searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

k-rvさんのプロフィール

住所
佐伯区
出身
岩国市

キャンプ歴30年、車中泊歴27年の旅好き40代が綴る、旅紀行。実際の体験から、便利なアウトドアグッス、車中泊グッズの紹介もしています。(各地のグルメネタも)

ブログタイトル
キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行
ブログURL
https://shachuhaku-camp.com/
ブログ紹介文
ハイエースキャンピングカー、N-VAN、フリードスパイクで愉しむ車中泊キャンプ。宿に泊まる旅も
更新頻度(1年)

240回 / 365日(平均4.6回/週)

ブログ村参加:2017/10/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、k-rvさんの読者になりませんか?

ハンドル名
k-rvさん
ブログタイトル
キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行
更新頻度
240回 / 365日(平均4.6回/週)
読者になる
キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行

k-rvさんの新着記事

1件〜30件

  • 車旅にフェリー!船旅で得られるメリットや楽しみ方など

    キャンピングカーの「ウォーク2」で車旅。山口県から「スオーナダフェリー」を利用し、大分県へと渡りました。 全て陸路(高速道路など)で行くよりも、自分で車を運転をする時間が軽減される分、遥かに楽でしたね。 航走運賃はかかりますが、その間の高速道路料金やガソリン代は不要。少し割高にはなるものの、楽なのに加えてエコにもなります。

  • 待ち時間も快適に過ごせる!キャンピングカーって最高だ

    今年最初の3連休。1月11日から3日間かけて、九州は大分県に車旅に出かけてきました。 前乗り車中泊はしなくて、出発は当日の午前中。お昼過ぎのフェリーに乗り、大分県まで行くように計画を立てていました。 利用したフェリーは、山口県の徳山港と大分県の竹田津港を結ぶ「スオーナダフェリー」。もちろん、予約を入れての利用です。

  • 【帰路編】朝食バイキング、IKEA、〆はウエストのうどん

    ホテルで朝食付きのプラン。バイキング等があると、なんだか得した気分というか、ワクワクしてきますよね。 今回宿泊した「ホテル福岡サンパレス&ホール」。もちろん、朝食付きのプランにて予約を入れていました。(1月4日の事です) 朝起きてシャワーを浴びたら、身だしなみを整えて朝食会場へ。既に何名かのお客さんが、食事をされている最中でした。

  • 博多料理 銀河で頂く!博多水炊き ”食べてみんしゃい”

    「ホテル福岡サンパレス&ホール」に宿泊。ホールでASKAさんのコンサートを楽しんだ後はホテルに戻り、夕食を頂く事にしました。 ホテルの上層階には「博多料理 銀河」というレストランがあって。事前に予約が可能。「コンサートの後はこちらで夕食を」と、公式HP上からネット予約をしていました。

  • キャンピングカーで福岡へ!車中泊せずにホテル泊の理由

    キャンピングカーの「ウォーク2」で福岡へ。現地での宿泊手段として、ホテルのツインルームを予約していました。 せっかくキャンピングカーで行くというのに、何故にホテル? という理由はというと。 コンサート会場とホテルが一緒だったから。コンサートが終わったらそのまま、ホテルで宿泊するというのが一番快適ですからね。 これにはさすがにキャンピングカーも敵わないでしょう。無理に車中泊をするよりもホテル泊の方が

  • 自分好みのラーメンを事細かにオーダーできる!【一蘭】

    新年早々の事。1月3日にASKAさんのコンサートが福岡であるという事で、キャンピングカーの「ウォーク2」に乗って行ってきました。 カミさんはASKAさんの大ファン。私も嫌いではありません。なので、余程のことが無い限り一緒に行くようにしています。 自宅のある広島から福岡までは、少し距離が離れているので宿泊も込みで。ホテルを事前に予約していました。

  • 鉄骨テントで楽しむ!レトロ風な車中泊キャンプ【帰路編】

    今回のシリーズ記事、「鉄骨テントで楽しむ!レトロ風な車中泊キャンプ」に沢山のアクセスを頂き、誠にありがとうございます。 久々にやる気(笑)を出して綴る事ができました。 「Google砲」による恩恵もあり、PV数は大幅に増加。 特に、「周りがざわつく?「昭和のテント」でレトロなキャンプ!」には多くのアクセスを頂き、今現在として19,668件のビューを記録しています。

  • 車中泊キャンプで手間いらず!残り物でブイヤベース雑炊

    「江の川カヌー公園さくぎ」で車中泊キャンプ。寒い時期でしたが、テントキャンプの方が密集しているキャンプ場ですので、FFヒーターは作動させませんでした。 エンジンのアイドリングに比べて静かなFFヒーターとはいえ、動作音はします。特に静かなキャンプ場で動かすと、他のキャンパーの方に迷惑になりますね。

  • ダッチオーブンで作るブイヤベース!予定変更も旨さ格別

    鉄骨テントをシェルター化させ、その中でヌクヌクとキャンプ。夕食はダッチオーブンを使い、ブイヤベースでも?と考えていました。 私達の住んでいる地域、広島では、バイキングの西村さんが出演されている「西村キャンプ場」というテレビ番組があります。

  • 周りがざわつく?「昭和のテント」でレトロなキャンプ!

