searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

大橋むつおのブログさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
大橋むつおのブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ryonryon_001
ブログ紹介文
思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。
更新頻度(1年)

1380回 / 365日(平均26.5回/週)

ブログ村参加:2015/01/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、大橋むつおのブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
大橋むつおのブログさん
ブログタイトル
大橋むつおのブログ
更新頻度
1380回 / 365日(平均26.5回/週)
読者になる
大橋むつおのブログ

大橋むつおのブログさんの新着記事

1件〜30件

  • やくもあやかし物語・60『ドッペルゲンガーかも』

    やくもあやかし物語・60『ドッペルゲンガーかも』自分にソックリなお化けをドッペルゲンガーっていうんだよ。知ってた?ドッペルゲンガーを見ちゃうと死んじゃうとか、気が狂ってしまうとか言う。お母さんもお爺ちゃんお婆ちゃんも、それを見たんだよ。え?ちがうよ、お母さんがお母さんを見たんじゃなく、お爺ちゃんがお爺ちゃん、お婆ちゃんがお婆ちゃんを見たんじゃなくて、やくも(わたし)のソックリさんを見たんだよ。お母さんは、駅前のロータリーのとこを、まるでデートする相手の男の子を見つけたみたいに軽やかに走っていくわたしを。お爺ちゃんお婆ちゃんは、図書館で熱心に本を読んでいる『耳をすませば』の雫みたいなわたしを。その時は、デザートのショートケーキ食べながら『けいおん』のティータイムみたく、アハハと笑ってしまいだった。でもね、お風呂に...やくもあやかし物語・60『ドッペルゲンガーかも』

  • 誤訳怪訳日本の神話・8『ヨモツヒラサカ 女は怖い! その③三度のピンチ』

    誤訳怪訳日本の神話・8『ヨモツヒラサカ女は怖い!その③三度のピンチ』黄泉醜女(よもつしこめ)たちが、すぐ後ろまで迫ってきました!イザナギは髪に付けていた「黒い木の蔓つるの輪(シュシュのようなもの)」を投げました。それは、瞬くうちに、たわわに身を付けた野葡萄の木に変わります。黄泉醜女たちは一せいに群がって、ムシャムシャベチョベチョと野葡萄を食い漁ります。その間にイザナギは、いくらかの距離を稼ぐことが出来ました。しばらくすると野葡萄を食べつくした黄泉醜女たちが再び背後に迫ってきて、イザナギは心臓バックンバックンで生きた心地もしません。イザナギは、次に髪にさしていた櫛の歯をバラバラと投げました。櫛の歯はたちまちみずみずしいタケノコに変わり、黄泉醜女たちは腹ペコの鹿か熊のようにタケノコに群がりハグハグボリボリと食べ始め...誤訳怪訳日本の神話・8『ヨモツヒラサカ女は怖い!その③三度のピンチ』

  • 妹が憎たらしいのには訳がある・37『まとまらない考え』

    妹が憎たらしいのには訳がある・37『まとまらない考え』幸子は俺のメンテナンスしか受け付けなくなっている……。そんな考えが頭をよぎった。なにか大変なものが動き出している。そんな気がして、高機動車ハナちゃんに乗って大阪に帰る間、これまでのことを振り返る俺だ。メンテナンスして、幸子はもとに戻っていた。帰りは、その幸子を中心に、チサちゃん、佳子ちゃん、優子ちゃんも盛り上がっていたので、一人で集中することができた。この世はパラレルワールドと言って、ほとんど同じ世界が同時に存在し、そのことは両方の世界のごく一部の人間しか知らない。二つの世界の有りようについては、両方の世界に跨るグノーシスという組織がコントロールしているのだが、絶対ではない。グノーシス自体揺れている。味方であったハンスが敵になったり、敵であった美シリ三姉妹が...妹が憎たらしいのには訳がある・37『まとまらない考え』

