chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 権現崎-松前小島-白神岬 縄文大航海の再現220806 NHKBS3

    権現崎-松前小島-白神岬縄文大航海の再現220806NHKBS3不安定な丸木舟。しかし、北海道渡島半島部と青森県の遺跡群が結合するためには、津軽海峡の舟便。数千年前の二点間結節が再現される。テレビの画面を懸命に追った。青森県北津軽郡中泊町小泊尾崎神社を背後に持つ「権現こんげん崎」が出発地。渡島半島西部に位置する「(松前)小島」をめざして、西方向にすすむ航路の選択。激しい津軽海峡流の流れに乗って東に方向を転じ、白神岬にむかって海峡を横切るプラン。丸木舟。前にすすめるのはレーサーで実績をもつ男女混合の6名。専任技術者が操舟するわけでもなく、家族妻子が熟練した結果。そういう読みで。丸木舟を安定させるためには、さまざまな荷物。それに腰掛けて舟を操縦。重心低下の効果も大きい。2022年6月2日に催行。操縦時間は約5...権現崎-松前小島-白神岬縄文大航海の再現220806NHKBS3

  • 「傷病者薬用」「爆薬補助剤」 昆布灰 沃度加里 用途で検索220804

    「傷病者薬用」「爆薬補助剤」昆布灰沃度加里用途で検索220804先に末広(まびろ)地区在住者のお方が語って下さった「再話さいは」の内容が中間報告された。聞かせてもらって、日露戦争から戦後にかけて海岸漁村で盛況であった昆布灰(こんぶばい)、ヨード加里取得。それについて、その用途のなかにこれまで語られなかった知見が込められていた。そのように受け止めた。そこで、昆布灰沃度加里用途でネット検索をしてみて、当面、次ぎに三つの視点に注目しておいた。1)「昆布からヨウ素を取り出す」https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201002228531373719J-GLOBAL2)「日本のヨウ素の歴史」https://fiu-iodine.org/history/ようそ学会3)...「傷病者薬用」「爆薬補助剤」昆布灰沃度加里用途で検索220804

  • 「傷病者薬用」「爆薬補助剤」 昆布灰 沃度加里 用途で検索220804

    「傷病者薬用」「爆薬補助剤」昆布灰沃度加里用途で検索220804先に末広(まびろ)地区在住者のお方が語って下さった「再話さいは」の内容が中間報告された。聞かせてもらって、日露戦争から戦後にかけて海岸漁村で盛況であった昆布灰(こんぶばい)、ヨード加里取得。それについて、その用途のなかにこれまで語られなかった知見が込められていた。そのように受け止めた。そこで、昆布灰沃度加里用途でネット検索をしてみて、当面、次ぎに三つの視点に注目しておいた。1)「昆布からヨウ素を取り出す」https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201002228531373719J-GLOBAL2)「日本のヨウ素の歴史」https://fiu-iodine.org/history/ようそ学会3)...「傷病者薬用」「爆薬補助剤」昆布灰沃度加里用途で検索220804

  • そのとき、すぐに。それでも落第  データの保管管理220805

    1)城山モシリヤ学コミッション2)くしろ元町青年団3)笑顔のニュータウン「郷土を学ぶ地域学講座」4)史跡整備事業5)自治体史編さん委員会6)釧根郷土芸能振興基金7)釧路湿原シニア大学8)ぶぶる釧路の街を歩く会9)尾幌川生活史研究会10)橋北春採湖プロムナードいつの間にやら、書類がたまる。次々と重ねてゆくに、そのうち山積みされて、なにが、なんだか所在不明に。依頼が一段落したところで、その都度、綴じ込むシステムつくりを。そう考えて、整理の項目をメモランダムに。レターファイルにタイトル付して、二穴のパンチで。そう考えていると、異種・異形の登場。リーフ、パンフの「穴明けて、憚るモノ」の存在。事務袋に突っ込んで、袋の端を二穴パンチ。綴じ込むものの、どのタイミングで入手したペーパーであるかの迷い。ペンで、日付、相手先...そのとき、すぐに。それでも落第データの保管管理220805

  • 復帰50年を期して 『沖縄県史 各論編7 現代』を手にして220801

    復帰50年を期して『沖縄県史 各論編7 現代』を手にして220801戦後、77年を6部31章に分けて構成している。各章はおおむね20ページ相当。ほかに「コラム」という形で、1ページのトピックスが14本、750ページ余の一冊となっている。「目次」を見せてもらった、のみである。多くを語るに戸惑いもあるが。1)<復帰後50年>は「復帰後の展開」と「沖縄現代史の諸相」の2部11章にまとめられている。2)対して<戦後27年>は、4部にまとめられ、458ページを充てる。3)比率で申すと年数で35.1%に、60.9%のページ数を割り振る構成。3)で、<年数と充当ページ数のアンバランス>を示させてもらった。そこに<戦後、琉球国範疇に終止符をうち、沖縄県=独立地域の国内化>のプロセスを示す。そう言いたげでもある。内実を別な...復帰50年を期して『沖縄県史 各論編7 現代』を手にして220801

  • どこかが違う地域発情報 脱炭素地域指定&徳島県上勝町220730―後―

    どこかが違う地域発情報脱炭素地域指定&徳島県上勝町220730―後―「バイオマス発電」「風力・太陽光の自然再生エネルギー」は経営が表にでていて、作る立場と使う立場に分けている。中央の需要のために、地方が負担を背負っている。地方の環境には負荷かがかかり、他方で雇用は生じていない。建設の投資が終わると、メンテナンスは放置され、地方への還元は貧弱。「読んでいて、そうかなーと。よぎったことがある」。では、何が違和感を持たせるのか。市民、とりわけ女性。地域コミュニティが前面に出てきている。経営が表にでないで、地域のそれぞれの諸階層が「なにをするのか、明確にしている」。念頭に徳島県上勝町のことが、思い浮かんだ。徳島県上勝町。四国南東部の高齢者の地方公共団体。そこは「伝統食文化に着目した葉っぱビジネス」で、知られるマチ...どこかが違う地域発情報脱炭素地域指定&徳島県上勝町220730―後―

  • どこかが違う地域発情報 脱炭素地域指定&徳島県上勝町220730

    どこかが違う地域発情報脱炭素地域指定&徳島県上勝町220730道内配布紙夕刊220730の「科学」紙面。「脱炭素社会進む地域の取り組み」に注目した。 「科学が分かった」とする、Q&Aの紹介記事。記載の事業は4点。1)鹿追町・上士幌町で展開、経済動物排泄物のバイオマス発電。2)風力や太陽光発電の自然再生エネルギー3)公共施設をLED化して動力源消費量削減4)蓄電池装置化で再生エネで島外送電から自立。そもそも、「脱炭素社会」とはどういうことか。5)にその対象=「地球温暖化の原因となる一酸化炭素CO2、メタンガスを除去すること」では「脱炭素社会の意味」とは。6)「地球温暖化の原因となるガスの排出量から、森林などによる原因ガスの吸収分を差し引いてゼロになる社会へ移行すること」。かく記載して政府、地方公共団体、企業...どこかが違う地域発情報脱炭素地域指定&徳島県上勝町220730

  • 釧路停車場 大正6年12月開業 「ぶぶる釧路の街歩き 01」220714

    釧路停車場大正6年12月開業「ぶぶる釧路の街歩き01」220714「ぶぶる釧路の街歩き」,その起点は釧路駅。現在は乗降改札口のところに3個のスタンプが用意されている。参加の章に今回は、一個のみ押印。さて、出発。と申しても、正面入り口の外に出てみることではあるが。紹介の一のポイントは原田康子著『海霧Umigiri』エピローグの一節。1930年6月、東京からの列車が「厚内の短いトンネルをぬけ」「海は濃霧にとざされていた」情景でむすぶ。「二歳の曾孫は毛布にくるまれて、ふたり掛けの椅子をひとりで占領」という形で、自画像を示す。康子さんは、原田惣吉翁から数えて4代目。昭和3年1月1日生まれの作者にとって、このときは満2歳5か月ほど。小説『挽歌』を描く1952年ほどまでには、30年余の時間が流れる。近親者の方が申され...釧路停車場大正6年12月開業「ぶぶる釧路の街歩き01」220714

  • トークイベントのその後

    「ぶぶる釧路の街歩きの会」「facebookに「ぶぶるのメンバー」企画展関連トークイベント「北大通の記憶を伝える」220605のその後7月14日、MOO1F内で“信濃おやき”を創業した裕子さんが呼びかけたミニツアーが催された。多才にして多彩な5人の女性に、筆者を加えた“マチ歩き”の催事。それが135分の徒歩でMOO2Fに開く“グローカルぷらざ”さんにたどり漬いた。そこで抹茶の接待が思いがけなくあったのだ。解散後、直ちにお二人が提案してFaceBookのグループ機能を通じて、当日参加者の間にネットワークが組み立てられた。「(立ち上げようと思うが)どうですかー?」のお尋ねには、「勝手に連帯するネットワーク=<勝手連>で、真に<結構ではないですかー>」。そう申しあげておいた。立ち上がって<旬日>。記載の話題は広...トークイベントのその後

  • 「マチの動き」「市長選挙」「大型プロジェクト」 市内配布紙の自治体史評価220728.

    「マチの動き」「市長選挙」「大型プロジェクト」市内配布紙の自治体史評価220728.釧路市内をはじめ根室国をカバーしている『釧路新聞』。その「余塵」というコラムに「釧路市史」のタイトルで、自治体史の紹介があった。紹介のポイントは3点あるのだが、読ませていただき<緻密な読み>が示されていた。第一は、記載のポイント。1)「事細かくその時の市内の動き」、2)「市長選とそれを取り巻く動き」、3)「ビッグプロジェクトといわれる事業の実現までの経緯」。そこを第二に、4)「詳しく記され」、5)「その内容の詳細さを知るとどれほどの苦労があって発行までこぎつけたかうかがわれるし」、6)「釧路市にとって貴重な史料であると改めて思い知った」とも、書かれてある。それぞれの時期に、「本作りの好きな市職員」が庁内には、居たモノである...「マチの動き」「市長選挙」「大型プロジェクト」市内配布紙の自治体史評価220728.

  • 環境活動とぐるり=未来のために、環境から考えたり、幸せから考える、オンライントーク会220724

    1)安心と信頼のセーフティネットが担保されていると、余分なお金や所得を持たなくて、良い。2)成長の持続を維持することは難しく、成熟、脱成長への哲学が必要。3)選挙の投票率があがらないと、政治家は国民に対する緊張感を失う=主権者を甘く見る。4)久本和明氏はライフワークの“ぐるり”を各地で取り組んでほしい。5)かつての“活手連=勝手に連帯する”は想像以上に緻密。しかし、政権は豊富な資源を駆使して政権批判を監視し、体制維持のための逆宣伝をしている。6)「愉しいころ」「有意味なこと」を親子で取り組みたい、環境教育、宗教教育、職業教育、平和教育を家庭で取り組みたい。7月24日、20時からZOOM会合にお誘いをうけて60分強。識者2人の議論と提案は熱を帯びた。夜のZOOM会議には80人前後の参加者があったと、思う。聞...環境活動とぐるり=未来のために、環境から考えたり、幸せから考える、オンライントーク会220724

  • コロナ 外国人実習生 営農計画 2020年 「営農に影響」「生産量低下が懸念」の実態200411HTB北海道

    コロナ外国人実習生営農計画2020年「営農に影響」「生産量低下が懸念」の実態200411HTB北海道往時の北海道は、本州側商人資本が季節労働力をともなって来道し、先住のアイヌ民族を補助労働力に組織した。今、本道の農業は海外実習生の質量確保がないと、営農に影響、生産量低下、営農計画の練り直しを結果する。かつて本州経済の補完地であった北海道。現今は海外実習生の補助労働力を獲得できぬと規模縮小の状態、かと。確か、あった。そう思い出して「コロナ外国人実習生営農計画2020年」で検索。あるにはあったが、「意外だ」と受け止めたのは農林水産省の『農業生産・販売面での影響と新たな動き」など、「(外国人実習生の)受け入れ対策」がヒットしたこと。筆者が探していたのは、北海道内テレビ局のニュース番組の場面としての報道であった。...コロナ外国人実習生営農計画2020年「営農に影響」「生産量低下が懸念」の実態200411HTB北海道

  • 1975年から海洋資源量半減 「地球に感謝 開店!?植野食堂」220726

    1975年から海洋資源量半減「地球に感謝開店!?植野食堂」220726 昨7月26日夜、18時からBSフジテレビ「SDGs特別番組地球に感謝開店!?植野食堂』を見ていて、訪問をうけた料理店オーナーの弁。「1975年からみると海洋資源量は半減」。そのような趣旨のテロップが画面に登場。種の記憶はないが、「棲息する砂場が半減した」「○○の水揚げ量は減った」趣旨の発言があった。録画しているわけではない、ナナメ視聴の上からの記載ではあるも。気候変動は温帯気候の東京湾に及んでいるの、か。料理の素材は「世界中からおいしい魚介類が集まる豊洲市場」と紹介された、その後での発言。それが「棲息する砂場が半減」や、「水揚げ量は減った」の話。番組は「仲卸の方々から旬の魚や新たな楽しみ方、そして、食材を余すところなく使う方法」を教わ...1975年から海洋資源量半減「地球に感謝開店!?植野食堂」220726

