searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

sabuさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ジャカルタでの日々
ブログURL
https://www.jakartanikki.com/
ブログ紹介文
アラフォーでジャカルタに移住した体験談。生活していて目にしたものや、インドネシアの音楽紹介など、幅広く書いています。
更新頻度(1年)

209回 / 365日(平均4.0回/週)

ブログ村参加:2019/04/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、sabuさんの読者になりませんか?

ハンドル名
sabuさん
ブログタイトル
ジャカルタでの日々
更新頻度
209回 / 365日(平均4.0回/週)
読者になる
ジャカルタでの日々

sabuさんの新着記事

1件〜30件

  • ジャカルタに戻る準備をそろそろやろう。

    少しずつだが、ジャカルタに戻る準備を始めている。持っていきたい食材というか、保存食はとりあえず買った。今回も蕎麦が多い。あとは味噌汁。基本的に自炊か、Grabフードに生活が戻るが、2週間の隔離を見越して、今回は少し多めに持っていきたい。食材以外にも買いたいものがあるので、次の土日かな。なお、月曜日はインドネシアは平日なので、普通に仕事。何だか、ガッツリ会議が入っており、仕方ないかーという感じです。 ジャカルタに戻るのはその翌日である9月22日(火)。かれこれ日本には5ヶ月以上の滞在となった。望んでいた帰国ではなかったけれど、帰ってきたからこそ得られた経験もあるし、自分の中で今後を考えられたのは…

  • 日本の日々も残り少なくなってきたので動ける限り動こうと思う。

    ジャカルタに帰る日も決まり、PCR検査を受けて、英文の診断書をもらいに行ったり、もちろん帰るための準備もそろそろ始めなくてはならない。いざ帰るとなると、やっぱり寂しさが出てくるものですね。次はいつ、日本に帰れるかがわからないのだから。 恐らく、今年の年末は日本に帰れないだろうと、かれこれ高校生の頃から続けている忘年会も初めての欠席となりそう。まぁ、リモートで参加しようとは思っているけど、思い切り料理を振る舞っていた忘年会に参加できないのは、やっぱり寂しい。毎年、何を作ろうかと頭を捻っていたのにな。人に料理を振舞うことをとても好きだと実感できたのもこの忘年会なのだから。この感覚は、ちょっとDJに…

  • 悪いタイミングで嫌なニュースがジャカルタから飛んできた。

    そろそろジャカルタに帰れるというところで、現地から急なニュースが。どうもCOVID-19のPCR陽性者が増えているとのことで、緊急ブレーキをかけるそうだ。PSBBの初期段階に戻すとのことで、9月14日からはオフィスへの出勤は重要なものを除いて禁止になるとのこと。今のところ、出勤のことしか記事には書いていないが、twitterで調べると、遊興施設の閉鎖、カフェやレストランでの飲食禁止などの文言も出てきている。 個人的には、ジャカルタに帰ってもこれじゃあジムに行けないじゃないか!などと思ってしまうのだが、それどころではないのだろう。背景には病床の増加があるらしい。つまり、これ以上増えると、入院すら…

  • もうそろそろ戻れそうです。

    やっとジャカルタに戻る目処が立ってきた。遅くとも今月末には日本を出て、ジャカルタに戻る許可も下りたため、あとは具体的な日程を決めるだけです。日本での生活は、なんだかんだで5ヶ月以上となった。 COVID-19によって大きく世界は変わった。そのため、海外に移住するためにも、考えなくてはならないことが出てくる。これは家族や大切な人のことが一番大きい。恐らく、今回ジャカルタに戻ると、しばらく日本に帰国するのは難しいと覚悟を決めなくてはならない。 また、観光による入国もインドネシアはまだ認めないだろうし、それがいつになるのかもまったく想像がつかない。そんな中でも海外に行くことが、果たして正解なのかどう…

