searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

上遠野世方さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
よも 言葉のアトリエ
ブログURL
http://apismos.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
言葉で描くみえないこころ。 縦横高さ、時間軸、いつか 見えてくるでしょうか? 拙いながらの一綴り、ジャンルは絵のように…詩や小説の創作物を載せています。 どうぞお気軽にお立ち寄りください。
更新頻度(1年)

125回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2020/06/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、上遠野世方さんをフォローしませんか?

ハンドル名
上遠野世方さん
ブログタイトル
よも 言葉のアトリエ
更新頻度
125回 / 365日(平均2.4回/週)
フォロー
よも 言葉のアトリエ

上遠野世方さんの新着記事

1件〜30件

  • 遠心力と求心力

    石柱をぐるぐると回って僕らは平原に飛び出した帰らぬ友を思い 空に願いを描き夏草揺らすハヤテを追って走った夏を疾走する生きものと同じで太陽に操られていると思えた何もかもが僕らの胸にしまってあった何かで夏は内から流行病のようにやってきた狂い鳴く蝉のように限りある時を歌い夕べにはアスファルトに転がったその骸は濡れた君のシューズのように重く僕の手紙のように黒くにじんで書けない文字を煙突は吐き出した僕らは思...

  • 半身

    文字と文字の行間のごとく時間と時間の不連続のごとく現実から空想へ続く論理を飛躍していたるところに橋と断崖と暗黒を見る現実はいつも向こう側、   ここではないどこかここと同じように時が過ぎ分かれた肉片が散らばるきみはここではない場所で声を上げている自らの手を伸ばし目を瞑り自己を探っている現実の相の鮮やかさと深さをここではないどこかで僕はきみと出会いきみは幼くして逝った正と負が拮抗するこの心吹き荒れる...

  • きみを連れていくよ

    いつかきみを連れて行くよリリーの花咲くポアレの道にゆるやかに道は登り小麦の穂のさざ波が奏でる丘の向こうに一匹の老犬を連れてゆっくりと空よりも青い海原と滑らかに白い港町へ道草しながら歩いて行こう時間をかけて歩いて行こういつかきみと夜を明かそう焚き火のそばでギターを弾いてときに火の周りを踊ってみよう月の刃に裂かれぬようにまあるく手をつないだ輪舞はくるりくるりと風車のようにひらりひらりと国旗のように星の...

  • ぼくらは未来へ帰る

    時は戻らないかもしれないけれど未来へ続くきみとの約束はいつも懐かしい何をしていても何処をさ迷っていても世界も、時も、未来へと向かっている僕らが描こうとした場所へきみが求めた時間へ沈黙のまま時は進んでいる出会えた今日にただ「ありがとう!」といつか、そう言えるように心でそっとつぶやくよきみには聞こえているだろうけどぼくが隠した弱音もきみは帰ってこないかもしれないけれど過去のきみが今日の僕を支えていて明...

  • 空への落下

    あなたがいなくなったなら屋根に上って見送るわたしは初夏の空を見上げるわたしは積乱雲に想い躍らせあなたの気持ちを推し量るでしょう「わたしがいなくなったなら黄色のパステルをどうぞ海へと投げてくださいわたしのこころを」ああ、そうともきみは黄色の魔術師だった小皿の水が空っぽになって餌が殻の山になったなら空いた窓から木を見上げ風をいっぱいに吸い込んで体に流れる気流になって肩甲骨に風を感じてさよならを告げるの...

  • 夏の憧憬

    静かに寄せくる波の手と心に寄せる潮騒の忘れもしない夏の日は砕けた鏡もきらきらと見渡す限りの波模様文を運ぶ風の郵便は屋根の上をくるくると坂の道をひらひらと空へ誘われ舞い上がる海へ誘われ流れ飛ぶ夏の陽炎はここそこに過ぎて戻って失われ泣いて笑って洗われてきみの時は止まったままでわたしの時は流れるばかり空に浮かぶは雲ひとつ瞼に浮かぶは笑みひとつ至る歳月の時雨どき見返す浜は夏の幽玄(ゆめ) 廻る季節は夏の羽...

  • わたしはもう…

    わたしはもう…そういって消えたきみのことをぼくはずっと考えていたカーテンに届いた光は今日の町を照らしているにちがいない出勤の人たちが一番電車に急ぎ道へと踏み出している頃ぼくは温もりから起き出しカーテンを開く一台の車が向かいの道路を走り去る走り去る走り去る町が、空が、人が、時間が圧倒的な過去になるわたしはもう…、きみの言葉は後ろからやってくるそして心臓の中にとどまる深く重くわたしはもう…笑ってそう言う...