  • ひたむきな生命力 さくらの滝・斜里郡清里町220726

    ひたむきな生命力さくらの滝・斜里郡清里町2207266月から8月。季節限定ながらあらたな名所が清里川に誕生した。年間3000尾ほどのサクラマスがこ越えて越えて産卵にむかう。時には十数尾のサクラマスが果敢に滝に挑む。「生命力のすごさ」。女性陣から<ため息>まじりの感嘆の声。21世紀に入って、サクラマスの遡上が確認されたようで。「平成14年にきよさと観光協会が行った一般公募により、この滝に「さくらの滝」という名前がつきました」と、町観光協会のHPの記載。「海に渡ったヤマメはサクラマスとなって、毎年約3,000匹ほどが戻ってきています」。かくも、書いてある。斜里川の支流、清里川の中流ということになるや。足は「札弦市街から道道摩周湖斜里線を緑町方向へ5kmの地点を左折」、「まっすぐ700m進み右折、道なりに1.7...ひたむきな生命力さくらの滝・斜里郡清里町220726

  • 「北米ロシア産と比較、日本のサケ 運動能力低い」 『北海道新聞』220505

    「北米ロシア産と比較、日本のサケ運動能力低い」『北海道新聞』220505表題の記事が朝刊一面に掲載されていた。北海道内の秋サケ不漁が続く要因を調べて一部の専門家が、研究した。それによると不漁要因は「環境変化など」のほか、「長年続く人工ふ化事業がサケに遺伝子的影響を与えた可能性」を指摘していると言うこと。対策として、「環境ふ化に加え、野生魚の活用」を挙げていると、する、つまり、「自然産卵するサケの遺伝子を取り込もうとする動きも出始めている」と、いうのだ。踏み込んだ対応策。そこで考えられている点は、次の内容。「親魚を『捕獲用のウライ』ですべて捕獲せずに上流に遡上させる」。そこで「自然産卵後に生まれた子たちが数年後に遡上して人工孵化の対象となることで、野生の遺伝子が取り込まれる」。息の長い話ながら、そこをセッカ...「北米ロシア産と比較、日本のサケ運動能力低い」『北海道新聞』220505

  • 「戦後北海道開発試作図」 道内紙<北海道開発計画70年>の社説に触発220718

    「戦後北海道開発試作図」道内紙<北海道開発計画70年>の社説に触発220718「戦後北海道開発試作図」なるものを考えてみた。函館・室蘭・苫小牧・釧路・小樽に主要な重要港湾、十勝・花咲・網走・紋別・稚内・留萌と石狩湾新港も重要港湾で、そこを「藍」のマークで示してみた。港湾築港、河川・泥炭湿地の治水、鉄道敷設、そして炭鉱の開発(炭鉱は図示いていないが)が、昭和戦前期の北海道開拓において主要施策であった。戦後は空知に水利ダム開発。そこで上川国・空知国の水田造成の基盤が深化し、<稲作量>では、全国一の都道府県に昇りつめたでは、ないか。炭鉱&炭田は未記載。1960年を境に閉山がすすみ、往時の石炭王国はその勢いがない。他方で北海道農業は農業の<適地・適作主義>なるものがすすんだ。上川・空知・胆振の水田(水色)、大豆・...「戦後北海道開発試作図」道内紙<北海道開発計画70年>の社説に触発220718

  • 「折り合い」が生み出す地域の知恵 <発祥の知>魅力再発見=ミズベリング江別200719

    「折り合い」が生み出す地域の知恵<発祥の知>魅力再発見=ミズベリング江別200719当時、この記事に触れて、すぐさま授業で配布。道内配布紙の3面。「地域から風街だより」に掲載の企画記事。掲載の写真には「『条丁目地区』を中心に自転車周遊の可能性を探った市民団体『ミズベリング江別』の会員ら」とキャプション。ポイントは「歴史を生かした(地域の)活性化を提唱したことにある。周遊の地は4ポイントが用意されている。1)「旧岡田倉庫」、2)自営の薬局の店先に「グランドピアノ」、3)その薬剤師が友人とはかって「手づくりアイスキャンドル550個」を江別駅前に点灯。4)鎮守社は境内に井戸を掘削し、その水を市民は「神水」と飲料用に入手して参拝後に帰宅の途に。気がつかれたか、既存の文化財らしきは一点=「「旧岡田倉庫」、ほかは賛同...「折り合い」が生み出す地域の知恵<発祥の知>魅力再発見=ミズベリング江別200719

  •  道内秋サケ漁獲量減少 気候変動、一次産業への影響220720

     道内秋サケ漁獲量減少気候変動、一次産業への影響220720 気候変動が北海道内の一次産業に及ぼす影響。そのことが相次いで報じられている。22年7月16日の『北海道新聞』電子版は、「農作物70品目超に温暖化影響全国で品質低下や収穫量減」と伝えた。「気候変動の影響があるとの回答が多かった農作物」という、生産者アンケートの回答内容を報じた内容。この記事は後日、道内配布の紙面でも報じられてる。ペーパーでは本道産農作物へ影響を及ぼしているとの受け止めが<五品目>を紹介していた。影響の度合いも、「品質低下や収穫量減」と言ったモノで、その要因は「地球温暖化などの気候変動」に発する点が、懸念されるのだ。遅れて、水産資源への影響も報道された。22年7月21日付け朝刊では、「海水温上昇、稚魚成育妨げ」とある。指摘の背景には... 道内秋サケ漁獲量減少気候変動、一次産業への影響220720

  • ヒビ・割れ目はいらぬ<長く太い樹> 樹齢300年のヒバを天然乾燥220721

    ヒビ・割れ目はいらぬ<長く太い樹>樹齢300年のヒバを天然乾燥220721いつぞや阿寒湖畔の土産店で、木工細工に余念のない職人さんに聴かせてもらいました。「ヒビが入ったり、割れたりはしません」「乾燥方法を親たちから教え込まれています」。小生の「アイヌ民族の方々の細工モノに、ヒビや割れ目が生じませんネ-」の問いに対する答え。その背景をドラマで知った。教えてくれたのは2021年6月から放送されていたNHK朝のどらま「おかえりモネ」。樹齢300年のヒバを伐り倒すことになり、その保存場所を決めるプロセス。保存場所は鎮守の<ヤシロ社>の拝殿ということになるのだが、その間の一連の議論が尊かった。「誰が、何のために使うことになるのか」「それは解らないが、10年後、50年後のために<いちばん善かった>と評価される保存状態...ヒビ・割れ目はいらぬ<長く太い樹>樹齢300年のヒバを天然乾燥220721

  • 「花が普通に」「住人から声を」「仕事創るヒト移る」 子育てまち育て 石見銀山物語220529NHKETV。

    「花が普通に」「住人から声を」「仕事創るヒト移る」子育てまち育て石見銀山物語220529NHKETV。38歳で逝ってしまった妻に残された夫、先立たれた娘を受け入れる石見銀山の住人と地域社会。土地でなじめぬ思いで登校する児童に校長は「お待ちしていましたよー」。道中で出会った上級生の男の子は、「これからはオレたちが世話をする」移住に同伴したペット犬を「私が預かっているから、行ってらっしゃーい」。キーワードは表題に掲げた三語のようで。「花が普通に生きていける」・・・移住者が地域の住人に示す包容力を形容する一語。「住人から声をかける」・・・・・かつて銀山で栄えた世界文化遺産の指定地が新移住者に示す受け入れ体制。「仕事を創るヒトが移る」・・・・廃坑後、斜陽のマチに「医療器具メーカー」「雑誌社」「衣料縫製品メーカー」...「花が普通に」「住人から声を」「仕事創るヒト移る」子育てまち育て石見銀山物語220529NHKETV。

  • 「輸入依存の限界」

    22年7月16日、道内で配布される『北海道新聞』(夕刊一面)に「輸入依存の限界」とするコラムがあった。沢田信孝記者の「今日の話題」欄への投稿で、説得力がある。抄出してみよう。「エネルギー資源や食料を輸入に大きく頼る日本」。その通りと考える。「この経済構造のもろさは、長年にわたって指摘されてきたにもかかわらず、一向に改善されていない」と、展開する。そして「天然ガス、石油、石炭、穀物などの価格高騰」と当面する深刻な現状を紹介。その要因を。1)ウクライナにロシアが侵攻、2)輸入コストを押し上げる円安、3)新型コロナ感染症、地球温暖化など「輸入環境を激変させる世界規模のリスク」。ここまでメモしたところで、ふと思いついた。本邦の「食料自給率、長期推移、グラフ」と検索。農林水産省の統計をもとに北海道庁が作成したと目さ...「輸入依存の限界」

  • 人材・技術・ポリシーの厚みで圧倒 京都祇園祭り・山鉾巡行220717

    人材・技術・ポリシーの厚みで圧倒京都祇園祭り・山鉾巡行2207172020年、21年と新型コロナウイルス感染症で催行できなかった京都・祇園祭りの山鉾巡行。公共放送は16日の宵宮祭、17日の前祭をライブで中継した。その大半を眺めていたけれど、「実に3年ぶり、これまで中止は先に応仁の乱、近時では第二次世界大戦のときだけ」。それだけに不安もいっぱい。「水引やタペストリーはカビていないか、虫に食われていないか」「(釘一本を使わずに)組み立てる山鉾が最後まこわれないか」「ヒトの気持ちに<祭りバナレ>がないか」。「中京・下京の各町に伝わる山鉾が四条通~河原町通を巡行する「山鉾巡行」は祇園祭の最大の見どころ」(「公益財団法人祇園祭山鉾連合会」のHP)は伝える。放送をみていて思ったこと。1)主催者の不安をヨソに、つつがな...人材・技術・ポリシーの厚みで圧倒京都祇園祭り・山鉾巡行220717

  • 地域に生涯学習の土とヒトが育つ 【第一回 ぶぶる】220714ー2-。

    明けて翌15日の『北海道新聞』夕刊。一面の「今日の話題」には「観光の土つくり」。鈴木徹記者が投稿。「(函館五稜郭タワー)全国でも数少ない純民間経営の観光タワー」。1)タワー出資の不動産業者が撤退し、建設費及び開業後10年ほどの赤字埋め合わせ、2)長男に経営農業用地を売却させて生み出した資金で、経営を持続。現社長の2代にわたる経営軌跡には、3)「手がけた農地で作物を収穫するまで諦めない『農業根性』=土つくりに何年も費する農業経営に近い農業哲学」が、込められていると。最後に「五稜郭タワーは現在」と書く。「歴史上の人物に焦点を当てて戊辰戦争の物語を紹介する記念碑を道南全域に広げ」「散策マップに沿って観光客に回遊してもらうキャンペーンを実施している」「これもまた歴史観光の土壌を肥やす『土作り』に似ている」。筆者は...地域に生涯学習の土とヒトが育つ【第一回ぶぶる】220714ー2-。

  • 「歴史と文学、平和とやすらぎ」を歩きぬく 【第一回 ぶぶる】220714

    「歴史と文学、平和とやすらぎ」を歩きぬく【第一回ぶぶる】2207147月14日午前。【第一回ぶぶる】とネーミングされたマチなかツアーに顔をだしました。所要時間135分、歩いた歩数は3500歩で、換算距離は2450メートルです。今回は7月14日、15日の釧路空襲から77年にあたり、被災の旭小学校敷地、釧路戦災復興記念碑を10箇所のポイントに設営しました。「歴史と文学、平和とやすらぎ」がツアーコースのテーマ。歴史は「石炭と鉄道に育てられた中心街」、文学では「地域を支えたオトコの生きがい」。平和という点では「被災した旭小学校と、被災建材や廃棄家財の集積地」、「やすらぎ」の対象には栄町平和公園の噴水と碑・彫像群。「ぶぶる」の「ぶ」は「遊ぶ」=135分、3500歩、2450メートルの<歩き>「ぶぶる」の「ぶ」は「ま...「歴史と文学、平和とやすらぎ」を歩きぬく【第一回ぶぶる】220714

  • 空襲被災体験 再話採取で豊富化220714

    「釧路空襲慰霊のつどい」14日午前5時から開かれていた。主催は「釧路『負の遺産を守る』会」(代表小棚木幸子氏)。北海道の地方都市が空襲被災を受けたのは、77年前の昭和20年7月14日、15日の両日。14日は3波、15日は2波に及ぶ五回。沖合の航空母艦から発する機種による攻撃があった。根室市、網走市、釧路市、本別町。室蘭市や函館市も攻撃対象となった。3月の大都市空襲、6月の沖縄戦、そして7月の北海道地方都市空襲。非戦闘員の子女、高齢者が本土空襲の犠牲となった。川崎市から10年ぶりに来釧という男性が顔を見せておられ、少しずつ話を聴かせていただいた。内容の入力を急いでいるのですよー・・・・。空襲被災体験再話採取で豊富化220714空襲被災体験再話採取で豊富化220714

  • 木炭不完全燃焼で発生の一酸化炭素爆発で車を推進 木炭自動車220713

    木炭不完全燃焼で発生の一酸化炭素爆発で車を推進木炭自動車2207131)「(木炭自動車は)昭和12~13年から20年頃に使用」は、一つの説明のようで。2)発生炉に木炭をつめこみ、エアーを入れ燃焼部で不完全燃焼=一酸化炭素を発生。3)一酸化炭素の爆発力でエンジンを回転させて車体を推進。4)国家総動員法施行時から敗戦まですすめられた技術開発の時期。そう記載されるべきや。ネットでアップの写真https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c3/Omachi_Energy_Museum_wood-gas-powered_bus_1.jpgを見ると、「大町エネルギー資料館・もくちゃん」で、こちらは現代の新型車両の写真のようで。そもそも製造は戦時のガソリン不足の代替策...木炭不完全燃焼で発生の一酸化炭素爆発で車を推進木炭自動車220713

