プロフィールPROFILE

hiroaki-itohさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
人生100年時代の先頭集団を走る!
ブログURL
https://www.mentorjapan.org/
ブログ紹介文
経営者の自己客観視、リーダー層のスキルアップ、人生の楽しみ方、幸せになる方法などメンターがナビゲート
更新頻度(1年)

25回 / 304日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2019/01/14

hiroaki-itohさんのプロフィール
読者になる

hiroaki-itohさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,896サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 2 4 4 6 8 0 24/週
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,663サイト
中小企業社長 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 422サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,106サイト
人生・成功哲学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 851サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,406サイト
コミュニティライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 125サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,896サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 2 4 4 6 8 0 24/週
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,663サイト
中小企業社長 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 422サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,106サイト
人生・成功哲学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 851サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,406サイト
コミュニティライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 125サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(PV) 23,321位 22,740位 21,891位 20,762位 20,017位 19,345位 19,745位 977,896サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 2 4 4 6 8 0 24/週
経営ブログ 132位 125位 123位 116位 113位 111位 113位 9,663サイト
中小企業社長 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 422サイト
哲学・思想ブログ 307位 303位 297位 278位 265位 259位 265位 13,106サイト
人生・成功哲学 10位 9位 9位 9位 9位 9位 9位 851サイト
ライフスタイルブログ 1,838位 1,793位 1,742位 1,650位 1,587位 1,543位 1,548位 66,406サイト
コミュニティライフ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 125サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hiroaki-itohさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hiroaki-itohさん
ブログタイトル
人生100年時代の先頭集団を走る!
更新頻度
25回 / 304日(平均0.6回/週)
読者になる
人生100年時代の先頭集団を走る!

hiroaki-itohさんの新着記事

1件〜30件

  • ランチは一人でコンビニ弁当で済ませちゃダメ。

    忙しい職場ほどランチは一人で済ませちゃダメです。毎日コンビニ弁当を自分のデスクで食べてちゃダメなんです。 人は食べてるときリラックスできるチャンスなんですよ。仲の良い同僚と一緒におしゃべりしながらのランチタイムを持つ事で、頭をリフレッシュして午後の仕事に向かえます。 どんなお喋りだっていいんですけど、仕事の話は持ち込まないが吉。 家庭に仕事を持ち込まないのと同じく、ランチにも仕事は持ち込まないほうがいいんですね。愚痴や悪口も慎んだほうがいいです。週末の旅行の話、先週見た映画の話、恋人の話、趣味の話なんかが良いんです。社員食堂なんかでは用意されてるところもありますが、無かったらフリカケなんか用意…

  • 新しい1万円札の顔「渋沢栄一」

    紙幣の変更がニュースになりましたね。皆さんは、新しい1万円札の顔として発表された「渋沢栄一」をご存知でしょうか?渋沢栄一は、かのドラッカーも一目置いたほどの人で、社会貢献を考え、実践した有名人です。 ---- 渋沢 栄一の基本的な考え方 ----富をなす基本的な考え方は「仁義道徳」である。正しい道理の富でなければ その富は長くは続かない。道徳とかけ離れた不道徳な商才は詐欺みたいなものだ。本人の個人的な行状には好ましくないものもあったようですが、基本は上記の思想で貫かれています。今の世の中、こんな人がとても少ないと感じていますが、商売を成功させるために優先されるキーワードは「社会貢献」なんですね…

  • 売り上げを上げたかったら従業員を大切にしましょう!

    顧客満足度よりも、まず従業員の満足度を高める事が優先します。 給与や待遇が良くて働きやすい楽しい職場、そういう状態でなければ、そう感じられなければ、顧客の満足を高める仕事なんてできないんです。自分が不満だらけなのに、他人に良くしてあげよう!なんて人はほとんどいなんです。そんなこと、ちょっと考えればわかるでしょう? でも、取り組む組織は少ないんですよね。それって組織の長になる人も、不満を感じてるからかもしれません。この手の(不満を解消する)取り組みって、組織の上から始めないと、浸透しないんです。改善されないんです。 ですから、お客様に満足してもらおうと思ったら、まずは従業員満足度を高める施策を実…

