ハンドル名
k-rvさん
ブログタイトル
キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行
ブログURL
https://shachuhaku-camp.com/
ブログ紹介文
ハイエースキャンピングカー、軽キャン、フリードスパイクで愉しむ車中泊キャンプ。宿に泊まる旅も
自由文
キャンプ歴30年、車中泊歴27年の旅好き40代が綴る、旅紀行。実際の体験から、便利なアウトドアグッス、車中泊グッズの紹介もしています。(各地のグルメネタも)
更新頻度(1年)

41回 / 506日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2017/10/04

k-rvさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(IN) 713 696 696 697 637 644 652 949505サイト
INポイント 300 480 460 360 510 480 480 3070/週
OUTポイント 1700 2950 2920 2560 3610 3220 2920 19880/週
PVポイント 11070 19090 19750 16490 20890 19910 18960 126160/週
旅行ブログ 16 15 14 15 15 14 14 41489サイト
車中泊の旅 3 3 3 3 3 3 3 542サイト
アウトドアブログ 8 8 8 8 7 7 7 11408サイト
キャンプ 5 5 5 5 5 5 5 2003サイト
キャンピングカー 8 7 7 8 7 7 7 783サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 482 458 457 448 426 431 435 949505サイト
INポイント 300 480 460 360 510 480 480 3070/週
OUTポイント 1700 2950 2920 2560 3610 3220 2920 19880/週
PVポイント 11070 19090 19750 16490 20890 19910 18960 126160/週
旅行ブログ 14 14 15 14 14 14 13 41489サイト
車中泊の旅 2 2 2 2 2 2 2 542サイト
アウトドアブログ 9 8 7 8 8 7 7 11408サイト
キャンプ 6 5 5 5 5 5 5 2003サイト
キャンピングカー 11 11 12 12 11 10 10 783サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(PV) 270 266 257 255 196 170 166 949505サイト
INポイント 300 480 460 360 510 480 480 3070/週
OUTポイント 1700 2950 2920 2560 3610 3220 2920 19880/週
PVポイント 11070 19090 19750 16490 20890 19910 18960 126160/週
旅行ブログ 12 12 12 12 10 7 7 41489サイト
車中泊の旅 1 1 1 1 1 1 1 542サイト
アウトドアブログ 12 12 12 12 10 8 8 11408サイト
キャンプ 7 7 7 7 6 6 6 2003サイト
キャンピングカー 3 3 3 4 2 2 2 783サイト

k-rvさんのブログ記事

?
  • コンサートの5分後には宿泊の部屋へ!そして朝食はバイキング

    コンサートを観た後、「福岡サンパレスホール&ホテル」で宿泊。徒歩5分以内で部屋まで戻れるので、本当に楽でした。 コンサート会場とホテルが隣接しているのって良いなあ。今回のように、コンサート前にレストラン等で食事ができれば尚更です。 コンサート+宿泊。そして食事をセットにした旅行プランを旅行会社が出せば面白いかも?と思った次第です。既に世の中に存在するのかもしれませんけど。 でもなかなか、会場とホテルが隣接しているのって少ないでしょうね。そういった意味では、今回良い経験ができました。

  • 夜景を一望の銀河で「博多名物・水炊き」【福岡サンパレス ホテル&ホール】

    「ASKA」さんのコンサートは、「福岡サンパレス ホテル&ホール」のホールでありました。つまり、ホテルが併設されたホールという事になります。(ホールが併設されたホテルという方が正しいのかな?) という事で、この日はそのホテルに宿泊する事に。ホールでコンサートを観た後、そのままホテルで宿泊できるって最高じゃないでしょうか。 一番オトクな公式サイトから予約。平日だった事もあり、一泊二食付きでも意外とリーズナブルな料金で宿泊する事ができました。 博多駅からバスに揺られて「福岡サンパレス ホテル&ホール」へ。チェックイン可能となる午後4:00前に到着です。

  • 新幹線で博多へ!超濃厚でド豚骨な「博多だるま」で昼食

    うちのカミさんは「ASKA」さんの大ファン。ファンクラブにも入っているくらいの熱の入れようです。 一時期、例の事件があった時には所有している全てのCDやDVDを封印するといった事もありましたけどね。現在は全て封印を解き、今に至ります。 その「ASKA」さんの復帰後初となるコンサートが福岡サンパレスホールであるとの事。ファンクラブであるカミさんにチケットを取ってもらい、私も同行して行ってきました。 最初、車で行く事も考えたけど確実性を重視して新幹線で行く事に。新幹線なら万が一雪が降ったとしても、余程のことでもない限り止まる事はありませんからね。