  • 養蚕業三代、年四期の繭ひき 「白き繭の里 群馬県榛名町」NHK210704-1-

    養蚕業三代、年四期の繭ひき「白き繭の里群馬県榛名町」NHK210704-1-山頂の稲荷祠にヤマミチを60分。それは女性の役割。女性が祠に納められた「陶器のキツネ面」を一体、預かりに来るところから年四季の養蚕が始まる。「災禍=わざわいが大きく広がりませんように」。かく願い「陶器のキツネ面」一体を家に遷し出荷終了まで奉置する。群馬県榛名町。榛名富士-榛名湖-「湖畔の宿」で知られる山麓で、初夏の訪れ共に「桑こき=桑の採取」が作業の幕開け。横浜開港は、高地におおわれた群馬、山梨そして信州長野に桑の栽培、繭の育成、そして製糸の新産業を土着させた。稲作に限界、麦・野菜の畑作栽培に林業。間作を補充する位置にあったようだ。夫婦で桑の枝を切り取る。家では2代目配偶者、初代姑も総出で「クワコキ桑の葉を枝から落とす」を始める。...養蚕業三代、年四期の繭ひき「白き繭の里群馬県榛名町」NHK210704-1-

  • ほうたるや 友は今日から・・・・ NHK俳句220605NHKETV

    メモに記載がある。「ほうたるや友は今日から恋敵こいがたき」。いつの日か、NHKETVの「NHK俳句」に投稿された一句かも。22年6月5日あたりの放送に対する投句であったろうか。ネットで検索してみると「★ほうたるや友は今日から恋敵新潟県村上市鈴木正芳」「↑篠原さんの特選。髙柳さんの特選一席」。「ほうたるや友は今日から恋敵」でhttps://mail.yahoo.co.jp/u/pc/f/message/ANIWRmQAAFMAYrpG_wWZmA1Hc2kそうした記載がヒットした。メモしてあったのは訳がある。波平恵美子編著『文化人類学』(医学書院2022年)に著す。「(結婚は)潜在的な敵対関係からの分離、新しい同盟関係のはじまり」(126p)とする件くだりがある。視点をかえると次の観点が生み出される。「(結...ほうたるや友は今日から・・・・NHK俳句220605NHKETV

  • 再話、聞き書きのセオリー 山崎朋子<からゆきさん>著作220708 

    再話、聞き書きのセオリー山崎朋子<からゆきさん>著作220708女性史の枠組みを超えた「記憶を記録に置換」。その後、「アジア女性交流史」や「女性史叢書」につなげた、文献史料体系化の営為として生涯学習講座で活用できる。「山崎朋子作家」で検索すると、さまざま、ヒットする。1)https://ja.wikipedia.org>wiki>山崎朋子山崎朋子-Wikipedia2)https://www.nishinippon.co.jp>西日本新聞me>九州ニュース>文化作家の山崎朋子さんが死去「サンダカン八番娼館」-西日本新聞3)https://www.amazon.co.jp>サンダカンまで-わたしが生きた道-朝日文庫-山...サンダカンまでわたしが生きた道(朝日文庫)|山崎朋子|本|通販山崎朋子は1932年生...再話、聞き書きのセオリー山崎朋子<からゆきさん>著作220708

  • とうとう、こいうことになりましネー 「恋愛はコスパの悪い、『ぜいたく品』」220707

    とうとう、こいうことになりましネー「恋愛はコスパの悪い、『ぜいたく品』」220707。今日、7月7日は「星祭り」。七夕の江戸時代の旧名の季節行事の日。現代の夜に「七夕たなばた」。名はかわれども、<天の河>を挟んでの恋物語は根強い。その日を選んで、真に現実的な話。ネットでは、「恋愛はコスパの悪い『ぜいたく品』、結婚しない若者のリアル」と『中国新聞』デジタル版の記事・その根拠に「内閣府が発表した男女共同参画白書」のなかに記載の統計データも引用してあるから、説得力がある。https://news.yahoo.co.jp/pickup/6431782「とうとう、そこまで来たか」。江戸時代。江戸に持ち家住宅などなく、貸し間の大家が「親、同然」の時代に、次、三男は結婚など出来なかった。農家の長男はともかく、家督を守り...とうとう、こいうことになりましネー「恋愛はコスパの悪い、『ぜいたく品』」220707

  • 美の壺

    図鑑完成までにはプロのワザ「美の壺482未知への扉図鑑」220706NHKETV.初回放送は2019年8月23日のことだそうで。「いざなうみるとどける」に図鑑の本質的意味があるや。幼児期から親しんできている図鑑。植物、天体、動物。化石、人体。その精密さ、正確さ、質の深さにはさまざまある、のだ。「図鑑の原点=原画公開」「ボタニカルアートの制作者」「サイエンティフィックイラストレーション」という職種もあって。「アートのつもりはまったくなく、ただ『正確』であること」。サイエンティフィックイラストレーターとも申すべき、木村政司(きむらまさし)さんの論ではなかったか。この番組の特徴点たる、三点の壺。番組をみて丁寧に記録をつくってみたら、ネットに「目次」なるモノが記載され、次のとおり。●一つ目のツボ:図鑑は旅の案内人...美の壺

  • 跡地に読めるエネルギー 北の文学ロード2022

    跡地に読めるエネルギー北の文学ロード2022。釧路川右岸に選ぶポイント10選。1)釧路停車場小説『海霧』のエンディング。2)花咲線軌道釧路の位置示す<千島・樺太双方向路線>。3)巴踏切=跨線橋旧釧路市&旧鳥取町結節の踏切。4)留五郎邸跡「桜木紫乃がみた風景」釧路市2019年で選定の銭湯跡6)栄町平和公園釧路市戦災平和記念塔がある7)銀の目跡小説「海に帰る」(2003年)でヒロインが務めるキャバレーと目される。8)泉屋小説「ラブレス」(2011年)で女性が高校時代に食べ歩きした思い出を語る。9)喫茶モカ跡映画(1956年)でロケ地の喫茶店跡。10)農業会館跡 一室に建築事務所が設定されている。そこに見えてくる「家族」模様ーそのⅠー220714跡地に読めるエネルギー北の文学ロード2022

  • 「(北海道)愛読書1千冊、住宅街に私設図書館 釧路」 『朝日新聞』有料記事200820

    「(北海道)愛読書1千冊、住宅街に私設図書館釧路」『朝日新聞』有料記事200820「愛読書1千冊、住宅街に私設図書館」の見出しで、ネットの『朝日新聞』有料記事版がある点を発見。釧路支局長だった高田誠記者が、投稿の記事が全国に配信され、読まれていたのだ。「賀根村沖縄料理釧路市愛国」のキーワードで検索し、ヒットした中の一件。「釧路市愛国東3丁目の住宅街の一角に、私設図書館ができた」「釧路自主夜間中学くるかい」の代表、賀根村伸子さん(65)が約1千冊の愛読書を自由に読んでもらおうと貸し出す」と、記載が続く。「営んでいた約30平方メートルの沖縄料理店を『和楽な図書館』に名を変えて開放」「小上がりやカウンターに本棚を置いた」と書いている。開館は2020年7月25日。記載の沖縄料理店に顔を出させてもらってから、5年は...「(北海道)愛読書1千冊、住宅街に私設図書館釧路」『朝日新聞』有料記事200820

  • 「象徴性」の解像、『万葉集』秀歌詠み上げる奈良の時代・社会 阿部猛著『万葉びとの生活』 その2

    「象徴性」の解像、『万葉集』秀歌詠み上げる奈良の時代・社会阿部猛著『万葉びとの生活』その2文献史学者が『万葉集』に注目した。そこには「我が国の文学史上に屹立=きつりつする民族の歌集」(397p)とするから。そのもつ意味を「飛鳥・奈良時代の社会の様相を探ろうとするとき、欠くベからざる文献」と評価する(同)。阿部猛著『万葉びとの生活』(東京堂書店1995年)の「あとがき」に記載。「(『万葉集』は)重要歴史的資料」にして、「歌という形で示された人びとの意思や感情を、私どもは貴重な財産として読み取る」が、「必要」と提起する。戦後の歴史学の世界で、文献史学者には『万葉集』に「特別な感覚を持っているかもしれない」。そう書き出している。実際の記載は、「(著者は昭和2年生まれ)私どもの世代は・・・」と書き始めておられる。...「象徴性」の解像、『万葉集』秀歌詠み上げる奈良の時代・社会阿部猛著『万葉びとの生活』その2

  • <かつもく=刮目>の領域に質量の成熟 上勝町・徳島220702

    <かつもく=刮目>の領域に質量の成熟上勝町・徳島220702NHKG午前の番組は「徳島発ご当地ビール」。クラフトビールで、その名も「上勝手ノワール」と、申すらしい。「アメリカより技術顧問を迎え、ヨーロッパ系とアメリカ系の両方のホップを使い分け」「仕上りを左右するスパイスなどにもこだわり、美味いビールづくりを追求」と申される。→https://www.kamikatsu-terroir.jp/product_beer/22070215:57その「仕上りを左右するスパイス」に関係があるかどうかは詳しくないが、「柚香ゆこう」なる、逸品を紹介。柚香(ゆこう)=「香酸柑橘類の一種で、ユズとダイダイの自然交配種と推定されています。徳島県の山間部のみで栽培」。地元の方は「昔から有名ですよー」と、平然と語る。「葉っぱビジ...<かつもく=刮目>の領域に質量の成熟上勝町・徳島220702

  • 「春採湖夜景」「牡蛎ラーメン」「毛綱建築群」「啄木歌碑群」「釧路湿原・釧路川」 釧路湿原シニア大学9期生220614

    「春採湖夜景」「牡蛎ラーメン」「毛綱建築群」「啄木歌碑群」「釧路湿原・釧路川」釧路湿原シニア大学9期生2206141)春採湖の夜景-どこから見ても良いが、六花亭からの眺め-2)釧路丹頂市場の牡蛎ラーメン-お値段も立派だが、満足感あふれる-3)市内随所にある毛綱毅曠建築群4)古い時代の名所に啄木歌碑とその設置ポイント-多すぎて、大いに悩むが-5)釧路湿原-コンクリートダムのない釧路川-、-湿原自体は泥炭地で増水時にはダムの役割を果たし洪水を防ぐ魅力的な湿原。与えられた時間は5分。「釧路で魅力的と思う場所は」「どこへ案内するとよいか」。二つの「問い」に、30名近い5グループが、それぞれの思いを述べた。時は2022年6月14日午後。所・処(ところ)は釧路市生涯学習センター“まなぼっと幣舞”の一室。釧路湿原シニア...「春採湖夜景」「牡蛎ラーメン」「毛綱建築群」「啄木歌碑群」「釧路湿原・釧路川」釧路湿原シニア大学9期生220614

  • 赤潮発生源は「ロシア領」=北海道東部「赤潮」  地元の努力で防止しがたい220614

    赤潮発生源は「ロシア領」=北海道東部「赤潮」地元の努力で防止しがたい220614検索欄で「赤潮ロシア北大」と入力すると、現在でも多数の項目がヒットする。2021年10月20日前後のことで、元はと申すと10月18日、北海道大学広報部が発信元となり、同学水産学部の報告をオンラインしたことを承けての報道である。主要なURLを示す。最初は情報発信源。https://www.hokudai.ac.jp/news/2021/10/post-921.html北海道大学2021年10月18日3)甚大な漁業被害もたらす「赤潮」、北大が横断観測に初成功の道東沖赤潮の横断観測にはじめて成功~漁業被害の原因となる赤潮のメカニズム解明と将来予測の可能性に期待~(水産学部附属練習船うしお丸助教飯田高大,水産科学研究院准教授芳村毅)大...赤潮発生源は「ロシア領」=北海道東部「赤潮」地元の努力で防止しがたい220614

  • 大正デモクラシーの投影 映画『わが青春つきるとも-伊藤千代子の生涯-』の知識人220611

    大正デモクラシーの投影映画『わが青春つきるとも-伊藤千代子の生涯-』の知識人220611紹介をうけていた映画『わが青春つきるとも-伊藤千代子の生涯-』を観せてもらった。二人の知識人が登場する。歌人の土谷文明と安井てつ子・東京女子大学長。土谷文明は、千代子の生い立ちを語る場面で登場し、二度目は収監先を訪ねて千代子を翻意させる場面で紹介されていたと、記憶。安井てつ子は記者団の質問をうける。「お宅の学校から、多数の逮捕者を出しているが?」と問われ、「たまたま多いだけで、自由な校風のもと、<学生の自主性がたいせつ>」という趣旨の談話を語る姿。観る前に、土谷の残した詠歌、三首が記録されている点をネットで読んでいた。「こころざしつつたふれし少女(おとめ)よ新しき光の中におきて思はむ」「信濃なる故里の山に教え子を思い出...大正デモクラシーの投影映画『わが青春つきるとも-伊藤千代子の生涯-』の知識人220611

