chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
りんころのひとりごと。 https://rincoro-ht.hatenablog.com

テレビドラマを中心とした、気ままなゆる〜い感想ブログです。ほぼネタバレ。

基本的に「面白いから書きたい!」「ツッコミたいから書きたい!」精神でやってますです。

りんころ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/02/08

arrow_drop_down
  • 忍者に結婚は難しい 4話 感想|音無の妻の活かし方、そうなっちゃうかぁ〜…(笑)

    まず、序盤のモノローグによる2人の応酬に関しては、 ついた嘘次第では自分が忍者だとバレてしまいそうなスリルを味わえて楽しかったです。 「良かった〜…」「どうする?どうする俺?」「いやったー!堪えたー!」 お互いクールな顔立ちで、冷静に接していながら 内面ではめちゃくちゃ素が出ている…っていう、このギャップですよね(笑) 相手を探っているシーンのはずが、慌てふためく様子を見ていて何だか笑えてくる。 「お互い忍者だという事を隠しながら、普通の生活を送っている」設定が最も活きていました。 ただ…そんな風に、序盤で期待させてもらえただけに、 (特殊任務が中心の話ではなくなった事もあってか) 結局、今回…

  • 警視庁アウトサイダー 4話 感想|急にテレ朝王道刑事ドラマっぽくなるじゃん。

    一気に縦軸を進めてきたなぁ…という印象。 テレビ朝日のこの枠は通常、全9話、たまに全8話なケースが多いですが、 まだ折り返し地点でもないのに、1話完結型のスタイルを取りやめて 縦軸をメインとした連続型にもう移行したって事は、 もしかしたら7話で終わる可能性もあるんでしょうか? っていうのは置いといて…。 今回の事件は、架川(西島秀俊)がマル暴時代からお世話になっていたらしい 黒石(井上肇)の死の真相を探す内容になっていたので、 初めて縦軸を盛り込む必要性は見えたのですが。 1つ引っかかるのは、架川と光輔(濱田岳)のどちらにも 異なった縦軸が存在している…って所なんですよね。 いや、光輔が独自で…

  • リバーサルオーケストラ 3話 感想|3話にして好感度爆上がり

    まだ3話で、演奏シーンも"成長物語"としては序章の段階なのに、 まさかもう胸が熱くなるとは思いもしませんでしたなぁ…。 回を重ねるごとに、それぞれのキャラが本当に立ってきているんですよね。 「登場人物が好き」よりかは 「役者さんが演じている登場人物が好き」といった方が近いんでしょうか。 例えば、大好きな音楽を諦めさせないでくれた人を、 今度は自分が…と同じ分だけ"恩返し"しようと行動に移す蒼は、初音(門脇麦)と歳が近く、 真っ直ぐさが滲み出る坂東龍汰さんでなければ成立しないし。 そんな彼を引き止め、発する言葉からは人生経験の豊富さが伺える穂苅は 平田満さんでなければ成立しないし。 マイペースな…

  • 大奥(2023) 3話 感想|理不尽は次の理不尽を生む…

    家光(堀田真由)の過去が明かされるとともに、 理不尽は次の理不尽を生む…という事が嫌というほど(褒めてます)描かれた回でした。 酷な展開が続いた前回で、これから癒し要素になりそうな気がしていた猫が 開始から20分程度で殺される運命に遭ったり… 訳も分からず男の格好をさせられ、上様だと言い聞かされる当時の家光だったり… 相変わらずゲスな考えをしている三人衆を罠に嵌める玉栄(奥智哉)だったり… 春日局(斉藤由貴)が真顔で「では仕方ない、切りましょう」と提案してきたり…と 各々の動きを描く事で、一見かなりボリューミーな内容にはなっていましたが。 原作に沿っているのかは分からないものの、 昔から物語の…

  • 星降る夜に 2話 感想|今回くらいならまだ見られるかも…

    前回と今回を見て思うのは… 本作はあくまでも、日々"生"と向き合う鈴(吉高由里子)と、 日々"死"と向き合う一星(北村匠海)による 「出会い」や「全く違う仕事に携わっているからこそ惹かれ合う2人」を、 日常生活をベースに、フラットに描こうとしているんだな…という所でしょうか。 いや、もちろん、まだまだ引っかかる部分はあるんです。 下ネタの描写にしろ、上記の2つを描く割には お仕事パートのウエイトが大き過ぎる事にしろ。 例えば…前者に関してだったら、前回より古典的な下ネタ演出は薄まったにしても、 遺品のAVで盛り上がっていたら、私が故人だったらやっぱり嫌な気持ちにはなりますし。 一星の手話の内容…

  • 罠の戦争 2話 感想|虻川撃退作戦は成功でも、結末が既に心配…

    面白いですね。 罠をテーマにしているだけあってか、 亨(草彅剛)はきっともう先回りしているんだろうなぁ…というのは割と読めていて、 その点では驚きが少ないと言えば少ないのですが。 彼が危険的な状況に追い込まれそうな様子を少し長く描く事で、緊迫感を煽ったり、 先に伏線を張っておいて、溜めて溜めて…から種明かしをしたりと 罠のからくりを焦らし過ぎない程度に、上手い事隠しながら見せていっているので、 エンターテインメント性のある作品として、純粋に楽しめる仕上がりになっています。 そして、妻・可南子(井川遥)の絡ませ方も良いなぁと。 復讐劇関係なく、妻や子供の登場する家庭パートって、 主人公と直接関わ…

  • スタンドUPスタート 1話 感想|いくらなんでも軽すぎるかと…(汗)

    初っ端から「これはちょっと…」と嫌な予感はしていましたけど、 最後まで良い意味で裏切られる事なく終わってしまいました。 いちいち無駄な動きばかりする主人公にしろ、 (原作通りかは知らないけど)意味不明なプロレスシーンにしろ、 なぜか30分前に巻き戻すギミック展開にしろ、複数案件にしろ… もう全てが「回りくどい」としか言いようがありません(汗) 肝心の「人を変えていく」ストーリーが筋道を立てて描かれていたら良かったんですけど、 好転していくまでの"間"がおざなりになっているようでは、 残念ながら、薄っぺらく見えてしまうんですよね。 例えば…林田(小手伸也)が帰宅した途端、妻も息子も避けるようにテ…

  • ブラッシュアップライフ 3話 感想|台詞通り「最高だよ」!w

    黒木華さんと野間口徹さん… 共演作的にも危ない関係性的にも「ゴシップ」じゃん(笑)っていうのは置いといて…。 いや〜、今回も楽しかったですねぇ。 何と言っても黒木華さん、ナイスキャスティングでした。 玲奈(黒木華)にカミングアウトしたらどんな反応で来るのか?を 3人でシミュレーションしてみた中盤。 個人的には、まさかのまさかで「うん、知ってたよ」という意外な返事を返す ヤバい女性展開になるのかと予想して見ていたら… 妥当でありつつもちょっとだけ斜め上な答えで、 穿った考えをしてしまってごめんなさーい!って思っちゃいましたよ(笑) で…さらに面白かったのは、ヤンキー口調。 見た目ふわふわ、喋り方…

  • Get Ready! 3話 感想|刑事兼医者になった仮面ドクターズ

    オペナースのクイーン(松下奈緒)も執刀に参加するわ、警視庁の前で仮面は外すわ、 仮面ドクターが刑事の仕事も担っているわで、 もう何でもアリになってしまってますね(苦笑) 内容にしても、まぁ…視聴者を引きつけるために 「何が"善"で、何が"悪"か」を新しい手法で見せて、 イメージアップを図ったって所なんでしょうけど、 こういった"変化球"を、主人公の考える「生きる価値」の基準が何で、 4人で「仮面ドクターズ」を結成した動機が何なのかが 明示されていない段階でやられても、正直、混乱させるだけだと思うのです。 おまけに…エース(妻夫木聡)が患者を応急処置している様子が 冒頭で描かれた時点で、「ああこ…

  • 夕暮れに、手をつなぐ 1話 感想|「かもしれない」の始まりを描く

    思ったよりも"普通"でしたね。 あ…これ、褒めてます(笑)いろんな意味で。 胸キュン演出や、漫画なら許されそうな気を衒った展開を盛り込む事なく、 恋愛ドラマでは欠かせない「2人の出会い」をストレートに描いていった印象を受けました。 確かに、若者世代でそんなに訛ってるものか?と思えたり、 後半からの空豆(広瀬すず)の自分勝手さには、 「半分、青い。」での、幼馴染と相手とで結婚して建てた新居に はがきに記載された住所を元に尋ねるトラウマシーンを想起させたりで 引っかかる部分はあったのですが(苦笑) でも…見ていて嫌悪感の方が勝る事はなかったのは、 初回の段階では、あくまでも音(永瀬廉)は彼女を「何…

  • 大病院占拠 2話 感想|お前の罪を数えろ…的な?

    なんか…前回よりもツッコミどころが増えてません?? 「ボイス」味、増してません??? 前回はスピーディに進む展開だったのもあってか、 櫻井翔さんの役どころや口調に唐沢◯明さんがチラついただけで、 あとは見逃せる程度で終わってたんですけどね…。 まず、力づくでダクトから脱出したり、鬼に3階から突き落とされたりしているのに、 怪我は頬の擦り傷くらいで、あとは何事もなかったかのように元気に動けているのが… いやいや無敵過ぎるでしょ!!って思ってしまいましたよ(苦笑) せめて、足を引きずる描写をした方が自然でしたし。 っていうかそもそも…「過去の事件で精神を患っていて、今でも心療内科に通い続けている」…

  • リエゾン–こどものこころ診療所– 1話 感想|多くの人に知ってもらいたい作品だわ…

    いやはや…「真摯」という言葉が似合い過ぎる出来でした。 発達障がいという題材を通して、子供と親、それぞれが抱えている苦悩や葛藤を 等身大に、かつ平等に描く内容になっていて、 初回を見ただけでも、これは良作になるのでは?という可能性を感じさせてくれました。 構成自体は、主要人物の性格や、元のいた環境から新天地に移る過程などの 初期設定が描かれる上に、初回で早速、患者の複数案件も盛り込む…といったもの。 しかも、基本的に拡大はしない「金曜ナイトドラマ」枠の通常放送内であれば 情報過多に見えてしまいがちなのですが、本作にはそんな印象を一切覚えません。 個人的には視聴し終えてから、 これが脚本力なのか…