  • 車中泊に最も適したRVパーク!そのメリットやデメリット等

    今回の旅の相棒はハイエースベースのキャンピングカー「Walk2 Type-C」。とあるRVパークで車中泊を楽しんでいます。 RVパークは車中泊に最も適した場所で、ある意味キャンプ場よりも快適。何故なら、この時期は必須とも言えるFFヒーターを心置きなく使う事ができるからです。 静かとはいえ、動作音のするFFヒーター。キャンプ場であればテントキャンプの方への騒音を気にして自粛するシーンも結構あります。ですが、車中泊が基本のRVパークであれば、そんな心配は不要です。 それでいて、自分たちにとっては「超」が付くほど静かなのがRVパークの良いところ。サービスエリアや道の駅とは違い、夜間の車の出入りはありません。

  • くっつかない!そのまま出せる!CAINZステンレスミニフライパン!

    ホームセンターの中ではちょっとお洒落なCAINZ(カインズ)。プライベートブランドで安くて良いものが提供されれているのをご存知でしょうか。 その中の一つ、「ステンレスミニフライパン」というのがあります。ラインナップとしては、16cmと20cm。それぞれ、取っ手のタイプが片手と両手があります。 形状的にはユニフレームの「ちびパン」と瓜二つ。特に16cmの方はサイズからして「ちびパン」にそっくりですね。 その「ステンレスミニフライパン」が昨年の年末、限定特価になっていたのでこれはチャンス!とばかりに買ってきました。

  • ミニマムだけど意外と良かった【マリホ水族館】年間パス作る価値あり!

    「国民宿舎 野呂高原ロッジ」で宿泊した次の日、「マリホ水族館」に寄ってから帰る事にしました。 「マリホ水族館」は、2017年の6月にオープンした比較的新しい水族館。「マリーナホップ」というアウトレットモールの敷地内にあります。 オープンしてからまだ行った事はなかったけど、いつかは行ってみたいと思っていたところ。テレビ等から、広島の自然を再現したような展示が特徴という情報を得ていました。 入館料は大人一人900円。年間パスポートにしても1,800円と、とてもリーズナブルな料金体系となっています。

  • 3,980円で一泊二食付き!夕食はどんな感じ?朝食は?【野呂高原ロッジ】

    ダイレクトメール限定の特別プランで安く泊まる事ができた「国民宿舎 野呂高原ロッジ」。一泊二食付きのプランが何と、一人3,980円というものでした。(風呂・トイレ付きの部屋はプラス760円) 驚くような安さですよね。素泊まりのホテルでもなかなかこの料金は見かけないと思います。それが、夕食と朝食の二食まで付いているのですから驚きです。 居酒屋を予約してコース料理を頼んでもこれくらいのお値段。やはり、宿泊分か食事分ほどお得という事になります。 で、「そんなに安いのなら食事は大したことないのでは?」と思われる方が大半かもしれません。実は私も昔はそう思っていましたから。(このお得なプランは毎年、冬の時期限定でも実施されています)

  • モーニングはJoyfull、お好み焼きはココ!そして野呂高原ロッジへ

    リーズナブルに宿泊できてかつ、シンプルだけど料理が美味しいという理由から、年に1度は利用させて頂いている「国民宿舎 野呂高原ロッジ」。 その「国民宿舎 野呂高原ロッジ」からお得なダイレクトメールが届いていましたので、カミさんの両親を誘って行ってきました。 両親にはお昼前に我が家で待ち合わせる事にして、私達はいつものようにファミレスの「ジョイフル」へ。こちらで先ずはモーニングを楽しみました。 「ジョイフル」ではドリンクバー付きのお得なモーニングメニューを選べるけど、今回は気分を変えてグランドメニューから「唐揚げ定食(税込538円)」をチョイス。

  • キャンプに!北欧風でレトロな【LEDランタン ブラッドフォード】

    先日、イオンモールの家電売場を物色していると、面白いものを見つけました。「LEDランタン ブラッドフォード」というものです。 麻のヒモが付いたレトロなデザインのLEDランタンで、電源はACコンセントから。電球色のLED電球が付属するものでした。 これを見た瞬間に一目惚れ。電源のあるキャンプ場など、キャンプで使ったらお洒落そうですし、自宅で使っても雰囲気がありそうです。 イオンモールの5%割引券もあったので、こらはチャンス!とばかりに購入を決断。色はブラックとシルバーがあったので、使い込んだ感じが印象的だったシルバーの方を選びました。

