とある小児科医の、子育てに役立つ脳と心についてのブログ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
田中 一さん
ブログタイトル
とある小児科医の、子育てに役立つ脳と心についてのブログ
ブログURL
https://tanaka-hajime.hatenablog.com
ブログ紹介文
大学で子どもの脳について研究している、小児科医です。2児の父でもあります。日々子どもから学んだこと、研究から学んだことを多くの方に知っていただき、より良い子育てにつながればこれ以上の幸せはありません。
自由文
-
更新頻度(1年)

17回 / 140日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/05/30

田中 一さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,443サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 10 0 0 0 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64,797サイト
子育てを楽しむ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 694サイト
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,279サイト
幼児教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 894サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,258サイト
脳科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 103サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 54,694位 56,623位 84,353位 84,572位 84,438位 84,446位 84,595位 975,443サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 10 0 0 0 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 2,993位 3,115位 4,609位 4,623位 4,644位 4,617位 4,674位 64,797サイト
子育てを楽しむ 30位 33位 51位 50位 47位 46位 47位 694サイト
教育ブログ 525位 552位 892位 898位 904位 911位 922位 9,279サイト
幼児教育 65位 68位 94位 96位 94位 95位 97位 894サイト
科学ブログ 106位 116位 194位 193位 193位 191位 203位 2,258サイト
脳科学 7位 7位 12位 11位 11位 11位 12位 103サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,443サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 10 0 0 0 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64,797サイト
子育てを楽しむ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 694サイト
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,279サイト
幼児教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 894サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,258サイト
脳科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 103サイト

田中 一さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、田中 一さんの読者になりませんか?

ハンドル名
田中 一さん
ブログタイトル
とある小児科医の、子育てに役立つ脳と心についてのブログ
更新頻度
17回 / 140日(平均0.9回/週)
読者になる
とある小児科医の、子育てに役立つ脳と心についてのブログ
  • 予防接種

    先日、予防接種を全くしていない2歳近くの女の子が、母に連れられて夜間の救急外来に来られました。秋から冬にかけて流行する、とはいえ今では年中見られるRSウイルス感染症でしたが、発熱しておりややぐったりしている印象でした。結局、他の感染症はなくRSウイルス感染単独だったので、胸をなでおろしました。念の為、母子手帳を見せていただくと、健診の度に予防接種を打つよう指導されていたようです。母に、後日来られた父にその理由を聞くと、副反応が心配だからとのことでした。 副反応が起こる確率はとても低く、もし起こったとしても救済制度が整備されています。定期接種は厚労省、任意接種は医薬品医療機器総合機構が責任部署で…

  • 生まれたばかりの赤ちゃんは夢を見ますか?

    生まれたばかりの赤ちゃんは夢を見ますか? 世の中は秋の連休、私はど真ん中に当直がありました。どんな職場でも若手、下っ端は辛い笑。 その当直中に、「赤ちゃんが生まれたので産科の先生から連絡があると思います。」と新生児室の看護師さんから連絡がありました。前期破水から時間経過が少し長く経過していたためですが、幸い感染なく今も過ごされておりほっと胸をなでおろしているところです。 そのご両親にお祝いの言葉をお伝えした後に、現在の状態について検査結果を合わせてお話をします。お母さんは初産婦さんで分娩に時間がかかって大変だったにもかかわらず、元気な笑顔です。お父さんは時折やや不安そうな表情を見せるものの、お…

  • 【紹介】こんな症状、どう対応する?