  • 忍者に結婚は難しい 3話 感想|悟郎のダメ夫っぷりが控えめに

    相変わらず、2人の馴れ初めが描かれるエンディング映像が、 「ロミオとジュリエット」を最も表せているなぁ…感は否めませんが(笑) でも、今回に関しては、特殊任務の遂行が物語のベースになっていた事や、 お互いが何者かに気づき始める終盤のシーンもあって、 少しだけそのコンセプトに追いついた内容になっていた気がします。 今までの話でなぜ「ロミオとジュリエット」に見えなかったって、 やっぱり、蛍(菜々緒)と悟郎(鈴木伸之)の2人を、 性格面で格差をつけるように描いてきた事に原因があったんですよね。 例えば、蛍は一般的な社会人で、 悟郎は、自分が本当は忍者であるという事実を隠しながら日々を過ごしている… …

  • 警視庁アウトサイダー 3話 感想|監督の交代が功を奏す

    今回の監督は木村ひさしさんではなく、本作初担当の向井澄さん。 感想を書くために後で調べましたが、わざわざそんな事しなくても良いくらいには、 序盤の時点で分かりやすかったですね(笑) 序盤こそ、警視庁のゆるキャラを絡めたネタや、 カメラワークの切り替えの早さなどで癖は出してきたものの、 癖が強いと感じたのはそこだけで、後は控えめに演出されています。 ただ、冷静に考えてみれば…小ネタの頻度自体は今までと変わっていません。 じゃあ、なぜ控えめだと感じたのか? それは…「面白いでしょ?」を押し付けている 半ば暴走気味な小ネタが極端に減った代わりに、 あくまでも視聴者が気づいて密かにクスッと出来る程度に…

  • 6秒間の軌跡〜花火師・望月星太郎の憂鬱 1話 感想|2人の会話をずっと聞いていたい…

    今期のドラマは、突然の死をきっかけに 人生を一からやり直す主人公の姿を描く「ブラッシュアップライフ」や、 事件を絡めながら、幽霊となった恋人の真相を追う「100万回 言えばよかった」、 そして、故人の"生きた証"に向き合う人物と 新しい命に向き合う人物の出会いを描く「星降る夜に」と、 「生と死」が題材となっている作品が多いですね。 本作も、もれなくその1つです。 毎期必ずと言っても良いほど生み出され続けている「刑事モノ」「医療モノ」ならともかく、 1クールでこれだけジャンルが被るのは珍しいです。 まぁ、そこはたまたまだったんでしょうが… こうして「生と死」が絡んだ作品が近年で何作も出てくるとい…

  • リバーサルオーケストラ 2話 感想|仲間たちが協力的なのが良いねぇ。

    仲間と団員の描き方が、見ていて気持ちの良い作品ですね。 今回のメインはフルート奏者・蒼(坂東龍汰)で、「玉響」の中では一番若手になる訳ですが、 "今時の若者"を際立たせようとして、 自分の才能がこのオケで活かせないから、やり甲斐を見出せず辞めたがっているとか、 才能を自負するがあまりに周りの人たちを見下す態度をとるだとか、 そういったスカした性格に描くのではなく。 あくまでも生活費と親との関係性に悩んでいるだけで、 もっと演奏が上手くなりたい向上心はある…という 夢を追おうと直向きな青年っぽく描かれている所に好感が持てます。 それに加えて、団員たちが基本協力的なのも見やすいです。 プロとして遅…

  • 大奥(2023) 2話 感想|気迫と毒気対決で始まる家光編

    私が見てきた出演作が恋愛モノが多かったのもあってか、 今までは福士蒼汰さんの演技を拝見しても、あまりピンとは来なかったんですが(失礼)… 初めて「良いな」って思えたのが、2020年秋クールに放送された「DIVER」だったんですよね。 しかし、今回の内容を見ると、本作が一番の代表作となりそうです。 これからしばらく、本作での福士蒼汰さんの演技が味わえるのか!と 嬉しくなってしまう回でした。 福士さん演じる有功の話す言葉は京言葉。 これがまた、終盤のシーンとのギャップで、見応えが増してくるんですよねぇ。 京言葉だからもちろん、柔和で育ちの良さそうな印象を持たせるんですが、 それを清涼でキリッとした…

  • 星降る夜に 1話 感想|美男美女ではカバーし切れない「運命の出会い」

    テレビから流れる音は劇伴のみで、環境音や 一星(北村匠海)から見た鈴(吉高由里子)の独り言、2人のやりとりなどは 数秒間無音の処理をするという、「おや?」とちょっと目を引くアバンから始まった初回。 その時の夜空が、CGで付け足したんじゃないかと思えるくらい星で埋め尽くされていた上に、 画面いっぱいに映されていたので、 一星がどんな人かを映像だけで分からせるのも含めて、 ああこれは、視聴後に余韻が残る良い作品になりそう…と期待が持てたんですが。 話が進んでいくごとに、"美しさ"の魔法にかけられただけだったのか…と 目が覚めるような内容になってしまっていた気がします。 肝心の「運命の出会い」ですが…

  • 罠の戦争 1話 感想|待ってました!今までの戦争シリーズよりウケが良さそう。

    戦争シリーズと言われている「銭の戦争」と「嘘の戦争」は当時視聴済みですが… 内容はもうあんまり覚えておらず。 ただ、初回は確かどちらも、完膚なきまでに打ちのめされてから復讐を決意するという、 いわゆる"どん底から這い上がる"主人公の様子を描くのに重きを置いていた気がするので、 早速仲間と結託して、スッキリする展開を2回も盛り込んだのは意外でした。 テンポが速かったのもあって、暗くて残酷な内容が苦手で脱落してきた視聴者も 本作なら受け入れやすいんじゃないでしょうか。 亨(草彅剛)の命の恩人である犬飼(本田博太郎)。 「唯一手を差し伸べてくれた」と言っていたように、通常の復讐ドラマだったら、 当時…

  • ブラッシュアップライフ 2話 感想|2週目の人生を送って気づけたこと

    次回予告で分かっていた事ですけど…時の流れが、は…早い! 子供時代のエピソードは、するすると流れるように終わってしまいました。 前回の感想で書きそびれていたんですが、 設定自体は違うものの、人生2週目が故に 周りの動向を熟知して行動を慎重にとっている辺りに、 ちょっとだけ「SPY×FAMILY」のアーニャっぽさを感じていて(笑) 大人にバレないようにどうやって動いていくのか…のドキドキ感を味わいながら 見ていた部分もあったので、 あっという間に成人姿になったのには、寂しさもあったんですよねぇ。 高校時代も大学時代もどんな風に徳を積んでいったのかを、もっと見ていたかったです。 まぁでも…子供自体…

  • Get Ready! 2話 感想|理事長の理想論に騙されてるだけだよね…。

    初っ端からスイーツだの、警視庁だの、病院だの、占い師だの… あ"〜〜…もう蛇足が多過ぎてしょうがないです。 描かなくても成立するエピソードを、なぜ盛り込もうとするんでしょうかね。 まるで"ノルマ"かのように、各々の出番を無理やりにでも作ろうとするから、 描かざるを得ない…という状態に陥ってしまうんじゃないんですか? スイーツのくだりは百歩譲って、恐らく最終回付近で患者として運ばれる事になるであろう 嶋崎(當真あみ)の過程があるのでまだ良いとしても、 警視庁と病院、占い師のシーンは毎回必要なの?と思えてなりません。 もうちょっと情報の取捨選択を出来ないもんなのでしょうか。 というサブエピソードの…

  • 大病院占拠 1話 感想|青鬼は…まぁ分かるよね(笑)

    期待値をすっっっごい低く設定していたからなのか… 意外と悪くなかったかも…というのが、初回を見ての一番の感想。 いや、面白く見られたかも?(笑) タイトルの通り、大病院が占拠されていく様子が描かれていっているのもあって、 本作の作りは、大枠で言えば「ワンシチュエーションドラマ」にはなるんですよね。 スタッフが関わっているだけに、設定や演出の所々に 「ボイス」「レッドアイズ」がチラついたり、 意図的に隠しているようなあざとい見せ方はあれど、 その作りになっていたのが功を奏していたのかもしれません。 お陰で、登場人物の動向に焦点が当たり、 「武装集団vs主人公側」という対立構造で魅せる物語である事…

  • 100万回 言えばよかった 1話 感想|サスペンス部分に興味津々

    恋愛要素はもちろん、サスペンスもあり、コメディもあり…で 一言ではジャンルを括れないような、何だか不思議な内容でしたね。 そのお陰か、いろんな作品を思い浮かべながら見ておりました。 恋愛とサスペンスの融合で、切ない雰囲気を醸し出させる作りは「最愛」を。 幽霊が絡んだ設定とコメディ繋がりで「あのときキスしておけば」を。 佐藤健さんが料理人の役で「天皇の料理番」を。 看病のシーンや交差点のシーンで、少しキュンとさせるような 格好良い姿を見せてきた所は「恋はつづくよどこまでも」を彷彿とさせます。 …ってまぁ、後半に関しては、佐藤健さんってそう言えば TBS作品のご出演が多いよなぁ…と考えていて出てき…

  • 忍者に結婚は難しい 2話 感想|忍者要素が1割程度になってる感。

    公式サイトのイントロダクションの一部を抜粋すると、 「『ロミオとジュリエット』をもほうふつとさせる」とは書かれていて、 劇中でも触れられてはいるんですけど… 本作、その関係にすらなれていないように見えるんですよねぇ。 ドラマ上で時々描かれる「ロミオとジュリエット」みたいな関係性は、 本来、お互いが愛し合っていて、もっと近づきたいと思いながらも、 自身と相手の身分の違い、自身の生まれ育った環境が恋愛の"足枷"となって すれ違いが起こってしまう事から生まれる切なさを表現するものだと思っていて。 禁断の恋だと分かっていながらも、それでも大切な人を愛する気持ちを優先する 直向きさも描かれて、初めてこの…

  • 警視庁アウトサイダー 2話 感想|笑いをとるか切なさをとるか、どっちかにして!

    前回よりも、光輔(濱田岳)の縦軸に関する若干減った… いや、むしろ、細切れにして分散させていた代わりに、 今度は小ネタでさらに充満した内容に…といった所でしょうか。 正直、話にメリハリをつけるための、花を添える程度の小ネタではなく、 もはや小ネタのための内容になっている感が否めません。 特に前半部分なんかは、10秒間に一度のペースと言っても良いくらい盛り込んでいて、 その分肝心の事件パートの進展はおざなりになっていたもんですから… なんのドラマを見ているのかが分かりにくければ、 内容が頭に入ってこなくてしょうがないんです。 手がけられている作品のジャンルが仮にコメディであれば、好き嫌いはあれど…

  • リバーサルオーケストラ 1話 感想|"敵"がどう描かれるか次第…かな?