  • 9月に入って少し涼しくなってきた気がする。

    オンラインでの会議が当たり前となってきており、今日はかなりの時間話していた。同僚の1人が先行してジャカルタに帰ったこともあり、どんな感じ?といった話もしているので、仕事の話ばかりではないけど、顔を見ながらの話にはなるので、電話よりは近さを感じる。文面だけよりは温かさを感じるメリットはあるから。でも、自分の時間は無くなるなぁと感じちゃう自分もいるのだけどね。 ここ最近、インドネシアのニュースを見てはいるのだけど、昔ほど感情移入できない自分がいることに最近気づいた。日本の生活に慣れ親しんだのもあるけど、現地に身を置いているのといないのとでは違うし、帰る見込みが立っていないことも要因ではあると思う。…

  • 科学的根拠として広まって欲しい。

    2020年の8月が終わる。日本で迎えるとは思っていなかったが、今年はそんなことの連続だ。まだジャカルタに帰れる見込みは立っていないが、9月に入るのでいい加減進展があって欲しいと願うところだ。もう願望になってしまっているからなー。でも、日本での日々をそれなりに楽しんでいるので、これはこれでいいやと最近は割り切れるようにもなってきている。 PCR陽性者が初めて1日で1,000人を超えたジャカルタで、ドライブインコンサートが開かれたみたい。来場者が車に乗ったまま、ライブを鑑賞するスタイル。FMラジオに合わせて音を聞いたとのこと。ドライブインシアターと同じだ。ライブもこの形で観るのはどんな感じなのか、…

  • リモート時のコミュニケーションの取り方。

    インドネシアにいるローカルスタッフと連絡するときは、基本的にWhatsApp (WA)というLINEのようなチャットアプリを使っている。もちろんメールも使うが、圧倒的にWAが多い。LINEのように電話機能もあるため、通話するときもこちらを使っている。これはコスト削減もあるので、電話を使っていないだけでもあるが。。 仕事もチャットの方が早いので、PCに同期させて何かあればすぐにメッセージを打ってしまう。インドネシア語が挨拶ぐらいしかできない僕は、英語で打っている。相手からの反応も早いので、チャットで仕事を進めるケースも多い。かんたんな指示であれば、WAで済ませてしまう。 僕はあまり電話が好きでは…

  • 自分の五感で感じたことをもとに言うべきだろう。

    先日、新宿のAiSOTOPE LOUNGEに遊びに行った。行ったことの無かったハコで、そんなところに足を運ぶのはとても久々。知り合いが大勢DJとして出ていたこともあったし、前々から行ってみたいところではあったのでいい機会だった。 DJだけでなく、遊びに来ている人も知り合いがけっこういて、久しぶりに会う人もいたし、楽しかったですね。ドラァグクイーンがパーティーをすげー盛り上げてて、気さくに話しかけてくれるし、優しさがあって人として尊敬できる方々ばかりだった。どんな形でオファーをもらっているのか、地方はどこがよかったかなど、生々しい話を聞けたのも収穫だったなー。ちょっとここには書けませんけどね。 …

  • 身体のメンテナンスをやらないと駄目ですね。

    実はこんなに日本滞在が長引くと思っていなかったので、食べたいもの食べて、飲みたいもの飲んで、ジャカルタに戻ったら痩せるからいいやと運動もせずにいたら、人生最大の体重となってしまった。 会う人会う人に、「太った」と言われているので、心を入れ替えて走ることにした。しかし、いざ走ってみるとまったく動けない。こんなに走れなくなるのかと現実を知り、さらにストレッチをすれば身体中が悲鳴を上げる。人間動かないと、こんなことになるのかとさすがに怖くなってきたので、少しでもいいから継続することを決める。 僕は、有酸素運動は好きだが、筋トレはかなり嫌いだ。高校時代は部活の関係で、嫌々やっていたと言っても過言じゃな…

