searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Hatokoさんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

トランスジェンダーなおばさんです。

ブログタイトル
鳩ぴあの
ブログURL
https://pr.fc2.com/hatopia/
ブログ紹介文
鳩子の詩とトランスジェンダーな日々4
更新頻度(1年)

37回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/03/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Hatokoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Hatokoさん
ブログタイトル
鳩ぴあの
更新頻度
37回 / 365日(平均0.7回/週)
フォロー
鳩ぴあの

Hatokoさんの新着記事

1件〜30件

  • 「かま」についてのまとめ

    「かま」または「おかま」とという言葉について、何度か書いた記憶があるので、それらをふりかえって、「まとめ」てみようと思いました。書いたのは主として3回でした。(1) かまどと、ある語源の話  (2005年3月)古い時代に、家庭内に火をおこす場所が2つあり、1つは「かまど」または「かま」、1つは囲炉裏の中心の「ほど」と呼ぶ場所。火で煮炊きをする場所を、「かま」または「ほど」というわけです。また、火山の火口の穴...

  • Hatopian Night

    Hatopian Night(ハトピアン・ナイト) とは何のことかというと、写真ブログの「ままごと草」の1000枚達成が間近になりましたので、完成の暁には、さらに1枚を加えて、一千一枚。タイトルも「Hatopian Night」と改称する案が浮上しています。ちなみに「暁(あかつき)」とは、広辞苑によれば「夜を三つに分けた第三番目」が本来の意味なので、夜のうちのことになりますね。写真は、日没前のものなので、まだ夜ではありませんが、...

  • 引っ越し

    ブログの「鳩町通り3番地」をこちらへインポートしたのは、2年前からの懸念だったのですが、先日ようやくできました。その後、サービス提供元からの「重要な通知」があったことに気づき(9月2日付けでした)、来年3月いっぱいで無料ブログサービスは停止するとのこと。ちょうど良いタイミングでしたね。同じ提供元の無料ホームページも、サービス終了とのことなので、善はいそげで、 Hatopia 鳩子のホームページ もfc2.web へ引...

  • インポート

    前のブログの「鳩町通り3番地」を、こちらにインポート。「日々3」と「日々4」が1つになりました。1と2は合併済みなので、ブログについては次の2つに整理されたことになります。  トランスジェンダーな日々  鳩ぴあの (ここです)(ほかに「忘れな草紙アーカイブス」などもありますが)2年前にやればよかったのですが、3は「1+2」と合併しようかと思っていたので、遅れました。6年4か月ぶん300余りの記事が、こ...

  • 身長が縮む

    年齢がある程度増えてゆくと身長は縮むものだと、だいぶ前に聞いたことを思い出したので、自分で測ってみました。柱のそばに立って、頭に四角い紙箱を載せて測る方法です。 169cm・・・に届くかどうか。ひところより1cmは縮んでいました。某医療法人の解説によると、「40歳以降平均すると10年で1cm縮みます」とのこと。個人差はあるでしょうし、いろいろですが、縮むことは確かなようです。(ホームページのプロフィールを...

  • 鉢と釜

    これから書くことは、あまり子ども向けでない内容をふくみますが、昔話の『鉢かづき姫』は、絵本にもなっていて、よく知られていると思います。美しい少女が、母の亡くなるころに頭にかぶった鉢が取れなくなり、そのまま継母に家を追い出され、長い苦難の果てに、女中にとってもらった御屋敷の御曹司に求婚されたころ、鉢がとれて美しい顔だちもあらわれ、結婚して末長く暮らしたとか。鉢をかぶっていたのは、思春期の始めのころか...

  • 若き日の思い出(改訂)

    (改訂版をアップロードしなおしです)だいぶ若いころに、ニューハーフさんのお店を覗いてみたことがあったのですが、微妙な違和感のようなものを感じたこともあって、それっきりになったのでした。その「違和感」については、とても漠然としたものなので、よく表現できないのですが、だいぶ後になって、どなたかの言葉に、ああいうところは体育会系の男社会のところがあるんだというようなお話を聞いて、あのときの違和感のことを...

  • つなぎ写真 その2

    1998年ですから23年前の「頭切れ」写真に、別の写真をつないでみました。顔のところは、かなり一致しています。本人の写真ですから一致する確率は高いのでしょう。別人ではうまくゆかないと思います。顔のつなぎ目はブロックノイズ程度のずれなので、ボカシを入れたりするのは簡単ですが、背景を揃えるのは手間がかかるかも。...

  • 若き日の思い出

    だいぶ若いころに、ニューハーフさんのお店を覗いてみたことがあったのですが、微妙な違和感のようなものを感じたこともあって、それっきりになったのでした。その「違和感」については、とても漠然としたものなので、よく表現できないのですが、だいぶ後になって、どなたかの言葉に、ああいうところは体育会系の男社会のところがあるんだというようなお話を聞いて、あのときの違和感のことを思い出したのでした。「性別違和感」と...