    はっきりしろ!とツッコまれるかもしれませんが… 正直、面白かった訳でも微妙だった訳でもなく、 「分からない」というのが、初回を見ての感想です。 というのも、良かった所もこれはどうなの…?って所も、どっちも感じたから。 まず、前者について具体的に書くとするなら… もう音楽の道には行かないと決めていた主人公が 児玉交響楽団に加入するまでを描く上で欠かせない「なぜ第一線を退いたのか?」を、 思わせぶりな描写も、回想を何度も映しての情報の小出しもせず 初回から惜しみなく明かしてくれたのには、潔さがありました。 この手の題材なら特に、初回は主人公の心情変化にフォーカスを当てて描く事が 大事だと思っていま…

  • 大奥(2023) 1話 感想|中島裕翔くんも冨永愛さんも出番終了!?

    TBS版も劇場版も未視聴。 フジテレビ版は…連続ドラマは再放送でチラッと見かけたくらいで、 ガッツリ見たのは、2019年放送のSPドラマ「大奥 最終章」だけかな。 (みかんと謎挿入歌の印象が強いんですけど…w) つまり、フジテレビ版の「大奥」しかまともに知りません。 なので…男女逆転物語というのは事前に情報入手していたものの、 私が記憶していた「女性同士の争い」「ドロドロ愛憎劇」とは かなり違う話が展開されていて、 一体どっちが原作準拠なの!?と、ちょっと動揺してしまいました(笑) まぁ…局の傾向的には、重きを置く所がそれぞれで違っていた…って感じなんでしょう。 本作の世間の評判を見る限りは、…

  • 女神の教室〜リーガル青春白書〜 1話 感想|大学院の学生の割には…

    う〜〜〜〜〜ん…………いろいろと薄いかなぁ。 初回を見た感じだと、この言葉しかぱっと浮かんできません。 まぁでも、それだと感想にならないので、もう少し付け足しますが… 何と言っても、登場人物がみんな 「〇〇はこんな人で、こんな設定で〜」という、 プロットで描いたキャラ設定の域を出ていない気がするんですよね。 ステレオタイプ…と例えた方がもっと伝わりやすいんでしょうか。 例えば、ツンケンした態度をとるエリート風の学生だったり、 逆に、勉強についていけなくて劣等感を感じている学生だったり、 真面目に物事に取り組む学生だったり、裏表のある学生だったり。 訳あり学生を描く上で、いかにも"定番"なキャラ…

  • ブラッシュアップライフ 1話 感想|ユルさの中にも鮮やかな伏線回収

    1/5放送の木曜ドラマ2本から始まった今期。 金曜、土曜、そして日曜の前時間と、初回を一通り見終えて、 正直微妙…か、良い感じだけど毎回感想を書くほどでもないかも…が続いた中、 面白いどころか、週に一度の楽しみと言っても過言ではない作品にやっと出会えました。 それが本作です。 根本的にはタイムリープもの。 定期的に生み出されているので、このジャンル自体には特に真新しさはありませんが、 本作の場合は"ちょっとだけ新しい"のがポイントです。 例えば、タイムリープものであるあるの、今までの人生に後悔を覚えたり、 選択を誤って予期しない事態(死)を招いたり… といった悲壮感を漂わせながら物語が始まるの…

  • Get Ready! 1話 感想|途中で脱落した人が多いんじゃなかろうか…

    初回が終わった今、これから書く事も後出しじゃんけんに思われるかもしれませんが… 視聴前の本音を書き残しておきます。 (主観でしかないので、感想だけを読みたいという方は こちら をクリックして下さいませ…) 「視聴リスト&期待度」にも掲載した通り、 私、本作の期待度を星★3つにして、しかも期待度ランキングでは5位と 割と上位に設定していたんですね。 でも正直、柄にもないなぁ…とも思っていて、 それも、脚本家が複数体制である事、脚本家の過去作品がどこも弱い事、 そして、謎の仮面をつけた闇医者チームという設定で、去年放送された「インビジブル」の モンキーズとか宣教師とかいった"ダサさ"を彷彿とさせた…

  • 忍者に結婚は難しい 1話 感想|悟郎に結婚は難しい…では?

    今期の木曜ドラマはどちらもコメディ。 前時間の「警視庁アウトサイダー」は情報を詰め込み過ぎでしたけど… こちらは間延びしていたのかなぁと。 基本は「夫婦生活あるある」が描かれていくので、物語が動き出すのは26分過ぎ。 でも、こんな依頼が来ましたよっていうのを先見せしただけで、 本作もとい原作の面白味である 「裏の顔は忍者(の末裔)」という設定を使ってのエピソードは 放送終了約10分前になってからようやく描かれるという遅さ。 泥棒一家と警察一家の禁断の恋愛を描いた「ルパンの娘」原作者の最新作である事。 裏の顔は伊賀忍者と甲賀忍者の末裔で、それをお互いに隠しながら生活している事。 そして、2人に特…

  • 警視庁アウトサイダー 1話 感想|木村ひさしワールドと縦軸でごった煮状態…

    初回なので、はっきり申し上げますと… 私、木村ひさしさんの演出は苦手なんですね。 勧善懲悪のストーリーにするために、露骨に強調された悪役と 顔芸のオンパレードばかりの演出を盛り込む日曜劇場とは違うベクトルで、 ちょいちょい挟み込まれる小ネタや効果音、カメラワークの過度な切り替えで 胃もたれする…と言いますか。(好んで見ている方はごめんなさい…ですが(汗)) 小ネタは小ネタでも、本筋に関係のないプロレスネタや地下アイドルネタが もはや"定番"になっているので、それらが物語への没入感を削いでしまっている事に 毎度モヤモヤするんですよねぇ。 ただ、これでも、過去作品を挙げるとすれば、 「99.9」と…

  • 2023年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度

    こんにちは、りんころです! 毎度おなじみ、視聴予定の冬ドラマを紹介する…のが遅過ぎて、 気づけば、新ドラマスタート日の前日の投稿になってしまいました(汗) 大変お待たせいたしました。(待っていて下さったら嬉しいですが…!) 1/3時点で発表されている冬ドラマを 「◉毎回書く可能性の高いドラマ」 「○大きく外さなければorスケジュール次第では毎回書くドラマ」 「△初回だけしか書かないor内容次第では初回も書かない可能性のあるドラマ」 「×視聴する予定のないドラマ」 の4種類(優先度)に分けて紹介していこうと思います。 ※ちなみに、初回も放送されていない段階で決めているので、あくまでも"予定"です…

  • 2023年 あけましておめでとうございます!

    あけましておめでとうございます! 昨年は当ブログをご愛読下さり、誠にありがとうございました。 相変わらずの超マイペースブログではありますが(苦笑) ご訪問はもちろん、コメントやスターをいただけたからこそ、 ゆっくりとでも、ここまで続けてこれたような気がします。 昨今の連続ドラマは、地上波だけでなく、 BSや地方局、ネット配信も含めると軽く100本を超えます。 私が感想を書き始めた約5年前から考えると、 もうとんでもない数のドラマが放送されています(笑) そして、性別や年代、職業といった個人情報がより収集しやすくなった 「個人視聴率」の導入が2020年3月から行われた事により、 枠ごとの"カラー…

  • 自転車屋さんの高橋くん 8話(最終回) 感想|バナナで繋がっていた2人

    最終回にして初登場の朋子の父・志朗(近江谷太朗)。 3話の感想で「誰からも愛される良い子でいなさい」といつも言っていた件について、 ある種の"縛り"のようにも思えた事から、罪な人だなぁ…と書いていたんですが、 実際の父はTシャツの通り「LOSER」でしたね…(苦笑) あたかも熱心に育ててやった風の言い方でしたが、朋子(内田理央)が小さい時に 親権を手放した以上は、もう口出しする権利はない訳で。 なぜ離婚したかは、拓郎の態度で一目瞭然でしょう。 今は彼に賛同している様子の再婚相手も、そのうちストレスが積もり積もって 離婚を申し出る時が来るんでしょうねぇ…。 それで、あのエピソードで1つ何となくで…

  • エルピスー希望、あるいは災いー 10話(最終回) 感想|一筋の光を信じるという気持ち

    リアルの見せ方も、ファンタジーの見せ方も どちらも"ちょうど良い"所に収まった最終回だったなぁ…と思います。 恵那(長澤まさみ)が逮捕させて欲しいと言っていた本城(永山瑛太)が 本当に逮捕されたのかどうかも不明であれば、 正一(鈴木亮平)が政界に入った事で、彼の活躍が恵那にとっては "希望"か"災い"になるのかどうかも濁されたままですし。 大門(山路和弘)も残念ながら、 マスコミに追われ続ける日々を送っているだけで、失脚はしていない。 そして…恵那の切ったカードが、何か世界や内閣に変革をもたらした訳でもない。 本作の大元となっている松本(片岡正二郎)の冤罪は無事に晴れたものの… 確かに、随所に…

  • 【個人の意見です】ボクらの時代の"あの回"を見て、思った事を吐き出してみた。

    最終回も見終えて…つい最近SNSで物議を醸していた 「silent」の脚本家・生方美久さんと演出家・風間太樹さん、プロデューサー・村瀬健さんが 出演された回の「ボクらの時代」をやっとこさ見ました。 まず、結論から言ってしまえば… 生方さんが「日本語が分かる人に見て欲しい」と仰りたくなったのも まぁ分かるかな…というのが、全体を見ての感想です。 むしろ私としては、想像していたよりも、 その発言に至るまでにちゃんと"理由"があったのを知る事が出来て、安心もしたのです。 というのも、生方さんは「海外の人は日本語が母国語じゃないから、日本の作品を楽しめない」 みたいに、別に差別意識を持ってあの発言をさ…

  • 自転車屋さんの高橋くん 7話 感想|2人の関係性に点滅信号が?

