chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • ギリギリの夏越し?

    エケベリア・ブルーバード5月31日。 ぷくぷくにふくらんだ葉は白粉を帯び先端はピンクで美しい。 なかなか良いエケベリアだ。 しかし夏はやや苦手だ。 8月2日。 ロゼットは開き葉が薄くなっている

  • マッソニア成長開始

    4日前のオキザリスの記事に登場したマッソニア。 枯れ葉の陰に潜む緑色の物体。 葉が出てきたようだ。 オキザリスが芽を出してきたのでひょっとしてコイツも、と思い枯れ葉の下を覗き込んで発見したのだ。

  • ルノーディーン半日で焼ける

    エケベリア・ルノーディーン。 焼けている。 それもヒドイ焼け方。 昨日までは何ともなかった。 今日焼けたのだ。 しかも半日で。 夏の間ずっとベランダ奥の日陰で休ませていたルノーディーン。 だが最高

  • ピンキーを観察する

    久しぶりにピンキーを観察しよう。 ハオルチア・バディア・ピンキーのことね。 ベランダ柵裏の取り出しにくいところにあるのでこうやってじっくり観察することは滅多にない。 良い機会だ。 よーく観察しよう。

  • 蒼角殿の球根を埋める

    蒼角殿はツルがボーボー。 もっとデカい支柱にすべきだったな。 来年は倍ぐらいの長さにしよう。 ボーボー過ぎてもう成長しているかも分からんぞ。 きれいな緑色のツルなのだがもうぐちゃぐちゃ。

  • オキザリスの成長開始はまだか?

    七宝樹、サギナータス、亀甲竜、チレコドンなど、冬型の多肉が続々と成長開始している。 冬型といえども冬に動き始めるわけではなく秋の割りと早い時期に始動するヤツも多い。 ま、ダドレアみたいに寒くならないと

  • アンボボンベンシスは動いているのか?

    アンボボンベンシス。 舌噛みそうだわ。 アンボボンベという地域に生息する植物らしいが、その姿は異様だ。 ぼってりした塊根から複数の枝が伸び先端に濃緑色の葉をつける。 塊根は樽型。 皮がめくれた

  • ドルステニア紅葉

    ドルステニア・フォエチダ。 紅葉が始まった。 というか既に一枚は落葉しどこか飛んでいったようで葉が減っている。 残る2枚のうち一枚は枯れかけ、もう一枚も先端が赤くなっている。 丸坊主は時間の問題だ。

  • パニクラータスと群卵は成長開始. ブッコルジアヌスは?

    チレコドン・パニクラータスに葉が出始めた。 明るいミドリに赤。 出始めはこんなんなのね。 初めて見た。 夏の間ただの棒だったが葉が展開すれば植物らしくなるな。 そういえばもう一ヶ所成長点があっ

  • 二重脱皮野郎に変化が!

    9月15日に記事にしたばかりだが再びリトープス・アクアマリーン。 前回登場時はこのような姿だった。 脱皮が完了しない。 というか旧葉新葉ともにパンパンにふくらんで元気そう。 コレでいいのか? 旧葉は

  • アガベの調子が悪い気がする

    チタノータ。 去年の秋ぐらいにこじれ、その後ずっと調子が悪い。 あまりにも調子悪いので先月植え替えたのだが、それでもダメっぽい。 根がダメなんだろうねコレ。 明らかに根が水を吸っていない。 葉は薄

  • ボロボロ黒法師

    ボロボロの黒法師。 葉が枯れまくりロゼットは完全に崩壊している。 茎に枯れ葉がついただけのような残念な姿。 8月に買ってすぐ植え替えたのだがそれが良くなかったのか、しばらくすると葉が落ち始めた。

  • ボンバックスを買ったぞ!

    以前から欲しいと思っていたボンバックス。 だが意外と売ってないようで店で見かけることはなかったのだが、ふと立ち寄った園芸店で手頃な価格のものが売られていたので購入した。 コレだ。 3号鉢。 すーっと

  • アレナケア錦を植え替える

    スルコレブチア・アレナケア錦。 ものすごく傾いている。 太陽の方に傾いていると思っていたが反対向きにしても変わらない。 これは.....根が伸びて鉢に当たりこうなっているのではないか? 植え替えるか

  • ステファニアに葉が出た!

