プロフィールPROFILE

やまぼうしさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
やまぼうしとハナミズキの山歩道
ブログURL
http://mohry.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
阪神間から手近に行ける北摂の山歩きを楽しんでいます。「やまぼうし」と「ハナミズキ」の気ままな山歩きを中心に、自然、旅行、身近な出来事などをご紹介します。
更新頻度(1年)

29回 / 196日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2019/05/20

やまぼうしさんのプロフィール
読者になる

やまぼうしさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,048サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,945サイト
自然観察 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 526サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,473サイト
男性シニア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 208サイト
地域生活(街) 関西ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,944サイト
宝塚(市)情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 124サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,048サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,945サイト
自然観察 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 526サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,473サイト
男性シニア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 208サイト
地域生活(街) 関西ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,944サイト
宝塚(市)情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 124サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,048サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,945サイト
自然観察 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 526サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,473サイト
男性シニア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 208サイト
地域生活(街) 関西ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,944サイト
宝塚(市)情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 124サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、やまぼうしさんの読者になりませんか?

ハンドル名
やまぼうしさん
ブログタイトル
やまぼうしとハナミズキの山歩道
更新頻度
29回 / 196日(平均1.0回/週)
読者になる
やまぼうしとハナミズキの山歩道

やまぼうしさんの新着記事

1件〜30件

  • 279.FM宝塚みんなでごみ拾い

     10/28(日)はFM宝塚主催のみんなでごみ拾い活動。恒例行事で武庫ネイチャークラブも10年来協力している。宝塚駅ゆめ広場前からスタートして3つのコースに分かれて末広中央公園まで約4kmの間のごみを拾う。国道176号線、花のみち、武庫川河川敷である。参加者は総勢約40名でうち武庫ネイチャークラブ員が15名と多い。一般参加者は10名程度か。あとはFM宝塚関係者である。私は武庫川武庫川エコハイクのスタッフの関係でいつも河...

  • 278.姫路続き

    「書写の里美術工芸館」 書写山円教寺を降りて、すぐ近くの姫路美術工芸館を訪れました。書写の里出身で東大寺別当(華厳宗管長)の清水公照氏の作品泥仏(粘土)を常設展示し、ほかに姫路の民芸品が展示してあります。竹林の中に立つ建物は、きれいな曲線を描く銀色の屋根や朱塗りの柱などが特徴で、これは美しい自然に囲まれた書写山周辺の風景にとけ込むよう、書写山円教寺(しょしゃざんえんぎょうじ)の建物に似たイメージでデ...

  • 278.姫路 書写山円教寺を訪ねて

    自然と環境科バスツアーで姫路書写山円教寺を訪ねる。天気が怪しくて3名がドタキャンの19名で28人乗りの中型バスに乗る。最近のマイクロバスは形もきれいで、サロン席までついている。座席の足元は広く、補助席はない。書写山ロープウェイ駅で降りると風雨でカッパを着込む。山上駅では雨は上がったが油断できない天気で、数人は送迎バス(有料)に乗るが、山の雰囲気を味わいたいので約20分を歩く。西国三十三ケ所27番札所なので...

  • 276.綿の実

     どこでもらったか忘れてしまったが、プランターにまいた一粒の綿の種が発芽して、高さ50センチほどに成長し、5,6個の実をつけ始めた。 しばらくすると実が4つに割れて中から白い塊が。これを取り出して広げてみると見事綿が出てきた。結構な量であり、脱脂綿としてつかえそうである。              綿の実               つぼみ膨らむ               開いた実           ...

  • 275.古市古墳群を歩く

    今年世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群のうち、古市古墳群の15か所の古墳をボランティアガイドの案内で歩きました。集合は近鉄土師ノ里(はじのさと)駅。まずは駅名が読めない。我々自然と環境科21名に対して2班6名のガイドが付く大歓迎である。順次紹介していく。駅前の小高い芝生の小山は鍋塚古墳。63m方形古墳は、4世紀後半、隣の仲姫命陵古墳の陪塚と考えられる。誰でも上れて駅周辺の見晴らしがいい。     ...

  • 274.行者山ママコナ復活

     スズメバチ騒動も治まって、今日は地域の人々と久しぶりに行者山へ登る。昨日の台風19号は関東甲信越を直撃、各地で河川氾濫など未曾有の災害となった。被災された方々に心からお見舞い申し上げます。中心は近畿から外れたものの一時は風雨が強まり、我が家では雨戸を固くして一夜を過ごした。         ささゆり会(スズメバチ脇を登る) 台風一過の行者山登山道は折れた木の枝が散乱して、今日はあとかたずけ登山とな...