    小生はこのブログで、脳や心の発達に関してまとめています。 その他のよくある病気や自宅での対応については、他の小児科医の先生方のブログが大変参考になります。 たとえば、 「3ヶ月未満で発熱したら大きな病院へかならず受診しましょう!」 ワクチンが接種できてない状態での発熱は、重症化のリスクがあります。 基本的に入院が前提で受診されることをおすすめします。 生後3ヶ月未満の発熱で受診して、 私 「入院」 母 「ええ!?ミルクも着替えも準備してません💦」 という会話を何度したことか。備えあれば憂いなしです。 www.dr-kid.net なんでもググればとりあえず引っかかるこの時代、情報源はきちんと選…

  • 旬を逃さず、幼児教育にレバレッジを利かせよう!【書籍紹介】

    子育て中の親に、ましてやシングルマザーでそれこそ身を削る思いで子育てして頑張っている方々に、時間のない中でじっくりこの本を読んでほしいとは言えない。一番届いてほしいところに、情報が届かないであろうことには非常にヤキモキさせられる。 だけど、要約したメッセージをブログで発信することはできる! 幼児教育の経済学 作者: ジェームズ・J・ヘックマン,古草秀子 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/06/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 要するに、3,4歳のときの経験、教育がその後の人生をより良く生きるために一番必要だってこと。 子どもが成人するまでず…

  • 発達障害の子どもは本当に増えてる?

    「コミュ力さえあれば、看護師として生きていけます!」 27歳の看護師さんが、鮮魚居酒屋で一次会を終えて洋食居酒屋に向かって歩いているときに、こう言っていました。職場の同僚達はそれに強く賛同しているようでした。特に医療現場では一つのミスが命取りになる恐れがあり、綿密なコミュニケーションがあってこその職場と言えます。看護師として必要とされる知識や技術ももちろん多いですが、それにも増して、人と人とのコミュニケーションの重要性は昨今の社会では求められる傾向にあるのでしょう。分厚い刺し身と、レモンサワーを2杯いただいた小生は、ほろ酔いでふらふらしながら、そうなんだなあとその会話に聞き入っていました。 さ…

  • これらの偉人に共通するのは?

    Walt Disney Albert Ainstein 坂本龍馬 Steve Jobs Steven Spielberg Michael Phelps これらの偉人に共通するのは何でしょう。 飛び抜けた知性?圧倒的な行動力?終わりを知らない想像力? 確かに、それぞれ抜きん出た才能をもっています。 しかし、見逃してはいけないことは、彼らはいずれも発達障害であることです。 欠点はあっても、学校教育の中では収まりきらない能力がきっとあります。 それを見逃さずに潜在能力を全開にする。 彼らを単なる外れ値として認識するのではなく、どうすれば彼らのように潜在能力を全開にできるのだろう。 それを考えることは…

  • アンパンマンの暴力は子どもの発達にどう影響する?

    「悪いことしたら、アンパーンチだよ!」 3歳の娘は、パンチの真似をしながら私によくそう言います。たいてい、私がご飯のときにテレビを見ていたり、玄関の靴を揃えていなかったりする場合にそう言っているので、使い方はどうやら心得ているようです。実際にパンチすることはないので、それほど気にしていなかったのですが、オンラインニュースで表題の件についてトピックがあったのでこれを期に調べてみることにしました。 結論から述べますと、暴力行為をテレビで見た子どもの怪我のリスクは上昇します1。しかし、アンパンマンには子どもにとって他のいい影響をもたらし得る要素が多く含まれており全体としては良いのだろうと思います。ま…

  • 言い訳

    ある研修施設に掲示されていた、小学一年生の男の子の作文。 年齢はふた回りも下の男の子ですが、随分大切なことを教わりました。 ピンチの時こそ、真価が問われるのは人間も組織も、国でも同じです。事実を明らかにするため必要な弁明ならばともかく、保身のための言い訳は生産性がないどころか信頼を失い兼ねません。 歳をとると、目には見えない無駄なぜい肉がココロについてしまう気がします。エントロピーは常に増大するように。多くの場合、そのことに本人は気づけません。ココロのぜい肉を落とすトレーニングが意識的に必要なようです。 大事なことをおじさんは忘れかけていたよ!ありがとう、少年!!