  • せやさかい・187『留美ちゃん、ちょっと!』

    せやさかい・187『留美ちゃん、ちょっと!』さくら留美ちゃんのお母さんは大和川を超えた大阪市内の病院に勤めてはる。病院は、去年の春から指定感染症、つまりコロナ患者を収容する病院になって、もう目の回るような忙しさ。こないだお見舞いに行った専念寺さんが入院してる病院は普通の病院で、外来は例年の半分ちょっと。患者さんらはコロナになったらあかんので、お医者さんやら病院に行くのは控えてる。コロナ以来、マスクや手洗いを徹底するようになったんで、風邪やらインフルエンザに罹る人は劇的に減ったいうこともあんねんけど、一部のコロナ病院は医療崩壊も心配されるほどのてんてこ舞い、その他の病院は倒産が噂されるほど暇らしい。留美ちゃんは、忙しいお母さんに代わって、家事一般はなんでもこなす。せやから、心配はないと思うねんけど、夕べの電話は、...せやさかい・187『留美ちゃん、ちょっと!』

  • 滅鬼の刃・7『』

    滅鬼の刃エッセーノベル7・『MT世代』明治大恋歌(歌:守屋浩作詩:星野哲郎作曲:小杉仁三)というのがありました。日露の戦争大勝利まだうら若き父と母……という歌いだしです。テレビの歌謡番組で観た記憶があるので、たぶん小学校のころに流行った歌です。坊ちゃんみたいなコスの守屋青年が歌っていました。美空ひばりが『やわら』を歌った時に、ああ、守屋青年と同じだと感じましたから、『やわら』以前なのでしょう。すごいですね、父と母が日露戦後……だから、1905年~1910年ぐらいのことでしょう。今からだと110年くらい昔の事です。1953年生まれのわたしの祖父母がこれくらいの生まれです。歌の二番に『十九歳の母』とありますから、まさにこの世代。今は、明治生まれも稀ですね。明治末年の生まれでも112歳を超えてしまいます。子どものころ...滅鬼の刃・7『』

  • 誤訳怪訳日本の神話・7『ヨモツヒラサカ 女は怖い! その②黄泉醜女』

    誤訳怪訳日本の神話・7『ヨモツヒラサカ女は怖い!その②黄泉醜女』石室の中のイザナミの腐り様は簡単に言えばゾンビですなあ。神さまのゾンビなので、体のあちこちに雷が付いて稲妻が走っていて、キモイというよりは危険であります。「見たなあああああああああああああああああああああああああああああああああ!」「イ、イザナミ……(;'∀')」「あれだけ覗いちゃいけないって言ったのにいいいいいいいいいいいいいいいいい!」ゾンビを相手に話し合いもなにもあったものではないので、イザナギはひたすら逃げます。イザナミは黄泉軍(よもついくさ=死の世界の軍隊)と黄泉醜女(よもつしこめ=死の世界のブス)たちに追いかけさせます。まあ、ゾンビの大群です。ちなみに、ここに出てくる黄泉醜女は、日本の文献史上初のブスであります。このくだりの主題は、とて...誤訳怪訳日本の神話・7『ヨモツヒラサカ女は怖い!その②黄泉醜女』

  • 妹が憎たらしいのには訳がある・36『幸子の変化・2』

    妹が憎たらしいのには訳がある・36『幸子の変化・2』出てきたのはAKR総監督の小野寺潤だ。そして、横のひな壇にも小野寺潤が……。ええええええええええええええええ!?スタジオのどよめきが頂点にさしかかったころ、MCの居中と角江が、さらに盛り上げにかかった。「こりゃ大変だ、潤が二人になっちゃった!」「い、いったいどういうことなんでしょうね!?」二人の潤は、それぞれ、自分が本物だと言っている。「でも、あなたが本物なら、わたしは何なんでしょうね?」二人の潤は、まだ演出の一部だろうと余裕がある。二人の潤を真ん中にして、メンバーのみんなが、マダム・タッソーの蝋人形と本物を見比べる以上の興奮になってきた。「蝋人形は、動かないから分かるけど、こんなに動いて喋っちゃうと分かんないよ」メンバーの矢頭萌が困った顔をした。「じゃ、じゃ...妹が憎たらしいのには訳がある・36『幸子の変化・2』

