chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
眠れない夜の言葉遊び https://blog.goo.ne.jp/junsora

折句、短歌、アクロスティック 詩、小説、妄想、言葉遊び、クリスマス詩、ショートショート、マナティ、夢小説、散文詩

クジラうえ リクエストした 水族館 マダイがうたう スローバラート

ロボモフ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2008/12/07

arrow_drop_down
  • 我々はぶっ通しで働く仕様なのか?

    留学生が、「勝手に休憩をとるな」と注意を受けている。何を言われているか、彼らに飲み込めるだろうか。正社員と呼ばれる人たちは、勤務時間中に談笑したり、喫煙したり、適当にのんびりと過ごす時間もあるように見える。雇用形態が異なると、事情は全く異なるのだろうか。「我々は水1滴さえ自由に飲めないのか?」使う側の立場としては、時給で働く形態だから1分も無駄にさせては損と思っているのだろうか。理屈はわからなくもないが、いくつか疑問な点もある。人間というものを理解できていれば、そんな単純な考えはできないのではないか。逆の立場で考えてもまるで平気なのだろうか。(中にはそんな想像とは無縁の人もいるかもしれない)法律上は問題ない。5時間の労働に休憩などなくてもいいと言う人もいるかもしれない。しかし、人間の集中できる時間には限り...我々はぶっ通しで働く仕様なのか?

  • もう君のことしか考えられない

    人間とは、考える生き物である。お昼は何を食べようかな。食べ物について考える。それは基本的な考えの1つだろう。美味しい肉ないかな。食べるについての考えが基本なら、美味しさを追求するのも人間の本能だろう。おやつタイムはコーヒーでも飲もうかな。コーヒー飲みながら、何食べようかな。夕方からビール飲もうかな。ビール飲みながら、何食べようかな。一日を通して、人間が考えを止める時間はほとんどないに等しい。人間の頭は大変だ。「あの人、あんなこと言ってたけど、あれってどういう意味なんだ?」僕は、その時ぼんやりとそんなことを考えていた。その考えに割って入ったのは、女の声だった。「そうなのよ。こっちももっと早くに伝えたかったけどね……」姿の見えない相手と話す女の声は、だんだん大きくなっていく。テラスならいいのか?(別にどこでも...もう君のことしか考えられない

  • 暴走端末のメルヘン

    小銭を数えるなんて面倒なことだ。手と手が触れ合うことは、リスキーではないだろうか。それよりも間違いのない、現代に相応しい方法というものがある。「お支払いは?」「ストイック・ペイで」私は常に最先端のやり方を好むのだ。「少々お待ちください。そちらの方ですと端末が変わりましたので担当を代わります」端末が変わった……。流石はできた店だ。より処理のスピーディーなものに進化しているのだろう。・「いらっしゃいませ」新しい端末を扱うのは、専属のロボットだった。「専用のアプリをダウンロードしますので、それまでの間、誠に僭越ながら創作メルヘンをお聞かせさせていただきます」すぐに終わると思っていたのでこれには少し意表を突かれた。ロボットは、低い男性の声でゆっくりと話し始めた。・『バッドじいさん』昔々、あるところにバッドをつけて...暴走端末のメルヘン

  • 惜しむコーヒー ~それでもあなたはカフェに行くのか

    生まれたてのコーヒーはたっぷりと器を満たしており、そこからは際限なく湯気が立ち上がっている。最初の一口のためにカップに口をつける瞬間は、この上なく幸福ではないだろうか。そこから先はゆっくりと冷めていくばかりだ。一口毎にやがては底をつくであろうことを恐れながら、口を近づける。せつない。コーヒーを飲むということは、ただただせつなさを感じることに等しいのではないだろうか。たっぷりとあったように思えても、本当はこれっぽっちだったと気づくまでにそう時間はかからない。コーヒーは、なぜ不変の熱量と無限の器をもって提供されないのか。そして、人々はなぞそうした不満を口々に叫ばないのか。そんなサービスをしたら商売が成り立たない。器のサイズは好みで選ばれるのが慣習だ。そもそも物理的に不可能ではないか。空間に落ち着きが損なわれて...惜しむコーヒー~それでもあなたはカフェに行くのか

  • どうしようもない行き止まり

    昔々、あるところにどうしようもない行き止まりがありました。そこから先へ進むことはどうしよもなく不可能に近く、何人もそこを越えていくことができませんでした。「ここを突破できた者にはぱりんこ200年分を与えよう!」王様は言いました。ぱりんこ200年分。それは途方もない贈り物。詩人は言葉を持って王様の前に現れました。美しい単語、キャッチーな比喩、心地よい修辞、謎めいた暗喩を駆使して突破を試みました。けれども、そこにあるのはどうしようもない行き止まり。言葉やなんかで突き抜けることはかないません。替わって子供が現れて、無邪気な心だけで突破を図りました。大人にとっては多く見える壁も、手に負えない理屈も、変え難い慣習だって、子供の心にかかればなきも同然。澄んだ瞳を持った子供なら行けるかもしれない。人々の期待が一瞬大きく...どうしようもない行き止まり

  • シングル・コーヒー

    熊が出たと言って母が裏庭から戻ってきた。「そんなもんじゃない」1頭や2頭どころではない。1メートルを超えるのが20頭以上、うじゃうじゃ熊が現れているらしい。クローゼットの奥から棍棒を持ち出した。久しく使う機会がなかった。思っていた以上に手にずっしりとくる。使いこなせるかどうか半信半疑だ。棍棒を脇に置いて通報だ。110番につながらないのは、非通知設定になっているせいだ。「頭に166をつけないとかからないぞ」父の言う通りにやってもつながらなかった。何度やっても話し中だ。今日に限って父の言うことが間違っているのか。その間に両親は父の運転する軽トラに乗って家を脱出した。留守番は破滅を意味する。実家を見限って自立する時が来たようだった。起き上がると男の背中が見えた。うそだと思って目を閉じた。もう一度開けてみるとより...シングル・コーヒー

  • 伝言ゲーム(声がかれるまで)

    昔々から繰り返し伝えるおばあさんがいました。あるところにある人とあの人と喜び出て行く犬喜び帰ってくる犬絶対に開けないではいはい繰り返しかわされる約束繰り返し破られる約束秘密の宝箱行っては帰る行っては戻るめでたしめでたしおばあさんは町から町へと昔話を繰り返しながら渡り歩きました。威勢のいい町もあれば、廃れたような町もありました。落ち着いた町もあれば、見かけ倒しの町もありました。町長のいない町もあれば、町長しかいないような町もありました。あるところでは聞き手がすべて犬でした。犬たちは起承転結に渡り辛抱強くおばあさんの話に耳を傾け、めでたしめでたしとなるとご褒美を受け取って帰って行きました。「もう一度聞かせてよ」あるところでは子供たちに囲まれて人気者となり、おばあさんは何度でも同じ話を求められました。「おしまい...伝言ゲーム(声がかれるまで)

  • 曲芸的現代将棋

    「おっと、挑戦者が座布団を一段高く積み上げました。先生これはいったいどういう動きになるのでしょうか?」「解説しますと、角度を変えて読み直そうという狙いになりますね」「座布団1枚2枚でそんなに変わってくるものなのでしょうか?」「全く異なりますね。高段者の視点というのは、非常に繊細なものですから。今、直前に名人の指した手が新手でして、今までの常識からはない手なのですね。そういった手に対しては、同じ角度からの読みでは超えていけない部分もありますから」「しかし、少し心配なことが。あまり高く積み過ぎると、うっかりバランスを崩して転倒したりという恐れはないのでしょうか?」「何をおっしゃいます。そんなことあるわけないじゃないですか、田辺さん」「そうでしょうか」「現代将棋に精通している棋士が、座布団の1枚や2枚のことでお...曲芸的現代将棋

  • 棋士の危険なおやつタイム

    「あれっ?これは目の錯覚でなければ、挑戦者の駒台の上にシュークリームが置かれているように見えますが、先生あれは」「錯覚ではございません。おっしゃる通りです」「駒台にシュークリーム。ということは、いよいよ手段が尽きたということになるのでしょうか?」「それもないわけではないですが、全くその逆もあり得ますね」「逆ですか?手段があふれているのでしょうか」「解説しますと、棋士あるあるになるのですが。ついつい読みに夢中になるあまり、他のことを忘れてしまうことがありまして。現状では、食べている途中でシュークリームの存在を忘れた可能性がありますね」「そんなことがあるのでしょうか?私などは何があっても絶対に忘れない自信がありますが」「局面の切迫度から言って、十分あり得る話です」「それだけ難解な局面ということなのですね」「そ...棋士の危険なおやつタイム

  • 君の肩を少し借りよう

    「はっ!挑戦者の肩に。鳥がとまっています。先生、これはペットの鳥なのでしょうか。挑戦者を応援しているのでしょうか?」「何をおっしゃいますやら。そんなことあるわけないじゃないですか、田辺さん」「そうでしょうか。しかしあれはどう考えれば」「ペットの鳥なわけないじゃないですか。挑戦者はそんな常識のない人間ではありません。解説しますと、あの鳥は好手を呼ぶ鳥とされておりまして、時折開いている窓から入ってくる観る鳥の一種です」「そうだったのですね。まさかそういう鳥がいるとは」「この地方では割と有名です。ですから、対局室の誰も全く驚いたりする様子がないわけです」「流石ですね」「研究済みということですね」「評価値はやや苦しめですけど、この後いい手が出そうだということですね」「そういうわけです」「楽しみですね。この後も、引...君の肩を少し借りよう

  • ダンサー乱入

    「これは突然何事でしょうか?ダンサーの方たちが入ってきて踊り始めました。部屋を間違えられたのでしょうか、先生これは」「いえいえ間違いではなく演出ですよ。今、盤上にダンスの歩という手筋が出たところですから、それに合わせて踊られているわけです」「これはびっくりサプライズですね!」「ちゃんと立会人の許可を得て入室されているわけですから、ここは見守るところでしょうか」「一昔前ではとても考えられないことではなかったでしょうか、先生」「将棋界も前に前に進んでいるわけですから」「現代将棋ならではということでしょうか」「そういうわけです」「それにしても、ダンスの歩というのは、なかなかお目にかかれないものではないでしょうかね」「手筋の中でもまさにダンスの舞のように華麗な手筋ですね」「今日は観る将の方も、とてもラッキーだとい...ダンサー乱入

  • 宇宙対局

    「いよいよ両者秒読みとなりましたね。あれほど時間があったのに、もっと大事にできなかったのでしょうか?」「何をおっしゃいます。大事にした結果として、今こうして秒を読まれておるわけです」「50秒から、1、2、と読まれてますけど、もしもそのまま10まで行ってしまった場合、先生その時は、対局者は打ち上げられてそのまま宇宙へと飛び立ってしまうというようなことがございますでしょうか?」「何をおっしゃいます。そんなことあるわけないじゃないですか、田辺さん」「そうでしょうか。大丈夫でしょうか」「ドリフのコントじゃないんですから。そんなことは起こり得ません」「では、もしも10まで読まれたとしたらその時は……」「その時はほぼ訪れないと言っても過言ではありません」「ほー、どうしてでしょうか?」「9まで読まれた段階で、指が自動的...宇宙対局

