある医師が受ける心臓検査は『心臓MRI検査』、高齢者の私は改めて学び、やがて微苦笑して・・。

  • 心楽しい人間関係をもキープし続ける『つながり寿命』、こっそりと高齢者の私は学び、やがて微笑みを重ねて・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【AERAdot.】を見ている中、『人づきあいが下手な人に共通する10のクセ天動説型は友だちが少ない?』、と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市に住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、雑木の多い小庭の中で、古びた一軒家に住んで、ささやかな生活を過ごしている。こうした中、私は亡き母の遺伝を純粋に受け継いだ為か、恥ずかしながら男の癖におしゃべりが好きで、結婚した当初からでも、何かと家内と談笑したり、やがて年金生活の中でもご近所の奥様、ご主人などと明るく微笑みながら談笑したりしている。そして私は、遊歩道、公園などを散策していると、見知らぬ男性、女性グループの御方たちと、話しかけられたり、或いは話しかけたりし...心楽しい人間関係をもキープし続ける『つながり寿命』、こっそりと高齢者の私は学び、やがて微笑みを重ねて・・。

  • 相田みつを氏の『にんげんだもの』などの作品、英文で表現、高齢者の私は学び、微笑み・・。

    先程、愛読している公式サイトの【現代ビジネス】を見ている中、『相田みつを『にんげんだもの』英語でなんて言うか、わかりますか?~海外のファンは、こんな訳で読んでいる~』、と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市に住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、雑木の多い小庭の中で、古びた一軒家に住んで、ささやかな生活を過ごしている。こうした中、年金生活を始めた2004年(平成16年)の秋より殆ど毎朝、曹洞宗を学ばれた書家・詩人の相田みつを氏の『日めくりひとりしずか』向って、氏の綴られた本日の格言を、心の中で、呟(つぶや)いたりしている。☆居間の片隅みにあるCDケースの上に安置して、たわむれに過ぎし2日に記念写真を撮った一葉☆私はこの相田みつを氏の遺(の...相田みつを氏の『にんげんだもの』などの作品、英文で表現、高齢者の私は学び、微笑み・・。

  • 『新語・流行語大賞』ノミネート30語発表、高齢者の私は学び、やがて浦島太郎のような心情となり・・。

    昨夜、最新情報を発信する総合トレンドメディア【ORICONNEWS】を見ていたら、『『新語・流行語大賞』ノミネート30語発表ラグビーW杯関連用語が多数選出「ONETEAM」「笑わない男」など』、と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市の片隅みに住む年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、我が家は家内とたった2人だけの家庭であり、雑木の多い小庭の中で、古ぼけた一軒屋に住み、お互いの趣味を互いに尊重して、日常を過ごしている。こうした中、私たち夫婦はお互いに厚生年金、そしてわずかながらの企業年金を頂だいた上、程ほどの貯金を取り崩して、ささやかな年金生活を過ごし、早や丸15年が過ぎている。そして私は65歳の頃から体力の衰えは実感しているが、好奇心だけは強く、今年の新語・流行語大賞』ノミ...『新語・流行語大賞』ノミネート30語発表、高齢者の私は学び、やがて浦島太郎のような心情となり・・。

  • 紅茶がインフルエンザを15秒でを無力化する、遅ればせながら高齢者の私は学び、やがて微笑みを重ねて・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【日刊ゲンダイ】の『ヘルス+』を見ていたら、『紅茶がインフルエンザを15秒でを無力化するって本当なの?』、と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、雑木の多い小庭の中で、築後40年を過ぎた古ぼけた一軒屋に住んでいる。過ぎし8年前より、毎年11月の上旬から12月初旬には、年末年始に風邪をひくのは困るし、その上に、やはり高齢者は、風邪は健康の源(みなもと)の天敵だ、と思いながら、近くの内科専門医院で、インフルエンザ予防接種をしたりしてきた・・。そしてインフルエンザ予防接種の為か、おかげさまで風邪をひくことなく、年末年始を安楽に過ごし、このようなささやかな成功体験...紅茶がインフルエンザを15秒でを無力化する、遅ればせながら高齢者の私は学び、やがて微笑みを重ねて・・。