  • 余裕がなくなったら、音楽を聴こう。

    疲れが抜けないのは、外に出ていないからだと思うのだけど、あまりの暑さに外へ出たくないのも事実。今日は少し所用で街に出たのだけど、緑が全然ない。こんな風景、当たり前だったのだけど、ジャカルタに住んだからでしょうね、とても目に付く。 そういえばジャカルタは緑がたくさんあるから、こんなうだるような暑さではないのかもしれない。朝と夜はけっこう涼しいし、過ごしやすい。冷房を入れなくても過ごせる夜があるぐらいだから。 今でも寝るときは冷房を付けたくないので、けっきょく寝苦しい夜を過ごしている。だったら冷房を入れればいいのだけど、そうすると翌日体調が良くない。日中でも、冷房を付けずに仕事をする日もあり、かな…

  • マインドを変える必要がある。

    本日は、インドネシアの独立記念日なので祝日。でも、資料作ったり、日本人のミーティングはあるので、休日とは感じず。まだまだインドネシアに戻れる日程が明らかになっておらず、このまま日本に滞在が続くのではないだろうか。 さすがにいい加減疲れてきているし、このまま日本にいるのであれば自分の存在を必要ないとも感じてしまうので、滞在日程にもよるが、いろいろと考えてしまう。時間は有限なので、宙ぶらりんの生活は心身ともに健康によくないし、疑問に思いながら日々を送るのはシンドイ。あと3日ほどでまた進展があると思われるため、とりあえず答えを待つ。 現地採用とは言え、けっきょく本社の意向に沿わなくてはならず、自由と…

  • 地元の町内会の祭りも今年はないみたいだ。

    明日は迎え盆。うちは旧暦ではなく、現在の暦で行っている。この日に実家にいるのもいつぶりだろうか。そんなわけで、明日の夕方は墓参りに行く。 こんなのどうでもいいと思っていた自分もその昔はいたのだけど、海外に移住してから日本の風習が懐かしくなったし、季節を表すものなので素敵だと感じるようにもなってきた。歳を取ったのかもしれない。 今年のお祭りは、COVID-19の関係で軒並み中止となっている。非常に残念だ。盆踊りも歳を取ってから、よくよく見てみるととてもカッコいい。日本人のビートは、盆踊りだと個人的には思う。 どうやら地元の町内会の祭りも今年はないみたいだ。仕方がないし、そもそもこの数十年ほど顔を…

  • なんだかんだでストレスが溜まっているのだろう。

    振り返ってみると、昨年の8月20日ごろに研修のため、1ヶ月間日本に帰ってきていた。その時は、毎日電車で遠い工場に通うため、朝6時前には電車に乗っていた日々だった。それでも夜は遊んでいたし、自由に動き回れたので何も気にならなかった。その1年後、また日本にいるとはあの時は想いもしなかったなぁ。 さすがにCOVIDー19に対して、疲れが感じてきている。これは自分だけではないかもしれないし、誰もが同じような苦しみを味わっているだろう。でも、僕の場合は、日本にいながらも日本のカレンダーで動けないことが、ストレスの一つだ。 ちょうどお盆で夏休みとなっている周りを見ながらも、リモートでいつでも連絡を取れるよ…

  • 東京の夏の暑さは異常だと思う。

    東京は、すっかり夏到来という気温。ジャカルタよりも暑く感じるのは気のせいだろうか。僕は寒暖差に弱いので、とくにこの時期は冷房のせいで室内と室外での気温差にやられることが多い。ジャカルタではそんなことがなかったのだけどな。東京の方が気温差があるということなのだろうか。 基本的に寝ているときは冷房を切っている。これはジャカルタでもその傾向があるかな。どうしても暑いときは付けっぱなしにしてしまうけれども。ただ、乾季の時は涼しく感じた記憶しかないのだよな。早くジャカルタに戻りたい。 夏は好きだけれど、この暑さはさすがに堪える。東京の夏は、異常な暑さだ。でも、もう忘れてしまっている人もいるかもしれないが…