    祖母・清子(大澤洋子)と山本(瀬口黎弥)のエピソード… 30代手前か30歳の子供に対して、両親が結婚を望む話は何度も見てきたけれども、 おばあちゃんが…っていうのは珍しいですね。 おばあちゃんの立ち位置からしたら、 孫がすくすくと育っているだけで十分微笑ましいはずなのに。 まぁ、孫が可愛いからが故の思いやりなんでしょうけど。 でもねぇ…「両親」じゃなくて「おばあちゃん」から言われるからこそ 中々しんどいものがあって、 実家を出るまでずっと一緒に住んでいたのか、 両親どちらかの実家に遊びに行く時だけ会っていたのかは分かりませんが、 教育も学費も将来の事も何もかも面倒を見てくれていた両親と違って、…

  • 作りたい女と食べたい女 10話(最終回) 感想|2人でいる理由など何もない

    多分原作通りなんでしょうけどね… 紅白を放送しているテレビ局のドラマで、 紅白の勝敗が決まる前にリモコンで消すシーンが描かれたのにはちょっと笑っちゃいました。 それ、良いんだ!って(笑) でも、大切な人と過ごすと「なんだかんだ」もすっかり忘れてしまうほど 幸福感に包まれる…というのを象徴した、意味のあるシーンだったと思います。 おかずを1個ずつシェアしたり、車のラジオのボリュームを上げたりと、 春日さん(西野恵未)といると素でいられる心地良さを 徐々に行動で伝え始めている野本さん(比嘉愛未)の変化と、 初めて「春日さんから見た野本さん」がモノローグ越しで描かれた最終回。 最終回だからと言って、…

  • エルピスー希望、あるいは災いー 9話 感想|実質、村井主人公回。

    以前から好感度を上げてきた村井(岡部たかし)ですが… 今回はもはや、彼が主人公と言ってもおかしくない回でしたね。 存在感が強過ぎて、ラストシーンも含めて2人の印象があまり残っておりません(笑) というのも、理由はあって… 最終回前になると、最終回で劇的に盛り上げるために あえて一旦「嵐の前の静けさ」状態にした結果、内容そのものの見応えよりも、 次へと繋げるための引き延ばし感が強まってしまうのがあるあるだと思うんですが、 本作の今回の内容にもそれを感じさせてしまったんですよね。 いや、言葉通り「瞬殺で一撃しなければ反撃される」現実を描きたかったのは分かるし、 拓朗(眞栄田敦郷)に関しては、村井や…

  • PICU 小児集中治療室 11話(最終回) 感想|何もかも欲張り過ぎ…に尽きる。

    あれだけ引っ張った割に、圭吾(柊木陽太)…最後にはあっという間に元気になってましたね。 本来30分拡大で想定していたのが、急遽予定が変更になって 通常時間内に収めなければならなくなった結果、急いで巻きが入った感が凄い。 手術から回復までの間がなさ過ぎて、一瞬、もしもの世界かと思えてしまいましたよ…(汗) っていうか、そこまでやるんだったら、 どうせなら優里(稲垣来泉)と教会で再会するシーンを盛り込んでも良かったような。 あえてそういった"ゴール"を設けなかったのは、 続編を作りたいから…という意図もあるんでしょうけども、 それにしても、消化不良で終わってしまった気がします。 「今期ナンバーワン…

  • silent 10話 感想|好きでいればいるほど辛い

    ※今回の感想を執筆するのに4時間程度かかったくらいには(遅筆過ぎる!^^;) 文章がめちゃめちゃ長いです。 そして、絶賛ばかりの感想ではございません。 良い所だけをご覧になりたい方は、こちら をクリックして下さいませm(_ _)m 初めにおことわりさせていただくと…本作は今期の作品群の中では ずば抜けて"愛しい"作品です。 そして、これはただの個人的な見解でしかないので、 読者の皆様にとってはどうでも良い事かもしれませんが、 現段階では、初回から変わらず本作を「名作入り」にするつもりでいますし、 今年見てきたドラマにおいて、唯一の名作だとも思っています。 しかし…それを踏まえた上で、今回の内容…

  • 作りたい女と食べたい女 8・9話 感想|もう"答え"は見えた模様。

    8話 体調不良で寝込む事になってしまった野本さん(比嘉愛未)。 このシチュエーションは2話でもあった訳ですが、 同じような話を再び描く事にちゃんと意味を持たせているんですよね。 春日さん(西野恵未)に対して、 当時は"何となく"良いなぁと感じていたものが"確信"に変わる… 今回は、そんな野本さんの「こうありたい」という決心を、 回想も絡めながらゆっくり描かれた内容になっていた気がします。 第2週までの頃は、特に予習していなかった分 同性愛が絡む話になると思って見ていなかったので、ちょっと動揺してしまったんですが。 第3週かつ最終章(?)のスタート回でもある今回の内容を見る限りは、 あくまでも「…

  • PICU 小児集中治療室 10話 感想|ラストはフジ医療ドラマあるあるの展開に?

    今まで以上に、武四郎(吉沢亮)・悠太(高杉真宙)・桃子(生田絵梨花)・舞(菅野梨央) による、幼馴染の間にある根強い絆や友情が描かれた今回。 当時武四郎に助けられた悠太だからこそ言える「俺だけは、お前に絶対に気づくべきだった」 といった台詞があったように、 本作って、ドラマを魅せる上で重要だと考えている"人間"や"人間模様"の描写に関しては、 合格点を余裕で突破するくらいにはよく出来ているのです。 山田先生(イッセー尾形)のささやかな鼓舞も、純粋に胸を打たれましたしね。 ただ、それだけに、今回の内容を見ていて思うのは… 最初から4人の青春群像劇をテーマにした作品にしておけば、 PICUが出来る…

  • 自転車屋さんの高橋くん 6話 感想|ちょっとだけ変われた山本に救われる

    まさか、山本(瀬口黎弥)があんな形でナイスアシストしてくれるとは思わなんだ。 前回の、同僚の遅刻の件で一刀両断する朋子(内田理央)の様子を 目の当たりにする姿が記憶に残っていて、 これを機に彼も変わり始めていくのかもしれないな…とは読めてはいたけれども、 そこで得た"気づき"を、しかも「輩」呼ばわりした事にも触れながら 行動ではっきり示してくれたのには、グッとくるものがありました。 でも、相手にとっては「え?」と思われているのを自覚していない所は 相変わらずって感じでもあり(笑) 見違えるほど変わったんじゃなくて、ちょっとだけ変わった… この変にドラマチックにしないさじ加減が良いんですよねぇ。 朋子の言葉「大切にすべきなのは、世間や周りの目じゃなくて、自分の気持ちなんだって」 を聞いて、顔を逸らして少し気まずそうにする山本も印象的。 自分がいかに世間に囚われながら生活しているかハッとさせられて、反省して、 また成長していくんでしょうね。

  • 拾われた男 10話(最終回) 感想|待って、お兄ちゃん!

    武志(草彅剛)の言う「ごめん。ごめん。」の言葉に、うっかり涙が…。 15年ぶりに再会した両親を前にしたからなのか、 少年っぽいあどけなさが凄い滲み出ていたんですもん。 やっぱり、両親がそばにいると、その温もりが心地良く感じられて いつの間にか子供に戻ってしまうものなんですね…。 武志が帰国して、あの桜の木の下で家族で太巻きを食べて… そんな昔からの風習を通して、子供の頃から抱えていた「やっぱり苦手やわ。あの空気」を 再び思い出す諭(仲野太賀)の気持ちの変化も印象的でした。 "昔みたいな"事をまた経験したからこそ、あのラストに繋がったのかもしれませんね。 駅の構造だけでなく、ホームもフルに活かし…

  • エルピスー希望、あるいは災いー 8話 感想|サブタイトルの真意が分かった気がする…

    「現実的だと思ってる」 まさかまさかの…です。恵那(長澤まさみ)からこの言葉を聞きたくなかったですね。 テレビを見ながら思わず「うわぁ…」って言っちゃいましたよ。 私たちには番組を守る責任があるので…って感じで一歩引いて、 自分と相手とで境界線を分けるような淡々とした喋り方が 滝川(三浦貴大)から移ってしまっているのが伝わってくる辺り、 彼女はとうとう、忖度が蔓延る世界に飲み込まれてしまったのだというのが このシーンから分かります。 前回の彼女の描写的に、そうなるのも時間の問題じゃないかとは察していましたが… それでもかなりの衝撃を受けました。 かつての恵那の暴走にしろ、今回の、揺るがぬ証拠を…

  • アトムの童 9話(最終回) 感想|宮沢ファミリーオフィスとは何だったのか。

    ええぇ…何のための10分拡大?? 小山田(皆川猿時)と海(岸井ゆきの)による鬼ごっこや、 ステージを全てクリアした後に流れる エンドロールっぽい長尺回想(しかもなぜか公哉の出番はカット…)に 時間を割いている暇があったら、 小山田がその後どんな処分を下されたのかとか、 明らかに裏で手を回していた堂島(西田尚美)と宮沢(麻生祐未)を逮捕するとか、 「ゲームの可能性に負けた側」の悪役をきっちり成敗する描写をしてよぉ…(滝汗) 那由他(山﨑賢人)が力説していた「ゲームで人を夢中にさせたい」事と、 SAGASのゲーム事業を残したい事は、買収を目的としている株主総会では 同意義にはならない気がするのに、…

  • 作りたい女と食べたい女 6・7話 感想|居心地の良さを感じる正体は…

    6話 「食べたい」気持ちを家族に理解してもらえなかった 春日さん(西野恵未)の過去に付随して、 「作りたい」好奇心が「家庭的で凄い」の色眼鏡で見られてしまう 野本さん(比嘉愛未)の苦しみも描かれた、 2人の根本にある"生きづらさ"に焦点を当てた回になっていました。 春日さんが今では同じものをいっぱい食べる件については、1話の感想でも触れたように、 きっと家で食べている方が自分らしくいられて楽なんだろうな…とは思っていましたが、 家庭内での料理の盛り付けで格差をつけられてしまう事がきっかけだったんですね。 「男性はこう、女性はこうであるべき」みたいな、一昔前の価値観の押し付けを 結婚観とか仕事観…

  • 作りたい女と食べたい女 4・5話 感想|好奇心がちょっとずつ増える日々

    4話 春日さん(西野恵未)といると本当に素の自分でいられるんだろうな〜…っていうのが 野本さん(比嘉愛未)の様子から伝わってきますね。 何か珍しいものを見かけるたび「ねぇねぇ!」って感じで 反応する所なんかは、子供みたいに無邪気で可愛いです(笑) かぼちゃのプリンも美味しそうでしたねぇ…。 メロンの果肉をくり抜いたメロンクリームソーダとか、 さつまいもをまるごと使ったスイートポテトとか、 素材をそのまま活かした食べ物を見ると、ワクワクしてくるものなんですよ。 だから、今回はいつも以上に視覚でも楽しめました。 そして…プリンを作れないかと思いついたのは春日さんの方ですけど、 ジャンボなかぼちゃは…

  • silent 9話 感想|なんて温かい雪解けか…

    感想が溜まっている上に、投稿も遅過ぎるので、 すみません、(もはや雑感に近い)超簡単感想で失礼します…(汗) たくさんの笑顔が見られた、多幸感溢れる回でした。 実家から戻ってきてからは、心なしか、 想(目黒蓮)が無邪気な笑顔を見せる頻度が多くなった気がしましたし、 律子(篠原涼子)に関しては、今まではたった一瞬の動作の間や表情から 世間に縛られているような窮屈さを感じさせていた分、 やっと心から笑えた様子を見てホッとさせられてしまいました。 律子の手話は、周りよりも声が気持ち大きめなんですよね。 単語1つ1つをハキハキと、かつ感情を込めて話していた辺りに、 想と話したくて仕方なかったんだろうな…

  • ザ・トラベルナース 8話(最終回) 感想|本当にトラベルしちゃった。

    初回ぶりの静(中井貴一)の広島弁を聞いた時、 そうそうこれこれ!って嬉しくなっちゃいましたよ。 当初は広島弁と「必殺仕事人」的なお仕置きが 毎回の"お約束"になると思っていたんですよねぇ…。 なのに…まぁ、2話と4話に関しては違う気持ち良さがあったし、 意表を突く面白さもあったけれど、 回を重ねるごとに「ナースとして真っ当な仕事をする」事での痛快さは薄まってしまった上に、 登場人物が豪華キャスト揃いだったためか、 歩(岡田将生)との愉快なやり取りも減ってしまって。 おまけに、前回の感想でも書いた通り、太郎(泉澤祐希)の調子っこいい所は 変わらないのを筆頭に、異風の2人がやってきても病院全体の意…

  • 自転車屋さんの高橋くん 4・5話 感想|遼平くん、パン子を頼むぞ!

