searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

タキ10450さんのプロフィール

住所
世田谷区
出身
灘区

石油から化成品、セメント等々専貨に編成されたタンク車を中心に、貨車に特化したブログです。 2005年頃以降に撮影されたものですので、古い画像はありませんが、東海・関東を中心に、九州・北陸・東北で活躍したタンク車をご紹介してゆきます。

ブログタイトル
『タキ10450』のタンク車を追いかけて
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/takurika54
ブログ紹介文
2005年頃から撮り溜めたタンク車の型式画像と模型作りに役立ちそうなアップ画像をご紹介します。
更新頻度(1年)

37回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2012/01/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、タキ10450さんをフォローしませんか?

ハンドル名
タキ10450さん
ブログタイトル
『タキ10450』のタンク車を追いかけて
更新頻度
37回 / 365日(平均0.7回/週)
フォロー
『タキ10450』のタンク車を追いかけて

タキ10450さんの新着記事

1件〜30件

  • タキ55409

    21日に区のワクチン接種を受けて2日経ちました。昨日は少し腕が重かったですが、今日はだいぶマシになりました。2回目は盆前に接種します。今回はタキ44509です。コンテナ車の最後尾にぶら下がってました。全検明け直後の試運転か運用拠点への戻しだったようで、どこもかしこもビカビカです。(タキ445092007年5月27日稲沢駅にて)この車とは遭遇率が高かったようで、同じ年に東港駅でも目撃しています。まだまだビカビカのままですね。(タキ445092007年9月15日名臨東港駅にて)東港駅で遭遇してから3年が経ち、今度は四日市駅にて遭遇しています。タンク体は若干ツヤが残ってますが、標記類はだいぶかすれてしまっていて液垂れ跡がたくさん付いています。全検から3年も経つと、だいぶ使用感が出ています。(タキ445092010年9...タキ55409

  • タキ44508

    区のコロナのワクチン接種の予約が始まり、3日後に1回目の接種をすることになりました。これで感染者数の増加に歯止めが掛かればよいのですが…タキ44000の500番台を続けます。今回はタキ44508です。(タキ445082007年9月15日名臨東港駅にて)全検から間がないのか、非常にキレイな個体です。前回ご紹介のタキ44502の車番や積荷標記はタンク体の中心位置に掲示されてましたが、この車はまたズレた位置に掲示されています。タキ44508は、東港駅での撮影から4年後に北海道で遭遇しています。本輪西のエネオス室蘭製油所の構内に居るのを撮影していますので、こちらの画像もご覧頂きましょう。(タキ445082011年12月21日本輪西にて)手前のフェンスが邪魔して足回りがちゃんと映ってないダメダメ画像で恐縮です。中京地区か...タキ44508

  • タキ44502

    毎年のように長雨や台風で土砂災害が起きています。長雨で地盤が緩んでいる地域もあると思いますので、皆さんも細心の注意を払いましょう。今回からタキ44000の500番台のご紹介です。まずはタキ44502からどうぞ。(タキ445022009年4月5日名臨東港駅にて)車番や積荷標記は、定位置(?)のセンターに掲示されています。500番台では定位置に戻ったのか?と思いきやタキ44502がそうなっていただけで、次回ご紹介するタキ44508はセンターには掲示されていません。と言うことで次回はタキ44508のご紹介となります。タキ44502

  • タキ44217

    都議会議員の選挙が始まり、マンション前の街道には街宣車が行き交っています。今回はタキ44217です。(タキ442172010年4月4日名臨東港駅にて)何だか200番台のご紹介は、画像が斜めってたり足回りに雑草があったりとまともな画像が少ないです。200番台の標記がセンターに無く、社名板に邪魔されずに標記出来ることで、コタキの部分は社名板と同じ高さに掲示されています。タキ44000やタキ43000はタンク胴体が太く、社名板より下に標記したのでは、下の方の標記が見辛くなるので、このように配置されているのかも知れません。社名板の位置を上げるとか、社名板の位置そのものをオフセットすれば、型式標記や積荷標記はセンターに掲示出来たのにと思いますが…次回から500番台です。タキ44217

