chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 3Dプリンタでバイオリン練習小道具を作る

    3Dプリンタでバイオリン練習小道具を作ってみました。 動機 構想 製作 指板とネック 本体とチンレスト 使用感 おわりに 動機 発表会も無事に終わり、次なる課題曲に取り組んでいるところでは有りますが、高いバイオリンを購入するという目標はあるとしても、音楽的にもっと良い音で奏でたい。という、思いがあります。願望、希望、野望? ビブラートもまだ完全では無いので、テレビを見ながらリモコンを指板+ネックに見立てて、指の動きを練習してたりしますが、寸法も違って練習になるのかどうなのかと。 構想 じゃ、いっそのこと角材を少し加工して指板+ネックの部分模造品を作れば良いではないかと。で、材料だけは買ってあっ…

  • 自作CNCの改善#1

    改善というほどのことは無いですが、緊急停止スイッチを追加しました。 baum-kuchen.hatenablog.com 緊急停止スイッチ アクリル板の切削をするとき、いつでも止められる様に電源スイッチに手をかけていたと書きましたが、緊急スイッチ(GrblのHold機能ですが)を作りました。 スイッチ本体は、amazonから、らしいスイッチを選らんで購入。 ケースは、例によって3Dプリンタで作りました。単なるボックスなので、そんなに手間はかかりません。今回、ネジ止めするのが面倒くさかったので、そこ蓋に爪をつけて、本体側に溝を切り、そこに嵌る様にしてみました。(写真ではスイッチの真下に溝が見えま…

  • 3Dプリンタで作ったもの#5

    単なる防備録です。 18.リモコンケース[2022.8.22] 19.スヌーピーのプレート[2022.9.3] 20.ガーデンピック[2022.9.6] 18.リモコンケース[2022.8.22] リモコン置き場、充電用USBケーブルの収納用ケースです。散らかっている感を少しでも減らしたい。 リモコンの形状に合わせて、 リモコンを蓋替わりに。ピッタリ収まりました。 19.スヌーピーのプレート[2022.9.3] Thingiverseから www.thingiverse.com 着色は、プラモデル用のホビーカラーです。 20.ガーデンピック[2022.9.6] これも、Thingiverseか…

  • 【バイオリン】初めての発表会 ~主よ、人の望みの喜びよ~

    先週、初めての発表会を経験しました。(バイオリンの話題を殆どアップしていないので、たまには書いてみます。) 2019年にバイオリン教室に通い出して、本来なら2020年に初発表会の予定でしたが、残念ながらのコロナ禍で、結局、二年遅れの発表会体験となりなした。 演奏曲は、テキストの中から昨年に一応合格になった曲からということで、「主よ、人の望みの喜びよ」のアンサンブルです。 発表の順番は、トリもオオトリの、3部構成の3部目の最後の順番に決定。最後まで、緊張するじゃないか! 本番までは、結構練習したつもり。土日は、夕食の後の1時間位は欠かさず練習。最近は、在宅勤務もしているので、通勤時間が無くなった…

  • 作業台のその後

    作業台のその後です。 baum-kuchen.hatenablog.com 棚の耐震補強 有孔ボード用フック 机下のカラーボックス おわりに 棚の耐震補強 棚は、机の上に載せているだけなので、地震があったら倒れてしまうのは確実。なので、耐震補強として、棚の後ろ側を机面に対して固定します。 机の下には、6mmの鬼目ナットが数か所仕込んでいる訳ですが、あまり良い固定方法が思いつきません。と、いうのも、机と棚の後ろ側が直ぐ壁なので、棚を載せた後にドライバとかも入らないのでちょっと厄介です。 結局、L型ステンレスアングルを棚の後ろの木枠に固定し、机下からネジで机を挟み込むような形にしました。一旦、有効…

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#12-一応完成ということで

    スピンドルメカも何とか作り上げ、ひと段落です。baum-kuchen.hatenablog.com スピンドル部完成 切削用テーブル(高さ合わせ) 試し彫り 最後に スピンドル部完成 M3のイモネジしかなかったので、モータ側とドリルチャック側に取り付け向きを変えて1ずつ使い、固定しました。一応、重量バランスをとったつもり。 もともと、真鍮アダプタの加工精度に難がありますが、何回かの取り外し/取付けで、フルパワーで回転させても振動が大きいですが、何とか加工できるレベルになりました。 写真は、CNC本体に組付けたところ。 切削用テーブル(高さ合わせ) 加工ワークを取り付けるための切削用テーブルをベ…

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#11-スピンドルメカ(続き)

    もう、すっかり忘れかけていますが、CNCに戻ります。(いろいろ、やりかけのものがあって) baum-kuchen.hatenablog.com ドリルチャック部 プロッター作動の確認 今後について ドリルチャック部 ドリルチャックの軸の長さが、長すぎるので10mmほどカットしました。軸は、とっても硬くて、ミニルータ用のダイヤモンドカッターで切断しました。 スピンドルメカとして仮組したところ。この状態でも摩擦で軸がモータで回転できたので回して見ましたが、微妙にずれてます。ギリギリ行けるかどうかというところ。しっかり固定してみて、ダメなら諦めます(amazonで買ったドリルチャック付きモータに替え…

  • 【DIY 短期間で作成】桐集成材で作る作業机の棚

    次は、棚を作って行きます。 baum-kuchen.hatenablog.com 構想 材料 カット 組み立て 上の棚板の補強 真ん中の壁 左の壁と下の棚板 上の棚板 右の壁板 本組 設置 照明取付 棚の完成 材料一覧 おわりに 構想 棚は特段の工夫も無く、下の棚を少し高めの位置にするのと、上段は机の幅いっぱいを使い、部品用の箱を沢山置ける様にするくらいです。あと、工具などが掛けられる様にパンチングボードを背面に貼る位でしょうか。 製作イメージです。 材料 桐集成材 1800x300 T13 2枚 桐集成材 900x300 T13(現状の棚の再利用) パイン集成材 720x300 T24(作業…

  • 作業机の引出しを作る(後編)

    引き出し製作の後半です。 baum-kuchen.hatenablog.com 引出し本体の板の加工 向板の加工 溝切り 引き出し本体組立 化粧前板接合 スライドレール取付 レールサポートの加工 取り付け穴 レール取り付け 作業机への取り付け 鬼目ナット取り付け 引出し取り付け 完成 材料一覧 おわりに 引出し本体の板の加工 向板の加工 向板も側板に切った溝に入れる形とします。特にこのようにする必要もありまり無い訳ですが、ちょっと挑戦です。 構造は今ある机の引き出しを参考にしました。向板には、底板用の溝も切るので、向こう板を組んでから底板を入れないと行けないですが、全部組んでしますと底板が入ら…

  • 作業机の引出しを作る(前編)

    以前製作した作業机に、引き出しを作って行きます。 baum-kuchen.hatenablog.com 構想 材料・工具 化粧板の加工 材料カット 「手がかり」の加工 オイルステイン 引出し本体の板の加工 材料カット 墨入れ 木組み加工 今後の作業 構想 今回の構想としては以下の通り。この中でも、最後の木組がハードル高めですが、失敗しても引き出しは出来るので頑張ります。 横幅を一杯使う800 深さも足に当たらない最大100 引出し量は400程度(スライドレール使用) レールを止める幅木は鬼目ナットで机に固定 木組みに挑戦(5枚組み接ぎ) 引出しの作り方や木組みについての参考動画 www.you…

  • ボール盤(ドリルスタント)の改良(#4)-完成しました

    簡易ドリルスタンドを改善の続きです。 baum-kuchen.hatenablog.com 改善項目(再掲) ストッパーの修正 ハンドル 鉛直だし&ガタつき防止 レーザーマーカの改善 完成 改善項目(再掲) ドリルを、下まで下げられる様にする(済み) ドリル中心をスタンドから離す(済み) ドリル軸の鉛直度を改善する 固定用レールをつける(済み) レーザーマーカーのラインをハッキリとさせる 全体の寸法イメージです。 ストッパーの修正 ストッパーのネジを締めるとスライド部と当たって、スライド部の動きが渋くなってしまいました。 あたる所を削って、応急処置。 ハンドル ハンドルを付けて、全体の形にしま…

  • ボール盤(ドリルスタント)の改良(#3)

    簡易ドリルスタンドを改善の続きです。 baum-kuchen.hatenablog.com 改善項目(再掲) ドリルサポート部の組み立て 全体仮組 つづく 改善項目(再掲) ドリルを、下まで下げられる様にする ドリル中心をスタンドから離す ドリル軸の鉛直度を改善する 固定用レールをつける(済み) レーザーマーカーのラインをハッキリとさせる 全体の寸法イメージです。 ドリルサポート部の組み立て ドリルサポートをスライド部のベースに固定します。 裏からネジ止め。 直角を取るためと、強度のため、側面のサポート板を接着。 再度、直角を確認。 スライド部として、形になりました。ドリルの背が当たるサポート…

  • ボール盤(ドリルスタント)の改良(#2)