    8月17日に買ったステファニア。 鉢に植わっていると思ったら何と根なし。 単に土にのせてあるだけだった。 根出しから始めることになったステファニア。 土にのせ水やりし土が乾いたらまた水やり。 そ

  • 二重脱皮異常脱皮野郎の現在

    リトープス・アクアマリーン5月31日。 今年も二重脱皮したコイツ。 どうも二重脱皮しやすいようで過去にも同じようなことがあった。 さらに、 画像中央の暗がりにも仔が。 異常脱皮だ。 こりゃいかん

  • カブトガニは成長しているのか?

    アガベ・カブトガニ。 下葉が垂れ下がり何かカッコ悪い。 この垂れ下がりを何とかしたいと思い7月に植え替えたのだが、むしろひどくなってる気もするぞ。 ちょっと確認しよう。 7月24日の植え替え直前。

  • 少しは成長したかな?

    6月に買った小さいサボテンたち。 少しは成長したかな? 6月7日購入の守殿玉錦。 3ヶ月経過したがどうなっているだろうか? 現在。 ん~~~。 変わらんな~。 成長期3ヶ月を日に当てて過ごさ

  • だいぶ成長したね!

    今年7月18日のユーフォルビア・トリゴナホワイト。 葉が出始めた。 成長開始だ。 ここから2ヶ月弱。 トリゴナホワイトはどうなっただろうか? 現在の姿がコレだ。 おお~っ! だいぶ成長したね

  • 稚児姿の花芽を切る

    少し前に記事にしたクラッスラ稚児姿。 仔出まくり。 花芽出まくり。 そして、下葉枯れまくり。 この下葉..... ちょっと枯れ過ぎじゃねえの? 茎が露出してきたぞ。 ひょっとして..... 花が

  • 斑の比率が.....

    玉扇北斎錦今年3月8日。 通年外置き。 寒さで傷むこともなく剛健だと言えると思うが、さすがに色は変化している。 赤みが出て中心付近の葉はオレンジに。 実に良い色だがコイツにとってはストレスなのだろう

  • ぷくぷく

    ハオルチア・レティキュラータ・フリンギー。 ぷくぷくだ。 水を吸いはち切れんばかり。 猛暑がおさまり少し涼しくなったからではない。 夏前からこんな感じだ。 夏になると根が機能せず葉がへこむヤツが多い

  • ブラックプリンスほぼ全滅

    ブラックプリンス葉挿し。 8月4日。 暑さで下葉が枯れヤバい状況。 毎年葉挿ししているブラックプリンスだが夏になると毎年枯れる。 春にはぐんぐん大きくなり6月頃にはかなり良い状態になるのだが7月から

  • コイツらはミドリ

    昨日タッキーと恵比寿大黒が早くも紅葉したという記事をアップしたが、他のパキポはミドリ。 まあこれがフツーなのだが、ついでに様子を見ておこう。 グラキリス。 でっぷりと肥った塊茎。 買ったときは

  • もう紅葉かよ!?

    9月になったばかりだというのに、 もう紅葉かよ!? いくら何でも早すぎるだろう。 猛暑はおさまったが全然寒くないぞ。 肌寒くなってから紅葉しろよ!タッキー。 あれ? 恵比寿大黒。 おまえもか!

  • ダドレアはどうなっているか? Part.2

    昨日の続きでダドレアの様子を見る。 まずはノーマ。 6月26日。 現在。 おお。 コイツは全然変わらない。 昨日のブリトニーなんかは下葉が思い切り枯れロゼットが小さくなっていたがノーマはそうい

  • ダドレアはどうなっているか? Part.1

    6月ぐらいから断水し日陰で休ませていたダドレアたち。 だが気温も下がってきたしそろそろ起きてもらうかな。 少しだけ水やりしよう。 じょうろでひと回し程度のごく少量。 目を覚ましてくれるかな? で

  • 下葉枯れまくりなヤツ

    ごっそり枯れた下葉。 ユーフォルビア・プリムリフォリアだ。 新しい葉は出るのだが同じペースで下葉が枯れる。 結果葉は増えず枯れ葉だけが増えていく。 ベランダ最前部で直射日光に当て水は2週に1回たっ

  • 外置きと室内置き. どっちが成長してるかな?