  • 「何もしないくせに、偉そうなこと言わないで!」by 妻

    どういう話の流れかは忘れてしまいましたが、先日仕事から帰って何か妻に言ったところ、「何もしないくせに、偉そうなこと言わないで!」と言われてしまいました。その前後の会話の内容を忘れてしまうほど、ガツンと印象がのこる表情、一言でした。 振り返ってみると、ここ最近は仕事、研究、論文の執筆で大忙し。妻との会話も少ないし、家事もほとんど手伝っていませんでした。担当だったはずのお皿洗いも、ずいぶんしてません。ああ、だめな父親だと卑下しながらこの文章を書いています。そういえば、綾野剛さん主演でドラマ化された漫画「コウノドリ」にも、仕事で忙しい父親があまりにも家事を手伝わないから、心に余裕のなくなった母親が子…

  • 図書館が子どもの育ちに果たす役割 〜映画EX Librisを見て〜

    みなさんがお住まいの地域にある図書館は、どんな図書館ですか?子どもを一緒に連れていきたいと思える図書館は、きっと良い図書館だと思います。 小生は瀬戸内海に浮かぶ小さな島で育ちました。高齢化率で日本一をとったことのあるような、こどもの少ない島です。その島にもいくつか図書館はありましたが、どれも古い建物で本も多くは収蔵されていませんでした。それでも、手塚治虫先生のブラックジャックは揃っていたので、心打たれる作品を小学生の頃から味わうことができたことには感謝しています。私が高校生のころに、図書館が新しくつくられることになりました。どんな図書館になるのだろうと心躍らせていた私ですが、すぐにその期待は壊…

  • 最高の子育てとは? 書籍紹介

    父として、小児科医として、小児神経科医として偉大な先輩である高橋先生の著書を最近拝読しました。子育てに関する本を職業柄たくさん見てきましたが、科学的にも経験的にも真実に最も近い内容ではないかと感じました。なにより実践的であることが良い特徴ではないでしょうか。 小生としては高橋先生より経験が少ない分、いっぱい調べて悩んで、子育てをするご両親に参考にしてもらえるようなブログを無料でどんどんお伝えしていきたいと心新たにしました。 最後に、本書籍のなかで印象に残った内容を一部引用してみます。 第3章 親が心がけたい、子育てにいちばん大切なこと”勉強ができる、運動ができる。それも立派なことでしょう。でも…

  • 子どもが嘘をつけるようになりました

    昨日、家族4人でそろって夕食を終えたあとのお話です。三歳の娘が自宅のトイレで用を済ませて意気揚々とリビングに帰ってきました。どうやら、手を洗わないでそのまま来たようです。私は彼女に訪ねます。 「トイレのあと、手を洗った?」 娘は答えます。 「うん!」 あんまり自信をもって答えるので、そうか、とそれ以上は問わずにおきました。はて、我が娘はいつから嘘をつけるようになったのか。妻に聞くと三歳になる前から、だそうです。一般的に、3歳頃にいわゆるごっこ遊びができるようになります1。これも一種の嘘が為せる行為領域だろうと思います。実際には異なる役を、仮想世界で演じるわけですからかなり高度な行為だと言えます…

  • 父親が果たす子どもの発達への影響

    「おんぎゃー、おんぎゃー」 今日も私の働く小児科では、新しい命が生まれました。 赤ちゃんは生まれてくる親を選べません。父親が誰かもわからない母親に生まれる赤ちゃんもいます。生まれてきても、血の繋がりのない父親がいる赤ちゃんもいます。父親がいない場合もあります。 そんな状況にある母親のお産のときは、私は心がざわざわしてしまいます。この子はしっかりご飯を食べさせてもらえるだろうか、愛情をしっかりもらえるだろうか。余計なお世話かもしれません。だけど、心配なのです。 父親が果たす子どもの発達への影響は古くから研究されてきました。父親がいない家庭の場合、子どもの学業成績、自尊心、感情コントロール、社会性…

  • 早期英才教育は子どもの能力を高めるか?