  • 終活ブームで人気の『葬儀保険』、初めて高齢者の私は学び、やがて微笑みを重ねて・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【NEWSポストセブン】を見ていたら、『終活ブームで人気の葬儀保険、注目点は無料特約付き』と題された見出しを見たりした・・。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中、無念ながら私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、一代限りの身となっている。そして私は家内には、俺が死んだ時は家族葬で、和花と音楽に包まれて、出来うる限り質素にして貰いたい、とここ20年ぐらい言ったりしている。私は父親、祖父、次兄、母親、そして親戚の叔父、叔母、或いは知人、友人などの数多くの葬儀に参列してきた。こうした中で...終活ブームで人気の『葬儀保険』、初めて高齢者の私は学び、やがて微笑みを重ねて・・。

  • 行政や民間企業の高齢者向け特典サービス、遅ればせながら75歳の私は学び、やがて微苦笑を重ねて・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【マネーの達人】の『シニア』欄を見ている中、『行政や民間企業の高齢者向け特典サービス免許自主返納割・ホテル宿泊、入浴割・タクシー割など紹介』と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。たまたま今回、《・・行政や民間企業の高齢者向け特典サービス・・》って・・具体的にどのようなことですか、と思いながら記事を精読してしまった。この記事は、ケアマネージャーを7年経験して、現在は現役で老人ホームの施設長を務める介護のプロの佐々木政子(ささき・まさこ)さんの寄稿文であり、公式サイ...行政や民間企業の高齢者向け特典サービス、遅ればせながら75歳の私は学び、やがて微苦笑を重ねて・・。

  • 日本に住んでいる外国人が選ぶ、日本の紅葉スポットランキング、私は学び、やがて微笑みを重ねて・・。

    先程、小学館が発刊しているの教養雑誌『サライ』の公式サイト【サライ.jp】を見ている中で、『外国人が選ぶ日本の紅葉スポットランキング3位金閣寺&宮島、2位日光、1位は?』と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市の片隅みに住む年金生活の75歳の身であるが、私が今住んでいる近くに生家もあり、私自身としてはこの地域に住んで、結婚前後5年を除き、早や70年が過ぎている。そして私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、我が家は家内とたった2人だけの家庭であり、雑木の多い小庭の中で、古ぼけた一軒屋に住み、お互いの趣味を互いに尊重して、日常を過ごしている。こうした中、私たち夫婦はお互いに厚生年金、そしてわずかながらの企業年金を頂だいた上、程ほどの貯金を取り崩して、ささやかな年金生活を過ごし、早や丸15年が過ぎている。そして...日本に住んでいる外国人が選ぶ、日本の紅葉スポットランキング、私は学び、やがて微笑みを重ねて・・。

  • 恐れ多くも、皇室ゆかりの歴史ある紅葉の絶景、こっそりと平民の私は拝見して、多々教示させられて・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【介護ポストセブン】を見ている中で、『皇室ゆかりの紅葉を楽しむ令和元年に歴史ある絶景の旅路へ』と題された見出しを見たりした。私は東京の世田谷区と狛江市に隣接する調布市の片隅の地域に住んでいる75の身であるが、毎年、11月3日の『文化の日』の頃から、あまたの落葉樹の葉は、朱色、紅色、黄色などに多彩に染め始め、やがて11月23日の『勤労感謝の日』の頃になると、周囲一帯までは朱色、紅色、黄色、茶褐色などに染められる錦繍(きんしゅう)の情景となっている。私が今住んでいる近くに生家もあり、私自身としてはこの地域に住んで、結婚前後5年を除き、早や70年が過ぎている。そして私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、我が家は家内とたった2人だけの家庭であり、雑木の多い小庭に古ぼけた一軒屋に住み...恐れ多くも、皇室ゆかりの歴史ある紅葉の絶景、こっそりと平民の私は拝見して、多々教示させられて・・。