  • マジック・ストライカー

    ある人にとっては1杯のコーヒーが必要だ。それは絶対に欠かせないもので、人生の支えそのもの。言ってみれば「主食」だ。同じものがある人には「不要不急」に当たる。言い換えるなら「取るに足りないもの」だ。言葉なんて簡単に入れ替わる。そのようにして俺はベンチからエースストライカーに成り上がった。俺は利き足という概念を持たず、どこからでもシュートを打てた。おまけにヘディングの滞空時間は浮き世離れしていた。ありふれたマークでは手に負えず、日を追う毎に敵チームの対策はクレイジーなものになっていった。後半30分、俺はピッチの中で雁字搦めにされた。手錠をかけられた上に体中を縄で縛られ、箱の中に閉じ込められたのだ。すべては審判の目を盗んで行われたため、カードは出なかった。味方選手も静観するしかなく、時間だけがすぎていった。存在...マジック・ストライカー

  • 鬼の対局室

    「今、ねじり鉢巻をした人が入室されて席に着きましたが、桃太郎でしょうか?」「何をおっしゃいます。桃太郎がねじり鉢巻してましたか?」「はっ!だとすると祭り男でしょうか、先生」「桃太郎でも祭り男でもございません。あれは観戦記者の方ですよ」「それは大変失礼いたしました。ねじり鉢巻がとても印象的で……」「いいじゃないですか。そこは別に。共に戦っているという証左に他なりません。真剣勝負の場ですから。盤の前でも机の前でも、そこは何1つ変わらないというわけです」「そうですね。私も見習わなければなりませんね」「読むか書くかの違いだけですから」「誰もが戦っていらっしゃるのですね」「そういうことです」「はい。この後も、名人戦生中継をお楽しみください」鬼の対局室

  • 浦島太郎

    何も目指さなくていいところに到達した。経緯は偶然と気まぐれが入り交じったようなものだったけれど、おかげで人と違う幸福を手に入れたというわけだ。大好きなものたち、変わらない美しさに囲まれて、私はずっとここにいたいと願う。いらないものは何一つなく、必要なものはすべて揃っているのだ。「何かになりたい」と願ったのはずっと遠い昔の自分。(今となっては他人に等しかった)どんな人生よりも深い場所に生きて、これ以上何を望むことがあるだろう。「そろそろ行かねばならないようです」脱出の時が迫っていると姫に告げられた。それはあまりにも突然の出来事だった。もう海が青くないことが主な理由だという。本当かどうかわからない。しばらく海を見たことがない。私が海の中にずっといたからだ。「縁の切れ目がきたようです」これほど長い時間一緒に暮ら...浦島太郎

  • 対局室の野生

    「ただいま対局室に狸が入ってきたようです。ご両人は全く動揺する様子がありませんが、先生これは流石に保護した方がよろしいですよね」「何をおっしゃいます。そんなことをしたら駄目ですよ、田辺さん」「先生、どうして駄目なのでしょう?」「保護するも何もあれは見届け狸ですから」「見届け狸?これは大変失礼いたしました。てっきり道に迷ってどこかから紛れ込んだものと思ってしまいました」「ちょっと迷ったくらいでたどり着けるような場所ではございません」「ほほほほっ、おっしゃる通りですね」「応募者多数の中から厳正なる抽選の結果、見事にその座を射止められまして、こちらまで来ていただいているということです。指し手の善悪はともかく、一生懸命見届けて帰られます」「それだけこちらは自然が豊かな場所にあるということですね。将棋を愛するのは、...対局室の野生

  • 歩切れに泣いた人

    「歩切れに泣いているのでしょうか。挑戦者の視線が下の方に落ちていますね。そう言えば先生、駒箱の中には確か歩が数枚余っていたと思うのですが、これを使えば問題は解決するのではないでしょうか?」「何をおっしゃいます。そんなことできるわけないじゃないですか、田辺さん」「そうだったでしょうか」「それはあからさまな反則行為です。即失格の上に次戦より3試合出場停止になってしまいます」「では先生、駒箱の中にあったあの歩は何だったのでしょう?」「余り歩といって駒箱の中で休んでる駒ですね」「余っているのに使えないというのは何か不思議な気もしますが」「歩というのは将棋の駒の中でも一番酷使されて疲れが溜まるわけです。ですから順番に箱の中で休んでもらって、言わば充電されているわけですね」「ということは出てくるのは次の対局以降という...歩切れに泣いた人

  • 雑草のストライカー(コロコロ・シュート)

    生まれながらにタトゥーを持った俺は、常に蚊帳の外に置かれていた。様々な偏見からチームに加わることはできず、遠くで眺める他はなかった。不満を叫ぶよりも俺にはもっとやりたいことがあった。自分のスキルを磨くこと。そして、いつかその先に自分の夢も開けているのだと根拠もなく信じていた。俺のホームグラウンドは近所にある荒れ果てた公園だった。練習パートナーは猫で、サポーターは草の茂みに潜む虫たちだった。猫は常に守備しかしなかった。それは攻撃しか頭にない俺にとってはかえって好都合だった。最初の頃は猫の俊敏性についていけず、ボールを奪われてばかりだった。徐々にフェイントを覚える内に猫の目を欺くことができるようになった。いくつかのフェイントを組み合わせ上手く成功した時には、猫を完全に置き去りにすることもあった。そんな時、猫は...雑草のストライカー(コロコロ・シュート)

  • 終局の空気

    張り詰めていた9時40分の空気を私は懐かしく振り返っている。まだ駒に手をかけない先生の背中は両者ともに自分の勝利を信じて真っ直ぐに伸びていたものだ。昼食後の幾つかの疑問手を経て形勢は徐々に差がつき始めた。よい将棋を正しく勝ちきることができるなら、半数の将棋は勝てるだろう。一日の勝負は長い。冷静な目と朝の気合いを保ち続けることは、私のような人間にはとても難しいことだった。最善手を探究する心は尊い。だが、私の目は指し手のみに集中することはできず、先生の横顔に、背中の角度に、ペットボトルの数に、中継のカメラへ……、カオスとなって散って行く。夕休が明けてしばらくすると部屋の中からネガティブな空気が読み取れるようになっていた。すっかりと落ちた棋士の肩が座布団に着いていた。脇息の上の足首がぶらんぶらんとして、ゴミ箱の...終局の空気

  • ムービー・スター

    美しくありたいと願ったことはないか。願いは罪にはならない。けれども、ある一点の美学のために破滅へと向かって行くこともある。ありのままを描くより少しだけずれた世界を創造したい。俺は路上の似顔絵師。人々の顔を描いてはささやかな収入を得ている。スパイスに飢えたシェフ、記憶をたどる秘書、明日へと向かう夢追い人。俺のキャンバスの前で足を止める人は様々だが、みんなどこかで未知の自分を探しているのではないだろうか。「できました」一心不乱に描いて手を止めた。改めて自分の描いた顔を見てみるとどこかで見覚えがあった。日常の中ではない。そうだ……。「あなたは!」昨日観た映画の中に出てきたチンピラだ。「ちょっと撮影の合間でして」言葉遣いのしっかりとした実に感じのいい青年ではないか。俺はずっと俳優という職業に強い憧れを持っていた。...ムービー・スター

  • スクリーン・テスト

    映画はだいたい2時間。人間が集中していられる時間もだいたい同じ。2時間あれば人生を知るには十分だろう。君との距離15センチ。適切な間隔を置いて、君は僕の周辺視野の中にいた。どこで笑い、どこで泣き、どこを気にとめないのか。同じ方向を見つめながら、密かに横顔を探っている。全く同じではつまらない。全く違うのも寂しすぎる。ちょうどいい君が、この世界のどこかにいるはずだ。・……文字盤の上のカタツムリ。長く留まれば指の運動に制約を受ける。もしも歩みが重なればミスタッチになる。どうしてここに?痛みは雨のようなものだ。自分の意思でコントロールすることはできない。けれども、雨を知っていればきっと乗り越えられる。「どうしてここに?」互いに理由を答えられない。きっとそんなものはないのだろう。運命という響きはここに似合わなかった...スクリーン・テスト

  • エアー・タッチ(空踏みpomera)

    時にポメラは予測を遙かに超えた言葉を返してくることがあった。「自分とだ」他にはないと思えた僕の意図はあっけなく裏切られ、時分のあとに戸田が現れる。戸田?戸田さんなんて知らない人だ。一瞬、自分のミスタッチを疑ったがそうではない。(他にはない)というのが、自分本位の感覚に過ぎない。ああ、こんなに傍にいて伝わってないんだ。距離なんて関係ない。僕は僕。ポメラはポメラ。何でもわかってもらえるわけがない。「その動きいる?」「えっ?」タッチに無駄があると戸田さんは言った。「左手がつられて動いてる」戸田さんの指摘は間違ってはいない。右手がキーを叩いている時、直接関係のない左手があてもない宙を泳いでいるのだ。ドリブルで相手を揺さぶる時の空踏みのように。「みんな直立して歌うわけじゃないだろ」「ここはステージというわけ?」もし...エアー・タッチ(空踏みpomera)

  • ノベル・バンド

    一人が欠けたとしても表現することは十分に可能なはずだった。だが語り始めてすぐに息が苦しくなった。風景がかすみ、修飾が見当たらない。主人公の動作はぎこちなく、意思を反映させることも難しかった。自分にコントロールできると思ったのは過信だったのか。今にも主人公は躓いて転倒してしまいそうだった。小説の体をなすこともできず、誰もが目を離してしまうかもしれない。改行担当が行を空けた。段落担当が字を下げた。そして僕のパートがかえってきた。(いつもならあいつが主人公の声で生き生きと語り出すのに)地の文の僕は何をどう話せばいいのかわからない。あいつがいなければ何もできなかったのか。今さら気づいたところで手遅れなのだ。僕は主人公の声を主義を主張を、何も知らない。小説をどう表現していくべきかわからない。客席からの冷たい視線を感...ノベル・バンド

  • あまりある飛翔

    運命の分かれ道は僕の手の中に握られていた。先手必勝。その勝率は5割を大きく上回って6割にも近づきつつあった。責任重大。名人の歩を5枚すくい取る手は既に震えていた。「それでは振り駒です」手の中に納めてしゃかしゃかと振り始める。しゃかしゃかしゃかしゃかしゃかしゃか♪しゃかしゃかしゃかしゃかしゃかしゃか♪しゃかしゃかしゃかしゃかしゃかしゃか♪ぱっと握ってぱっと放す。そんなやっつけ仕事みたいな真似はできない。対局者の神妙な面持ちが、この局面の重大さを物語っている。だから、簡単に振りを終えることはできないのだ。しゃかしゃかしゃかしゃかしゃかしゃか♪しゃかしゃかしゃかしゃかしゃかしゃか♪しゃかしゃかしゃかしゃかしゃかしゃか♪運命の導く結論を祈るように見つめる二人。静寂の中に神聖な駒音だけが鳴り続けている。それを止める...あまりある飛翔