    簡易ドリルスタンドを改善の続きです。 baum-kuchen.hatenablog.com 改善項目(再掲) ドリル軸の鉛直度の改善 ドリルサポートの穴開け ドリルストッパー&スケール つづく 改善項目(再掲) ドリルを、下まで下げられる様にする ドリル中心をスタンドから離す ドリル軸の鉛直度を改善する 固定用レールをつける(済み) レーザーマーカーのラインをハッキリとさせる 全体の寸法イメージです。 ドリル軸の鉛直度の改善 スライド部を止める穴をあらかじめ空けて置きます(皿もみしていないところ)。同じ穴を使うと傾いてしまいそうなので。のんかいは、後ろ側のパネルもネジ止めし全体的に固定する事に…

  • ボール盤(ドリルスタント)の改良

    大分前に作った簡易ドリルスタンドを改善します。 baum-kuchen.hatenablog.com 改善項目 分解 ドリルサポートの改善 マイターレールの埋め込み ストッパー枠の組みなおし つづく 改善項目 ドリルを、下まで下げられる様にする ドリル中心をスタンドから離す ドリル軸の鉛直度を改善する 固定用レールをつける レーザーマーカーのラインをハッキリとさせる 全体の寸法イメージ把握のため、3Dモデルと作りました。が、既存のスタンドを流用するので、必ずしもこの通りには成らないと思います。 分解 とりあえず分解。電動ドリルをサポートする部分は作り直しですが、他は出来るだけ流用します。一応、…

  • 電動トリマー 円形カット治具の作成 

    ドリルスタンドの改良のため、電動トリマー用の円形カット治具を作る必要性が出て来ました。 baum-kuchen.hatenablog.com 図面 製作工程 おわりに 図面 サイズは小ぶりなものとしました。(裏面から見た図です) 製作工程 5mmのMDF材に寸法を取ります。 必要な大きさに切り出しました。厚みが5mmと薄いので、両面からカッターナイフで切れ目を入れて切り出すことができました。 電動トリマーを使って、加工します。MDF材は、両面テープで台(これも薄いMDF材)に固定しました。 円形のセンター位置を示すスケールを張り付けます。 電動トリマーのプレートから固定用のネジ穴を写取るのに、…

  • 電動丸ノコに自作集塵機を付ける

    電動丸ノコ(MW-46A)改善シリーズです。 大量の木くずの掃除用に、ニトリのスティックタイプの掃除機を使っていますが、これを電動丸ノコに接続します。丸ノコで切った、あと掃除を一々しないと行けないのも手間で、少しでも手間を省きたいですから。 baum-kuchen.hatenablog.com ニトリクリーナ 材料 ホースアダプタ製作 使用結果 まとめ ニトリクリーナ 最初に、少しニトリクリーナについて。 www.nitori-net.jp 何と言っても値段が安いです。 また、2ウェイで使用可能というのも良いですね。スティック形態では、ガーデンルームの掃除に、ハンディー携帯では丸ノコ周辺の掃除…

  • バイオリン教室の前日、Violinの弦が切れました【Pirastro Tonicaへの弦張り替え】

    バイオリン教室の前日、弦が切れて焦りました。 弦が切れた原因 新しい弦の注文 新しい弦の張替え 結果 写真は、切れた弦(E線)です。 E線が切れた(切ってしまった)のは、2回目です。 baum-kuchen.hatenablog.com 弦が切れた原因 原因は、単に張力の掛けすぎとしか言えません。言い訳できません。 写真は、今使っているKorgのクリップチューナです。練習前にチューニングしようと、A線、D線、G線と進め、E線をチューニングしましたが、全然針が振れません。音も聞いた感じでも特におかしくはなかったのですが、テールピースの微調整のネジを回しても、針がピクリともしなかったので、ペグ回し…

  • レンガで立水栓を作る-レンガ積みー立水栓用(完成?)

    いよいよ、立水栓を完成させます。 baum-kuchen.hatenablog.com レンガ積みー立水栓用(続き) ソケットを付ける 水道管をカット エルボーを接着 ソケットを接着 蛇口を取り付ける レンガ復旧 保温カバー取付 立水栓の完成 レンガ積みー立水栓用(続き) セメントが固まったので、続きを作っていきます。5、6では、水道を止めるので手早く作業を行う必要があります。 立水栓の作成手順は、次の通り。 1.レンガを積む#1 2.ソケット(蛇口)の付くレンガに穴を開ける 3.ソケット、エルボーの仮組み 4.レンガを積む#2 5. ソケットを付ける ←ここから 6.蛇口を付ける 7.最後の…

  • レンガで立水栓を作る-レンガ積みー立水栓用(その1)

    水受けが完成したのて、立水栓を作って行きます。 baum-kuchen.hatenablog.com レンガ積みー立水栓用 レンガを積む#1 ソケットの付くレンガに穴を開ける ソケット、エルボーの仮組み レンガを積む#2 今後の作業 レンガ積みー立水栓用 今はいいけど。冬場の凍結の恐れも考えないと行けないと気づき、水道管を保温するカバーも急遽調達。 立水栓の作成手順は、次の通り。 1.レンガを積む#1 2.ソケット(蛇口)の付くレンガに穴を開ける 3.ソケット、エルボーの仮組み 4.レンガを積む#2 5. ソケットを付ける 6.蛇口を付ける 7.最後のレンガを積む レンガを積む#1 セメント1…

  • レンガで立水栓を作る-水受けを作る(完成)

    途中まで作った水受けを今度こそ完成させます baum-kuchen.hatenablog.com 水受けの製作 セメント充填#2 水受け完成 今後の作業 水受けの製作 水受けの作成手順は、次の通り。5番の続きからです。 1.土を掘って平にする 2.飾りレンガを千鳥に配置し、目皿の高さと合わせる 3.土を戻し、深さを揃える、セメントを充填し、レンガの厚さ1個分の深さに揃える 4.周囲のレンガを配置 5.水受け面にセメントを充填し目皿の位置に揃える(深さ3cm=目皿)←ここから セメント充填#2 追加のセメント1kgを使い、水受け面へのセメント充填は完了しました。が、想定していた事でしたが、飾りレ…

  • レンガで立水栓を作る-水受けを作る(その2)

    途中まで作った水受けを完成させます。 baum-kuchen.hatenablog.com 水受けの製作 周囲レンガの配置 セメント充填#2 今後の作業 水受けの製作 水受けの作成手順は、次の通り。4番の続きからです。 1.土を掘って平にする 2.飾りレンガを千鳥に配置し、目皿の高さと合わせる 3.土を戻し、深さを揃える、セメントを充填し、レンガの厚さ1個分の深さに揃える 4.周囲のレンガを配置 ←ここから 5.水受け面にセメントを充填し目皿の位置に揃える(深さ3cm=目皿) 周囲レンガの配置 残ったレンガを均等になる様にセメントでくっ付けて行きます。レンガの寸法が結構バラバラなのでスキマを埋…

  • ATX電源の活用方法#7-完成

    ATX電源の活用方法の続きです。いよいよ最終組み立てです。 baum-kuchen.hatenablog.com パネル内配線 配線位置決め 配線干渉確認 配線完了 完成 おわりに その後 パネル内配線 パネルメータの不良(爪の内部まで樹脂でへこまない)により、爪を削っているため、固定はグルーガンです。ついでに、電源スイッチも少し取付けにガタがあったので、グルーガン処置しておきました。 上部パネルでできるだけ配線をします。といってもパネルメータと電源スイッチ回りですけど、少しでも配線を固定しておかないと、あとの組立が大変なので。右に出ている2本の赤・黒がステップダウンコンバータへの配線。細い電…

  • レンガで立水栓を作る-水受けを作る(その1)

    排水管は設定できました。 ただし、水受けが無いと排水できないのでした。あたり前。 baum-kuchen.hatenablog.com 水受けの製作 基礎部整地 飾りレンガ配置 セメント充填#1 周囲レンガ配置 今後の作業 水受けの製作 水受けの作成手順は、次の通り 1.土を掘って平にする 2.飾りレンガを千鳥に配置し、目皿の高さと合わせる 3.土を戻し、深さを揃える。セメントを充填し、レンガの厚さ1個分の深さに揃える 4.周囲のレンガを配置 5.水受け面にセメントを充填し目皿の位置に揃える(深さ3cm=目皿) これで、強度的にも強固な水受けができるはず。ただ、セメントを結構使いそうです。とり…

  • バイオリンタイマーの製作#16-状態遷移ロジックのデバッグ

    フラッシュメモリの問題は無事解決?しました。 baum-kuchen.hatenablog.com 時計ICのメモリ 状態遷移ロジックのデバッグ 不可解な問題 時計ICのメモリ そもそもフラッシュメモリを使おうと思った動機は、バッテリー寿命の計測のためです。なので、余り記憶するデータも多くないことから、時計ICにあるバッテリーバックアップされた31バイトのメモリを使うことで、解決です。 毎秒、作動タイマー(1秒カウントのlong int)を書き込めば、最大5万年もカウント出来ます。 じゃあ、フラッシュメモリは何に使うかと言うと、練習時間の履歴データの保管に使うつもり。これなら、バッテリーの電圧…