  • 「話が長い」「すぐ怒鳴る」シニアクレーマーに効く、対処の方法、高齢者の私は学び、やがて微苦笑をして・・。

    先程、愛読している公式サイトの【ダイヤモンド・オンライン】を見ていたら、『「話が長い」「すぐ怒鳴る」シニアクレーマーに効く話しかた』、と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中、過ぎし年の2004年(平成16年)の秋、民間会社に勤めていた私は定年退職となり、多々の理由で年金生活を始めた・・。そして家内は、積極果敢に料理、洗濯、掃除などの専業主婦を延長戦としてくれるので、せめて我が家の平素の買物ぐらいは・・と私は思い、殆ど毎日のように家内から依頼された品を求めて、スーバー、専門店に行っている買物...「話が長い」「すぐ怒鳴る」シニアクレーマーに効く、対処の方法、高齢者の私は学び、やがて微苦笑をして・・。

  • 最近の葬儀ビジネスの実情と今後の展望、高齢者の私は学び、やがて微苦笑を重ねて・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【マネーポストWEB】を見ていたら、『葬儀会社の社長が明かす、葬儀ビジネスの実情と今後の展望』と題された見出しを見たりした・・。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中、いつの日にか、亡くなった時は、ささやかに家族葬で・・と私たち夫婦は話し合ったりしている。しかしながら、どの葬儀社で依頼するかは、漠然としているので、今回《・・葬儀ビジネスの実情と今後の展望・・》を学びたく、記事を精読してしまった。この記事は、公式サイトの【マネーポストWEB】に10月29日に配信され、無断であるが転載...最近の葬儀ビジネスの実情と今後の展望、高齢者の私は学び、やがて微苦笑を重ねて・・。

  • 八千草薫さんが闘病中、人生の晩秋期の信条を発露され、改めて75歳の私は学び、敬意を深めて・・。

    昨夜、ときおり愛読している公式サイトの【文春ンライン】を見ている中で、『【最後の手記】がん闘病中の八千草薫さんは「ちょっとだけ無理をして生きたい」と語っていた』と題された見出しを見たりした。10月28日、女優の八千草薫さんが膵臓(すいぞう)がんに伴い、ご逝去され、八千草薫さんが闘病中、総合月刊誌の『文藝春秋』の2019年8月号に最後の手記を寄せられ、今回、ご逝去されたことに伴い、関連の公式サイトの【文春ンライン】に10月28日19時に配信されていた。私は1970年(昭和45年)4月より、総合月刊誌の『文藝春秋』を購読している身で、もとより今年の2019年8月号も購読し、八千草薫さんの【最後の手記】も精読して感銘させられたりした。こうした根底のひとつには、たまたま私の家内が今年の4月に、膵臓(すいぞう)がんが発見...八千草薫さんが闘病中、人生の晩秋期の信条を発露され、改めて75歳の私は学び、敬意を深めて・・。

  • 八千草薫さん御逝去、高齢者の私は、ご冥福をお祈りした後、涙を浮かべて・・。

    昨夕、ニュースをぼんやりと視聴していたら、女優の八千草薫(やちぐさ・かおる)さんが、24日の午前7時45分、膵臓(すいぞう)がんのため死去した、と報じていた。私は八千草薫さんにはお逢いしたことはないが、小学4年生の頃から映画少年となり、独りで映画館で鑑賞するようになり、確か三船敏郎さん主演の『宮本武蔵』(監督・稲垣浩)を観て、お通を演じた女優さんを見て、綺麗なお姉さん、と少年心として感じたりし、清麗な御方、と後年は感じ深めたりした。この後、ときおり映画作品、テレビ作品を鑑賞してきたが、無念ながら山田太一さん脚本の『岸辺のアルバム』(1977年)は見逃してきたが、向田邦子さん脚本の『阿修羅のごとく』(1979年)、山田太一さん脚本の『いちばん綺麗なとき』(1999年)、感銘を受けて、心の片隅に残っている。そして倉...八千草薫さん御逝去、高齢者の私は、ご冥福をお祈りした後、涙を浮かべて・・。

