新卒教員の教科書
住所
出身
ハンドル名
えうろぺさんさん
ブログタイトル
新卒教員の教科書
ブログURL
https://www.yutorix.com/
ブログ紹介文
新卒教員が授業や教え方で考えたことを書いてます。面白かった本の書評も書いてます。
自由文
-
更新頻度(1年)

88回 / 243日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2018/12/23

えうろぺさんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 50,499位 41,475位 35,718位 35,509位 35,248位 35,157位 39,129位 969,471サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 20 0 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 402位 327位 275位 271位 259位 262位 311位 12,512サイト
書評・レビュー 123位 105位 87位 86位 76位 78位 94位 3,274サイト
教育ブログ 407位 311位 263位 265位 257位 263位 304位 9,192サイト
教育論・教育問題 34位 32位 27位 27位 27位 26位 28位 641サイト
社会科教育 9位 7位 7位 7位 5位 5位 5位 75サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 60,264位 62,258位 53,325位 52,988位 61,334位 61,189位 68,834位 969,471サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 20 0 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 378位 394位 311位 312位 385位 372位 477位 12,512サイト
書評・レビュー 90位 94位 80位 78位 90位 92位 113位 3,274サイト
教育ブログ 442位 464位 361位 348位 457位 452位 516位 9,192サイト
教育論・教育問題 36位 36位 30位 29位 34位 34位 37位 641サイト
社会科教育 6位 7位 7位 6位 7位 6位 7位 75サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,471サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 20 0 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,512サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,274サイト
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,192サイト
教育論・教育問題 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 641サイト
社会科教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 75サイト

えうろぺさんさんのブログ記事

  • 公民の先生だからできること~わかりやすさと自分ごと化~

    先の参議院選挙が終わった後、ニュースを見ていて結構多いなあと感じた意見があります。 そもそも政治ってよくわからないし、投票がどういう意味があるのかわからないという声です。 これを文字通り受け取ってはいけないと思います。 つまり、政治制度だとか、投票の機能とか、複雑な社会制度全般を理解できないという、学校教育で習う公民科の知識の全体的な欠如がうかがえるのです。 社会制度の複雑さ 複雑にすることで誰が得をするのか わかりやすく、考えてもらって 社会制度の複雑さ 人間は物事を単純化して理解します。 たとえば、知識を分類したり、二項対立的にとらえたり、ストーリーとして捉えたりと、様々な理解の仕方があり…

  • お盆休み中の成果

    お盆休みが終わってしまいました。 民間企業に勤めている方と飲むと「こっちは休みなんかないぞ!」と叱責されますが、休んだからには何がしかの成果がないと気が済みません。 振り返りがてら、ちょっとまとめてみたいと思います。 読書 ①今求められる学力と学びとは ②スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編/マクロ編 ③勇気ってなんだろう ④きけわだつみのこえ ⑤田中角栄 頂点をきわめた男の物語 オヤジとわたし 教材研究 論文 仕事が始まる 読書 ①今求められる学力と学びとは これ、めちゃくちゃおすすめです。メリトクラシー論が新学習指導要領の背後にある議論ですが、どうしてそのような流れになったの…

  • 74年前の大学生は何を考えていたのか~特攻隊の手記から思うこと~

    ※主張激しめです。 www.j-cast.com トランプ大統領が、特攻隊は酒に酔って、薬をやっていたのか?と安倍首相に尋ねました。 彼らの名誉のために、実際の特攻隊に選ばれた若者の手記を引用します。少し長いですが、ご容赦ください。 上原良司(うえはらりょうじ) 1922年(大正11年)9月27日生。長野県出身 慶應義塾大学予科を経て、1943年(昭和18年)経済学部入学 1943年12月1日、松本歩兵第50連隊に入隊 1945年5月11日、陸軍特別攻撃隊員として、沖縄嘉手納沖の米機動部隊に突入戦死 陸軍大尉。22歳 所感 栄光ある祖国日本の代表的攻撃隊ともいうべき陸軍特別攻撃隊*1に選ばれ、…

