searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

sabuさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ジャカルタでの日々
ブログURL
https://www.jakartanikki.com/
ブログ紹介文
アラフォーでジャカルタに移住した体験談。生活していて目にしたものや、インドネシアの音楽紹介など、幅広く書いています。
更新頻度(1年)

121回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2019/04/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、sabuさんをフォローしませんか?

ハンドル名
sabuさん
ブログタイトル
ジャカルタでの日々
更新頻度
121回 / 365日(平均2.3回/週)
フォロー
ジャカルタでの日々

sabuさんの新着記事

1件〜30件

  • 東京オリンピックが始まったけどテレビ観戦できないのでちょっと寂しい。

    東京オリンピックが始まった。COVID-19が治っていない状況での開催だけでなく、それ以外にも直前になって開会式関係でゴタゴタもあって、てんやわんやしてるなーと異国から眺めている。 誘致が決まったのは2013年9月か。その頃は、オリンピック開催時にジャカルタにいるなんて思ってもいなかった。ましてや、COVID-19というウイルスのパンデミックが起きるなんて全く想像もしていなかったな。 東京オリンピックによって、古い街並みが無くなっていくのを寂しく思う反面、新しい建築物を見るのは好き。だから、複雑な気持ちになった一昨年の年末に一時帰国した時を思い出す。客を入れずにオリンピックが開催される競技場が…

  • 日本からの物資を初めて受け取った。

    本日はIdul Adha(犠牲祭)ということで祝日。山羊や牛などを生贄にして屠り、その肉を分け合うお祭り。この日が近づくと、至る所で山羊を見るようになるのだが、この日を境に一気にいなくなる。 今年はステイホームでお祭りを祝おうという声も出ていたが、けっきょく人が集まってしまうだろうと思い、一歩も外に出なかった。そんなことなくても、基本的に今は出ないのだけど。 今日までと言われている緊急活動制限は、先ほど25日まで延長となった。26日から段階的に解除と言われているが、よほど経済を重視したいのだろうかと勘繰ってしまう。少なくともCOVID-19の死者数は多いため、解除となると一気に普段通りに戻るの…

  • ワクチン接種会場に行くものの受けずに帰ってきた。

    いつまでもSNSやインターネット上で「アストラゼネカを接種できるところはないか」と調べていても、一向に答えが出てこないので、以前接種できた情報のある接種会場に行ってみた。 結論からいうと、行ってみたもののシノバック製しか接種できなくなっていたため、打たずに退散してきた。個人的に効果を認めていないものを打っても仕方ないと判断したためだ。 行った先は、Mall Taman Anggrekのワクチン接種会場。 6月の情報ではアストラゼネカを使っていたらしい。でも、よくよく聞いたり調べると、そんな会場は多くて、6月末でに接種すべきだったなと大きく反省している。やはり先行者メリットはあるのだな。そんなこ…

  • 部屋から1歩も出ないとそこまで世界は変わっていない気がしてしまう。

    日本でもインドネシアの様子が報道されているようで、今回ばかりはさすがに家族からの連絡が多い。確かに数字だけ見れば大変なことになっているし、帰国用の飛行機を増便させるなどの話も出ているから、大変な事態であることは間違いない。 そうなんだけど、実際には部屋から一歩も出ていない自分からすれば、あまり変わらないっちゃ変わらない。治るまでこのまま篭り切っていれば、大丈夫なんじゃないかと思ってしまうぐらい。もちろんそんなわけにもいかず、買い出しなどには行かなくてはならないけど、手洗いをするなど予防をしておけばいいのではないかとさえ思ってしまう。 でも、数字は嘘をつかないし、身体で感じているよりも大変な事態…