    今年4月。 実生臥牛2鉢を1個は外置き1個は室内置きにした。 外置きの方はベランダ柵内側。 半日陰的な日の当たり方をする場所。 明るい日陰で時々日が当たる。 ガステリアには適した場所。 もうひと

  • どんどん増える成長点

    恵比寿笑いの花が咲いた。 シンプルながらも鮮やかな花だ。 なかなかきれいだね。 次の花芽も準備されている。 連続して咲かせるつもりなのだ。 順調に生育する恵比寿笑い。 塊茎もかなりデカくなっ

  • クラッスラ3種は夏でも成長するのか?

    7月3日にクラッスラを記事にした。 その時思ったのだが、コイツら年中成長している気がする。 1ヶ月ぐらいしたら写真撮って比較してみよう。 と書いている。 ここから2ヶ月弱経ったわけだが、どうだろう?

  • 根は出たのか?

    8月17日に買ったステファニア。 根がなかった。 ホームセンターで買ったのだが根がない。 普通ホームセンターでは根がないヤツ売ったりしないと思うのだがなぜか根がない。 根出しから始めることになって

  • コイツも日に当てちゃダメなの?

    最近記事にしたばかりだが再びフィロボルス・ラビエイ。 8月20日の植え替え直後。 この翌日辺りに水やりし半日陰に置き数日経過後日向へ。 すると、 焼けてもうたがな! 真っ赤だ。 こりゃいかん

  • 直射日光当てるとダメなのかな?

    赤く焼けた黒牡丹。 ベランダ最前部で直射日光にガンガン当てていたらこうなった。 こうなる前に処置しろよという話なのだが、多分大丈夫だろうとたかをくくっていたのだ。 というのも姫牡丹はこれまで最前部で

  • またしても下からか.....

    今年5月。 蘇鉄キリンは仔がうじゃうじゃになっていた、 鉢から大きくはみ出し場所を取るし、植え替えついでに仔を取ってすっきりさせよう。 一個残して全てカット。 鉢も2.5号にサイズダウンした。

  • サギナータス生育中

    先日新芽が出てきたことを記事にしたサギナータス。 7月28日。 紫色の葉が出てきた。 ここからまだ1ヶ月も経たないが、 すでにこんなになっている。 スゲー。 成長早い。 冬型だと思うのだがこのくそ

  • 葉挿しがヤバい!

    毎年夏になると葉挿しが枯れる。 デカいヤツは体力もあるので多少の暑さで枯れたりはしないが小っちゃいヤツは弱いのだ。 今年の冬に作った葉挿し鉢の現在。 ヤバっ! かなり枯れちゃってるじゃん! 今

  • ウンカリーナ咲く

    前回、花芽らしきものが上がってきたことを書いたウンカリーナ。 これがその時の画像。 8月7日のものだ。 ここから2週間。 咲いた! 鮮やかな黄色の花。 いいじゃないか。 花は結構デカい。

  • 亀甲竜を植え替える

    数日前記事にした小っちゃい亀甲竜。 新芽はゆっくりと成長している。 塊根のてっぺんから伸びる黒いものが新芽だ。 葉らしきものが出てきた。 いずれハート型になりミドリに変わる。 すでに先端はミドリ。

  • フィロボロス・ラビエイを買ったぞ!

    フィロボロス・ラビエイ。 聞いたことない名だ。 こんな名前の多肉植物あったのね。 あとでゆっくり調べることにして、とりあえず観察しよう。 細長い棒状の葉を放射状に出す一見ただの草のようだ。 しかしよく

  • 墨キリンを買ったぞ!

    以前から欲しかった墨キリン。 売られているのを見るのは意外と少ない。 ポピュラーなユーフォルビアというわけではないようだ。 確かに峨眉山や蘇鉄キリンなどの人気種に比べ地味だ。 シンプルな柱状で模

  • クンチーを買ったぞ!

    ユーフォルビア・クンチーを買ったぞ。 何だか分からなかったので訊くとクンチーとのこと。 現物を見たのは初めてだ。 こんななのね。 まだ根が出てないかも、とのこと。 枝挿しして間もないのだろう。

  • ステファニアを買ったぞ!