    4話「パン子、遼平に電話をする」 劇中でも言われていましたが、 朋子(内田理央)、確実に遼平(鈴木伸之)の影響を受けて行ってますねぇ…。 分かりやすいのがちょっと可愛い(笑) まぁでも、貴美子(長井短)が職場を離れてしまうのを日に日に実感し、 「1人で何とかしなくちゃ!」という引き締まった気持ちがあっての あの無意識の言動だったんでしょうねぇ。 遼平を「輩」呼ばわりする山本(瀬口黎弥)のシーンが描かれた分、 同じ第一印象でも、「イケメンじゃん」が先行する貴美子の優しさが沁みます。 前回の感想でも書きましたが、やっぱり、周りに囚われない 自分の考えをしっかり持っている所は、遼平と似ていますね。 …

  • 拾われた男 9話 感想|家族の想いを「六甲おろし」に乗せて

    なるほど…晴子(末成映薫)が再会を心待ちにするほど 武志(草彅剛)がおばあちゃん子だったのにも、ちゃんと理由があったんですね。 おばあちゃん世代だと同性愛を理解するのが難しい人が多そうな分、 晴子が視野の広い人だったのは珍しいです。 「自分が生きやすい人と生きやすい場所で生きてったらええ」 その言葉が当時小さかった武志を突き動かし、 アメリカで生活すると決めたきっかけになったのかもしれない。 そして、ビザが切れて不法滞在扱いになってしまった事は不本意ながらも、 きっと本人はそこに居心地の良さを感じていたのだろうなぁと… そんな風に思わせるエピソードでした。 小さい頃の思い出は、松戸家にも根付い…

  • silent 8話 感想|ただ一緒にいたいだけ

    学生時代の奈々(夏帆)が眩しい。 「ありがとうございます」といつも自筆で返す姿は健気で、 会うたびあんなに純粋な笑顔を向けられたら、 そりゃあ正輝(風間俊介)も惚れるに決まってるよなぁ…と。 なのに、正輝に恋をして、距離が縮まっていってからはその笑顔も消えてしまった。 前々回での、レジュメに想(目黒蓮)と2人で書き込みながら会話するくだり、 そして前回で「話し相手が欲しかった」と想に本音をぶつけていたシーンが描かれていた分、 1人でどこか孤独な想いを抱えて過ごしている所に、相手が心を開いて近づいてきてくれた喜びは 奈々からしたらこんな感じだったのだろうな…というのが 今回の過去エピソードを通し…

  • エルピスー希望、あるいは災いー 7話 感想|「自分は周りとは違う」という心理

    3話の刑事・平川(安井順平)が再登場。 拓朗(眞栄田郷敦)に協力を申し出てくれたので、どういう風の吹き回し?と思ったら… まぁ〜〜嫌味な男性に描かれていましたね。 組織が一度でも不正を起こせば崩れるという事も、 聞かない考えない話さないの思考停止の日々を送り続けていた事も自覚しつつ、 本人はあくまでも自己保身に走る。 おまけに、開き直って偉そうな態度をとる。 でも、分かっちゃうんですよね…組織の中にいながら 「自分は周りとは違う」「自分は正しい」と思い込みたい心理って。 誰しも長い事生きていれば、 そうやって自分を正当化して逃れようとしてきた経験があるかもしれない。 そして…今回は第3章スター…

  • PICU 小児集中治療室 9話 感想|死は待つという事を知らない

    帰宅して、自宅介護に本格的に取り組み始めるカットを見せてからの 南(大竹しのぶ)のナレ死… 最初はあっけないとは思ったけれども、でも、死は突然やって来るもので、 大切な人のために待つという事を知らないものなのだと考えれば、 その展開にしたのも納得行く気がしましたね。 また、南の病気については以前からずっと描かれてきたのもあって、 今回はタイトル通り「PICUで働く主人公」のエピソードはお預けして、 彼女を看取るまでで1話分まるまる使うんだろうなぁと覚悟していた部分もあったので。 自覚介護が始まって、数日後に死に際のベッドで南が武四郎(吉沢亮)に 最後のメッセージを贈るという、いかにも"ドラマら…

  • アトムの童 8話 感想|ゲーム開発の話を見たいだけなのに

    いかんいかん、某ドラマの感想のサブタイトルにつけていた 「何の話だ?」をまたつけそうになってしまった…(苦笑) それくらい、プロットに連続性が全くないと言っても良いでしょう。 当初は、倒産の危機に遭いそうなアトム玩具が、那由他(山﨑賢人)とタッグを組んで、 大手企業となった宿敵・SAGASもとい興津(オダギリジョー)をあっと言わせる 「ワクワクするような」ゲームを開発する…という話で進んでいたはずなんですけど。 最終章に突入した今では、ゲームの"ガワ"だけを借りた経済ドラマもどきの作りへと すっかり変わり果ててしまっています。 ゲームの頃にはあまりやってこなかった解説が 株主総会に関するワード…

  • PICU 小児集中治療室 8話 感想|大切な人の命を看取るということ

    圭吾(柊木陽太)の容体の悪化に、 事故で新しく運ばれてきた大輝(森島律斗)と光(寺嶋眞秀)の件に、 まだ治療に向き合い切れていない南(大竹しのぶ)に…と、 再び盛り沢山な内容だった今回。 いつもだったら、どれか1つをメインにすれば散漫にならずに済んだのに…とか、 南のエピソードはPICUの話ではないのだから…とかツッコみたくなるもんですが、 今回に関しては、患者や患者家族、主人公家族を絡めながら "死"を意味する「終末期」と"生"を意味する「奇跡」で対比をとるような構成になっていたし。 また、複数のエピソードを重ねていった結果、武四郎の成長物語に厚みを持たせ、 差し迫る現実の中で、彼が大きな決…

  • 作りたい女と食べたい女 2・3話 感想|餃子にはご飯でしょ〜

    2話 初回の感想でも触れていたけれども、春日(西野恵未)ってやっぱり、 一緒にいてくれるだけで安心感があるんですよねぇ。 おまけに、気配り出来るし、薬の瓶やらプリンやら+αもいろいろ用意してくれるし… 女性同士だから、言いにくい事も相談しやすい。 今の野本(比嘉愛未)にとって"いて欲しい存在"だというのがよく分かる、 彼女の魅力が光る回でした。 食べてくれる相手が見つかってからは、デカ盛り料理を作る日々。 初回で綺麗に収まった自分のためのご飯を見ていた分、 ミートボール盛り盛り!卵4個米8合!ご飯こんもり!といった 見た目も材料も規格外で、良い意味で非現実的な料理が続いているのを見ると、 ああ…

  • ザ・トラベルナース 7話 感想|礼くんがどうしても叶えたかった夢

    今回の脚本、中園ミホさんだったんですね…。 女性の本音や、女性同士のバチバチを描いていた前回の内容を描いた方と 同じとは思えないくらい、普通〜にハートフルなお話でした。 ただ、エピソード自体は悪くなかったんですけど、 見ていてちょっと気になったのは、「看護師が無茶を通す」点では 2話の孤独のグルメ回と共通しているのかな?という事。 あの時は確か、脳梗塞になったばかりの患者に固形食を食べさせての治療法に 最初は反対していた歩(岡田将生)だったのが、 静(中井貴一)の真意を知って、やがて医者と協力するまでの過程が描かれていたんですが… それを考えると今回の内容も、 "看護師の本来の仕事"を通して魅…

  • 親愛なる僕へ殺意をこめて 9話(最終回) 感想|綺麗にまとまったけど納得は行く。

    なるほど…な最終回。 よく取り上げられていた"裏表"に因んで例えるなら、 表のテーマは「真相探し」である一方で、裏のテーマは「痛み」だった訳ですね。 京花(門脇麦)は幼少期に、虐待や差別で得た痛みを 受け止めてくれるような存在をずっと探し求めていたし、 エイジ(山田涼介)も同じく、「殺人鬼LLの息子」というレッテルを貼られ続けて出来た傷を 誰かに癒してもらいたかった。 亀一(遠藤憲一)は自分がこの世界に存在する意味を見出すために "痛み"を知ろうとする行為を止める事はなかったし、 乙(夏子)も家族に必要とされたくて、人に危害を加えていた。 で…ナミ(川栄李奈)は親友の死で、エイジに出会うまでは…

  • 作りたい女と食べたい女 1話 感想|「女」というだけで

    以前「王様のブランチ」の漫画コーナーで紹介されて、題材に興味を持ったものの、 結局読んでいないままだった原作が実写化されるとの事で、 視聴してみようと決めておりました。 「夜ドラ」枠の作品は、話数も多い上に毎日あるし、すぐ溜まっちゃうし… おまけに録画も被り被りで断念した作品が多かったんですが、 (視聴は「カナカナ」「星新一の不思議な不思議な短編ドラマ」のみ) 本作の場合は10話と短く、秋ドラマも終わりに差し掛かっている時期での放送だったのも 視聴理由に繋がったのかもしれません。 初回の内容は、2人が抱えている背景と、2人が出会うまでが描かれました。 基本的に日常に沿って物語が進んでいくので、…

  • 拾われた男 8話 感想|親子それぞれ遺伝してる!

