searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

デルオさんのプロフィール

住所
墨田区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
デルオの多肉日記
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/sarcastic/
ブログ紹介文
ベランダと部屋で多肉と観葉植物を育ててます。
更新頻度(1年)

332回 / 365日(平均6.4回/週)

ブログ村参加:2015/02/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、デルオさんをフォローしませんか?

ハンドル名
デルオさん
ブログタイトル
デルオの多肉日記
更新頻度
332回 / 365日(平均6.4回/週)
フォロー
デルオの多肉日記

デルオさんの新着記事

1件〜30件

  • 仔か?花芽か?

    8月20日の稚児姿。 成長点から花芽が出てきた。 同じ鉢に植えている隣のヤツはすでに開花中。 ああ、コイツも花を咲かせるのだなあ。 そう思っていた。 9月10日。 花芽が伸びてこない。 てゆうかコレ.....

  • 沈黙を破ったアレナケアと緋花玉綴化その後

    2年間全く、1ミリも成長しなかったアレナケアと緋花玉綴化が突然動き出したのは1ヶ月ほど前。 両方とも突然仔を出してきた。 今日はコイツらがどうなっているか見てみよう。 まずはアレナケア。 やや下の方に

  • 茸ウチワの状態を見る

    茸ウチワ。 一見サボテンに見えない。 そこら辺に生えててもキノコだと思うだろう。 出くわしても多分目にも止めない。 しかしコイツ、サボテンなのだ。 こんなサボテンあるか? 変なヤツだなあ。 見れば見るほど

  • 今年も咲いたぞ変な花

    どーん。 フェルニア・ゼブリナ錦の花が今年も咲いたぞ。 いつ見ても変な花だ。 星形ゼブラ模様。 赤いドーナツがへばりつく。 やっぱスゲーなこれ。 この赤いドーナツは何なんだ? 摩訶不思議。 花は低い位置に

  • 葉挿しハオルチアいろいろ

    今日はハオルチアの葉挿しを見てみよう。 まずはブルーダイヤモンド。 もうロゼットも形成されているし特徴も出ている。 置場所もすでに外。 ベランダ奥の棚で多少の直射日光にも当たっている。 葉挿し開始からは

  • 水をやったダドレア. 吸ったのか?

    3日前に水をやったダドレアたち。 吸ったのだろうか? 3ヶ月半断水したカンディダ。 9月17日の水やり直前。 シワが寄っている。 夏の間ずっと水をやっていないから当然だろう。 久しぶりに水をやるぞ。 でも

  • デカい臥牛

    「デカい臥牛」 このタイトル、以前も使ったような気がする。 調べてみると.....やはりそうだ。 今年7月3日、3.5号鉢の臥牛を記事にしている。 しかし今回は4号鉢。 さらにデカい臥牛なのだ。 うちで最大の臥

  • 夏を越したダドレアたち

    昨日はブリトニーだけになってしまったが、他のダドレアも見ておこう。 カンディダ。 下葉が枯れ生きている葉にもシワが寄っているが、まあ元気そう。 フランクレイノルト。 コイツも下葉が枯れたが上の方は元

  • 断水ダドレアに水をやる

    夏の間日陰で断水していたダドレアたち。 涼しくなってきたし、そろそろ水をやるか。 でもいきなりたっぷりはやらない。 じょうろでひと回し程度、少量やることで目覚めさせるのだ。 本にそう書いてあった。 長期

  • カットしたキブウェゼンシス

    5月22日。 キブウェゼンシスをカットした。 成長期前に切り成長期に入ったらガンガン仔吹く.....そういう作戦。 1ヶ月後には芽が出て夏にぐんぐん成長する.....そういう作戦。 だが芽が出たのは8月2日。 遅

  • カッコいい峨眉山

    何年も育てている峨眉山。 仔だらけで本体はあまりよく見えない。 これでも2年に一度は仔を間引いているのだが、新しい仔がすぐに出て、あっという間に群生化する。 上から見るとこんな具合。 仔はいくつあるんだ

  • チレコドン・パニキュラータ

    チレコドン・パニキュラータ。 棒のような茎の先端にちょろりと葉をつける大して見栄えのしない植物。 でも、こういうの、好きなのよ。 つい買ってしまう。 Tylecodon Paniculatus 阿房宮というのがネットで出て

  • 悩みでもあるのか?

    振武玉。 ダニ被害で下半分が茶色くなってしまったが、その後薬剤を定期的に散布し現在復活中。 一時はトゲが出なくなり心配したが今ではトゲも再び出て上の方はマトモになってきた。 上のミドリの部分は主に今年成

  • どんどん太るぞグラキリス!

    何度も記事にしているがグラキリス。 どんどん太るぞ。 購入時からの推移を見てみよう。 購入時。 2018年7月。 細っ! 鉛筆ほどの太さもない、やせっぽちのガリガリ野郎だった。 そのわりに値段は高く250

  • コレ花芽じゃねえんじゃねえの?