  • こんな状況でも山羊は犠牲祭を待っている。

    日に日にCOVID-19の陽性者が増えていくインドネシア。本日はとうとう54,000名以上の陽性者が1日で出たとのこと。死者数は991人。ここ最近、1,000名前後をうろうろしている日々が続いている。数字だけ見れば、とんでもない状況。 でも、マレーシアやタイにいる人に話を聞くと同じような状況だという。ただ、死者数はインドネシアが多い。いつになったらピークアウトを迎えるのか、まったく先が見えない。 僕自身は、仕事の関係もありワクチン接種のために帰国するのは難しいと判断し、なんとかこちらでアストラゼネカを接種できないか模索している。もちろん自分自身もあるが、ローカルスタッフの部下がいるので、もし一…

  • Bintang Crystalが思ったよりも美味しい。

    すっかり外出しない日々が続いているし、ニュースにも触れているが多少疲れも感じてしまう。意図的にこの2日間は、あまりニュースサイトを見ないようにした。 国内乗り継ぎで海外渡航の場合、これまではワクチン接種の証明が必要だったが、海外に行く証明ができれば必要なくなったようだ。 (1) 外国人が国内移動を伴わずに出国する場合、ワクチン接種証明書の提示は不要。(2) 12才未満の外国人が親と共に移動する場合、インドネシアへの入国及び国内線での移動の際に、ワクチン接種証明書の提示は不要。(当館注:12歳以上の場合にはワクチン接種証明の提示が必要と解されますが、引き続き運用を確認中です。)(3) 健康上の理…

  • 次の日になって政府通達が変わるけど、そんなこともあるのがインドネシア。

    昨日から一点し、直接インドネシアから出国する場合は、ワクチン証明は不要となった。 7月5日付け当館お知らせにおいて、インドネシア国内滞在中の外国人が国内外へ移動する場合、インドネシア国内でワクチン接種を行わなければならないとお知らせしましたが、当館よりインドネシア政府に対して働きかけを行い、新型コロナウイルス対策ユニット、外務省、運輸省等関係当局に確認したところ、インドネシア国内滞在中の外国人がスカルノハッタ国際空港等から(国内移動を伴わずに)直接国外へ移動する場合は、ワクチン接種証明書の提示は不要との回答が得られました。 引用:インドネシア大使館 しかし、国内移動を伴う場合はワクチン接種証明…

  • さすがに今回のインドネシア政府通達はあんまりだと思った

    今日はインドネシア在住の日本人の間では、ちょっと騒ぎがあった。インドネシア政府が、出国するにもインドネシア国内でワクチンを接種し、その証明が必要と言い出したからである。 この追加通達では、インドネシア入国には、2回接種を完了したことが確認できるワクチン接種証明書の提示が条件とされたほか、入国後の指定宿泊施設での隔離期間が8×24時間に延長されるとなっています。また、インドネシア国内滞在中の外国人が国内及びインドネシア国外へ移動する場合、インドネシア政府主導無料ワクチンプログラムまたは企業主導ゴトンロヨン・ワクチンプログラムによるワクチン接種を行わなければならないとしています。なお、ワクチン接種…

  • 自宅時間が7月20日まで続く。

    一昨日、緊急活動制限が発令されたため、本日から7月20日まではモールが閉まり、店内飲食もできない状態となった。来週からは100%在宅勤務となり、急な要件がない限り客先訪問も控えなくてはならないため、自宅で仕事も含めて活動していく。 ただし、工場などをすべてストップさせることはできないだろうから、どこまで効果があるのか疑問もある。もちろんやらないよりはマシだし、これで少しでもCOVID-19の広まりを抑えられればいい。 日系企業の一部でも避難帰国の検討が始まったという報道もあった。ただ、去年も帰国しなかった(させなかった)企業もあるため、どこまで帰ることになるのかは不明。来週に入ってからいろいろ…

  • リモート対応に頼る自分とそれだけではダメだろとも思っている自分。

    久しぶりに客先へ訪問した。もともとWebでミーティングをしようということだったが、実際に見て欲しいということで急遽行くこととなったのだが、直接会ったほうが早い話もある。 現場に行くことから始めろ。就職して営業を始めた頃、上司に言われた記憶があるが、今でも間違いだとは思っていない。しかし、なるべく訪問しないで済む方法はないかを最初に考えるようになってきている。だいぶ考え方が変わったというか、COVID-19によって体感できたと言った方がいいだろう。 リモートで解決できるなら、それでやっちゃった方がコスト(費用と時間)が掛からない。メリットがある。もちろん、COVID-19の状況が悪くなっているか…