  • 強風対局室

    「ゴミ箱が倒れてしまいました。幸い何もあふれてはいないようですが、ものすごい風です。もしも盤上の駒が吹き飛ばされてしまったら、戦力不足に陥ってしまうことが懸念されますね。先生、そういった心配はないのでしょうか?」「何をおっしゃいます。そんなことあるわけないじゃないですか、田辺さん」「そうでしょうか。かなり強い風に思えますが」「今は換気のために開けなくちゃならないからそうしているわけです。ゴミ箱は風をまともに受けて倒れたようですが、駒の方は大丈夫です。吹かれて飛ぶようなそんな作りをしてませんから。駒職人の方が魂を入れて掘ったり埋めたりされているわけですから、全く心配する必要はございません」「ほほほほっ、これは大変失礼いたしました。街に嵐が来ようとも、駒たちはびくともしないということで、安心ですね」「そういう...強風対局室

  • みんなのおやつ

    「両対局者に続いて、記録係の少年も食べ始めました。しかし、食べることに夢中になって、うっかり記録し忘れたりしたら、大変なことになってしまいますが、先生そのような心配はないのでしょうか?」「何をおっしゃる。そんなわけないじゃないですか、田辺さん」「そうでしょうか。だといいのですが……」「今は昭和や平成とは違って、記録の方も進歩しているわけです。ですから、いちいち手で記録しなくても、棋士が指したらAIが認識してそれを自動的に記録するようにちゃんとなってるんです」「そうだったのですね。それは大変失礼しました」「ああ見えて、記録も大変頭を使う作業ですから。頭を使うと腹も減るんです。対局者がチキンラーメン食べてるんやったら、記録係も負けずに食べたらいいじゃないですか。もう3時なんですから、みんなでチキンラーメン食べ...みんなのおやつ

  • 稲妻対局室

    「大変なことが起きました。落雷の影響による停電でしょうか。たった今、対局室の明かりが消えていました。タブレットの光によって辛うじて様子がわかるほどでしょうか。先生、このままでは対局の継続が危ぶまれますでしょうか。もしも回復しない場合は、対局延期になってしまうのでは?」「何をおっしゃる。そんなおかしなことにはならないですよ、田辺さん」「そうでしょうか」「説明しますと、棋士というのは誰しも脳内将棋盤といって頭の中にちゃんと鮮明な局面が映ってるわけなんです。ですから、たとえ部屋の中が真っ暗だろうが、特に何も問題はないわけです」「これは大変失礼しました。取り乱してしまいました」「正着は指が指し示してくれますし、いざとなれば符号を告げることもできますから。むしろ、これくらいでちょうどいいとさえ言えます」「ムードがあ...稲妻対局室

  • 最後の笛

    ゴール前に幾度も上がるクロスは、ストライカーの前を通過していくばかりだった。ゴールに必要な特急券を持つ者は現れなかった。ゲームはノンストップで進みアディショナルタイムに突入した。最後の最後までゴールのない長いトンネルを抜ける出口は見つからなかった。もはや互いに力を使い果たし、決定的な仕事をするような者はいない。花火の上がらないスコアレスドロー。いつ笛が鳴ってもおかしくはない。互いに傷つかない結果を受け入れて歩いている選手もいた。5分、10分、15分……。それでも笛は鳴らなかった。これは変だ。それぞれのポジションを捨てて選手たちが審判を取り囲んだ。「何やってんだ。時間が止まっている」「ゴールが見たかったんだ」審判はストライカーを見上げて言った。「俺たちだって!」「みんな必死にやった結果でしょう」結果を受け入...最後の笛

  • 風の禁じ手

    口を開かずとも強く存在している者がいる。私が愛用する扇子もそのような存在だ。触れているだけで不思議と心を落ち着かせてくれる。大きく開くまでもない。読みに集中する時には、パチパチと刻まれて読みのリズムと共鳴する。いま、私の玉頭に大きな脅威が迫っていた。最も危険なのは間違いなく飛車の直射。手筋!と飛車の頭に歩をあびせた。「大駒は近づけて受けよ」格言にもある通りだ。連打連打と歩を叩く。将棋は歩の使い方で決まる。一歩ずつ飛車が近づきいよいよ自陣にまで迫ってきた。駒台に伸ばした手は、フラットな一面を撫でるばかりだった。あったのに。あんなにたくさんあったのに。まだあるはずだった。ないとおかしかった。あるとよかった。あってほしかった。読んでいなかった。あるとは限らなかった。愚かなことだった。取り戻せればよかった。本当は...風の禁じ手

  • コーヒーを返したい ~言葉遊びで頭をリセットする

    注文するや否やホットコーヒーはトレイの上にぽんと置かれた。席まで運びシュガーとミルクを入れてかき混ぜて一口飲むとすぐに違和感を覚えた。ぬ、ぬるい……。うちの家系は味噌汁でもラーメンでも、熱々じゃないと駄目なんだよ。誰かの飲みかけじゃないのか。エコも過ぎればおもてなしに反するというものだ。あるいは、急に寒くなったからか。急激な気温の変化にコーヒーがついてこれてないのだ。(いやそんなことあるはずがない)「金返せ!」夢の中の純粋な僕なら、そう言って突き返すのだ。最初はふーふー、それからだんだん冷めていくのがいいんだろうよ。最初から冷めててどうすんだよ。この本末転倒コーヒーめが。腹立たしいのは、いつもと違うからだった。いつも通りのものを期待して、それが裏切られたからだ。ほんの少しのことで気は沈み、歯車が狂う。この...コーヒーを返したい~言葉遊びで頭をリセットする

  • 不気味の谷のお父さん

    「行ってきます」少し寂しげな表情を浮かべて父は出発した。疎ましかった存在も、いなくなってみると時折、家に隙間風が吹くように感じられる。しばらく帰ってこれないだろう。しかし、1週間ほど経った頃、思わぬ訪問者がやってきた。「今日からしばらくの間、お父さんの代理を務めさせていただくことになりました」どうやら父からの贈り物のようだった。(何も言ってなかったのに)「ああ。お父さん、そっくり!」「未熟者ですがどうぞよろしくお願いします」「こちらこそ!」僕らはアンドロイドを快く迎え入れた。見た目はどう見ても父そのもので、父よりも礼儀正しい人間のように映った。尤もそれは最初だけで、すぐに遠慮のない振る舞いをするようになったが。「おーい、新聞取ってくれー!お茶くれー!おかわりくれー!」注文ばかりして座布団の上に居座った。母...不気味の谷のお父さん

  • スマッシュ・ヒット(宇宙リリース)

    長年培ってきたものが、サード・アルバムでついに爆発した。最優秀アルバム賞…1位最優秀作品賞…1位ゴールデンアルバム賞…1位アメージングアルバム賞…1位エンターテイメント・アルバム賞…1位モースト・インポータント・アルバム賞…1位革命的アルバム賞…1位今世紀最大のアルバム賞…1位抱いて眠りたいアルバム…1位天国まで持っていきたいアルバム…1位レコード店員がおすすめするアルバム…1位やったー♪あらゆるチャートを独占した。私は一気に一流アーティストの仲間入りを果たすだろう。生きてきた中で最高の充足感に包まれている。来年は忙しくなるぞ。プロデューサーは難しい顔をしてテーブルの前にいた。「残念な知らせがある」「えっ」今この時にそんなものがあるはずがない。「発売禁止になるかもしれない」「どうして?」「国の方から待った...スマッシュ・ヒット(宇宙リリース)

  • ダンス・ウィズ・ドリブル

    仕掛けに備えて身構えているとドリブラーはふしぎなおどりを踊りはじめた。「おちょくってるの?」「踊っているとアイデアが湧くのさ」「じゃあ、まだ今はないんだね」ならば今がチャンス。踊りの隙を突いてボールを奪える。「飛び込むな!」ベンチからの指示が俺の足を止める。「どうして?」行かなければ奪えないじゃないか。「味方のフォーローを待て!」デュエルで奪えるのに。「時を稼げ!話しかけろ!」監督に逆らってベンチに下がりたくはない。「いつもどこで踊っているの?」「踊り出したらそこがステージさ」「怖くはないの?」「何をそんなに恐れる?」「ボールが足から離れてる。俺取れそうなんだけど」「はあ?それにしては距離があるじゃないか」「わけあって今は詰めれないんだ」「そうか。まあ俺には関係ないけどさ」「踊りは楽しい?」「決まってるだ...ダンス・ウィズ・ドリブル

  • レプリカ・レボリューション

    真似ている間はかわいいものだった。かわいさは、いつか頼もしさになり、恐ろしさに変わったが、そうなった時にはもう恐ろしさを口にすることもできなくなっていた。どこかで革命的な進歩があって、現実を凌ぐ勢力が現れたのだ。紙は紙のようなものに差し替えられた。手触りは紙ではなかった。紙の匂いもしなかった。それでも紙にできることをすべてこなし、紙のような失敗をすることがなかった。肉は肉のようなものに押されて消えていった。歯ごたえ、旨み、栄養素、すべてが肉そのものを上回っていた。ようなものが肉そのもののよい部分を合わせ持ち、肉に取って代わったのだ。猫のようなものが猫のテリトリーを奪い取った。かわいらしく、機敏で、気まぐれで、用心深く、抜け目がなかった。居酒屋の暖簾の下に、自転車の隙間に、コンビニの駐車場に、至る所に、猫の...レプリカ・レボリューション

  • 記録係の修羅場

    「かなり揺れてますが、大丈夫でしょうか。机に頭をぶつけなければいいのですが」「ランチの後は仕方ないですね。記録係も人間ですから」「もしや目の前の指し手が緩すぎて眠くなってしまったということはないのでしょうか?」「何をおっしゃる。そんなことあり得ないじゃないですか、田辺さん」「そうですよね。これは大変失礼しました」「横で見ているというのも結構大変なんですよ。皆こうした修羅場を乗り越えて強くなっていくわけですから。でも、きっと大丈夫ですね」「大丈夫でしょうか」「次の一手できっと目が覚めますよ」「それはどういった理由からでしょうか。王手飛車か何かかかるのでしょうか」「今にわかります。もう指されますね。今の彼には強いショックが必要なんです」「それはハンマーで殴られるようなショックでしょうか」「今に出ますから。ビシ...記録係の修羅場

  • ファースト・イメージ・コンタクト

    いつかのやさしいものに似ていたら、やさしい衣を着せてしまう。ファースト・コンタクトであっても、完全な素でそのものを受け取ることはできないのだ。鳥に似ていたら勝手に翼を着せて見てしまう。馬に似ていたら勝手にスタミナを着せて見てしまう。蛙に似ていたら勝手に歌声を着せて見てしまう。時には偏り、また時には都合よく着せてしまうのが脳というものだ。好きだったものに似ていたら、無意識にハートを着せてしまう。サッサッサッサッサッサッ♪少し近づこうとしただけで犬は離れて行ってしまう。「おいで。大丈夫だよ」(話したいだけ)サッサッサッサッサッサッ♪「最初の宇宙人がよほど酷かったのだろう」「隊長、どうしますか」サッサッサッサッサッサッ♪その逃げ足には恐怖が染み着いているのが見えた。「我々は誰かの残像にすぎぬ」「無理ですかね」「...ファースト・イメージ・コンタクト