    武志(草彅剛)、とんだ大嘘つきだった(笑) 調べたらすぐ分かるような嘘から、聞いただけでもあり得ないだろうと思う嘘まで… 次から次へと重ねていくあのシーンにはもう、じわじわとした笑いが止まりませんでしたよ…w 武志はアメリカの多くの人からは「ユーモアに溢れた人」「気さくな人」という イメージを持たれていた一方で、 幼い頃から共に過ごしてきた諭(仲野太賀)だけは彼を 「何を考えているのか分からない人」「翻弄させて困らせる人」だと捉えていた。 でもそれは、相手が今立たされている状況や年齢、 出会った時期によって与える印象が異なっているだけで、 彼は現在まで「相手を想って、突飛な発想・発言で喜ばせよ…

  • エルピスー希望、あるいは災いー 6話 感想|相克の関係。言い得て妙!

    「相克の関係」か…面白い事言うなぁ、正一(鈴木亮平)。 恵那(長澤まさみ)にとって、正一が手強い相手である事、 彼との色恋に溺れたら中々抜け出せないという事は以前でも語られていたけれども、 今回のあの冷静な声のトーンからは、 彼を俯瞰的に見る形で、あえて意識の外に追いやろうとしている ささやかな対抗心みたいなものを感じさせました。 一方で正一は、指輪という名の"呪い"で、恵那の滾る感情を一旦封じ込めようとはした。 でもそれは今の彼女には通用せず、自身の思惑に気づいていると察した上で 別れを切り出したんでしょう。 「俺とお前は、いつの間にか相克の関係にある。」 「生半可な情理などでそれは埋められ…

  • silent 7話 感想|紬の真っ直ぐさが2人をつなぐ

    今回は「想が声を出さない理由」と「想と奈々の関係性」にじっくり向き合う、 1つのターニングポイントを迎えるお話になっていました。 そして、核心へと迫る中、紬(川口春奈)は2人を取り持つ存在として描かれました。 紬はどこまでも真っ直ぐな人でしたねぇ…。 奈々(夏帆)に事前に用意してきた手話を伝えるシーンは、 世間の評判だと「身勝手」と思う方が多くいたらしいんですが、 私は特に嫌な気分にはなりませんでしたね。 奈々は想をずっと好きでいたけれども、想からしたら"彼女"ではないし、付き合ってもいない。 それは、「佐倉くん」と呼んでいる辺り、まだ正式な関係にはなれていない紬も同じで。 だから、この曖昧な…

  • アトムの童 7話 感想|興津、寝返るもまだ胡散臭い。

    社員も増え、以前の活気ある状態に戻れた「アトムの童」… あれ?私、1話分見逃してた??と思うくらいのペースの速さですね。 興津(オダギリジョー)が猫みたいにシャーっと吠えていた 前々回のラストが嘘のようです(苦笑) 裏切ったり寝返ったりの繰り返しに、「組織vs組織」の構図、 官僚・銀行・株主といった"お金""権力"にまつわる設定を盛り込んでのマネーゲーム的展開と、 回を重ねるごとにゲーム版「半沢直樹」になっている本作ですが、 (いや、もうゲームもアクセサリー代わりにしか使われていないかな…(汗)) 逆に大ヒット作の足跡を追う作風にすればするほど 作り手と視聴者の求めているものに大きなズレを生じ…

  • クロサギ(2022) 6話 感想|神志名の過去、ようやく明かされる。

    氷柱(黒島結菜)が裏バイトの実態を単独で調べる件に、警察との絡みに、 神志名(井之脇海)の過去に、桂木(三浦友和)との対立に、鷹宮(時任勇気)の本性に… とにかく、いろんな方面のエピソードを詰め込んできた前半。 お陰で、テンポが悪くなっている上に、 本作のメインが何なのかが霞んでしまっていますね。 「シロサギを喰う」部分なんて、仕切り直しと言わんばかりに CM明けの22:33分頃からようやく動き始めたくらいで… あまりの遅さに、エピソードをあちこち膨らませたために 黒崎(平野紫耀)の"クロサギ"らしい活躍を描くのを途中まで忘れていた事に気づいて、 慌てて描き始めたんじゃないか?とすら思えてしま…

  • ザ・トラベルナース 6話 感想|部長の為ではなく自分の為のストライキ

    女性同士による爆弾発言、大声で怒鳴り散らす愛川(寺島しのぶ)、 天乃(松平健)への「私の方が真面目に仕事やってます」マウント… 女性キャラを"強い女"に仕立てようとしている描写が、 いかにも中園ミホさんらしい作風だなぁって思います。 それだけに、肝心のナースたちのストライキ行為が、 自分たちの意見を貫き通すたくましさを見せる訳でも、言動の未熟さを反省する訳でもなく 中途半端で終わってしまったのが残念です。 愛川の退職を機に、菊子(安達祐実)を筆頭にナースがそれぞれ仕事を手分けするようになり、 くたくたになった所で「部長は何も言えないんじゃなくて、私たちがこうならないようにと 少しでも自分に負担…

  • 自転車屋さんの高橋くん 3話 感想|「ぷりちー」の破壊力

    ※3話(11/18放送分)の感想ですm(_ _)m 父からいつも言われる言葉「誰からも愛される良い子でいなさい」を 守り続けてきた子供時代かぁ…。 一回なら分かるけど、幼さ故に気持ちをまだ上手く言語化出来ない、 周りを観察して学んでいる段階で何度も言われるとなると、 そんなつもりはないと理解しつつも、お父さんも中々罪な人だなぁ…と思っちゃいますね。 「自分が跳び箱失敗して笑われたらどうしよう」じゃなくて 「先生が悪いって笑われたらどうしよう」という考えが 先に来ちゃうのが朋子(内田理央)らしいというか。 笑われた事でいずれ責めてきそうな先生も、いつも怒っている母親も、 子供の頃の朋子にとっては…

  • 親愛なる僕へ殺意をこめて 8話 感想|父さんが犯人でした!←それはそう

    かなりの急展開。 恐らくほとんどの視聴者が予想されていると踏んで、ネタバレしちゃいますけど… 登場人物が少ない以上、犯人が亀一(遠藤憲一)だという事実は揺らがないでしょうから、 残り2話で、犯人が彼だと想定し、有利な証拠を見つけるまでの過程を どう描いていくのかは最も気になる部分ではあったんですよね。 しかし、今回の内容を見ると…放送前から全9話である事が決まっていたにもかかわらず、 正直、間をちょっと端折り過ぎだったかな?感は否めません。 「なぜ亀一が犯人だと決めつけたのか?」については、京花の姉・白菱凜(工藤美桜)が 当時スナックで働いていた様子を撮った写真を店主が見せてくれたから、 そこ…

  • 拾われた男 7話 感想|兄も"拾われた男"だった…。

    "兄弟"をあらゆる角度から描いた回でしたね…。 いつも「一枚上手な兄に負ける」人生を送ってきた諭(仲野太賀)。 それは15年以来のアメリカでの再会でも健在でした。 脳卒中による後遺症、諭と同じく仲間に恵まれた人生、活躍する弟への想い、不法滞在… 自分の知らない兄の顔を一気に吸収しなければならない上に、 介護をしながら兄が遠のいて行くのを覚悟せざるを得ない状況に立たされる。 結局、武志(草彅剛)に追いつく事は一度もなさそうで…。 夢で見た自転車でのエピソードの挿入が、 武志との縁を切り、役者業が軌道に乗り出したからと言って、 「先に行こうとする兄」と「兄に追いつけない弟」の関係性は 一生涯揺らが…

  • エルピスー希望、あるいは災いー 5話 感想|巡り巡ってまた合流

    いや〜…第5話という折り返し地点で、思い切った構成になっていましたね。 今まで"勝ち組"のフリをしていた自分を断ち切るかのように、 ヒゲ面ボサボサ頭で別人になった拓朗(眞栄田郷敦)の物語から始まって。 甘くて心地の良い世界にどっぷり浸かりきった恵那(長澤まさみ)が 出口を見つけるまでの変化にも、正一(鈴木亮平)に潜む闇にも触れて。 最終的には、お互い心が離れていた恵那と拓朗の想いが 再び合致しようとしているまでを描いた今回。 起承転結の"転"から始まり"転"で終わる展開続きで、大変面白かったです。 で…前回の感想で「恵那も拓朗も本質的には同じ人間である」と書いた通り、 本作の登場人物を車で例え…

  • PICU 小児集中治療室 7話 感想|ネグレクト少女の扱いが勿体なかったかも?

    以前の感想でも触れたように、吉沢亮さんの目の演技って いつもこちら側に訴えかけてくるものがあるんですけど、今回は中々凄まじかったですね…。 もうそのために見ていると言っても過言ではないんです(笑) 特に印象に残ったのは、南(大竹しのぶ)から衝撃の事実が次々と語られた事、 「私は治療はしない」と独断していた事に対して、 目をかっ開いて食い入るように見てきたシーン。…でも、瞳にはうっすら涙が溜まっている。 "強さ"と"弱さ"が波を打って、同時に襲いかかってくるアンバランスさが、 本当はしんどくて、今にも泣きたい衝動に駆られているのに、 毅然とした態度をとって何とか自分を保とうとしている 武四郎(吉…

  • アトムの童 6話 感想|ゲームアンチのママの過去が気になる

    前回のラストでアトム玩具が買収され、事務所が差し押さえられたと思ったら、 今回ではもう取り返して「アトムの童」で再復帰を図るって… なんつう浮き沈みの激しさよ………(笑) じいさんズはあれだけSAGASを嫌がっていたのに、 1年後になったらすっかりSAGASの社員として、 時間外でも作業着を着ているくらいイキイキしているし。 海(岸井ゆきの)は、あんなに酷い仕打ちをされた銀行に、 契約社員とは言えなぜか再就職(敵対関係にいた彼女を採用する方も採用する方でしょ…)。 ファンタジーにしてもあまりにも前後の繋がりがなさ過ぎる上に、 1年を通しての各々の苦悩や葛藤に一切触れなかったのも疑問でしたが、 …

  • PICU 小児集中治療室 6話 感想|息子にバレるのも時間の問題では?

