searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

gieronさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
新宿区

自由文未設定

ブログタイトル
PHEVブログ
ブログURL
http://phev.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
アウトランダーPHEV乗りのブログです。 HV EV 充電の事。お出かけ、旅行の写真を載せています。
更新頻度(1年)

368回 / 365日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2013/06/13

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、gieronさんをフォローしませんか?

ハンドル名
gieronさん
ブログタイトル
PHEVブログ
更新頻度
368回 / 365日(平均7.1回/週)
フォロー
PHEVブログ

gieronさんの新着記事

1件〜30件

  • メルセデス・ベンツの新型EVセダン「EQS」の電池性能が凄い

    今日は日本で非常に販売を伸ばしているドイツのメルセデスのEVについてです。ドイツの自動車業界が長いこと待ち望んでいたパフォーマンスそのものだった。4月15日(現地時間)、独自動車大手ダイムラーは高級車ブランド、メルセデス・ベンツの新型EV(電気自動車)セダン「EQS」を世界初公開した。ダイムラーのオラ・ケレニウス最高経営責任者(CEO)は、次のように強調した。「EQSは最も要求の厳しい顧客の期待を超えることを考えて...

  • 新型アウトランダー(北米仕様)動画切出し写真⑤追加写真編

    北米では、本国日本に先立って新型アウトランダー(ガソリン)が発売されました。日本では年内にもPHEVの方が(に限って)発売されるとの噂が。日本で実車を見てみたいのですが、当分できないので、YOUTUBEにあるレビュー動画等から、気になる画像を切り出しています。今日はその⑤追加写真編です。こちら北米三菱の公式動画の映像です。このデイタイムランニングライト+ヘッドライト+フォグランプの全部点いた写真はカッコいいです...

  • ホンダ上海で新EV「Honda SUV e:prototype」公開

    さてホンダが日本の大手メーカーで最初に2040年までに新車の全てをEV・FCVにすると公表しました。そんなホンダが上海モーターショーに今後を示唆する2台の電動車両を出店しました。ピュアEVの「「Honda SUV e:prototype」とPHEVの「BREEZE PHEV」です。本田技研工業の中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は4月19日(現地時間)、中国 上海で開催中の2021年上海モーターショー(第19回上海国際自動車工業展覧会)に...

  • 日産、低価格EV電池 コバルト使わず20年代半ば実用化

    日経本紙に日産の軽EV向けリチウムイオン電池回発に関してのニュースが出ましたので紹介します。日産自動車は電気自動車(EV)向け電池で、コバルトを使わない低価格品を2020年代半ばにも実用化する。1回の充電で走れる距離を縮めることなくコストを下げる。コバルトはレアメタル(希少金属)で供給量が限られ、需要拡大で奪い合いになる懸念もある。米テスラなどとの開発競争が熱を帯びてきた。EVはコストの3割を電池が占め、電池...

  • 三菱新型アウトランダー(北米仕様)動画切出し画像④番外編

    今回本国日本より一足先に新型アウトランダー(ガソリン仕様)が発売された北米です。早速、アメリカやカナダのモータージャーナリスト達がYouTubeに試乗やインプレッション動画を投稿しています。今回の新型アウトランダーは、概ね北米のジャーナリストには、好評に受け取られている様です。トヨタRAV4や韓国KIA Sorento等と比較されていますが、かなり優位に評価されています。今回はその中でカナダの「CARCOST」という会社が作っ...

  • 上海に日産新型エクストレイル登場!三菱アウトランダーと比較してみた

    何と上海モーターショーで、日産の新型エクストレイルが世界初公開されました。三菱アウトランダーと兄弟車となるこのクルマは、既に北米で「ローグ」という車名で発売されています。しかし日本に先駆けて中国で「エクストレイル」版が公開されました。グローバル戦略モデルである新型エクストレイルは、中国と米国の2つの主要な自動車市場向けとして、新しいCMF-CDプラットフォームを採用しているそうだ。 エクステリアデザイン...

  • MGブランドからフルEVスポーツコンセプト「サイバースター」上海に登場

    世界で最もコロナを抑え込んでいる国の一つ中国上海でモーターショーが開催されました。(羨ましい限りです、一方で日本政府の後手後手が嘆かわしい限りです)今日は出展されたクルマの中から英国名門のMGのEVスーパーカーを紹介します・中国の上海汽車集団(SAIC)の傘下にあるMG モーターは、4月21~28日に開催される上海モーターショーでワールドプレミアを予定しているコンセプトカー「サイバースター」の実車写真を公開した。 ...