  • レンガで立水栓を作る-排水管の設置

    水道管の立ち上げまでは出来ました。 結局、排水ができないと不便ということで、下から作って行くことにしました。 baum-kuchen.hatenablog.com 排水配管の設置 整地 部材用意 塩ビパイプ組立 穴掘り 雨水用排水管の加工 塩ビパイプ組立の設置 埋め戻し&整地 今後の作業 排水配管の設置 整地 水道管を埋め戻し、整地します。水平と位置出しのため、黄色い糸を使おうと思って仮設置してみたものの、結局は邪魔なだけでした。 少し長めの板材と水準器を使って水平もそろえましたが、ある程度水平になったあとの、局所的なへこみは、足で踏んだ感覚の方が良くわかりますね。そのまま、靴で土を平らになら…

  • 作業机の更新をします-デスク製作編(完成)

    デスク製作編の最終回です。 baum-kuchen.hatenablog.com デスク製作編の最終回です。 オイル塗装の仕上がり 仮配置 脚取付 完成 材料一覧 今後 オイル塗装の仕上がり 5日間、乾燥させた状態です。光の加減もありますが、いい感じに仕上がりました。最初あった匂いもほぼなくなりました。 仮配置 部屋に入れて、仮配置してみます。ピッタリです。 脚取付 脚を取り付けるために、裏返します。作業スペースが取れるか心配でしたが、何とか行けそうです。 脚の取付はネジで行いますが、端材で事前確認します。下穴が要るかと思いましたが、何とかできそうです。その分手間が減って楽になりました。 脚の…

  • レンガで立水栓を作る-水道配管立ち上げ

    立水栓が無くなってから、立水栓のありがたみが実感できました。とくに、排水が困ります。ということで、早速作りだします。(作業机のオイル塗装の乾燥時間中に、作業を進めていきます) baum-kuchen.hatenablog.com 水道配管(配管立ち上げ) 使用材料 水道管露出 塩ビパイプ組立 位置決め治具 既存水道管カット 水道配管接続 立ち上げ完了 今後の作業 水道配管(配管立ち上げ) 水道管を露出させるために、穴が掘りっぱなしというのもあり、配管立ち上げだけは、早めに進めたいというのもあります。 使用材料 今回使う材料は次の通りです。Φ13の水道配管は、昔使っていたものがあるので、再利用で…

  • 作業机の更新をします-デスク製作編(その3)

    天板の表面は、オーク色で塗装します。 baum-kuchen.hatenablog.com 材料・道具 オイル塗装(表面) 今後 材料・道具 材料、道具一式です。デニムの作業用エプロンも新規購入。ビニール手袋も絶対あった方がいいですね。 オーク色です。 オイル塗装(表面) また、朝から作業開始しました。 2回塗って、240番のペーパー掛けのあと、ウェスで拭き上げたところ。いい感じの色合いです(写真だと少しこげ茶ぽく写ってます)。 天板の欠けていたところも、ペーパー掛けの木くずとパテで埋めてますが、あまり目立たない感じで良かったです。 木口は大分色が濃く乗ってしまいますね。 側面(小端;こばと言…

  • レンガで立水栓を作る

    とある理由で、以前作った立水栓(写真)を撤去する必要が発生しました。 埋め込み式の水道栓はあるのですが、やっぱり立水栓があると便利なので、二代目を作ることにしました。 (只今、作業机の製作中なので、終わってから本格的に開始します) 構想 材料集め 植木撤去 今後の作業 構想 今回は、作る場所が限られていて、出窓の下の植木がある所に、植木をどかして作ることに。 どんなのを作るかですが、ウェブでキットを色々見て回りましたが、以前使った立水栓より小型にしないといけないので、結局、似た様な物になった仕舞いました。ちょっと発想が貧困過ぎ。 材料集め 水道側の部品集めです。在庫もいくつかあったので、必要な…

  • 作業机の更新をします-デスク製作編(その2)

    いよいよ、作って行きます。 baum-kuchen.hatenablog.com 角トリム ペーパー掛け オイル塗装 1回目 2回目(400番のペーパー) 3回目(800番のペーパー) 4回目 今後 角トリム やすりでエッジを取っても良かったのですが、天板の角をトリマーで仕上げます。このためにビットも買いました。初めての体験なので、ちょっと緊張。 Rが終わっているところが、プレート面とピッタり合うようにセット。 作業場所はちょっと考えました。なんせ、天板が大きいので。どうしようか悩んだ挙句、何とかガーデンルーム中で、テーブルの上に置いて、その上で作業することができました。(ガーデンルーム内にコ…

  • 作業机の更新をします-デスク製作編(その1)

    baum-kuchen.hatenablog.com 材料購入 今後 材料購入 一番の大物の作業台の天板を近場のカインズで買ってきました。1820x910x25のラジアタパイン集成材(¥8,800)です。このままでは、車にの乗らないので、作業台の大きさの1500x700にカットしてもいました。 周囲のエッジをトリムし、表面をやすり掛け、オイル塗装を行う予定ですが、作業開始まで、ガーデンルームに置いておきます。 デカいです。 同じく、脚ですが、四角い枠型と迷った挙句、支柱型をポチりました。届いて、さっそく開けてみましたが、梱包もそれなり。 ネットのレビューにあるような、プレートの曲がりなどもなく…

  • パソコン修理NEC Lavie LL750/R その後

    パソコン(LaVie LL750/R)修理のその後です。 baum-kuchen.hatenablog.com その後の症状 代替スピーカ 接触不良 結果 おわりに その後の症状 一旦は、直ったPCでしたが、その後、段々と、と言うか、比較的直ぐにまた音が出なくなってしまいました。 症状としては、時々、バチッという音がして、日に日に、音量が低下していくのでありました。そして、ついに、スピーカからの音が出なくなりました。 なので、しばらくは、イヤホンで聞いているという状況でしたが、最近では、イヤホンの接触というか、イヤホン近く面(赤い丸)に力を掛けないと接触が悪いのか、イヤホンからの音も聞こえない…

  • バイオリンタイマーの製作#15-低消費電力化(課題が後から次々)

    低消費電力化の実装に手こずっています。 baum-kuchen.hatenablog.com タスク構成の見直し 有音判定 SLEEP時の問題 スタンバイ時の問題 フラッシュメモリ活用 BOR(Brown Out Reset)活用 今後の計画 タスク構成の見直し まず、システムモード、バックライトモードの状態遷移を割り込み処理で行うことにしました。通常処理で、表示と各モード処理などを行うと、表示に1秒とか掛かる場合は、反応が遅くて使い物になりません。ただ反応が遅いだけならまだしも、タイムアウト処理(スイッチ操作後30秒とか、音無し1分とか)が規定時間通りうまく働かず、状態遷移が機能しないことに…

  • 作業机の更新をします-参考動画物色

    作業机の具体的イメージを固めるための事前調査。 作業机を作るって、結構流行っているんでしょうか。自分の城って感じですものね。 ・電子工作に関する”教育的”動画も多数です。 www.youtube.com ・囲われた感が、結構、好きです。 www.youtube.com ・”作業机”の作り方のヒントをもらいました。 www.youtube.com ・良く参考にしますが、すごいです。 www.youtube.com ・収納、整理・整頓と言う観点で。 www.youtube.com www.youtube.com みなさん、いろいろ工夫してますね。

  • 作業机の更新をします

    作業机の更新をします。 今は、古くなったコタツを使っていて、上に自作の簡単な棚を載せているんですが、多少手狭になっているのと、パソコンデスクと高さが違うので、床に座ったり椅子に座ったりと、やりずらいという欠点があります。 なお、電動トリマを活用して何か作ってみたいと言うのも、作業台の更新をしたい理由です。 現状 お恥ずかしながら、こんな感じで雑然としてます。3Dプリンタも仮置きのつもりが、そのまま。 要件定義 構想を具体化する前に、必要要件を抜き出してみます。いわゆる、要求分析ですね。 高さ、奥行きは、パソコン机に合わせる 横幅は、現状以上 作業エリアの拡大 小物工作と電子工作の区画 手元を照…

  • バイオリンタイマーの製作#14-低消費電力化&システム作動設計

    相変わらず、USBのデバイス認識はうまくいっていませんが、アドレス設定までは何とか出来ているようですが、コンフィグレーション設定でコケている様。なかなか、手ごわいのでで、低消費電力化と合わせて、全体のシステム動作の設計を進めます。 baum-kuchen.hatenablog.com システム動作の設計 状態遷移図 消費電力測定 稼働時間予測 今後の計画 システム動作の設計 消費電流の低減をある程度想定したうえで、まず、全体の作動シーケンスを考えます。大きくは、システムモード(CPUの作動周波数)と、LCDバックライト輝度の制御になります。練習時を通常時として、バイオリンの音を検知しなくなった…