  • 8月15日にオススメすすめしたいコンテンツ

    今日は8月15日。 あいにくの雨模様ですが、九段下の方は賑やかなのでしょう。 さて、今日は右も左もニュートラルの方もあの戦争について考えてほしい日です。 せっかくなのでお勧めしたいコンテンツを列挙したいと思います。 マンガ 小林よしのり かわぐちかいじ 映画 この世界の片隅に マンガ 小林よしのり 賛否両論ある方ですが、執筆の際に参考とされている文献は膨大な量です。 主張が偏ってはいますが、それを含めてでもおすすめの本です。 特に天皇論、東京裁判に関してはこの機会に知ってほしいなと思います。 ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論 作者: 小林よしのり 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日:…

  • ブログを書き続けたら成長できたという話

    このブログも設立してから4年以上が経ちました。 設立当初は記事を書こうにも、一ミリも筆が進まず、逃避しまくってました。修論の執筆と被ってたと言い訳しときます。 けれども、最近、記事を書き進めていくうちに自分の言葉で思いを紡げるようになったなあと実感しています。 ブログを書き続ける効用は、記事のストックがたまって、それを見比べれば自分の価値観の変化がわかることです。 人の価値観は変わります。根本的な部分では変わらないかもしれませんが、加筆修正を加えながらアップデートしていくものです。 日記をつける習慣があればいいんですが、紛失したり、持ち運べなくていつでも確認できるものではないです。その点、ブロ…

  • 言葉が多ければ、世界はよりクリアに見える

    教師という職業柄、観察という営みからは逃れられない。 その時、その観察の成否を決めるのは言葉の多さかなと思う。 たとえば、旅行に行って森林を見た時、「きれい…」と一言だけでは観察も何もない。もちろん友達と会話するのであればこんな一言でも盛り上がる。しかし、口に出さずとも観察眼を鍛えるためには「樹齢200年は超えているであろう4メートルほどの杉の大木が道の端にずっーと並んでいて、木々の間から差し込む陽光が荘厳な雰囲気を醸し出している」とか、具体的に感じたこと、見たことを表現したい。 その時、どれほど表現できる言葉を持っているのかがとても大事になってくる。表現できないことは認識できていないことであ…

  • 楽しさと学びを体感できる協働の可能性

    楽しいこと、そして困難を共に乗り越えること、それが大切である。 楽しかった思い出、今となっては何もなし サプライズも研修も 子どもたちにも同じ思いを 楽しかった思い出、今となっては何もなし 大学生のころ、ビジネスコンテストに参加したことがある。 チームで調査をして、アイデアを発表する、というオーソドックスなコンテスト。 結果的には何も賞は得られなかったが、チームで何かを作り上げる、という経験がとても楽しかったことはとにかく覚えている。 けれども、楽しかったという記憶ばかりで何かを得た、という記憶はあまりない。 賞や賞金などといったものは大してほしくなかったのかもしれない。 大学院受験とも並行し…

  • 『べしゃり暮らし』から思い出す教育実習の1シーン

    つまんねぇんだよな 教育実習の研究授業後のことだった。 研究授業が終わった後のこと 真意はいずこに 言われるうちが華 研究授業が終わった後のこと 入念に準備した教材。 パワーポイントはもちろん、何度も直したプリント。 授業が終わると生徒たちの拍手が響いた。他教科の先生方も観に来てくれた。大絶賛をいただき、他の実習生からも称賛されまくった。 当たり前じゃ。今までどんだけ勉強してきたと思っとるんじゃ… その後、先生方にコメントをもらいに行った。 褒められるぞ…!! そう思って浮かれながら聞きに行ったとき、冒頭の言葉をもらった。 もう有頂天になっているものだから、批判を求めていない。承認・賞賛を確認…