  • 左翼-胴体-右翼 空間としての鎌倉五山&三大寺社220610

    左翼-胴体-右翼空間としての鎌倉五山&三大寺社220610仏教の時世に「三世さんぜ」の概念があるも。三世とは。「前世・現世・来世(後世)、または過去世・現在世・未来世の総称」「過去・現在・未来の称」「三際(さんさい)。三生(さんしょう)。三界(さんがい)」とも。鶴岡八幡宮は初め「八幡宮寺」でった、と。八幡宮寺-永福寺跡-勝長寿院跡をむすぶ三角形の領域。取り囲んで浄土教系寺院群。ある意味「源氏系一族菩提」の「東方に位置して(黄色の線でむすぶ)過去世の領域」は「右翼」を担う。八幡宮寺-高徳院大仏殿を結んだ「鎌倉の表鬼門と裏鬼門」。航空機の胴体に匹敵。政権の安定を裏付け、頭頂部に東国政権のニラミ。広報の尾翼に外寇を睨んで国家の餡安泰を期して「現世」を体現。対して紫の線で結節は「臨済宗系鎌倉五山(建長・円覚・寿福...左翼-胴体-右翼空間としての鎌倉五山&三大寺社220610

  • 皇后の尊名、呼び捨てとなっては 京都府竹野郡間人(たいざ)村の読み220611

    皇后の尊名、呼び捨てとなっては京都府竹野郡間人(たいざ)村の読み220611京都の「間人村」。なにかで読んで、「なぜ、そう読めるの?」。そもそも、なかなか「読み」を暗記できなかった。カニの種名に「ハシウドカニ」というのがあって、漢字では「間人蟹」と書いて、「はしうどかに」と読む例を知ることができた。検索サイトに「間人読みなぜ」と入力。探してみると、「【京丹後】聖徳太子と縁の深い地、丹後町間人」「どうしてそうなった!?京都府の難読地名「間人」」「【間人】あなたは読める?難読地名の読み方と由来」。などのタイトルが示された。同じ疑問をもつ人は多い。そういうことで。うち、「どうしてそうなった!?京都府の難読地名「間人」」は[ちちんぷいぷい-毎日放送]で、2015年1月23日に放送されたらしい。その記載となっている...皇后の尊名、呼び捨てとなっては京都府竹野郡間人(たいざ)村の読み220611

  • 左翼-胴体-右翼 空間としての鎌倉五山&三大寺社220610

    左翼-胴体-右翼空間としての鎌倉五山&三大寺社220610仏教の時世に「三世さんぜ」の概念があるも。三世とは。「前世・現世・来世(後世)、または過去世・現在世・未来世の総称」「過去・現在・未来の称」「三際(さんさい)。三生(さんしょう)。三界(さんがい)」とも。鶴岡八幡宮は初め「八幡宮寺」でった、と。八幡宮寺-永福寺跡-勝長寿院跡をむすぶ三角形の領域。取り囲んで浄土教系寺院群。ある意味「源氏系一族菩提」の「東方に位置して(黄色の線でむすぶ)過去世の領域」は「右翼」を担う。八幡具寺-高徳院大仏殿を結んだ「鎌倉の表鬼門と裏鬼門」。航空機の胴体に匹敵。政権の安定を裏付け、頭頂部に東国政権のニラミ。広報の尾翼に外寇を睨んで国家の餡安泰を期して「現世」を体現。対して紫の線で結節は「臨済宗系鎌倉五山(建長・円覚・寿福...左翼-胴体-右翼空間としての鎌倉五山&三大寺社220610

  • 鎌倉町青年団史跡・旧跡碑迎える「亀谷山寿福金剛禅寺」220525

    臨済宗建長寺派寿福寺。鎌倉五山の第三位にして鎌倉市扇ガ谷一丁目17番7号に所在。亀谷山寿福金剛禅寺(きこくさんじゅふくきんごうぜんじ)と号する。一帯は「源氏山」と呼ばれたようで、「このあたりは源頼朝の父、義朝の屋敷があったところと言われてます」(鎌倉市教委HP).「(寿福寺は)1200年(正治2年)に北条政子が頼朝の遺志を継いで明菴栄西を招いてここに寺を建て始め」とも。この寺院から国指定史跡国泰寺跡に第三世住職霊雲が派遣されている。そこで、筆者は平成7年に一度、訪問した。今回、この寿福寺で紹介するは写真にある「源氏山」碑。碑題にあたる「篆額てんがく」が篆書体で書かれているため、理解しにくい。しかし碑文を読むと、すぐに「源氏山」と解することができる。同型の碑が鎌倉市内の随所でお目にかかった。その基数、70基...鎌倉町青年団史跡・旧跡碑迎える「亀谷山寿福金剛禅寺」220525

  • 鎌倉の裏鬼門=鎌倉大仏  国宝高徳院阿弥陀像220524

    鎌倉の裏鬼門=鎌倉大仏国宝高徳院阿弥陀像220524鎌倉の裏鬼門=鎌倉大仏国宝高徳院阿弥陀像220524「鎌倉大仏」は「こんなに階段を昇る高台にあったか」。地図で測ると標高=12.5メートル。高徳院=鎌倉市(鎌倉市長谷4丁目2番28号)は、「清浄泉寺高徳院」と称する念仏専修の寺院。鎌倉大仏は「国宝銅造阿弥陀如来坐像」で、像高約11.3m、重量約121トン。別に「大異山高徳院清浄泉寺(だいいざんこうとくいんしょうじょうせんじ)と号する」との記載も見られる。造像までの過程は一筋ではない。どうも契機は、「京都や奈良に倣った都市づくり」と「首都にふさわしい象徴的な建造物」が必要で、「その象徴が、実は大仏」とする考え方があったらしい。1)大仏建設は1238(暦仁元)年に開始、当初は木造であったようだ。2)「1252...鎌倉の裏鬼門=鎌倉大仏国宝高徳院阿弥陀像220524

  • アジサイの観賞と由比ヶ浜の眺望 長谷観音で知られる海光山慈照院長谷寺220524

    アジサイの観賞と由比ヶ浜の眺望長谷観音で知られる海光山慈照院長谷寺220524鎌倉路の紀行も「裏鬼門」の位置に。江ノ電に乗って長谷駅で下車。長谷寺は十一面観世音菩薩像が本尊。木彫仏で日本最大級=高さ9.18mと尊い。足下に祈祷を請う拝礼があいつぎ営まれるも、そちらはご遠慮申しあげて。連れ合いの足は次第に痛み出しているが、あと二カ所。境内から由比ヶ浜の景観を望むことができる。「三方を山に囲まれた要害の地」は東西北。開けた南に二つの海岸線。「中国からの貿易船が入港」。実は鎌倉。伊豆国で秀逸なミナトの地点。源氏に選択させたもう一方の要件なのだ。ベンチに腰をおろして癒しながら、往時の賑わいに思いをはせる。境内のもう一つの楽しみはアジサイ。三分咲きというところか。満開ではないが確かにその片鱗。ネットを開くと「8日か...アジサイの観賞と由比ヶ浜の眺望長谷観音で知られる海光山慈照院長谷寺220524

  • 武家社会形成の犠牲を弔う 鎌倉三大寺社「勝長寿院跡」220525.

    武家社会形成の犠牲を弔う鎌倉三大寺社「勝長寿院跡」220525.鶴岡八幡宮(八幡宮寺)-法華寺跡(頼朝墓・北条義時墓)-国指定史跡永福寺跡とめぐり、残る一は「勝長寿寺跡しょうちょうじゅじあと」。所在地は「鎌倉市雪ノ下四丁目6番20号」付近ということになる(写真)。路線バスを降りて、「田楽辻子の道」が横切る小流を過ぎたところで、道路を歩いている方に教えを乞うた。スマホを取り出しながら、「確かにこのあたりに、なにかが在りましたですネ-」。その方のスマホ確認で、どうも横道一本、進みすぎているらしい。小流の左岸にそった道を行くとよいのだ。取り付け道路を340メートルほど歩いたころに、金網で囲った小さな木立があって、そこに三基の史跡跡標、源義朝と家臣の鎌田政清の墓碑が二基、確かに残っていた。建立を発願したのは頼朝。...武家社会形成の犠牲を弔う鎌倉三大寺社「勝長寿院跡」220525.

  • 「映画を見るだけでなく、コミュニケーションの場」 洋画のSHINSEKAI2205604

    「映画を見るだけでなく、コミュニケーションの場」洋画のSHINSEKAI2205604NHKBS3.「ほんまもんを探してJR大阪環状線」のNHK番組で紹介。作家阿川佐和子氏の祖父がデザインを担当したとする演舞場。演劇・芝居・武揚のみならず、洋画の上映館としても「昭和の風情が残る界わいのレトロ映画館」。「絶対『ツブれない』の安心感を広めたい。新型コロナウイルス感染症の蔓延のもとで、映画館の入り口には一工夫。休館で上映はしていないものの、往時に上映した名作の「上映看板」。もちろん、架空。「(映画館の昔は)映画を見るだけでなく、コミュニケーションがった」。館主はふりかえって、番組では架空の上映看板を発注し、看板屋も応じる「遊び心」。沿線の【新今宮駅】からの話題。「上映のみではない、地域のコミュニケーション」に一...「映画を見るだけでなく、コミュニケーションの場」洋画のSHINSEKAI2205604

  • 詠歌の教養がむすぶ源氏・朝廷政治、鎌倉武士の教養 鎌倉歴史文化交流館 企画展「北条氏展vol.2 鎌倉武士の時代―幕府草創を支えた宿老たち―」220524

    詠歌の教養がむすぶ源氏・朝廷政治、鎌倉武士の教養鎌倉歴史文化交流館企画展「北条氏展vol.2鎌倉武士の時代―幕府草創を支えた宿老たち―」220524鎌倉歴史文化交流館では、「源平合戦図屏風屋島合戦図」が入館者を待ちうけていた。「源平合戦図屏風一ノ谷・屋島合戦図」(六曲一双)の半双で、鎌倉国宝館の記載では鶴岡八幡宮所蔵作を列品しているようだ。第四展示室が「企画展北条氏展vol.2鎌倉武士の時代―幕府草創を支えた宿老たち―」の展示場に宛てられていた。二つのテーマで構成されている。そう受け止めた。1)「度重なる合戦で目覚ましい活躍を遂げ」「(戦時から平時へと移行後は)鎌倉幕府を支える人々の『文』の側面も重要視」を提示。2)「武士が持つ和歌や信仰などの『文』の側面にも注目」世に「鎌倉殿十三人」とするが、そこは二つのグル...詠歌の教養がむすぶ源氏・朝廷政治、鎌倉武士の教養鎌倉歴史文化交流館企画展「北条氏展vol.2鎌倉武士の時代―幕府草創を支えた宿老たち―」220524

  • 「天から役割なしに降ろされた・・・・・」 ピーター・バラカンが出会った「アイヌ文化復興に取り組む若者たち」220531

    地域の食堂の窓ガラス。むしろ無造作に書きしるされた一点の掲示があった。片仮名表記のアイヌ語で「カントオㇿワヤクサㇰノアランケㇷ゚シネㇷ゚カイサㇺ」。若き女性が、アイヌ民族文化の継承を思いいたる契機とした掲示で、「天から役割なしに降ろされた物はひとつもない」と訳された。そのように番組内容をメモしてある。ネットでの紹介は、若干、異なっていた。「天から役目なしに降ろされた物はひとつもない」とあって、番組の「役割」は「役目」と受け止められている。NHKBS1番組「バラカンが見たアイヌ新世代」。本年4月に放送があって、その後、再放送。5月31日午後、再々放送を見たことになる。「摩耶さん母子」、それに母方の母堂が出演。ご母堂は「麻木さん」を名乗り、樹皮衣の織り込み姿を見せてくれた。「別世界で生きてみたい」。摩耶さんは高校を...「天から役割なしに降ろされた・・・・・」ピーター・バラカンが出会った「アイヌ文化復興に取り組む若者たち」220531

  • 奥州征伐で散った同朋追善 国指定史跡永福寺跡220524-後-

    奥州征伐で散った同朋追善国指定史跡永福寺跡220524-後-永福寺は「応永12年(1405)に焼失し、以後は再建され」ず、とある。現代の遺構発掘調査で「二階堂・薬師堂・阿弥陀堂の三堂」の基礎を確認。湘南工科大学のCG図でその偉容が復元された(写真)。当時の旅日記に記載。史跡整備のポイント1)遺構の東南隅に境界表示の掲示が据えられていた。2)前庭の池はその一部が埋められており、見取り図で「本来の池の範囲」を図示。縁辺は30センチ土盛りして保存した。3)発掘調査で確認できた遺構の上に60センチの暑さで土盛り。その上に柱の礎石を排して「二階堂・薬師堂・阿弥陀堂の三堂」を表示。上屋はコンピューター・グラフィックで全容を示す。4)整備地の西。標高60.2メートルの地点に展望設備を設けているようで、階段が配されていた(登山...奥州征伐で散った同朋追善国指定史跡永福寺跡220524-後-

  • 奥州征伐で散った同朋追善 国指定史跡永福寺跡220524

    奥州征伐で散った同朋追善国指定史跡永福寺跡220524頼朝公の墓址から徒歩で国指定史跡永福寺跡に。途中、二グループの団体とすれちがった。ベストを着用したガイド風の方が先頭に立ち、10数名の参加者が図面などの配布資料を片手に歩く姿。それぞれ、高齢者の方の多いグループであった・・・・・・、が。初め「大塔宮」をめざして歩き、そこからさらに徒歩5分。所在地は鎌倉市二階堂209。史跡の説明に、「源頼朝が建立した寺院の跡」「源義経、藤原泰衡等、頼朝の奥州攻めで亡くなった武将等の鎮魂のため」「平泉の中尊寺二階大堂等を模して建立」、と。中世の征討に「従軍僧・陣僧」の概念があった。「軍旅に従う僧侶,すなわち陣僧」「戦陣に僧侶をともなうことは古くからあったが,とくに南北朝内乱期からこの傾向が著しく」。史跡永福寺跡はある意味、その先...奥州征伐で散った同朋追善国指定史跡永福寺跡220524