    Photo courtesy of Shutterstock 自分の子どもには、人よりも抜きん出た能力をもって社会的、経済的に成功してほしい。 多くの親が子どもに対してもつ願望だろうと思います。確かに教育や習い事でIQは高くなりますし1、幼児教育が受けられないことでIQは低下し場合によっては精神発達遅滞となることが歴史的にも分かっています。なるほど幼稚園や保育園などの幼児教育は、子どもの能力を開花させるために良さそうです。では、幼児教育は早ければ早いほど良いのでしょうか? 答えは多くの場合NO、場合によってはYESです。 まずNOの場合について考えてみます。勉強に力をいれている幼稚園とそうでな…

  • 子どもに携帯で動画をみせることの発達への影響

    https://www.imedicalapps 「携帯で動画を子どもに見せないで!怒」 昨日の夜、私が妻にキツーく言われた言葉です。3歳の娘とお風呂に入っているときに、「おさるのジョージがみたい!」と娘が言いました。アマゾンプライムでは、無料でたくさんの動画が提供されており、ついつい便利でよくみてしまいます。「よーし、少しだけだよ」と言って、洗面所においていた私のiPhoneを取りにいき、お風呂で動画を娘と一緒に見始めるやいなや、妻がのっしのっしお風呂に入ってきて、上記の言葉をゴツンとぶつけられました。「一緒にいるときくらいは、動画ではなくてお話するか遊んであげて!」しぶしぶ私と娘は動画を見…

  • フリン効果 〜不倫じゃないよ、Flynnだよ〜

    世間では不倫のニュースが騒々しく飛び交っております。自分の家庭の人間を幸せにできないで、どうして他の人を幸せにできるでしょうか。朱子学では格物致知という言葉があります。世の中が平和になるためには、各家庭が平和であること、各個人が人間として成熟を目指すこと。小生が最も好きな言葉の一つです。最高の人生を生きるためには、まず家族を大切にすることから始まるような気がします。 不倫についてはこれくらいにしておいて、本題であるフリン効果 Flynn effect について考えたいと思います。 James R. Flynn教授はニュージーランドのオタゴ大学で政治学を教え、研究しておりました。彼は論文でこのよ…

  • 脳は魚がお好き

    以前、ミルクよりも母乳が優れている点について調べてみました。 今回は、母乳やミルクに含まれる栄養素のうち、脂肪について考えてみます。 脳と魚、そして脂肪がどう関係があるのかについては、のちほど説明させていただきます。 https://www.lifehack.org/605575/fish-oil-supplements-to-boost-memory 脂肪と聞くと、悪玉コレステロールや動脈硬化などを連想する方も多いのではないでしょうか。ややもすれば、脂肪は世間的に悪者扱いを受けてしまっている印象が、少なくとも私にはあります。しかし、脳の発達においてこれほど重要な栄養素はないでしょう。なぜなら…

  • 母乳が脳の発達にもたらす特別な効果

    2019年3月11日、日本で初めて乳児用液体ミルク(以下、液体ミルク)「アイクレオ 赤ちゃんミルク」の全国販売がスタートしました。小児科医として、「液体ミルクってなに?」という疑問を母親から質問を受けることが最近多いです。消費者庁が発表したパンプレットに情報がよくまとまっていますのでご一読いただけると分かりやすいかと思います。大切なポイントが2つあります。 https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/pdf/health_promotion_190304_0003.pdf 1つは、母乳の代替食品として…

  • 母親が働いていると子どもの発達が障害されるか?

    「ママがいい!パパじゃいや!」 私の妻は会社員で、働いています。仕事や職場の飲み会などで帰りが遅くなることがたまにあります。そのときには、私が2人の娘を保育園から連れて帰り、ご飯を一緒に食べて、お風呂に入れます。自分じゃ一生懸命やっているつもりでも、子どもたちからしたらママのほうが良いのでしょう。冒頭のように頭をゴツンとされたような言葉を3歳の娘から投げられてしまい、普段の妻の働きに感謝するとともに、自分の父としての肩身の狭さを痛感することもあります。がっくりする肩と体を奮い立たせて、次の「パパ大好き!」が聞けるようにがんばっております。 さて、核家族化の進む日本社会において、かつてないほどに…

  • 赤ちゃんが泣きやまない、どうしたらいい?

