searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

デルオさんのプロフィール

住所
墨田区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
デルオの多肉日記
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/sarcastic/
ブログ紹介文
ベランダと部屋で多肉と観葉植物を育ててます。
更新頻度(1年)

343回 / 365日(平均6.6回/週)

ブログ村参加:2015/02/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、デルオさんの読者になりませんか?

ハンドル名
デルオさん
ブログタイトル
デルオの多肉日記
更新頻度
343回 / 365日(平均6.6回/週)
読者になる
デルオの多肉日記

デルオさんの新着記事

1件〜30件

  • 出たーーー!

    ブラックプリンスが我が家にやって来たのは今年6月末のことだった。 比較的赤っぽい色のブラックプリンスだ。 以前いたブラックプリンスはもっと黒かった。 コレだ。 個体差があるのだろうか? そういえば店の人

  • ダドレアに水をやる

    朝晩の気温は20℃を切り、昼も25℃に届かなくなってきた。 すっかり秋だ。 6月7日に最後の水をやって以来断水を続けていたダドレアだが、そろそろ水をやってもいいのではないか。 断水期間実に3ヶ月と20日。

  • アエオニウム成長期突入

    ほんの数日前に記事にしたばかりだが今日もアエオニウム。 前回記事では黒法師が最初に動き出したということを書いたが、その後続々と成長を開始した。 茶法師。 9月17日。 現在。 葉が開いたことでひと回り大

  • ノベリー&プセウドカクタス・プリドニス

    すっかり秋。 最低気温は毎日20℃を下回り最高も27℃とか28℃とか。 こうなると高温性夏型多肉は成長が鈍ってくる。 ユーフォルビアの生育期もそろそろ終わりか。 さみしいね。 とはいえ今日登場する2種のユー

  • 臥牛を実生する

    人工交配した臥牛が結実しサヤが開いてきたので収穫した。 8月26日のことだ。 開いてみると中には黒い種が。 何だ?コレ。 鼻くそみてえだな。 この臥牛にできた種だ。 ひとサヤのみ結実し種は9個。 挿し

  • ブラックプリンスは死んでいない

    日陰断水作戦が失敗し夏を乗り切ることができなかったブラックプリンス。 葉が全部枯れてしまった。 元々はこんな姿。 茎立ちした先に黒葉をつけるカッコいいヤツだったのだ。 7月まではこの姿を維持していた

  • 黒法師は最初に始動する

    アエオニウムの中で一番に始動するのはいつも黒法師。 今年も黒法師が最初に動き出した。 平面状だったロゼットが立体的になり葉元がミドリに変化している。 葉が伸び始めたのだ。 小さいロゼットのヤツにもミド

  • 6月から断水しているダドレアはどんな具合だ?ブリトニー以外編

    6月から断水しているダドレア。 昨日ブリトニーを見たので今日はそれ以外。 まずはヴィリディス・V・インブリカータ。 おお。 きれいじゃないか。 作戦成功だ。 去年はコレ。 えらい違いだ。 去年も日陰断水作

  • 6月から断水しているダドレアはどんな具合だ?ブリトニー編

    夏に弱いダドレア。 去年も一昨年も夏が終わる頃には超ボロボロになっていた。 そこで今年は6月から断水し日陰に置くという思いきった作戦を立て実行したのだが、さてどうなったか? 今日は3つあるブリトニーの様

  • チレコドン始動

    チレコドン・ブッコルジアヌス。 今年の冬購入、初の夏越し。 調べてみると冬型ということなので日陰に置き水は2週に1回じょうろでひと回しぐらいを与えていた。 断水した方がいいのか夏でも少量を与えた方がいい

  • しつこく今日もカリカリのヤツらに水をやる

    今日も同じような記事だ。 しつこいな。 いい加減飽きたぞ、という声が聞こえてきそうだ。 書いている本人も飽きた。 明日は変えよう。 昨日の夕方水やりしたエケベリアkissingというヤツ。 水やり前。 水をやっ

  • 今日もカリカリ野郎に水をやる。

    毎日同じような内容になってしまうが、昨日もカリカリ野郎に水をやったのでどうなったか見てみる。 まずはコレ。 昨日、水やり前のアメジスティナムと紫美人。 水分が減りやせている。 右の紫美人にはシワも出てい

  • カリカリのヤツらに次々と水をやる

    カリカリのヤツら4個に水をやったら翌朝にはプクプクになっていた。 気を良くしたデルオはさらに4個のカリカリ野郎に水をやった。 さて、どうなったか? 立田。 水やり前の昨日。 今朝。 復活。 水を吸ったな

  • 水をやったカリカリ野郎たちはどうなったか?