    すっかり小児科医が舞台の医療ドラマになりましたね。 まぁでも…綿貫(木村文乃)の医療裁判を傍聴しに行ったり、 悠太(高杉真宙)の件があったりと、 本来は、医師と子供たちの関係性を描くべき作品のはずが、 ここ最近はエピソードをいろいろ盛り込んでは脇道に逸れる話が続いた分、 今回は「圭吾の心の治療」を集中的に描いてくれたお陰で 逆に見やすくなったような気がします。 いつもの武四郎(吉沢亮)と南(大竹しのぶ)の家庭パートも、 初めて「良いなぁ」って思えました。 いや、というのも…今までは何だか、毎回中盤で挟み込む必要性をあまり感じていなくて、 緩急のつもりなんでしょうけど、むしろ話の流れを遮っている…

  • 一橋桐子の犯罪日記 5話(最終回) 感想|依存ではなく共存の人生

    私が松坂慶子さんをしっかり認識したのは、 お恥ずかしながら「まんぷく」で「ブシムス」という愛称で呼ばれていた 主人公の母親役だったのですが、 本作もそんな松坂さんのチャーミングな持ち味が光る作品となりました。 当初は、語尾に必ず「ぉ〜」がつくような喋り方のパンチ力が大きくて、 なんで主人公を分かりやすく乙女キャラにしたんだろう? なんでそんな喋り方にさせたんだろう?と疑問に思っていて。 見ていくごとに、それは、親友を失い一文なしであるために、 刑務所でお世話になるしかないと考えるほど過酷な状況に立たされている主人公を見て、 視聴者にあまり過酷だと感じさせないように コミカルさで中和させる意味を…

  • クロサギ(2022) 5話 感想|役者さんが頑張ってるだけに…

    先週の「アトムの童」で銀行が我が物顔で急に差し押さえしてきたのと言い、 (最新話まで追いついていないものの) 「君の花になる」でいつの間にか主人公に好意を寄せる描写と言い… 今期のTBSのドラマはどこも「なんでそうなるの?」というモヤモヤした感覚が残りますね。 本作も残念ながら、その1つに入ってしまっています。 本作の場合、「詐欺師が詐欺師を喰う」設定自体が珍しいので、 唯一のクロサギである主人公のキレの良さをじっくり描いて初めて その設定が活きると踏んでいるんですが、 何しろ、肝心の黒崎(平野紫耀)の"手口"が分かりづらいのが 勧善懲悪としては盛り上がりに欠けてしまっているんですよね。 最大…

  • ザ・トラベルナース 5話 感想|元嫁に命拾われた男

    「命拾いした」と言っていたのでね…もうサブタイトルは↑しか思いつきませんでした(笑) 「拾われた男」は元々夏クールにBSプレミアムで放送されていた作品ではあるものの、 今期はその作品含め、「PICU」「ジャパニーズスタイル ※2話ゲスト」「舞いあがれ!」と かなりドラマに出ずっぱりの松尾諭さんがゲストだった今回。 ドラマ好きからしたら、また出てる!なんて話題に上がりやすいですが、 それだけではまだまだ足りず。 本作の中で唯一謎めいた我が道を進むタイプの吉子(安達祐実)をメインに仕立てる事で、 元夫婦だった過去を紐解きつつ、 お2人のやり取りで楽しませる方向に舵を切った…といった感じでしょうか。…

  • 親愛なる僕へ殺意をこめて 7話 感想|はた迷惑過ぎる真相だった…w

    すげぇ〜〜………………………そう来ますかぁ…………。 ああ、あまりの展開に「すげぇ」って言ってしまった(笑) なんと言っても、みんなの銃を向ける回数の多さですよね。 ここ、日本!今、令和!洋画の世界じゃないんだから! ファッション感覚で銃を扱う様子に、ツッコミどころか笑いさえ込み上げてきましたよw 真相自体は「自分勝手」と「はた迷惑」もうこの二言に尽きますね。 お前らは大きな勘違いをしていると釘を刺しておきながら、 桃井(桜井ユキ)から語られた真相は…なんかまぁ…個人的な恋愛事情から始まって。 明かされれば明かされるだけ、桃井と猿渡(高嶋政宏)の行為が エイジ(山田涼介)や真(早乙女太一)、さ…

  • 自転車屋さんの高橋くん 2話 感想|飯テロ要素もあるのがテレ東らしい。

    会って間もない相手に「ともちゃん」呼びはびっくりしますって! めっちゃ距離感詰めてくるじゃないですか(笑) でも、言葉っていうのは不思議なものでね… 照れ隠しのつもりの「あんた」「お前」呼びよりも、 いきなりちゃん付けする方が、甘えているようにも感じられて 可愛らしく見えてきちゃうんですよねぇ。 他にも、何か話しかける時の距離が近かったり、 朋子(内田理央)が酔った勢いで遼平(鈴木伸之)の肩にもたれかかったり… 胸キュン演出はある事にはあるんですが、本作に関してはなぜか嫌にはなりません。 むしろ、見ていて心がほっこりするというのかな。 それは…あくまでも恋愛が主軸に置かれてはいるんでしょうけど…

  • 拾われた男 6話 感想|往復ビンタの次はメガトンパンチ(笑)

    諭(仲野太賀)は本当に、良くも悪くものめり込みやすい性格なんですよねぇ。 彼の迂闊さに「バカよのぅ…」と何度思った事か(笑) 一旦1人にさせてあげれば良いものを、傷口に塩を塗るような発言を次々投げかけるから あんなにブチ切れてしまう訳で。 第三者で"フィクション"を見ている立場だからなんでしょうけど、 伊藤沙莉さんの感情をむき出しにする演技が強まれば強まるほど、 何だかクスッとさせられてしまいました。 「クッソ クッソ」からのメガトンパンチ…最高!w しかし、それ以前に、炎が燃え上がんばかりの怒りを見せる結(伊藤沙莉)と冷凍餃子で 対比させている所が地味に面白かったです。 カッチコチだった冷凍…

  • silent 6話 感想|手にしたくても叶わない夢

    「プレゼントを使いまわされた気持ち」 はぁ……この言葉を聞いた時のショックの大きさたるや………。 前回の感想でも書きましたけど、やっぱり、王道のラブストーリーに見せているようで 王道ではないなぁとつくづく思わされます。 ラブストーリーは大抵は「2人の物語」なんですよね。 基本的に、主人公か相手目線の2通りで話を広げていくから、 その間に入ってくるライバルや元恋人は、俗に言う"当て馬"で不憫に描かれるか、 あるいは2人の"恋の障がい"として、視聴者が見ていて不快感を覚えるようにに 描かれたりする時もある。 でも、本作の奈々(夏帆)の場合は、完全に後者の立ち位置にいるのに ちっとも嫌味に思わない。…

  • エルピスー希望、あるいは災いー 4話 感想|拓朗から目力が消えるなんて…

    「飲み込みたくないものを、飲み込まない」と意気込んで 本格的に冤罪事件へと向き合い始めた初回から、 好評を受け第2弾の制作にすぐさま取り掛かった恵那(長澤まさみ)や拓朗(眞栄田郷敦)と、 途中までは「自分たちの行為で救われた人」の存在のお陰で"強い人"でいられるといった 2人の無鉄砲さが描かれてきただけに、 今回の終盤での転調ぶりには目が離せませんでしたね。 一度ほじくったら零れ出て、原型を留められなくなってしまった 人間の弱さや愚かさが描かれたのが印象に残る回でした。 まず、恵那に関しては…正一(鈴木亮平)の前では抗えない事が よ〜く伝わってきました。 前回に引き続き、色恋が描かれ、しかもま…

  • アトムの童 5話 感想|これが銀行のやり方かー!ってやつ。

    えぇ〜…そうなっちゃう??なラスト。 一気に「ザ・日曜劇場」臭が増しましたねぇ…。 那由他(山﨑賢人)・隼人(松下洸平)・公哉(柳俊太郎)の3人で培ってきた野望が 海(岸井ゆきの)との関係や、2人に出会わなければ忘れていたであろうじいさんズにも 受け継がれていく様子をせっかく面白く見ていたのに、 そのワクワク感を奪ったのも、大手企業と中小企業の戦いに勝手に割り込んできたのも "因縁"には全く関わりのない銀行っていうのが何だか解せません。 日曜劇場は銀行を絡めないと気が済まないんでしょうか(笑) 過去の出来事以外に、興津(オダギリジョー)がアトム玩具にこだわる理由が イマイチ分からないのを筆頭に…

  • クロサギ(2022) 4話 感想|黒崎と白石のコンビ、割と好きかも♪

    あれから約1週間ですね。 しばらくのんびりしていて、さあそろそろ書く準備を始めようかと思った矢先に あのニュースを知ったもので、感想執筆に身が入らないまま(&予定がとれないまま) 4話の放送日を迎えてしまい…で、今に至ります(苦笑) 3話の感想はすみませんが、すっ飛ばしさせていただきます。 さて、4話の内容は… 意外と、黒崎(平野紫耀)と白石(山本耕史)のコンビが 良いなぁって思えている自分がいるんですよね。 「まほうのどうぐ」とひらがなでデカデカと書いたのもそうだけど、 歳の離れた後輩を子供のように可愛がっているのが透けて見えて好き(笑) 少年っぽい顔立ちでハスキーボイスなのが作用しているん…

  • ザ・トラベルナース 4話 感想|ぶつかり合いが親子を繋げる

    今回は郡司(菜々緒)回だった訳ですが、 歩(岡田将生)も静(中井貴一)も上手い具合に絡められていた気がします。 患者の意向よりも効率ばかり重視する上司に不満を覚えている彼女に、 同じく日本の医療体制にやきもきしている歩(岡田将生)を重ねる。 そして…静(中井貴一)は一歩引いて、さり気ない言葉で郡司を奮起させる立場に回る。 歩の場合は前にガンガン出していき、静の場合は暗躍させる事で初めて 両者の個性が光ると思っているので、 患者・四方田(岸本加世子)に対してどんな動きを見せるのか?を 郡司を軸に展開していった今回の内容は、 役割分担が明確になされていたのも相まって興味深く視聴出来ました。 「ナー…

  • 親愛なる僕へ殺意をこめて 6話 感想|どう捉えるかはあなた次第?な次回予告

    葉子(浅川梨奈)殺害事件のエピソードを膨らませ、 それの答え合わせをしてきた前回までとは一転… 今回は"新章突入"感がひしひしと伝わって来る内容でしたね。 エイジ(山田涼介)が生まれたきっかけが明かされる所から物語が始まり、 B一視点の回想を立て続けに見せてきた辺りに、 ここからはB一が主体となった話が描かれていくのだという 雰囲気が引き締まった感覚を覚えました。 回想の入れ方にしても、初期の頃にあった 主語を変えては現在と過去を行ったり来たりな複雑な構成ではなく。 最初の回想に「15年前」と表記して、それ以降は日付を記載したカットを 毎度毎度ワンクッション置きながら見せていっているので、 "…

  • 拾われた男 5話 感想|愛の往復ビンタを喰らう

    ああ良かった〜……(泣) 松尾諭さんの半生を描く物語だから、今はすっかり売れっ子だって分かっていても、 長年かけてやっと報われた諭(仲野太賀)の姿にボロボロ涙してしまいましたよ。 結(伊藤沙莉)と掴むべくして掴んだ出世街道ですね。 諭の精神的支柱には結の存在が欠かせないと思わせる描写の畳み掛け方も凄ければ、 結という役が伊藤沙莉さんでなければ今回の内容は成立しないという 説得力の持たせ方も凄い。 …あ、でも、手厳しいツッコミをしつつも、何だかんだで事務所の中では 一番面倒見てくれている日立マネージャー(鈴木杏)も好きなキャラクターなんですよねぇ。 どちらも、肝っ玉っぷりと奥に潜んだ優しさのバラ…

  • 親愛なる僕へ殺意をこめて 5話 感想|渋い声の山田くん、良い!!