    私が勤務する病院では、出産を控えた妊婦さんやそのパートナーに向けて、赤ちゃんについての特徴を一緒に勉強するパパ・ママスクールなるものがある。月に1度、10から20人の参加者に向けて、助産師さんや我々小児科医がお話させてもらう。朝から2時間くらい、一つの部屋に集まってもらう。大きなお腹を抱えてわざわざ来てもらうのだから、せっかくならためになるお話をしなければと、張り切る。先日、そのパパ・ママスクールをさせていただいたときに、赤ちゃんについて多くの質問を受けた。中でも、今回は赤ちゃんが泣くことに注目したい。 赤ちゃんはなぜ泣くの?どうやったら泣き止むの? 昨今、虐待のニュースが全国で多く報道されて…

  • 医学部学士編入の勉強法

    小生は、地方国立大学薬学部6年制を経て、同じく地方国立大学医学部医学科に学士編入学した。 そして今、小児科専攻医である。 世の中には医師になるための道がいくつかあるが、おそらく一般受験と同じくらい狭き門である学士編入学の勉強法はあまり知られていない。自分も手探りで編み出した方法だから、誰か同じ道を目指す方のちょっとした参考になれば、うれしい。 私は薬学部6年生のときに、卒業研究と薬剤師国家試験の勉強を並行して学士編入学の試験勉強をしていたため、とても限られた時間であった。運良く最初に受験した大学に合格できたので、薬学部卒業と同時に医学部入学となった。 長く書いても読んでもらえないかもしれないの…

  • 元気で大きな子に育ててくださいね

    診療の合間に、病院を抜け出てうどん屋さんに入った。 釜玉うどんを頼んだ。 350円。安くておいしい。天かすと、ネギを少し。 早く帰らないと、病棟から電話がかかってくるかも。 そう思いながら、卵のからんだ熱い麺を頬張っていた。 座敷の席には、母娘とその孫2人がいた。 その隣の座敷には老夫婦がいた。 げんきに食べながら、おしゃべりする子どもを見て、婦人が言った。 「子どものげんきな声が聞こえて、良いことだわねえ。 ぜひ、げんきで大きな子に育ててくださいねえ。」 うどんが熱かったのか、舌が少ししびれる。 冷たい水を飲んで、気持ちの良い春風の吹く外にでて病院にもどった。

  • 飛んだり跳ねたり!

    以前のブログで、赤ちゃんはなぜ抱っこされるのが好きなのか?、について考えてみました。それは前庭系、つまり平衡感覚を刺激されることを赤ちゃんが本能的に欲するからであるだろうという結論でした。 ずーっと抱っこするのは、お母さんもお父さんも、おじいちゃんもおばあちゃんもなかなか難しいと思います。そしてたまには抱っこと違った刺激が赤ちゃんもほしいはずです。 赤ちゃんの、飛んだり跳ねたりを補助してくれるような玩具はないかと、探してみました。ジョリージャンパーというおもちゃをご存知の方も多いかと思います。2人の娘もこの遊びが大好きで、よく遊びます。最初はぎこちなかった動きも、次第に上手に飛んで遊んでいまし…

  • 子どもの遊ぶ環境

    先日、香川県にある、まんのう公園に家族ででかけました。 遊具がたくさんあり、一日中遊んでもまだ足りないくらいでした。 この公園のテーマは「人間との語らい、自然・宇宙とのふれあい」だそうです。 いいテーマ、いい公園だなあと感じました。 子どもの環境を研究しておられる仙田満先生(東京工業大学名誉教授)は、子どもの理想的な遊ぶ環境として4つの条件を提示されておられます。 自由であること 楽しいこと 無償であること 繰り返されること これらの条件を満たす子どもの遊ぶ環境が、日本にどれだけあるでしょうか。 まんのう公園は、私が知る数少ない理想的な環境です。 このような環境が日本にあふれるよう祈り、私も精…

  • 睡眠って子どもの脳にどう影響するの?