  • 273.京都蹴上発電所見学

     自然と環境科は久しぶりの京都です。琵琶湖疎水記念館と蹴上発電所を見学しました。明治2年東京遷都で千年続いた都は意気消沈、景気衰退、町中の灯が消えたようになった。このような状況の京都の復興と、近代化をかけて第3代京都府知事北垣国道は明治14年琵琶湖疎水工事を計画した。明治23年に5年の歳月をかけて完成。 この工事を担当したのが東京帝大土木工学を出たばかりのわずか23歳の田邊朔郎。その偉業をたたえる銅像が蹴上...

  • 272.宝塚秘境香合新田と佐曽利を歩く

     10/12の武庫川エコハイク「宝塚秘境香合新田と佐曽利を歩く」の下見記録です。三田北口10:25の神姫バスは終点波豆川に10:55到着です。ここは三田の秘境です。北へ車道を大磯に向かい歩きます。波豆川を代表する茅葺民家は屋根の葺き替えをしていました。             波豆川の風景 大磯には保養施設カナディアン大磯があります。営業しているのかどうかわからない施設ですが、今日は若い集団がいましたから営業中...

  • 271.出羽三山の旅を終えて

     出羽三山詣では羽黒山が現世、月山が前世、湯殿山が来世を表すとされ羽黒修験道では死と再生の意味を持つ「三関三渡の行」という。平成28年「出羽三山生まれ変わりの旅」が日本遺産に認定された。今回のツアーでは逆回りで、生まれ変わりからスタートしてしまったがしかないとして、一番インパクトがあったのは湯殿山奥之院のはだしで参拝でした。京都・奈良と違って素朴な信仰が残っていること、山形弁も旅の風情を感じました。...

  • 270.出羽三山ツアー(5) 羽黒山

     羽黒山は今から1400年前の推古元年(593年)第32代崇峻天皇の第1皇子蜂子皇子(はちこおうじ)が開祖した。出羽三山の中では最も低い414mの標高である。この山の神社は羽黒山神社とは言わず、出羽(いでは)神社という。冬は雪に閉ざされる月山や湯殿山なので、羽黒山にある出羽神社に三山の神々を合祀している。出羽三山神社ともいう。山頂に至る約2kmの参道は老杉が生い茂り石段は2,446段あるという。 我々ツアー客は、随...

  • 269.出羽三山ツアー(5)月山弥陀ヶ原湿原

     7:30湯野浜温泉を出るときは雨だった。今日も降水確率80%である。羽黒山から分岐して月山道路に入るころは雨が上がってきた。3合目、5合目、7合目と高度を上げていくと標高1100mぐらいからガスの中に入った。この道路は大型バスがやっと通れる幅で対向車との離合は待避所でしかできない。朝早くの出発の意味が分かった。同じ庄内バスとは無線でやり取りして離合場所を決めている。              月山道路 終点8...

  • 268.出羽三山ツアー(4)丸池様

     獅子ケ鼻湿原を象潟へ下り、日本海を南下して再び山形県遊佐町へ入る。鳥海山の西にあたるが、山は依然として雲の中である。             幻の鳥海山 バスは田園の中で停まる。これから訪れるのは丸池様と呼ばれる鳥海山大物忌神社の境外末社丸池神社である。田んぼ道を歩いて鮭の養殖場を過ぎて薄暗い森に入る。清流にはバイカモが見える。奥まったところに神社がありその前に直径20mほどの池がある。瑠璃色に輝...

  • 267.出羽三山ツアー(3) 鳥海山 獅子ケ鼻湿原

     元滝伏流水をあとに、同じ鳥海山山麓にある中島台獅子ケ鼻湿原に向かう。トレッキングコースの約5Kmをガイドの案内で回る。ガイドさんは60代後半の山男で自分で作成した資料や写真で熱心に説明してくれる。           中島台管理棟からスタートする                ガイドさん 全コースが木道となっているが雨上がりの木道は滑りやすく、現実にご夫婦が転倒して頭を打つ場面があった。...

  • 266.出羽三山ツアー(2) 鳥海山元滝伏流水

     二日目の朝、外は雨。降水確率は終日80%である。驟雨前線が横たわり、テレビは連日佐賀の大雨被害のニュースである。いよいよカッパのトレッキングと覚悟。今日は秋田県鳥海山麓の元滝伏流水と中島台獅子ケ鼻湿原トレッキングなのだ。          朝食に三色餅を食べる(納豆、ずんだ、あん)           今日は朝から雨(天童のまち)           ホテル近くの将棋工房 バスは3回目の山形自動車...

