searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

えむどぱさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
トレ説 -トレーニングの説明書-
ブログURL
http://neta-bolt.com/
ブログ紹介文
スポーツ関連・高齢者の予防運動のフィールドワークを15年。病院にも勤務し術後や脳血管障害の患者へのトレーニング指導もしている。身体に良いものは何でも記事にしていきます。 最新の研究や使えそうなトレーニング情報を中心に発信
更新頻度(1年)

3回 / 19日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/08/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、えむどぱさんの読者になりませんか?

ハンドル名
えむどぱさん
ブログタイトル
トレ説 -トレーニングの説明書-
更新頻度
3回 / 19日(平均1.1回/週)
読者になる
トレ説 -トレーニングの説明書-

えむどぱさんの新着記事

1件〜30件

  • 【回復期リハ病棟スタッフ必見】FIM実績指数自動計算機

    FIMの実績指数が導入されて患者さんのFIMを日々意識しないといけませんよね。スマホやPCで簡単に計算してくれるツールがあればどんなに便利か!今回は、回復期FIM実績指数の自動計算機を作りましたので、患者さんのFIM実績指数の予測や除外基準などにも活用してみてください。

  • 不整脈あるけど運動していいの?危ない不整脈の種類と心電図波形

    リハビリ技士やトレーナーは運動をするときには、不整脈には注意しろ!と言われますし学校でも習いましたよね。でも本当に危ない不整脈や注意したほうが良い不整脈って意外とわからない人多いですよね。今回は、リハビリ技士やトレーナーのための危ない不整脈について解説していきます。

  • リハビリ技士・トレーナーのための心電図の読み方ー12誘導編ー

    心電図って病院にいると身近に感じますが、リハビリテーションの技士やトレーナーでも意外とほとんど意味がわかっていない人が多いんです。まずもって心電図の波形ばかりを気にしてしまいがちですが、心電図の誘導や軸偏位・移行帯という考え方自体を知らない人が多いですよね。今回は、心電図の12誘導と軸偏位・移行帯についてわかりやすく解説していきます。

  • 心臓が悪いと運動はダメ?運動の中止基準や正しい運動負荷を解説

    高齢になると心臓が悪いのははつきもの。心臓が悪い人でも特に多いのが心不全ですよね。心不全を持っている人に運動をさせても良いのか?どんな状態が危ないの?どれくらいやっても大丈夫なの?そこらへんが良く分からない人が多いと思います。今回は、心臓が悪い人(心不全)の運動の注意点と効果的な運動強度について解説していきます。

  • 高齢者心不全の拡張不全と収縮不全って何?原因と症状の違いを解説!

    心不全は高齢になると多くの人が持っている病気ですよね。でも、心不全と言っても幅が広すぎてどんな病態を表しているかを正確に捉えられない人がいっぱいいます。今回は心不全の拡張不全・収縮不全についてわかりやすく解説していきます。

  • 腰椎圧迫骨折後のリハビリ!体幹筋力トレーニングとダメなストレッチ

    高齢になるとよく起こる骨折が圧迫骨折です。圧迫骨折を起こしてしまったら、その後どうなるのでしょうか不安ですよね。圧迫骨折後のトレーニングや避けるべき運動はどんなものがあるのでしょうか?今回は具体的なトレーニング方法を避けるべきストレッチについて解説していきます。

  • 長期臥床は筋力低下だけではない!心拍数・自律神経系・皮膚にも影響

    入院しているとベッドの上で1日中過ごしてしています。ベッドの上で生活しているわけですからどうしても横になってしまいますよね。ベッド上で横になっている時間が長いとどのような影響があるのでしょうか?今回はベッド上で臥床時間が長いと筋肉や心拍数・自律神経系・皮膚への影響について解説していきます。

  • ナースコール頻回でイライラする!1日にどれくらい鳴ってるの?

    とある回復期リハビリテーション病棟でのナースコールの回数を調査したものです。月別ではどのような傾向にあり、1日あたり何回鳴っていて、時間帯ではどこに多いのかを詳しく調査されています。今回は回復期リハビリテーション病棟でのコール回数についての詳しく解説していきます。

  • 筋力トレーニングや運動を続けるコツを解説!継続している人の特徴!

    筋力トレーニングを始めたけど、続かない人の割合は多いですよね。 続かない原因はなんなのでしょうか?筋力トレーニングや運動を続けるコツや特徴について解説していきます。

  • 【運動不足解消 】運動器具なしで室内で簡単にできる運動!高齢者編

    コロナウイルスで外出自粛となり家でじっとしていなくてはいけませんね。そんな状態が何週間や何ヶ月も続くと体力や筋力が低下することことは間違いないでしょう。今回は、自宅でできる運動について紹介していきます。

  • 脳卒中後の歩行再獲得って難しい?歩行スピードや歩き方(歩容)は?

    脳卒中後の歩行の再建は日常生活移動のためには必要不可欠です。でも、脳卒中は半身の麻痺や感覚障害・その他にも多くの脳関連の症状がでます。今回は、歩行スピードと歩き方(歩容)についても私見も含めて解説していきます。

  • 経鼻経管栄養のチューブは嚥下に影響する?肺炎を起こしやすいの?

    脳卒中後や喉頭などの癌の術後は食事うまくとることができません。一般的には経鼻経管チューブが留置されます。しかし、経鼻経管栄養のチューブのせいでかえって肺炎を起こしやすかったり、嚥下機能をより低下させるなどの懸念があります。今回は、経鼻経管栄養チューブが嚥下に与える影響と肺炎の発生リスクについて解説していきます。

  • 脊髄損傷者の乗移りはどうやってやるの?移乗動作のポイントを紹介

    脊髄損傷って下半身不随や手も動かなくなることがある重症な損傷です。どんな動作の練習をしてどんな生活をできるようになるのでしょうか?そして、特に移乗動作はどうやってやるの?どれくらいの期間で動作を獲得できるの?詳しく解説していきます。

カテゴリー一覧
商用