  • COVID-19の陽性者が右肩が上がりになっている。

    インドネシアのCOBID-19陽性者が、急に増えてきている。ちょっと緊迫感もあって、回復が遠のいた。 JHU CSSE COVID-19 Data この画像はGoogleが提供しているものだが、昨日の感染が20,000名を超えている。ジャカルタだけでも9,000人越え。 LAYANAN DARURAT COVID-19 レストランでの外食やモールの営業時間も20時までとなり、ジャカルタのオフィスは25%の出社制限が設けられている。一応、7月5日までとのことだが状況が好転しなければ延長の可能性も高い。 もうすでにどんなに予防しているつもりでも感染するものだと認識しておいた方がいいのではないかと感…

  • バイタク乗っていたら豪雨にとうとう出会ってしまった。

    まったく問題ないだろうとたかを括っていたら、とうとうヤラレちゃいましたね。バイタク乗ってての豪雨。曇り空だけど、多分降られないだろうと余裕ブッこいて、ジムにバイタクを走らせた日曜日。これまでも同じような空模様でも雨に降られることなく目的地に着いていたから、今回も自分を信じ切っていたのが間違い。 途中で運転手が止まり、道端でカッパを購入。おー1万ルピア(約80円)かー、勉強になるわ〜と思っていたら「オマエ着ろ」と手渡される。いやいや、大丈夫っしょと言っていたら、着た方がいいと強く勧められるので言われるがまま着てみる。 走ること2分ほど、雨が降り始める。でも、まだ耐えられると思っていたのも束の間、…

  • 仕事とジム以外はほぼ出歩かない生活が続いている。

    インドネシアのCOVID-19陽性者が増えており、ここ最近は客先にも行きづらい状況になってきている。そんなわけで、仕事中も外出がないし、プライベートでもジム以外はほぼ出歩かない生活となっている今日この頃。ブログに書くネタもないやーってことでここ最近書けなかった。まぁ、時事ネタでも追っていけば何かしらあるのだろうけど、他にもやることあるのでサボっていたというのが実情か。 とは言いながらも、基本的には事務所には出社している。ジャカルタもまた、もしかしたら出社率25%などの制限を設けられるかもしれない。6月20日に緊急事態制限が解除される東京都は違う。あまり芳しくない状況である。またレストランやジム…

  • 風邪を引かなくなったのは身体を動かしているからだろうか。

    ふと思ったのだけど、昨年9月末にジャカルタに戻ってから風邪を引いていない。咳が少し出ることはあるけど、大気が悪いせいだと思っている。一昨年の年末に日本に一時帰国して戻ってきたら体調を壊したけど、それ以降はないもんな。 確かに日本にいた頃より夜遅くまで遊ばなくなったし、身体も動かしているので抵抗力も付いている。でも、食生活はそこまでいいとは思っていない。めんどくさい時はデリバリでインドネシア料理を頼むし、そこに使われている油がどんなものかなど、あまり考えずに食べている。美味しいと感じているからいいのだけど。 あと、炭水化物の摂取量は大きく減った。日本ほど米が美味しくないからでもあるけど、家でご飯…

  • 自分と向き合える今の状況は、楽しくもあるし寂しさもある。

    昨晩は急遽、昔馴染みとテレビ電話しながら長時間話した。平日にも関わらず、いろいろとあって家にあるビールをすべて(といっても5缶しかなかったけど)飲んでしまった。とてもいい話を聞けて幸せだったな。 ベタベタする関係ではないけど、年に数回会って飲む関係で、かれこれ20年以上の付き合いがあるけど、お互い境遇が違うからか、考え方も変わっていっている。これは、自分自身もそうだろうけど、ベースの部分は変わらなくても、人って変わってくのだなと感じる。というよりも、変わらない方がよくないのではないだろうか。 僕自身、ジャカルタに来てから物の考え方も変わったと思う。昔馴染みと話していると特にそんなことを感じる。…