  • 何故三菱ブランドは東南アジアで強いのか?(ベストカー誌より)

    三菱自動車は、日本では近年あまりぱっとしないのは三菱ファンやオーナーの皆さんお嘆きの通りです。特に燃費不正で日産傘下で出直しを図って以降、ジリジリとプレゼンスを後退させてしまっています。一方で、三菱が元気で存在感を維持している地域があります。それが東南アジア(特にアセアン)地域です。今日はそれは何故か?についてベストカーに桃田氏が寄稿したものを紹介します。前半部略(三菱 タイ工場)東南アジアにおける三...

  • 三菱新型アウトランダー(北米仕様)動画切出し画像③ボディーカラー編

    北米では、本国日本に先立って新型アウトランダー(ガソリン)が発売されました。日本で実車を見てみたいのですが、できないので、YOUTUBEにあるレビュー動画等から、気になる画像を切り出しています。今日はその③ボディーカラー編です。北米新型アウトランダーには現地のディーラーさんの公式サイトでは、全8色が用意されています。(日本でこの8色が発売されるかは当然未定です)①ラブラドール・ブラックパール②ホワイト・ダイア...

  • 遂にホンダが2040年までに世界の新車販売全てをEVとFCVに切り替えると発表

    日本企業初の電動化宣言は、ホンダがやりました!!思い切りましたホンダ。ホンダは23日、2040年までに世界での新車販売全てを電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)に切り替えると発表した。ハイブリッド車(HV)も含め走行中に二酸化炭素(CO2)を排出する新車の販売はやめる。同様の方針は米ゼネラル・モーターズ(GM)やスウェーデンのボルボ・カーなども表明済み。世界的な脱炭素の流れをうけ、自動車各社が具体的な戦略転換に...

  • 三菱新型アウトランダー(北米仕様)動画切出し画像②インテリア編

    北米では、本国日本に先立って新型アウトランダー(ガソリン)が発売されました。日本で実車を見てみたいのですが、できないので、YOUTUBEにあるレビュー動画から、気になる画像を切り出しています。こちら世界で一番早く北米で発売された新型アウトランダーです。(北米はガソリン仕様のみでPHEVは未発売です)このクルマご覧の様に外観もフルモデルチェンジに相応しい変わりようですが、実はすごく変わったのは外観だけではありま...

  • エクリプスクロスPHEに増岡さん指導で素人モデルさんが試乗するとどうなるのか?

    パリダカ優勝ドライバーであるかの著名な増岡浩さんの指導の元、免許所得2年目のモデルさんにエクリプスクロスPHEVに試乗してもらうというASCIの贅沢な企画を紹介します。エクリプス クロス(PHEVモデル)は、誰でも満足できるSUVということで、運転免許を取って2年目、小柄な美環さんに運転してもらう運びとなりました。実は美環さん、エクリプス クロス(PHEVモデル)発売前に、サーキットで運転されているのです。しかも、ダカ...

  • 三菱新型アウトランダー(北米仕様)動画切出し画像①エクステリア編

    北米では、本国日本に先立って新型アウトランダー(ガソリン)が発売されました。日本で実車を見てみたいのですが、できないので、YOUTUBEにあるレビュー動画から、気になる画像を切り出しています。今日はエクステリア編です。ボディーカラー「マーキュリーグレーメタリック」カッコいいですね!斜めの所に駐車していますが、このクルマこの様にちょっと上方からのビューが素敵です。大型ヘッドライトは、壮観です。グリルは至近...

  • 全固体電池を搭載した電気自動車(EV)の開発熱

    世界の自動車会社が電動化を進めています。EV普及の鍵を握るのが電池です。現在リチウムイオン電池の性能は限界に近づいていると言われており。10年以内に次の標準となるとも言われている全固体電池への移行が競争の鍵を握ると思われます。今日はその事情記事を紹介します。全固体電池を搭載した電気自動車(EV)の開発が熱を帯びてきた。日産自動車は日経クロステック/日経Automotiveの取材で、2020年代後半に実用化する意向を明...

  • 三菱 トライトンアスリート新モデルマレーシアに登場

    アセアンで絶大な人気を誇る三菱のピックアップトラック「トライトン」の特別仕様車がマレーシアで登場しましたので紹介します。 新型トライトンアスリートはタイの三菱の工場から輸入されるモデルで、生産国のタイでは既に販売されています。通常仕様のトライトンに各種特別装備が与えられた、最上級モデルという位置づけです。 外観は、三菱車の共通デザイン「ダイナミックシールド」がメッキではなくブラック塗装になっている...