  • タキ44216

    昨日今日と梅雨らしい天気となっています。風はそんなにありませんが結構肌寒いです。今回はタキ44216です。(タキ442162010年4月4日名臨東港駅にて)比較的正面から撮れてますが、逆光で、手前のスピーカーの支柱が串刺しになっていて、雑草が生えて足回りはほぼ見えないダメダメ画像です。鏡板の点検口は、下半分の位置に取り付けられています。車番や積荷標記はセンターになく、社紋板側に寄って書かれていますが、センターに標記の無い車はそう多くはないので、やはり少々違和感があります。次回もタキ44000の200番台です。タキ44216

  • タキ44213

    梅雨入りしたようですが、長雨もしとしと雨もありませんね。今回はタキ44213です。(タキ442132010年4月4日名臨東港駅にて)これまた大分遠くに居た車で、手前の雑草があって足回りがよく見えないダメ画像で恐縮です。この車は、荷役時の石油が垂れた跡がたくさんついています。鏡板には車輪が跳ね上げた鉄粉混じりのドロが赤茶けて筋状に付着しています。タキ44000の200番台は残り2車、その後は500番台のご紹介となります。タキ44213

  • タキ44211

    TOMIXの16番でホキ5700が再生産されるようで、某家電量販店の予約受付に出てました。TOMIXの16番は、昨年もタキ1900を再生産しており、タンク車ファンとしてありがたいことなのですが、旧品と比べ価格が大幅に上がったのと老眼が進んで模型製作がし辛くなって購入は見送っています。今回はタキ44211です。(タキ442112010年4月4日名臨東港駅にて)これまた、前にショベルカーが居て、側面をまともに撮れていないダメ画像で恐縮です。いよいよ解体を迎え、解体線の車列に居ました。手前のタキ44174と見比べると、車番や積荷標記の位置が違うことがよく分かります。何故、200番台は車番・積荷標記の位置がオフセットされているのでしょうね?次回もタキ44000です。タキ44211

  • タキ44209

    先日TV放映された鉄オタ選手権は、東海道新幹線がテーマでして、ドクターイエローも取り上げられてました。我が家(都内のマンション)からは東海道新幹線が見えるのですが、たまたまネットで検索していたら5月29日(土)に上りのドクターイエローが走ることを知り、夕刻に息子と眺めました。少し遠目なのですが、ちゃんとドクターイエローが見れて、久々にテンションが上がりました。今回はタキ44209をご覧頂きます。(タキ442092009年6月28日名臨東港駅にて)大分遠い場所にあり、かなり斜めった角度でダメ画像で恐縮です。たまたまですが、隣に同じタキ44000のタキ44173が居て、どちらも元は日本オイルターミナル車でしたがJOTに移籍しています。ただ、タンク体の色が、JOT標準の黒色に塗り替えられた個体と、元の日本オイルターミ...タキ44209

  • タキ44207

    緊急事態宣言の再延長必至な状況が続いてますが、平穏無事にお過ごしでしょうか?例年より早く梅雨の時期を迎え、蒸し暑く不快な日がしばらく続きそうです。今回はタキ44207です。(タキ442072010年4月4日名臨東港駅にて)手前に枯れた雑草が生い茂っていて、足元が見えないダメダメ画像で恐縮です。社名板は、「日本石油輸送株式会社」と書かれており、左側は空白になっています。元々は「日本オイルターミナル株式会社」と書かれていたものを、右端の株式会社に合わせて書き直したと思われ、14字が10字に4文字減った分、空白が出来ています。日本と石油輸送、石油輸送と株式会社の間も、半角程度の空白があり、ここは取り付けボルトとの干渉を避けたためと思われます。左隣の車もタキ44000ですね。鏡板に点検ハッチが見えています。次回もタキ4...タキ44207

  • タキ44203

    都の緊急事態宣言は5月末まで延長されましたが、駅前や近所のスーパーは普段と変わらぬ人出です。ですが、近所でクラスターが出たとの情報も噂も無く、いったいどこでクラスターが出て毎日1000人規模の感染者が出ているのでしょうか?今回はタキ44203です。(タキ442032010年4月4日名臨東港駅にて)車番、積荷等の標記が、タンク体のセンター部分では無く、オフセットされて右側に掲示されています。200番台以降の車の標記はこのようになっています。常備駅は根岸で、撮影時期よりも前は関東地区に居て、浜五井の運用に就いていたようですが、白票が挿してあるように見えるので廃車解体のために東港駅へ送られてきたのかも知れません。次回も200番台です。タキ44203