    小児科医という職業柄、私は週に数回の当直をします。夜から朝にかけて、普段は寝ている時間に働くということです。このときほど睡眠が大切だと感じることはありません。眠たい目をこすりながら、診察室に向かうこともしばしばです。 睡眠が不足すると、人間はどうなるのかを調べた研究がこれまでに多くなされています。 17-19時間断眠の睡眠不足の状態では、飲酒運転(アルコール血中濃度0.05%=酒気帯び程度)をした時と同じくらいの運転レベルとなることが研究で明らかになっています1。普段私は、妻から「睡眠不足のときも飲み会の後も、子どもと一緒にお風呂に入ってはいけない!」と言われています。なるほど、賢明な判断です…

  • 好きなことで、生きていく!それできる?

    この題名は、YouTubeのコンセプトだそうです 好きなことで、生きていく - HIKAKIN - YouTube [ Long ver. ] 「それが出来たら、苦労ないんだけどなぁ」 「夢ばかり見てないで、コツコツ働いたほうが良いのでは?」 そんな声がたくさん聞こえてきそうです ですが、このコンセプトにはとても大切な考えが込められていると思います 好きなことではなく、「安定した」「地道で」「真面目な」ことで生きていく それがこれまでの日本社会での美徳とされてきました しかし、YouTuberの彼らだけでなく、好きなことで立派な仕事をする方々が、 現代の日本には数多くおられます プロフェッショ…

  • ぼくたちはどう生きるか?

    吉野源三郎先生の本 「君たちはどう生きるか」 が、最近よく読まれているらしい 大学1年生のころ、18歳のころ思わず手にして買っては見たが、 最初の2,3ページ読んで先が長そうで読むのをやめた 漫画がでたらしいので、それをアマゾンで買ってみようと思う この本を読んでいないけど、1937年に出版されたこの本が、 現代に脚光を浴びているのは、みな「どう生きるか」について興味があるのだと思う なぜ興味があるか、 それは多くの人が明確な答えを持たずに、今日を生きているから 「どう生きるか」についての考えは、本来は家庭で育まれるのが望ましい 学校教育でその機会をつくることに期待をしてはならない なぜなら、…

  • File not found: libc.dylib (53) in MendeleyPlugin

    題名のようなエラーがでてWordでMendeley使えない! 同じ問題でお困りのMac Userは、以下の方法で直るのでお試しください Mendeleyという文献管理ソフトの不具合の話 年明けてからMendeleyつかってみようと思ったら使えない! そこでMendeleyにメールしたら返事が帰ってきて、 Word 16.20と16.21にMacOS Maojaveが対応してないそうな 「いま修正してるから、それまではこの方法で対処してね」とのこと Word 16.20 or 16.21をアンインストール Wordを16.19にDowngrade https://officecdn.micros…

  • 赤ちゃんはなぜ抱っこされるのが好きなのか?

    私の次女サクラは、いま9ヶ月だ。眠たくなると、「眠たいよう」と訴えるように泣く。眠たいのなら、寝ればいいのにと大人は思うが、そうもいかないのが赤ちゃん。そういうときは抱っこしてあげる。すると、泣き止むことが多い(泣き止まないこともしばしばあるが、そのときは別の原因があることが多い)。しかし、そういうときにベッドの上に置こうものなら、背中にセンサーが付いているかのように敏感に察知して、大泣きする。抱っこして、よんよんして、気持ちよく寝ていたのに、ベッドに置くとほら!「うえーん」なんてことも。 このように、抱っこすると泣き止み、置くと大泣き。こういう経験は小さな子どもと接したことのある方なら、どな…

  • 映画『いのちのはじまり』 〜子育てが未来をつくる〜

    先日、所属する大学病院で風疹予防キャンペーンが開かれた。 その催しの一部として表題の映画鑑賞会があり、私も参加した。 いのちのはじまり (原題:O Comeco da Vida / The Beginning of Life)というこの映画。 テーマは、「子どもの成長に本当に必要なものとは?」である。 世界9か国での家族や育児現場の取材と、幼児教育に関わる専門家たちへのインタビューを織り交ぜ、テーマに迫る。 人格の土台が形成される乳幼児期(生まれてから小学校に上がるまで)の脳では、1秒に1000個もの神経細胞が新たに活性化する。神経細胞同士の接続、連絡によって脳が発達し、学習能力や社会性が育つ…

カテゴリー一覧
商用