  • 265.出羽三山ツアー(1) 湯殿山

     8/27~29東北は出羽三山&鳥海山の旅に妻と参加した。JTB旅物語のツアーで2泊3日、伊丹から仙台まではJAL航空便を利用、現地は観光バスとなる。参加者は26人で催行人数ギリギリである。シーズンオフで人が集まらないのだろう、おかげで温泉ホテルはガラすき、バスは添乗員と現地バスガイド同行、一人席でゆっくり旅を楽しむことができた。到着地は仙台だが、山形空港ならもっと余裕ができたに違いない。         ...

  • 264.スズメバチその3

      8/25日行者山定例ハイキングは、櫻守の会がスズメバチの集まる樹液部分にスプレー塗装をしたということで、近くまで行ったが効果なし。塗装の上にスズメバチ3匹と上空を哨戒する1匹で近寄れず、う回路を回って行者山に登る。その際、上から降りてくるハイカーのために、手持ちのひもで登山道を通せんぼしてテープにスズメバチ表示する。 下から登ってくるハイカーのためには、もっと手前のう回路に近いところに表示が必要であ...

  • 263.行者山スズメバチ(2)

     行者山スズメバチのその後の報告。8/18(日)の定例ハイキングに参加、スズメバチの様子見たさにいつもの西逆瀬台コースを登る。手前に回り道があるのだが。補助ロープがかかる最初の上り坂の途中のコナラの大木の根元にうごめくスズメバチを発見する。5mまで近寄ったが樹液に夢中でこちらに目もくれない。望遠レンズで確認すると3か所に5匹いる。とりあえず写真に収めて、登るか引き返すか思案。              ...

  • 262.台風10号通過

     8/14台風10号西日本接近。西日本のJR、航空各社は翌日8/15の計画運休を決めた。甲子園の高校野球も中止。8/15のテレビは終日台風情報を流している。しかし私の住む宝塚も暴風圏に入るということで、よしずや鉢植えなどをかたずけて台風を待つが、日中時折晴れ間も出るお天気でいささか拍子ぬけだ。台風は伊予水道から広島に上陸のニュ-スを聞いたころにパラパラと雨音をきいたが、天気予報はオーバーなもんだと思いながら床に就...

  • 261.行者山すずめばち

     毎週日曜日に登る行者山の登山道のコナラの樹にスズメバチが密集していると妻の情報。その時はそっと脇を通る抜けて無事であったが、昨今ハイカーが多いので知らずに通って襲われる危険がある。市に通報しても処置してくれるかどうかわからないので、ゆずり葉の森で里山整備をしている櫻守の会の責任者に連絡する。実は私自身もメンバーであるが。          キイロスズメバチ(ネットから) 8/12の活動日にとりあえず...

  • 260.クワガタ君

     公園の道ををよごぎっているクワガタを女房が発見、自宅に持ち帰ってきた。壊れた虫かごを修理して中に入れる。しばらく暴れていたクワガタも疲れたのか静かになった。お隣の坊やに挙げてもいいと思ったが留守のようなのでしばらく自宅で飼うことにした。食べかけの桃を入れても見向きもしなかったが夜中にそっと覗くと食らいついている。囚われの身であることを覚悟したようである。翌日餌のゼリーを百均で買ってくる。間違って...

  • 259.なにわ探検クルーズ

     7/19(金)は小雨が降ったりやんだり。台風5号の影響らしい。梅雨明けが遅れている。午前中に大阪市の環境科学研究センターで大阪の水質や大気について勉強した後、水の都大阪を船で回る落語家と行く「なにわ探検クルーズ」に団体25名で乗船する。一般のお客さんは10名ぐらい、東京や福岡の人もいる。落語家の名前は失念したが、愛嬌のあるかわいい感じの人であった。窓や天井は透明ガラスで密閉構造だが、雨が上がれば開く。左...

  • 258.明石海峡大橋ブリッジワールド体験

     五色塚から舞子公園を通って明石海峡大橋にやってきました。今日は橋を渡って海上約300mの主塔のてっぺんに上るブリッジワールドに参加します。            明石海峡大橋 舞子公園側から 事前説明をうけて、専用のベストを着込み、ヘルメット、イヤホンを着用して出発です。40人が3班に分かれてそれぞれにガイドさんがつきます。橋の科学館を見学した後、舞子海上プロムナードへ向かいます。ちなみに橋の全長は39...