  • ポップアップルーフを上げて広々!キャンプ場で快適な軽キャン

    車旅の最終日は、AC電源の備わるオートキャンプ場で車中泊。RVパーク並に安いところがありましたので、そこを利用させて頂いています。 AC電源があれば、消費したサブバッテリーを充電できる。最終日に電源付きの場所を選ぶというのはアリですね。 ただ、昨夜から天候が悪化。これを書いている現在は雨というか、雪が降っています。 その事は天気予報で事前に分かっていましたので、今回の滞在期間中には外にシェルター(屋台)は作りませんでした。

  • 大人の秘密基地「軽キャン」。サイドオーニングで屋台を造り愉しむ

    とあるキャンプ場で車中泊キャンプをしています。AC電源の無いキャンプ場ですが、サブバッテリーを新調したばかりなので電源の心配は無し。 到着時から現在まで、FFヒーターは点けっぱなしにしております。ですので、これを書いている早朝でも車内はヌクヌク。 サブバッテリーとFFヒーターは本当に有り難いですね。これこそが、キャンピングカーである事の一番のメリットだと感じております。 今回の旅の相棒は軽キャンピングカーのKONG。ですが、軽キャンでもこの快適性。小さくてもキャンピングカーって頼りになりますね。

  • 間接照明にもってこい!ダイソーのSMD電球ペンダントライト

    前回、「ダイソーの電球型 USB LEDライトが意外にも明るかった!」という記事を書きました。今回の記事は、その続編という事になります。 「電球型 USB LEDライト」と一緒に買ったもう一つのアイテムは、「SMD電球ペンダントライト(電球色)」というもの。こちらも同じく、税込み108円の商品でした。 何故同じような商品を同時に2つも買ったのかというと? 「電球型 USB LEDライト」がUSB電源を必要とするのに対し、「SMD電球ペンダントライト」は乾電池で動く仕様だったから。

  • これが100円?ダイソーの電球型LEDライトが意外と明るく使える!

    私、ダイソーに売られているLED照明類を今までナメておりました。だって、100円そこそこで買えるLED照明の性能なんて、たかが知れているではないですか。 こう言っては失礼ですが、安物買いの銭失いみたいな。でも先日ダイソーで買い物をしていて、「これは!」と思う「電球型 USB LEDライト」を見つけたのです。 いや、見つけたというよりは今まで見向きもしていなかったというのが正しいでしょうね。実際、このLED電球は1年以上も前から店頭に並んでいたみたいですから。 ところがこの日、何を思ったのかそのLEDライトを手に取った私。すると? 「電球色」というのと、「150ルーメン」という文字が目に入ってきたではありませんか。

  • ハイエース【Walk2】の床下断熱!300円ショップのキッチンマットで

    ハイエースに乗り始めて初めて分かった事。それは、運転席後方の右側床下が走行後にとても熱くなるという事です。 冬場のこの時期だとあまり気にならないというか、温かいくらいで良いのですけどね。夏場ともなると、床下暖房がついているのか?というくらいに熱気が上がってきます。 これ、実はこの部分にエンジンからの温水(クーラント)が流れているかららしいです。リアヒーター用の温水。それで熱かったという訳ですね。 冬場なら大歓迎のこの温水も、夏場はただの邪魔者。夏場に床下暖房なんて要りません。「なんとかしたいな?」と日頃から思っていました。

  • 飛行機で行く!上野を拠点に3泊4日の東京旅 2018【帰路編】

    今回の旅からスーツケースを利用したのですが、徒歩での移動が本当に楽でしたね。 ノートパソコン等の比較的重い荷物が入っていても、キャスターが付いているスーツケースは重さを気にする事なくコロコロと転がす事ができる。 この楽さは、一度経験するとやめられません。今後も市街地への旅に出る時は、スーツケースは手放せないでしょうね。 ちなみに、キャスターはシングルタイプよりデュアルタイプの方が走行が安定していてカラカラ音も静かで良いです。 さて、スーツケースのお陰で移動が楽だったので、空港まで行く前に銀座に寄り道してみる事に。

  • ジョナサンで知った便利なアイテム!そして楽しいモーニング

    3泊4日で計画した東京旅もあっという間。気付けば最終日の朝を迎えていました。 この日も早い時間から起きてブログを書いた後、朝風呂を済ませてからホテルを出発。午前8時前にはお世話になったホテルをチェックアウトしました。 そして向かった先は、ファミリーレストランの「ジョナサン」です。目的はもちろん、朝食を頂く事。 初日の朝に利用させて頂いて、その魅力の虜に。最終日はここでのんびりと寛いでから帰路につこうと決めていました。