  • バイオリンタイマーの製作#13-USBのトラブルシュート

    USBのトラブルシュートをした結果、原因が分かりました。 baum-kuchen.hatenablog.com USBイネーブル信号 クロック設定 今後の計画 USBイネーブル信号 前回で、USBモードが動かないと書きましたが、以前からプログラムには、MLAからCDC-Serial Emulatorを持ってきて組み込んでありましたが、回路もちゃんと組んでない状態でしたので、一部コメントアウトしているところがありました。具体的には、下のUSBDeviceAttch()です。ここをコメントアウトしないと、プログラムが止まってしまうからでした。 MAIN_RETURN main(void) { /*…

  • バイオリンタイマーの製作#12-ハード使い(USB回り+α)

    ソフトウエアも大体形になって来て、改善すべき事項は大体把握できたので、ハード回りで残っていたUSBコネクタの実装と、いままで気づいたハードの改善点を盛り込みます。 baum-kuchen.hatenablog.com USBコネクタの実装 ADCアンチエイリアシングフィルタ変更 LCD輝度調整用抵抗の変更 バッテリ残量表示用ハード追加 最終的な回路図 今後の計画 USBコネクタの実装 マイクロUSB端子に、ピンヘッダを付けて、デバッグ時に分解し易い様に工夫。 ケースに装着したところ。 ピンヘッダからの配線(写真は仮配線)もしてみた所。かなり、きつきつになってしましましたが、ちゃんと裏蓋もしまる…

  • バイオリンタイマーの製作#11-ソフトウェア(オシロ&スペアナ実装)

    つぎは、練習判定の基礎となる音処理関連の実装(精緻化)です。簡易オシロと簡易スペアナ機能を作り込んで行きます。本体機能の練習時間積算タイマーは、平行して作業中。 baum-kuchen.hatenablog.com タスク検討(ADサンプリングの割り込み化) 簡易オシロ機能 簡易スペアナ機能 動作チェック トラブルシュート ADサンプリング周期の確認 簡易オシロモードでの確認 AD変換時間の確認 AD変換パラメータの見直し 再確認 今後の計画 タスク検討(ADサンプリングの割り込み化) AD入力周期を正確に実施するため、タイマ割り込みでAD変換をするように、全体のタスク構成を変更しました。スイ…

  • バイオリンタイマーの製作#10-ソフトウェア(時計機能実装)

    早速、ソフトウェアの作り込みをしていきます。 baum-kuchen.hatenablog.com ソフトウェア作り込み 時計モード 今後の計画 ソフトウェア作り込み 時計モード 写真的には、変わりませんが、時刻合わせ機能を実装しました。 実装した機能としては、 ・セットスイッチ(裏面)の長押し判定 ・通常モード ⇔ 時刻合わせモード の遷移処理(セットスイッチ長押し) ・時刻合わせする桁(秒、分、時、日、月、年)の選択機能(セットスイッチ短押し) ・合わせる桁のブリンク表示 ・合わせる桁のインクリメント(モードスイッチ押し) デクリメントは無し。 ・曜日計算機能 です。表示処理に結構時間が掛…

  • バイオリンタイマーの製作#9-ケースに収納

    基板むき出しだと、フラットケーブルがちぎれたら怖いので、ケースに入れて形にしました。 baum-kuchen.hatenablog.com ケース加工 USBコネクタ 単4電池ボックス DCDCコンバータ LCD 仮組み立て 作動確認 今後の計画 ケース加工 USBコネクタ USBコネクタが載る台座を3Dプリンタで作りました。寸法がキッチリでるので楽です。 ケースには瞬間接着剤で固定。3Dプリンタの樹脂の表面を紙やすりで少し平らにしてあげないと付きが悪いです。 USBコネクタを載せたところ。配線と固定はまだあとです。 単4電池ボックス 電池ボックスは、両面テープで固定しただけ。 DCDCコンバ…

  • 秋月ファンクションジェネレータ 085miniDDS(ケース製作編)

    早速ですが、秋月のファンクションジェネレーターのケースを3Dプリンタで作りました。 baum-kuchen.hatenablog.com ケース製作 フロントパネルの寸法に対し、基板が少し小さめだったので、周囲を囲うような構造としました。DCジャックとUSB端子の位置確認のため、部分試作を3回ほど繰り返してます。 バックパネルを外して嵌めたところ。 こんな感じ。フロントパネルが黒なので、青いケースでそれなりにカッコよくなったかと。 DCジャックとUSBコネクタの穴。 ちゃんと刺ささることも確認。 だた、残念なのほ、3Dプリンタの造形の問題で若干の隙間が。どうしても、大型の造形の場合、ベースプレ…

  • バイオリンタイマーの製作#8-ソフトウェア

    制御基板の作動確認ができたので、少しづつソフトを作っていきます。 baum-kuchen.hatenablog.com ソフト製作 時計/時刻合わせ 簡易オシロ(波形) 簡易スペアナ 練習時間タイマー バックライト制御 今後の計画 ソフト製作 時計/時刻合わせ ざっと考えた仕様は以下の通り。 ・表示 1行目 年/月/日 サイズ3(7x5の3倍) 2行目 時:分:秒 サイズ4 曜日は自動計算、1行目の上に記号(S M T W T F S)で表示、Sun:赤、Sat:青、他白 ・操作(時刻設定) セットボタン(長押し)で時刻合わせ開始、秒、分、時、月、年の順に桁選択、年の次は→秒からと繰り返し。 …

  • 秋月ファンクションジェネレータ 085miniDDS(製作編)

    秋月のファンクションジェネレーター*1を組立てます。 baum-kuchen.hatenablog.com A.基板背面の組み立て 1.USBコネクタ 2.100μF電解コンデンサ 3.470μF電解コンデンサ 4.DCジャック 5.ピンヘッダ B.基板表面の組み立て 6.LCD 7.POWERスイッチ 8.ロータリーエンコーダ 9.プッシュスイッチ 作動点検 マウントパネル 10.BNCコネクタ 11.スタンドオフ 完成 最終作動チェック おわりに 添付のマニュアル通りや製作記録としてまとめてみます。そんに難しいものではありませんでした。 A.基板背面の組み立て 1.USBコネクタ 2.10…

  • バイオリンタイマーの製作#7-制御基板設計(つづき^3)

    制御基板の作動確認をします。PICには、既にテスト用のプログラムが入っているので動くはず。 baum-kuchen.hatenablog.com 作動確認 今後の計画 作動確認 配線チェック(2か所間違ってました)を行ったあと、LCDをつないで作動確認。 PICにはプログラムは入っているので、あっさりと画面が表示されました。 ここまでくれば、後は、ソフトをひたすら組み上げるだけです。電池作動を意識して8MHzクロックで動かしているので、Aruduinoの時より、少し、表示スピードが遅いです。 写真では分かりませんが、時計IC、スイッチの作動確認プログラムもAruduinoから移植して無事動くこ…

  • 秋月ファンクションジェネレータ 085miniDDS

    ずっと気になっていた、秋月のファンクションジェネレーターをぽちってしまいました。 ファンクションジェネレーターはずっと欲しいと思ってましたが、使用頻度もそう高くもないので、ちょっとした信号が出せるという事で、秋月キットになりました。 今作っているバイオリンタイマーのテスト用というのもあります。 安物買いの銭失いになってしまうか分かりませんが、作る楽しみを買ったと思い、製作に勤しみます。

  • バイオリンタイマーの製作#6-制御基板設計(つづき^2)

    土曜日にPICが届きました。制御基板の製作を進めます。 baum-kuchen.hatenablog.com PICでの事前確認 バックライト制御 基板組み立て 今後の計画 PICでの事前確認 いきなり回路を組んで動かないと、あとのデバッグが大変なので、ブレッドボードで事前確認を行いました。Aruduinoで作っていたプログラムをPICに移植してLCD表示だけでも出ることを確認します。 無事に絵が出ました。細かい表示部品も平行して作ってたので、”VilolinTimer”のロゴも見えるかと思います。消費電力を抑えるため、内臓RCで8MHzで動かしていますのでSPIのクロックが2MHz(LCDの…

  • バイオリンタイマーの製作#5-制御基板設計(つづき)

    制御基板の製作を進めます。 baum-kuchen.hatenablog.com スイッチ部分(LCD面) 裏カバー+スイッチ部分 制御基板製作 その1 今後の計画 スイッチ部分(LCD面) 回路を実装していく前にスイッチの位置決めを行います。制御基板の裏(LCD面側)にタクトスイッチを付ける構想です。 が、そのままむき出しは何なので、ちょっと細工を。ということで、3Dプリンタでボタンを作りました。これをタクトスイッチにかぶせます。 組み上げたところ。穴の位置が制御基板のピッチと微妙にずれてしまったため、無理やり基板取付穴を削って位置合わせをしたので、中心があってません。 裏カバー+スイッチ部…