  • 存在感のないグリルは「グリルレス」がトレンド化したから?

    電動車両が脚光を浴びてきたので急に本流になったかの様な気がする「グリルレスなフロントデザイン処理」です。クルマの第一印象を決める重要な要素として、フロントデザイン(フロントフェイス)が挙げられます。  そのフロントデザインのトレンドが最近変わりつつあるといいますが、どのような影響があるのでしょうか。新型ヴェゼルでは同色グリルを採用! 存在感のないグリルは「グリルレス」がトレンド化したから? 一般的...

  • トヨタ上海で「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」のコンセプト車両を初公開

    トヨタの新EVシリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」が上海から公開されました。これは従来だったらニューヨークや東京からだったんでしょうけどもこれも時代です。トヨタ自動車は4月19日、電動車のフルラインアップ化の一環として新EVシリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」を発表し、中国 上海で開催中の2021年上海モーターショー(第19回上海国際自動車工業展覧会)でシリーズ第1弾となる「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビー...

  • 三菱、トヨタ・日産・ホンダと充電サービス「e-Mobility Power」に出資

    2015年のサービス開始から、日本のEV充電事業をリードしてきてくれたNCS(日本充電サービス)ですが、役目を終了して、今度は「e-Mobility Power」に引き継がれる事になったそうです。トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、三菱自動車工業の自動車メーカー4社は4月5日、電動車両に対する充電サービス事業などを展開する「e-Mobility Power」に出資すると発表した。  e-Mobility Powerは東京電力HDと中部電力が出資する事業会社...

  • パリダカ後の電動車両のラリー参加履歴について

    三菱本社ショールームにパジェロのパリダカ優勝車が、展示されたのをきっかけにドライバーであった増岡氏とラリーの取材記事が各誌にでて嬉しいです。今回はパリダカ後に三菱が、電動車両でラリーに臨んだヒストリーに触れた記事があったので紹介します。 三菱自動車は2008年までパジェロでダカールラリーにて快進撃を続け、舞台を南米に移した2009年にレーシングランサーで出場したのを最後に活動を休止する。2005年にランサーで...

  • 三菱「エアトレック」がEVになって中国で復活!上海で初公開

    何と!アウトランダーの前身であり、アウトランダー発売以来お蔵入りしていた三菱の商標「エアトレック」がEVになって上海モーターショーで復活公開されました三菱自動車の中国における車両生産・販売合弁会社である広汽三菱は4月19日、上海モーターショーにて電気自動車(EV)の新型SUV『エアトレック』のデザインを公開した。新型エアトレックは、「Electric(電気自動車の“電気”」、「Expanding(カーライフの“拡張”)、「Expre...

  • 三菱新型アウトランダー2021(北米仕様)のオプションが凄い!③インテリアその他編

    一足先に北米で発売になった三菱新型アウトランダーですが、日本でも発売が期待されて、当然ですがPHEVにも転用できるメーカー純正オプションが公開されていましたので紹介します。価格などは公式HPに掲載されていますのでそちらをご覧ください。➡︎□北米三菱公式HPに今日はその③インテリアその他編です先ずはインテリアのムードを上げるイルミネーション。そしてドアやコンソール用のカーボン加飾。更にスカッフプレートに電飾仕様...

  • 日本のベンチャー企画、中国製EV、佐川急便が7200台採用

    コロナ禍で一気に世界中の宅配便が急増しています。そんな中で宅配業車のEV化が進行しています。日本でも佐川急便がEVの大量発注を決定しました。中国の自動車メーカー、広西汽車集団がSGホールディングス(HD)傘下の佐川急便に電気自動車(EV)を供給する。佐川は現在保有する軽自動車7200台を2030年までに切り替える。EVでは異業種からの参入が目立っているが、脱炭素が急務な商用車の分野で電動化が加速している。佐川急便は神...

  • 三菱新型アウトランダー2021(北米仕様)のオプションが凄い!②エクステリア編

    一足先に北米で発売になった三菱新型アウトランダーですが、日本でも発売が期待されて、当然ですがPHEVにも転用できるメーカー純正オプションが公開されていましたので紹介します。価格などは公式HPに掲載されていますのでそちらをご覧ください。➡︎□北米三菱公式HPに今日はその②エクステリア編です。北米仕様では、クロームメッキやスポイラーがアクセサリーとして用意されています。このクルマはノーマルでもかっこいいので、無理...