  • 電球型USB LEDライトで明るくムーディーに!ホテルで部屋呑み

    3泊4日の東京旅、最後の夜。夕食は居酒屋に行くのではなく、宿泊したホテルの部屋で部屋呑みをしよう!という事になりました。 旅先では居酒に行くのが大好きな私達。ですが、さすがに3日連続ともなれば飽きてきます。 都会のデパ地下などを歩いていると魅力的な食品もありますしね。それを買い込んで部屋で呑むのもアリでしょう。 部屋に備わるカップに氷を入れ、焼酎を注ぐ私。氷は近くにあったコンビニで買ったものです。

  • 【立ち寿司横丁】ランチタイムが超お得!8貫590円にハイボール半額も

    「巣鴨地蔵通り商店街」で買い物を楽しんだ後は、新大久保へと移動。最近、コリアンタウンが人気になっているらしい、という事で行ってみる事にしました。 だがしかし。新大久保駅を下りたった瞬間に、ここは自分達にとって場違いだという事に気付くのです。 新大久保をを訪れている多くの人は若者で、私達のようなオジサン、オバサンではありませんありませんでした。 しかも、通りはまともに歩けない程の人、人、人。あわよくばこちらで昼食をと考えていましたが、これは無理と判断して退散する事に決めました。

  • 月島流お好み焼き300円等。縁日も楽しい「巣鴨地蔵通り商店街」

    今回の旅のテーマは、「東京の下町商店街の散策」を愉しむこと。立ち食いそば屋で朝食を済ませてからやって来たのは、「巣鴨地蔵通り商店街」です。 以前から「東京下町散歩」という本を見て気になっていて、今回始めて訪れる場所。朝食を楽しんだ御徒町からは、電車で移動してやって来ました。 移動時間はおよそ20分強。思ったよりも早く、予定よりも大幅に早い午前9時過ぎの到着でしたね。 当然ながら、この時間から空いているお店はありません。(コンビニ等は除く)

  • 【立ち食いそば】ゆで太郎の「朝定食」は超お得な360円!

    東京旅3日目。この日の朝食は、宿泊したホテルから徒歩で7分のところにある、「ゆで太郎 御徒町店」で頂く事にしました。 「ゆで太郎」は、東京出張の際に3日連続で昼食時に利用したくらい、お気に入り。関東を中心に展開する、立ち食いそば屋のチェーン店です。 立ち食いそばと言っても、ちゃんと椅子とテーブルがあるから安心。落ち着いて飲食ができるようになっています。 「御徒町店」は初めて行くお店だったけど、スマホのナビを頼りにお店へ。ビルの階段を上った先が店内となっていました。

  • たまには少し良いものを頂こうかな【神楽家 鮮魚仲卸直営】

    2泊目のこの日。夕食はどこの居酒屋で頂くか?と、カミさんと悩んでいました。 夕食なので普通に定食屋やファミレスでも良かったのですが、私達は飲むのがメインなのでやはり居酒屋。落ち着いて呑める場所の方が良いです。 あと、足が疲れて座りたかったので、立ち飲みよりは座れるところ。なるべくホテルから近い場所の方が良いなあと探していたところ、こんな居酒屋を見つけました。

  • 老舗【やげん堀】で七味唐辛子を特別調合。そして3連泊のホテルへ

    「砂町銀座商店街」で買い物や食べ歩きを楽しんだ後は、バスと電車を利用して浅草に行く事に。 既に日が暮れかけていましたが、上野のホテルに戻る前に少し買い物をしてから帰る事にしました。 毎年、東京旅では必ず訪れている浅草。此処には私達夫婦揃って、とても気に入っているお店があるのです。 そのお店とは? 「やげん堀」という、七味唐辛子の専門店です。