  • 東国政権正当性の再構築か 江戸中期筆『源平合戦図屏風(一ノ谷)』220524

    東国政権正当性の再構築か江戸中期筆『源平合戦図屏風(一ノ谷)』220524「北条氏展vol.2ー鎌倉武士の時代ー」。鎌倉市内で開催中の企画展示。鶴岡八幡宮に参拝した足で、鎌倉国宝館を訪問。三回目の入館と言うことになる。最初に展観は『源平合戦図屏風(一ノ谷)』と記憶する。作品の概要は以下の説明なのだが・・・・・・・。「六曲一双」の「半双」が公開されていた。狩野吉信筆、17世紀の作品とある。『源平合戦図屏風』は「室町時代から江戸時代に至るまで多く制作」との説明があるも。江戸幕府の成立後の17世紀、幕府御用絵師の狩野家の作品となれば。自ずと一つの意味がうまれよう。そもそも家康は「源氏」を名乗る。ほかには「平」「橘」「藤」の氏を名乗る道があった、が。三河に発した政権が、織田・豊臣の例にならわず、江戸に開府した。その根拠...東国政権正当性の再構築か江戸中期筆『源平合戦図屏風(一ノ谷)』220524

  • 頼朝墓所再訪 法華堂跡(源頼朝墓・北条義時墓)

    島津重豪しまづ・しげひで江戸後期の第9代薩摩(鹿児島)藩主,島津家第25代当主、生年:延享2=1745年生まれ-天保4.=1833年没、と。頼朝公の墓所に詣でた。昭和41年2月に続き、2度目。墓塔への昇降口の案内板に、「現在の塔は島津重豪が整備したものとされています」とあった。記載を物語るかのように、石香炉には島津家の家紋「丸十」が彫り込まれる。どうも、源氏政権が北条政権に継承されたところで、断絶があるらしい。頼朝公墓所の西に「法華堂」があり、墓塔が設けられていたが、島津重豪の時代といえば江戸中後期に相当する。整備を担当したのが西南雄藩を代表する島津公である点に、注目しておきたい。その法華堂は頼朝公の持仏堂であった。法華堂は「江戸時代ニハ八幡宮供僧坊ノ管理ニ属セシカ維新後廃セラル」と、廃阯は維新後の後であったと...頼朝墓所再訪法華堂跡(源頼朝墓・北条義時墓)

  • 中世鎌府の表鬼門 鶴岡八幡宮220524

    中世鎌府の表鬼門鶴岡八幡宮220524鎌倉幕府-源氏政権の都府構造を理解するうえで、お目にかかるのは鶴岡八幡宮。鎌倉駅東口を出ると目にとまるのが「朱色の鳥居」。近くに「近道」の表示があって、すすむと大鳥居、そのかたわらに到達する。モノの本には「京都の石清水八幡宮護国寺(あるいは河内源氏氏神の壺井八幡宮)を鎌倉の由比郷鶴岡(現材木座1丁目)に鶴岡若宮として勧請したのが始まり」との解説がある。「以後社殿を中心にして、幕府の中枢となる施設を整備していった」。「建久2年(1191年)に、社殿の焼損を機に、上宮(本宮)と下宮(若宮)の体制とし、あらためて石清水八幡宮護国寺を勧請した」。「承元2年(1208年)には神宮寺が創建」と続く。階段を昇って拝殿に向かい、拝礼後に磁石をとりだして方位を確認。磁針は確実に北東を指してい...中世鎌府の表鬼門鶴岡八幡宮220524

  • 遊ぶ・学ぶ・広める、褒めるの<足がかり>=「地域資源マップ」220605

    遊ぶ・学ぶ・広める、褒めるの<足がかり>=「地域資源マップ」220605。この四半世紀、その数を増している。「文学マップ」は作品の舞台や作家の由緒一覧。「歌碑MAP」は作品が題材・舞台・<思い>の表現が刻された碑の巡遊路を示す。「文学マップ」に「歌碑マップ」、「観光地マップ」などは、その代表例であろう。地域にマップは多い。「釧路の啄木76日」釧路啄木研究学会編『釧路と啄木76日間の足跡』啄木来釧80年記念の会(1988年)所収『「北海文学」の航跡-作家、原田康子「挽歌」のナビゲーション』永田秀郎著「啄木歌碑位置図」『釧路碑文手帳1』(釧路新書所収)釧路市「啄木歌碑・記念碑マップ」「啄木が生活したまち」https://ja.kushiro-lakeakan.com/kushiroakanwp/wp-content...遊ぶ・学ぶ・広める、褒めるの<足がかり>=「地域資源マップ」220605

  • 中心街で『挽歌』エリアを設定 原田康子著代表作の舞台、その「地域資源マップ」220605

    ​​​中心街で『挽歌』エリアを設定原田康子著代表作の舞台、その「地域資源マップ」220605.起終点はやっぱり釧路市中央図書館です。7F多目的ホールにあつまり「今日の見どころ、舞台の描写」を確認しましょう。1)鳥居省三文庫にご挨拶・・・「日に2枚原稿用紙4×2枚」の「カリ版ノルマ」の姿に思いをはせる。2)浪花町五丁目・・・・・・・旧原田御殿跡3)幣舞公園・・・・・・・・・原田康子文学碑に「姿を見せにゆく、見て貰いにゆく」習慣をめざす。4)幣舞橋・・・・・・・・・・現在の橋は五代目ながら、四代目の<たたずまい>を継承、「挽歌エリア」の結節点。5)釧路川・・・・・・・・・・挽歌橋や川湯・御園ホテルに通じる「挽歌ロード」にして「母なる川」の流れ。6)美川憲一歌碑・・・・・・・旧農業会館跡(1Fに消防車が駐車、館内に桂...中心街で『挽歌』エリアを設定原田康子著代表作の舞台、その「地域資源マップ」220605

  • 歩いて体感・北大通 作品創作の一筆巡遊220605 作品で紹介されたポイントをめぐるトレイル

    歩いて体感・北大通作品創作の一筆巡遊220605作品で紹介されたポイントをめぐるトレイル。今回は釧路市北大通周遊。桜木紫乃作品は、どの地のこのポイントに、あの文を記した。釧路市中央図書館貸借した蔵書を返却に、まず集合。作品にある「図書館」を出発。釧路市役所MOOEGG6)釧路港ミコの旦那が働漁港北海道で水揚量1位を誇り、年間を通じて豊富な魚介類が水揚げされる。釧路港の夕景は、マニラ、バリ島とならび「世界三大夕日」として賞賛されている。サンマ漁船釧路川9)幣舞橋雅代が車で渡る橋言わずと知れた釧路の景勝スポット。黄昏時からライトアップされ、水面に映る街頭の灯りが幻想的。雅代が車で渡るシーンは、彼女の新たな旅立ちを象徴している。8)-1泉屋(『ラブレス』)泉屋スパカツ女性が高校時代に大盛りのスパカツなどを「繁華街で食...歩いて体感・北大通作品創作の一筆巡遊220605作品で紹介されたポイントをめぐるトレイル

  • バッグ+籠に洋風敷物「洋風の敷物、ラグの裏地」 伝統技術の今 イグサ・岡山220513

    バッグ+籠に洋風敷物「洋風の敷物、ラグの裏地」伝統技術の今イグサ・岡山220513生活様式の変化、外来輸入品による代替。伝統工芸、そのマーケットは縮小している。そこをどう生き抜くか。イグサの産地、岡山県のイグサ生産農家40軒の<賢明>を伝える。岡山がイグサの産地。なぜかを知らぬも、今回、はじめて見聞。「塩分に強いイグサ」を栽培。干拓地新田での栽培発祥であったか。和室、畳表の減少した時から、一つの活路を「花筵はなむしろ」に見いだしてきた。そのハナムシロの技術を活かして、「バッグ+籠」に。縦糸に木綿、横糸にイグサを用いてきた。紋板(もんいた)。ハナムシロを量産するための、部品。この発明で自動織機で大量生産ができた。ハナムシロは「夏のくらしを、明るく、華やかに、快適に」過ごす道を開いた。今や「洋風敷物さわやかイグサの...バッグ+籠に洋風敷物「洋風の敷物、ラグの裏地」伝統技術の今イグサ・岡山220513

  • 「差異を認める」「距離を近づけ」「話し合い」 人・自然・経済の元気ー人ー吉本哲郎著『地元学をはじめよう』081120

    「差異を認める」「距離を近づけ」「話し合い」人・自然・経済の元気ー人ー吉本哲郎著『地元学をはじめよう』081120吉本氏は、水俣再生の原則を提唱する。「(地域の)人が元気で、地域の自然が元気で、経済が元気であること」(17p)。そこでまず、人が元気であるために三点を示した。水俣再生の原則Ⅰ対立のエネルギーを創造のエネルギーに転換する。1)人それぞれの<ちがい>を認め合い、2)人と人との距離を近づけ、3)話し合いを重ねて、市民の関係を<結び為直す>=「もやいなおし」4)対立のエネルギーを創造のエネルギーに転換する。人の元気を取り戻した三ヶ条A)<すさんだ>気持ちのままで、地域の再生はできなかった。・B)逆境にあっても前向きにとらえる<元気な人>が地域を支える=「もやいなおし」に挑戦。C)<未来に希望>を描き、環境...「差異を認める」「距離を近づけ」「話し合い」人・自然・経済の元気ー人ー吉本哲郎著『地元学をはじめよう』081120

  • 1950年代に存在「こんぼくりん」 地域の一コマ厚岸町上尾幌21051

    混牧林こんぼくりん厚岸町上尾幌の弥生区には、「こんぼくりん」と住宅群があった。「主任さん」というか、「研究員」というか。一戸建て住宅にお住まいの「○○勝四郎さん」とおっしゃるお宅があった。お宅には「サンプル瓶」とでも申すべき、「コルク製の蓋付き広口ビン」が多数あり、中には標本らしき植物が保存されていた。児童心に試験研究施設。一戸建てのお宅は、責任者住宅兼試験施設。そのように思えるたたずまいであった。隣接地にはその配下の職員住宅と申すか、雇員住宅というか二戸建ての一棟の住宅が二棟ほどあったと記憶する。うち、一軒にお邪魔させてもらっていた。その存続期間。昭和36年11月23日。高校3年生の秋、旺文社かの模擬試験があってから、帰宅後そのうちの一軒にお邪魔した記憶がある。その後、訪問したかどうか。明確な記憶がないのだ。...1950年代に存在「こんぼくりん」地域の一コマ厚岸町上尾幌21051

  • 「無関心で居ても、無関係では居られない」 「谷口たかひさZoomお話会(海ねこみなと会)」220509

    「無関心で居ても、無関係では居られない」「谷口たかひさZoomお話会(海ねこみなと会)」220509先日、「谷口たかひさZoomお話会(海ねこみなと会)」の参加呼びかけがあった。Zoom会合ということで、「参加のお誘い」に応募させていただいた。「今、身近で起きていること」。さすがに精緻で、<見所、聞き所>は満載。豊富にして精緻な構成は、示唆に富み迫力が、それは申し分なくあった、ですよ。「8割のヒトに『カード一枚分のマイクロプラスチック/week単位』で血液に混入」「<森林火災>牛の飼育のため森林を無駄にしている」「飼育の肉牛が発するゲップ成分=メタンガスは炭素の23個分にあたる」→食糧問題で資源争いが生まれ。「<オバマ大統領は申した>自然ではなく、平和が失われる」。メモを正確に取った。とてもそうとは申しがたい組...「無関心で居ても、無関係では居られない」「谷口たかひさZoomお話会(海ねこみなと会)」220509

  • 桜開花しました 共栄大通一丁目ポケッ開花しました

    桜開花しました共栄大通一丁目ポケッ開花しました釧路駅北口。共栄大通一丁目2番。ポケット公園に移植された桜が開花しました。昨日5月9日、買い物がてらの散歩に出かけ、確認することができました。家との境界を<綠の生け垣>で区画された、一角。ポケット公園ができて、桜が移植されました。平成10年=1997年2月。この界隈に転居しました。朝夕、通勤で眺めてきましたが、開花期はこれまでになく、早いです。樹木の枝ぶり。心なしか、「力強さに欠ける」の思いが強くなりました。桜はけなげに開花していますが、<お礼の施肥>が不足のようです。公共空間につき、市民が勝手に手を施すと、失敗したときのハネ返りがコワイです。かと申して、エリートのお方には「下から具申」はいかにも、迷惑そうに受け取られかねません。桜が可愛い。しかし、「なにかをするは...桜開花しました共栄大通一丁目ポケッ開花しました

  • アレクシエーヴィチ著『戦争は女の顔をしていない』を 独ソ戦勝記念日の日に220509

    アレクシエーヴィチ著『戦争は女の顔をしていない』を独ソ戦勝記念日の日に220509。はからずも2022年5月9日は、世界が「ロシアのこの一日」を、固唾飲み込んで見守る日となった。そういうことではないだろうか。「男が善かれと創造した2000年」、その到達点が。「強者にあこがれ、大に忖度と寡占を許して、今の世の分断・格差を拡大している」「自然に負荷をかけ、その自浄能力や復元する力を超えて環境破壊、気候変動、新型感染症を生み出している」「地域からの紛争、二度の誤りで済ませずに、三度目があるのか、三度目の核があるのか、すでに『ロシア対NATO』の第三次世界大戦」と。「このままでは人類はおろか、地球そのものの危機」。阿寒湖畔在住のアイヌ民族の国際先住民族年にあたりお方が国連総会で演説した。と。ー白人にまかせておいたら、地...アレクシエーヴィチ著『戦争は女の顔をしていない』を独ソ戦勝記念日の日に220509