  • つなぎ

    以前にも何度か試してみたことがありますが、頭切れ写真の「つなぎ」。明るすぎの写真ではありますが、雰囲気が良かった写真。顔の半分を継ぎ足すのは難しいので、あごから上全部を、別の写真から持ってくると、うまく行くのではと思います。同じ日の写真でうまく合いそうなのがなかったので、数ヶ月違いのものになりました。...

  • 日米体形比較と「ひざ曲げ歩き」の問題

    1991ごろの日本人と1970年ごろの米国人(白人系が多い)の身体測定データ(AIST社)がありましたので、女性について、比較してみました。 ○ 身長 日本女性159.1、米国女性162.1 3cのm差。男子どうしとちがって、女性どうしでは、それほど差ははありません。米国人データが20年ほど古いので、同時代ならもう少し差はあるかもしれません。○ 股下 日本人71.5cm 米国人74.5cmこれも 3cm差。ということは、脚の長さの差が、そのまま身...

  • かはゆい男(その2)

    前回の「女や陰間が、男に可愛いというとき」で書いたことは、面白い発見でした。言葉についての感覚が鋭い人なら、興味をもっていただけたのではないかと思います。テキストの出典が、歌川派の枕絵に書かれた詞書なので、かなり馴染んでないと、それでは自分も類例を探してみようと思っても、簡単にはいかないかもしれませんけれど。青空文庫を検索してみると、明治時代では、「かわゆい」の意味は親愛の表現でした(「かわいい」...

  • 女や陰間が、男に可愛いというとき

    暑い季節になると、顔までほてってきて、ほてりがずっと続くことがありますね。更年期障害にもそんな症状のひとつがあるそうですが、さて、今日は、顔の「ほてり」についての、違う話です。やや成人向き。古典に出てくる言葉で、「かははゆし」というのがありまして、漢字で書くと、「顔映ゆし」で、「かほはゆし」から「かははゆし」と変化した言葉らしいです。意味は「恥かしい。顔が赤らむようだ」(国語大辞典)。この「かはは...

  • スポーツ嫌い

    スポーツ嫌いの人のために楽しくなるような話題を提供できると良いのですが・・・さてスポーツはからだに悪いという人もいます。とくに最近は、体形を見ただけで、何の種目の選手かがわかるような、極端な傾向が目につくことがありますね。昔なら、相撲の力士くらいでしたよね、からだつきですぐわかるのは。力士の皆さんは短命の人が多いのが気になります。私の場合は、子どものころ、男子たちと競争させられるのが嫌だったという...

  • タイトルや名前を考える趣味

    役者が引退するときの最後の舞台のことを「名残り狂言」というのだそうで、響きの良い言葉です。それで、「名残り」に似た言葉を、ブログのタイトルになどしてみたらどうかと思いました。少し早いですが、私の最後のブログのタイトルを考えてみようというわけです。名前をたくさん考えるのは、趣味としても楽しいものですから。最初に思いついたのは、「袖振草」。袖振り草は、ススキの異名とのことで、秋に袖を振ってサヨナラ。け...

  • 江戸の人の「世界」

    江戸人と現代人とで、違うところも大きいので、今の人はなかなか理解が届かない部分も出てくるでしょう。たとえていえば、現代人は砂粒のようなもので、外からの情報は刷り込まれてますが、広さのない点の存在がかろうじて他人とつながっていて、皆は、同質で、たった一つの同じ世界に住んでいると信じています。「同質」というのは他人も自分と同じ価値観を持っていると思っていること。江戸人は、それぞれが小さな世界を持ってい...

  • 『日本人のからだ』

    「『人体学的人類学』を唱導し、この学問的基礎の上に立って人体、殊に女体の美をきわめ、女体美の創造と改善との理想をめざして生涯を打ち込んだ学者である」と紹介されているのは、ドイツのカール・ハインリヒ・シュトラッツ(Stratz)という先生で、明治時代には来日して日本人女性についての写真を収集したり、いろいろ研究されて、『日本人のからだ―生活と芸術にあらわれた』 (邦訳1954年) という本を出版しています。先の紹介...

  • デニムの

    7日に1度は更新しないといけません。草の中の続きですが、この場所は良く整備されているときもあるのですが、天気が悪いと作業も延期になることもあるでしょうし、勝手に撮影してるだけなので、わがままはいえません。デニムのワンピースですが、布地が厚いうえに、筒形のままウエストは紐で結ぶだけ。紐は、胸の下で、靴ひものような、コルセットのような結び方で、ウエスト回りと1本の紐になってるという、難しい構造でした。...

  • 草の中

    デジカメ動画というのも、1280x720くらいの大きさになると、1コマを取り出しても、クリアな感じになってきます。拡大してみると、やっぱりノイズ(ブロック型の)は目立ちますが、リアルすぎると隠せない部分も出て来ますから、このくらいがちょうど良いかもしれません。...

  • 雑談のようなものですが、

    コメントで「モデル歩き」のことが出たので……。あの歩き方については、足の着地位置のことばかりに目をとらわれがちですが、大事なのは、上半身がまっすぐに垂直のまま歩くこと、たぶんこれだと思います。普通は(とくに女性は)歩き始めのときに、上半身を前傾させて、からだの重心を前へ前へと移動させて、前傾のまま歩く人が多く、立ち止まるときは、先にからだを起こすか一瞬後ろへ傾けるようにしてブレーキをかけるわけです。...