  • 【私学志望者必見】私学の情報の集め方

    今日は私学求人に応募する際にどのように情報を得ていくか、ということについて書きたいと思います。 まずは募集が出ているかどうかを 次は…調べよう ①学校のホームページ ②転職サイト ③口コミサイト ④学校ガイド ⑤知り合いからの情報 最後に まずは募集が出ているかどうかを 色々な私学を知ることは良いことです。 ただ、募集が出ていなければ応募することはできませんし、就職活動をすると決めた時に募集が出るとは限りません。ウルトララッキーです。 まずはこういったサイトで募集状況を確認していきましょう。 www.shigaku.or.jp www.e-staff.jp kyoin-saiyo.jp 募集が…

  • 筋トレは最強のソリューションなのかもしれない

    生活の変化 健全な精神は健全な身体に? 筋トレは最強のソリューションの一つなのかもしれない 筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法 作者: Testosterone(テストステロン) 出版社/メーカー: U-CAN 発売日: 2016/01/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (9件) を見る twitter.com 生活の変化 4月から筋トレとランニングをほぼ毎日している。 同時に食生活も見直して、栄養素に気を配るようにした。 睡眠時間も少なくとも7時間(できれば8時間)を確保するようにした。 するとどうだろうか。 全く風邪をひか…

  • 夏休みに読みたい本

    教科の力を強化しよう 授業のスタイルを構築したい 昨今の潮流を 人として必要なことを 最後に 夏休み、教員は比較的動きやすい時期です。 夏期講習や説明会等、通常時よりもイベントが多いため、大変っちゃ大変なわけですが、研修や読書など自己研鑽にも励みやすい時期です。 暇は絶対に確保しなければならないものですが、学期中ですと、どうしても追われるスケジューリングになってしまいます。 夏休みは暇を確保し、自己投資に費やせる貴重な時期です。だからこそ、ためていた積読を消化したいのですが… 教科の力を強化しよう 政治学畑で学習を進めてきたため、経済学にあまり自信がありません。 公務員試験予備校に通っていたこ…

  • 夏休みは私学の採用に向けた準備を~私学採用の時期について~

    乗るしかないよ、ビッグウェーブ 今の時期にすること 夏です。 教員も夏休みに入りました。 人によっては通常時より忙しい先生もいらっしゃるかもしれません。 ただ授業や成績処理にも一区切りがついたので、気持ちの面では休みに入っているかもしれませんね。 そして、この時期に一旦ひと段落するのはもう一つ。 私学の教員採用試験です。 私立中高の採用試験は年間を通じて何回か波があります。 乗るしかないよ、ビッグウェーブ まず1学期。この時期は夏休みまでにかけて、公立の教員採用試験に先駆けて募集が多く出されます。 公立に先んじて選考を行うことで優秀な層を取る狙いが各私学にあるようです。 当然、募集は専任・常勤…

  • やさしい社会を目指そう

    2つの人間観 サバイブするのは「人間」社会だろうか やさしい社会を 記憶に残っている言葉なので書き留めておこうと思う。 「けどな…舷一郎」 「ワシらに余裕があったさかい、分けてやれたんじゃ… 人間、余裕がないと他人に優しゅうでけへんもんや。 もし…この世にあの水と食べ物しかなかったら… ワシは命がけで守ったろう… 人間ちゅうもんは恐ろしく汚いもんやねん。 そやからな、人間、一番大切なものは、その余裕やねん。わかるか?」 これは、かわぐちかいじ『太陽の黙示録』に出てくる1シーンである。 坂巻という男性が主人公の舷一朗に投げかける言葉だ。 富士山の噴火と関東圏への大地震が発生した直後、ライフライン…

  • 先生は非常識?