    この日、車中泊キャンプに選んだ場所は。広島県は三次市にあります、「江の川カヌー公園さくぎ」のキャンプ場です。 オートキャンプ場にはAC電源が標準で付いていて、一泊の料金はコミコミで税込み2,030円。オートキャンプ場としては激安の部類に入るのではないでしょうか。

  • 車中泊キャンプへ!先ずは「まいどおおきに食堂」で昼食

    昨年末、キャンピングカーの「ウォーク2」に鉄骨テントを載せ、広島県の県北方面に車中泊キャンプへと出かけてきました。 鉄骨テントの載せていくのに、なぜ車中泊かというと。鉄骨テントはシェルターとして使うから。寝るのは快適な、キャンピングカーの車内です。 という事で、午前中のうちに通院を済ませたら、キャンプ道具を積載して自宅を出発。途中、飲食店で昼食をとってから、キャンプ場へと向かう事にしました。

  • 活動自粛?ならば、自宅で【庭キャンプ】という選択肢も

    表題の通り、っていう訳ではないのですけど。自宅の庭でもキャンプもどきが楽しめるようにと、小型のワンタッチタープを購入しました(自粛要請前、2月初旬のお話です)。 2m角のサイズで、庭キャンにはもってこいの大きさ。既に3m角のサイズは持っていましたが、現在の庭のレイアウトでは入りきらないので、新たに買い増した次第です。

  • たらふく食べる朝食バイキング!でも太らない理由とは?

    何度も同じネタですみません。私達の大好きなホテル、「ホテル法華クラブ広島」に宿泊して朝食バイキングを楽しんできたので、記事にしておきます。 現在はご存知の通り、新型コロナウイルスの影響でバイキングはどこのホテルでも自粛しているみたいですけど。私達が行った昨年末は、絶賛営業中でありました。(現在はわかりません)

  • 半個室!炉端堪能コース2.5時間飲み放題【炉ばた焔仁】

    昨年末の事になります。「忘年会」と称し、カミさんと二人で広島市内の居酒屋「炉ばた 焔仁 ーEnjinー」に予約して行ってきました。 予約は「ホットペッパーグルメ」から。いつでもオンラインで予約ができるので楽ですね。「即予約」のものであれば、そのまま行けば良いので特に楽ちんです。

  • こんな時こそキャンピングカー!移動する「小さな部屋」

    キャンピングカー「ウォーク2」の車内で朝食。キャンプ場での車中泊キャンプでも、冬場はこれに限りますね。 ウォーク2の車内には独自にコタツをセッティングしているので、まるで自宅に居るかのように快適。サイズは60cmn角とコンパクトなので、車内を圧迫しません。 窓際ギリギリに寄せて、二人でL字型になって座るとジャストサイズ。その気になれば二人とも、こたつに足を入れたまま寝転がる事だってできます。

  • 車中泊キャンプの朝食に最適!鍋の残り物に煮込みうどん

    「備北オートビレッジ」で車中泊キャンプ。朝食はいつものように、キャンピングカーの車内で頂く事にしました。 暖かい時期以外での車中泊キャンプ。「朝食の場は車内で」という事が多くなっていますね。 理由は簡単。車内の方が暖かいから。でもそれだけではありません。車内の方が、何と言っても準備が簡単だからです。

  • キャンピングカーでしゃぶしゃぶ!コタツに入って最高だ

    サイドオーニングの下で暫し寛いだ後は。夕食の準備が整ったキャンピングカーの車内へ。準備はカミさんがしてくれていました。 この日の夕食は「しゃぶしゃぶ」。サイドオーニングの下で食べるよりも、暖かいこたつの元で食べる方が向いていますね。 車内で鍋料理等をすると結露が心配されますが、網戸等で対処をすれば影響は最小限。それよりも、車内へのニオイ移りの方が気になるかもしれません。

  • サイドオーニングの下で寛ぐ!柔らかな照明でカフェ気分

    備北イルミを楽しんだ後は、自分たちのキャンピングカーが待つ「備北オートビレッジ」へ。キャンプの続きを愉しむ事にしました。 車中泊キャンプなのでテントは無し。サイドオーニングを広げてタープを連結しただけのシンプルなサイト構成です。 けれども、雰囲気は大切に。ガーデニング用の「ローボルト ストリングパーティーライト」をサイドオーニングに巡らせ、カフェの雰囲気に仕立てました。

  • 写真で愉しむウィンターイルミネーション!趣味の話も少々

    「国営備北丘陵公園」で毎年開催されている「ウィンターイルミネーション」を観る為に、「備北オートビレッジ」へ。 明るいうちにキャンプ場にチェックインし、暗くなってから園内でイルミネーションを楽しむ!というプランで行ってきました。 イルミネーションの時間になるまでは、キャンプ場に駐めたキャンピングカーの車内でダラダラ。キャンプ場なのに終始車内に居たのは、ここだけの秘密です(笑)