  • ひねったところ

    デジカメ動画が320×240だったころの動画からの画像。「くびれ」が良い感じに見える一瞬ですね。腰というか、ウエストをひねって歩いていますので、ひねったところなのでしょう。ところで、先月のコメントで、最近の歴史研究者で、何かにつけて現代の同様の問題(トランスの)があるといって論を終えるのが多いと書いたのですが、つまり、うわべは時代劇なのに中身は現代の日常そのものドラマのような、「時代」がわからないのも困る...

  • 指が……

    年齢が増えると、病気の話題が増えてくることがあるようなのですが、「ばね指」というのは、腱鞘炎の一種らしいですね。最近、家事そのほか、かたづけなど、手を使い過ぎかもしれません。どちらかというと女性のほうに多いらしいです。「原因更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生します。母指(親指...

  • 10年前の

    10年前の2011年は東日本大震災の年でした。被災地では、政府はあてにならないので、自分たちの手でできることから復旧の仕事にとりくんでいって、毎日小さな達成感があって、原発関連以外では将来も少し見えていたと思います。コロナ問題では、政府があてにならないことは同じなのですが、先行きがなかなか見えません。2011年は、直前の3年くらいとくらべて、自分で撮った写真の数も多かったと思います。思い出せることもたくさん...

  • いつはりなきを義とはいふべき

    前々回、鈴木春信の「五常」のうちの一枚「義」という絵が、『男色実語教』という本をヒントにしているのかもと思ったことを書きましたが、途中で『色物かたり』という本についても同様のことが言えそうだとわかり、文章を追加したので、その辺が話をわかりにくしたかもしれません。「実語教」とは、子供たちが読み書きを習う手習塾でよく使われた教科書の名前のことです。「○○実語教」は、○○入門といった意味になると思いますが、...

  • 江戸のタンポポ草

    タンポポの季節も終わりそうなので、タンポポの話です。「若衆三幅対 小姓風」と書いてある奥村政信の絵を、ある美術雑誌で見ました。奥村政信には「色子三幅対」というのもあって、京、大坂、江戸の3人の舞台子の絵でしたが、三幅対ですので、こちらも他に2枚あるはずで、小姓のほかに、舞台子と寺小姓でしょうか、それはわかりませんけれど。絵は、鼓のお稽古をしている武家の小姓の絵です。下に置いてある本には「高砂」ほか...

  • 鈴木春信の五常のうちの「義」について

    江戸時代の『男色実語教』という本を読んでいたら、こんなことが書かれてました。「 主道(衆道)の五常のみちにかなふ事 もとより朋友のみちなれば、人倫の五常にもかなひ、閨のうちのむつましみは、 妹せの道にも異ならずぞ侍れ。契りを金石の堅きになずらへ、交を水魚のおもひに ならひて、其二心なき旨をまもるは、さながら和のうちに義をもとゝするがゆゑなり。 」五常とか、義とか、衆道とか……、ここから連想して思い浮...

  • 100万文字の計画

    毎年、年頭に抱負やプランのことを書くことが多かったので、今年は4月の年度初めに書こうと思っていました。昨年、一昨年と過去記事を見ると、あまり書いていませんね。3年前、2018年1月には書いています。http://hatopia.wpblog.jp/entry-1909.htmlその内容は、1 古典物語のあらすじダイジェスト、カタログ風 江戸美道版2 自分史、3 過去記事ベスト集4 古着のリメイク4つとも進んでいませんね。1については、今まで書いたもの...

  • 紙のトルソー

    トルソーの型紙布人形の型紙を元にしました。紙に印刷するときは色を薄めにするとよいかも。DLした画像を、この向きのまま左右5mm以下の余白でA4用紙の上半分に印刷すると、おおむね1/6サイズになります。ただし市販の1/6人形は、横サイズはほとんど1/7サイズで、脚だけ長くして身長を1/6に合わせているので、人形用なら1/7にする必要があるかも。紙で作る場合は、「のりしろ」を自分で付けないといけません。ボディの曲線部分は紙...

  • 声について

    宝塚の男役の声やら、いわゆる……おかま声やらの話です。男役の声は、女性が発声するわけですから、可能な限り低い声を出すのですが、少しハスキーな声が、それらしく聞えます。大地真央のころから人気スターはハスキー系の声が多かったです。喫煙が効果があるという噂話もありますね。「おかま声」とは、無理に高い声を出すのではなく、お杉とピー子のような、息を吸い込みながらしゃべるような、裏声混じりのような声になりますね...

  • 18年

    ホームページを始めたのが、2003年の4月7日でしたから、ちょうど18年。もうそんなに、なりますか。タレント芸人のように自分の写真を撮ってはアップロードして来ましたが、最近はあまり良い写真が撮れなくなりました。と、ためいきばかりついていてもしかたありません。ブログは、2019年までは、月4回くらいは更新してたと思います。ペースが落ちて月1くらいになったのが、昨年3月から。新型ウイルスで先行きが見えない世界にな...

カテゴリー一覧
商用