  • タキ44198

    GWも明日1日で終了です。コロナ禍で2年続けてお出掛けの出来ない長期休暇でした。今回はタキ44198です。(タキ441982009年4月5日名臨東港駅にて)前回ご紹介のタキ441176は日本オイルターミナル車でしたが、この車は「元」日本オイルターミナル車です。JOTの社紋は「J」の下が丸い円よりちょっとはみ出るのが特徴ですが、日本オイルターミナル時代の丸い社紋板を流用しているので、「J」がはみ出した状態で社紋が書かれています。なので、「J」のはみ出た丸い円の外側は黒くなっています。常備駅は塗り潰されて、新たに郡山駅と書かれていますが、塗り潰された部分が2段となっているので、恐らく日本オイルターミナル時代は宇都宮貨物ターミナル駅が常備駅だったと思われます。次回からはタキ44000の200番台です。タキ44198

  • タキ44176

    コロナの勢いは止まらず、また緊急事態宣言が発出されそうな状況です。一般市民向けのワクチン接種が待たれます。今回はタキ44176です。(タキ441762008年2月25日川崎貨物駅にて)引きが無くて両端が少し切れた魚眼っぽい画像で恐縮です。冬の朝の光がまぶしく、空は濃く深い青色をしています。川崎貨物駅のこの辺りは架線が無く、余計な影が映り込んでおらず、スッキリした画像です。すっかり青色が退色してツヤの全く無い個体です。標記部分のみ青く色差しされてますが、その部分でさえ退色しつつあります。常備駅は倉賀野です。車票が刺さってますが、右下に赤丸が見えるので返空ですね。川崎貨物駅に戻ってきて、小休憩ののち製油所へ戻るところのようです。かなりローアングルなので、踏み板が網目状になっているのがよく分かります。次回もタキ440...タキ44176

  • タキ44174

    昨日は家族で銚子に出掛け、海鮮丼を食った後に銚子電鉄へ行ってきました。ほぼ20年ぶりの訪問でした。午後は薄曇りの天気でしたが、結構な人出で、電車内は立ち客も居るほどでした。1日乗車券を買い、仲ノ町駅の入場券を買って車庫の見学をし、銚子電鉄の御朱印帳を買ってきました。土曜は乗客が多いからか、ワンマン運転では無く、有名な女性車掌さんがずっと車内検札しておられました。さて今回はタキ44174です。(タキ447142010年4月4日名臨東港駅にて)東港駅の解体線の車列の端っこにいました。まさに次に解体されるところです。タンク体にはまだツヤがあり、解体されるのが惜しい個体ですが、コンテナ化が進んだ昨今の鉄道貨物では他への転用機会も無く敢え無く解体です。鏡板下部の点検ハッチには、縦にフックが1個取り付けられています。点検ハ...タキ44174

  • タキ44173

    今年のGWは、昨年コロナで行けなかった東北旅行のリベンジを計画していますが、感染者数が減っていない状況でどうなることやら。GoToトラベルの再開も早くても6月以降かとの情報もあり、遠出するには少し厳しいかも知れません。今回はタキ44173です。(タキ441732009年8月23日名臨東港駅にて)目一杯望遠で撮っていますが、だいぶ斜めからの画像で恐縮です。残念ながらタキ44173の画像はこれしか無いのでご勘弁を。手前のタキ44128と同様に、元は日本オイルターミナル車のようですが、黒色に塗り替えられているのと元の青色とで印象がまるで違います。斜めから見ると、踏み板の支脚が華奢なのがよく分かります。次回もタキ44000が続きます。タキ44173