  • シェアリング・エコノミーは既存ビジネスモデルの破壊者

    「シェアライフ」(著者:石山アンジュさん)、読んだ方がいいです。 石山さんは、シェアライフで全ての社会問題が解決できると書いてますが、私はそこまでは思いません。でも、多くの問題の解決策の一つであることは間違いなく、社会動向もシェア・エコに向かっているのは事実です。これは、もっと大きな波になります。その時、既存のビジネスモデルの多くが、完全に破壊されるかもしれません。それだけの大変革です。この本の中で、石山さんはこう書いています。 --- 単に消費して終わりだったサービスが、人とのつながりが個人にストックされている場になる --- 後半の文章は、この本を読んでシェア・エコの思想を理解しないと難し…

  • タウンニュース見ました!

    日曜日くらいから「タウンニュース見ました!」というお声がけをあちこちでいただく様になりました。知らない人からも、声かけられるんで、面白いです。タウンニュース見られてますね、すごいですね。メインでIT系の仕事が長かったので、どうしても情報収集がWebに偏りがちだったんですが、やっぱり紙媒体は一定の需要と人気があります。これからは、偏らないメディア戦略に取り組もうかと思います。

  • 知っていると楽になる、って事は多いんです。

    今から20年ほど前、ある有名企業で主任になった頃。 かの有名な本「7つの習慣」に出会いました。 速読も得意でしたが「7つの習慣」は速読できる様な本じゃありませんでした。 とても難解で、中々読み進めません。 途中まで読んではまた少し戻る、そんな読み方をしていた頃、目からウロコのエピソードが登場したんです。 それは、とある看護師の短いストーリーでした。 「一所懸命世話をしている患者さんから罵られたりするととても気持ちが落ち込む」 どう思いますか? それはそうだ! その患者がけしからん! 私はそう思いましたが、著者であるコビー博士は違いました。 確かに罵倒されたりすることは気分の良い事じゃない。 だ…

  • 我が信条 ”Our Credo”

    多くの成功している企業では社会貢献を社訓に取り入れている。かつて起業家と言うより、創業者と言われる人たちは、他社の社訓を研究し自社の社訓にもこだわった方が多かった。だが昨今、かの有名な ”Our Credo”も ご存じない方も多い様だ。”Our Credo"は ジョンソン&ジョンソン社の 社訓のようなもの。会社が何に責任を持つか?を4つの順位付けで表している。1つめは、製品の利用者2つめは、同社で働く従業員3つめは、地域社会および世界4つめは、株主株主への責任をうたった社訓は多いが、それよりも顧客、従業員、社会を優先してうたっている企業はほとんどない。そしてさらに素晴らしいのは、建前ではなく、…

  • 貧困ビジネスにも似た 副業・起業セミナーには要注意

    貧困ビジネスという言葉を聞いたことがあるだろう。 生活保護などで生活している方に、薄いベニヤ板などで狭い部屋をさらに1畳程度に区切って生活環境として与え、生活保護費を丸々奪ってしまう様なビジネスの事だ。 こういった行為がひどい事だと云う事は、誰の目にもとても判りやすいので、どうしてもソレが必要だという人や、無責任な行政による斡旋以外、人が寄り付かないだろうことは容易に想像できる。 同じ様なモノが世の中には沢山横行しているのだが、意外に人は気づかない。 例えば、レストラン経営を夢見る人に対しての「飲食店経営セミナー」なんかも酷いものが結構ある。 素人がセミナー受けた程度で流行るレストランなんて、…

  • 「泣くから悲しい」を逆手にとる

    悲しいから泣くんじゃないよ、泣くから悲しいんだよ。ある日、その1行を見た時に、そうかも!と思ったのだ。もちろん、全てのケースに当てはまるわけじゃないだろう。だが、自分にはなんとなくそれが 人間の本質に近いな、と思えたのだ。だが、これを上手く活用するのって難しい。そしてまたある日気付いたのだ。楽しいから笑うけど、楽しくなくても笑うと楽しくなる。これは上手く使えるシーンが頻繁にあった。悲しい時、苦しい時、怒っている時、無理やり笑ってみた。少しだけ、ネガティブな感情が消えたのだ。そして、それが自分の習慣になった。習慣になってしまうと、本当に楽しくなるから不思議なもの。特に効果的なのが、イライラしてる…