    ホームセンターで売られていたステファニア。 手に取るとぐらぐら。 それもそのはず、根がなかったのだ。 土の上に乗っかってるだけ。 ホームセンターで根なしを売るなんて普通はないと思うのだが.....。 し

  • 亀甲竜成長開始

    七宝樹が芽を出し成長を開始したという記事を書いたのが7月18日。 その10日後の7月28日にはサギナータスからも芽が出たという記事を投稿している。 冬型なのに真夏に動き出すヤツら。 そういえば亀甲竜も

  • 雪うさぎとパウダーシュガー

    昨日の天照とソルトレイクも似ているがピグマエアの雪うさぎとパウダーシュガーもそっくりだ。 雪うさぎ。 パウダーシュガー。 同じじゃないのか? 草姿、葉のカタチ、質感、色に至るまでそっくりじゃん

  • 天照を買ったぞ!

    これが天照。 無紋の万象。 丁面は半透明で白く雲がかかったよう。 すりガラスみたいだ。 コレ、ソルトレイクに似てるな。 ちょっと比較してみよう。 ソルトレイク。 やはり。 そっくりだ。 無紋、

  • ヒョロヒョロだったスマロはどうなったか?

    何度も出しているがスマロ購入時の姿。 今年3月9日のものだ。 黒っぽい葉はぷくぷくで密生している。 良い。 非常に良い。 セダムにも似るがちょっと違う雰囲気。 渋みがあるのだ。 スマロ、買って良かっ

  • ホロンベンセ葉焼け

    パキポディウム・ホロンベンセ。 5月13日。 一見丸坊主だが下の枝から葉が出始めた成長開始の画像だ。 ここから3ヶ月。 現在の姿がコレだ。 おお~! 成長したね~! 葉っぱワサワサ。 成長期ど真

  • 全く成長しないヤツ

    全く成長しない茸ウチワ。 去年の秋にはすでにこの状態で、そこから1ミリも育っていない。 何なんやコイツ? 夏に成長する植物じゃねえのかよ? このキノコのような姿はすごく良い。 変なカタチのウチワ

  • 玉牡丹もうすぐ一年

    玉牡丹。 買って一年弱が経過。 全然成長してない気がするがどうなんだ? ちょっと確認してみよう。 昨年9月2日。 現在。 うわー。 思った通り。 全く成長してないじゃん。 今成長しなくていつ成

  • ペラッペラじゃねえかよ!

    ガステリア恐竜を植え替えた。 2号カクカク鉢から2.5号ミニラン鉢へ。 これでもはみ出すがいきなり3号というのもどうかと思うので当面はこれでいく。 こうやって見るとだいぶデカくなった。 恐竜と言う

  • ウンカリーナ葉を繁らす

    ウンカリーナ・ルーズリアナ。 今年4月。 下葉が枯れ残る葉も黄変。 大丈夫かと心配していたが、 現在。 すっかり元気に。 葉が繁り、その葉もデカい。 やはり夏は旺盛に生育するようだ。 しかし塊

  • キリンドリフォリア.よく分からんヤツ

    ユーフォルビア・キリンドリフォリア。 何だか混沌としていてよく分からんヤツ。 塊根があってそこから茎が出て葉が出ているわけだが一見どうなっているのか分かりずらい。 塊根。 葉が繁っていてのぞき

  • グロボーサとプセウドグロボーサ

    ユーフォルビア・グロボーサとプセウドグロボーサ。 プセウドとはニセモノとか似たモノとかそんな意味だよね。 つまりプセウドグロボーサとはニセのグロボーサ。 それほど似ているのか? 見てみよう。 グロ

  • 1年9ヶ月ぶりにマリリンを観察する

    超久しぶりに登場のマリリン。 まじまじと見るのは数年ぶりじゃないだろうか? ベランダ柵裏の取りずらい場所にいるのでなかなかじっくり見ることがない。 こうやって眺めてみると実に良いハオルチアだ。

  • 無事じゃない

    2日に渡ってエケベリアの様子を見てきた。 今のところある程度は無事だがコレはヤバイんじゃないか? ブラックプリンス葉挿し。 下葉の枯れが尋常じゃない。 ちょっと前までピンピンしていたのにここ数日でこ

  • コイツらも無事

    昨日に続きエケベリアの様子を見る。 ラズベリーアイス×静夜。 特に傷みも見られず問題なさそう。 冬に購入した時には根がほぼない状態だったが根が張ったのだろう。 アルゼ。 色は褪せたが元気そう

  • 今のところ無事

    今のところ無事なエケベリア。 ラウイ。 粉落ちはあるがヤバイ雰囲気はない。 日陰置き、断水。 断水の割には葉も痩せていない。 ブルーバード。 コイツも粉落ちはあるが無事。 日陰置き、断水

  • 全然デカくなっていない気がする

    チタノータの仔株4つ。 最近全然デカくなっていない気がする。 春ぐらいから成長止まってんじゃねえの? ちょっとチェックしてみっか。 5月19日の画像があったぞ。 現在。 どれどれ。 ええと

  • 阿修羅に仔が!