  • タキ44154

    今回のダイヤ改正で、愛知機関区のDD51の定期運用も消滅しました。出張で名古屋へ行った際に、新幹線ホームで上りののぞみ号を待っている時に、目の前をDD51牽引のコンテナ貨物がゆるゆると通り過ぎていったことを思い出します。今回はタキ44154です。(タキ441542008年1月27日名臨東港駅にて)中京地区を拠点としていた車のようですが、常備駅は横浜の根岸です。鏡板の下側は、車輪が跳ね上げたドロが茶色く筋状になっていますが、不思議なことに上側は白く全体的に汚れています。まるでセメント車のようです。車番や積荷種別のあるタンク体中央の標記だけが、薄茶色に変色していますね。タキ44000の画像は、解体待ちか長期留置の画像が多いのですが、この車は東港駅の構内で編成組みのため入れ換えの車列におりました。次回もタキ44000...タキ44154

  • タキ44152

    今回のダイヤ改正で、首都圏でも185系の特急踊り子号がラストランを迎え、多くのファンで賑わったようです。私は普通に仕事に行ったので、最後の雄姿を見ることは叶いませんでしたが、丁度家に帰る途中に湘南ライナーに遭遇しMT54電動機のサウンドにしばし酔いしれました。今回はタキ44152です。(タキ441522009年6月28日半田埠頭駅にて(許可を得て構内にて撮影))これも日本オイルターミナルからJOTに移籍した車です。常備駅標記は、駅名の部分だけが黒く塗り潰されて「郡山」と上書きされています。「郡山」は妙に右端に寄っています。駅常備の文字間隔からして、元々駅名は3文字だったように見えます。他サイトで検索すると日本オイルターミナル所属の頃は倉賀野が常備駅だったとのことです。次回もタキ44000です。タキ44152

  • タキ44148

    甥っ子が大学に合格したとのことで、先日お祝いをしましたが、コロナ禍で入学式やらは行わない模様です。昨春入学した現1年生も、リモートで授業が行われたところも多く、友達も居ないまま1年が経とうとしています。楽しいはずの大学生活はコロナで一変しました。今回はタキ44148です。(タキ441482009年4月5日名臨東港駅にて)全検から日が経っているのか、大分色褪せた車体です。液垂れで車番も少し消えています。見えている範囲でも、黒タンクの他に、石灰石専用の赤茶色したホキ9500や液体塩素専用の黄色いタキ5450が車列にあります。当時の東港駅は、色々な種類のタンク車が居て、来るたびに何に出会えるか楽しみな場所でした。撮影してから間もなく12年、干支が一回りするほど昔々になってしまいました。タキ44148

  • タキ44136

    1都3県の緊急事態宣言は2週間延長となりました。東京都が2~300名の感染者数から下がらず、2週間の延長が済むのやら。今回はタキ44136です。(タキ441362007年2月3日四日市駅にて)上部踏み板の手摺り部には、車番のプレートが掲示されています。その左側には正方形に近い黒いプレートがありますが、ここには石油製品製造元の社紋が掲示されるようになっていますが、こちらは使用されていないようです。ここに石油製品製造元の社紋が掲示されているのを見たことはありません。右側の鏡板部には、点検ハッチが取り付けられています。点検ハッチがあるのがガソリン専用車との大きな違いです。鏡板部には、車輪が跳ね上げた鉄粉混じりのドロが錆びて茶色くなっています。模型でウエザリングする際のポイントになる箇所ですね。次回もタキ44000を続...タキ44136

  • タキ44133

    緊急事態宣言解除まで残り1週間ほどですが、首都圏は解除されるでしょうか?卒業、入学、送別、歓迎シーズンを迎える時期であることから、また感染者数が増える可能性があり、もう少し辛抱が必要かも知れません。今回はタキ44133です。(タキ441332008年5月2日仙台臨海鉄道仙台港駅にて)我が家の恒例のGW旅行の途中、未明に東京を立ち早朝に仙台港に到着して撮影しています。この車も元は日本オイルターミナル車だったようです。社名板の余白部があります。常備駅は根岸です。またこうして普通にGW旅行が出来る時期がくるのを待ち望んでいる今日このごろです。次回もタキ44000です。タキ44133