    先生は非常識といわれる。 ただこれは結構当たっている節がある。 これは自分自身も含めてだが、簡単なビジネスマナーを知らないケースがかなりある。 たとえば、名刺の正しい渡し方。これ、知らない先生が結構いる。 他には電話対応の仕方を知らなかったりする。 偉そうに言っているが、自分だって社会人になってから自分で調べた口である。 特に私学の教員であれば、外部との関わりが非常に大きいので、マナーが身についているかどうかは極めて重要な問題である。 もちろん、これらは企業社会における「一般常識」と呼ばれるものなので、どこを「社会」として切り取るかで異なってくると思う。 しかし、これからの社会において教員も外…

  • 不満の大元は「声を聴いてもらえないこと」

    為政者に求めること 現実には難しいけれども これからの社会でできること 不満の大本は 為政者に求めること 今は大きな社会的変化の渦中にある。明治維新から150年が過ぎ、その当時のシステムが変わらざるを得なくなっている。学校というシステムもその一つだ。 ここで政策決定者に求めたいことがある。 それは、多様な視点を吸い上げることである。 具体的には政府の政策委員には多様な背景を持つ人を呼んでほしい、ということである。 たとえば、中央教育審議会のメンバーを参考にしたい。 www.mext.go.jp リストを見ると、専門家が呼ばれていることがわかる。 ただ、ここで街の人たちの声はどうやって吸い上げら…

  • 今さら上野千鶴子さんの「東大祝辞」を読んで考えたこと

    今年話題になった上野千鶴子さんの東大入学スピーチについて、今さらになってしっかり読んでみた。 www.u-tokyo.ac.jp (こちらのサイトに全文が載っています。) こうしてしっかり読んでみて、色々と考えたことがあるので、それをつらつらと書いていこうと思う(ちょっと重いですよ~)。 フェミニズムに対する誤解 自分の中にあるジレンマに気づく どんなに頑張っても報われないこともある 記憶に残っている言葉 教育で何ができるだろうか フェミニズムに対する誤解 まずはスピーチの抜粋をご覧いただきたい。 あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとお…

  • 教師は感情労働者

    感情労働とは 感情のコントロールなのか、演技力なのか 感情のコントロールの難しさ 以前教師には感情労働を求められるという記事を書いた。 www.yutorix.com 感情労働とは 感情労働は次のように定義される。 相手(=顧客)の精神を特別な状態に導くために、自分の感情を誘発、または抑圧することを職務にする、精神と感情の協調が必要な労働のこと。 感情が労働ないようにもたらす影響が大きく、かつ適切・不適切な感情が明文化されており、会社からの管理・指導の上で、本来の感情を押し殺して職務を遂行することが求められる。 ホックシールドという社会学者による概念である。 (「感情労働とは?感情労働の職種と…

  • 仕事でミスをしても切り替えればいいが、へこむものはへこむ

    我々はなぜ不確かな情報を伝えた後に、きちんと調べると「やべっ」ということを繰り返すのだろうか。 https://t.co/1jPYEFpznn— 白洲 (@dokomademoinaka) 2019年7月24日 しでかした とにかくへこむ ヒューマンエラーという言葉がある。 blog.mcdata.plus ヒューマンエラーの12分類 危険軽視・慣れ 不注意 無知・未経験・不慣れ 近道・省略行動 高齢者の心身機能低下 錯覚 場面行動本能 パニック 連絡不足 疲労 単調作業による意識低下 集団欠陥 (ケンセツプラス「ヒューマンエラーとは?分類・定義から対策を考える」より引用) 何故こんな概念を持…

  • 学校の役割とは-基礎集団から機能集団への過渡期-

    集団の類型論 かつての教師の役割 教員だって労働者 本来の役割に回帰しよう 若槻千夏さんの発言が波紋を呼んでいる。 「news zero」の特番「zero選挙2019新時代の大問題」第2部にゲスト出演した若槻千夏の発言が“モンペ”(モンスターペアレント)的だと一時ネットは炎上状態となり、一夜明けて若槻が自身のインスタグラムで謝罪コメントを発表する事態となった。 (中略) コメンテーターの一人として出演した若槻は、「何かあったらどうするのか。18時以降対応しないで、もし子どもが帰ってこなかったらどうする」などと教師に反論。教師は「それは学校の役目ではなく、たとえば万引きがあったら警察の役目、他に…