  • オフステージ・152『家庭科クラブの謎・3』

    オフステージ(こちら空堀高校演劇部)152『家庭科クラブの謎・3』ミリー明治時代に、こんな事があったんだ……手を温めるようにして湯呑を抱えて、蜂須賀くんは続ける。ちょっと年寄りじみてるんだけど、こういうシミジミ感はタナカのお婆ちゃんに通じるものが合って好きだよ。「五代前のお祖父ちゃんが、明治天皇に呼ばれて宮中に参内したときのことなんだけどね、あ、宮中とか参内とか分かる?」「うん、パレスに呼ばれたってことだよね」「それで、明治天皇の居間みたいなところで、気楽に昔話とかしてたんだ。明治天皇は人と話すのが好きで、お暇な時には、いろんな人を呼んでお話になっていた」わたしも、湯呑を抱えてくつろいでしまう。「そのうちに、明治天皇が御用で席を外したんだ。テーブルの上には来客用にたばこのケースが置いてあるんだけど、宮中のたばこ...オフステージ・152『家庭科クラブの謎・3』

  • 誤訳怪訳日本の神話・6『ヨモツヒラサカ 女は怖い!①』

    誤訳改訳日本の神話・6『ヨモツヒラサカ女は怖い!その①』母殺しのホノヤギハヤヲの神を切っても、イザナギの気持ちはおさまりません。ま、切っても数が増えるだけということもありますが、とにかく、最愛の妻を失った気持ちはおさまりません。で、イザナミが逝ってしまった黄泉(よみ)国へ会いに行くことにしました。黄泉国とは、今の島根県の東部にあたりますので、古代において大和政権と並んで力があった出雲の国の説話の影響があるとも考えられます。でも現世と死者の国が地続きであるというのは、仏教伝来以前の日本人の死生観を知るうえでもおもしろいことです。日本の古代の文化が残っているとされる沖縄では、死者は海のかなたのニライカナイに行くとされ、けして地獄極楽でも天国でもありません。黄泉国についたイザナギは、洞窟の中から出てきたイザナミに、こ...誤訳怪訳日本の神話・6『ヨモツヒラサカ女は怖い!①』

  • 妹が憎たらしいのには訳がある・35『幸子の変化・1』

    妹が憎たらしいのには訳がある・35『幸子の変化・1』その日は週間メガヒットの生放送の日だった。19時局入りだったので、幸子は演劇部の部活もケイオンの練習もしっかりやって、18時過ぎに正門前で高機動車ハナちゃんに拾ってもらって帝都テレビを目指した。帝都テレビは東京の港区だ。1時間足らずで、500キロ以上移動しなくちゃならない。リニアでも無理だ。ハナちゃんは、高速に入ると急加速し、気がついたら空を飛んでいた。「ハナちゃん、空も飛べるんだ!」お母さんが、無邪気に喜んだ。『これでも甲殻機動隊の高機動車ハナちゃんで~す。マッハ3で飛びますよ~。今のうちに食事してくださ~い(^▽^)/』ハナちゃんもウキウキしている。お母さんは、用意しておいたハンバーガーをみんなに配りだした。「マッハ3で飛んでるのに、衝撃もGも感じないね」...妹が憎たらしいのには訳がある・35『幸子の変化・1』

  • かの世界この世界:166『帰還』

    かの世界この世界:166『帰還』語り手:テル(光子)カテンの森で野営の準備をしていた。テントのペグを打とうとすると、森の奥から百年分の雷が落ちるような音がして、すぐに四号の仲間と共に駆けつけると、トール元帥の戦車部隊がグチャグチャに撃破され、森の木々をなぎ倒して無残な姿をさらしていた。最前線で手ひどくやられ、全滅する寸前にワープして撤退してきた様子だ。戦車と言うものは、外骨格の怪物で、撃破されても形は残るものだ。それが、超重戦車の六号でさえ、ひしゃげた缶詰のように形を留めていないものがある。その残骸たちに囲まれてトール元帥が瀕死の重傷で横たわり、タングリスが駆け寄って、装具を解いたかと思うと、野戦服まで脱ぎだして、身一つになって元帥の上に身を投げ出した。「お、おまえらは見るな!」ヒルデが小さな体で立ちふさがって...かの世界この世界:166『帰還』