    ふにゃふにゃのトゲというか毛というか、 そういった突起物におおわれた棒状のフェルニア。 緑色で先端だけ赤いというか紫色。 何とも毒々しいルックスの阿修羅。 気持ち悪さ全開で大好きだ。 よく見ると土

  • 夏のオブツーサ

    夏のオブツーサを観察する。 まずはブラックオブツーサ。 冬は黒いブラックオブツーサだがこの時期はミドリ。 太陽が低い時期は半日陰になる場所に置いているのだが今は太陽が高く日陰になっている。 8月にな

  • 夏のピーチ姫は.....

    可愛いピーチ姫。 ブロンズ姫の斑入りだそうだがこっちの方が格段に良いではないか。 カタチはブロンズ姫と同じ。 肉厚の短い葉をロゼット状に積み重ねる。 だが色はピンク。 しかもムラがあり、そこがまた良

  • サギナータス真夏に始動?

    セネシオ・サギナータス。 去年の秋に成長が止まって以来何の変化もない。 あ、いや違う、花が咲いたんだった。 1月7日。 花芽が出てきた。 パープルピンクの毬みたいなカタチ。 咲いたのは4月

  • 暑さに負けそうなヤツら

    負けそうなというか.....コイツはもう負けたと言っていい。 カンテ。 死亡確定だろうな。 ここから復活するとは考えにくい。 良かれと思い夏になっても日に当てていたのが原因だろう。 梅雨明けから日陰にす

  • 紫金城と伏魔殿は同じものか?

    かなりデカくなった紫金城。 太陽が高い時期はあまり日が当たらずミドリになるが、日が当たる時期には褐色に変化する。 水泡状の模様が特徴的だ。 他にはない独特の模様。 素晴らしい。 傑作だなコレ。

  • ノーマは夏を越せるか?

    昨年11月に植え替えて以来調子を崩し水を吸わなくなってしまったダドレア・ノーマ。 今年4月にはこんな状態になっていた。 かなりヤバイ。 相変わらず水吸ってない。 これはもう抜くしかない。 機能して

  • 知らぬ間に仔が!

    知らぬ間に仔ができている。 よくあることだ。 久しぶりに手にとって観察して初めて気づく。 万象春風艶大窓美白線模様。 ベランダ柵裏の手が届きにくいところに置いている。 取るのがめんどくさいのでじっ

  • ショボい黒法師

    2号カクカク鉢の小さな黒法師。 ショボ~い。 下葉は枯れ枯れ。 ロゼットは小さくなり生きているのか死んでいるのか? 茎は見たところしっかりしているが、どうなんだろう? 拡大して確認する。 うん。

  • 葉挿しは夏に消滅する

    何度か記事にしている葉挿し鉢。 全体的にかなり成長したのだが、何せこの暑さ。 そろそろ気をつけないとあっという間に消滅してしまう。 葉挿しが夏に全滅するのはよくあることなのだ。 ということでチ

  • ようやく成長開始

    7月も残り10日というところでようやく成長開始した紅葉彩雲閣。 いったん成長を始めると早く、ぐんぐん成長するのだが、それにしても遅い始動。 赤い葉と茎が特徴なのだが出たばかりはミドリ。 ま、ミドリ

  • 実生ハオルチア

    昨年5月29日。 シュガーダストの種を撒いた。 ここから1年と2ヶ月経過した現在。 大きさにバラつきはあるがまあ順調と言って良いだろう。 13個ぐらいある。 発芽率もまあまあじゃないだろう

  • 仔が増えたな

    ユーフォルビア峨眉山。 こうやってじっくり観察するのは実に久しぶりだ。 どれどれ、どんな感じかな~。 ふむふむ。 仔がいっぱいだね。 ん? 仔がいっぱい? コイツ確か去年は仔がほとんどいなかったんじ

  • トリゴナ・ホワイト成長開始

    ユーフォルビアの成長開始はバラバラで、峨眉山などは4月ぐらいから新葉を展開するが、5月頃開始するヤツ、6月のヤツ、7月のヤツもいる。 トリゴナ・ホワイトもようやく動き出した。 枝の先に新葉がちょ

  • 早くも芽が!