  • まるで惣菜のパラダイス!下町散歩で行く「砂町銀座商店街」

    お昼過ぎまで「深川」という下町で楽しんだ私達。その後向かった先は? バスで20分弱ほど移動したところにあります、「砂町銀座商店街」です。こちらも初めて訪れる場所で、今回の旅を計画した時から非常に楽しみにしていました。 「まっぷる」の「東京下町散歩」という本に出ていて、数年前から気になって付箋まで付けていた場所。東西に走る、670mほどの通りです。 衣料品店や八百屋さん、鮮魚などが並ぶ通りでありますが、一番の特徴は何と言っても、買ってその場で食べられる惣菜店が多いという事でしょうか。 ここ、凄く楽しい商店街ではありませんか。 通りに入るとすぐに「やきとり 肉の中島」というお店があって、早くも人だかりが。驚くほどの品揃えで、好きな焼鳥を容器に取って買えるようになっていたのです。 1本100円くらいからあって、焼鳥の他にもフランクやホタテ、サザエやアスパラ豚巻なども。その品揃えはまるで、串物のパラダイス! バイキング気分で容器に取って、会計へ。会計を済ませると、お店の方が電子レンジで温めて下さいます。 いやあ、ホント美味しくて楽しかった。 約670mの商店街。最初からいきなり、ボルテージが上がる私なのでした。 焼鳥の他にも、天ぷらやコロッケのお店等が並んでいて、とにかく目移りする私。 ここは歩くだけでもワクワクしてきますね。 それ程広い商店街ではないけれど、私達のように美味しいものを求めて来られた方でいっぱい。 観光客半分、地元の方が半分といったところでしょうか。 この近くには住宅も立ち並んでおり、地域住民の方の台所にもなっているような商店街でした。 この近くに住んでいたら、毎日でも通っているかもしれません(笑) とにかく、美味しいものが盛りだくさん。そして安い! 東京の下町って、素晴らしいですね。 一瞬にして、「砂町銀座商店街」の大ファンになった私達なのでした。 で、カミさんが一番気に入ったのがコチラ。 「シャーピン(230円)」です。「永昌園」という、中華料理のお店で売られていました。 モチモチの生地の中に、餃子の餡のようなものが。 サイズが大きくボリュームもあって、凄く美味しかったのです! これは、思わずビールが欲しくなる味わい。この後、近くのスーパーに入ったのは言うまでもありません(笑) 他にも、「ローストチキン

  • 東京なのにピクニック気分?清澄庭園で「深川めし」弁当

    「江東区深川江戸資料館」では、約2時間ほど見学を楽しみました。最初思っていたよりも、長い時間滞在した事になります。

  • 当時の江戸の暮らしぶりを伺える「江東区深川江戸資料館」

    今回の旅のテーマは、「東京の下町商店街を散策」。初日こそ「ディズニーシー」を訪れましたが、それ以外は下町をのんびりと散策する予定で計画を練っていました。 行きたいところは何箇所かあって、何処に行こうかと迷ったけど。旅の2日目、朝食をとった後に朝イチから訪れたのは、「深川資料館通り商店街」です。

  • ジョナサンで大満足のモーニング!新聞無料配布のサービスも◎

    「上野ファーストシティホテル」で3連泊。宿泊は敢えて、素泊まりプランにしていました。何故素泊まりにしたのかと言うと? 夜は好きな居酒屋で呑みたかったですし、朝は色々なお店でモーニングを楽しみたかったから。(そもそも、夕食付きのプランはありませんでしたが・・・)

  • 安くて旨くて気持ちよく呑める!「もつ焼き大統領本店」

    今回の東京旅は、上野にあるホテル(上野ファーストシティホテル)での3連泊となります。「JALじゃらんパック」にて、お手頃価格で予約を取る事ができました。 何故上野という立地を選んだのかというと、上野には安く呑める居酒屋が沢山あるから。呑兵衛の私達にとって、これ程魅力的な条件はありません。

  • スーツケースを今回の旅で初めて使用。メリットやデメリット等

    車中泊トラベラーにとって縁の遠い存在、スーツケース。私はかれこれ50年近くも、スーツケースは買った事も使った事もありませんでした。 バックパックのリュックがあれば、事足りていたのですね。1~3泊ぐらいであれば。宿泊を伴う出張も実は、リュックを持って行っていました。

  • 人生初めての東京ディズニーリゾート!疲れたけど楽しめたかな

    人生で初めて、「東京ディズニーリゾート」に行ってきました! 自分には縁のないところだとずっと思っていたけれど。今回の3泊4日東京旅を計画するにあたり、そう言えばカミさんが、「ディズニーには1度は行っておいた方が良いよ」と言っていたのを思い出しまして。

  • 飛行機で行く!上野を拠点に3泊4日の東京旅 2018【出発編】

    毎年、航空機の料金が安くなる時期を狙って行っている東京。昨年はいつもより少し早い、11月の下旬に行ってきました。