  • 誤訳怪訳日本の神話・5『イザナギ・イザナミの神生み』

    誤訳怪訳日本の神話・5『イザナギ・イザナミの神生み』日本の八百万(やおよろず=たくさん)の神さまの総元締めは伊勢神宮の天照大御神(あまてらすおおみかみ)であります。ヨイショっと、ここで自分に掛け声を掛けます。なんちゅうか……アマテラスが生まれて、神さまの総元締めになるには、むかしジブリの宮崎駿らが映画のアニメ『腕白王子のオロチ退治』を書いた話をクライマックスとして、そのあとのエピローグで、さらにもう一本長編アニメが作れるぐらいの質と量があります。今日は、とりあえずイントロのところだけ語ってみたいと思います。国々を生み終つて、イザナギ・イザナミは、さらに神々を生みます。これはキリスト教で万物は神がお創りになったということとモチーフは一緒です。とりあえず、生まれた順に並べてみます。はまずオホコトオシヲの神、次にイハ...誤訳怪訳日本の神話・5『イザナギ・イザナミの神生み』

  • 妹が憎たらしいのには訳がある・34『編成替えして夕陽丘』

    妹が憎たらしいのには訳がある・34『編成替えして夕陽丘』加藤先輩!話あるって!放送室!ちぎったように言うと、真希ちゃんは、さっさと行ってしまった。「なんやろ……?」ドラムの謙三が、真希ちゃんの残像に声をかけるように呟いた。うちのケイオンは規模も大きく、技量も三年の選抜メンバーなどは、スニーカーエイジなどでもトップクラス。だけど、それ以外は、マッタリしたもので、軽音楽部というよりは、ケイオン。楽器を通じて結びついている友だち集団に過ぎず、そういう緩い結びつきのバンドの連合体みたいなのが実態で、口の悪い先生は「国連みたいやなあ」という。加藤先輩と言えど、日頃の他のバンドを呼び出したり、指導したりということは、ほとんど無い。狭い放送室のスタジオは、先輩達と楽器で一杯。俺たち四人が入るとギュ-ギューだ。「ごめん、こんな...妹が憎たらしいのには訳がある・34『編成替えして夕陽丘』

  • まりあ戦記・052『ちょっと、なに、これえ!?』

    まりあ戦記・052『ちょっと、なに、これえ!?』わたしの家はカルデラ(特務旅団の基地)の中にある。最初は、わたしのボディーガード兼影武者のマリア(ロボット)と暮らしていたんだけど、マリアがテロに遭って影武者の任務に付けなくなってからは高安みなみ大尉のマンションに同居している。わたしと同居するにあたってみなみ大尉の部屋は拡張された。それが、観音(かのん)のお寺から帰ってみると、また拡張されていた!!「ちょっと、なに、これえ!?」驚きの声をあげたのはみなみ大尉。今朝までは、わたしと大尉の部屋以外はキッチンとリビングがあるきりだったのが、お隣りの壁をぶち抜いて三つも部屋が増えている。わたしの部屋はそのままで、同じ規模の部屋が二つ。『光子の部屋』と『なゆたの部屋』「うわあーーーナユタの部屋だあ(#^▽^#)!」ナユタは...まりあ戦記・052『ちょっと、なに、これえ!?』

  • 誤訳怪訳 日本の神話・4『日本列島を生む!……その③』

    誤訳怪訳日本の神話・4『日本列島を生む!……その③』書き落としましたが、淡路島を生む前にイザナギ・イザナミは淡島を生んでいますが、この子も具合が悪く流されています。で、早とちりでイザナギが「これは、女子から声かけたんでまずかったんだぜ。今度はオレの方から声かけて、やり直してみよう!」と書きましたが、二人は、それまでに天上の神さまにお伺いをたてます。ただ古事記には天の神さまとあるだけで、具体的には書いていません。まあ、物語的には、その後の淡路島以下の島々を生む描写を際立たせるためのハッタリ的描写なんだと言われています。しかし、こういうハッタリにこそ、時代の背景や民族性が出るものです。天界の神さまは、鹿の肩甲骨を持ってきて、これを火で焼いて、そのヒビの入り方で占います。日本史の授業で古代の占いの方法で習う「太占(ふ...誤訳怪訳日本の神話・4『日本列島を生む!……その③』