  • BMWが、系列「MINI」の100%電動ブランド化を発表

    ボルボやジャガーなど次々と電動化ブランドを表明する会社、ブランドが続出していますが、今度はBMWグループの「MINI」が完全電動化を宣言です。 BMWグループが2021年3月17日の年次総会において発表した中で、2030年代初頭にMINIをピュアEVブランドにする方針であると明らかにしたことに驚いた人は少なくないだろう。 件の発表によると、BMWグループでは内燃エンジン車の販売台数が徐々に低減するいっぽうで、ピュアEVの販売が20...

  • 三菱新型アウトランダー2021(北米仕様)のオプションが凄い!①ダイナミックシールドイルミネーション

    一足先に北米で発売になった三菱新型アウトランダーですが、日本でも発売が期待されて、当然ですがPHEVにも転用できるメーカー純正オプションが公開されていましたので紹介します。価格などは公式HPに掲載されていますのでそちらをご覧ください。➡︎□北米三菱公式HPに先ず自分が採用を期待していた仕様の一つがクロームラインのエッジがLEDで光る「ダイナミックシールドイルミネーション」で、PHEVに標準採用されると予想していたの...

  • 韓国現代の新高速充電システムは、テスラに比べ速度3倍

    韓国という国は、自国の市場が小さい為、戦略産業に関してはグローバルを意識して世界最高峰のレベルを追求してきます。EVに関しても同様です。テスラの3倍のスピードで充電できるシステムを提案してきました。現代自動車グループが23日、超高速充電ブランド「E-ピット(E-pit)」を公開した。800ボルト充電システムを搭載した電気自動車を18分以内に80%まで充電できる。現代車は「E-ピット充電所を利用すれば...

  • 最新版 初期型アウトランダーPHEV乗り換え計画(2021年版)

    小生は、2012年末に実車も見ずに初期型アウトランダーPHEV(初代 所謂前期型)を予約して、翌2013年1月24日に発売となったこのクルマが、2月に納車されました。(登録番号1700番代)世界累計27万台売れたクルマの超初期からのオーナーです。乗り続けて9年目に入り、その間車検も3回通しました。マイナーチェンジや競合車に心が揺れた事もありましたが、非常に良いクルマだったので、ここまでずっと愛用してきました。22年春に次の車検...

  • 興味深い三菱自動車のPHEVの進化の方向性は?(三菱担当者インタビュー)

    三菱自動車の電動技術のCTE(チーフテクノロジーエンジニア)である百瀬信夫氏のインタビューがMOTOR FAN誌にでていましたので 3回にわたり紹介します。 最後3回目は「三菱自動車のPHEVの進化の方向性は?(」についてです PHEVとS-AWCの組み合わせで実現する世界 エクリプスクロスPHEVの駆動方式は「ツインモーター4WD」。そのAWD制御は、三菱のコア技術でもある「S-AWC」である。――― 三菱のPHEVは、S-AWCという高度な4WDシステム...

  • 三菱欧州OEM車はルノー「アルカナ」と「カジャー」をベースか?

    欧州での新型車の投入が凍結とも発表された三菱ですが、昨今一転してルノーのOEMによる投入が検討されているという報道が今回それを受けて、ベース車は「アルカナ」と「カジャー」ではないかという予想記事予想CGを紹介します。三菱自動車は仏・ルノーからOEM供給を受け、2つの姉妹モデルを販売する計画を発表しましたが、その2台のデザインを大予想しました。 この2台に関して詳細は明らかにされていませんが、ルノーのプラットフ...

  • 興味深い「三菱のPHEVが急速充電できるのは、なぜ?」三菱担当者インタビュー

    三菱自動車の電動技術のCTE(チーフテクノロジーエンジニア)である百瀬信夫氏 のインタビューがMOTOR FAN誌にでていましたので 3回にわたり紹介します。 2回目は何故三菱のPHEVは急速充電できるのか?についてです――― ところで、エクリプスクロスPHEVにもアウトランダーPHEVにも、CHAdeMO対応の急速充電口を装備しています。現在、PHEVで急速充電できるモデルは少ないですよね。三菱自動車として、PHEVに急速充電口を付ける理由...

カテゴリー一覧
商用