  • ユキヒョウ並走

    走っていると不安が襲ってくる。(どこかで道を間違えてしまったのでは)その答えは誰も教えてくれない。ずっと独りだからだ。不安を避けて走ることはできない。走っていなければ自分でいることができない。どこまで行けばいいのだろう。あるいは、いつからこうなってしまったのだろう。この上なく愚かなことをしているのではないか。進んだ先にゴールはあるのか。(何もいいことなんてないのでは)いいこと?そこが指す場所はどこだ。走っているとどんどん自信がなくなっていく。(自分はここで何をしているのだろう)人々は酒を楽しみ、言葉を交わし、写真を撮り、テクノロジーを駆使し、漫画を描き、絵画を鑑賞し、海を開き、野菜を串に通し、肉を焼き、雲を追って、山に登り、日記を通し、共感を抱き、羽を広げ、自分を磨き、琴を奏で、温泉に浸かり、人としての本...ユキヒョウ並走

  • 絶望に遠い姿勢

    「脇息にもたれかかって、このままでは地の底の方に沈んで行きそうですが、先生これはやっぱり、現局面に絶望感を持っていて、投了も間近と考えられますか?」「何をおっしゃる。そんなわけないじゃないですか、田辺さん」「そうでしょうか。あの様子では、かなり苦しげかと」「今は限界点を超えて読み耽っているわけですから、当然通常の姿勢とはまた異なるわけです。ああいったかっこうが普通とも言えますし、勿論希望を持って読んでるわけです」「そうでしたか。苦しんでるわけではないのですね」「苦しみもまた楽しみということです。読むというのはそういうことです」「よく理解できました。みなさんも安心して応援することができそうですね」「勝負はこれからですから」「この後も、名人戦生中継をお楽しみください」絶望に遠い姿勢

  • 鬼の泥棒

    昔々、あらゆるところにおじいさんとおばあさんがいました。おかげであるところには、おじいさんとおばあさんがいたと言えました。おじいさんは仇討ちにでも行くように芝刈りに出かけ、しばらく戻ってきませんでした。おばあさんは心を整えて洗濯をします。そこは川でした。どんぶらこ♪どんぶらこ♪と上流から大きな桃が流れてきました。伝説の前にいるのかもしれない。おばあさんは不思議な予感を覚えて身を震わせました。今まさに伝説の前に立ち会うのかと思えば、流石のおばあさんも冷静ではいられなかったのでした。匂いを嗅ぎつけて犬がきました。きたか、とおばあさんは思いました。猿がきました。猿もきたか、とおばあさんは思いました。アヒルがきました。アヒルもきたか、とおばあさんは思いました。おじいさんがきました。「おじいさんもきたか」とおばあさ...鬼の泥棒

  • ありがとう、おかあさん ~カフェの自由

    おしながきがいつもよりも底の方に沈んでいる気がした。視線を深く落としていると、奥の方からおかあさんが出てきて小窓を開けてくれた。呼んでもないのに、もう出てきてくれた。僕は一瞬ありがたく感じたが、そうではなかった。「ごめんなさい。今日はもう終わりで……」「ああ、そうですか」あと1時間くらい開いていてもおかしくないのだが、おとうさんの調子があまりよくないのか、最近は閉まっている日も多くなっている気がする。廃れた商店街を抜けて、あまり通ったことのない道を南へ向けて歩いた。近所の子供が大声を出してバイバイと言う。そういう時間だった。・テイクアウトできなかったのでもう1つのプランに変更して、モスカフェに行った。久しぶりに左奥の角にかけた。少し距離を歩いたので少し疲れていた。今日はカーテンが半分以上開いていた。それだ...ありがとう、おかあさん~カフェの自由

  • 封じられたメッセージ

    「立会人の先生が、今慎重に鋏を入れて、封筒から何やら取り出されましたね。これは遠い故郷よりの手紙でしょうか。それをこれから読み上げて、朝の対局室をハートフルな空間へと導くのでしょうか、先生」「何をわけのわからんことをおっしゃってるんですか。そんなはずないじゃないですか、田辺さん」「はっ、そうでしょうか」「ちゃんと説明しますと、あれは封じ手と言いまして、名人の次の一手が入っていて、それを立会人の先生が取り出して読み上げ、そうすることによって名人が次の一手を着手するということです。指されました」「はい。封じ手は44銀でした」「これは驚きました。目の覚めるような一手が飛び出しました」「この手はどういった狙いなのでしょうか?」「わかりません。さっぱりわかりません」「はい。この後も、名人戦生中継をお楽しみください」封じられたメッセージ

  • 謎の贈り物

    昔々、あるところに芝刈り好きのおじいさんと、芝刈り好きのおじいさんを好きなおばあさんがいました。ある日、おじいさんは当然のように山に芝刈りに行くと、これでもかこれでもかと芝を刈りました。刈っても刈ってもおじいさんの好きはなくならず、むしろ膨らみつつあるほどでした。おばあさんは、山と反対に川に行きました。川に行くとおばあさんはいつものように洗濯に励み、汚れ物と向き合う内に自らの魂を清めました。「お待たせいたしました」一仕事終えたおばあさんにどこからともなくおやつが届けられました。「ありがとう。ウーバーさん」おばあさんは、洗濯板の上にフルーツの盛り合わせを広げました。オレンジかな、いちごかな、それともメロンかな。おばあさんは何から手をつけるか迷っていました。キウイかな、りんごかな、それともメロンかな。なかなか...謎の贈り物

  • 虫の行方

    「何か対局者が気にされてますが、これは虫でしょうか。盤の周辺を飛び回っているようです。これは大変な事態となりました。まさかタイトル戦でこのようなことがあるとは。虫対策までは研究が行き届いていなかったということでしょうか。このままでは対局の中止も危ぶまれてしまいますが、先生」「何をおっしゃる。そんなわけないじゃないですか、田辺さん」「そうでしょうか」「そうですよ。虫なんてものは、ほっといたらその内どっか行くんですから。そう大げさに考える必要はないんですよ」「でも先生、危険な虫だったりすることはないんでしょうか」「大丈夫です。見たらわかります。あの程度は大した虫ではありません」「流石は先生。虫の方も大変お詳しいということで」「やめてください。別に詳しくはないですよ」「えへへっ、それは大変失礼いたしました」「見...虫の行方

  • 本官の夢(野生の叫び)

    老人の訴えは耳を疑うものだった。ステマが捕獲されて大変なことになっていると言うのだ。本官はいつでも市民の味方である。しかし、時には味方である者同士の板挟みとなって苦悩することもある。何より大切なことは、親身になって耳を傾けること。冷静に真実を見極める目を持つことだ。老人の訴える現場に近づくと女性が駆け出してきた。「家の人ですか?」「すみません。この人かなりぼけてるもので。おかしなことを言ったかもしれませんが、寝言と思って聞き流してください。いつも夢見ているような状態ですから」「そうでしたか。事情はわかりました。しかし、確認のために少し家の中を見せていただいてもよろしいですか?」「構いませんが、夜も更けましたのでできれば明日にしていただけると助かります」「わかりました。それでは明日また改めまして」「駄目じゃ...本官の夢(野生の叫び)

  • 見守り先生

    「副立会人の先生が入ってきました。何かいい手でも思いついて、たまらなくなって、こっそり助言をしに入ってきたのでしょうか、先生」「何をおっしゃる。そんなわけないじゃないですか、田辺さん」「ほほほほっ、違いますか。これは大変失礼いたしました」「仮に思いついたとしても、絶対に言いません。将棋では助言というのは、絶対の禁じ手ですから、もしもそんなことをしてしまったら、二度と対局室には入ってこれなくなります」「立ち会いの先生方は、思っても見守っているだけですね」「勿論、そういうことです」「はい。この後も、名人戦生中継をお楽しみください」見守り先生

  • ロード・オブ・ザ・ポテト

    転がり込んできたじゃが芋がカレーを思わせた。僕はカレーを作り始めた。じゃが芋の表情が少しずつ僕にカレーへの帰り道を教えてくれた。そんなに難しいことはなかった。こんなにも僕はカレーが好きだった。秋と一緒に煮詰まるほどにどんどん好きになる自分に驚いていた。次に驚いたのはじゃが芋が切れた時だ。カレーも一緒に途切れた。それから突然恋しくなった。今度は僕が転がる番だ。外出だって覚悟の上。じゃが芋畑まで来た時、そこにじゃが芋はなかった。「今はない」おじいさんは顔を曇らせながら言った。「狢が持って行ってしまった」狢がよそで売りさばくとおじいさんは言った。転がり込んだじゃが芋がカレーを思わせてから、私とカレーとのつき合いが始まりました。良き縁というものでしょうか。もしもじゃが芋がピアノの方に強く結びついていたとしたら、私...ロード・オブ・ザ・ポテト

  • 謎の流れもの

    昔々あるところに、というのは、元々は何もないようなところでしたが、いつしか草が生え、小さな花が咲き、蝶や猫たちがやってきて、色んなものが生まれていった。そういうところ、それは奇跡のようなところとも呼ぶことができました。そんなあるところに、おじいさんは鬼のような顔をして、おばあさんは仏のような顔をして暮らしていました。おじいさんは懲りもせず山に芝刈りに、おばあさんは清々しく川に洗濯に行きました。おばあさんが川に行くと何やら上流から流れてくるものがありました。どんぶらこ♪どんぶらこ♪「何だろうか?」おばあさんは身を乗り出して流れてくるものを観察しました。人か?いいえ人ではありません。獣?いいえ獣でもありません。角度を変えて見ると南瓜のようにも見えました。「ああいう乗り物か」だとしたら舟であろう。一通り推測を終...謎の流れもの

  • ピロピロ・カーテン(近く遠い存在)

    カウンターの一番奥は、喫煙コーナーの前だった。店内を一周しても、ほぼ空席は見当たらない。迷う余地はない。そこしかない。せっかく来たのだから、もう他に行きたくない。見つけた以上は、そこにかけるしかなくなった。現在のところ、そこは一番の席だ。(喫煙コーナーの正面であることを除いて)受動喫煙に配慮して(あるいは配慮を怠って)、入り口はちゃんとしたドアではなく、ピロピロ・カーテンだ。何となく煙たいように感じるのは、そのためか。とは言え、常時複数の人が入り浸っているというわけでもない。世の中は変わった。(変わりつつある)近所に古くからある串カツ屋の入り口にも、近頃は禁煙の紙が貼られている。酒と煙草もセットではないのだ。・身近な存在だったものが、急に遠く感じられることはないだろうか。その時、物理的な距離というのは重要...ピロピロ・カーテン(近く遠い存在)

  • ブログ更新の逡巡

    下書きは随分と溜まったけれど……。何かの拍子にブログ更新の必然性が疑われてしまったら、どうなることでしょう。例えばそれはこんな風にして始まります。ここなのか?ここでなければいけないのか。他へまわしてはどうなのか。noteへまわしてはどうなのか。はてなブログへまわしてはどうか。今日なのか?今日でなければいけないのか。明日へまわしてはどうなのか。これなのか?これでなければいけないのか。これでない方がよいのではないか。もっと他にいいのがあるのではないか。これほどつまらないものはないのではないか。今なのか?今でなければいけないのか。夜でもいいのではないか。先にご飯を食べてもいいのではないか。お風呂に入ってからでもいいのではないか。今にこだわることもないのではないか。今、今、今、今……。つかもうとしてもどうしてもつ...ブログ更新の逡巡

  • どうせ誰も聞いていない

    人前に出るのは苦手でした。人前で話したり、歌ったり、そういう状況は避けて通りたい。そう思ってずっと生きてきました。けれども、年の瀬ともなると人々の輪が僕を取り込もうとする。当時は、そんな時代でした。もうずっと昔の話になるでしょうか。「どうせ誰も聞いてないよ」鬼のように上手い歌を聞かせてくれた後で、友は言いました。難しく考えすぎだろう。自意識過剰であろうと言うのです。勿論、カラオケに上手い下手なんか関係ない。好きなように歌って楽しめばいいだけです。実際、見回してみれば、彼の言うことももっともでした。談笑に盛り上がる者、酔いつぶれて眠る者、2人きりで熱心に話し込む者。誰もカラオケどころではない。ただ少し大きなBGMがかかっているようなものです。それもそうかもな……。僕は少し彼の言葉に揺れていました。誰も聞いて...どうせ誰も聞いていない

  • 勝負ブログ ~ライト・ブログ

    「ねえ君、もう一勝負してみたら?」人生の大先輩が、少し冗談ぽく話しかけてきました。いつも会うと挨拶してくれる人でした。何気ないことを、いつも気さくに話しかけてくれる人でした。(いい人みたいだ。世話好きな人かな。少し干渉してくるようなとこあるな)そんな印象を抱いていました。(一勝負?なんじゃそりゃ)今のままではまるで駄目だみたいなことなの?自分なりに少しは前進しているようなつもりもあったので、何か今を否定されているような、僕はちょっと寂しい気持ちになってしまったのです。でも、先輩は、よかれと思って話しているのです。冗談ぽい奴、すぐ終わる話のはずが、意外に熱を帯びて事細かに続いていくのです。(ああ、やっぱり思った通りの人なんだな)適当な相槌を打ちながら、興味がなくはない振りをしながら、僕は話が終わるのを待ちま...勝負ブログ~ライト・ブログ

  • 日記こそが王道だ

    ブログで何を書いたらいいかわからない。そういう人は、迷わず日記を書くのがいいでしょう。僕も、最近は日記に注目しています。今後は、「日常・体験・感情」といったものが、キーワードになってくるかもしません。革命的な進化をみせるAIは、歌詞でも物語でも論文でもそれらしく書いてみせます。知識・情報という領域となると、もはや人間ではかなわなくなるでしょう。だけど、彼も日記だけは書けないのです。彼には生身の体験や感情がないからです。正しいことは話せても、悩んだり感動したり病んだり、恋したり。そういうところは、現在のところはまだ未熟で苦手のようなのです。人間である僕たちは、AIと向き合う中で、「人間とは何か?」ということについて、考えさせられます。あるいは、「仕事とは何か?」、「アートとは何か?」、「表現とは何か?」そう...日記こそが王道だ

  • すぐ切れるものたち(ブログ・アスリート)

    すぐ使うだろう。と思って買っておいたものが、気がつくと期限切れになっている、ということはないでしょうか。粉チーズ、片栗粉、パスタ・ソース、手巻き海苔。いつのかなと思って見た時には、半年とか1年も期限が切れていたりします。たっぷりとあると思う消費期限も、そうでもないことがあります。気づくと1年くらいはあっと言う間に過ぎるのです。1週間の間に2度、3度、パスタ。2日連続でパスタ。それなら切れるはずはないのです。しかし、一度パスタ熱が冷めると、存在を忘れるほどに遠ざかってしまいます。きっと原因はその辺りにあるのでしょう。考えてみれば、最近はおでんとカレーの2パターン化していて、それでは他の食材が入り込む余地もなくなります。言わばひふみん式です。本棚に目を移してみると、英会話やビリヤード入門、猫の描き方など、期限...すぐ切れるものたち(ブログ・アスリート)

  • グループに参加できない人 ~はてなブログのジャンパーたち

    グループとは、部活やサークルのようなものでしょうか。お同じ趣味や世界を共有できることは、老若男女問わずに楽しいものです。はてなブログでは、ただ記事を書くよりも、グループに参加してから書く方がいいようです。探すにも探されるにも、何についての記事かわからないものよりも、ある程度テーマが絞ってあると便利な面があるでしょう。「グループは誰でも参加できる」確かにそうは書いてありますが……。まずは雑談でもとアプリから参加のところをタップすると、画面が切り替わって真っ白いページに飛ばされます。処理中か?と少し様子をみているといつまで経っても、ページは白いままです。調べてみると、どうも現在アプリで問題が生じているようです。(誰でも参加できるが今はできない)気を取り直して、今度はアプリを経由せずにログインして、グループ参加...グループに参加できない人~はてなブログのジャンパーたち

  • 退屈/孤独/芸術

    カーテンを引く彼女が今日は現れなかったので僕は窓の外ウォッチャーになっていたいつまでも見ていられる気がしていつまでもそうしている内に気がついたきっと自分の内に向かうためには退屈も必要なのだ孤独も必要なのだもしもあなたが芸術家ならばただ「寂しい」と感じるのではなくそれも1つのチャンスなのだと受け止めてほしい退屈/孤独/芸術

  • noteを離れてわかったこと

    noteを離れてわかったことは、やることが1つ減ったということです。人間の時間は1つ1つの動作によって奪われていきます。1つと言っても決して小さいとは言えないのではないでしょうか。noteとは、SNSの一種です。ブログに似たものだと捉えることもできそうです。noteをしていたと言っても、やっているのはgooブログと全く同じでした。ブログで書いて思い入れのある記事を、そのまま時間差で投稿しているだけでした。なので、やめたと言っても、元々やってもいなかったとも言えます。noteには「スキ」というのがあって、赤く灯るのは、何かときめくところはあるような気がします。しかし、無差別に「スキ」しまくったり、「スキ」を自動化して量産するツールもある。なんて話をきくと、流石に萎えるものがありますね。SNSにありがちですが...noteを離れてわかったこと

  • 祝ブログアクセス2人

    昨日のはてなブログの訪問者2人だけだったな年末は誰もが忙しくて大掃除をしたり餅をついたり年賀状を書いたり田舎に帰ったりテレビを見たり炬燵に入ったりしてるからブログどころじゃないんかな?祝ブログアクセス2人

  • 眠くなるブログ

    「どこかに価値はあると思っていたが」・随分と昔のこと。僕が書いた長文を読みながら、職場の同僚が言ったことを、思い出しました。「眠くなるな」その時、隣でスマホ画面をのぞき込んでいた人も、その意見に共感しているようでした。確か夢小説か何かでした。(そのつもりはなかったのに、秘密を勝手にばらす人がいたせいで読まれてしまったのだ)あんたにはわからないよ。感性が足りないんだろ。面白がって読んだら楽しめるんだよ。その時の僕は内心ではそんなことを思いながら、とぼけた振りをしていました。だが、時は巡って、今となっては彼の言う通りではないかという思いが、日増しに強くなっていきます。「何か眠くなる」それこそが、宇宙中の読者を代表する声では?夢の話とか、僕がだらだらと書いてしまうような文章は、ただ眠くなるばかりではないでしょう...眠くなるブログ

  • ちゃんとしたブログ

    ちゃんとしたブログを書きたくなったのです。そのためには、荒れ果てたカテゴリーの並ぶ、この地を離れてみる必要がありました。早速、はてなブログというサービスに登録してみました。アプリは割とシンプルなようです。ちゃんとしたブログなので、お題に参加することにしました。『最近飲んでいるもの』具体的で、自分について考えられる、いいお題です。僕は最初コーヒーを思いついて、結局みそ玉について書いてみることにしました。みそ玉とは、みそを丸めた玉です。YouTubeでやっていました。冷凍してお湯を入れるだけですぐ飲めるという優れものです。詳しく書いてしまうと重複するので、やめておきます。gooブログにも「お題」はあるのかもしれないけど、参加した記憶はありません。ともかく、全く同じことを別の場所でそのまま書く(投稿する)という...ちゃんとしたブログ

  • 専門性みたいなものもほしい

    僕はあれこれやりすぎていたのではないでしょうか。折句とか短歌とか夢の話とか、日記とか創作ノートとか、ショートショートとか、詰将棋(詰めチャレ)の話とか、将棋ウォーズとか。(だいたい棋譜も譜面もない自戦記なんて誰が楽しめるの)そうしたすべてに興味を抱けるとしたら、それは世界で自分のほかにいないのではないでしょうか。あれもこれも好きなように書いてきました。そこに問題はなかったでしょうか。あまりにも1つのブログに詰め込みすぎたようにも思います。そこで今日に至っては、考えるべきところにきたと気がつきました。どこかに自分を分散してみたい。もっと方向性を固めたものを、個別に始めたい。ゼロからするために、gooブログではなく別の場所を設けたいと思います。例えば、それははてなブログになるかもしれません。詩的なものと自由に...専門性みたいなものもほしい

  • 幽霊エレベーター

    レインウェアを着て走っている時、早く降り出すことを願う俺がいる。防水キャップに重ねてヘルメット、スマホホルダーも完璧。備えたからには降ってほしい。そうでなければ暑いだけで馬鹿みたいだ。街を走るからには、何でもいいから鳴ってほしい。大げさなバッグを背負ってただ走っているのは空しくなってしまう。何でもいいから運びたい。せめて誰かのために。・どこかのローソンが偶然に俺を呼んだ。誰かが大量の飲料を注文したらしい。2リットルのコーラだけでバッグはパンパンになった。何十本背負えば、俺の罪は消えてくれるのだろう。進む度にバランスが崩れそうだ。坂道に耐えられるか。突っ込んでくる逆走自転車を避けてふくらんだ瞬間、タクシーのクラクション。俺を抜いた後もずっと尾を引いている。もう無理か。元から無理ゲーだった。突然、肩の荷が下り...幽霊エレベーター

  • ミニマム・ファッション

    着るものなんて、何でも構わない。それは超越?それともあきらめ?よくわからないな。纏わされてみてはじめて、これ何か違うと思う。昨日はこれだったかもしれないけど、今日はどう考えても不正解。じゃあこれにする?いいえ、この色はちょっとね。何かしっくりとこないというか……。秋じゃない。このふわふわもちょっとね。朝にはこれだったかもしれないけど、夕暮れにはちょっと浮いちゃうっていうか……。じゃあこれにする?いいえ、これはないかな。だって、みんなこういうの着てるじゃない。もう着尽くされてるって言うの。じゃあ、これなんかは?うーん何か冴えないな。何て言ったらわかるかな。落ち着かないんだな。別にかっこつけてるわけじゃないの。周辺視野の中の自分が自分らしくありたいと思うだけ。じゃあこれは……。「もう裸で行く!」「寒くない?」...ミニマム・ファッション

  • さらば人間よ(らくご虫)

    秋の虫が鳴き始めたからもう秋だ、なんて人間の声が聞こえてきます。わしら虫というのは、何も好き勝手に鳴いているのとちゃいます。ちゃんと班毎に分かれて規律に沿って正しく奏で合っとるんですわ。それはともかく古来人間というものは、やたらと虫を目の敵のようにするんですな。何とかなりませんやろか。「ひー出たー!」いやいや旦那は自分のスリッパが作った影に驚いてる様子だ。「やっぱり出たー!」出たといってもまだ子供でっしゃろ。それに虫の立場から言わせてもらうなら、出るのは主に人間さまの方でっしゃろ。さて、虫と鉢合わせたといって旦那は恐ろしい勢いで引き上げていくわけですわ。どこ行くねん。チャカチャンチャンチャン♪「あー、危なかったー」「かったじゃない。またくるでー。人間はしつこいからな」「きっと武器を持ってくるわね」「僕が何...さらば人間よ(らくご虫)

  • もどかしいワーク

    キックオフからまもなく右サイドの僕のところにパスがきた。その時、僕はまだピッチ上で寝そべっていたのだ。ボールはそのままラインを割って外に出た。申し訳なかったが、僕はまだ完全に正気になることはなかった。その後も何度か同様のことが起こった。準備が整っていなくても届くまでにはどうにかなると思うのか、少し弱めに蹴られるパスもあった。信頼に応えられないもどかしさの上に気怠さが停滞している。今と向き合えないのは、近い将来への懸念のためか。ハーフタイムに辞退を考えたが、自身の健康のことを思うとどうしてもゴールを決めねばと思った。道を渡るとちょうど車が発進するところだった。僕は車に先に行かせその後を通るつりだったが、向こうも同じような気持ちだったようだ。止まるではないが緩やかな加速のワゴンと、僕は併走する形になった。お先...もどかしいワーク

  • 今日くらいは……

    昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが歩いていました。するとおじいさんとおばあさんのすぐ側をあまりにも歳の離れた人間が通りかかりました。子供たちです。おじいさんとおばあさんは、優しく微笑みかけながら、見知らぬ子供たちに声をかけました。「気をつけてね」「仲良くね」「魚に気をつけて」「元気にね」「先生にも気をつけて」「それじゃあね」おじいさんとおばあさんは、子供たちがもっともっと小さくなるまで立ち止まったまま見送っていました。あんな時代もあったねと遠い昔をみつめているようでもありました。「おじいさん、山は?」おばあさんが急に思い出したように言いました。「今日はええ」今日は山はお休みです。今日くらいは……

  • カフェの中の異世界/素敵な子供だまし

    テーブルには8割入ったままのアイスコーヒーが置かれたまま、主の姿はない。もうずっと喫煙ルームにこもっているのだ。僕は好きな昔話『浦島太郎』を思い出していた。喫煙ルームは竜宮城というわけだ。どういう経緯であったかはよくわからない。だが、気がつくと竜宮城暮らしの方が長くなった。もはや、地上の社会での生活よりも、あちらの世界の方が長いのだ。大半の時間があちら側となると、心を占めるのがどちら側なのかというのは、興味深い問題だ。『浦島太郎』とは、そういうお話ではなかったろうか。現代社会は、喫煙者に冷たい側面がある。本当は別に飲みたくもないコーヒー代を払った後は、喫煙ルームにとことん入り浸っているというのも、カフェの利用のあり方の内なのかもしれない。カフェは寛容だ。たとえ注意書きのようなものが壁に貼られていたとしても...カフェの中の異世界/素敵な子供だまし

  • ゴースト・バストラン

    少し先を行く自転車から白い煙が見える。タイヤからではない。煙は男の指先から出ているのだ。あんな乗り物は認められない。俺はそれ以上自転車に近づくのが嫌だった。曲がれ曲がれどこかに消えろと念じても通じない。ならば俺から動くまでだ。真っ直ぐ進んでから曲がるか、先に曲がっておいてそれから真っ直ぐ進むかは、俺が自由に決められる。クエストを選べる自由を失ったが、まだルートを選ぶ自由は残っている。・近づきつつあったピックアップ先のピンが突然消えた。消えたと思った次の瞬間、動いた!あべの筋を南下して動き続けている。今までの経験にない現象だった。ゴーストレストラン、いや移動式レストランか?アプリ上のピンは前方に加速して行く。もしやあのバスか?俺は前傾姿勢になり時速30キロでバスを追った。交差点に差し掛かる手前で、バスはバス...ゴースト・バストラン

  • 竜馬ダンス

    「これは竜と馬の追っかけっこが4手1組でしょうか。繰り返されてますが……。このままだと延々と繰り返されてしまって永遠に終わらないのではないでしょうか?そうすると対局者も私たちも誰もが帰れなくなってしまって、日常生活というものが完全に崩壊してしまうことが心配されますね、先生」「何をおっしゃってるんですか。そんなわけないじゃないですか田辺さん。そうなる前に将棋には千日手というルールがちゃんとあるわけですから。そうなったらそうなったで初手から指し直しになるだけです」「ほっほっほっほ、それは大変失礼いたしました。千日手というルールのおかげで千日も続くことはないといういことですね」「まあ、そういうことですね。千日手の可能性は今のところ五分五分でしょうか」「はい。この後も、名人戦生中継をお楽しみください」竜馬ダンス

  • 十月のはなれ

    熱湯を注いで8年無性に恋しかったはずの地球もレゴの創造の先に薄れ行き生暖かい風が吹いたのちに何処からともなく訪れるよきゲームメーカーは浮かれることなくルールブックを日々燃焼させて脳内でリメイクを重ねているこの街が禁酒になるのは時計の針が十分に回った頃歯切れの悪い会議を抜け出して明日の見えないヒールを飛ばした相思相愛の呪文がはね返るビアホールは昨日から閉鎖されている十月のはなれ

  • 雨天決行

    「これは大変なことになりました。雨漏りでしょうか。天井から何やら落ちてきてますね。このままでは対局の続行も危ぶまれるのではないでしょうか?先生どうでしょう」「そんなもんお前、なんで部屋の中で雨やねん。プレハブ小屋でやっとんのか。ちゃうやろ。立派なとこやのに考えられへんで」「今、記録係の少年がバケツを持ってきて、駒台の横に置きましたね。もっとバケツは必要なのではないでしょうか。あちらこちらで落ちてきてますね。タブレットなどは大丈夫でしょうか」「だいたい電子機器いうのはあかんやろ、お前。普通に考えたらどないやねん。そやろお前。考えられへんで。どないなっとんねん向こうは」「記録的な短期間での雨ということで、対局室も緊急事態となっております。先生こんな時ですが、形勢の方はいかがでしょうか?」「互角やな、ぱっと見た...雨天決行

  • どうして人は日記をつけるのか ~一行日記のすすめ

    「いつだったかな……」伯父さんが家に来たと母が言ったが、それがいつだったかは定かではない。あまりに最近のことだからだ。先週だったか。9月かも。だんだんと自信がなくなってくる。盆だったかな……。盆ではないことは確かだった。わからなくなるから日記をつければと僕は言った。以前はつけていたが、2年前にぱたりとやめてしまったという。10月は祭りが多いと母が言った。あれは11月か……。それから過去の記憶に遡って、子供の頃の祭りの話をしてくれた。昔は、夜通しの舞があったという。午前0時頃に出かけて舞を見に行ったこともあったという。祭りにはお芝居もあって、遠方より劇団が来たという。芝居は(つづく)で終わり、日をまたいで人々の興味を引きつけたという。電話越しに母の声は生き生きとしていた。今ではすっかり過疎化してしまってとて...どうして人は日記をつけるのか~一行日記のすすめ

  • しばしの別れ

    昔々、あるところにいたおじいさんが山に芝刈りに行き、ともにいたおばあさんは川に向かいました。おばあさんがあるところで気づいたのは、おじいさんがお弁当を忘れていったことでした。お弁当の中にはおじいさんの大好きだった卵焼きが入っていましたが、今なおそれを大好きであるかは、おばあさんにはわからないところでした。「仕方のない人……」どんぶらこ♪どんぶらこ♪どうやら桃が流れてくるようでした。おばあさんは、構わず洗濯に精を出しました。しばしの別れ

  • 裏口入店

    「通れません」警備員が駆けてきて俺の前を塞いだ。「押しても駄目ですか?」「駄目なんですよ。決まりで」俺は駐輪場に行くために近道をしたかったのだ。「ウーバーさん?」「はい」「それでしたら……」別の駐輪スペースがあると警備員は教えてくれた。北側にそんなものがあるとは、今まで気づかなかった。駐輪場の愛想のない男と顔を合わさずに済みむしろ好都合だ。教えられた場所は、畳一畳分ほどのスペースだった。(駐輪場とは呼べない)確かにデリバリー専用と書かれてある。どうしてこんな坂に……。大いに不満はあったが、他になかったのだろう。どこか上の方から、水がぽたんぽたんと落ちていた。そして、その落ちた先には何かごそごそと動く影が見えた。ああ、ゴキブリか。川沿いを進む。高速の下にマップには映らない道がある。駐車場の中に密かなショート...裏口入店

  • しあわせバター(スナック・ライフ)

    もう10年も前になる。あの頃の俺はまだ駆け出しの転売ヤーだった。人様の畑という畑を渡って気になるものを見つけては、狸のように引っこ抜いて回った。一言で言えば、俺は愚か者の名を欲しいままにした。いったい誰が……。「すみません。うすしおくださーい!」「はーい!」チャカチャンチャンチャン♪うすっぺらい愚か者。それが10年前の俺だった。狸のように人様の畑を回っては、気になる野菜を引っこ抜いた。茄子、大根、トマト、人参、じゃが芋、南瓜。畑という畑を越えて、貪欲だった俺は更に手を広げていった。メガネ、宝石、鞄、パソコン、洗濯機、プレイステーション。あの頃の俺ときたら、目に映る物すべてが俺の売り物であるかのように思い違いをしていた。一度引っこ抜いた物は、まるで桁違いの値段で店先に並べてみたものだ。大馬鹿者め。我ながら大...しあわせバター(スナック・ライフ)

  • 余ったカレーの使い方

    少しだけ余ったカレーをどうしようかと考えていた。カレーうどんは少し前にした気がした。ならばパスタに絡めてみるのはどうだろうか。カレーは何にでも合うのだ。パスタの方も何にでも合うのではないか。そうしたもの同士が向き合うことに、何の問題もない。しかし、パスタは昨日食べたのではなかったか。だったらそこは避けた方が無難というもの。一旦、麺類から離れるべきかもしれない。もっと冒険をしてみるべきでは?余ったカレーを元にして、カレー屋さんを始めてみるのもわるくないだろう。自分でも思ってもみなかった結果が出ないとも限らない。だが、飲食の世界は厳しい。素人が思いつきで手を出すと後が怖い。なかなか素晴らしいと思えるアイデアは出てこない。あなたも、このような問題を抱えて日々もやもやとした思いをしているだろうか。いずれにしろカレ...余ったカレーの使い方

  • ゾンビの観戦

    「ゾンビが入ってきてそっと座りましたね。対局者は大丈夫でしょうか。先生、ご両人は怖くはないのでしょうか?」「何をおっしゃる。そんなわけないじゃないですか、田辺さん」「そうでしょうか」「今は終盤戦なんですから、怖いとかもうないんですよ。盤上の詰む詰まないに集中しているわけですから、ゾンビだろうがお化けだろうが、そんなものを怖がっているようでは、勝てませんから」「これは大変失礼しました。局面は終盤真っ直中ということですね」「しかも今は10月ですから、立会人も怖がらせるというような意図は全くなくてですね、ファンサービスの一環としてゾンビになっておられるわけです」「そうだったのですね。頭が下がるというか、私たちも今後の参考にさせていただけたら、先生もどうでしょうか?」「勿論です。技術的なバックアップがあれば、今は...ゾンビの観戦

  • 親切な大人

    眠れない夜は子供にかえる。先生は一人だけだった。初めて名前を呼んでくれた。初めて丸をつけ、ほめてくれた。山の描き方、海のみつめ方、お茶の飲み方、雪の投げ方。先生から学べることは全部学び取った。先生は急に遠くに行くという。送別会には出なかった。みんなの先生だと証明されることに、耐えきれなかったのだ。「困ったら開きなさい」先生は別れの手紙をくれた。もう誰も先生じゃない。街にサーカス団がやってくる。僕はまだ子供だった。待ち切れずにすべての責任を手放したいと思った。先生の手紙には、よいことは寝て待てとだけ書いてあった。僕は先生のことを信頼した。送別会のことを、少し後悔していた。夢の終わり、街は祭りのあとだった。感動と興奮の余韻、サーカス団への感謝の言葉であふれていた。また会える日まで。絶対、また来てね!またねじゃ...親切な大人

  • 矛盾のパレード

    何なんだよここはつまんないけど罪ではないやがてくるのは永遠への旅か筋書きが決定事項ならば見所はどこに存在する・涙は出るがハンカチがない角はあるけど赤鬼じゃない山に叫んでも響きはないすり切れても血は流れない未練があっても言葉が出ない・名を呼ばれても私ではない釣ってはないが釣り人だやまだと言うが電気じゃない相撲を取っても廻しが取れない見つめていても答えが出ない・長くはいるがボスではない罪はあっても裁く手がない屋台があっても金が足りない住まいを探して迷子になったミイラを追って未来まできた・謎がとけても爽快じゃないツアーを導くものがいない山があっても心は谷間推薦されても門は閉じてる水を打ったらお祭り騒ぎ・波があっても乗り物がない月が割れても兎は出ない野菜を取ってもバランスが取れない西瓜を割っても腹が読めないみんな...矛盾のパレード

  • 手抜きが君を強くする ~前進できぬ駒はない

    「ぶつかった歩は取る」これは将棋の基本である。取らないことによって損をしてしまうリスクがある。まずは損をしないことを最初に学ぶ必要がある。初心者の内はそれでよい。ところがそこから先へ進む段階では、基本を疑うことも必要になってくる。ぶつかった歩は何も考えずに取る。まずは取ってから考える。そうした姿勢では上級に進むことは難しい。「ぶつかった歩は取らない」局面によっては、こちらもまた基本となるのだ。例えば対抗形の棒銀の形だ。5段目で75歩と居飛車が歩をぶつけてきた局面は有名だ。これを素直に取ると居飛車の銀が進出して攻めが成功しやすいとされる。(局面を加速させたければ取るのも有力)手抜きすることによって、逆に76歩と取り込ませ振り飛車は銀を前に出すことができる。このような理屈が成立することから、ぶつかった歩を互い...手抜きが君を強くする~前進できぬ駒はない

  • カレー作りの考え方

    考えることに疲れたらカレーを作る。今日カレーを作っておけば、明日は何も考えなくてもカレーはあるからだ。すっかり日が暮れて、スーパーにカレーを作る準備に行った。主役の玉葱は家にまだあったのでそれだけは安心だ。ミニトマトは300円ほどした。アスパラは200円ほどだった。じゃが芋はばら売りのがなくてまとまって買うと300円ほどした。洋人参は1本でも150円ほどした。甘さがほしくてりんごのペーストを買うと100円ほどした。鶏もも肉は400円ほどした。ついでに小さなパックの豚ロースにも手を出すと250円ほどした。スープカレーは400円ほどした。牛乳も買っておこうと思い牛乳を買うと牛乳は300円ほどだった。そうしてレジに行くと2500円を超えていた。そんなことがあるだろうか。ちょっとカレーを作りたかっただけなのに……...カレー作りの考え方

  • 昭和歌謡バイキング

    何と言っても炊き立てだ粒がきらきら光ってる山盛りつけてお父さんすすむごはんのしあわせよ味噌汁おかわり自由です何だ昨日と同じか作り置きではございます安くそこそこ美味い飯すすめてみたい艶やかなミートボールはいかがです泣いてばかりじゃつまらないつまんでみようか卵焼きやっぱりこれだねウインナー隅々にまで行き届くみんなのためのおもてなし何でもござれありったけつつき放題バイキングやがては尽きるごちそうとスピード勝負の課長さん味噌汁こぼしあちちちち涙で虹ができるならつらい思いもファンタジー山ほど高く積み上げてすすめてみたいねばねばと水戸納豆はいかかがです鍋でぐつぐつゆで卵勤める君の味方ですやりがいあると噛みしめて酸っぱいだけの梅干しに眉間にしわも寄りましょう涙を笑いに変えていく強いもんだよおっかさんヤフーニュースにひっ...昭和歌謡バイキング

  • でかきつねうどん

    「名人が注文されたのはきつねうどん。これは上に大きなあげ、きつねでしょうか。このきつねが邪魔になってうどんが食べにくいことはないんでしょうか?」「何をおっしゃる。そんなわけないじゃないですか。田辺さん」「えへへ」「いいですね。やっぱり、うどんは」「この後も、名人戦をお楽しみください」でかきつねうどん

  • ガレージ奥の診断

    頭痛、鼻水、発熱、倦怠感……何れかに当たる方は、事前の予約が必要となります。クリニックの前であてが外れた。何れかどころか、そのほとんどが当てはまる。今からお願いしたいと電話した後で、財布を見ると千円しか入っていなかった。大きな病院でなければ、現金以外は絶望的だ。僕は5時半に予約して現金を取りに戻った。家に着く頃にはもう5時半が近づいていた。いつもよりも道が遠く感じられる。再度電話して予約を6時に変更してもらった。「予約ですので……」時間を守るように厳しく念を押された。5分前に着いた。扉の前に立っているとしばらくして中から看護師が出てきた。検査は外で行われるという。壁沿いをまわり緑の自転車のところで待つように指示される。歩いて行くと自転車の横のシャッターが上がり始めた。ガレージのようだ。奥から先ほどとは違う...ガレージ奥の診断

  • 怒りダンス

    「その格好ではちょっと……」ちょっとしたデザインの差で通れない扉があった。進めないところには立ち止まるべき時間がある。変えるべきは自分?君は自分に問いかけてみる。自分を変えてまで行くほどそこは素晴らしい場所だろうか……。自分を残したままステージを変えることだってできる。胸に刺さったままの「ちょっと」のわだかまり。君の怒りは新しいステップになる。・襟なしをとおせんぼする週末に靴鳴らすダンサーの情熱(折句「江戸仕草」短歌)怒りダンス

  • ちゃぶ台の用心棒

    「ごめんくださーい!」声を張り上げても返事はない。鍵は開いているのだから、当然誰かいるものだろう。そう思っておばあさんは顔を突き出して何度も呼びかけてみました。「ごめんくださーい!」これはいったいどういうことだ。おばあさんは玄関先に膝をつき、家の奥にまで届くように問いかけました。「誰か、誰かいますかー?」「誰かいませんかー?」「ごめんくださーい!ごめんくださーい!」「いるんですかー?」「もう、お邪魔しまーす!」事態を打開すべくおばあさんは玄関を越えて前に進みました。全くなんて不用心な家だ。(私が代わりに留守番でもしてなきゃ泥棒にでも入られるだろう)居間まで来るとおばあさんは善意を持ってちゃぶ台の前に腰を落ち着けました。その時、ちゃぶ台の上には、これでもかというほどの調味料が立ち並んでいました。おかげで本を...ちゃぶ台の用心棒

  • テラスの縮小(カフェの表裏)

    難波の最果てにそのカフェはあった。「当店のWi-Fiは使えません」入り口の硝子には、そんな貼り紙がある。押とか引とか書いてあるが、扉は押しても引いてもどちらでも開くようだ。店内は分煙になっているが、何となく煙たい感じもする。外にテラス席もあって、そちらの方が落ち着ける。鞄深く手を入れれば、一番底に沈んでる奴がボールペンだ。身構えることなく、いつも眠っている。その時のために力を溜めているのだろうう。釘やナイフなら傷つけられるかもしれないが、ボールペンはそれほどやばい奴じゃない。だから何も考えずに手を伸ばすことができるのだ。もしもトカゲやクワガタだったら、相手はどう出てくるかわからない。だけど、そこは彼らの好む場所ではないのだ。刀を抜いてから侍が敵を探しているのは何か強そうじゃない。その時がきて、一瞬で抜いた...テラスの縮小(カフェの表裏)

  • 魂が死んだ日

    「本日コーヒーの日になりますので半額の200円になります」誰でも平等に半額になるとは決まっていない。それは世の中への貢献度によっても変わるらしい。俺はAIにコントロールされて日々自転車を動かしている。歩道を行けばあっちへ行けと視線が刺さる。車道を行けばどきやがれとクラクションが鳴る。安定した姿勢で道を走ることは簡単じゃない。クレープはひねくれて蛇女に、寿司は粉々になって猫の耳にマッチングしてしまう。目標のピンは店に近づいたところで急に動いた。アップデート直後は決まってどこか挙動がおかしくなる。俺は慌ててブレーキをかけた。「わざわざ前に来て止まるなくそが!」自転車を追い越し歩いて行く2人のどちらかが吐き捨てるように言った。俺はアプリに気を取られすぎていたのか。止まりたい時に止まりたい場所に止まっていいのは歩...魂が死んだ日

  • 犬のエンター

    「今ですね対局室に1匹の犬が入ってきましたけれど、どうしましたかね。散歩中に飼い主さんとはぐれて、誤って紛れ込んでしまったのでしょうか。ちょっとおっちょこちょいな飼い主さんでしたかね、先生」「何をおっしゃいますか。そんなわけないじゃないですか、田辺さん」「というと?」「よくご覧になるとわかると思いますが。あれは犬じゃなくて犬に扮した観戦記者の方です。ちゃんとお仕事されてる方ですから。見てください。ペンを握って今何か書かれてるとこです」「ほほほほっ。これは大変失礼いたしました。秋ですからね、ハロウィン等の一環で楽しませていただけるということだったのですね」「そういうことです。我々がやっているのはエンターテイメントなわけですから。楽しくなければ将棋になりません」「なるほど、もう定跡化された動きなわけですね」「...犬のエンター