  • 「人の為ならず」は「情け」に限った話ではない

    「情けは人の為ならず」とは、人に親切にするのは相手のためになるだけではなくて、いずれ自分の為にもなる。という意味ですね。これって実は「情け」に限ったことじゃありません。良い感情だけに限らず、「恨み」「怒り」「敵意」なんて云う悪い感情にも当てはまるんですよ。そして、これって科学的に解明されています。人間の潜在意識は、自分と他人の区別がつかないんです。ですから、いつも不平不満を口にする、人に対して怒りをぶちまける、なんて人は、潜在意識レベルでは、自分に向かって攻撃しているのと同じ状態なんです。そしてもう一つの潜在意識の特徴は、慣れ親しんだものが大好きでそこから離れるのが嫌なんですね。ですから、不平…

  • 井戸端会議

    最近取り組みを始めた、「100人カイギやりたい!」の件です。 知名度はそれほどじゃないけど(ごめんなさいっ!)、多角的に多店舗を運営されている社長さん(62歳)に”100人カイギやりたい!”話を聞いてもらいました、昨夜です。 「いいね、こういう場がなくなってきてるからね、要は”井戸端会議”だな。」 ごちゃごちゃ云うより、たった一言で本質を上手くついて、そうおっしゃいました。その場にいた数名、一瞬目が点になり、いたく感心したわけです。コワーキングやプロボノは働き方改革だけじゃなくて、自己肯定感の向上や、コンピテンシーの向上にも大きな効果がある、とか、ドラッカー曰く…とか説明しても、そもそも誰もそ…

  • 誰かが出来なかった理由に耳を貸す必要はありません

    人の「やらない理由」や「やらなかった理由」を、そのまま信じちゃダメなことがあります。その人がやらなかったのには、1.やる必要性を感じなかった2.やる気もなかった3.やってみたけど失敗だったなどの理由があります。 いずれにしても、評論家気取りの解説付きになることが多いんです。そんなもの信じて、自分の可能性を潰しちゃいけません。その人には出来なかった事だって、あなたなら出来るかもしれないんです。誰かがやったことあるなら、あなたにも出来るんです。出来なかった言い訳なんかで、可能性を潰すことはありません。やってみて、ハードルが高かったりしたら、抱えずに誰かに相談してみましょう。そうすればきっと乗り越え…

  • FACEBOOKページも作成しました

    「もっと働きやすい厚木、もっと笑顔溢れる厚木」をプロボノやコワーキング・ネットワーキングで支援したくて、FACEBOOKページを立ち上げてみました。活動や皆様からのご意見をいただく情報プラットフォームとして活用したいと思います。第1弾の取り組みとして、これも初の取り組みですが、FACEBOOKに「仲間募集」の広告も掲載しました。 「いいね!」だけでなく、忌憚ないご意見をお寄せください。よろしくお願いします。 厚木だけでなく、他の地域でも「やりたい!」の気持ちを支援します。どうやってやるかとかググればでてきますが、伊藤に問い合わせてもらってもお答えしますよ。

  • SCRUM厚木 サイトを立ち上げました

    やりがいと人の繋がりを支援したくてSCRUM厚木サイトを立ち上げました。--- VISION --- 働き方改革についての、多くの企業・組織の取り組みが発表されています。各社の取り組み例が4つほど発表されたMeetingに参加する機会がありました。いくつかの革新的な発表もありましたが、一番驚いたのは発表者の中に”入社6か月”という若い方の発表があったことでした。 200人入っても余裕の大会議室で、巨大なスクリーンを前に臆することなく発表する、その姿にショックを受けると同時に、これを発表した会社は素晴らしい人材育成や活用ができているんだな、と感じました。もちろん、私の様なオジサンからみれば表現が…