  • タキ44128

    緊急事態宣言発出中ですが、昨日は大井松田の河津桜をみてきました。初めての訪問でしたが、山の中腹に桜と菜の花があり、富士山も見えていてなかなかキレイでした。屋外でしたので密接・密集ではありませんでしたが、それでもそこそこの人出でした。今回はタキ44128です。(タキ441282009年6月28日名臨東港駅にて)操車場外から望遠で撮っていて、だいぶ斜めからの画像で恐縮です。社紋板や社名板から、元は日本オイルターミナル車であったようですが、この車は黒色に塗り替えられてます。右隣の元日本オイルターミナル車と同様に、社名板の余白部が同じくらい空いています。タキ44000のご紹介は残り27車です。しばらくお付き合い下さい。タキ44128

  • タキ44124

    JR貨物愛知機関区のDD51ですが、来月3月のダイヤ改正で定期運用が消滅するとのこと。2003年から2011年まで名古屋に単身赴任している時は、タンク車みたさに稲沢・四日市・富田あたりにちょいちょい出没してましたが、DD51よく見掛ける機関車でした。懐かしいもんです。今回はタキ44124です。(タキ441242011年12月30日川崎貨物駅にて)特に太陽のあたるタンク体上部は色褪せがキツイです。左奥に見えているタキ43000の濃い青色が元々の色なので、半端無く色落ちしていることが分かります。川崎界隈のタキ44000にはエコレールマークが貼られています。車番標記の右側の白い縦長のものがそれです。たまたまですが、同じフレーム内に石油・ガソリン専用車の3色(青・緑・黒)が揃ってますね。タキ44124

  • タキ44123

    ホントなら今日までが緊急事態宣言発出の終了期間だったのですが、感染者数が劇的には減少せず1ヶ月の期間延長になってしまいました。この感じだと、我が家恒例のGW旅行は今年も見送りにしないといけないかも知れません。ワクチンが早く市中にも出回るとよいのですが…今回はタキ44123です。(タキ441232009年6月28日半田埠頭駅にて(許可を得て構内にて撮影))前回ご紹介のタキ44122とは向きが反対側です。ハシゴが社名板より向こう側にあります。自重は、製作された1車ずつ計量しているようで、前回ご紹介のタキ44122は16.6t、タキ44123は16.4tと200kgほど軽くなってます。次回もタキ44000を続けます。タキ44123

  • タキ44122

    阪神大震災から早いもので26年が経ちました。あの頃は、携帯も普及していなくて、被災した実家の家族と中々連絡が取れなかったことを思い出します。四半世紀を経て、世の中が非常に便利になったことをしみじみ感じております。タキ44000の続きです、今回はタキ44122です。(タキ441222009年6月28日半田埠頭駅にて(許可を得て構内にて撮影))同じような画像が続いて、余り書くことがないのですが…。積荷の重さ(荷重)は43tです。常備駅は福島の郡山駅となっています。タキ44122

  • タキ44121

    謹賀新年、今年も当ブログをご贔屓にお願い致します。1都3県で緊急事態宣言が発令され、また日々の暮らしに影響が出そうですが、前回の昨春の時と比べると物資の買い溜め等の混乱は無さそうです。タキ44000のご紹介を続けます。(タキ441212009年6月28日半田埠頭駅にて(許可を得て構内にて撮影))青色は退色が激しいのか?標記類のところだけタッチアップ塗装し、標記はクリアに見えています。タンク体中央、ハッチから社名板までの間も青色が濃くなってますが、ここは標記も無いのに何故濃くなっているのでしょう?積荷の液垂れ跡か??タキ44121

  • タキ44120

    2020年も残すところあと2日余りとなりました。今年は帰省を諦めたので、家でノンビリ過ごしています。例年にはなく年賀状も早々に書き上げて昨日投函してきました。今回はタキ44120です。(タキ441202009年6月28日半田埠頭駅にて(許可を得て構内にて撮影))Jオイルターミナルの青い車体はそのままに、JOTに移籍されています。常備駅は変更されていて、郡山駅常備となっています。「郡山」の部分だけ、地が黒色に塗られています。他の標記部分は書き直しても青地としているのですが、常備駅の部分だけ黒地となっています。常備駅は元は3文字だったのでしょうか?数が減って、文字間隔が「郡山」のところだけ間延びしています。この画像を撮ってからもう11年以上経過しているのですね。つい数年前のことと思いがちですが、時の経つのは早いです...タキ44120