  • ベジタリアン(菜食主義)は脳卒中率が高く、過剰な乳製品でガンも・・、高齢者の私は学び、やがて微苦笑して・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【NEWSポストセブン】を見ていたら、『ベジタリアンに脳卒中率高いとのデータ、過剰乳製品でガンも』と題された見出しを見たりした・・。私は東京の調布市に住む年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、我が家は家内とたった2人だけの家庭であり、そして私より5歳若い家内と共に、古ぼけた一軒屋に住み、ささやかに過ごしている。こうした中、もとより健康でなければ、自身の日頃のささやかな願いも叶わないので、歩くことが何より健康体の源(みなもと)と思い、そして適度な熟睡する睡眠、或いは程ほどの食事が、セカンドライフの私なりの健康体の三種の神器として思い、年金生活15年近く過ごしてきた。このように思っている私は、今回《・・ベジタリアン(菜食主義)は脳卒中率が高い・・そ...ベジタリアン(菜食主義)は脳卒中率が高く、過剰な乳製品でガンも・・、高齢者の私は学び、やがて微苦笑して・・。

  • 悪徳『オーダーメイド介護』、ほぼすべての資産を奪われ、高齢者の私は動顛しながら学び、多々教示させられて・・。

    先程、愛読している公式サイトの【現代ビジネス】を見ている中、『ほぼすべての資産を奪われて・・・悪徳「オーダーメイド介護」ヤバイ手口~実話を元に書いた小説『ひと喰い介護』~』、と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市に住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、雑木の多い小庭の中で、古びた一軒家に住んで、ささやかな生活を過ごしている。こうした中、いつの日にか無念ながら介護・要になった時、介護施設にお世話になるだろう、と漠然に思っている私は、やはり介護に関しては、何かと関心が深く、この記事も読んでしまった・・。この記事の原文は、小説『ひと喰い介護』を著作された司法書士、作家の安田依央さんに、平原悟さんがインタビューされて、纏(まと)められ、『週刊現代...悪徳『オーダーメイド介護』、ほぼすべての資産を奪われ、高齢者の私は動顛しながら学び、多々教示させられて・・。

  • 東京圏の下水道は、生活排水と雨水を同じ管で流す合流式、高齢者の私は学び、やがて微苦笑して・・。

    昨夜、ときおり愛読している公式サイトの【日刊ゲンダイDIGITAL】を見ていたら、『「ウンコ水」と大騒ぎ・・・武蔵小杉を襲った茶色い水の“正体”』、と題された見出しを見たりした。私は東京の世田谷区と狛江市に隣接した調布市の片隅に住む年金生活の75歳の身であるが、我が家の近くには野川が流れて、この両岸には遊歩道があり、季節のうつろう情景に心を寄せて、散策することが多い。そして時折、3キロばかり歩くと、大河の多摩川が流れて、何かと小学4年に遊泳して以来、つたない人生を歩んできた中で、あまたの出来事があり、愛惜を秘めて、眺めている川となっている。☆たまたま多摩川の中流を台風19号が襲来前の9月15日、散策していた時に撮ったりした。☆こうした中、過ぎし10月11日に台風19号が襲来し、私はテレビのニュースを視聴し、多摩...東京圏の下水道は、生活排水と雨水を同じ管で流す合流式、高齢者の私は学び、やがて微苦笑して・・。

  • 死の間際に「お花畑」が見えるのは日本人だけか、何かと無知なことが多い私は真摯に学び、やがて多々教示させられて・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【東洋経済オンライン】を見ている中、『死の間際に「お花畑」が見えるのは日本人だけか~名医が語る「ご臨終」の不思議な世界~』題された見出しを見たりした。私は東京の調布市に住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、雑木の多い小庭の中で、古びた一軒家に住んで、ささやかな生活を過ごしている。こうした中、私は恥ずかしながら齢ばかり重ねて、何かと無知なことが多く、今回の《・・死の間際に「お花畑」が見えるのは日本人だけか・・》って、どのようなことですか、と真摯に思いながら記事を精読した。この記事は、公式サイトの【東洋経済オンライン】に2019年10月22日に配信され、無断であるが記事の殆どを転載させて頂く。<!--/signa...死の間際に「お花畑」が見えるのは日本人だけか、何かと無知なことが多い私は真摯に学び、やがて多々教示させられて・・。