    稚児姿。 白っぽい肌はざらざらで独特の雰囲気を持つクラッスラ。 2本植えで右は花が咲いている。 地味な花だ。 ベンケイソウの花はだいたい地味だがコイツのは特にショボい。 そもそも咲いているのかどうかも分

  • アエオニウム.Sep.2021

    昨日の艶日傘はボロ雑巾だったが他のアエオニウムはどうだろう。 黒法師。 おお。 いいじゃないの。 これはもう成長始まってるね。 葉が伸びた分ミドリが見える。 コイツも同じ。 下葉が枯れ小さくなったが成

  • 艶日傘、大丈夫か?

    きれいだった艶日傘。 今はボロボロ。 この変わりよう。 使い古した雑巾のようなボロさだ。 毎年夏の終わりにはボロボロになるのだが去年はここまでひどくなかったんじゃないかな? 去年の画像を見よう。 やは

  • 綴化した!

    オベサhyb. 2号カクカク鉢植えの小っちゃいヤツ。 だが小っちゃいながらも枝が複数ありなかなかカタチが良い。 稚児キリンや峨眉山のように仔吹き旺盛なタイプなのだろう。 デカくなったら仔から仔が出て超アタ

  • 小っちゃくてカワイイ

    ハート型の葉。 亀甲竜の葉だ。 順調に生育している。 まだこの一枚だけだがいずれツルが伸び2枚目3枚目が出てくるのだ。 小っちゃいイモと一枚だけの葉。 だが異様にカワイイ。 亀甲模様どころかひび割れ

  • 日陰断水エケベリアに水をやる

    日陰断水で休ませていたエケベリアに水をやる。 ここのところ最高気温が22℃ぐらいで10月中旬並み。 また暑くなる日もあるようだがもうやっても良いだろう。 ルノーディーン。 下葉は枯れ枯れだが比較的きれい

  • ネオンブレイカーズを仕立て直す

    冬はピンクのネオンブレイカーズ。 だが夏はミドリ。 そして、傷んでいる。 涼しくなってきたことだし植え替えよう。 ハイッ。 出来上がり。 下葉はおもいっきりむしった。 20枚ぐらいか。 中心のきれいな

  • 実生臥牛を植え替える

    去年の夏播種した臥牛実生。 かなり込み合ってきた。 そろそろ植え替えた方がいいかな。 かなりの数があるが、 全員ペラッペラだ。 実生一年だとこんなもんなのか。 よく分からんが仔吹きも小っちゃいときはペラ

  • 姫牡丹を買ったぞ!

    念願の姫牡丹。 いきなり3つも手に入れた。 3個植えだったのだ。 姫牡丹は結構高い。 成長が遅く一人前になるのに何年もかかるからだ。 直径2.5cmしかない小っちゃいヤツら。 だがここまでにかなりの年月がか

  • 出過ぎじゃねえのか?

    新氷砂糖。 2.5号ミニラン鉢植え。 本体と葉挿しを一緒に植えているのだがだいぶ込み合ってきた。 コイツ、やたらと仔吹く。 葉と葉の間から仔が出まくっている。 こんなに出なくていいだろ、というぐらい。 ロ

  • ついに成長開始!

    スルコレブチア・アレナケア錦。 一昨年ぐらいに買ったのだが全く成長しない。 多分1ミリも大きくなっていないと思う。 変化はある。 冬になると縮む。 上から押し潰されたように縮み横皺が入る。 それだけ.....

  • エケベリア夏越し終盤戦

    ラウイやアガボイデス、ピンクルルビーのように夏でも全く平気なヤツもいるが、たいていのエケベリアはベランダ奥の終日日陰になる場所で断水し休ませている。 8月も終わり9月に突入。 夏越しも終盤戦に突入したが

  • 亀甲竜を植え替える

    2号カクカク鉢植えの亀甲竜。 汚ないし、そもそもどこに塊茎があるのかも分かりずらい。 塊茎は中央だ。 豆粒ぐらいの大きさ。 そして葉が一枚。 そう。 すでに成長を開始しているのだ。 冬型の亀甲竜だが成長開

  • カブトガニを植え替える

    2.5号ミニラン鉢に植えているカブトガニ。 下葉が垂れ下がり鉢にフタをする格好になっていて水やりがめちゃしずらい。 上からザーッとかけると下葉を伝って全部こぼれる。 なので毎回鉢を傾けわずかなすき間から

  • 大和錦もヤバいじゃねえかよ!

    暑さに強いと思っていた大和錦だが、 気づけば中心部が白くなり枯れている葉もある。 ヤバいじゃねえかよ! ついこの間までピンピンしてたのだ。 いやあ大和錦は暑さに強いね~などと思っていたらコレだ。 今さら

  • ホワイトウルフを買ったぞ!

    ホワイトウルフは2.5号鉢に植わっている。 小っちゃいね。 まだロゼットも整っていない。 幼い苗だ。 だが、化けそうな雰囲気が漂っている。 赤茶とベージュとくすんだグリーンが入り交じる葉。 正三角形で葉が

カテゴリー一覧
商用