  • アレクシエーヴィチ著『戦争は女の顔をしていない』を 独ソ戦勝記念日を前に220508

    アレクシエーヴィチ著『戦争は女の顔をしていない』を独ソ戦勝記念日を前に220508。そういうことではないだろうか。「男が善かれと創造した2000年」、その到達点が。「今の世の分断・格差、環境破壊、地域の戦争」「二度の誤りで済ませずに、三度目があるのか、三度目の核があるのか」。「このままでは人類はおろか、地球そのものの危機」。最近、深刻に思う事柄、3点。「ロシア対NATOの戦い」、「すでに第三次世界大戦は始まっている」。そうした論調の中で、明日、独ソ戦争「勝利の記念行事」が行われようとしています。豊岡征則氏が「国連総会で、『白人に任せておいたら、地球は壊れてしまう』と演説してきた」と、釧路市内で語っていたのは2017年6月のこと。そんな地球に今、当面。(豊岡さんのプリンスホテルでの講演要旨は孝仁会看護専門学校の授...アレクシエーヴィチ著『戦争は女の顔をしていない』を独ソ戦勝記念日を前に220508

  • 弁財天信仰に出会う空間 「弁天ケ浜」の由緒220507

    弁財天信仰に出会う空間「弁天ケ浜」の由緒220507洲崎町に在住の佐々木米太郎氏は申した。「(釧路厳島神社が)近く鶴ヶ岱公園地之還座の計画あるに依り敬神の名残りを地名に止むる」と、この名を選んだ。市民にとって「弁天ケ浜」は、「弁財天信仰に『自分を見せに行く」&『自分を見てもらいに行く」の地」。弁天ケ浜で「祖父母の母郷土思いを馳せ、愉しむを豊富化する」。市民が愉しんでいる姿を見せることで、外来の観光客をして、「在住地の繁栄を祈る」の地点に止揚する。昭和8年8月のことである。佐々木は記載。「(厳島神社を、市民は)弁天様と呼び明治前より産土鎮守として崇敬し来りしも」と続けた。大正期に主唱された厳島神社の移設計画は、昭和14年に断念された。来る歳、<紀元2600年記念を前に、財政事情>が壁となった。すでに整地と前庭の池...弁財天信仰に出会う空間「弁天ケ浜」の由緒220507

  • 「日米安保<除外>の例外措置は理解がえられるか」 「官邸主導」の迷路-1ー220504

    「日米安保<除外>の例外措置は理解がえられるか」「官邸主導」の迷路-1ー220504道内配布紙2022年5月4日号は「消えた『四島返還』第2部」の第59編。内容をプ-チン大統領筋が、「無理難題に官邸重々しく」と要約する。そのうえで、「<歯舞諸島&色丹島の二島といえども>安保条約からの除外」を主張している、その局面に触れる。要旨は「(ロシア側にとって)日本への領土引き渡しが米軍の勢力圏の拡大につながることは、受け入れ難い」とするもの。日本政府にとっても、「日米安保条約適用対象に<北方領土>除外北方領土にの例外をつくる。そのことは、<尖閣列島>とのからみで合衆国は認めない」とする立場。ロシア側は、この点も主張している。それは、クナシリ・エトロフ、歯舞諸島&色丹島の問題は第二次世界大戦の結果。話は1960年、岸内閣の...「日米安保<除外>の例外措置は理解がえられるか」「官邸主導」の迷路-1ー220504

  • 「自分で探す」時代の象徴 媒酌人不在の祝賀会220505

    「自分で探す」の象徴媒酌人不在の結婚祝賀会220505早朝午前3時すぎ、夢に追いかけられて目がさめた。「足袋を忘れた、ホテルで借りなければ」に続いては「そうだ新婦の経歴、なに一つ知らぬ」。足袋レンタルを依頼した後のエレベーター内で、配布予定の略歴紹介を探すも「見当たらぬ、大変」。そこで目がさめたが、目覚めて気がついた。「当節、祝賀会で媒酌人挨拶など、プログラムにない」と。起きて考えた。「でわ、いつから媒酌人挨拶は、祝賀会から消えてしまったか」。いかがで、あろうか。「ぬくもりのある『新厚岸町史』を書いてください」と、注文があったのは1999年。そこから、その内容とはなにか。「市民生活」。そうした項目が必須となるも「現代史」のなかで評価して記載はなかなか、厄介。結婚の形態。1970年を期して「恋愛結婚が見合い結婚の...「自分で探す」時代の象徴媒酌人不在の祝賀会220505

  • 450815詔書のあとで 戦後史の「戦後再建期」210504.

    450815詔書のあとで戦後史の「戦後再建期」210504.NHK番組「NHKスペシャル戦後ゼロ年東京ブラックホール」を視聴して思いついたのであるが。1)昭和20年8月15日正午。陛下の詔書が放送を通じて伝えられた。厚岸町の在所では、どこで、どんな状況で放送を聴いたのであろうか。そこのところを、親から子へ、伝えられてあった記憶はどのようなものが残っているのか。2)戦後処理はどのように進んだのであろうか。町民の空虚感からの脱却プロセス。不都合な公文書、目にふれさせたたくない記録、思い出したくもない物件等の焼却や滅却。学校では教科書の<スミ塗り>が薦められたことになっているが、学校史にその記録はあるのか、まら当事者の記憶は底されているだろうyか。3)戦後復員はいつ、誰がもどってきたのか。復員は従軍者が実家に戻る、引...450815詔書のあとで戦後史の「戦後再建期」210504.

  • 開花一輪、姉妹都市の由緒 鳥取ゴールド廿世紀梨220502

    開花一輪、姉妹都市の由緒鳥取ゴールド廿世紀梨220502.昨2日は幸いに晴れ。<五月晴れ>がピッタリ。昼過ぎ、釧路フィッシャーマンズワーフの緑地庭園で、小休止。<白い花>の開花。本市と姉妹都市を提携している鳥取市から贈答の一樹。写真に一枚、背景の緑樹に囲まれて、標柱のみが明確ながら。「廿世紀梨」は著名ながら、「鳥取ゴールド廿世紀梨」の「ゴールド」とはなにか。「ゴールド廿世紀梨来歴:特徴」のネットhttps://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/nashi-G20C.htmにあった。次の記載。「ゴールド二十世紀は「二十世紀」に放射線を照射することにより突然変異を誘発させ、「二十世紀」と同じ果実特性をしていながら黒斑病に抵抗性をもつ変異種を生み出し育成された青梨品種です」...開花一輪、姉妹都市の由緒鳥取ゴールド廿世紀梨220502

  • 伝統的生活陶器+工業用陶器+輸出用陶器 笠間焼の近世・近代・現代220502

    伝統的生活陶器+工業用陶器+輸出用陶器笠間焼の近世・近代・現代220502笠間焼とは1)に「多様な顔を持つ、関東で最も古い焼き物産地」2)に「関東で最古。益子焼とは兄弟産地」3)は「こうあるべき」といった型にとわられず、作家たちが自由な活動を行ってきたことが、窯ごとに表情が異なる」との説明。4)そうか、「釉薬の一種である「柿釉」と呼ばれる、赤みを帯びた色合いに仕上がる薬を使い水甕や壺を主に作った」江戸時代。5)「飴釉や青釉などの色味が加わり、すり鉢と茶壺が主力製品」とする明治時代。要は、笠間焼=一元的に捉えては「いけない」ということらしい。特に、「赤みを帯びた色合いに仕上がる」のみでは、視野が狭いようだ。その転機は、実に戦後の一時期にあった。補導所・指導所に工業団地、公共の支援。時代によって嗜好も生活様式も違っ...伝統的生活陶器+工業用陶器+輸出用陶器笠間焼の近世・近代・現代220502

  •  “祈り”から”感謝” 旭町日枝神社の21世紀ー後ー220423

    “祈り”から”感謝”旭町日枝神社の21世紀ー後ー22042322年4月20日の『釧路新聞』は報じていた。「日枝神社4月で閉鎖釧路市旭町、老朽化や高齢化などで」と。新聞報道のあった日の昼、女性経営者の集まりがあり、「あったんですねー、釧路にも『日枝神社』が」と、惜しむ声が寄せられた。記事には、「大正時代から新潟県出身者の心のよりどころとして建立された日(ひ)枝(えい)神社」「日(ひ)枝(えい)神社(釧路市旭町9、田村淳年会長)が、建物の老朽化や役員、会員の老朽化、氏子の減少も相まって4月いっぱいで閉鎖」。昨年の暮れの内に、たまたま耳にしていた。コトは熟慮のうえの英断。尊重の先に、どんな将来像を描けるかを、思い巡らしてきた。「御朱印」を用意して、起筆・押印で300円の奉納。維持管理費にあてたい。そうしたことも考えて...“祈り”から”感謝”旭町日枝神社の21世紀ー後ー220423

  • 自然と人類の近接に「間」の知恵ー前ー 旭町日枝神社21世紀220423

    自然と人類の近接に「間」の知恵ー前ー旭町日枝神社21世紀220423。22年4月20日の『釧路新聞』は報じていた。「日枝神社4月で閉鎖釧路市旭町、老朽化や高齢化などで」と。旭町日枝神社の21世紀を、「閉鎖、神社じまい、魂ぬきの世紀」では、終わらせたくない。ポイントは自然と人類の近づきすぎ、自然の摂理と文明の間に「間ま」の空間を設定すること。自然がもつ自浄能力、復元力、浄化作用の限界値を、人類の営為、文明、技術が超えない装置を設けること。そうではないか。熊本県水俣市の市民は、「世界に類例のない産業公害ー水俣病ー」を体験した。そこで市民が学んだ点。公害発生の因は。「自然に人類が近づきすぎた」「地域は水でつながっている」「歴代の住民は資源を賢く活かし、資産を形成してきた」。北海道釧路市、「旭町日枝神社の21世紀」を。...自然と人類の近接に「間」の知恵ー前ー旭町日枝神社21世紀220423

  • 旬を愉しむ、身土不二、活かし方を身につける 「地産地消のすすめ」in 釧路シニア大学2022-03.

    釧路湿原シニア大学第9期生の2年次講座が始まりました。釧路市の「出前講座」で観光振興室が担当。「くしろプライド釧魚食べられるお店・買えるお店まっぷ」などの資料を配布。本市の潜在能力の奥行きを示す資源ー石炭・木材・野菜・魚などを紹介。その取扱店や食材提供店の紹介などがあったのち、「イワシも魚のエサにする魚肥加工にとどまらず、市民が好んでたべることのできる加工食品が造られています」。頼もしい側面の紹介もありました。域内循環。「地元の魚が売れた利益で、本を書店で買う」ケースと、「本をネットで買うケースでは」。読者のみなさん、いかがでしょうかねー。それって、資金が外部に流れず、月給の基本給が増える仕組みではないでしょうか。この項目の<むすび>は、これを観光客が買ってくれると、ボーナス収入が増える、と。終わって「アンケー...旬を愉しむ、身土不二、活かし方を身につける「地産地消のすすめ」in釧路シニア大学2022-03.

  • 絵図と地図で水俣市陣内 地域資源マップで読んでみると220427.

    絵図と地図で水俣市陣内地域資源マップで読んでみると220427.地域資源マップ(以下、「絵図」と記載)。水俣市を23に区分して、市域全体で取り組んだ。その代表例は吉本哲郎著『地元学を始めよう』で紹介されている。なかでも精緻な造りの一点が「一区陣内地区」の作品。「陣内」は「陳内」と呼称、表記した時代もあった。西に秋葉山(浜松では「あきばさん」ながら、西国・肥後ではなんと読むか)、東に「古城」の地名があって旧城の記載も読める。さらには、「この山のふもと、グル~、と南側1区。広いのです」。要は現在の、熊本県水俣市の中心なのだ。絵図の中央を右上=北東から左下=南西に「国道3号」線が通過。また東のサイドをJR線が通過しているのだ。これを国土地理院図で読むと、東西に「薩摩街道ー鹿児島街道」が通過し、鉄路は「九州新幹線」、そ...絵図と地図で水俣市陣内地域資源マップで読んでみると220427.