  • 教員の生産性

    去年の教訓 反省を生かして… 去年の教訓 去年、精神的にかなりまずかった時期がある。 その時は教材研究に追い込まれていた。 地歴公民科や理科の特徴であると思うが、大学や大学院での専門とは全く異なる科目を任されることはよくある。 専門ではないとはいえ、きっちりと授業準備をする必要がある。 いや、むしろ専門ではないからこそ、一からしっかりと理解して授業に臨む必要がある。 ということをどの科目でもやっていたら、当然時間が足りなくなった。 生活の大部分を教材研究に費やす。それでも、時間が足りない。睡眠時間を削る。頭が働かなくなり、効率が悪くなる。授業でも時間をつぎ込んだ割にクオリティが伴っていない上に…

  • 若者「も」選挙に行こう-人類の努力を紡ぐために-

    今日は参議院議員選挙の日だ。 昨今、若者の低い投票率が問題になっている。 そこで、若者に投票に行ってもらうよう様々な働きかけがなされている。 色々と説得がなされているが、選挙に行かないとどうなるか、という視点から表題の件について考えてみたい。 選挙権とは、主権者として位置づけられる国民が国家権力の政治過程に参加することのできる権利である。この権利は民主主義の拡大と軌を一にする権利であって、民主主義に不可欠の権利である。 したがって、民主主義を維持するために、一定程度国民の政治参加を強制する側面がこの権利にはある。 しかし、そもそも選挙権は基本的人権であり、人権というのは、行使するもしないも個人…

  • ストレスケアには音楽を聴きながらランニングを

    現代社会において毎日のストレスケアは非常に重要である。 学生・社会人を問わず、多様な人とかかわる現代人にとってストレスは避けがたいものである。 しかし、時にストレスに負けてしまいそうなときもあるだろう。 社会人なりたての頃、慣れない環境にストレスから皮膚に謎のかぶれが出てきたり、ストレスフルな生活を送っていた時があった。 これはやばい! と色々探しているうちに「レジリエンス」という概念に出会った。 レジリエンスとは、精神的な回復力を意味する。 何か困難に直面しても、立ち直る力のこと、と置き換えてもいいだろう。 失敗を恐れず、挑戦しろということである。 // リンク この本の中で述べられているこ…

  • やっぱり授業は楽しい

    夏期講習が始まった。 夏休みに突入し、部活動に勤しむ生徒をよそに大学受験生は机に向かう。 私は公民科を担当しているので、センター試験で利用する生徒を対象に教えている。 それゆえ、今の時期はガリガリと詰め込む時期ではない。 まずは授業の中で学んだことを復習してもらう期間である。 そういうことを念頭に置いているから必然的に授業ではネタを入れて笑いをとるようにしている。 多くの中高生にとって「勉強の内容が好きであること」と「教えている先生自体が好きであること」はほぼ同義である。 であるから、下記のようなことが求められる。 教師というのは感情労働を求められる職業。いわゆる「人の良さ」が授業をはじめとし…

  • 桜丘中学校の取組みから考える、これからの学校の在り方-市民を育てる学校-

    学校の役割は何でしょうか。 デレックヒーターというイギリスの政治学者がいます。 彼はこんなことを言っています。 自由民主主義国家における教育は、個人の発達と子どもたちを生まれた社会に適応させるという2つの目的を持つものである。 // リンク 学校に求められる役割として、子どもの成長はもちろん、社会においてふさわしい規範を身につけ、しっかりとコミュニケーションをとれる社会性を身につけることは非常に大切です。 しかし、「社会への適応」を単に現状の社会を肯定するという意味でとらえてはいけません。 教育基本法の第一章にはこう書かれています。 教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成…

  • 一学期で意識すべきことは学習規律の身体化

    教員としてのジレンマがある。 授業中の私語をどうとらえるか、という問題だ。 私は学習規律を重視するタイプなので、号令をダラダラやったり、教員が話している時に私語をされるとかなり嫌悪感を抱く。 しかし、そうした態度に対して強く注意できない理由があった。 それは、授業が面白ければ子どもたちは授業を受けるし、逆につまらなければ授業以外の何かに目を向けるという考えである。 詳しくはこちらに書いたので、よければご覧いただければと思う。 www.yutorix.com www.yutorix.com しかし、号令などの授業規律に関しては授業の面白さ以前の問題である。 私語だって「はなっから授業を聞く気がな…