  • 私とワタシの出会い

    別れは多くあるけれど出会いはただひとつだけ私とワタシが出会うことひとは心の状況をつくるためにやってくる好きと嫌いが立ち替わり愛と憎しみ私があなたに出会ったとき私はワタシと出会っている私があなたを愛したとき私はワタシの愛を見つめている心よ 動くでない   私はワタシを生きるためにやって来たのだから想いは消えてゆくけれど記憶はどこかで整理され永久に漂う時空もある偽りのない生こそが失ったものを元へと還す...

  • 埋められぬもの

    ぼくの胸にはすき間がある楽しみも、悲しみも、笑いも涙も、そのすき間へ引き込まれていく日々大きく口を開いてぼくに求めてくる何かを達成しようと誰かに傷つこうともった先から手のすき間に落ちるどんどん どんどん 落ちていく落ちた先にはあるものは?残ったぼくは時を止めた幽霊?生い立ちも、知り合いも、自分の名前さえぼくの中からすっぽりと抜け落ちこの現実から、社会から、世界から取り残されて中身のなくなった空蝉は...

  • new world

    目標を達成して賞賛されるそれがお前の求めていること?選ばれたポストや報酬に預かるそれがお前の求めていること?自然はあるがままの道を行く人間の賞賛もポストも報酬もない地球も太陽も摂理の中を行く自分自身であることに輝き自分自身であることに前向きに強く また儚い命のように絶妙な結びつきに自らを顕す人間にだけ栄光があるわけではない人種による国は確かに多い…けれど地球は宇宙に浮かぶひとつの国 ひとつの社会 ...

  • 日暮れの櫂

    静かな日暮れの眼差しが遠い空から降りてきて町いっぱいに降りてきてこころに隠したさまざまを東の海へと連れ去った影の尾っぽは するりする切り絵の浜の影芝居こころに灯火を当てたなら身体を透かして覗いたら今日は軽くなるだろか?こころは軽くなるだろか?色のにじんだ風の川街はりゅうりゅうと流れている海色の大気に浮かんでいる海で過ごした過去世にしぶきも鳴き声上げているいつか忘れ去る今日の日を遠い未来から思い出し...

  • ぐるりめぐる、ゆるりかこむ

    はなのかすみのさらさらとおしろいなでる風の手はラマンの熱きもどり橋見下ろす水面は日暮れ空昨日も今日も また、あすも初恋の月を待っているぐるり 巡るぐるり 囲むぐるり ぐるりあなたはわたしの指を取るばかりもたれる胸もなく木立のならいはずきずきとあかねにささる釣り針は口唇も妖しきシェイプオブ見上げた夕闇の砂浜はあすも明後日も また、いまも初夜の星を溶かしているふるり 震えてふるり 疼いてゆるり ゆるり...

  • まっすぐ帰っていく

    いつも待っているポーチを灯台に変えて明かりを灯しているたとえ 疲れを引きずっていてもたとえ 惑いの泥に沈んでいても今日一日とは瞬間を重ねる心の技きみの待つホームへとざわめき 空渡る鳥の群れのように踊る翼を夕空にはためかせてぼくは今日も帰っていくひかりはきみのモノローグかげはぼくのダイアローグうかんで うかんでながれて ながれてなまえも過去もすっかりきえて命のほのおは夕陽と燃え尽きる夕闇のとびらのそ...

  • 一輪の花は

    一輪の花は土に育てられている一輪の花は太陽に育てられている大気を全身で取り込み襲い来る風に根を鍛え芽を叩く雨の中を泳ぎその顔を上げ その手を伸ばし夜を生き抜き 昼をたたかい生きる姿勢に守られ何よりも一輪の花は自分に育てられている自分自身の生命力が思いが 光りを感じる芽が繊細なまでの毛根に育てられている感受性の豊かさと成長の紆余曲折を辿り花は花に生まれた自分へと育つ見えぬこころを尽くし語らぬことばを...