  • 水俣市陣内 水俣の中心地区  

    地域再生の10条吉本哲郎著『地元学をはじめよう』(岩波書店2008年)。1)地域は<地域が水でつながっている>を見落としていた。2)<自然に近づきすぎ>、自然の復元=自浄能力超える負荷を環境にかけた。3)公共投資で自然は復旧するも市民間の不信・不安・対立や差別は解消せず。4)市長「もやいなおし」宣言、市民の差別と対立を修復する取り組み全市に。5)偏見・中傷・差別の理由は「調べる力、考える力、創る力の衰え」にある。6)「ものづくりや地域づくりはイメージする力」による。7)地域にあるモノつなぐ、つないで意味造る、意味をまとめ付加価値創造。8)「地域まるごと博物館」「地域資源マップ」で地域再生機運が全市に広まる。9)「課題解決では間に合わない、付加価値を創る」をめざす。10)「対立のエネルギーがあれば、付加価値を創る...水俣市陣内水俣の中心地区

  • 日銀支店がもつ“場の力=象徴性・求心力・保証能力” 場の力ー承前ー220425

    「場の力」それは。元の旧日銀店の活かし方にあっては、日銀支店がもつ“場の力=象徴性・求心力・保証能力”とまとめておきましょうか。なぜか、“実感することができる”不可思議な力の内容を、さらに二例。昨日は、「言うに言われぬ<うながす力><よみがえらせる力><その気にさせる力>と、書いたのであるが。(写真は解体の危機を城下の見識で保存し、国宝に指定されている松江城)その2「変化を起こすためのヒント」であると、言う。2016年3月に「三井不動産中河内いづみ」という人が、本を出している。出版の内容紹介には、以下の記載がある。「これからの会社にリアルのオフィスは必要か、バーチャルな電子の世界で十分か」。「オフィスという「場」を提供する三井不動産が、「新しいオフィスはなにか」をテーマに社員向けに配信していた60の知見を一冊に...日銀支店がもつ“場の力=象徴性・求心力・保証能力”場の力ー承前ー220425

  • 言うに言われぬ<うながす力><よみがえらせる力><その気にさせる力> 場の力220425

    「場の力」それは。「言うに言われぬ<うながす力><よみがえらせる力><その気にさせる力>」とでも、しておきましょうか。なぜか、実感することが。以下に、その三例を。(写真は日本銀行支店で再生されている岡山支店、広島支店)「ルネスホール岡山」(左)と「ひろしま夜神楽」会場の広島支店。その1「(家具・調度品は)「群」としてまとまると光彩を放ち、置かれた場所によって生命を呼び戻す」とコメント。材木なつかし館の資料公開展で。高度経済成長期の生活文化財を収集・保存・展示する団体がある。そこで公開された1960年前後の家具・調度品に往時のポスター、カレンダーなどの諸品。個体で配置された「個の品」とは別に、それぞれが「群」としてまとまると光彩を放つ。そこを「(家具・調度品類は)置かれた場所によって生命を呼び戻す」とコメントした...言うに言われぬ<うながす力><よみがえらせる力><その気にさせる力>場の力220425

  • 15歳女性の学習機会

    15歳女性の学習機会市立と庁立の高女継承220422全焼したのは昭和40年4月末日のことであったと記憶。連続休暇の入り口で発生したと記憶。昭和37年からこの校舎に通学するのだが、2階建て校舎の階をむすぶ階段にある種の<趣>があった。中央の階段と東側の階段。「手すり」の造作と「踊り場」の配置が個性的であった。時々、学舎内を歩き、その特異を愉しんだ。のちに知る。その学舎は昭和14年の建設。釧路市立女子高等小学校と釧路市立実科女学校の女子生徒のために設置された校舎であった、と。共に2年間の過程。当時の前期中等教育は、小学校卒で進学する高女4年制と高等科2年+実科女学校2年。二つの教育制度があった、ということ。昭和22年4月から実施の戦後教育制度「6・3・3・4制」は、「二つの教育制度」を一本化することを求めた。以下、...15歳女性の学習機会

  • 「名所の案内には、ガイドが必要なのだ」、と。 『徒然草』=「少しのことにも、先達せんだちはあらまほしき事」。

    「名所の案内には、ガイドが必要なのだ」、と。『徒然草』=「少しのことにも、先達せんだちはあらまほしき事」。『徒然草』に仁和寺の記事。高校時代の古典授業の教科書に掲載があった。記憶によると、挿入図もある記載であった。今日、「目次」で見てみると、52段、53段にあるようで。「第52段仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、」「第53段これも仁和寺の法師、童の法師にならんとする名残とて、」以上を発見できる。記載がある。真言宗御室派の総本山。宇多天皇の開基にして、天皇退位後に菅原道真が大宰府に左遷となった点でもゆかりの寺院。庭園には見事な桜が育てられ、「御室桜おんむろさくら」の名で愛でられている。『徒然草』に仁和寺が登場するワケ。それは「兼好は、仁和寺に程近い双が丘(ならびがおか)に住居を構え、仁和寺に関す...「名所の案内には、ガイドが必要なのだ」、と。『徒然草』=「少しのことにも、先達せんだちはあらまほしき事」。

  • 一度、参拝しました「猪子」の拝殿 護王神社・京都市210422.

    一度、参拝しました「猪子」の拝殿護王神社・京都市210422.昨日、「CoreKyoto」で紹介、「無病息災」「子孫繁栄」旧暦10月の亥の日の亥の刻「玄猪げんちょ」。京都御所にお供えする献上品。「御舂ノ儀(おつきのぎ)」&「禁裏御玄猪調貢ノ儀(きんりおげ」の祭事が営まれる「護王ごおう神社」。放送では、「京都御所の○○」と申したその「○○」に相当は、「西」の一字であるらしい。2011年11月、偶然にもこの社に詣でている。放送の内容を掲載の地図で確認。確かに、京都御所の壁が拝殿から望むことのできる位置に鎮座する。記憶は確実。当時、撮影の写真を取りだすことは、難中至難。「猪・亥の社がある」。連れ合いの一言で、境内に入り込んだ。大きな社殿であった記憶はない、が。「亥」の絵馬を拝掌。娘が1971年、「辛亥(かのと・いのし...一度、参拝しました「猪子」の拝殿護王神社・京都市210422.

  • 一度、参拝しました「猪子」の拝殿 護王神社・京都市210422.

    一度、参拝しました「猪子」の拝殿護王神社・京都市210422.昨日、「CoreKyoto」で紹介、「無病息災」「子孫繁栄」旧暦10月の亥の日の亥の刻「玄猪げんちょ」。京都御所にお供えする献上品。「御舂ノ儀(おつきのぎ)」&「禁裏御玄猪調貢ノ儀(きんりおげ」の祭事が営まれる「護王ごおう神社」。放送では、「京都御所の○○」と申したその「○○」に相当は、「西」の一字であるらしい。2011年11月、偶然にもこの社に詣でている。放送の内容を掲載の地図で確認。確かに、京都御所の壁が拝殿から望むことのできる位置に鎮座する。記憶は確実。当時、撮影の写真を取りだすことは、難中至難。「猪・亥の社がある」。連れ合いの一言で、境内に入り込んだ。大きな社殿であった記憶はない、が。「亥」の絵馬を拝掌。娘が1971年、「辛亥(かのと・いのし...一度、参拝しました「猪子」の拝殿護王神社・京都市210422.

  • ​​<あるモノ発掘>で、<地域に意味>」の発見 地域に付加価値創出の博物館的思考211022.ー後半ー

    ​​<あるモノ発掘>で、<地域に意味>」の発見地域に付加価値創出の博物館的思考211022.ー後半ー先年10月22日、釧路地方の地名を考える会で講演した内容の要旨が公開されました。図書館資料は精緻にして豊富な内容で構成されているも、<記載内容で見落とし>かつ<イメージが固定される>ことも内包する枠組みを超えてゆく可能性が「博物館的思考にはある」。そうしたことを明示しようと試みました。釧路地方の地名を考える会の坂下民男さんが、『釧路地方の地名を考える会々報』のなかで、まとめてくださいました。このほど発行されたことを機会に、その内容を示させていただきます。(以下、掲載文ー後半ー)講演会の後日、佐藤宥紹氏にお願いして、特に、図書館視点と博物館視覚(視点)について具体的にお話いただいた。以下はそのお話の要旨であるが、当...​​<あるモノ発掘>で、<地域に意味>」の発見地域に付加価値創出の博物館的思考211022.ー後半ー

  • <あるモノ発掘>で、<地域に意味>」の発見 地域に付加価値創出の博物館的思考211022.

    <あるモノ発掘>で、<地域に意味>」の発見地域に付加価値創出の博物館的思考211022.先年10月22日、釧路地方の地名を考える会で講演した内容の要旨が公開されました。図書館資料は精緻にして豊富な内容で構成されているも、<記載内容で見落とし>かつ<イメージが固定される>ことも内包する枠組みを超えてゆく可能性が「博物館的思考にはある」。そうしたことを明示しようと試みました。釧路地方の地名を考える会の坂下民男さんが、『釧路地方の地名を考える会々報』のなかで、まとめてくださいました。このほど発行されたことを機会に、その内容を示させていただきます。(紹介文)令和三年十月二十二日に開催された、佐藤宥紹氏による学習会の概要を報告いたします。表題は「支流・小流へのアプローチ―別寒辺牛川水系、尾幌川の生活史―」。1)図書館視点...<あるモノ発掘>で、<地域に意味>」の発見地域に付加価値創出の博物館的思考211022.

  • 聴いた市民の好感

    聴いた市民の好感、出版をうながす『語り継ぐ釧路の松浦武四郎」220226語りべを育てる.「15人の演者が語り継ぐ武四郎のリレートーク」の副題がある。「北海道・釧路命名150年を越えて」とも。2018年7月下旬から8月にかけての9日間、「14話のリレートークを開催」。企画者の提案を耳にしたとき、「聴いてくださる市民はいるのか」。開催初日の2講座には、延べ70人近い市民がかけてつけてくださって、「北海道・釧路命名150年事業」の幕開けとなった。土日には各2講座の計6講座。平日夜には一講座宛て8講座があって、予定していた一講座が演者の都合で未開催に。連日、50名前後の方が聴いてくださった。その統計も報告された。皆勤。全講座受講のお方が知るところ、2名は確実。そのお一人から、「あんたの話が一番良く理解できた」。帰りがけ...聴いた市民の好感

  • ヒトにも地球にも役立つ 東関のコンブ活用術220416BS5

    ヒトにも地球にも役立つ東関のコンブ活用術220416BS5文庫の昆布ぶんこのコンブどちらから読んでも同じ事に。「横浜でコンブを養殖」、そういうことに。キーワードは「コンブは地球にも役だつ」。これまで、11月に行っていたコンブの種付け。今は12月に実施している。海水の温度が上昇し、成長が早いのだそうで。北海道では2年間をかけるコンブの養殖、4ヶ月で収穫できる。生産量は日に600キログラム程度。コンブの身の丈は4メートル50センチほどに成長するが身は薄い。採取後、生で出荷し食用にする。食材には、1)しゃぶしゃぶ、2)担々麺の旨み=スープに具材としても使われる、3)ポン酢で副食、4)キャンディ、5)アイスクリーム、6)パン&ケーキ、7)ドレッシング、ここからは、ちと違った活かし方。8)石けん、9)綠色のタオル、10)...ヒトにも地球にも役立つ東関のコンブ活用術220416BS5

  • <地域で物語り創出>の顕在化、光をあてたい 塩博文編『旅する阿寒』

    <地域で物語り創出>の顕在化、光をあてたい塩博文編『旅する阿寒~松浦武四郎も歩いた阿寒の古道探訪~』クスリ凸凹旅行舎2018年。観光ガイドボランティアの自営業を立ち上げた編者が、10年来、蓄積してきた阿寒湖畔を軸にした「阿寒クラシックトレイル」を提唱し、「新しい旅を創ります」と提案している。本書は「阿寒クラシックトレイル」を構造的に示そうと、様々な仕掛けとその展開ステージを紹介している。3つのセクション「里の道」「川の道」「山湖の道」を設け、そこに松浦武四郎と前田正名の思想と哲学を組み合わせて立体化している。時間・空間・人間を活き活きさせようとすえう試み。その構想と運用の経験が、この本には表明されている。そういうことで拙稿「前田正名論徳島県民の阿寒郡移住」(講演筆耕)も掲載されている。「豊かな自然」。そう言われ...<地域で物語り創出>の顕在化、光をあてたい塩博文編『旅する阿寒』

  • 「相依りて立つ藁 縁起」の概念220415.

    「相依りて立つ藁縁起」の概念220415.世に「解字」の概念がある。それは「文字(漢字)の意義を解明すること」「文字の成り立ちを分析する」と示される(『広辞苑』第七版)。「人」。では「人」の解字はいかように示されるか。「人の立った姿を描いた象形文字」にして「もと身近な同族や隣人仲間を意味した」とも。さらには「二つくっついて並ぶ」や「そばにくっついている相手」。ほかには「相並び親しむ人」などつながりを中核に位置づけるとする。1965年ころ、増谷文雄著『仏教百話』で読んだ記憶。原始仏教の訳であった。それは「二つの蘆束は互いに相依りて立たん」の<比喩>=あるものごとを別なのものごとに見立て、なぞらえる表現。それで読んだことがある。「サーリプッタ(舎利弗)は「二つの蘆束は互いに相依りて立たん」と説いた」。「縁起の公式:...「相依りて立つ藁縁起」の概念220415.