  • タキ44118

    2020年も残すところ20日を切ってしまいました。老いた世代ですので、我が家では今だに年賀状を出していますが、今年も外注した年賀状が出来上がってきました。これから100枚近くの宛名書きが始まります。今回はタキ44118です。(タキ441182009年6月28日名臨東港駅にて)構内に留置線の端にいましたので、丁度鏡板にある点検用ハッチと加熱管の様子がよく見えます。点検用ハッチは、鏡板中央部から下にあり、結構な大きさです。人がタンク体の中に入れるような大きさに見えます。加熱管は、左右車側から蒸気を取り込み、点検用ハッチの右側に立ち上がった配管を通ってからタンク内の配管へ流し込まれます。重油等は粘性が高く、加熱することにより重油の粘性が下がり荷役をし易くするために設けられており、ガソリン車には無い装置です。ところで、...タキ44118

  • タキ44114

    コロナが再び感染拡大して、いったいいつになったら収束するのでしょうか?ちょっと外出するのにも気を使いながら出掛けるのは大変です。タキ44000のご紹介を続けます。タキ44114です。(タキ441142009年6月28日半田埠頭駅にて(許可を得て構内にて撮影))タンク体の溶接ビードがよく見えていて、どのような構造になっているか分かり易いです。左から、鏡板部、タンク体が広がる部分、中央部、タンク体が絞られる部分、鏡板部となっています。タンク体が広がる/絞られる部分は、タンク体上部と側面部と底部に分けて板を曲げて、それを溶接してありますね。中央部は、どこかで半円状の板を溶接してあると思うのですが、この画像からは判別出来ませんね。異径胴のタンク体は、製作するのが難しいと感じとれる画像でした。次回もタキ44000です。タキ44114

  • タキ44111

    急に冬が到来した感じで、都心も少しずつ紅葉してきました。タキ44000のご紹介を続けます。(タキ441112007年10月8日川崎貨物駅にて)留置線と公道との間に十分な引きが無く、超ローアングルのダメ画像で恐縮です。見る角度からか、一見するとタキ43000の長さを感じますがタキ44000です。台検を受けたばかりか、足回りばビカビカです。タンク体もツヤが残っていて、比較的キレイな姿です。この位置からだと、踏み板が網目状になっているのがよく分かります。昇降ハシゴの上部3段は、板状の処理になっています。コキの車列の最後尾にポツンと一両タンク車が繋がれていました。次回もタキ44000です。タキ44111

  • タキ44109

    月が変わって11月になりました。今年も残すところ2ヶ月を切ってしまいました。コロナ渦ではありますが、年末年始は実家のある関西へ帰省する計画です。タキ44000を続けます、今回はタキ44109です。(タキ441092009年6月28日半田埠頭駅にて(許可を得て構内で撮影))製油所の再編や石油製品の需要が頭打ちとなり、撮影した数年前までは35t積みのタキ35000やタキ45000が急速に廃車となってましたが、その次にタキ44000の廃車が進んでいた頃です。タキ44109の左側に連結されている車も、鏡板に大きな点検蓋が見えているのでタキ44000、一本奥側の車番もタキ44***となっており、タキ44000が集中的に廃車になっています。タキ43000とタキ44000は、所有社が日本石油輸送(JOT)と日本オイルターミナ...タキ44109

  • タキ44107

    気が付けば10月も後半、今年は例年に比べると台風の発生や日本上陸は少なかったように思います。ここ最近は台風被害が多かったので、台風到来が少ないだけでもマシな年だったのではないでしょうか?タキ44000のご紹介を続けます。タキ44107です。(タキ441072009年6月29日半田埠頭駅にて(許可を得て構内で撮影))場所が半田埠頭なので、解体待ちの車列です。左右と奥に見えている車も、タキ43000かタキ44000で占められています。この頃から、タキ43000系が急速に廃車が進みだしています。タキ44107の常備駅は根岸です。まだまだタキ44000が続きます。タキ44107

カテゴリー一覧
商用