  • バイオリンタイマーの製作#5-制御基板設計

    制御基板のCPUをどうしようか。と、悩んだ結果、PICで行く事にしました。PIC28F26J50です。 baum-kuchen.hatenablog.com 全体構想 外観図 ハードウェア構成 機能ブロック図 制御基板設計 回路図 実装図 今後の計画 全体構想 改めて、全体構想を整理。 外観図 ハードウェア構成 改めて、全体の構成はこんな感じ。 機能ブロック図 機能ブロック図の概要です。細かいところは作りながら考えます。 制御基板設計 回路設計に当たって、PICのIOの割り当てを考えました。 回路図 時計ICのバックアップは、スーパーキャバシタを使おうと思いましたが、寸法が入らないのと電池交換…

  • バイオリンタイマーの製作#4

    新しいLCDモジュールが届きました。 baum-kuchen.hatenablog.com LCD画面イメージ CPU選定 今後の計画 LCD画面イメージ 最初、VCC線をつなぎ忘れて、絵が出ないと焦りましたが、ちゃんと出ました。ほっ。 画面レイアウトは、大体の感じですが、1.77インチってやっぱり小さいね。 CPU選定 制御基板を設計するにあたってのキーポイントは、CPUを何にするかです。処理時間的には、一番時間が掛かると考えていたFFT演算が、100mS以下で出来たので、arduino(ATmega-328P 16MHz)クラスで行けるはず。 こうなってくると、制約事項は、FFT演算のため…

  • バイオリンタイマーの製作#3

    LCDモジュールを壊してしまったので、再度、秋月で注文しました。 部品が届くまで、出来ることをちまちまやっていきます。 baum-kuchen.hatenablog.com 時計IC制御 DS1302の確認 今後の計画 時計IC制御 DS1302の確認 時計ICの作動確認です。DS1302は、2~5V作動ができるので、Aruduinoに直接接続しました。インターフェースは、I2Cもどきの独自シリアル規格なので、プログラムを自作します。 ネットを探すと、 GitHub - msparks/arduino-ds1302: Arduino library for the DS1302 Real Ti…

  • 3Dプリンタで作ったもの#4

    単なる防備録です。 15.バイオリンタイマー[2022.1.3] 15.バイオリンタイマー[2022.1.3] baum-kuchen.hatenablog.com

  • バイオリンタイマーの製作#2

    大失敗をやらかしてしまいました。 自作電源にLCDモジュールをつないだまま、電源スイッチをオンにしてしまい、LCDモジュールを壊してしまいました。あとで、電源オン時の過渡電圧を測ったら、ピークで15Vもありました。3.3Vのレギュレータ入れて置けばよかったです。 気を取り直して、他の部分から作って行きます。 baum-kuchen.hatenablog.com LCD表示(積算時間、履歴、グラフ、表示部品) マイク回路 今後の計画 LCD表示(積算時間、履歴、グラフ、表示部品) LCD画面イメージを作成。年、月、週、日単位での積算時間を上段に表示。下段は、各日の積算時間の履歴表示(36日分)。…

  • バイオリンタイマーの製作#1

    大分経ってしまいました。 そろそろ作りだします。ちなみに、自作CNCは、まだ完成していません。 baum-kuchen.hatenablog.com 外観設計(ケース製作) LCDパネルのテスト 今後の計画 外観設計(ケース製作) 全体構造を設計します。ケースは、例によって3Dプリンタで作ります。 こじんまりした、構造と思ってましたが、結局は、ヤマハのチューナと同じ外形寸法で作ることにしました。(バイオリン教室で、他の生徒さんが良く使っているものです。自分は、KORG製ですが) 寸法 111×74×18mmの中に、いかに埋め込むか、それなりに試行錯誤しました。裏側から見た図です。真ん中の四角い…

  • 3Dプリンター遠隔モニター装置を作る#4

    遠隔モニタ装置を完成させます。 baum-kuchen.hatenablog.com 懸念事項の確認 最終組み立て 総合動作確認 今後 懸念事項の確認 懸念事項とは、電源シャットダウンの時の作動です。シャットダウン用の5Vリレーの駆動は、ACアダプターからの5Vで作動しているため、電源の立下りによっては、シャットダウン動作中に、リレーが非励磁となって再度、電源がONとなることが無いかというものです。最悪は、シャットダウン中に、再度、電源がONとなり、また、シャットダウン作動を行い・・・と、自励発振(短時間のリレーのチャタリング含む)してしまいます。 こうなってしまうかは、シャットダウン中の5V…

  • 3Dプリンター遠隔モニター装置を作る#3

    Amazonで頼んだリレーが届いたので、遠隔モニタ装置の製作を進めます。ちなみに、ケースに付けたM3ナットは、瞬間接着剤でシッカリつきました。 baum-kuchen.hatenablog.com AC100Vリレーの組付け 取付ブラケット ラズパイインターフェース 仮組 今後 AC100Vリレーの組付け リレーモジュールは、コンセントとスイッチの間の隙間に組付けます。どう固定するかを考えた結果、埋込枠にブラットを立てて、そこに固定することにしました。 当然、ブラケットは、3Dプリンタで印刷です。 取付ブラケット トライアル1回を経て、完成したブラケット。寸法的にもほぼピッタリ。一番苦労したの…

  • 3Dプリンター遠隔モニター装置を作る#2

    WEB経由でのGPIO制御のめどが立ったので、3Dプリンターの遠隔モニターを改善します。 baum-kuchen.hatenablog.com WEB経由のGPIO制御 FastCGIを断念 GPIOを断念 3Dプリンタ電源制御 システムブロック図 外観構想 使用部品 製作開始 ケース 今後 WEB経由のGPIO制御 FastCGIを断念 lighttpで、FCGIでGPIO制御を試みましたが、なんともなりません。エラーログを見て、ネット上に似たような症状がアップされていないが探しましたが、現在の知識では無理ということで、FCGIを断念して、CGIでやることにしました。 lighttpd.co…

  • 3Dプリンター遠隔モニター装置を作る

    眠ってるラズパイとUSBカメラで、3Dプリンターの遠隔モニターを実現します。 動機 構想 システム構成 製作 WiFiトングル USBカメラ ストリーミング GPIO制御 今後 動機 3Dプリンターを買ってから、印刷時間のかかる事に改めて実感した次第。3Dプリンターで、印刷開始して初めの数層がちゃんと定着するのを見計らったらあとはひたすら待つだけ。時々、フィラメントが絡まってないかとか、途中でベースから剥がれて無いかを確認してます。 その度に、リビングから3Dプリンターの置いてある部屋まで行ったり来たりと。寒くなってきたので、こたつから出たくないですね〜、と言う不精な動機で、作ることにしました…

  • 3Dプリンタで作ったもの#3

    単なる防備録です。 10.簡易LEDリングライト2021.11.13 11.電動トリマー用ダブテール・アダプタ2021.11.23 12.簡易ボール盤レーザーマーカ・アダプタ2021.11.23 13.テーブルタップホルダー2021.11.24 10.簡易LEDリングライト2021.11.13 baum-kuchen.hatenablog.com 11.電動トリマー用ダブテール・アダプタ2021.11.23 12.簡易ボール盤レーザーマーカ・アダプタ2021.11.23 まだ、本体ができてません。 13.テーブルタップホルダー2021.11.24 TVボードの裏の配線を整理しくて、作りました。…

  • ガーデンルームに電気を通す(その3)

    LED照明他の残った部品を買って、残り作業を進めます。 baum-kuchen.hatenablog.com 追加部品購入 アップコンセント部の改良 スイッチ取り付け(ガーデンルーム柱) LED照明照明取り付け(ガーデンルーム天井) 布線(PF14管) 結線 WPコンセント(物置側) アップコンセント LED照明 スイッチ アウトレットボックス WPコンセント(既設) 検査、通電 完成 おわりに 追加部品購入 LED照明、スイッチなどの残りの使用部品です。 アップコンセント部の改良 アップコンセントの床下部は、本来、屋内の隠れたところになるはずですが、今回は、ガーデンルームに付けるので床下は屋…

  • ガーデンルームに電気を通す(その2)

    Amazonから部品が届いたので、工事を開始します。 baum-kuchen.hatenablog.com 部品到着 配電状況の調査 穴あけ治具作成 穴あけ(ガーデンルーム床) アップコンセント取付部 配線立ち上げ部 ボックス類取付 アウトレットボックス取付 WPコンセント(物置側) WPコンセント(家側) PF管設置 コンクリート基礎部 ウッドデッキ束柱 今後の作業 部品到着 使用部品を並べてみました。まだ、LED照明、スイッチなどは物色中で購入していません。まずは、コンセントの増設から進めます。 配電状況の調査 自宅の配線図がもらえていたので、それを参考に外壁についているWPコンセントのブ…

  • ガーデンルームに電気を通す(その1)

    電気工事士の資格を取って、はじめてDIYに活用することにします。 物置のワークスペース化計画の続きで、照明を付けたいというのが動機ですが、まずは、隣にあるガーデンルームに電気を通すことにします。 baum-kuchen.hatenablog.com 全体構想 部品・材料 ガーデンルーム内コンセント構想 作業工程の整理 今後の作業 全体構想 既存の屋外防水コンセント(図左)から、ガーデンルーム内の配線を追加する構想。配線図は以下の通りです。 部品・材料 主な材料です。 VVF 1.6-2C、アース線 PF14管、PF14管コネクタ、PF14用サドル LED照明、スイッチ、モール この他、リングス…