    冬型といっても色んなヤツがいて、亀甲竜みたいに8月には芽を出し成長開始するヤツもいればダドレアみたいに11月ぐらいにならないと成長開始しないヤツもいる。 七宝樹も毎年8月ごろ芽を出し成長を再開するが、

  • 枯れそうなプリムリフォリアはどうなったか?

    ユーフォルビア・プリムリフォリア。 6月28日。 成長期だというのに下葉がガンガン枯れ残りわずか。 買ったばかりなのにもう枯れるのか? まあまあ高かったんだぞー! ちくしょー! と思っていたら、

  • カンテがヤバい!

    カンテがヤバいぞ! 腐ったんじゃないだろうか? 葉の根元が黒い。 こうなると大体ダメ。 コイツもおそらく枯れてしまうのだろう。 今年ようやく手に入れたカンテ。 4月購入時。 多少の粉落ち

  • 魔天竜開花

    魔天竜が花を咲かせた。 白花だが外側には焦げ茶が入りちょっと変わった雰囲気。 面白い花だなあ。 茶が入ることで華やかながらも落ち着いた感じがある。 花茎はぶっとい。 本体と不釣り合いなぐらいの太

  • 小っちゃいタマネギ

    ボウィエア・ヴォルビリス。 和名、蒼角殿。 6月5日。 現在。 あっという間にツルが伸びボーボーに。 相変わらずスゲー勢い。 ま、毎年こんな感じなのだが、今年は観察する楽しみがひとつ増えた。

  • 夏のチレコドン

    チレコドン3種の様子を見てみよう。 パニクラータス。 先月ぐらいまで葉を枯らさずがんばっていたのだがついに全枯れになってしまった。 脇芽も出ていたがそれも枯れ茎だけに。 葉がないとさすがに面白

  • エケベリア試練のとき

    夏に弱いエケベリア。 毎年死者が出る。 今年もヤバそうなヤツが出てきたぞ。 果たして亜熱帯化した日本の夏を乗り越えられるだろうか? ラウイ。 粉が落ちても成長期であれば再生されるがこの暑さだとし

  • 田島の春は成長が早いね

    ベランダにたくさんある多肉植物。 その中でも目を引くのが田島の春。 何らかの理由でタージ・マハルと呼べないのだろうが田島の春はねえだろう。 それほどダサいネーミングのコイツだが、素晴らしく白い。 う

  • 大鳳錦

    先月買った大鳳錦を観察しよう。 2.5号ミニラン鉢に3個植え。 直径1cmほどの小さい苗。 コイツらを自分の手で育て上げるのだ。 きれいな斑が入ったコイツら。 デカくなったらさぞや美しいサボテンになる

  • 皇妃和之宮とミシェルは同じじゃないか?

    皇妃和之宮とミシェル。 同じものじゃないのか? 去年もそんな記事を書いているが改めて確認しよう。 皇妃和之宮。 ミシェル。 やっぱり同じじゃないの? 片や純和風、片や欧米風の名前だが、同じに

  • ユーフォルビア挿し木の様子を見る

    ユーフォルビア挿し木鉢。 途中、ユーフォルビア以外のカランコエやセダム、エケベリアなども追加しごちゃごちゃになっているが、元はユーフォの挿し木のみだった。 5月アタマに挿し2ヶ月が経過した。 そろ

  • 久しぶりのバディア

    久しぶりにバディアを観察しよう。 まずは酒呑童子。 透明感があり、かつ赤みもある独特の雰囲気。 線模様もなかなか良い。 白雲も若干入っている。 デカくなってきたから入り始めたのだろう。 渋いバデ

  • いろんな怒涛

    いつの間にか集まった怒涛たち。 一ヶ所に集めて眺めてみるとそれぞれ顔が違う。 わりとおとなしい顔の怒涛。 葉の丁面に出るぶつぶつ突起も少ない。 まだ小さいからか? でも小さい割にはもう仔が2つもい

  • 日に当てすぎたか?