  • 今日も陽は暮れる

    今日も陽は暮れていく何ができただろう?何をしようとしたのだろう?小さなちからを信じて小さな一歩を信じて今日も陽が暮れていくまたあしたまたあしたきみに届くかな…生きることは時に辛くて為すことが悲しくなって何をしているのかを誰かに尋ねたくて誰かを信じたくて命の電池は今日も切れていくまたあしたまたあしたきみの前に立てるかな…今も明日を思っている明日には何ができるだろう?日々を受け止めるだけなのに小さな思い...

  • 死の行進

    創造の天から 楽園から すべてのものがただ落下する夢の絶壁から 現実の突端から落下する僕はレミング無意識の力に先導されて仲間と共にひた走る 集団で坂を一気に下る足元が無くなるその時まで夢中で公道を走っている時間に急ぎ 生に急ぎ 死に急ぐさようなら さようなら 現実とは一瞬の別れです永久の別れです世界に魅せられたときから決別はすでにあった愛がある理由とともに さらには希望を持つ理由とともに太陽は遠く...

  • 花霞 Mirage Cloud

     桜の季節。早朝のこと。町一面が靄の湖に沈んだようになる時がある。ビルの三階以上や高木の梢がぽっかりと靄の上に浮かんでいるのを目にする。とても神秘的な風景。私の好きな朝だ。でも、満月の日の朝に限っては不可解きわまりない現象に出会うのだという。昔からこの町ではMissing day、いわゆる神隠しの日として知られている。まだ人伝てにしか聞いたことがないが、毎年誰かがいなくなる。去年は三人だそうだ。そう聞いた。...

  • 海亡き

    浜通りの道を歩いていると、海鳴りにまぎれて泣き声が聴こえてきた。最初は猫でもいるのか、あるいは海鳥の声かとも思えたがどうも違うようだ。私の聞き間違えでなければ人間の声なのである。はて、どこから聴こえるのだろうと耳を澄ますと、泣き声はひとつだけではない。あちらこちらから重なって、また増幅され、まるで海全体が泣いているように思えてくる。立ち止まって海を臨むと泣き声はさらに高まってきた。おおぉーん。おお...

  • 夏游 妖精辞典余話

     ずいぶん久しぶりに祖父の家を訪れた夏の日のことである。祖父は数年前に亡くなっているが、祖母はいたって元気である。姫神村という名前のせいか女性はみんな長生きをしている。田舎の空気を吸いたくなって何年ぶりかの夏期休暇をとった。気分転換に最適だと思って訪れた矢先、夜のひやりとした大気に一晩で夏風邪をひいてしまった。澄み切った大気に風邪をひくとはだいぶ都会で汚れちまったようだと我が身を笑ったが、祖母は驚...

  • 風魂 ビート

    「お前の出席は無駄に皆勤賞なんだがな」教師はそう言って俺の頭を叩いた。小学生の時だった。以来、高校生になるまで一度たりとも学校を休んだことはない。でも遅刻はしょっちゅうだ。必ずといっていいほど電車乗り遅れる。「なんでそう覚えが悪い。直す気がないのか?」そういわれても、なんで時間どおりに動かなくてはならないのか、と逆に思ってしまう。遅れることにはその「時間」というやつがかかわっている。俺の家は父の時...

  • 今日は美しい風

    今日はきっと素晴らしい日季節の陽光(ひかり)が私の背を押して歩く地面を撫で陽空に泳ぐあなたたち わたしたち明日に嵐が待っていようと先に道が失くなっていようと今日に生き 明日に死ぬその素晴らしい昼の高さに飛びその素晴らしい夜の深さに眠る私は私の生と死とひとつのもの地球に立つ人、樹のように今日は私が太陽に見つけられた日風に触れられた日雨に話しかけられた日陽光を交差するあなたたち わたしたち過去の汚れを洗...

  • オリヒメ

    わたしの手には一本の生糸がある。生糸は空中から手に降りていて、どこにいようとずっとそこにある。母の子宮にいるときからあったのかもしれない。と考える。誕生した後は臍の緒は切られてしまうけれど、糸を切る者はいなかったのだろうか、と思う。でも見えているのは自分だけと知ったのは何歳の頃だったろうか。きらきらと光に反射する糸はどこか遠い空からわたしの目の前に降りている。「この子は泣かない子だね」父がそう言っ...