  • 常識に縛られない自由な介護の時代、女性や嫁が行う時代は終焉、真摯に高齢者の私は学び、多々教示され・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【日刊ゲンダイDIGITAL】を見ていたら、『女性や嫁が行う時代は終焉・・・常識に縛られない自由な介護を』、と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中、こうした中、私たち夫婦の両親は、今や家内の母だけとなっている。私が2004年(平成16年)の秋に定年後する直前に、家内の父が病死され、家内の母は我が家より遠い地で、独り住まいとなっている。ここ数年は家内の母が『要介護3』となり、長女の家内と家内の妹が交互に、家内の母宅に宿泊して、家内の母の食事、洗濯、掃除、...常識に縛られない自由な介護の時代、女性や嫁が行う時代は終焉、真摯に高齢者の私は学び、多々教示され・・。

  • 要介護を招く『フレイル(虚弱)』、 高齢者は多様食で対策を 、遅ればせながら75歳の私は学び、 やがて微笑み・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【介護ポストセブン】を見ていたら、『要介護を招く「フレイル」高齢者は多様食で対策を』と題された見出しを見たりした・・。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中、いつの日にか、どちらかが介護を受けることも、漠然としながらも私は思案する時もある。日本人の平均寿命は、ここ30数年、食生活の改善や医療の進歩などで延び続け、過ぎし年の2015年(平成27年)には、男性が80.79歳、女性が87.05歳と私は学んだりした。そして介護の必要がなく、健康的に生活できる「健康寿命」も、2013年(平成...要介護を招く『フレイル(虚弱)』、高齢者は多様食で対策を、遅ればせながら75歳の私は学び、やがて微笑み・・。

  • 便利さの裏の落とし穴、キャッシュレスに向かない人の特徴、こっそりと高齢者の私は学び、やがて微苦笑を重ねて・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【日刊ゲンダイDIGITAL】を見ていたら、『便利さの裏の落とし穴・・・キャッシュレスに向かない人の特徴』、と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中、過ぎし年の2004年(平成16年)の秋、民間会社に勤めていた私は定年退職となり、多々の理由で年金生活を始めた・・。そして家内は、料理、洗濯、掃除などは専業主婦の延長戦として行ってくれるので、せめて我が家の平素の買物ぐらいは・・と私は思い、殆ど毎日のように家内から依頼された品を求めて、スーバー、専門店に行って...便利さの裏の落とし穴、キャッシュレスに向かない人の特徴、こっそりと高齢者の私は学び、やがて微苦笑を重ねて・・。

  • 経済的状況による「健康格差」、遅ればせながら高齢者の私は学び、やがて微苦笑を重ねて・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【マネーポストWEB】の『暮らしのマネー』を見ていたら、『経済的状況による「健康格差」、低所得者ほど肥満になりやすい』と題された見出しを見たりした・・。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中、もとより健康でなければ、自身の日頃のささやかな願いも叶わないので、歩くことが何より健康体の源(みなもと)と思い、そして適度な熟睡する睡眠、或いは程ほどの食事が、セカンドライフの私なりの健康体の三種の神器として思い、年金生活15年近く過ごしてきた。そして私は認知症、心筋梗塞など何よりも恐れ、殆ど...経済的状況による「健康格差」、遅ればせながら高齢者の私は学び、やがて微苦笑を重ねて・・。

  • 眠っている間に大腸がんを予防 変わるがん検診、高齢者の私は学び、朗報だねぇ・・微笑み。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【NEWSポストセブン】の『ライフ』を見ていたら、『眠っている間に大腸がんを予防変わるがん検診』と題された見出しを見たりした・・。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中で、私は年金生活の中で、『国民健康保険』に加入していて、年に一度だけ市より健康診断の通知が来て、基本の検査以外に、『胃がん』と『大腸がん』の検査を受診してきた。過ぎし2014年(平成26年)、『大腸がん』の検診で初めて再検査・要と診断された後、晩秋には私の白内障の手術であったりして、2015年(平成27年)の3月初旬...眠っている間に大腸がんを予防変わるがん検診、高齢者の私は学び、朗報だねぇ・・微笑み。