  • 「北の端から島の魅力と読書の文化を広げる」 北海道利尻島からの提案220403『北海道新聞』(朝刊)

    「北の端から島の魅力と読書の文化を広げる」北海道利尻島からの提案220403『北海道新聞』(朝刊)淡濱(あわはま)社。「たくさん読む人も、一冊を大事にする人も楽しみ方はそれぞれ」「島の魅力と読書の文化を広げる」。<結び>に示される、30歳代・女性のコメント。北海道の北部に位置する、利尻島に探勝した出版社。それが「淡濱(あわはま)社」という会社。これまでに『利尻の色』、『北の浮き、彩初める』など計4冊。東京都や長崎県から注文がある、と。「利尻は青にあふれている」。会社員時代に<独り旅>で訪問した北海の島=利尻・礼文。のちに「利尻町地域おこし協力隊」に採用された。図書館司書の資格を活かし、小中学校の図書室で本の整理をする。また、「島のお助け司書」を名乗り、SNSサイトで「お薦めの本を紹介」とも。「利尻町で淡濱社を立...「北の端から島の魅力と読書の文化を広げる」北海道利尻島からの提案220403『北海道新聞』(朝刊)

  • 語り部を育て、自ら語り部に育つ 釧路湿原シニア大学院始業式220413

    語り部を育て、自ら語り部に育つ釧路湿原シニア大学院始業式220413.釧路湿原シニア大学院第8期生にとっては第2年次の始業、そして聴講生登録の1-7期の令和4年度登録を行いました。「今年度の抱負を」と促された学長は挨拶に立ち、以下のように案を示しました。地域に語り部を育てたい。シニア大学院に学んでくださることが、地域の語り部を育てることにつながっている。自ら学ぶことが、地域に広範な人材育成につながっている点を見据えてほしい。修了生から語り部を発掘。過年度修了者のお方に短期高等教育機関でミニシンポの基調講演とパネリストをお務めいただいたことがあります。事業経営に投じた半世紀の「語り」には深い共感が寄せられたところで、人生の経営者としても立派な業績を残されて感銘を与えていただきました。釧路湿原シニア大学院で学び続け...語り部を育て、自ら語り部に育つ釧路湿原シニア大学院始業式220413

  • 「着るほどにカラダになじむ」 美の壺「風土を織り込む 紬」NHKBS3 220409  三つのツボ。それを提示するNHK番組「美の壺」

    「着るほどにカラダになじむ」美の壺「風土を織り込む紬」NHKBS3220409三つのツボ。それを提示するNHK番組「美の壺」。「紬」は真綿を手撚りして紡いだ絹糸で織った布地。最初に大島紬をこよなく愛する男性が一言。「着るほどに、実にカラダになじむ心地よさ」。それは「不思議」とも形容したと視聴した。天然の藍が、江戸時代の作からなお健在で、「トキをかさねるごとに<深み>を増す」との形容にも重なる。農閑期の奄美大島。その時間をあてて「大島紬」の製法が確立した。女性達が寸暇を惜しんで糸を撚り、男達が染色する技法は実に多層。手間のかかる、永年の経験と勘がたよりの微妙な工程。祖母-母ー娘。技術の継承にも血のにじむ鍛錬が求められる。鮮やかな緑。「天然蚕てんねんさん」の名も美しいが、その光沢は宝のようで。飼育の地は信濃国の安曇...「着るほどにカラダになじむ」美の壺「風土を織り込む紬」NHKBS3220409三つのツボ。それを提示するNHK番組「美の壺」

  • 水俣再生で市民が手にした価値 生涯学習Ⅱ in 釧路湿原シニア大学9th-02

    水俣再生で市民が手にした価値とは生涯学習Ⅱin釧路湿原シニア大学9th-02熊本県水俣市。1954年に確認された<世界に類をみない産業公害>。そこで失われたモノ、悲惨の二字。しかし、市民はマチなかに生み出された<偏見・中傷・差別>を超えて、水俣の再生に立ち上がる。キーワードはいくつか。「ヒトは絶望だけでは生きられない」「人様はかえられないから、自分がかわる」「他人が調べたモノでは<水俣病>はわからなかった」「自分で調べてみて初めてわかった」。結果、行き着いたコトは。「(地域に生じた偏見・中傷・差別の発生は)創る力・考える力・調べる力の衰退」にある。「<べき論>からは出発しない」「あるモノを探して確認」「意味を把握してから、昔ながらの知恵と工夫を含め新しく組み合わせる」(34p)。そういうことであった。そこから学...水俣再生で市民が手にした価値生涯学習Ⅱin釧路湿原シニア大学9th-02

  • 「以衆人堅城砦=<アイヌ民族がなびかぬように>」 幕府東蝦夷地直轄政策220408

    「以衆人堅城砦=<アイヌ民族がなびかぬように>」幕府東蝦夷地直轄政策2204082022年2月24日、ロシアのウクライナ侵攻が始まった。その前にはクリミヤ半島の領有と言うこともあった。日曜日朝のワイドショー番組で、藪中三十二氏は次のように発言したように思う(録画してあるわけではないが)。「USAは危機感を示し、『始まる、始まるぞ』とは申すも、なにもしようとしない」。最近、ANNニュースが報じたという。2022/04/07https://www.youtube.com/watch?v=gn-RJAi9l9A「北海道を巡るロシア下院議員の発言領土的野心の表れか(2022年4月7日)」<411,339回視聴>。視聴記録は残されているようだ。識者は「ロシアのプロバカンダ、あおられることはない」と評してはいるが。その前に...「以衆人堅城砦=<アイヌ民族がなびかぬように>」幕府東蝦夷地直轄政策220408

  • 苛烈・確実な年貢収取 「門割 かどーわり」=薩摩島津家の農業経営・農政及び農地の制度210407

    苛烈・確実な年貢収取「門割かどーわり」=薩摩島津家の農業経営・農政及び農地の制度210407世に「一門いち‐もん」とする概念がある。辞書に記載。「同じ家系、または、同じ家族の人々。一族。一家」=「藤原一門」。「仏教などで同じ宗派の人々」=「天台一門」。「学問・武道・芸能などで、同じ師匠や指導者をいただく人々」=「芭蕉一門」。、「特に大相撲の世界で、名力士の指導を受けた親方・力士の作る集団=「出羽海一門・二所ノ関一門・時津風一門・高砂一門、立浪一門」。「類語」に「一族・家・家門・血族・家系・家筋いえすじ・氏うじ・血筋・血脈・血統」など、あるとする。薩摩国・島津家で中世から成立したとみられる所領支配に「門割かどーわり」の制度がある。複合家族の数戸を門に編成して耕地を割り当て,一定の年期ごとに割替えが行われた農業経営...苛烈・確実な年貢収取「門割かどーわり」=薩摩島津家の農業経営・農政及び農地の制度210407

  • 地域再生

    地域再生の10条吉本哲郎著『地元学をはじめよう』(岩波書店2008年)。1)地域は<地域が水でつながっている>を見落としていた。2)<ヒトが自然に近づきすぎ>て、自然の復元能力(自浄力)を超える負荷を環境にかけ続けた。3)公共投資で水俣の自然は復旧したが、市民の間に生じた不信・不安・対立や差別は解消しなかった。4)水俣市長が「もやいなおし」を宣言、市民間の差別と対立を修復する取り組みが全市に広がった。5)<不信・不安・対立や差別は解消しなかった>理由は「調べる力、考える力、創る力が衰えている」点にあった。6)「ものづくりや地域づくりはイメージする力」による。7)地域にあるモノをつなぐ、つないで意味を造る、意味をまとめて付加価値を創出する。8)「地域まるごと博物館」や「地域資源マップ」の取り組みを通じ、地域再生の...地域再生

  • 「白糠のアイヌ語地名:キラコタン」 自然災害伝承地名220127

    「白糠のアイヌ語地名:キラコタン」自然災害伝承地名220127釧路国で「キラコタンkira・kotan逃げる・村」は白糠町と鶴居村にある。白糠郡白糠町の「キラコタン」は茶路ちゃろ川の下流部に位置する地名。地図上では役場所在地の西部に「京都大学演習林」の記載があるから、その西部ということに。この伝承は渡辺茂著『白糠町史』(白糠町1954年)に掲載されている。白糠町役場の所在するマサルカの地から、津波が発生した時に「逃げる」の行き先として、「キラコタン」が選ばれたのだとする。(A)『白糠町史』(1954年)を編纂したとき、在住したコタン住民に伝承していた事象で信頼度は高いとするも、どの地震の津波かは不明のままとされている。(B)「kira-kotan逃げる・村」でその意味は、津波襲来時に「マサルカ」の地から「逃げこ...「白糠のアイヌ語地名:キラコタン」自然災害伝承地名220127

  • 祖母も鶴瓶も感動 アメイズインググレイス「鶴瓶にカンパイ」NHKG220404

    祖母も鶴瓶も感動アメイズインググレイス「鶴瓶にカンパイ」NHKG220404。2013年。街角で美少女が「きよしこの夜」を斉唱してくれた。その7年後の2021年。成長した2人は、いま、東京と仙台で学ぶ。当時、中学2年生であった2人。ひとり=斎藤結月さんははクラシックギターの「温もりのある音にひきこまれ」と仙台で学ぶ、もう独り=須田真央さんは声楽をこころざし、東京の音楽大学で声楽科に学ぶ。声楽科で学ぶ女性は申す。「番組に出演できたことで、たくさんの方から手紙をいただいた」「(そこで気がついたこと)音楽は人々をつなぎ、力になる」。澄み切った少女のハーモニーは、「(婆ちゃん)私、はじめて聴いた」と感激させていたが、それから8年。東京のNHKスタジオに登場の須田真央さんは、「その時の、アメイジンググレイスを歌います」。...祖母も鶴瓶も感動アメイズインググレイス「鶴瓶にカンパイ」NHKG220404

  • 芸道 小三治・正名・家業ドメ220403

    柳家小三治師。「押しつけがましい(落語をするな)」「自分の方から配達に出かけて行くな」。落語研究会。厩火事に鹿政談の高座の枕に。前田正名。地方更生の出発に『興業意見未定稿』を記載。農村金融にむけて興業銀行構想。のち「地方村是」に「郡是」。長男まで離村する教育をよろこばずない愛知県南知多町。ムラの女神を喜ばすために2日間休んで祭祀に専念(=「家業止め」と申す)芸道小三治・正名・家業ドメ220403芸道小三治・正名・家業ドメ220403

  • 往時の木柱、移転後の新津波高度標識 JR北海道・白糠駅220330

    往時の木柱、移転後の新津波高度標識JR北海道・白糠駅2203301975年頃の時点で、当時の日本国有鉄道北海道支社釧路鉄道管理局管内の白糠駅前に、一基の木柱があった。「標高は6.8メートル」の表示と、津波への注意を促す標識」であった。モノクロ写真で撮影したはずながら、そのデータはどこへ収まっているものやら。220330。現地をたずね、その現場を確認してみることにした。白糠駅前は整備され、記憶にあった「木柱」は駅前から撤去されていた。転じて、そのヨスガを残すオブジェクト。それに相当するのであろう標識がった。近年、いたるところに「この位置は標高■メートル」のサインを見る。しかし、この地点の標高標識はひと味、異なる。柱の頭頂部に「▼10M▲」の表示があって、そこに往時の木柱の伝統を示している。往時の木柱は、この地域に...往時の木柱、移転後の新津波高度標識JR北海道・白糠駅220330

  • 鵜飼い

    「道具とだけ考えていた『鵜』も、今は・・・・・」鵜飼い450年、広島県三次市220401テレビ朝日の朝の放送。「ニホンのチカラ」で午前5時はんから、伝えていた。「これがおれたちの伝統~人と鳥がつないだ450年~」と題して、放送された。鵜飼いと言えば、岐阜県の長良川。三次市の江の川を舞台に、450年の伝統があるそうで。「鵜が道具であった、金儲けのため始まったことではるが・・・・」。鵜飼いを観光の機会にもと位置づけられてきたが、「今は、違っている」と。鵜には脚にコブのできる病気があって、罹患すると関節が働かなくなり、ほどなく落命するのだそうで。獣医師が懸命に鵜の治療にあたる。「今や鵜とは共生の関係、動物も人間の役にたちたいと考えている」。実はこれ、「鵜と人間との間の新しい価値観」なのだそうである。期待の鵜飼いは新型...鵜飼い

  • 松江城

    「戦国の威風をただよわせて松江の町を守っています」松江城天守閣保存211129松江城は平成27年7月、国宝に指定された。「松江城天守一棟」。「水の都」と市民が誇る出雲国政庁のある地に、また一つ新しい付加価値が名実ともに創成された。国宝指定の官報告示をうけて、市長は談話を発表している。ーhttp://www1.city.matsue.shimane.jp/bunka/bunkazai/matsuejyou/kokuhou.html市長コメントー松江城天守の国宝指定についてー「松江城の価値を更に高めて発信」「松江城だけにとどまらず、城下町としての歴史的な資産と景観を最大限に活かし、特色と活力に溢れたまちづくりを進め」「こうした取り組みを市民の皆様との共創として、ともに手を携えて推し進めることとし、国宝松江城に相応し...松江城

  • 縁起

    縁起真宗本願寺派尾幌説教所220327.明治三十二年年四月新開地厚岸町尾幌原野に始めて北陸地方出身者の入植あり。同年九月一日、西一線四十八番地に説教所開設。昭和八年三月失火全焼。同年十一月現在地八号線二十七番地に、寺基移転して復興。昭和二十五年五月暁善寺々号公称。平成元年開基九十年を迎える。明治十年十月五日新潟県西蒲原郡漆山村寺潟新田佐藤孫九郎三男として出生幼名善吉明治二十五年同県中之口村打越仏照寺(真宗仏光寺派)に入寺後、得度して暁善と改名。明治三十二年新潟より、小樽市法雷寺(住職龍山雷雲師)を訪ね、新開地北海道にて、お念仏の法義弘通の望みを吐露。厚岸町教雲寺(住職龍山祐教師)を紹介され(両住職は御兄弟)同年四月同寺に寄恵まれた恵まれた(「教雲寺記録」所載)。厚岸町宮城野組支配人、奥谷栄吉氏(教雲寺門徒)の斡...縁起

ブログリーダー」を活用して、pacific0035'写真BBSさんをフォローしませんか?

ハンドル名
pacific0035'写真BBSさん
ブログタイトル
pacific0035'写真BBS
フォロー
pacific0035'写真BBS

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用