  • 祝日だったのでだいぶゆっくりしてしまった。

    今日はインドネシアの建国記念日。レバラン休暇が終わり、先週も祝日が1日あり、今日も休みでまだまだ本調子になれない。とはいうものの、夏休みはないし、年末年始も日本に比べれば休みはないため、休めるときは休んでおこうと今日はゆっくりしていた。どうも疲れが溜まっていたのか、昼寝を思いっきりしてしまった。夜寝れるだろうか。 電気自動車の波がインドネシアにも押し寄せている。先日、Tokopediaとの合併が正式に発表されたGojekも2030年までには全車両をEV化するという報道もあった。国としても電気自動車を進めていくと発表しており、これまで通りの設備投資にならないだろうと想像できる。国内でも充電器設置…

  • 今まで自分が触れてきた知識だけで物事を考えないようにしよう。

    雨季がまだ終わっていない、気がする。ローカルスタッフに聞いたら、環境問題で雨季の期間が長くなっている、というようなことを言っていた。去年の今頃は日本にいたのでわからないけど、一昨年の今頃はもう雨季が明けていたのではないか。だからといって不満はない。ザーッと降って止むし、外を歩かないのであまり気にはならない。 そういえば、ジャカルタに移住してから傘を持っていない。車で移動が多いし、雨宿りしていれば止むから「いらねーや」ってなってしまった。電車で移動する習慣がなくなり、大きく変わった部分の1つだろう。環境によって人を変えてしまう例かもしれない。まぁ、僕にしか当てはまらないかもしれないけど。なお、誤…

  • あっという間に休暇は終わり通常の日々。

    すっかり休暇も終わり、いつも通りな日々。まぁ、今週に入ってからは、けっきょく休暇といえども仕事をしていたのですが。。国内の人だけで働いているわけではないため、こればかりは仕方がないかな。 前職時代はそんなの関係なしに休めちゃうドイツ人たちが羨ましくもあったし、何とかしろよ!と思う自分の両方がいたことを思い出す。相手が休みだろうが、サポートを必要とする客もいる。この声が無くならない限り、すべて休みにすることは難しいだろう。 そんなわけで、ブログネタも作れずにあまり書くこともなく。思ったよりもインプットをできない休暇になってしまった。とは言いながらも、久しぶりに大好きなSadar BaharのDJ…

  • Netflixで映画を楽しめている休暇。

    まだ雨季は終わっていないのだろうか。ザーッと雨が降っている。ジャカルタに来てからこんなの日常茶飯事だし、どうってことないのだけど、やっぱり晴れている方が気分もいい。 あっという間に休みも終わる。週が明けた今日は、けっきょく朝からメールと電話があり、1日仕事をしていた。今日から連休明けのお客さんもいるし、今日中に解決しなければならない書類の問題もあったので、仕方がないのだけど。どうしても海外からモノを引っ張るとなると、船積みなどの関係もあって対応しなければならないことは理解している。 でも、そうならないようにスケジュールを前倒しで進めていたのに、けっきょく他拠点の都合でこちらが休み中の対応をしな…

  • 普段はあまり行かない洋食系レストランに行ってみた。

    あっという間に休みも折り返し地点。とは言うものの、月曜日からは多少仕事をしないとならないため、今日明日で終わりのような感じがしている。久しぶりに予定のない日々なので、Netflixで映画を楽しむ余裕もできている。なお、昨日のB'zの稲葉さんとMr. Childrenの桜井さんのYouTube対談は、とても驚いた。これを無料で観られるなんて、、と思いっきり世代な僕は感動してしまった。 そんな中、昨日はジムに行こうと張り切って出たものの、家にジムのカードを忘れて入れず。しょうがないと諦め、何か食べるかと移動を開始。MRTに乗って、グランドインドネシアの方へ行くのも良かったのだけど、なんとなく気分で…