  • 人を大切にしない組織には病気が蔓延する

    学生時代(40年も前ですねぇ)、カリフォルニア旅行した際に、当時興味のあった米軍のマニュアルを何冊か購入してきた。当時、米軍の基本的なマニュアルは書店で普通に買えるものでした。店員に意図を話すと、まずは基礎編がこれだ!とばかりに薄手のA4より少し大きめのマニュアルの束を渡してくれた。(いまは買えるのかどうかわかりません、サイズはたぶんリーガル)さて、基本となる最初のマニュアルには何が説明されていたか、お判りになりますか?私自身これを初めて見たときには、かなりショックを受けました。 1冊目のマニュアルに書かれていたのは、靴の履き方、緩め方、脱ぎ方でした。行軍中の小休止・大休止でそれぞれどこまで靴…

  • How を聞かれたら Why に立ち戻る

    仕事で「やり方」を聞かれることは良くありますね。この時、聞かれた通りに「やり方」を教えることは、得策じゃありません。何を教えるかというと、「なぜこの仕事があるか?」を教えます。これは、教える側にもメリットがあります。なぜなら、聞かれるまでは考えたことも無かった事だからです。でも「なぜやるのか?」という Why を明らかにしない限り、イノベーションは起きません。How は、イノベーションにならないのです。ですから、やり方を聞かれたら、まずなぜやるか?を明確にして説明しましょう。そして、その説明に矛盾を見つけましょう。そこに矛盾があったら放置しちゃダメなんです。その矛盾こそ、組織として解決すべき課…

  • いつまでも滅私奉公を求める組織は近々滅びる

    そんな組織に残っていても未来はない。 今経営に携わっている人はだいたい50歳以上。 彼らの中にはギリギリで滅私奉公を経験したのち、長く居るという理由で昇格した人も多い時代だ。 その経験から「今時の若者は堪え性がない。」などとのたまう。 だが、今の40代以下は滅私奉公が日の目を見ない社会人生活を送っている。 労働力を搾取されっ放しで未来もない。 彼らに「頑張れ!」などと言っても何の解決にもならないし、頑張る気持ちなどさらさらある訳がない。 今の時代、年収が400万を超えた辺りからは、好きな物がある程度は買え、たまの贅沢も叶う。 だが現実の日本の労働者は、年収が400万に満たない人々が半数を超える…

  • 起業支援と云う名の労働力搾取ビジネスモデル

    街頭で、「こんにちは! 横浜のお菓子屋さんでーす!」とか、 「京都のお菓子屋さんです!」とか、声をかけられた事はありませんか? 多くのブロガーが「買ってみた」的な記事も書かれていますね。 これ、どんなビジネスモデルなのかここで書くまでもありませんね。 仕入れに優位性を持っているわけでもない会社が、起業支援などと謳って、若者に街頭販売をさせている、くらいは誰でも想像つきます。 (写真はイメージです、と一応書いておく) 実際のところどうなんでしょう。 購入した多くのブロガーさんが語っている様に、商品的にも価格的にも魅力のない商品を街頭販売しているだけなんですね。 売っているのは圧倒的に野心的な若者…

  • 「運」は味方につけやすい、とても簡単に!

    よく聞くのは「どうしたら運がよくなるの?」待ってたって運なんて寄ってきません。でも、とても多いんですよね、この質問。実はこれほど簡単なことってないんです。でも、ほとんどの人が教えてもやらない。「そんなことで運がよくなるはずがないっ!」って言うんです。やるのにお金がかかるわけでもないし、スキルも要らないし、時間も必要ないのに。ここで言います。これを信じないから、あなたは「運が悪い」んです。運が良い人って、素直なんです。こうしたら「運が良くなるよ!」って云うと、その通りやります。そして運を享受できるんです。大谷翔平選手が高校生活で自分に課した「マンダラート」ご存知ですか?ちょっとググれば、たくさん…