  • 血管の健康を保つ「7つの方法」 認知症予防の可能性、こっそりと75歳の私は学び、やがて微苦笑して・・。

    先程、健康・医療情報サイトとして名高い【日経Gooday(グッデイ)】を見ている中、『血管の健康を保つ「7つの方法」認知症予防の可能性』と題された見出しを見たりした。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中、もとより健康でなければ、自身の日頃のささやかな願いも叶わないので、歩くことが何より健康体の源(みなもと)と思い、そして適度な熟睡する睡眠、或いは程ほどの食事が、セカンドライフの私なりの健康体の三種の神器として思い、年金生活15年近く過ごしてきた。そして私は認知症、心筋梗塞など何よりも恐れ、殆ど毎日のように自宅の周辺3...血管の健康を保つ「7つの方法」認知症予防の可能性、こっそりと75歳の私は学び、やがて微苦笑して・・。

  • 高齢者に多く見られる「傾眠」の原因6つ、私は医師の解説を動顛しながら、多々学び・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【マネーポストWEB】の『暮らしのマネー』を見ていたら、『高齢者に多く見られる「傾眠」の原因6つ医師が解説』と題された見出しを見たりした・・。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活のまもなく75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中で、私の睡眠に関しては、ここ数か月は布団にもぐるのは、真夜中の11時半前後が多く、目覚めるのは朝の7時過ぎが多くなっている。そして現役サラリーマン時代だった時と違い、悩みは激少している為か、布団にもぐると、まもなく寝付いてしまい、たとえ震度3ぐらいの地震でも、目覚めることなく熟睡している。やがて朝...高齢者に多く見られる「傾眠」の原因6つ、私は医師の解説を動顛しながら、多々学び・・。

  • 高齢者の孤食を防ぐ『シニア食堂』、いつの日にか私が『おひとりさま』になった時、やすらぎの楽園と思い深めて・・。

    先程、ときおり愛読している公式サイトの【NEWポストセブン】を見ていたら、『高齢者の孤食を防ぐ「シニア食堂」4人で始まり今は60人に』と題された見出しを見たりした・・。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中、家内は我が家より、遠方に一人住まいをしている家内の母宅に介護に6泊7日前後で行っている間は、ときおり『おひとりさま』の生活を丸15年を体験してきた。こうした時に漠然としながらも、まさかの出来事で、私を残して家内があの世に旅立たれることもあるので、本当に『おひとりさま』の生活になってしまった時、幾たびも思案したりして...高齢者の孤食を防ぐ『シニア食堂』、いつの日にか私が『おひとりさま』になった時、やすらぎの楽園と思い深めて・・。

  • 後悔しない人生を過ごすための「年代別傾向と対策」、遅ればせながら私は学び、やがて後光を感じて・・・。

    先程、愛読している公式サイトの【現代ビジネス】を見ていたら、『後悔しない人生を過ごすための「年代別傾向と対策」~こころの老い支度のポイント~』と題された見出しを見たりした・・。私は東京の調布市の片隅みに住んでいる年金生活の75歳の身であるが、私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、たった2人だけ家庭であり、お互いに厚生年金とわずかな企業年金を頂き、程ほど貯金を取り崩しながら、ささやかに過ごしている。こうした中、私は定年退職をするまでの半生は、何かと悪戦苦闘の多い人生ほ過ごしてきた為か、定年後は多々の理由で年金生活を始め、丸15年を過ぎているが、予測した以上に年金生活を安楽に過ごしている。しかしながら体力の衰えを実感して、少し物忘れをする時もあり、やはり老いてきたよなぁ・・と独り微苦笑する時もある。こうした深情を秘...後悔しない人生を過ごすための「年代別傾向と対策」、遅ればせながら私は学び、やがて後光を感じて・・・。

カテゴリー一覧
商用