  • 妹が憎たらしいのには訳がある・33『葉桜の木陰』

    妹が憎たらしいのには訳がある・33『葉桜の木陰』「僕の姿が見えるようだね……僕が何者かも」言われてみればその通りだ。死んだ人が見えたり、その人が佐伯雄一さんだというのは俺の思いこみだ。「思いこみじゃない。キミたち兄妹の力だよ」「俺たちの?」「ああ、向こうの妹さんは気づかないふりをしてくれている」「佐伯さんは、その……」「幽霊だよ。今日は、こんなに賑やかに墓参りに来てくれたんで嬉しくてね」「すみません、亡くなった方を、こんな風に利用して」「パパは、そんな風に思ってないわよ、お兄ちゃん」「パパ?」「墓石の横に、千草子の名前が彫ってあっただろ」「ええ、今度のことで、ある組織がやったんです。申し訳ありません」「いや、あれは、元からあるんだよ。ただ、赤く塗ったのは、その組織の人たちだがね」「それって……」「千草子ちゃんは...妹が憎たらしいのには訳がある・33『葉桜の木陰』

  • 魔法少女マヂカ・192『霧子の横・4』

    魔法少女マヂカ・193『団子坂の喫茶店』語り手:マヂカここに落ち着こう。新畑が指差したのは坂道の中ほどにある喫茶店だ。震災直後に開いている喫茶店などあるはずも無いだろうが、凌雲閣の地下に出入り口があったところから、おそらくは霧子の心象風景、あるいは異世界……いや、礼法室の上に楼閣が存在していたところからおかしい。しばらくは流されるままに見ておくしかないか。喫茶店には、わたしたちの他にもお客はいるのだが、視野の端に捉えている分には普通に見えているが、視線を向けると解像度が落ちたようにボンヤリしてしまう。仕方がない、明らかに見えるところだけを見て、聞こえるだけのことを聞こう。一階にも空席はあるのに、新畑は当然のように二階の窓際席に誘った。席に着くと、すでにアイスコーヒーが三つ置いてある。グラスの表面が汗をかいたよう...魔法少女マヂカ・192『霧子の横・4』

  • 銀河太平記・025『同乗者』

    銀河太平記・025『同乗者』ダッシュ二十三世紀も中ごろ近くの現代、動力のほとんどはパルス機関になった。パルス機関は、相当な大型船(古典的な言い方では宇宙船)でも亜光速が出せて、今では太陽系が、到達時間ではかつての地球的な規模に縮小してしまった。ただ、亜光速になっても慣性エネルギーの相殺ができるようになったのは、この二十年くらいのことだ。慣性エネルギーと言うのは、例えば車が急発進するとシートに押さえつけられるような圧を感じるだろ。逆に、停止する時には前に飛び出しそうになる。左に曲がると右に、右に曲がると左に持っていかれそうになる。まあ、Gってやつだな。慣性エネルギーの問題が解決しなければ、亜光速なんて簡単には出せない。急加速したら、すさまじいGがかかって、体がペッタンコになってしまう。物理的なGに慣れるだけなら数...銀河太平記・025『同乗者』