  • 相手は「悪」じゃなくて、ただ単に「意見が異なる」人

    「あいつが悪い!」と自分の怒りを相手にぶつける事は楽です。 自分のアタマを使わずに、反射的に「相手が悪い」と決めつけると、そこで結論が出て終わりになっちゃいます。 これが結果になって、不幸に陥ります。 自分は正しい、でも相手とぶつかる、だから相手が悪い。 本当にそうでしょうか? 世の中、そう結論出して相手を責める事が多いですね。 でも、実際はそう簡単じゃありません。 どう違うかって言うと、この構図って、 「自分の正義」vs「相手の正義」なんですね。 相手もあなたの事を「あいつが悪い!」と思ってるんです。 自分の中の正義感と照らし合わせて、あなたが「悪」なんです。 お互いに「自分が正義」だと思っ…

  • 働き方改革を生かす人、殺す人

    「働き方改革で早く帰れるようになった結果、家でTVを見てるだけ」と云うニュースが話題になりましたね。 ちょっと意識の高い系は、月10万、20万の副業を目指す人も増えているようです。 今日ココで書きたいのは、折角の働き方改革ですから「もうちょっと頑張って、スキルアップに投資しませんか?」って事です。 人生100年時代、これまでの定年年齢の後にまだ20年、30年働く必要があります。 60歳を超えたあなたは、今の収入を維持した第2の仕事を見つけられるでしょうか? 今贅沢な暮らしを維持するために10万、20万の、スキルアップに繋がらない副業は危険ですね。 副業を選ぶなら、自分のスキルアップに繋がる仕事…

  • 嫌な気分にする相手を必要以上に我慢してはいけない

    必要以上に我慢しない事は、人として普通に生きていくためにとても大事なことです。 あなたのワガママ放題で生きると云うことではありません。 悩みを抱える人は、この我慢しない加減がよくわからない人が多いのです。 失礼な人、悪意のある意見やイヤミ、敬意のない発言、人を軽視する人、見下す人、怒っている人。 こんな相手はできるだけ遠ざけてください。 我慢すればするほど、嫌な気分になります。 彼らのためにあなたが悩む必要はありません。 あなたには彼らと距離をおき、あるいは適当にあしらって、自分の心を健康に保つ自由があります。 これは「自由という自らの選択」に他なりません。 これが、我慢しないという事です。 …

  • 幸せに生きるには良質な休養が絶対に必要だ。

    35年程前 社会人になってから、仕事は楽しくて好きで、最低限寝られれば良かった。 何故だか判らない焦燥感もあって、自分にとっては休みなく働く事が生き甲斐だった。 基本的には今でも変わってない。 休日も仕事の事を考えるのが大人だと思っていた。 だが今はもう若く無いので、集中力が途切れる事が多くなってきた。 そうなってくると判ってくる事がある。 何も考えないで休養する時間を作らないと、思考の質が低下するのだ。 休み無く働いて問題解決していると判らない、思考の質の低下が起きている。 広い視野で物事を見る事が出来なくなり、目前の課題をやっつける事で仕事をしている気になってくる。 人の行動は、潜在意識が…

  • オレはプロだからタダじゃやらないよ。の時代の終焉

    政府の働き方改革が上手くいってる様には思えないけど、そもそも自分たちで考えて政府に要求するのがホントだよね。そんなわけで、全く脈絡が無いけど世間では、越境リーダーシップ・プロボノ的な活動もホンの少しずつは根付いてきたかしら?一昔前は「オレはプロだからタダじゃやらないよ。」って何の疑いもなく宣言してたし、宣言されてましたね。じゃあ、今は違うのか? って云うと、違ってもいいし 実際、違ってきてます。そもそも何のプロなのか?ってこともありますが「プロ=お金がもらえる」って定義しちゃうと「タダじゃやらない」事に説得力があります。ですが、「プロ=その分野で多くの人を引き付けるスキルやテクニックがある」っ…

  • ”引き寄せ”はオカルトっぽくても効果を発揮する

    ”引き寄せ”の効果として現われる大きなものが2つあります。1つは「プラシーボ効果」で、2つ目は「確証バイアス」と言います。脳に「効果がある」と信じさせてしまえば、実際に効果が現れてしまうのが「プラシーボ効果」であり、実際には何も効果がなくても効果があったと錯覚させるのが「確証バイアス」です。まず、この現象を起こさせるのが、”引き寄せ”なんですね。(引き寄せには他の効果もあります。) これって、実はうまく使えるんです。例えば「運」について考えてみましょう。「確証バイアス」をうまく利用することで、簡単に「運が良い」人になれるんです。何もしないで「運」が良くなるって云うのは「脳が信じない」ので、何か…