  • 自分が海外に住んで肌感覚で実感した日本文化。

    インドネシアの現行ポップスを聞いてもらい、反応がよかったりするとちょっと嬉しい。もちろんトラディショナルなものもいいし、昔のものだっていろんなインドネシアの音楽を聞いていきたいし、自分でも掘っていきたい。 でも、現行のポップスを聞いてもらうのが、なんだかんだで一番いい。たぶんこのブログにも過去書いているような内容だと思うけど、僕は大衆的なものが好きだし、王道なものがやっぱりいいと感じてしまう。だから、少しでも現行のインドネシアポップスを知ってもらいたい一心で、DJをできるときは有難い。この動きは地味に続けていこうと改めて思った。 「千と千尋の神隠し」を劇場で観た。 正直、テレビで何度も観ている…

  • 正解がない中で模索をしている皆さんには頭が下がります。

    ジャカルタのBarやClubもそろそろ動き出したのかと思い、ZodiacのInstagramを覗いてみた。なお、ジャカルタのクラブ情報はInstagramが一番早いし、情報量が多いと思う。他の海外のクラブもそうなのかもしれない。ホームページを持っていないハコが多いのではないか。とくにInstagramは写真情報とテキストである程度のことを伝えられる強みはあるよね。 そんなわけでZodiacのInstagramのアカウントを見たところ、しっかりありました、COVID-19に対する店での対策。 この投稿をInstagramで見る ZODIAC Space & Bar(@zodiacjakarta)…

  • どうしても日本ではイメージできないこともある。

    インドネシアのPCR検査陽性者が10万人を超えた。たぶん、昨日の集計で超えていたのだろうな。死者数は4,900人とのこと。日本にいる僕は、あくまでデータしか見れないので、現地の状況がどうなのかを肌で感じられないのがもどかしい。 ローカルスタッフに話を聞く限りは、モールもレストランも席を離したり、検温やマスク着用ではあるが、普通に開いているし、渋滞もCOVID-19が広まる前と同様ぐらいになってきているとのこと。 そんな中、今週末金曜日は「イドゥル・アドハ」というイスラム教の犠牲祭だ。前日は日の出ている時間は断食、そして当日朝にモスクや広場に集まって集団礼拝後、ヤギや牛を屠殺する。捌いた肉は近隣…

  • 日本のコストは安いと感じる。

    毎週月曜日はWEBミーティングがある。そこでインドネシアに戻る話は毎回出るのだが、毎週1週間ずつ遅くなっている気がする。この間までは8月前半だったが、8月中旬から遅くとも終わり頃と今日は言われた。 何に対してストレスが溜まるのかを振り返ってみると、けっきょくはこの生活の終わりが見えていないことに尽きる。期限のない今の状況は、なかなか堪え難いものもある。 しかし、いい加減ジャカルタへ戻るような雰囲気も出てきているので、いざ帰るとなると、今度はいつ一時帰国できるのだろうかという違う不安が出てくるだろう。なんだかんだで帰国してからの週末は、日本を謳歌している。 食事はクオリティ高いのに安いし、街中は…

  • 頭で理解はできているのだけど、ストンと落ちていない。

    連休初日と言っても、僕はインドネシアの祝日で動いているので、普通に仕事をしていた。インドネシアやシンガポールから連絡があるので、その対応ぐらいだが。。 東京都の本日のPCR陽性者は366人。そしてジャカルタの本日の陽性者は416人。ジャカルタの数字のソースはこちらのページ。東京もジャカルタもそこまで大きな違いがなくなってきた。ちなみにPCR検査人数は、昨日のものが東京都のホームページに出ていて、3,399.9人とのこと(集団感染発生や曜日による数値のばらつきを平均化するため、過去7日間の移動平均値をもとに算出しているそうです)。同日のジャカルタは4,879人。陽性率は東京が6.7%で、ジャカル…

  • データを無視して話を進めてはいけない。

    去年も6月第1週に1週間ほど一時帰国をしていた。その時はそこまで雨が降っていなかった気がする。今年はがっつり東京にこの時期いるため、しっかり梅雨を味わっている。 もうジャカルタは乾季だろう。雨季が終わるという頃に一時帰国になった。乾季のジャカルタは、それはそれで過ごしやすい。東京の夏よりも涼しく感じるので、気分もいい。もちろん暑いけれども。 インドネシアにおけるPCR検査の陽性反応が出ている人数は、もうそろそろ9万人となりそうだ。今月中には、10万人を超えるだろう。確かに数字だけ見れば多い。既に中国の人数を超えている。まだまだインドには及ばないが、ASEAN諸国では既に一番多い。 いまは住んで…