  • ついに、電動トリマを買ってしまいました

    ついに、電動トリマを買ってしまいました。 リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A リョービ(Ryobi) Amazon 電動丸ノコの次は、電動トリマを買いたいなと思っていました。面取りが綺麗にできるとか、丸穴を空けたり、溝を掘ったりと、一つの工具で色々使い回しが出来そうと言うのが理由です。 買ったはいいけど、木工工作をどんだけやるんだと、ならない様、高いお金を出して使いみちの少ない工具は買いたくないので。先ずはエントリーモデルから。 ただ、当面の使い道としては、作業机の更新とガーデンルームへの電気配線の作業(床コンセントの穴加工).に使うくらいですが(何…

  • 簡易LEDリングライトの製作

    3Dプリンタを使って、簡単なLEDリングライトを作って見ました。 製作イメージ 部品作り(造形) 組立 完成 今後及び課題 製作イメージ 3Dプリンタのサイズの制約で、リング(緑色)は4分割してます。そこに、LEDテープを貼って、真ん中のガイドにスマフォを載せれば出来上がりのハズ。 部品作り(造形) リング部品 スマフォを載せる台 組立 リング部品を組み立て。溝のところにLEDテープを載せます。 LEDテープです。5cm単位で切り離して使います。 高輝度LEDテープライトSMD 5050 RGB 5M 300連 強力粘着両面テープ 正面発光防水仕様IP65 切断可能 (ホワイト) サンクスワー…

  • 3Dプリンタ「VOXELAB Aquila」の改善#3

    Aquilaの改善#3です。 長時間掛かるので、夜中も印刷。ドアを閉めればなんとかなりますが、やはり音はそれなりに大きいです。騒音の元凶である、ファンを静かなものに変えてみます。 baum-kuchen.hatenablog.com ファンの静音化 ファン交換前の騒音計測 ファン単体の騒音比較 押し出し機のファン交換? 電源のファン交換 ファン交換後の騒音計測 おわりに ファンの静音化 Aquilaに付いているファンは次の通りです。交換後のファンが本当に静かなものになるかは、ちょっと分かりませんが、静かになるとのYoutube動画に騙されてみます。 押出機 24V 40mmx10mm (Hxr…

  • スケールマーキングガイドの製作

    DIYで大切なこと。ちゃんと図ること。 ということで、スケールマーキングガイドの製作です。 完成予想図 材料 製作 材料カット 下側部材 上側部材 組立 完成 おわりに 完成予想図 材料 木材 40mm x 14 mm 鬼目ナットM4(高さ10mm) 丸ツマミ付きネジM4(ネジ長15mm)(ユリヤネジと言うらしい) ステンレス板 t0.1(粘着テープ付) 材料です。ステンレス板を入れるのを忘れました 製作 材料カット 電動丸ノコで70mmにカット。完成予想図は、60mmなんですが、切る直前でバランス悪いなと思い変更。電動丸ノコ刄の角度も治具で直角になっているので問題なしです。 下側部材 スケー…

  • 3Dプリンタ「VOXELAB Aquila」の改善#2

    「VOXELAB Aquila」を改善した結果を書いていきます。今回は、ベッドプレートを照らす照明の追加です。 baum-kuchen.hatenablog.com 部品、材料 照明モジュールの組立 Aquilaへの取付 使用感 おわりに 部品、材料 アルミのLアングルと、LEDテープを使います。LEDテープは、ずっと前に買ってあったもので、樹脂の色が若干変色してました。 照明モジュールの組立 電源は、Aquilaの24VDCを使うことにしますが、LEDテープが12V用なので、左右に分けて、シリーズにつないで24V対応とします。また、長時間の造形を考えると照明をON/OFFしたくなるので、スイ…

  • 3Dプリンタで作ったもの#2

    単なる防備録です。 6.3Dプリンタ フィラメント関連改善[2021.10.17] baum-kuchen.hatenablog.com7.電動丸ノコ 刃を直角にするガイド[2021.10.24] 8.洗面台 小物入れ[2021.10.30-31] 6.3Dプリンタ フィラメント関連改善[2021.10.17] baum-kuchen.hatenablog.com7.電動丸ノコ 刃を直角にするガイド[2021.10.24] baum-kuchen.hatenablog.com 8.洗面台 小物入れ[2021.10.30-31] ここにシンデレラフィットを狙った小物入れ。横幅200mmあり、結構…

  • 電動丸ノコMW-46Aの刃を直角にする治具作成

    リョービMW-46Aは、入門用の電動丸ノコで、精度的な面では多少遜色があります。 特に、刃の角度を調整できるようになっていますが、直角からズレやすいのが難点。 木製バイスを作るときも、このせいで、カッコ悪いものに成ってしましました。 今回、これを少しでも改善するための治具を作っていきます。 baum-kuchen.hatenablog.com 角度調整機構 構想 3Dプリンタ活用 装着 結果 角度調整機構 刃の角度を調整する機構は、前についてますが、単に摩擦で止まっているだけなので、切る時力を掛けてしまうと、だんだんずれます。90度のストッパーもないので、ある意味仕方ないです。 後側は、リベッ…

  • 木製バイスを作りました

    良い工作の条件は、良い固定から。というのは、分かっていたんですが、バイスの1つもない状態でした。今回、ようやく作ることができました。 ネタ(アイデア)は、もちろんYouTubeになります。 完成予想図 材料 使用工具 作成 材料 木材カット 固定部1 固定部2 可動部 ベース 固定部組付け 可動部付け フランジ部 ハンドル 完成 おわりに 完成予想図 材料 木材(桧材) 19×38 ベニヤ t12 M10長ネジ、M10ナット、M10ワッシャー、M10高ナット M6長ネジ、M6ナット、M6袋ナット M8ワッシャー 皿ネジ 3.3×35、皿ネジ 3.1×25 平鍋ネジ 3×20 使用工具 電動丸ノ…

  • 3Dプリンタ「VOXELAB Aquila」の改善#1

    「VOXELAB Aquila」を改善した結果を書いていきます。 baum-kuchen.hatenablog.com 押し出し機へのフィラメント挿入角度の改善 フィラメントスプールホルダーの改善 実際の使用感 押し出し機へのフィラメント挿入角度の改善 幾つかの印刷をした結果、押し出し機へのフィラメント挿入角度に無理があるなと感じました。YouTubeを見ると、長時間使っていると押し出し機への入り口のところがすれて摩耗してしまうといった動画もあり。改善方法も多数、UPされていました。 ということで、簡単な方法で改善できないかと考えてやったのが今回の対策です。 部品は、もちろん3Dプリンターで作…

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#10-スピンドルメカ

    少し寄り道してましたが、スピンドル部の続きです。 baum-kuchen.hatenablog.com ドリルチャックアダプタ 穴あけ治具 結果 ドリルチャックアダプタ 前回は、ドリルチャックアダプタの材料として、ステンレスの丸棒をつかってましたが、これは、加工性が悪いので、軸ブレの要因の一つと考え、今度は真鍮棒で作ることにしました。 今回は、ドリルスタンドも自作してあったので、これを使って、真鍮棒の真ん中にΦ2.3の穴をあけるだけです。 ところが、まあ、見事に失敗です。自分の加工精度の無さにあきれるというか。 大体真ん中に空いているので、少し修正(再製作)すれば何とかなるかなと思って反対側を…

  • 3Dプリンタで作ったもの#1

    単なる防備録です。 1.VOXELAB Aquila用のUSBメモリホルダー[2021.10.14] 2.コンビニ袋掛けフック[2021.10.15] 3.3Dベンチマーク(船)[2021.10.15] 1.VOXELAB Aquila用のUSBメモリホルダー[2021.10.14] www.thingiverse.com 2.コンビニ袋掛けフック[2021.10.15] 台所の食器棚の取っ手にかけていたコンビニ袋。フックを作ってみました。 3.3Dベンチマーク(船)[2021.10.15] www.thingiverse.com

  • 3Dプリンタ「VOXELAB Aquila」は、簡単に組み立てられました

    「VOXELAB Aquila」を組み立ててみた感想など書いて行きます。 baum-kuchen.hatenablog.com 開梱 組み立て 調整 試し印刷(造形) まとめ 開梱 部品は、段ボールの中に、2段のウレタンフォームに奇麗に梱包されてました。 全部出して並べた所。右のベースプレートが本体ですね。 組み立て マニュアルアルに従って、組み立てた記録です。梱包されていたマニュアルは英語でしたが、後で見たら日本語のマニュアルもVOXELABのダウンロードセンターにありました。 1.Z軸フレームの組立 2.Z軸モータの組立 Z軸スクリューを固定する6角ボルトは、かなり強く締めないとだめでした…