  • 誤訳日本の神話・3『日本列島を生む!……その②』

    誤訳日本の神話・3『日本列島を生む!……その②』☆オノゴロジマから淡路島イザナギ・イザナミの両神は、前回説明にもたついた矛で、サラダオイルにクラゲがプニプニしているところをコウロコウロ(昔の擬音は面白いですなあ)とかき混ぜて、矛を引き上げ、引き上げた矛から滴った一滴がサラダオイルにクラゲの所に落ちて、オノコロジマができました。なんとなく『ひょっこりひょうたん島』を思わせる名前ですね。そこに大きな柱をお建てになって、その柱をそれぞれ逆に回って出くわします。ここからが世界にも稀な即物的でおおらかな性描写になります。「いやあ、ナミちゃんおひさ~!ところでさ、ナミちゃんの体ってどうなってんの?男子って平気な顔しながら、とっても興味あんだよね(^▽^)/」「ウフフ、あたしはね、一か所未完成で、溝になったままのところがあん...誤訳日本の神話・3『日本列島を生む!……その②』

  • 妹が憎たらしいのには訳がある・32『チサちゃんの墓参り』

    妹が憎たらしいのには訳がある・32『チサちゃんの墓参り』日ごとにチサちゃんは変わってくる。チサちゃんは向こうの世界の幸子で、ひいひい祖父ちゃんの一人が違う(向こうの世界では、新潟に原爆が落とされ、源一というひいひい祖父ちゃんは亡くなっている)けども、五代もたつと、ひひ孫になる幸子とチサちゃんのDNAの違いは6・25%に過ぎず、見た目には、まったく区別がつかない。だから、こちらの世界で保護するときには、髪を短くしたり眉の形を変えたりしたが、挙措動作はまるで同じ。幸子がプログラムモードのときなど、薄暗がりだと区別がつかなかった。それが、最近微妙に変わってきた。例えば、ティーカップを持つときに小指を立てるようになった。呼びかけて振り返ったりすると微に小首を傾げて、幸子とは違った可愛さになる。念のため、幸子が可愛いのは...妹が憎たらしいのには訳がある・32『チサちゃんの墓参り』

  • やくもあやかし物語・59『やくもにそっくり……』

    やくもあやかし物語・59『やくもにそっくり……』あら!?門を入って来るなり、「ただいま」も言わずに、お母さんが声をあげた。「え!?」あまりに素っ頓狂な声なので、家族としての礼儀である「おかえりなさい」の挨拶もできない。「やくも、駅前にいなかった?」「え、駅前?」「え、あ……ごめん、お母さんの見間違いだ。あ、ショートケーキ買ってきたから、あとで食べよ(^▽^)」ヒョイと持ち上げたパッケージは、駅前に開店したって噂ケーキ屋さんだ。「嬉しい!広告しか見てなかったから、食べたかったの(^▽^)!」「今からじゃ、お夕飯が入らなくなっちゃう。デザートにね」「あ、うん、もちろん!」正直、ケーキの一つくらい入るよ。でも、お爺ちゃんお婆ちゃんには夕飯前のケーキは重たい。母子そろって気配りをする。お風呂掃除をしていると、リビングの...やくもあやかし物語・59『やくもにそっくり……』

  • 誤訳 日本の神話・2『日本列島を生む!……その①』

    誤訳日本の神話・2『日本列島を生む!……その①』第一回で書いた天の神さまたちがイザナギ・イザナミに、こう言いました。「このサラダオイルのクラゲのようなものをなんとかして国を創っちまえよ!」なんとも無茶なことをいいますが、さすがは初めて登場した実体の有る神さま。神さまたちが立派な矛をくれたので……。と、ここで最初の疑問。矛とはなんぞや?矛盾の矛にあたるものですが、案外これが分からない。わたしも大学で聞いた時、正直分からなかったのですが、あまりに原始的な質問なので、控えた覚えがあります。で、教える立場になって、初めて調べました。槍と同様な武器なのですが、外見上では矛は柄との接合部が袋穂とよばれるソケット状になっています。いわば帽子ですね。槍は茎(なかご)を差し込んで固定する方式、人に例えると、頭のてっぺんに差し込ん...誤訳日本の神話・2『日本列島を生む!……その①』