  • 車中泊キャンプでウィンターイルミネーションを愉しもう

    昨年の話、11月16日の事になります。「備北丘陵公園」で「ウィンターイルミネーション」が開催されるとの事でしたので、車中泊キャンプを兼ね、行ってきました。 「備北丘陵公園」には「備北オートビレッジ」というキャンプ場があります。そこで車中泊キャンプをすれば、イルミネーションと両方を楽しめるという事になりますね。

  • 羽田空港から広島へ。空弁をゆっくりと味わう【帰路編】

    空弁。いいですよね。空港に行けば、日本全国の美味しいお弁当を買う事ができます。 という事で今回の記事は、長々と綴ってきた「東京ディズニーリゾート編」の最終回。どうでも良い事をどうでも良い感じで綴っておきたいと思います。 11月に行った旅。「東京ディズニーリゾート編」はいつ頃から綴り始めたのでしょうか。早速確認してみると?

  • ホテルで最終日の夜を満喫!朝食バイキングも美味しい!

    大好物の「スモークターキーレッグ」。2日目の東京ディズニーシーでは購入する事ができました。 本当はパーク内で食べるものですけど。部屋に帰ってからゆっくりと呑みながら食べたかったので、1つは袋に入れて持ち帰る事に。 ホテルの部屋に戻ったら早速、その「スモークターキーレッグ」で1杯やりました。

  • 気軽にイタリアン!「リストランテ・ディ・カナレット」

    2日目は「東京ディズニーシー」を満喫。この日のランチも、プライオリティー・シーティングを利用してレストランを予約していました。 プライオリティー・シーティングというのは、事前に利用時間を指定しておく事で優先的に席へと通されるもの。待ち時間が短くなるのが良いですね。 予約は利用する日の一ヶ月前(10:00)から。人気のレストランなどは、なるべく早めの時間に予約しておいた方が良いです。

  • 2日目は東京ディズニーシー。ですが健康に関する話題を

    とうとう、東京ディズニーランドとディズニーシーも臨時休園になってしまいましたね。 実はこの3月にも行こうと思って飛行機や宿まで予約していた時期があったのですが、早めに予定を変更というか、キャンセルしていて正解でした。 ANAやJAL、じゃらんパックでの予約だとこの期間のキャンセル料はかかならいようですけど。何よりも、行くつもりで行けなくなるとガッカリしますからね。

  • 美味しい朝食で1日のスタートを!日本料理「浜風」にて

    今回宿泊した「東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾート」。朝食付きのプランであれば、会場は3箇所から選択可能でした。 1つは、初日に利用した和洋レストランの「オールデイダイニング「カリフォルニア」」。人気はこちらが、一番高そうでしたね。 そしてもう一つは、和食がメインの「日本料理「浜風」」。比較的年齢層が高めの方が利用されていたように思います。

  • ホテル泊で3日連続の部屋呑み。でも飽きない理由とは?

    私の大好物、東京ディズニーランドの「スモークターキーレッグ」を買って帰ろうと思ったのですけど。不覚にもお店への道を間違えてしまいました(笑) いくら歩いても歩いてもお店には辿り着けず。挙句の果てには、元の場所に戻っている始末。まだまだですね。 さすがに疲れたので、ターキーレッグは諦める事にしました。

  • アウトドア好き必見!「スイスファミリー・ツリーハウス」

    ディズニーランドと言えば、乗り物系のアトラクションが中心。人気もそちらに集中しています。が、実は体験型のアトラクションにも、魅力的なものがあるのです。 その代表的なものが、「スイスファミリー・ツリーハウス」。アウトドア好きなら、一度は見ておいて損は無いかもしれません。

  • インディアンのキャンプもリアル!ウエスタンリバー鉄道

    ブログの更新が暫く停滞してしまいました。 早朝にブログを書くのが習慣になっている私。現在も以前と同じように朝4時には起床しているのですが、あれやこれやとやる事が多くなっているので、なかなかブログまで手が回っていません。 以前のようにブログを書こうと思うと、朝の3時には起きないといけませんかね。まあ、無理ですが(笑) さて、ディズニーネタの続きを綴っていきます。車中泊やキャンプに関係したブログの為、

  • 昼でも夜?コース料理をブルーバイユー・レストランにて

    朝一番から丸一日かけて、ディズニーランドを満喫。これぞ、ホテルに連泊してディズニーリゾートを楽しむ醍醐味ですよね。 という事で、昼食はちょっと贅沢をしてレストランのコース料理を予約。「ブルーバイユー・レストラン」に行ってみる事にしました。 こちらのレストランは、「カリブの海賊」から見えるレストラン。暗がりに浮かぶ提灯が、何とも幻想的な雰囲気を醸し出しています。 以前、「カリブの海賊」の船から見えて

  • 2デーパスポートで一日目は「東京ディズニーランド」へ

    ホテルで朝食バイキングを満喫した後は、部屋に戻ってから急いで出かける準備をする事に。 この日予定していた「東京ディズニーランド」は、午前8:30からという早い開園時刻になっていたからです。(日によって異なるので要確認) なるべく、開園までに行くのがベスト(何故なのかは後述)。8:30までには間に合いそうになかったけど、とにかく急ぎました。

カテゴリー一覧
商用