  • ついに3Dプリンター購入「VOXELAB Aquila」

    いずれかは買おうと思っていた3Dプリンタ。 つい、ポチってしまいました。 VOXELAB Aquila 3Dプリンター 半成品DIY キット 超高精度印刷 停電回復機能 MK-8押出機 最大印刷サイズ 220 * 220 * 250mm高精度 家庭用 教育用 3D Printer 工場直販 Voxelab Amazon 実際、まだ届いていないので、届き次第、使用感など書いていきたいと思います。

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#9-スピンドル、制御回路

    コントローラが(暫定的に)できたので、スピンドル系を作っていきます。 CADからの一連の流れをやろとしましたが、XYZ各軸の制御系をもう少し調整(後日記載)しなければならないこともあり、まずは、全体の形を作ることを優先することとしました。 baum-kuchen.hatenablog.com スピンドル部 スピンドル部の組込み スピンドルモータ制御回路 作動確認 今後について スピンドル部 このCNCの製作が途中、挫折しかかった理由が、このスピンドル系です。 使うモータとしては、マブチモータのRS-380PH(定格10630rpm、118g・cm)です。RS-540Hも買ってありますが、スピン…

  • バイオリンタイマーの製作(構想)

    もっぱら、土日曜日の練習ですが、どのくらい練習しているのかを記録してみたくなりました。 一つのことをものにするには、10.000時間の練習が必要、と言う様なことをどこかで聞いたことがあるので、実際、自分はどのくらい練習出来ているのか興味のある所。 別に、タイマー作らなくでも、エクセルに毎回練習時間を記録していけばいいだけですが、そこは、無精な性格と電子工作の趣味を兼ねて。 と言う事で、前置きが長くなりましたが、作ってみます。 仕様 インターフェース システム構成 今後の計画 仕様 どこまで実現するかは不明で、仕様をつらつら書き連ねて見ます。 周波数分析でバイオリンの音を判別 バイオリンの音が出…

  • バイオリン 独学お役立ちサイト#2(日本弦楽協会)

    ひさびさ、バイオリンねた。(というほどでもないが) それなりに曲も弾けるようになって来て、少し上のレベルを目指して、日々(毎週)練習をしているところ。バイオリン教室のリアルな先生もいいですが、ネットからも得る情報も相変わらず貴重です。 バイオリンを始めたころに見ていたサイトです(お世話になりました)。 baum-kuchen.hatenablog.com 最近の一押しのサイトはこれです。最初に見つけたとき、何か怪しい(というのも、一教室なのに、”協会”と名乗るのもどうかな)と思ったけど、とってもまっとうなところの様です。失礼しました。 www.youtube.comで、今では、説明がとっても分…

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#8-Grblコントローラ

    コントローラソフトの続きです。Grblを使ってコントローラーを構成します(暫定的にです)。 baum-kuchen.hatenablog.com ArduinoへのGrbl構築 Grblのセッティング 中継基板の作成 Candle(Gコードセンダー) 動作確認 今後について ArduinoへのGrbl構築 使うのは、arduino nanoです。Githubからファイルをダウンロードして、Githubの解説通りに行って、特に問題なくコンパイル&ローディングができました。簡単に手順をまとめると以下の通り。 GithubからGrblをダウンロードし、展開 Arduino IDEを立ち上げ Grbl…

  • 電動丸ノコガイドを作る

    ここのところ、CNCのコントローラソフトの移植に難航していたこともあり、半ば現実逃避的なところもありますが、”成果”を出せるものに手を出しました。5月に買った電動丸ノコですが、そこそこ活用はしていたものの、もう少し活用すべく、正確にカットできる治具を作りたいと思っていました。 baum-kuchen.hatenablog.com 幾つかのYouTubueタイトルを見ての自作です。 材料 ベース レール ストッパ ガイド トグルクランプ スケール 部材ストッパ 試し切り おわりに 材料 主要材料は、 450x900 t12ベニヤ 30x40 角材2本 15x15 t1.5 Lアングル アルミアン…

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#7-コントロールソフト5

    コントローラソフトの続きです。Grblのコードの移植で問題となったメモリ容量不足。打開策#1がだめでしたので、次の案をトライします。 baum-kuchen.hatenablog.com 打開策#2 今後について 打開策#2 もっとメモリ容量の大きいPICを使ってみます。手持ちにあったもので、USBインターフェースのあるメモリ32KBのPIC18F2550で、トライしてみます。 まずは、プロジェクトプロパティからDeviceを変更。 これで、ビルドするとIO回りのレジスタ構成がPIC18F14K50と違うためエラーがでますが、とりあえず、cpu_map_pic18f14k50.hを修正し、適当…

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#6-コントロールソフト4

    コントローラソフトの続きです。Grblのコードの移植で問題となったメモリ容量不足をどう解決するかを考えます。 baum-kuchen.hatenablog.com 打開策#1 今後について 打開策#1 どの案を取るにしろ、一旦全部のソースコードを取り込んでビルドしてみます。ということです、案1の仮版を試行。目的は単にビルドするだけですので作動確認はしません。 まず、MLAのソースコードを一旦全部外してビルドです。例によって、リンク切れなどは、全てundefin.c/.hで対処します。 この状態でビルドすると、メモリ容量は57%の消費です。 Memory Summary: Program spa…

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#5-コントロールソフト3

    コントローラソフトの続きです。Grblのコードの移植を続けます。 baum-kuchen.hatenablog.com コマンド解析部 打開策 今後について Grblの骨組みをPICに実装する第一ステップクリアしたので、順次、組込み範囲を拡大していく構想でした。 コマンド解析部 早速、protocol_execute_line()以下を組み込んでいきます。できたら、system.c全体を組み込んでいきたいところですが、まず、一番中心となるsystem_execute_line()から、関数単位で組み込んでいきます。組込み先は、仮にundef.cに置きました。また、未組込み関数をダミー関数として…

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#4-コントロールソフト2

    コントローラソフトの続きです。いよいよ、実際にGrblのコードの移植を試みます。 baum-kuchen.hatenablog.com 一気に移植する手は、ビルドが通るまで大変になると思われるので、徐々に取り込む範囲(ソースコード、関数他)を増やしていく戦法を取ります。 ヘッダー メインループ シリアル入出力部 コマンド応答 動作確認 Gコード解析部 今後について ヘッダー 最初に、Grblのヘッダーファイルを全てインクルードした状態でビルドを通します。この状態でビルドが通るまでやれば、関数を必要な範囲で徐々に追加していけると思います。 前回も書いたように、Atmega328依存部は、大体cp…

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#3-コントロールソフト

    制御基板(ハード)ができたので、コントローラソフトの製作に着手しています。 baum-kuchen.hatenablog.com Gコード・センダー Universal G code sender bCNC Candle Grblの構造解析 Sourcetrail 割り込み関係 Aruduino(ATmega328)依存部分 今後について Gコード・センダー また、ちょっと寄り道です。コントロールソフトができた暁には、GIUを担うGコードセンダーとの連接が必要になりますが、GitHubには複数のものが紹介されていますが、その中からいくつか試しに動かしてみました。これは、実際に作りこむコントロー…

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#2a-制御基板

    前回、ドライバボードについては、何も書きませんでしたが、コントローラソフトができるまで時間がかかりそうなので、ちょっと寄り道(ドライバボードの実験結果)です。 baum-kuchen.hatenablog.com ドライバボードの結果 GrblをAruduinoに載せるという安直な方法は敢えて避けることにしましたが、実際、Aruduino(NanoとUno)は買ってしまっていました。これを使って、ドライバボード&ソフトを改修した結果を確認しました。写真は、Nanoを使った試験セットアップ。 Aruduinoから、X軸、Y軸にそれぞれ2000パルス(=10mm)づつ交互に出力して、正方形を書かせ…

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#2-制御基板

    まず、制御基板&コントローラソフトから着手します。 baum-kuchen.hatenablog.com システム構成 ドライバボードの整理 コントロールボード製作 USB PICの選定 回路図 基板設計&製作 コントロールソフト製作 USB CDCデバイス構築 今後について システム構成 方針を受けて、もう少し具体化します。全体のシステムブロックを書くとこんな感じです。Aruduinoの代わりにPICを使っただけだろうって言えばそれまですが。 ドライバボードの整理 作りかけのドライバボードは、機能をシンプルに、 コントローラからのSTEP/DIRコマンドに対応 リミットスイッチが入ったらコン…

  • 作りかけの自作CNCを完成させます#1

    作りかけのCNCを形にしようと思います。 これを作り始めたときは、今の様に1,2万もすれば、それなりのキットが手に入る状況ではなかった(多分)ですが、このままジャンクとするものもったいなのので、完成までもっていきます。そもそも、自作って作ること自体ば目的ですから。 baum-kuchen.hatenablog.com 現状整理 TODO 目標 CNCソフト選定 全体構成 今後について 現状整理 今までできていることを簡単に整理。 機構部分は、加工容易性を考えて、ファルカタ材をベースに、あまり、まともな工具もないまま作ったので寸法精度は、はっきり言って悪いですが、なんとか3軸動くまでになってます…