  • 雨上がりの空へ

    1993年土曜。九月も遅い週末の四時前だろうか。仁輪加町の東区にある公園に差し掛かった頃のこと。それまで晴天だった空から急な夕立雲が張り出した。直後!一瞬、あたり一面が淡い水色のドームに包まれると、そこら中を走り回る雨人の靴音が聞こえた。耳を澄ますとどうも靴だけではなさそうだ。シューズにサンダル、長靴の音も聞こえる。雨の一粒には遠洋だけではないどこかの町の日常風景の一コマが詰まっている。色も匂いも、音...

  • 水瓶座の暁―四、コードチェンジ

     透けた足下に波が何度も寄せる。振り返ると町だったものが子供のおもちゃ箱のように散らかり、ビルも数々の家々も、白い病院も傾いている。これはまぼろしか?……現実は体内にあった。現実は内側深くに玲那の歌が聞こえていることだ。足元に寄せてくる波に触れると一層強く聴こえる。自分を呼んでいるだけではない。玲那は近づいてきている。これは誘いの歌だ。セイレーンの歌だ。海へ向かって一歩踏み出したとき、似た波しぶきの...

  • 水瓶座の暁―三、啓示

     いいかいエラ。キリストさまが象徴だった魚座の世紀は過ぎてしまった。今は水瓶座の世紀さ。水瓶座の世紀は空も、海も、大地も、もちろん人間も動植物も、大きな一つの水瓶の中にあって混沌とした波の中にいるようなもの。ひとつになった全体の中にね。そういう世紀だ。世界全体の立てる音が揺れ動き、動きそのものが干渉し合い、さらに無限の波を生む。ありとあらゆるものが境界をなくし浸透し合っている。人は過剰な欲望の好き...

  • 水瓶座の暁―二、よみがえり

    世界中に洪水の神話伝説がある。同じように大陸移動が緩慢な時期と、短い周期で急激に変化する時期がある。先カンブリア時代からデボン紀に巨大な面積を南半球に誇っていたゴンドワナ大陸が、恐竜時代の三畳紀には北半球にも広がりパンゲア大陸となった。そしてつづく中生代のジェラ紀にはパンゲア大陸はゴンドワナとローラシア大陸分裂し様々な島が出来上がった。そうした島々では動植物の同種交配による独自の進化が生まれ、白亜...

  • 水瓶座の暁―一、黎明

    「こわいよ。こわいよ」「エラ。どうした」「氷が溶けたら出てくるよ。悪いものが出てきちゃうよ」氷だって……この永久凍土の下に何があるって言うんだ。確かに温暖化で氷は溶け出し、凍土の泥の中からは骨が発見される。その回収と調査が済めば開拓する土地も増える。それは喜ばしいことだ。村の者達も新たな開墾地を求めている。温暖化もここに暮す者にとっては歓迎されている。かつての渡り鳥のような生活は今ではもう出来ない。...

  • 金の風と銀の川

    ひとしきり雨粒落ちて跳ねた光は風の中陽の差す金の風の中浮かぶ風船は屋根の上転がる先から屋根の端鳥につつかれ葉の舟に人魚に引かれ金の水面を泳いで なぞって 文字を書きあなたの声は静かです今日も明日も静かですそれはこころが静かだから欲望に無関心だからむなしく輝きを放つからです希望がです 未来がです 人生がです時間が光を放つのです雨上がる道は銀の川歩くよりは泳ぐように泳ぐよりは流れるように流れるよりは浮...

  • 祭りの夜  「石読祭」紗夜の刻

     …紗夜さんは静かに紅を差す。真白な肌に紅を引く。眉間に紅の印を入れて、結い上げた髪を簪(かんざし)ならぬ護符の札でとめる。左右に晴明紋が入った黒地の紋付を羽織り、白色の足袋を履いた。紗夜さんの凛とした佇まいはどこかしら人形を思わせる。それとも血の気のない死人であろうか。見ていると、ああ、こころのどこから沸き上がってくるというのか、戦慄の底から何やらぬるりとした冷たいもの這い上がってくる。畳に落ちて...

  • 祭りの夜 「石読祭」前夜

    『鳥居出てにはかに暗し火縄振る (日野草城)』 生まれ育った庚申町にはある祭りがある。石読祭というのだが月読から来ている。と聞いた。調石(つき)神社にまつわる祭りだが、ちょうど中秋の名月の頃に開かれる。ただし、そう聞いているだけで祭りの本当の姿というものは生まれてこのかた一度も見たことがない。あの日までは。とはいうもののやはり祭りである。祭りには形式的に出店が出る。子供の頃には夜店に友達と出かけたもの...

カテゴリー一覧
商用