  • 断食が明けて花火がたくさん上がった。

    昨晩はイドゥルフィトリ(断食明け祭り)だったので、18時ごろから花火が上がり、アザーンが深夜まで鳴り響いていた。こんな感じかーと部屋にいながら感じていたが、なかなかな音量なので、けっきょくヘッドフォンをしながらNetflixで「DAWN WALL」というクライマーのドキュメンタリー映画を見ていた。地味だけど良質な作品だったなー。 僕にとっては連休開始初日ということもあり、夕方ごろにジムに行くかとバイタクに乗っていざ向かってみるが、早々にジムは閉まっていた。クロージング作業をやっている人がいたので聞いてみると、今日は早めに終わって、明日も休みとのこと。そうか、そうなるわなと反省。ここは日本ではな…

  • レバラン休暇中のジャカルタ滞在が始まる。

    明日から連休スタート。ローカルスタッフはラマダン中のため、通常よりも1時間早い出社で、1時間早めに終業が今日で終わる。うちのスタッフは、時間をきっちり守る人とそうでない人とでくっきり分かれるのだけど、この期間はしっかりみんな来ている感じだった。 今日は終業後、papayaに行ってビールやらなんやら買いだしに向かった。ジャカルタ市内は、いつもよりも渋滞が少ない印象。やはり故郷に帰っている人が増えているのであろうか。明日以降も街中をぶらついた時に見てみよう。 初めてのレバラン期間にジャカルタにいるため、どんな様子なのか興味はある。人がいなくなると聞いたことはあるけど、COVID-19の広がりを防ぐ…

  • 連休が近づいているので浮かれていると自分でも感じる。

    レバラン休暇が迫ってきており、まだまだラマダン中ではあるけれど、夜になるとわさわさとモールなどには人が集まっていて、とても賑やか。日本の年末のような感じがして、僕自身ももうすぐ休みだーなどと少し浮かれている。 とは言っても、とくに休暇中に何かやろうと決めていることもなく、そこまで活発に動ける雰囲気でもないため、インドネシアの昔の音楽を片っ端から掘ってみようとか、途中で止まってしまっているNetflixのドラマを観ようとか、小説を読もうとか、とりあえずジムには行くぞーなど考えている。 ここ最近、ちょっとジム通いをサボっていたので走り始めたけど、またゼロからやり直しぐらいにキツイ。継続は力なりとい…

  • 海外在住者が日本でワクチンを打てるのはいつだろうか。

    5月に入った。時が経つのは早いなーと感じる。相変わらず仕事はバタバタしており、ここ最近は家に帰るのも遅く、なかなかしんどいと思うこともある。日本にいたときよりも下手したら忙しいというか、事務作業がとにかく多い。事務処理能力をもっと上げたいな。 普段連絡のない父親からLINEのメッセージが入っていた。何か起きたかとドキッとしたが、東京はまた緊急事態宣言で大変だーといった内容だった。5月後半からワクチンを打てそうだとのことで、打っておいた方がいいと返信した。 先日も客先でワクチンの話になったのだが、外国人もインドネシアで打てるようになるようなことを聞いた。本当かどうかわからないけれど、ワクチンの種…

  • 社内の雑談からふと思ったオリンピックについて。

    日本にいたときよりも、社内での雑談話が多い。これはいいのか悪いのかわからないけど、少なくとも一言もしゃべらない社内よりも雰囲気はいい。 そんなわけで、日本語が堪能なローカルスタッフが出社していると、仕事以外の話もよくする。今日も仕事以外の話もしていたのだが、ふとローカルスタッフが「オリンピックはやるの?」と聞いてきたので、「やりたい人とやりたくない人が日本にはいるよ」と答えた。 正直、東京オリンピックをやるのかやらないのか、今の段階ではよくわからないし、今の状況では開催できないと思う自分がいつつも、何が何でも実施したい人もいるだろうから、強行突破で行われるかもしれない。無難な回答だった。 ここ…