  • 257.五色塚古墳

    仁徳天皇陵が世界遺産に推挙されたましが、こちらは兵庫県第1の大きさを誇る五色塚古墳です。前方後円墳で神戸垂水の高台の明石海峡大橋を望む絶景の地にあります。墳丘長は194mで仁徳天皇稜525mには遠く及びませんが、周辺を2200個の埴輪で囲まれ、復元整備されて公園となり、誰でもが見学できます。この埴輪は何のために?ひれ付き円筒埴輪で祭祀のために使われたと思われますが、中には棺に使われたものもあります。4世紀の終...

  • 256.古宝山から宝塚北SAを歩く

     近畿地方は夏至を過ぎても梅雨入りしません。今日も朝から晴です。7月に予定している宝塚西谷の古宝山に行ってみようと朝思い立つ。3年前に一度登っているが、その後の台風や大雨で登山道を歩けるかどうか心配になったのである。一人では危ないのでハナミズキがついてくる。 宝塚駅から10:00発の阪急田園バスに乗る。出発が遅いがこの便しかないのである。7月1日から阪急バスに吸収合併されることになっているので便数を増やし...

  • 255.武庫川河口から西宮なぎさ街道を歩く

    少しさかのぼりますが、6/8武庫川エコハイクで武庫川河口から西宮なぎさ街道を歩いてきました。長いことスタッフをしていますが、全行程17kmもありいささかへたばりました。今までで最も長いコースといってもいいでしょう。一般向きで参加者が55人もあり弱音を吐くわけには行きません。 阪神武庫川駅からスタートして、武庫川河口を目指します。河川敷約3㎞を歩きますが、河口から堤防を乗り超えるのが危険なので500mぐらい手...

  • 254.宝塚 行者山のささゆり

     6/10櫻守の会活動地はゆずり葉の森。背山の行者山415mは最近人気のハイキングコース。六甲山系では最も身近な展望地である。毎週日曜日は地域の定例ハイキング日でゆずり葉の森広場に集まった人たちで山へ登る。往復2時間ぐらいでお昼には帰ってくる。なづけてささゆり会という。そのささゆりが今見ごろを迎えている。その場所は言えないが、登山道に沿って10株以上はある。ささゆりを求めて遠方に行かずとも裏山で十分楽しめる...

  • 253.紀州富士龍門山にキイシモツケを訪ねて

     龍門山(756.3m)は関西百名山の一つで紀州富士とも呼ばれています。和歌山県指定の天然記念物キイシモツケの自生地であり、ギフチョウの最南端生息地としても知られています。登山口までの山麓の斜面には桃や柿、梅などの果樹園が広がっています。              龍門山(粉河から) 6/3MNC山歩会6人がキイシモツケを訪ねて登りました。自宅の宝塚からは阪急電車、地下鉄、南海電車、JR和歌山線と乗り継い...

  • 252.プリンター紙送り成功

    B社のプリンターを使用しているが、A4コピー紙がほぼ100%重なって出てくる(重紙)ようになってしまった。取説通り、ローラーを清掃したり紙さばきをしてもダメ。仕方なく一枚づつ用紙をいれて印刷している。サポートセンターに相談しても取説と同じことを繰り返す。挙句は修理に出せと。はがきや少し厚手のコピー紙は大丈夫だ。ネットで調べていたら、給紙ボックスの下にある滑り止めに100均で買ってきた薄手のすべり止めシー...

  • 251.畑山登山失敗

      5/22朝から雲一つない空。近場で未踏の赤坂峠から畑山528.7mmへ登ることを思いつく。船坂のNTT管理道からは何度か上ったことはあるが、赤坂峠からのコースは昔からの登山道で、国土地理院地形図でも頂上まで破線表示がある。また中継アンテナが並ぶ稜線上を縦走して名塩南台へ降りる道もある。急いでGPSと国土地理院 地形図をコピーして、宝塚から起点の三軒家バス停へ電車バスを乗り継いで行く。<三軒家バス停前>  ...

  • 250.千種高原のたたらとクリンソウ

    シニア自然大学校自然と環境科バスツアーは宍粟市の千種高原へ。たたらの里見学と西日本最大のクリンソウ群生地を訪れました。千種の山の土からは、良質の「真砂砂鉄」がとれ、この真砂砂鉄は、たたら製鉄に最も適しており、良質の砂鉄から生み出された「千種鉄」は高い品質を誇り、刀匠たちに珍重され、そして、砂鉄を取った後の「真砂土」はクリンソウが育つ土として最適となったようです。群生地は、そのカンナ池跡、水路を繁殖...

カテゴリー一覧
商用