    怒濤の答え合わせ回でしたね。 白菱(佐野史郎)が実の父だったって事は、考察出来ていた視聴者はいたのかしら… それが一番の衝撃です(笑) 門脇麦さんに関しては「ミステリと言う勿れ」でも二面性のある役を演じられていたので、 本作でも何かしら訳ありの役なんだろうなぁとは最初から分かっていましたが。 普段朗らかな雰囲気を纏わせている分、まぁやっぱりパンチ力があるもので…。 京花から語られる真相はどれも惨(むご)くて、ただでさえ耳を塞ぎたくなるほどなのに、 愛嬌を振りまきながらも軽やかな口調で話し続けているから、 闇の深さが余計に際立つんですよね。 話し方と内容に矛盾がある所が何とも気持ち悪くて、 その…

  • エルピスー希望、あるいは災いー 3話 感想|"正しさ"の中に潜む狂気

    お…今回のモノローグは拓朗(眞栄田郷敦)なんですね。 初回でも彼が担当していて、その時は単純に、登場人物やそれぞれの置かれた状況を紹介する "語り手"として見ていた訳ですが。 拓朗→恵那(長澤まさみ)→正一(鈴木亮平)とローテーションでやらなかった辺り、 恵那の変化を描く物語だと思わせた前回を踏まえて、 今度は「別視点から見た主人公」を描こうとしているんだな…というのが窺えました。 視聴者にも客観視させた事で、彼女がどんな風に変わったのか?が より強調されるようになった感じです。 拓朗がモノローグ側に回って、彼の持ち前の呑気さを表す描写が若干薄まった代わりに、 シリアスな雰囲気は強めに。 今回…

  • PICU 小児集中治療室 5話 感想|絞り込んで描けば良いものを…(泣)

    う〜ん…「散漫」以外の言葉が見つからないですな…。 今回の内容を簡潔にまとめるとするなら、こんな感じ。 ・意識不明の状態の悠太(高杉真宙)を気にかける武四郎(吉沢亮) ・裁判が終われば治ると思っていた手の震えが悪化して心配になる綿貫(木村文乃) ・研修医時代から交流のあった患者・日菜(小吹奈合緖)の治療 ・ドクタージェットを利用して搬送されて来るらしい圭吾(柊木陽太)の説明 ・片道6時間もかかる網走の自宅が恋しい淳之介(松野晃士) ・淳之介を網走に戻してあげたいという想いから、知事に交渉しに行く武四郎と植野(安田顕) もう、箇条書きになっちゃうんですよね(苦笑) 本作の原点回帰のためにも、ここ…

  • アトムの童 4話 感想|鵜飼が迂回ルートで再起動

    前回の内容はなんだったんだろう…って思うくらいには、盛り返してきましたね。 社長の海(岸井ゆきの)は社員たちのサポートの仕方を模索し、 じいさんズは事務作業をしながら会社の原点となっている"遊び心"演出を作り、 那由他(山﨑賢人)と隼人(松下洸平)はゲームの修復を目指す。 前回では曖昧になっていた役割分担がきっちり描かれた事で、 アトム玩具を立て直す物語であるという根幹が見える作りになっていました。 まぁ…ぶっちゃけ、日曜劇場ではド定番の"裏切り者"展開じゃなくて、 データがある日突然、クラッシュを起こしてしまって大ピンチ…で始まっても 成立出来そうな話ではあったんですけどね(笑) でも、先が…

  • 自転車屋さんの高橋くん 1話 感想|不思議ちゃんな2人にクスリ

    鈴木伸之さん、最近は本当に役に恵まれてますねぇ。 不器用な男性を演じたら右に出る者はいない役者さんだと思っております。 本作の主人公もヤンキーって事で、 「恋です!」の獅子王や「お茶にごす。」のまーくんのように、 どこか可愛げがあって愛着の湧くキャラになるんだろうなぁ…と期待して 初回視聴を決めましたが、予想通り、そうなって行きそうです。 ぶっきらぼうだけど実は優しい一面も…という設定自体は、 近年増えつつある"ツンデレ"が主流のラブコメと同じ部類ではあります。 でも、本作の場合はちょっとだけ違っていて。 "ツンデレ"のギャップで魅せるとなると大抵は、 ツンツンツンツンツンツン…そして唐突のデ…

  • silent 5話 感想|2人の思い出だった"ぽわぽわ"

    「うれしかった」 今回、一番涙腺に訴えかけてくる言葉はこれでした…。 ああ、良かったなぁ…想(目黒蓮)。そんな風に思ってくれてた(くれた)んだなぁって。 前回のフットサルシーン、良い感じの雰囲気ではあったものの、 本人は心から楽しめているのだろうかと ずっとそわそわしながら見ていたんですよね。正直。 デフサッカーも考えていて、それでもその道も諦めてしまった想が (「買った」という言及がされなかった辺り)まだ当時の運動着を持っていたんだから、 きっと、心のどこかでまた"前みたいな"サッカーがしたい…と思っていた部分はあったにせよ。 でも、交友関係をぱったり切った状態で3年ぶりに会うとなると、 自…

  • 一橋桐子の犯罪日記 4話 感想|失敗の決め手は「誘拐ごっこ」

    ※4話(10/29放送)の感想ですm(_ _)m 凄い…凄い結束力だわ。なんか見ていてワクワクしちゃいました。 楽しかった事があっという間に過ぎ去っていく青春の趣さえ感じさせます。 普通だったら、何か悪さをするって分かったら否定して止めに入るのが「犯罪」なのに、 本作の登場人物はなぜか肯定的…というか、むしろ協力的な人ばかり。 そこも面白いんですけど、特に今回の何に惹かれたかって、 「相手が報われて欲しい」と願う"親"と"子"それぞれの視点で物語が紡がれていった所。 現実が思うように上手く行かないもどかしさを抱えている榎本(長澤樹)が、 お互い夢を叶えるためにと桐子(松坂慶子)に持ちかけた誘拐…

  • ザ・トラベルナース 3話 感想|歩、本当にやり手だったんか?

    歩(岡田将生)の外出先で人が急変した所を緊急処置する… このドラマの病院には、仕事を舐めている医者が赴任してくる… といった"定型"を外してきた今回。 おまけに、向坂(恒松祐里)の ドジっ子(では済まない事やってるけど…)新人成長記が追加されたのもあって、 今までとは違う雰囲気に仕上がっていました。 向坂の他にも、患者・三雲(村杉蝉之介)が厄介者な上に、 ダメダメ男なのが滲み出ている彼氏(山口のりとも)や、 向坂を密かに想うもう1人の患者・礼(荒木飛羽)と、描くべき人物がとにかく多い。 そのため、当然ですが、複数のエピソードを同時進行させなければならなくなります。 今回が60分の「拡大スペシャ…

  • ファーストペンギン! 5話 感想|なんの話だ?(汗)

    後でTVerで見ようと思ったんだけど、6話の放送までに間に合わない!どうしよう!! と迷われてる視聴者の方へ…(多分伝わらないメッセージですけどw)。 え〜…今回の話は、アバンの部分だけチェックすれば十分ついて行けます(笑) 琴平(渡辺大知)の正体はいろいろ明かされてましたけど、 検索すればまとめ記事が出てくるでしょうし。 つまり、そのくらいの内容だったって訳です。 和佳(奈緒)を取り巻く人物に、同年代の永沢(鈴木伸之)や 琴平(渡辺大知)が配置されている事から、実際は違ったとは言え、 そのうち恋愛事情を盛り込んでくるんだろうなぁとは予想していましたが… まさか、ジェンダーも絡めてくるんだから…

  • silent 4話 感想|「分かり合えない」が出した答え

    想(目黒蓮)と話せて、想の声を久しぶりに聞けて 「全然変わんないね」と言う湊斗(鈴鹿央士)を見て、 前回の萌(桜田ひより)のこの言葉がすぐさま頭に過ぎりました。 「今まで何があったかも知らないで、久しぶりに再会して」 「自分はその間、湊斗くんと呑気に楽しくヘラヘラ…」 これは本来、想と再会したのを機に手話を覚え始めた 紬(川口春奈)への嫌味で言った言葉ではありますが、 実は「呑気に楽しくヘラヘラ」は彼にかかっていたんじゃないかって…。 今回は、変わってないと思い込みたい湊斗が 想との間にある壁を徐々に広げていってしまう、いたたまれないお話でした。 湊斗って、本当に純真無垢な性格なんだろうなぁっ…

  • 拾われた男 4話 感想|「友達だから」から脱出!!

    役者業の方は、今回は特に動きなし。 まぁでも、あの映画出演を機に本気で役者を目指したくなったからと言って、 そう簡単にチャンスをくれないのが現実ではあるんですよねぇ…。 それは塚本(要潤)も同じで。 夢を目指す者同士がひとつ屋根の下暮らす設定なら、 心折れかけ実家に帰りそうになった彼を説得して、 最後は互いに励ましの言葉を送って再奮起する…という展開には、残念ながらならなかった。 夢破れた男たちを見送り、空港チケットで役者の道へと拾われた諭(仲野太賀)は、 今度は結(伊藤沙莉)に拾われるんですね。 で…彼女の方も、彼が閉じこもった世界から自分を拾ってくれた、 自分を変えるきっかけを与えてくれた…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、りんころさんをフォローしませんか?

ハンドル名
りんころさん
ブログタイトル
りんころのひとりごと。
フォロー
りんころのひとりごと。

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用
りんころのひとりごと。

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー