住所
出身
ハンドル名
幻の民さん
ブログタイトル
ブックアドバイザー木村綾子の日々の徒然
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/hibinotsurezure/
ブログ紹介文
本の話題が中心ですが、仕事の中からもオープンに出来るものがあれば、本の話題の合間にしています。
自由文
気が付けば、ブックアドバイザーだけでなく、塾講師、その他もろもろの教育業界に足を突っ込み、仕事の幅を広げすぎて、何足の草鞋を履いているのか自分でも混乱しております(笑)。 メインは本の話題ですが、これらの仕事の中からもオープンに出来るものがあれば、本の話題の合間にしていきたいと思ってます。
更新頻度(1年)

119回 / 208日(平均4.0回/週)

ブログ村参加:2011/03/26

幻の民さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 07/23 07/22 07/21 07/20 07/19 07/18 全参加数
総合ランキング(IN) 14,790位 15,601位 15,620位 15,494位 15,554位 15,562位 15,515位 967,240サイト
INポイント 0 20 20 20 20 20 20 120/週
OUTポイント 0 20 20 40 30 20 30 160/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 40位 42位 42位 41位 42位 41位 41位 12,806サイト
読書日記 8位 8位 8位 8位 8位 8位 8位 2,912サイト
今日 07/23 07/22 07/21 07/20 07/19 07/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 30,600位 29,596位 28,276位 26,527位 27,928位 28,001位 26,776位 967,240サイト
INポイント 0 20 20 20 20 20 20 120/週
OUTポイント 0 20 20 40 30 20 30 160/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 54位 52位 48位 39位 43位 41位 34位 12,806サイト
読書日記 11位 11位 10位 6位 8位 6位 6位 2,912サイト
今日 07/23 07/22 07/21 07/20 07/19 07/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 967,240サイト
INポイント 0 20 20 20 20 20 20 120/週
OUTポイント 0 20 20 40 30 20 30 160/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,806サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,912サイト

幻の民さんのブログ記事

  • 天久シリーズか(笑)⁉/『ストレンジ・シチュエーション』。

    はまっています楯岡絵麻シリーズ。 今回は『​ストレンジ・シチュエーション ​』。 ​​ 短編でありながら、短編でないという構成。 第1話の事件が完結したとみせかけて、最終話までひっぱりつつ、第2話から第4

  • 更に野球の話/『ともに泣きともに笑う広陵高校野球部の真髄』。

    広島の強豪校、広陵高校の野球部監督が記した『​ともに泣きともに笑う 広陵高校野球部の真髄 ​』を読了。 ​​ 2014年刊行されたものなので、そこまでの卒業生の話題や野球部の日常などが綴られています。 読

  • 野球三昧/『プロ野球・二軍の謎』。

    6月にウエスタンリーグの試合を観に行こうとしたのですが、なんと球場の近くまで行ったのに、前売り完売のため当日券の売り出しなし!という張り紙が。 前日のネット情報ではまだ前売りが完売していなかったこと、

  • またまた息子入院中/『猫のお尻が好きなんです。』。

    やたらと猫のエッセイ漫画に目がいく、というかこんなに出版されているのかと未だに驚いています。 先日読んだのが『​猫のお尻が好きなんです。 ​』。 ​​ オールカラーです。 ここまでたわいのない猫の日常

  • お知らせ/『新聞記者』。

    1日2回も更新するなんて、恐らく初めてかも(苦笑)! 木下明美氏Blog内「kimuraの読書ノート」を更新して頂きました。 (7月15日の記事) 今回は映画『新聞記者』。 こんなに迫力のある映画、しかも

  • 物語を作りだす球団/『カープ 苦難を乗りこえた男たちの軌跡』。

    まだまだ未読を発掘しては読んでおりますカープ本。 今回は『​ カープ 苦難を乗りこえた男たちの軌跡 ​』。 ​​ 2000年までのカープの歴史を綴ったものなのですので、この類は本だけでなく映像でも色々と見聞

  • ご当地本だった(笑)/『見えない轍』。

    主人公が心療内科医ということで、これはもしや私の好きな医療系ミステリーではないかと推測し手にしてみました『​見えない轍 ​』。 ​​ ページめくって驚いたのが、がっつり舞台が京都。 しかも知っている

  • 球宴を楽しみながら!/『Sports Graphic Number 2019年 7/25号』。

    一昨日はフレッシュオールスター、昨日、今日はオールスターをテレビ観戦で楽しんでおります。 そして本日、『​Sports Graphic Number 2019年 7/25号 ​』を購入。 ​​ レギュラーシーズン折り返しに来て、

  • 11連敗しているけど/『斜め下からカープ論』。

    7月全く勝ち星なしで交流戦を迎えることになってしまったカープ。 そんな中、昨日『​斜め下からカープ論​』が刊行されました。 ​​ こちら、全く試合や野球技術とはかけはなれたところでカープを論じているも

  • 3代記/『晴れときどき猫背そして、もみじへ』。

    作者以上に有名になった亡きもみじちゃんの若かりし頃を綴った『​晴れときどき猫背 そして、もみじへ​』。 ​​ こちらもみじちゃんへの反響が大きく、過去のものが改定されてこのような形で出版となったようで

  • カープ苦戦続く/『野球の神様がいた球場』。

    カープの苦戦が続いています。 ファンも「こいほー」が出来ないのは辛いですが、何よりも選手たちの方がもっと辛いはずです。 このような中で昨日読んだのが衣笠祥雄さんの『​ 野球の神様がいた球場 ​』。 ​​

  • 用語満載(笑)/『セブンス・サイン』。

    何をきっかけに『​セブンス・サイン​』を知ったのか忘れたのですが、図書館からようやく手元にやってきました。 ​​ 主人公は警察官でありながら行動心理士の楯岡絵麻。 相手の行動を読み取りながら、さぐり

  • カープ戦現地観戦 in 甲子園。

    昨日は甲子園へカープを応援しに行ってきました! カープは現在負け越しているので、結構SNSは殺伐としている部分もあり、球場ではどんな雰囲気かなと思っていましたが、最後の最後まで大人も子どもも声を枯

  • お知らせ/『強制不妊』。

    木下明美氏Blog内「kimuraの読書ノート」を更新して頂きました。 (7月5日の記事) 今回は『​強制不妊 旧優生保護法を問う ​』。 ​​ これを読んでると、日本って「人権」という概念はとても低い位置にあ

  • 次世代に/『イブの眠り』全3巻。

    『​Yasha​』のNEXT STORYである『​イヴの眠り​』も読了。 ​​ 今回の主役は静の部下として戦闘に加わっていたケンとルーの娘、アリサ。 実はアリサの生物学上の父親は静。 そんなことで、アリサは静の遺伝子

  • こちらの方がより好み/『YASHA』全12巻。

    『​BANANA FISH​』を友人宅に「面白かったよー」というお礼の言葉と共に返却しに行ったところ、ならばと同じ作者の『​Yasha​』を貸してくれました(友人が持っていたのは、最初に刊行されたコミックの方なので全12

  • 一気読み!/『BANANA FISH』全12巻。

    ひょんなことから友人との会話に『​BANANA FISH​』が出てきたため「未読だ」と伝えたところ、「名作だから読め」とお持たせしてくれました。 ​​ この作品がブレイクした当初、高校生だった私はこの作画が苦手

  • まさかの!/『本日は、お日柄もよく』。

    友人が絶対面白いからと貸してくれた『​本日は、お日柄もよく​』。 ​​ 素直に面白かったです! タイトルはよく知っておりました。 原田マハという作者の名前も存じ上げております。 しかし、勝手な思い込み