  • 散歩はリフレッシュにもなるし、いいことだ。

    先週は前職以来の国内出張があり、また別件で外出もあって少しバタバタした。4月ぶりに客先とも会った。日本で会うのは何だか変な感じだったが、またインドネシアで会うでしょう。そんな日が早く来ればいい。 けっきょくまだインドネシアへ戻る日程ははっきりせず、どんどん延びていっている。このまま8月も日本にいるのではないかという気さえある。さすがに客先も動き出しているし、日本人も徐々に戻り始めているので、いい加減戻らないといけないと上層部は言っているが、提出資料が多いだのと矛盾したことを言っている。文句を言っても仕方がないのですが。。 出張では久しぶりに新幹線にも乗ったのだが、それなりに乗車している人はいた…

  • 言葉を発信する大切さを思い出した。

    せっかく日本にいるので、映画館には行きたいと思っていた。しかし、いつ再開されるのか検討がついていなかったが、1席ずつ空ける形で上映されることとなったので行ってきた。作品は「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」。 わざわざ帰国中に観る映画かというのもあったし、せっかくならば何度もテレビではみてきていたジブリの「風の谷のナウシカ」を劇場で観てもいいなと考えていた。でも、この映画というかドキュメンタリーはどうしても観たかった。 三島由紀夫の小説は、「金閣寺」しか読んだことがないし、近現代史に出てくる一人ではあるが、そこまで知っている人ではない。一方で、東大全共闘についての知識もそこまであるわけ…

  • 行動制限はまだ続きそうだけど、できることをやるしかない。

    今年のNAHAマラソンが中止となった。移住前までは、なるべく僕もこのマラソンに出ていた。沿道の応援が賑やかで、走っていても自然と笑みがこぼれるステキなマラソン大会だ。 毎年12月1週めの日曜日に開催される。今年も12月6日に予定されていた。5ヶ月後の予定だが、COVID-19により中止(公式には2021年に延期という書き方をしている)と発表されたわけである。 非常にファンの多い大会で、毎年この大会に出るために前々からホテルをとるようなジョガーがたくさんいる。とても愛されている大会だなぁと思うが、自分自身もその一人。だから多くが一様に寂しいと言っているが、他のマラソン大会も中止となっているので、…

  • 離れていた方がよくわかることもあるのかもしれない。

    いい加減、新しいDJ MIXを録ろうと思っているが、アイデアが浮かばない。曲もチョコチョコ買っているし、選曲は時間があるときにやっている。でも、うまくまとまらない。 この一時帰国中、何度か現場のDJブースに入ることがあった。下手になったと痛感する。選曲のイマジネーションが出てこない。これは、現場でDJをしていないことと、何よりも圧倒的にフロアで音を聞いていないからだと判断している。 DJをするツールが、データメインとなったこともあるだろう。先日、初めてPCでDJをしてみたが、あまりにもたくさんの選曲をできるので、逆に戸惑った。レコードであれば、持ってきたものだけで考えなくてはならないので、選択…

  • 最近動画を見なくなったのには理由がありそう。

    最近、動画をあまり見なくなった。昔はよくYouTubeを見ていたのに、飽きてしまったのだろうか。いわゆる芸能人チャンネルが増えて、少し辟易していることは否めない。 どうしても動画は、他のことを差し置いて「見る」時間を取られてしまうことが原因の一つだ。何かしながらであれば、聞くだけの方がいい。書き物をしているときは、ラジオのような対談を聞きながら、作業していることも多い。 さらにすぐに知りたい情報であれば、テキストで、つまりインターネットで検索した方が早いと考える。この場合、検索能力を問われるし、もちろん読むための時間は必要。ただ、自分の知りたいことだけであれば、わざわざ時間をかけて聞いたり見た…