  • 妹が憎たらしいのには訳がある・31『里中ミッション・3』

    妹が憎たらしいのには訳がある・31『里中ミッション・3』俺の脳みそとねねちゃんのCPが一緒になってのお仕置きが始まった……。「大阪城の天守閣って、鉄筋コンクリートなんだよね」まずは、小学生レベルの話題で拓磨の自尊心をくすぐる。「ああ、そうや。昭和の6年に市民の寄付金で再建されたんや。150万円の寄付が集まったんやけど、5万円はうちのひいひい祖父ちゃんが寄付しよったんや」拓磨は単純にのってきた。「すごい、再建費用の5%だね!」「ハハ……ねねは、数学弱いんだな」「どうして?」拓磨は、アイスクリームを買いながら計算していた。「150万円のうちの5万円なら、3・3%じゃん。ほら」アイスをくれた。「このアイスいくら?」「いいよ、こんなのオゴリの内にも入らへん」「いいから、いくら?」「うん、300円やけど」「150円が儲け...妹が憎たらしいのには訳がある・31『里中ミッション・3』

  • せやさかい・186『スカイプで部活はできません』

    せやさかい・186『スカイプで部活はできません』さくらせりなずなごぎょうはこべらすずなすずしろ……ここまで言うて、銀之助は詰まってしまう。『えと……』モニターの前で腕組みして、いけずなわたしはニヤニヤと笑う。『もう一回!』「はい、どうぞどうぞ」『せりなずなごぎょうはこべらすずなすずしろ……』やっぱり詰まる。「ブッブー、時間切れ。まあ、緊急事態宣言も出てんねんさかい、家でおとなしいしてなさい」『せんぱ~い(´;ω;`)ウゥゥ』あたしは、無慈悲にスカイプをオフにして、すっかり冷めた紅茶を飲み干す。銀之助て憶えてますか?うちら文芸部のニューフェイス。せやけど、入部したのは三カ月も続いたコロナ休校のあとで、ろくに部活もでけへんうちに、今度のコロナの二次ピーク。文芸部というのは三密が前提の部活やさかいねえ。いや、世間の文...せやさかい・186『スカイプで部活はできません』

  • 誤訳日本の神話『天地のはじめ(アメツチノハジメ)』

    誤訳日本の神話・1『天地のはじめ(アメツチノハジメ)』※始まりにあたってわたしは、かつて日本史の教師でした。わたしが生徒であったころは、日本史の教師はずっと日本史で、古いノート一冊あれば事足りました。気楽な商売でした。一年生の担任になっても日本史とか世界史が自分の持ち教科であれば、一年の地理などは持たずに、二三年生の授業だけを持っていて、自分のクラスにはホームルーム以外は顔を見せない、どうかするとホームルームも生徒任せで、月に数回しかクラスに顔を見せない先生もおられました。自分が教師になると大違い。たいてい、複数の小教科を兼ね、ノートも、その年その年の教科書に合ったものを作り(教育基本法だったか指導要領だったかに、授業は教科書によらねばならないとあります。それ以上に教科書を大切にさせる=授業に教科書を持ってこさ...誤訳日本の神話『天地のはじめ(アメツチノハジメ)』

  • 妹が憎たらしいのには訳がある・30『里中ミッション・2』

    妹が憎たらしいのには訳がある・30『里中ミッション・2』ターゲットは帰り道の横断歩道にいた……。それまで圧縮されていた情報がいっぺんに解凍された。信号機のポールに半身を預けて気障ったらしく(俺の感性では、そう見えた)立っているのは、このところしつこく、ねねちゃんに言い寄って来ている大阪修学院高校の二年生。――青木拓磨――草食を装った肉食男子。姿勢が、いつも左右非対称。自分をかっこよく見せる演出以外に、狙った女の子が逃げられない位置を確保するための準備姿勢でもあるらしい。大阪市内にいくつもビルを持っている『青木ビル』社長の次男。凡庸な兄を幼稚園のころには追い抜いたと錯覚して『青木ビル』の後継者は自分であると思い込んでいる。修学院とフェリペは最寄りの駅がいっしょで、入学早々から拓磨はねねちゃんに目を付けているのだ。...妹が憎たらしいのには訳がある・30『里中ミッション・2』