    うちで一番日当たりが良いのはベランダの最前部つまり塀の辺りだ。 パキポやユーフォ、サボテンなどの夏型をここに置いているのだが、実はここよりさらに日当たりが良い場所がある。 塀の外側だ。 一番早い時間に

  • ブラックオブツーサ錦と琥珀オブツーサ.1ヶ月経過

    ブラックオブツーサ錦と琥珀オブツーサ。 うちに来て1ヶ月経過。 少しは成長しただろうか? さっそく見てみよう。 ブラックオブツーサ錦。 5月29日植え付け直後。 現在。 おお! 成長している

  • 稚児姿がますますワケ分かんないカタチに

    4月7日に記事にしたクラッスラ稚児姿。 至るところから仔が出ている。 てっぺん付近からも葉と葉の間からも。 上から見るとこんな具合。 もう何だかよく分からない状態。 ここから3ヶ月弱が経過。

  • ヒントニーを日陰に移す

    先日ダドレアを日陰に移した。 ここのところ毎日猛暑日。 このままでは暑さでやられるからだ。 エケベリアも暑さに弱い。 ほとんどを日陰に移した。 セダム・ヒントニー。 コイツもそろそろ日陰に移した

  • 海王丸錦にシワが.....。

    6月5日。 海王丸錦を買った。 3個植え。 これを3鉢に1個ずつ植える。 直径2cm前後でカワイイ。 大きく育ってほしいね。 植えてしばらくは日陰から半日陰に置き徐々に日に馴らしその後ひなたへ移

  • プリムリフォリア

    ユーフォルビア・プリムリフォリア。 下葉が枯れ枯れ。 どうなっているのだ? 夏型だよね? 6月12日に買ったのだがそのときはこんなんではなかった。 多少下葉は枯れていたが枯れ進んだのはうちに来てか

  • 早くも暑さにやられる

    6月としては初の3日連続猛暑日を記録した東京。 10分外にいるともう汗が吹き出す。 こうなるとヤバい。 暑さにやられるヤツが出る。 月錦。 下葉が枯れ始めた。 6月アタマに買ったばかりだぞ! 早

  • ダドレアもそろそろ断水日陰置き

    暑いぞ! 梅雨なのにもはや真夏の暑さ。 東京は36℃ 6月とは思えない気温だ。 梅雨はどこへいったんだ? 梅雨明けの気温だぞ。 こうなるとダドレアもヤバい。 そろそろ日陰へ移動し断水した方が良い。

  • 根が腐っとるやないかい!

    パンドラ緑斑点。 丁面はへこみ色も悪い。 下葉は枯れているし見るからに調子が悪い。 触ると.....うわ!.....ぐらぐら。 これは根に異常があるな。 植え替えよう。 抜く。 こ、これは..... 根が腐

  • 黒牡丹と姫牡丹

    黒牡丹を買った。 苔だかカビだか。 あまりきれいな状態ではないが塊根の上に王冠が乗ったようなこの姿はやはり好きだ。 王冠の部分が本体なのだろうがそれと変わらないぐらいの太い塊根。 何とも不思議なカタ

  • アンボボンベンシス

    カッコいいなコレ! ユーフォルビア・アンボボンベンシス。 塊根から枝が10本ぐらい出ており先端にミドリの葉をつける。 塊根.....だよね? 塊茎か? よく分からんが上部からたくさん出ている細長いのは

  • ペクチニフェラは大きくなっているのか?

    ペクチニフェラ錦。 独特の形状、独特の色。 何とも不思議なサボテン。 ちょうど一年前に買ったのだが、コイツ、デカくなっているのだろうか? 昨年6月24日購入時。 現在。 ん? どうなの?

  • 磯松の斑

    葉挿しの鉢。 右3分の2はブラックオブツーサ。 ぽちぽち芽が出ている。 確か毛蟹の葉挿しもあったのだが知らぬ間に全滅している。 毛蟹の葉挿しは未だ成功したことがない。 そして左の長い葉が本日の主役

  • 一年前記事にしたヤツはどうなったかシリーズ.その6.飛竜と奇怪ヶ島

    昨年6月18日「飛竜と奇怪ヶ島を植え替える」という記事を投稿している。 ここから丸一年経過。 どうなったか見てみよう。 塊根は太ったのか? 昨年6月12日。 植え替え直後の飛竜。 現在。

ブログリーダー」を活用して、デルオさんをフォローしませんか?

ハンドル名
デルオさん
ブログタイトル
デルオの多肉日記
フォロー
デルオの多肉日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用