  • 「楽しく」を胸に刻もう

    授業の時間が近づくにつれて、息が荒くなる。 キーンコーンカーンコーン ああ…チャイムが鳴った。授業に行かなきゃ… 職員室を出て、教室に向かう階段。一段一段上るごとに息が荒くなる。 呼吸が浅くなり、心臓がバクバクする。 緊張は最高潮に達する。 やばいな… それでも、どうにか落ち着こうと深呼吸をするが、全然落ち着かない。 勢いだけで教室に入り、暗い気持ちで授業を始める。 これは1年間まえの私の実体験である。 去年、偏差値が出ないようなクラスを受け持っていた。 大学1年から大学院修了までずっと集団塾で教えていた。そこで身につけたスキルは現場でも通用すると思っていた。かなり自信があった。 けれども、そ…

  • 日々ネタを集めては使って…

    騒がしい授業。 どんな先生でも、授業中に生徒の私語がやまない場面は見たことはないでしょうか。 もちろん、自分の授業ではなく、同僚の授業も含めてです。 去年、私が担当していたクラスの大部分はスポーツ推薦で入学してきた生徒が多くを占めるクラスでした。 そもそも「部活のために入学してきた」という意識のある生徒に対して「高校生の本分は勉強することだ」と正論をかましても反発を招くだけです。 それが通用するのは体育科か部活の顧問の怖い先生だけでしょう。 若く、頼りない私には恐怖政治による生徒指導・教科指導はできませんでした。そもそも強制があまり性に合わないというのもありますが。 ですから、面白い授業をして…

  • 教材研究で役に立つテレビ番組【公民科】

    はやしさんより クローズアップ現代 バンキシャ オイコノミア 世界の哲学者に人生相談 まろさんより 映像19 トップニュース 国際報道 個人的に 欲望の資本主義 映像の世紀 昨日、地理のネタ探しにテレビ番組を活用しているという宮地先生のツイートを見かけました。 公民科でもネタ探しで使えそうなテレビ番組って何だろうとツイートしたところ、コメントをいただきましたのでそれをまとめさせていただきます。 公民でこういうのないですかね。思い付くのは・池上彰の特番・ニュース番組(WBSとか)これしかストックがないくらい疎い。 https://t.co/9ZX25Syo78— 白洲 (@dokomademoi…

  • 授業の成否は結局ラポール

    新学期が始まり二か月が過ぎました。 高3生も受験に向かってシフトチェンジするころでしょう。 かといって受験!受験!と汲々としていない時期でもあるのかなと思います。 私の担当するのは公民科目です。 受験生はセンターでしか使いません。 ですので重要度はあまり高くありません。 さて、この間の授業で今学期はじめて内職をしている生徒を見つけました。 (おお…内職してる!) ビックリしたのが第一ですが、同時に悲しく、悔しくもありました。 聴くに値しない授業を提供していると思うと、悔しくて仕方ないからです。 しかし、私の考え方が多分に目的合理的なので、「受験突破という目的に照らして行動してるのならいいか…」…

  • 橋下徹氏の発言に見るこの国のリーダーたち

    東洋と西洋で異なる為政者観 橋下氏の発言から見えてくるのは 民主主義社会において王は国民 一億総帝王 一匹の妖怪が日本を徘徊している、分断という妖怪が。 最近、分断社会というキーワードを目にすることが増えた。 さて、橋下徹氏のツイートが注目を集めている。 https://t.co/kFW8kW4NSK何の罪もない子供の命を奪い身勝手に自殺した川崎殺傷事件の犯人に、生きるための支援が必要だったと主張する者が多いが、それよりももっと支援が必要なのはこの親御さんのような人だ。自分の子供を殺めるのにどれだけ苦悩しただろうか。— 橋下徹 (@hashimoto_lo) June 3, 2019 自分の子…