  • もう1冊は中国の昔話/『ヤンメイズとりゅう』。

    リサイクルブックで頂いたもう1冊は中国の昔話『ヤンメイズとりゅう』。 (現在、絶版になっているようです) 山の中のある村におかあさんとふたりぐらしの女の子が住んでいました。 ある日女の子はりゅう

  • ブックリサイクルより/『アンジェロ』。

    先日、図書館に行ったところ、ブックリサイクルが行われていました。 そこで絵本2冊、頂戴しました。 まずは『​アンジェロ​』。 ​​ 壁塗り職人のアンジェロが古い教会の壁塗りをしていたところ傷つ

  • 夜行バスの指南書/『夜行バスで出かけましょう』。

    普段夜行バスを使うことがそこそこあるので全く気にもとめてなかったのですが、その指南書とでもいうコミックエッセイがありました『​夜行バスで出かけましょう ​』。 ​​ タイトルを目にした時は、夜行バスを

  • やっちゃう人いるのねー/『ホントに占いで幸せになれるの???』。

    コミックエッセイ『​ホントに占いで幸せになれるの???​』をゆるゆると読みました。 ​ ←私が読んだのは電子書籍じゃなくて紙媒体。 自分自身のことを占ってもらってそれに沿って実行し、結果がどうなるかと

  • カープのエース!/『大瀬良大地メッセージBOOK大地を拓く』。

    長野さんに引き続き同じ出版社から刊行されているシリーズ『​大瀬良大地メッセージBOOK 大地を拓く ​』。 ​​ 先日は打たれまくってしまいましたが、今やカープのエースと言っても過言ではありません。 長野さ

  • 長野さんの本もカープ本/『長野久義メッセージBOOK信じる力』。

    久しぶりに普段行かない図書館に先週末行ってきました。 そうしたら、まだまだ未読のカープ本が! まとめて4冊借りました♪ 黒ユニの長野さんもいらっしゃいますが、もう彼は立派な鯉戦士! というわけで

  • 息子は何を考えているんだろう/『もみじの言いぶん』。

    村山由佳さんの同志であり、娘であったもみじちゃんが虹の橋を渡り、早一年。 そのもみじちゃんが天上事業部で思っているであろうことを文字に起こした『​もみじの言いぶん​』。 ​​ もみじちゃんファンには知

  • 切ないわー/『すみれ屋敷の罪人』。

    私にしては珍しく舞台が学校でも病院でもないのにふと手にしたミステリー『​すみれ屋敷の罪人 ​』。 ​​ 戦前、名家と言われた紫峰邸から白骨死体が3体発見されます。 この遺体を巡って、1人の刑事が戦前こ

  • 現実なのかファンタジーなのか/『レフトハンド・ブラザーフッド』。

    読み終わるまで寝れなかった『​レフトハンド・ブラザーフッド​』。 ​​ そうは言っても完徹というわけではなく、2:00位には読了して心安心して眠れました。 途中で本を置くことはできなかったのは事実です

  • お知らせ/『アヴェ・マリアのヴァイオリン』。

    木下明美氏Blog内「kimuraの読書ノート」を更新して頂きました。 (6月15日の記事) 今回は『​アヴェ・マリアのヴァイオリン​』。 ​​ まさか、この作品が3年前に知ることとなった徳島にある坂東俘虜収容所

  • ポオなのに万葉集/『黒猫の薔薇あるいは時間飛行』。

    森晶麿さんの「黒猫」シリーズにやっぱりはまったようです(笑)。 ポオのこと全く分からないんですけど。 というわけで、第3弾『​黒猫の薔薇あるいは時間飛行​』読了。 ​​ 前回、黒猫がフランスの客員教授

  • エッセイという名のHOW TO本かな?/『母とヨーロッパへ行く』。

    何気なく手にした『​母とヨーロッパへ行く ​』。 ​​ 旅の話は好物の一つ。 ということで、借りてみたのですが、紀行文というよりは、どうやったら70オーバーの親と楽しく海外旅行ができるかというHOW TO本で