  • ATX電源の活用方法#7-完成

    ATX電源の活用方法の続きです。いよいよ最終組み立てです。 baum-kuchen.hatenablog.com パネル内配線 配線位置決め 配線干渉確認 配線完了 完成 おわりに パネル内配線 パネルメータの不良(爪の内部まで樹脂でへこまない)により、爪を削っているため、固定はグルーガンです。ついでに、電源スイッチも少し取付けにガタがあったので、グルーガン処置しておきました。 上部パネルでできるだけ配線をします。といってもパネルメータと電源スイッチ回りですけど、少しでも配線を固定しておかないと、あとの組立が大変なので。右に出ている2本の赤・黒がステップダウンコンバータへの配線。細い電線はパネ…

  • ATX電源の活用方法#6-パネルデザイン~上部カバー加工

    ATX電源の活用方法の続きです。パネルデザインが決まったので、完成に向けて組立て行きます。 baum-kuchen.hatenablog.com パネルデザイン パネル用シール作成 上部カバー加工(シール貼り付け) パネル仮組立 つづき パネルデザイン パネル面のデザインを決めました。各電源端子からのエネルギーが一旦右面に集中した後、排気ダクトへ注入・・といったイメージで作りました。レベルは高くないですが、こんなところで妥協します。裏面、排気用の網を除いた3面を飾り付けようと思います。 プリンタで印刷したラフスケッチを仮止めして、細部の寸法チェックします。プリンタへの印刷精度は全然問題ないレベ…

  • ATX電源の活用方法#5-ダミーロード取付~DCDCコンバータ取付

    ATX電源の活用方法の続きです。完成に向けて組立て行きます。 baum-kuchen.hatenablog.com 全体回路図 ダミーロード取付 DCDCコンバータ加工&取付 つづき 全体回路図 今更ですが、回路図です。メモ書きレベルで済む内容ですが、忘備録を兼ねて清書しときました。本当は、各電源の電圧/電流を測りたいところですが、今回は諦めます。 組立時の困難さを低減するため、出来だけパネル内で配線できるように実態配線は変えていく予定。 まだ、化粧パネルのデザインが決まらないので、パネル組立に入れません。その間、本体側の加工を進めます。 ダミーロード取付 5Vラインにダミーロードを取り付けま…

  • ATX電源の活用方法#4-パネル加工〜仮組み付け

    ATX電源の活用方法の続きです。パネルを加工していきます。 baum-kuchen.hatenablog.com パネル穴あけ 取付部品の加工 パネル仮付け 組立(配線)イメージ つづき パネル穴あけ 模擬パネルでのフィットチェックの結果で、穴あけ位置を修正したテンプレートを作成。これを、上部カバーの前面に張り付けたうえで、穴あけを開始します。 カバーへの貼り付けは、両面テープで。 万力で押さえて、端子、ボリュームから穴あけ。最初Φ3.2であけて、あとはリーマ加工です。 パネルメータの穴は、周囲をドリルで開けてから、あとは、ひたすらやすりで仕上げます。 全ての穴をあけたところ。 バリを取って、…

  • ATX電源の活用方法#3-基板取付~パネルフィットチェック

    ATX電源の活用方法の続きです。組み立てていきます。 ちなみに、DCDCコンバータも海を越えて*1、ようやく到着しました。 baum-kuchen.hatenablog.com ノイズフィルタ取付 基板取付 干渉チェック 動作確認 模擬パネル確認 本体フィットチェック つづき ノイズフィルタ取付 まずは、基板をもとに戻すために、ノイズフィルタを取り付けます。間にメインスイッチを挟むため、AC100V入力の端子をペンチで90度ひねって、フィルタ基板を片方の端子に半田付けします。残った端子とフィルタ基板の間にメインスイッチへの配線を追加します。フィルタ基板を90度ひねった形になるので、メインの基板…

  • ATX電源の活用方法#2-部品入手~メインSW加工

    ATX電源の活用方法の続きです。部品を入手して、加工を開始します。 baum-kuchen.hatenablog.com 部品選定 メインスイッチ 本体シャーシ加工 本体シャーシ完成 つづき 部品選定 既に3Dモデルを作る段階で確認したことですが、今回の主要部品となる端子をどうするかは意外と悩みました。たまたま手元にあった、よく見る端子です。 これでいければ良いのですが、確認してみると案の定、ダメです。端子の後ろの寸法が長くて、基板のコンデンサに当たります。 通販サイトで端子の後ろが短い部品を探してみましたが、比較的容易に入手できる範囲では、バリエーションはなさそうでした。結局、端子他の部品は…

  • ATX電源の活用方法

    古い自作PCをようやく処分する事にしました。 自作PCと言えども簡単には処分出来ないのと、勿体無い精神で、一部はメルカリ(殆ど売れないかもしれませんが)、ATX電源だけは再利用して電源装置を作ることにしました。 YouTubeを探すと色んな例があるのでいいとこ取りです。 www.youtube.com ATX電源の概要 大分古いものですが、ちゃんと動きました。容量は、300W。20ピンタイプなので、-5V、-12Vもありますが、これは流石に使いません。 中を分解してみました。(ほこりだらけでお見苦しいですがご容赦を) 古いタイプのためか、ファンが大きくて、中のスペースはほとんど無しです。 シャ…

  • パソコン修理NEC Lavie LL750/R 修理できました

    パソコン(LaVie LL750/R)修理の続きです。結果的に修理できました。 baum-kuchen.hatenablog.com 故障原因が、何とスピーカという状況ではありましたが、原因が分かれば直し方も考えられます。 代替スピーカ スピーカモジュール分解 気づき 謎が解けた 修理 おわりに 代替スピーカ スピーカモジュールと小型のスピーカを交換すれば、音質はともかく直せるのではないかと思い、Amazon他を検索。インピーダンスはテスターで測って4Ωだったのと、ALC275(正確にはALC269)のデータシートから、4Ωを想定。大きさは、スピーカモジュールの寸法より約Φ25mm以下で、1W…

  • パソコン修理NEC Lavie LL750/R 原因は想定外のところ・・

    パソコン(LaVie LL750/R)修理の続きです。 baum-kuchen.hatenablog.com 前回、分解して目視確認と一部導通確認まで行いましたが、簡単には原因は分かりません。肝心のオーディオICのデータシートが見つからず、トラブルーシュートを断念。 Realtek ALC275 実装状態との比較 電源回り調査 スピーカ用アンプ出力波形確認 真の原因は? おわりに Realtek ALC275 データシートを探すとき良く使うサイトです。 www.alldatasheet.jp ここで、ALC275を検索しても、近い型番のものは沢山ヒットしますが、肝心の型番がありません。Real…

  • ウッドデッキの修理#3

    ウッドデッキの修理の続きです。 baum-kuchen.hatenablog.com 幕板張り おまけ 新しい塗料を買ってきて最後の修理として幕板をはります。ちなみに、塗料は、今度はウォルナット色にしてみました。 先週までは、こんな感じです。 幕板張り 作業終了結果です。一部の床板の側面は、腐食跡が残ったままですが、強度的にも、ぐらつくことなく、一応修理完了です。 少し色が変わった2枚が新しく換えた床板です。それ以外は、経年劣化で割れが出ていますが、腐食防止の塗料をたっぷり塗ったので、しばらくは持つでしょう。 修理前は、切り欠き部分にも幕板がありましたが、あんまり意味がないのと、少し狭くなるの…

  • パソコン修理NEC Lavie LL750/R

    パソコン(LaVie LL750/R)が壊れました。 すこし前から、スピーカから時々、ガリ、ガリと大きな音がしてましたが、とうとう逝ってしまいました。同時に、何かが焦げた匂い。 ただ、その他の動作は、全然問題ないので、そのまま使えます。が、焦げた匂いが気になります。そのうち、火でも噴いたら怖いので、とりあえず分解してみることに。 分解方法 ハードディスク取り出し DVDドライブ取り外し スピーカパネル取り外し キーボード取り外し ディスプレイ取り外し 上面パネル取外し 基板取り外し スピーカ用コネクタ オーディオIC Realteck ALC275 故障原因調査 目視及び導通確認 復元後 分解…

  • ウッドデッキの修理#2

    ウッドデッキの修理の続きです。 baum-kuchen.hatenablog.com 床張り(その3) 床張り(その3) まだ、サンルーム下の床板修理が残ってます。最初は、右下のように修理しようと考えてましたが、よく考えるとレールの荷重がそのまま掛かって不味い状態です。 結局、その奥の大引きのところで分割することにしました。サンルーム中央付近になって目立ってしまいますが、致し方ありません。また、板材は、以前交換した古い板材の状態の良い所を切り出して使うことにしました。これは、板厚調整をしなくて済むのがメリット。 左は、床板を大引のところでカットしたところ。右は、2枚分を張り終えたところ。 中央…

ブログリーダー」を活用して、Baum_kuchenさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Baum_kuchenさん
ブログタイトル
Baum_kuchen’s Workshop
フォロー
Baum_kuchen’s Workshop

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用