searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

林夕さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
林夕の俳句日記
ブログURL
https://hayasi-yu-haiku.hatenablog.com/
ブログ紹介文
俳句を気ままにつくっています。川柳・短歌も。『物理学川柳』というものも作っています。
更新頻度(1年)

138回 / 314日(平均3.1回/週)

ブログ村参加:2020/01/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、林夕さんの読者になりませんか?

ハンドル名
林夕さん
ブログタイトル
林夕の俳句日記
更新頻度
138回 / 314日(平均3.1回/週)
読者になる
林夕の俳句日記

林夕さんの新着記事

1件〜30件

  • 【川柳】会うたびに

    会うたびに 笑い合える先輩 まれなるかも 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【川柳】トンカツより

    トンカツより うまくはないが シュニッツェル 【追記】 川柳。ドイツにトンカツとよく似たシュニッツェルという料理がある。ドイツの先生が「トンカツよりうまいだろう」と言うので「はい。トンカツよりおいしいです」と答えた。 イラスト元:いらすとや様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【川柳】モナリザは

    モナリザは 写真撮っても いい笑顔 (もなりざは しゃしんとっても いいえがお) 【追記】 川柳。パリ・ロンドン旅行でモナリザを見た。日本の美術館とちがってモナリザの写真は撮り放題。 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【川柳】見るまでは

    見るまでは あると思わず 富士の峰 (みるまでは あるとおもわず ふじのみね) 【追記】 川柳。富士山はなんとなく架空のファンタジーのもののように思っていた。 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【思い出川柳】箱根の湯

    箱根の湯 上がってだらだら 何もせず 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【川柳】路地入る

    路地入る きたない店の うまき豆花 (ろじはいる きたないみせいの うまきまめはな) 【追記】 川柳。台湾のスイーツに豆花(トゥーファー)という杏仁豆腐みたいなのがある。 イラスト元:いらすとや様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【川柳】ナイトメア

    ナイトメア 上書きしたくて 二度寝する (ないとめあ うわがきしたくて にどねする) 【追記】 川柳。ナイトメアは悪夢の意味。 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【ファン川柳】鳥居見る

    鳥居見る 並んで待ってる かりんとう (とりいみる ならんでまってる かりんとう) 【追記】 ファン川柳。根津神社前で売ってる「焼きかりんとう」がおいしい。 写真撮影:自分 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【俳句】春日入る

    春日入る かんなぎカフェで 友を待つ (はるひいる かんなぎかふぇで ともをもつ) 【追記】 「春日入る」は春の季語。「かんなぎ」は巫女さんの意味。 イラスト元:いらすとや様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【川柳】金持ちに

    金持ちに なるには運と 好奇心 (かねもちに なるにはうんと こうきしん) 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【思い出俳句】春の風

    春の風 茶の湯飲みたる 六義園 (はるのかぜ ちゃのゆのみたる りくぎえん) 【追記】 春の句。東京の六義園で抹茶を飲んだ。 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【思い出俳句】ビラ配る

    ビラ配る 朧月夜の メイドバー (びらくばる おぼろづきよ めいどばー) 【追記】 「朧月夜」は春の季語。朧にかすんだ月の夜のこと。朧は大気中の水分によって物がかすんで見えること。 イラスト元:いらすとや様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【思い出俳句】春光や

    春光や 友と入りし メイドカフェ (しゅんこうや ともとはいりし めいどかふぇ) 【追記】 「春光」は春の季語。思い出。 イラスト元:いらすとや様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【俳句】駘蕩の

    駘蕩の 白湯を飲みたる 書道かな (たいとうの さゆをのみたる しょどうかな) 【追記】 「駘蕩」は「のどか」と同じ意味。春の季語。 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【俳句】風光る

    風光る 川面のそばの 会社かな (かぜひかる かわものそばの かいしゃかな) 【追記】 「風光る」は春の季語。春には風もきらめくように感じる。 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【川柳】あちきには

    あちきには 詳しいことは わかりんせん 【追記】 川柳。「あちき」は昔の女性の一人称。「わかりんせん」は分からないという意味。 イラスト元:いらすとや様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【川柳】仕事とは

    仕事とは 思えぬ仕事 あらまほし 【追記】 川柳。「あらまほし」はあってほしいという意味の古語。仕事と思えないほど気楽な仕事がいいのかもしれない。 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【俳句】健康の

    健康の 鹿尾菜取りたる メンザかな (けんこうの ひじきとりたる めんざかな) 【追記】 「鹿尾菜(ひじき)」は春の季語。メンザはドイツ語で大学の学生食堂のこと。 イラスト元:いらすとや様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【俳句】草原に

    草原に 碧の眼ひらく 犬ふぐり (そうげんに あおのめひらく いぬふぐり) 【追記】 「犬ふぐり」は春の季語。オオイヌノフグリのこと。 イラスト元:いらすとや様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【俳句】競っては

    競っては 探す四葉の クローバー (きそっては さがすよつばの くろーばー) 【追記】 「クローバー」は春の季語。 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【思い出俳句】まろび出づ

    まろび出づ 雉に驚く 山登り (まろびでづ きじにおどろく やまのぼり) 【追記】 雉は春の季語。 イラスト元:いらすとや様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【思い出俳句】紹興酒

    紹興酒 求めて横浜 春の暮れ (しょうこうしゅ もとめてよこはま はるのくれ) 【追記】 春の句。紹興酒を買いに横浜中華街に行ったことがある。 イラスト元:いやすとや様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【俳句】合格を

    合格を 祈願の天神 梅の花 (ごうかくを きがんのてんじん うめのはな) 【追記】 春の句。 写真撮影:自分 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【ファン俳句】村上春樹さんの小説

    羊の毛 刈りし男の 鏡かな (ひつじのけ かりしおとこの かがみかな) 【追記】 ファン俳句。「羊の毛刈る」は春の季語。羊男は村上春樹さんの小説に出てくる。 羊をめぐる冒険 作者:村上春樹 発売日: 2016/07/01 メディア: Kindle版 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【思い出川柳】合っていると

    合っていると 褒められた無水 褚水良 (あっていると ほめられたむすい ちょすいりょう) 【追記】 思い出川柳。書道で「無水」と書いて褒められた。唐の三大書家の一人、褚水良の「雁塔聖教序」から取った字だった。褚水良は細い字を書く。 イラスト元:いらすとや様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【川柳】穴あきを

    穴あきを セクシーという 羅襪かな (あなあきを せくしーという らべつかな) 【追記】 川柳。「羅襪」は靴下のこと。 イラスト元:いらすとや様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【俳句】Pythonで

    Pythonで プログラミング 長閑なり (ぱいそんで プログラミング のどかなり) 【追記】 「長閑」は春の季語。春の日中のゆったりとして落ち着いたさまのこと。 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【川柳】背ではなく

    背ではなく 言葉で語る 先輩なり 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【俳句】春来たり

    春来たり 夢にふくらむ 木の芽かな (はるきたり ゆめにふくらむ きのめかな) 【追記】 春の句。「木の芽」と「この目」がかかっている。 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

  • 【川柳】都落ち

    都落ち 勝てぬ戦に けりをつけ (みやこおち かてぬいくさに けりをつけ) 写真元:ぱくたそフリー写真素材様 にほんブログ村 俳句・短歌ランキング

カテゴリー一覧
商用