  • 商売の王道は「高く売る!」なんだよ。

    2019年の成人の日、休日出勤で食堂がお休みなので、そんな時のワクワク 近所の丸源ラーメン(肉そば)まで行ってみた。 ここはラーメンも旨いが、商売も上手い。 ラーメンと炒飯のセット等、セット物もそれなりにあって、そのままでも十分満足なんだが、ここに「糖質50%カット麺」をプラス80円で提供しているのだ。 ラーメンと炒飯セットも、ラーメンと餃子セットも、ちょっとダイエット!なんて思っている層が多い中、「糖質50%カット麺」は気持ち罪悪感を軽くしてくれる。 ラーメンのカロリーが半分になるわけでもないが、ダイエットを気にしている客からも、客自身の負担で満足を提供し、なおかつ客単価を上げると云う商売の…

  • “しんどい人生” を “喜びと幸せ溢れる人生” に変えましょう!

    この“たられば”って方の文章が好きでTwitterもフォローしてます。 この文章の中で特に好きなのは「孤独はバカを加速させる」の周りのくだり。 そして、締めの「しんどいですよねぇ。」のくだりです。 メンター/コーチはこの「しんどさ」を解決して「喜び」に変える手伝いができると考えていますが、この方の様に自己分析出来ている方だと、高い効果が短い時間で達成できる事が多いんですね。 ほんの少しのヒントで、なぜ「しんどい」のか、何が「喜び」に変わるのかを理解しやすいし、そのための行動力は元々備わっているからです。 逆に、何も考えずに日々を過ごしている人に対しては、長い時間コストをかけてもなかなか効果が現…

  • メンターコーチを活用するワケ

    先進国の中でメンター/コーチの活用度がダントツに低いのが日本ですね。 日本人は他人の知恵を活かすのがとても苦手。 一般的には「賢い」方が人の意見を聴かないんだとか。 それが日本ではイノベーションが起きない原因かどうか判りませんが、もったいないことです。 さて「良い事しかない」メンター/コーチの活用ですが(だいぶ言い過ぎ)以下の様な事を考えている方、意識の方に、特に効果が期待できます。 まだメンター/コーチを活用してない方は、1日も早く活用して、自身が思い描く未来を現実のモノにしちゃいましょう。 ・自分自身の強みを理解しているが、弱みをあまり理解できていない ・自分自身の弱みの克服に苦心している…

  • コワーキングスペースの運営ノウハウをベンチマークしたい

    “コワーキングスペースのある銭湯”って面白いコンセプトですね。 元々人が集まるスペースなので、コワーキングを目的とした人が集まると言うよりは、集まってきた人達によるコワーキング参加を目指すんでしょうかね? それとも「ついでにコワーキング」とか「エンタメ系コワーキング?」でしょうか? 何れにしても“コワーキング”自体が、世間に浸透していない言葉なので、当初はファシリテーションや提供コンテンツによって成否が決まるのかもしれません。 私自身、地域課題や中小企業の課題解決のためにコワーキングスペースを運営したいと思っていて、今は様々なアプローチでこの様なスペースが生まれては消えてゆく中から、ノウハウを…

  • コスト削減には、ちゃんとコストをかける

    客先の、そのまた先の客の話なんで、そこが将来的にどうなろうが、どーでも良いっちゃどうでも良い。けど、クライアントにはこんなアホなことやって欲しくないなぁ。業務の中で「無駄」を排除してコスト削減するのは、常套手段。コスト削減のためのコストは発生しない。そう思われがちだけど「無駄を見つける」のにもコストかかります。例えば「業務・システム最適化計画策定指針(ガイドライン)」にある図表を例にとると、 ・業務の流れを可視化して・業務の無駄を見つけて・業務の流れを短くする・短くした内容を必要な人に説明するって云うコストが必要ですね。つまりゼロコストではできないので、なんらかのコストが必要です。ウチはなんの…

カテゴリー一覧
商用