  • 滅鬼の刃・6『500枚のイラスト教材』

    滅鬼の刃エッセーノベル5・『500枚のイラスト教材』勉強はせんかったなあ……。わたしが学校の勉強を投げ出したくなった時に、ことのついでのように言います。こころは『俺も勉強嫌だったし、しなかったけどなんとかなったぞ、気にするな』という、お祖父ちゃんなりのフォローなんです。お祖父ちゃんは、病気で辞めるまで三十年近く高校の先生をやっていました。本当に勉強はしなかったようで、高校を四年、大学を五年行っていました。まともに就職したのも二十八の歳だったようで、まあ、豪傑です(;^_^。わたしは留年なんかしたら、ぜったい心が折れてしまうので『テヘペロ(#^_^#)』的なリアクションしておしまいにします。お祖父ちゃんは地歴公民の先生だったのですが、生徒や学生のころの成績は無残なものです。じっさいに通知表を見せてもらったんですが...滅鬼の刃・6『500枚のイラスト教材』

  • 妹が憎たらしいのには訳がある・29『里中ミッション・1』 

    妹が憎たらしいのには訳がある・29『里中ミッション・1』俺はねねちゃんになってしまった……。つまり義体であるねねちゃんに俺の心がインストールされて、いまの俺の体はねねちゃんなのだ。「インスト-ルは90%に押さえてある。完全にインスト-ルすると、太一は自分の体も動かせなくなるからな。今日は一日オレの家で休んでいてくれ」「で、ミッションは?」声の可愛らしさにたじろぐ。「言い回しが男だなあ……インストールを95%にしよう」里中隊長がタブレットを触って、体に電気が走った。「ア、アン……」変な声が出た。「そう、その調子だ。ねねの行動プログラムに従って学校に行ってくれ。問題は直ぐに分かる。じゃ、よろしくな」そこで車を降ろされた。角を曲がって五十メートルも行けばフェリペの正門だ。視界の右下に小さく俺の視界が写っている。まだ、...妹が憎たらしいのには訳がある・29『里中ミッション・1』

  • やくもあやかし物語・58『令和69年』

    やくもあやかし物語・58『令和69年』春眠暁を覚えずという言葉がある。春は気持ちが良くって、なかなか起きれないとい寝坊助の言い訳みたいな……もとは漢詩らしいんだけど、最初の一節しか覚えていない。今朝は、この『春眠暁を覚えず』状態で、まだ寝床の中。心地よいから……もあるんだけど、明日から始まる学校が気がかり、ハッキリ言って嫌だから起きられないことも理由の一つ。八カ月前に転校して来て学校に馴染んだとは言いにくい。クラスで友だちは居ないって言うか、口を利くのは図書委員の杉村君と小桜さんくらい。クラスの人たちは顔は分かるが名前は分からないという人たちばかり。数人は顔さえ分からない。交換手さんも、気を使ってなのか呆れたのか、目覚まし代わりのベルも鳴らさない。かすかに原チャの音がして――おはようございます、ヤクルトです――...やくもあやかし物語・58『令和69年』

  • 妹が憎たらしいのには訳がある・28『バーチャルな履歴』

    妹が憎たらしいのには訳がある・28『バーチャルな履歴』向こうの世界の幸子は千草子、通称チサと名乗って俺の家に同居することになった。髪をショートにして眉を少し変えたチサちゃんは幸子によく似た従姉妹ということで十分通った。うちと同姓の佐伯という画家が、この時期に亡くなったので、役所の方で戸籍を改ざんし、チサちゃんは、その遺児ということになっている。甲殻機動隊はチサちゃんの履歴をつくり、パソコンを使って亡くなった佐伯さんの関係者や、チサちゃんが在籍したことになっている学校関係の人間の記憶にインストールした。むろんチサちゃん自身の記憶もそうなっている。これでチサちゃんのグノーシス対策は万全だ。学校は、うちの真田山ではなく、大阪フェリペへの編入だ。ねねちゃんといっしょにすることで、セキュリティーにも万全を期したようだ。「...妹が憎たらしいのには訳がある・28『バーチャルな履歴』

カテゴリー一覧
商用