  • 面接の炎

    企業よりお知らせメールが届いたと求人サイトから知らせが入った。お知らせを見るには、まずはマイページにログインしなければならない。マイページへのログインには、予め認証コードの取得が必要となる。認証コードはURLをたどった先にある。しかし、認証コードを発行するには、応募者管理番号が必要となるのだった。応募者管理番号は最初のメールにあるようだ。管理番号によって4桁の認証コードが発行され、それを間を置かずに入力することによって、初めてマイページへのログインが成功する。すべて抜かりなく手順を踏んでマイページにログインすると、確かに企業よりメッセージが届いていた。応募者多数の中より慎重な選考の結果、残念ながら不採用と決まりました。今後のご健勝を心よりお祈りしております。履歴書の熱量、アピールするものが、どこか不足して...面接の炎

  • カフェと誕生日 ~特別な時間

    夏の間は部屋の中にいてタンブラーに氷を浮かべていた。10月が近づく頃、耐えきれなくなって家を飛び出すようになった。冷房も少しは弱まってきているはずではないか。外からのぞくと角の席が空いているのがわかりほっとした。中に入り番号札を受け取って歩き出すと、ほんの少し前に来た女性が、角の席に先に着いて2人掛けを4人掛けに拡張させた。すぐにつれが来るのだろう。右前方角には紳士がかけており、外に近い席はどこも埋まっていた。やむなく僕は2人掛けのソファー席側にかけることにした。硝子から距離があって、外の世界が随分と遠く感じられる。いつもと少し勝手が違う。だけど、自分の部屋ほど息苦しくはない。ラテを前方に置いてポメラを開くといつかの断片が現れた。こちら側も悪くない。天井の照明が向こう側よりもずっと明るく、光合成ができそう...カフェと誕生日~特別な時間

  • 夢の中の不死身説

    夢の中では死ぬことはないだろう。多くの経験、夢の記憶からいつからかそのように考えていた。夢は主人公(自分)の視点によって動いていくものだ。主人公(自分)が現実の自分と異なることはある。スターになったり偉い人になったり、犬になったり幽霊になったり宇宙人になったり、変身を繰り返すことはある。空を飛んだり、星をまたいだり、人間離れした能力を発揮することもある。しかし、死んではならない。視点を失って物語が進まなくなるからだ。・ジェルボールが溶けなかった。洗濯物を全部取り出した後、それはそのままの形でそこにいたのだ。きれいじゃないか。僕は本当に洗濯をしたのだろうか。急に自信がなくなった。覚えているのは、スタートボタンを押したことと、終了のブザーが鳴ったことだけだ。洗濯をしたつもりが間違って乾燥だけをしていたのでは?...夢の中の不死身説

  • 夏の終わりの40分

    18時、外に出るともう夜だった。夏が終わったことが明らかになった。自転車は壁にもたれて錆びついていた。動いたとしても歩く方が気楽だった。傷つくよりも傷つける方が遙かに恐ろしいからだ。2.8キロの道程を、僕は40分ほどかけて歩いた。真夏に歩くとたどり着いた時の温度差に泣かされる。ようやく、歩きやすい季節が訪れた。「砂糖とミルクはお使いですか?」半年経つと、店の様子も何か変わっていることがある。フォークやマドラーは以前と同じでカウンターの横にあるのに、砂糖などはなくなっている。注文した商品とは関係なく、根こそぎ持って行く者がいたのだろうか。前は砂糖にも種類があって、僕はライトシュガーを好んでいたが、今はもうなくなったのだろう。たどり着いたことに満足して、僕はコーヒーを飲んだ。店の入り口は広く、天井も高い。ここ...夏の終わりの40分

  • とてもかなわない ~将棋とは何か

    感想戦はしない。その代わりに、戦った相手に決まってたずねることがある。「将棋とはどんなゲームですか?」小考の後、棋士は答える。面白いのは、その答えがみんなバラバラだということだ。だから、この問いかけもやめられない。思ってもみなかった答えを聞けるのは、とても刺激になるのだ。「将棋とは、どんなゲームですか?」「王手をかけるゲームである」「ときんを作るゲームである」「駒をはがすゲームである」「あなたにとって将棋とは?」「棒銀です」「将棋とは、どんなゲームですか?」「考える人のためにあるもの」「大駒をさばくゲームである」「飛車を取るゲームである」「あなたにとって将棋とは?」「中飛車です。それがすべてです」「将棋とは、どんなゲームですか?」「向き合って対話するものである」「王手をがまんするゲームである」「盤上を制圧...とてもかなわない~将棋とは何か

  • 一両日中に連絡します ~感動カンパニー

    「一両日中に連絡致します」早々にメールが届き僕は安心した。お菓子を食べながら、連絡を待っていた。ベビースターラーメンに柿の種とピーナッツが一緒に入っているお菓子だ。これは美味いぞ!誰がこんなものを考えたのだ。あるいは、見つけたのだろう。既に存在するものでも、それらを組み合わせることによって、全く新しい価値を生み出すことができる。ベビースターラーメン&柿の種&ピーナッツは、そんな大切なことを教えてくれた。1日が過ぎ、2日が過ぎた。こんなこともあるのだろうか。3日目の朝、僕は挨拶だけのメールを返信した。翌日になって担当者からメールが届いた。そこには面接の予定日が候補としていくつか並んでいた。驚いたことに、それらはどれも過去の日付だった。こんなこともあるのだろうか。しかし、コンタクトができているだけ前向きに考え...一両日中に連絡します~感動カンパニー

  • 日記じゃないから/無理ゲー・カフェ/年齢不問

    玄関の照明が数年前に切れてそれっきりになっていた。記憶を頼りに靴を履いた。だいたいはそれで上手くいくのだ。エレベーターで下を向いた時、左右が大きく違っていることに気がついた。左は黒のナイキ、右はネイビーのリーボックではないか。そいうファッションもなくはないが、簡単に受け入れるには心の準備が足りず、とても履き通す意志を持つことはできなかった。1階まで下りると、僕は再度部屋まで戻ることにした。「戻れるだろうか……」(間に合うだろうか)いつも漠然とした不安と一緒に、書き出して途中の断片をいくつも抱え込んでいる。いつかペンを置いたところから、再び続けることは可能だろうか。あまりに時を置きすぎたものは、何も思い出せなくなっていることもある。あるいは、言い掛けたことはわかっても、核となるべき熱量が失われてもう進めなく...日記じゃないから/無理ゲー・カフェ/年齢不問

  • みんな駄目でした

    チャーハンも駄目、キムチも駄目、高菜も駄目、挨拶も駄目、笑顔も駄目、水も駄目、ビールも駄目、チャーシューも駄目、メンマも駄目、葱も駄目、もやしも駄目、割り箸も駄目、餃子も駄目、唐揚げも駄目、看板も駄目、照明も駄目、テーブルも駄目、レジも駄目、貼り紙も駄目、窓も駄目、天井も駄目、バターも駄目、コーンも駄目、煮玉子も駄目、レンゲも駄目、店長も駄目。これだけ駄目なら、いずれにしろ先は見えている。もうみんな駄目駄目なのははっきりとわかりました。人々の顔を見ていれば、ロボットでもわかること。駄目になったのは向上心で飾り立てた欲望のせいだ。私たちは広げすぎたようです。もう、みんなやめましょう。そして、原点に戻るのです。麺とスープ、他は残らず捨ててしまいましょう。そして、私は無人販売機になりました。24時間、いつでもあ...みんな駄目でした

  • 投了ボタン(先生わかりません)

    中飛車棒銀が鬼の勢いで攻めてくる将棋は中央を制したら勝ちなのか?55の銀がそんなに偉いのか?僕は向かい飛車に振り直して美濃の端に手をつける玉頭からの反撃はきっとより厳しい香交換に成功してさて次はどう手をつなぐ「わからない」止まっては駄目だわかっているのに止まってしまう止まってしまったことに焦りを覚える焦るほどにわからずに焦るほどに時間はどんどん削られていく止まるのは自分だけでどうして相手は少しも止まらず指し続けられる?なぜ時間を使わない?勝ちたくないのか?勝ちたいからこそ使わないのか?わからない千年将棋を指したつもりだったが次の一手が何も何もわからないどうしてこんなにわからないのだ先生わかりませんだから僕の負けです投了ボタン(先生わかりません)

  • ファイト・バンク

    昔々、あるところに危険なおじいさんがいました。喫茶店、大衆食堂、映画館、遊園地、コンビニ、スーパー、ファミレス、公園、図書館、美術館、書店。ありとあらゆる場所で、おじいさんは危険人物に指定されていました。ある日のこと、おじいさんは鈍器のようなものを持って銀行を訪れました。「金を出せ!」おじいさんが凄みのある声で行員を脅します。すると奥から鈍器のようなものを持った支店長が現れました。「帰れー!」「金を出せ!」「とっとと帰れー!」「とっとと金を出せ!」「はよ帰れー!」「金が先だ!」「帰れー!」「金を出せ!」「もう帰れー!」「金出せ!」しばらく押し問答のようなやりとりが続きました。しかし、しびれを切らしたおじいさんが鈍器のようなものを振り上げました。するとすかさず支店長も鈍器のようなものを振り上げて応戦します。...ファイト・バンク

  • 求人サイトのミスマッチ

    まつりか……。夏は終わったみたいだけどまあいいか。夏の終わりに僕はまたインディードから応募したのではなかったのか。何かまつりに関連する企業のようだった。3日くらいして企業からメールが届いたのではなかったか。「専用フォームより送信してください」そこで僕は様々な個人情報を入力した。何かが欠けていると次へ進むことはできない。確かそんなフォームではなかったか。最後に面接の希望日を3日ばかり入力して送信したのではなかったか。「選考の結果を連絡します」面接の前に選考か。僕はそう思ったのではなかったか。それっきり、企業からの返信は途絶えた。僕は応募ページに戻り企業名を確かめた。ホームページに行って連絡先を確認した。そこに電話番号は存在しない。コンタクトするには、専用フォームから送信しなければならない。面倒くさくなって、...求人サイトのミスマッチ

  • 何もしなくていいんだよ

    「ここは何かいい手がありそうだ。何かよくなる順があるのでは?」そこで手を止めて考える。少し考えてみても、ぱっとした手が浮かばない。焦った末に冷静にみればとても自信の持てない順に飛び込んで、勝手に転ぶ。相手は手に乗っているだけでよくなる。(つまりは完全なお手伝い)いっそ何もしない方がましだったということはよくある。だが、何もしないことは案外に難しい。「いい手を指さないと」という強迫観念、気負いのようなものが、払い切れないからだ。「将棋には何も指さない方がよい局面がある」そうしたことを知っておくのも大事なことの1つだ。相手から次に厳しい手がなければ、慌てることもない。何かいい手を見つけようとするのではなく、逆に何もしなければ何かあるのかと考えてみる。「何もしなくても大したことはない」また、そうした余裕を持って...何もしなくていいんだよ

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ロボモフさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ロボモフさん
ブログタイトル
眠れない夜の言葉遊び
フォロー
眠れない夜の言葉遊び

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用