  • 駐在員が住みたい国ランキングでインドネシアの方が日本より順位が1つ上だった。

    少し話題になった「駐在員が住みたい国ランキング」の記事。日本は33か国中、32位というランキングだったようだ。金融大手のHSBCホールディングスが発表したものであり、恐らく独自の視点は入っているだろう。 ちなみに1位はスイスで、2位はドイツ。3位はカナダで、4位がスペイン、5位はニュージーランドとなっている。 日本が住みやすいか、住みにくいか。そんなこと海外の人には関係ないという人もいるかもしれないが、収入や幸福感、満足感などが高い国に住んだ方がいいと考える海外の人は多いだろう。 僕自身はそこまでこのようなランキングにとても興味がある方でもないが、ただ参考にはできる。そして、移住した先のインド…

  • PCR検査を受けられる病院を調べてみた。

    7月がスタート。本日の東京は雨風が強い。梅雨なので雨が降るのは仕方がないけど、風が強いのは嫌ですね。一歩も外に出ていない人間がいう言葉ではないですがね。 少しずつ日本人がインドネシアへ戻り始めているということで、エアチケットの調査をはじめるよう上司から話が出た。渡航前にPCR検査を受けなくてはならないので、そういえば東京近郊で受けられるところはどこかと調べてみた。 自分が行くから調べたのだけど、まとまっているページがないので、ブログネタとして使わさせてもらいます(笑)。東京は思ったよりもありましたね。 以下が僕が調べたPCR検査を自費でできる病院やクリニックです。東京と神奈川しかありません。ま…

  • 6月が終わるということは今年が半分終わったということか。

    ブログを1週間以上サボってしまった。一言で言ってしまうと、書くことが無かった。もっと言えば、書くためのインプットをほぼできていなかった、になるか。 何度かブログを開いて、数行書いては暗いなぁと思って消してしまい、けっきょくアップをしないという日々が続いた。書こうとはしていたけど、書けなかったですね。そんな時もあるか。 もう6月も終わる。そうか、今年が半分終わったということか。しかしまだジャカルタに戻る具体的な日時は決まっていない。確かにCOVID-19感染者は、ジャカルタでも毎日100名ぐらいは出ているようで、かんたんに会社側も決断できないだろう。 今回のCOVID-19によってかもしれないが…

  • 帰るべき場所があることを教えてくれる。

    久しぶりにClubで遊んだ。オープンからラストまで同じハコにいたのも久しぶりだった。お店の周年パーティーということもあったけれど、COVID-19によってなかなか会えなかった面々が集まり、これぞパーティーだよなという空間があったからだ。 音が好きで、音を目当てに大箱に行くこともある。有名DJを聞きにも行く。でも僕が好きなのはやっぱり、小箱と呼ばれるところで人間関係を作っていくようなところ。その場では初めましてでも、気付けば肩を組んで乾杯しているような空間。 この空間だよなと何度も噛み締めた。フロアからの声にDJも応えるし、それがまたフロアを乗せる。仲間たちと楽しんで何が悪いのだろう。そんなこと…

  • 悪い時間ではないけど中途半端な気分が消えていない。

    既に日本に帰国して2ヶ月が経つ。ここまで長期間いると思わなかったので驚きもある。相変わらずインドネシアに戻る具体的な日程は提示されていないので、まだどうなるのかがわからない。本業については、そこまでやることないというのが本音である。 それ以外にやりたいことをできているので暇ではないのだが、このままでいいのだろうかと改めて考え込んでしまう。ただこれでも何とかできているので、今後の働き方も変えていくだろうと自分では思っている。そんなわけでいろいろ考えることの多いこの2ヶ月だ。 ただPCにずっと向かっているので、違う意味で身体は疲れる。ここまでPCに向かうことはこれまで無かったので、パソコン疲れがど…

カテゴリー一覧
商用
読者になる