    昨日の夜水をやったカリカリ野郎たち。 さて、どうなっただろうか? 水を吸いふくらんだのか? それとも変化なしか? 最低気温は25℃を下回りもう熱帯夜ではない。 恐らく水を吸っていると思うのだが..... 昨日水

  • カリカリなヤツらに水をやる。

    断水中の春秋型。 水分が減りカリカリになってきたがまだ水はやらない。 もう少し涼しくなってからやるのだ。 カリカリでも多分大丈夫。 水をやれば翌日には何事もなかったかのようにシャキッとするはず。 銘月。

  • 渋カッコいいヤツら

    ハオルチアにも色々あるが今日は渋くてカッコいいヤツらを見ていこう。 イルミアエ。 くすんだベージュの葉表面。 泥を塗りつけて乾かしたような感じだ。 うっすらと模様があり錦帯橋にも似るが錦帯橋ほどはっきり

  • 斑入りガステリア5種

    斑入りガステリアの様子を見てみよう。 新入りもいるし数が増えてきた。 まずは子宝錦。 久しぶりだな。 デカくなっているし仔も結構吹いたね。 小型のガステリアだが斑はきれいだ。 仔にもきれいな斑が入ってい

  • ハオルチアの色が若干変化した.....かな?

    夏は太陽の位置が高くなる。 高くなるとベランダ柵裏や奥の棚には陽が射さない。 しかしこの時期になると柵裏や奥の棚にも少しずつ陽が射し始める。 ハオルチアにも多少陽が当たり色が変わってきたのではないだろう

  • リミフォリア4タイプ

    リミフォリア。 葉表面裏面ともに波状の隆起があり模様を成している。 先端は尖り旋回しながら上へ伸びていく。 今日はリミフォリアの様子を見てみよう。 うちで一番デカいリミフォリア。 3号カクカク鉢に植え

  • コイツ本当に錦帯橋か?

    昨年1月に購入した錦帯橋。 葉挿しの状態で売られていた。 ここから育てるのも面白いだろうと思い購入したのだが1年半が経過し結構デカくなった。 小さかった2つの仔は葉を増やし立派なロゼットを形成している

  • サボテン. 上手く育ってないな~

    今日はいくつかサボテンを見ていく。 翠晃冠錦から再び花芽が上がっている。 球体の大きさに不釣り合いなブッとい花茎。 相当なエネルギーを使いそうだがコイツは花より斑が魅力。 蛍光ピンクに黄色が混じるチョー

  • グラキリスぼってり.タッキー分岐

    今日はパキポディウム。 グラキリスが太ってきた。 タテにも伸びたがヨコの生育が良い。 購入時とは別物のようだ。 ちなみに購入時はコレ。 2018年7月の購入。 2年でかなり太るのだな。 ベランダ最前部置

  • ユーフォルビア.Sep.2020.その3

    今日もユーフォルビア。 まずはうちで一番デカいユーフォルビア。 いや、全多肉植物のなかでも一番デカいヤツ。 レウコデンドロン。 1メートルはゆうに越える大きさ。 撮影のため室外機カバーの上に移動するだけで

  • ユーフォルビア.Sep.2020.その2

    昨日の続きだユーフォルビア。 今日はグランディアラータからいってみよう。 一昨年だったか、カットして枝を出させたもの。 枝は2本出て今年はその枝からさらに枝が出た。 新しいトゲは赤くシマシマ模様の茎によ

  • ユーフォルビア Sep.2020.その1

    9月に入ったがまだ猛暑。 ちょっと歩いただけで汗をかく。 去年の今頃はかなり涼しかったと記憶しているが今年は違う。 というか年々暑くなっているような気がする。 昼間はゆうに30℃を越える気温。 ユーフォル

  • 断水継続中のヤツら.その2.ヤバいヤツら

    昨日に続き断水継続中のヤツらを記事にするが、今日はその中でもヤバいヤツらを見ていく。 まずはパーティードレス。 その名からして本来は華やかな姿のエケベリアなのだろうが、うちのヤツはボロボロ。 葉は全部

  • 断水継続中のヤツら

    9月に入ったがまだ暑い。 去年は盆明けから涼しかったような気がするのだが今年は残暑が続く。 涼しくなったら春秋型に水やりを再開しようと思うがまだまだヤバい。 断水を継続する必要がある。 今日は断水継続中

  • 観葉植物 Aug.2020 その2

    数日前に記事にしたステレオスペルマム。 葉が全部枯れた後新芽がワラワラと出てきた。 一旦は丸坊主になったが枯れなくて良かった。 コイツらが育てば再びワサワサになる。 しかし、なぜ丸坊主になったのだろう

  • ハオルチアは外で育てる。

    去年まではかなりの数を室内に置いていたハオルチア。 だが現在室内に置いているのはほんの数鉢だけだ。 スプリング錦。 北斎錦。 オブツーサ錦。 コイツらは外だと斑の部分が変なオレンジ色になる。 高価なも

  • ハオルチアの仔を観察する.その2

    昨日に続いてハオルチアの仔を観察する。 4月にアタマを切った鼓笛錦。 手前の仔は実は切る前からいたものだ。 緑のところから出たので斑がほとんどない。 しかし反対側には、 出た! 待望の斑入り。 いやあ

カテゴリー一覧
商用