  • 略語の難しさと最近の日本を見て思うこと。

    毎日バタバタしていてブログに触れる時間も取れていない今日この頃。家に帰るとすぐ横になる日々が続いた。仕事があるのはありがたいことではあるけど、やっぱり余裕がある生活の方がいいや。まだしばらくこんな日が続きそうだけど、身体を休めつつ過ごしていきたい。 そんなわけで、ほぼニュースにも触れられず、SNSを見ると「マンボウ」と騒いでいる友人がたくさんいて、これはなんぞやと思ったら、「まん延防止」のことなのだね。略語っていいのだけど、何のことかわからなくなるのでたまに困る。 インドネシア語も略語が多い。ローカルスタッフばかりのチャットルームを見ると、何を書いているのかさっぱりわからない。これはどういう意…

  • 落ち着かない国内出張だった。

    今週は国内出張もあり、バタバタしていた。初めての国内出張は、やはりCOVID-19の関係もあったためか、予約していた便が行きも帰りも当日キャンセルになり、ハリムではなく、スカルノハッタからになるなど、非常に落ち着かないものだった。でも、スラバヤという街は渋滞もなく、何よりも空気がジャカルタよりも綺麗で、もう少しゆっくりしたかった。 国内の飛行機移動は、搭乗3日前までの抗原検査結果が必要。なお、これは航空券購入時にも提出を求められたので、航空券の入手もギリギリでないといけないということなのだろうか。今回、ホテルおよび航空券のチケット予約はローカルスタッフに任せていたので、言われるがままにしたのだ…

  • 国内出張に初めて行くことになった。

    国内での出張をすることとなった。行き先はスラバヤ。いつか行くであろうと思っていたが、この時期になるとは思っていなかった。もう少し先かなーなんて考えていたけれど、思いのほか早いタイミングで行くことになった。 飛行機に乗るのは、日本から戻ってきた以来。移住してからは、飛行機に乗ることに全くもって抵抗ないのだが、国内移動で使うのは、昨年遊びに行ったジョグジャカルタと、ジャカルタ移住前に行ったマナド以来なので、楽しみではある。 飛行機のチケットは、明日取ると聞いているので、スカルノハッタになるのかハリムになるのかわからないけれど、間違いないのはとても朝が早いということ。客先に8時に入ると聞いているので…

  • 新しいDJ Mixを録った。

    日曜日の夜になると、また1週間が始まるという気分になるが、いざ始まるとあっという間に過ぎて今日は木曜日。相変わらず仕事に追われている日々だけど、やることがあるのは悪いことではないだろう。でも、行き過ぎるとやっぱりよくないとは思うので、うまく気を抜いている。今日はそんな日だった。昨日走ったので、今日は休もうと決めていた。定時きっかりに帰って、家で料理して気分転換するのも大事だ。 そんな夜は、YouTubeを2倍速で見ながら食事をするのが多い。倍速機能って何であるのか疑問に思っていたけど、気づいたら自分が使っていた。時間節約になるね。動画はやっぱり時間を取られてしまうので、音声の方がいいのだけど、…

  • 当たり前なことが、当たり前でない世界もある。

    ふと昨年のことを思い出すと、ちょうど1年前の今頃は、日本に一時帰国することが決まっていた。帰る前は、何で帰るのだろうかと疑問に感じていたけど、いざ帰ったらそれはそれで日本での生活に馴染んでしまい、なんだかんだで土日は思いっきり遊んでいたし、食べたいものを食べて、悠々自適に暮らす生活だった。でも、いつ戻るのかを不安に感じている日々でもあった。 来月のレバラン休暇を迎えるにあたり、一時帰国を検討する客も出てきているが、やはりネックとなるのは帰国後の14日間の隔離。やっぱり14日間はとても大きくて、いざ帰国するとなると、インドネシアに戻ってからの5日間隔離を含み、少なくとも4週間は見ないと難しい。け…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー