共育コンサルタント 金澤浩の「子どもが生き生きするブログ」
読者になる
住所
横浜市
出身
ハンドル名
共育コンサルタント|金澤浩さん
ブログタイトル
共育コンサルタント 金澤浩の「子どもが生き生きするブログ」
ブログURL
https://note.mu/betheprotagonist
ブログ紹介文
子育てやコミュニケーションで悩む方へ。 子どもにもっと主体的に、生き生きと成長していってほしい方へ。 1000名以上の指導経験を持つ筆者が、アドラー心理学ベースのコーチングスキルを活用して、子どもを生き生きさせる方法をお伝えします。
自由文
キャリア・アウェイクナー、共育コンサルタント。 我が子の幸せを願うあなたのための場所 ”Parents’ Pit” 主宰者。 Parents' Pit:https://www.facebook.com/parents.pit.for.children/
更新頻度(1年)

26回 / 77日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2019/07/29

共育コンサルタント|金澤浩さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 45,963位 46,722位 47,017位 35,361位 32,584位 32,765位 32,802位 974,791サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 1,456位 1,493位 1,512位 960位 817位 825位 825位 64,760サイト
小学生の子 51位 47位 48位 31位 28位 27位 26位 1,315サイト
中学生の子 35位 35位 37位 24位 21位 22位 21位 588サイト
子供の教育 37位 36位 38位 23位 21位 19位 19位 782サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 83,955位 85,131位 85,480位 78,007位 77,825位 78,136位 圏外 974,791サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 3,702位 3,750位 3,799位 3,538位 3,551位 3,590位 圏外 64,760サイト
小学生の子 105位 108位 114位 98位 100位 101位 圏外 1,315サイト
中学生の子 61位 60位 60位 58位 59位 58位 圏外 588サイト
子供の教育 73位 77位 77位 76位 75位 71位 圏外 782サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,791サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64,760サイト
小学生の子 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,315サイト
中学生の子 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 588サイト
子供の教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 782サイト

共育コンサルタント|金澤浩さんのブログ記事

31件〜60件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、共育コンサルタント|金澤浩さんの読者になりませんか?

ハンドル名
共育コンサルタント|金澤浩さん
ブログタイトル
共育コンサルタント 金澤浩の「子どもが生き生きするブログ」
更新頻度
26回 / 77日(平均2.4回/週)
読者になる
共育コンサルタント 金澤浩の「子どもが生き生きするブログ」
  • 子どものチャレンジ精神を挫く9つのこと

     こんにちは!流行に乗ってみて反応を探る、キャリア・アウェイクナーの金澤です。  今日のタイトルは流行の「〜〜つのこと」に乗ってみました。こういう書き方好きではなかったんですが、やってみて反応が良ければ、継続していくことにします(笑) チャレンジ精神は元からあるもの  日本って、チャレンジする人が少ない、と世間的によく言われています。その真偽については、私は研究者ではないのであまり触れませんが、確かに実感としてはそんな印象を受けます。  でもですね、我々人間は全員、生まれたときからずっとチャレンジを続けてきています。這ってでも前に進もうとする、何かに捕まって立ち上がろうとする

  • 課題ドリブンと貢献欲求

     こんにちは!人の信念を覚醒させるスペシャリスト キャリア・アウェイクナーの金澤です。  いつだったか忘れたのですが、ふとした瞬間に、「課題ドリブン」という言葉を聞いたことがあります。あ〜なるほどな〜と思ったんですね。 課題ドリブンの人は輝いていて素敵  課題ドリブンというのは、「解決したい課題を最優先にして行動する・考える」ことです。言葉で言うと簡単ですが、そんなに簡単じゃないんですよね〜。  私も社会人経験が20年以上ありまして、いろんな人と出会ってきました(生徒はもちろん大人も)。キラキラと輝く、仕事もできてすごく素敵だと感じる人もいれば、そうではない人もいます。そう

  • 自分で決めるということ その3 〜自分の外と内にある理由〜

     こんにちは!人の信念を覚醒させるスペシャリスト キャリア・アウェイクナーの金澤です。  ※キャッチフレーズないの?と奥さんに言われまして、色々試してみることにしました(笑)  「自分で決める」ということは大切だ、ということを、自分の話と生徒の話でシェアしてきました。今回は、自分の子どもや自分自身を想定した、未来の話を考えていきたいと思います。 その理由、内ですか?外ですか?  例えば、高校受験をする生徒がいたとしましょう。あなたが高校の面接官だとして、「本校の志望理由は?」と聞いたら、こんなことを言ったとします。  「貴校を志望した理由は三つあります。一つは説明会に伺った

  • Fast alone, Far together

     こんにちは!キャリア・アウェイクナーの金澤です。  ここ最近、いろんなところに行って、いろんな人の話を聞いたり、自分のやりたいことを話したりすることが続いているのですが、この一週間で全然違う人から同じ言葉を2回聴きました。改めていい言葉だな、と思ったので紹介します。  Fast alone, Far together  早く行きたいなら一人で行け、遠くに行きたいなら一緒に行け  なるほどなあ〜、と思うわけです。思えば、人が育っていくプロセスって、まさにこの通りなんですよね。  私のことを振り返ってみると、塾講師として仕事を始めたときは、自分自身で精一杯。

  • 自分で決めるということ その2 〜生徒という先生〜

     こんにちは!キャリア・アウェイクナーの金澤です。  前回、原体験として「自分が決める」ということの大切さを実感したという話をしましたが、今回は、それが他人でもそうなのだと痛感した二つの事例をご紹介します。 努力したのにどうして  まだ私が塾講師駆け出しの頃の話です。一人目は男の子で、私のいた教室で一番上のクラスにいて、言われた通りのことを、しっかり最後まで努力できる生徒でした。内申も高く、トップ校の受験も普通にやっていたらまず大丈夫だろう、という状況で中3を迎えていました。  生徒も家庭も、学校の先生も、もちろん我々塾の先生も、中1の頃から「◎◎高校(トップ校)を受けたい」

  • 自分で決めるということ その1 〜自らの原体験〜

     こんにちは!キャリア・アウェイクナーの金澤です。  何回かに分けて、私がキャリア・アウェイクナーを目指すきっかけになったことを交えて、「自分で決めること」の大切さをシェアしたいと思います。  今回は、私自身の原体験をご紹介したいと思います。 原体験は何の記憶もない中高時代  私は中学受験で、慶應義塾中等部という学校に入りました。いつかこの中学受験の話もご紹介しようと思いますが、一般的には、慶應に中学で入ったのだから、人生もう安泰だよね、という見られ方をするわけです。私の親もそう思ったでしょうし、私自身もそう思っていたかもしれません。  ところが、今大人になって振り返ってみ

  • 国際高等専門学校見学レポート その3

     こんにちは!キャリア・アウェイクナーの金澤です。  今回は国際高等専門学校の見学レポート第3弾。国際高専の先進的な取り組みについてご紹介します。学校見学、学校パンフレットに加え、ルイス・バークスデール校長のインタビューを元に、金澤流に紹介していきます。 日本の理工学の課題と改善提案  従来の「理工学」というと、数学・理科を軸として、理系バリバリのイメージがあったかと思います(あ、私のイメージですが 汗)。  課題として、 ・ 日本では仕事があるが、世界では通用しない ・ 言われたことはできるが、クリエイティブにはならない ・ 理系イメージが強すぎて女性が少ない ・

  • 川崎の事件に寄せて 〜他人を思いやる勇気〜

     こんにちは!キャリア・アウェイクナーの金澤です。  5月28日朝、川崎で大変痛ましい事件が起きてしまいました。  被害者の中で、大人1名・子ども1名が亡くなられたとのこと。心よりご冥福をお祈りいたします。  現場に居合わせた、小学校教頭のお話がニュースに上がっていたので、記事を読みました。その記事を見る限り、これは起きてしまったら、どうやっても防ぎようがないと感じました。 【速報】「無言で児童に刃物を振っていた」被害児童が通う小学校教頭が目撃(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース28日朝、神奈川・川崎市の路上で、小学生らあわせて19人が男に突然刃物で刺

  • 「勉強」と「学習」、どちらが好き?

     こんにちは!キャリア・アウェイクナーの金澤です。  先日、国際高専の見学に行ったついでに、足を伸ばして大阪へ行きまして、いろんな人のお話を伺ってきました。  その中の一つで、非常に印象的な問いをしてもらったので、ここでシェアしたいと思います。 「勉強」と「学習」の違い  最初この問いに私は、率直に「何が違うの?」と思いました。でもよくよく考えてみて、熟語の漢字も考えてみると、なるほどな〜と思うことがありました。  学習という言葉は、学ぶ・習う。学ぶとは「真似ぶ」から来ている、というのはよく出てくる話ですが、習うというのも「他人から何かを教わる」ことを意味します。違う言い方

  • 国際高等専門学校見学レポート その2

    こんにちは!キャリア・アウェイクナーの金澤です。 国際高等専門学校の見学レポート第2弾です。前回は概要をお伝えしましたが、今回は施設や授業を詳しくお伝えします! かんぽの郷を改築したイノベーション・ハブ 門をくぐると、広々とした空間の中に、ライトブラウンの落ち着いた建物と、弧を描いた黒基調のカッコいい建物が目に入ります。 門をくぐって左側のベージュの建物は、「イノベーション・ハブ」と呼ばれるゲストハウス。かんぽの郷を買い取って改築した建物で、1階・2階にはカフェテリア、カウンセリングルーム、保健室、交流スペースなどがあり、3階から上は宿舎になっています。 カフェテリアは

  • 国際高等専門学校 見学レポート その1

    こんにちは!キャリア・アウェイクナーの金澤です。 何回かに分けて、石川県白山市(金沢市から車で1時間程度)にある「国際高等専門学校」の見学レポートをお送りします!本当にすごい学校ですので、より多くの人に見てもらえればと思います。 一般的な高専と国際高専の違い 国際高等専門学校は、分類としては高等専門学校、いわゆる「高専」と呼ばれる学校です。高専はもともと高度経済成長期に、産業界で即戦力になる人材を育成するために1961年に作られたもので、現在全国に57校あります。そのうち国公立が54校、私立が3校。この国際高専はこの「3校」の一つ、非常に珍しい学校です。 もともと高専は就職率

  • 人生の主人公として生きる

    みなさん、こんにちは!キャリア・アウェイクナーの金澤です。 前回、自己紹介代わりに投稿した記事の中で、「人生の主人公として生きる」という言葉を紹介しました。 今日はこれについてシェアしようと思います。 気づいたら、他人の人生を生きている ふと気づくと、私たちは他人の人生を生きていることがあります。 例えば、 人間関係で揉めて、時間を無駄に費やしてしまう。 自分の思い通りに周りが動かず、イライラしてしまう。 他人に振り回されて、疲弊してしまう。 人の話題ばかりをやたらと気にしてしまう。 嫌なことを誰かに強制されて、すごく嫌な気分になってしまう。 周りの目を気にしす

  • キャリア・アウェイクナーという仕事

     みなさん、こんにちは!キャリア・アウェイクナーの金澤です。  今回はnoteでの初投稿ですので、自己紹介を兼ねて、私の肩書きの一つである「キャリア・アウェイクナー」についてお伝えしようと思います。 キャリア・アウェイクナーとは  アウェイクというのは「目覚める・覚醒する」という動詞で、アウェイクナーとは、「目覚めをもたらす人」という意味です。  キャリア・アウェイクナーという肩書きは、ロバート・ディルツ(Robert Dilts)という、世界的に有名なコーチングの第一人者が書いた本のタイトルから着想を得ています。  ディルツは、NLP(Neuro-Linguistic P

カテゴリー一覧
商用