プロフィールPROFILE

からなさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
あるタカムラーの墓碑銘
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/karanawakana
ブログ紹介文
高村薫さんの作品とキャラクターたちを、とことん愛し、こよなく愛して、くっちゃべります。
更新頻度(1年)

54回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2005/06/11

からなさんのプロフィール
読者になる

からなさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 19,296位 20,987位 28,946位 26,462位 26,448位 29,168位 26,914位 980,048サイト
INポイント 10 30 0 10 10 20 10 90/週
OUTポイント 0 10 0 0 10 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 52位 61位 112位 95位 90位 111位 92位 12,786サイト
作家・小説家応援 1位 1位 圏外 1位 1位 1位 1位 11サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 56,072位 56,177位 62,448位 56,553位 56,574位 62,605位 68,940位 980,048サイト
INポイント 10 30 0 10 10 20 10 90/週
OUTポイント 0 10 0 0 10 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 223位 218位 265位 224位 220位 273位 289位 12,786サイト
作家・小説家応援 1位 1位 圏外 1位 1位 1位 圏外 11サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,048サイト
INポイント 10 30 0 10 10 20 10 90/週
OUTポイント 0 10 0 0 10 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,786サイト
作家・小説家応援 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、からなさんの読者になりませんか?

ハンドル名
からなさん
ブログタイトル
あるタカムラーの墓碑銘
更新頻度
54回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
あるタカムラーの墓碑銘

からなさんの新着記事

1件〜30件

  • 「群像」(2020年1月号)

    に、短編「星を送る」が掲載されています。「群像」(2020年1月号)明日は出勤なので、仕事帰りに書店へ寄ってきます。ところで、この〈新年短篇特集〉ですが、作家さんの並びは年齢順なんでしょうかね?瀬戸内寂聴さんの次に皆川博子さんというのが、なんともね。お二方ともに精力的に執筆されてらっしゃるので、尊敬に値しますよね。「群像」(2020年1月号)

  • 「週刊文春」(2019年12月12日号)

    <文春図書館―拡大版―>ミステリーベスト10<2019年>に、『我らが少女A』が第8位に選ばれています。「週刊文春」(2019年12月12日号)「週刊文春」(2019年12月12日号)

  • 「週刊現代」 (2019年12月7・14日号)

    <わが人生最高の10冊>のコーナーに、作家の塩田武士さんが、『レディ・ジョーカー』を第3位に挙げられています。書影は新潮文庫版。いずれ<現代ビジネス>のサイトでも読めると思われます。「週刊現代」(2019年12月7・14日号)

  • 11/19(火)の「朝日新聞」朝刊に、高村薫さんのインタビュー掲載

    ローマ法王、38年ぶり被爆地へ13億人の信者を抱え、国際社会に影響力会員の方は全文読めます。ヨハネ・パウロ2世が来日したのは38年前、か。私、小学生だわ。それ以来って、ほんと、平成ジャンプだよね……。***ご無沙汰しております。コメントの返信、出来てなくてごめんなさい。実はメールアドレスが不具合があって、この1ヶ月近くログインできない状態です。発端はパソコンのアダプターをつなぐコードがぽん!と音を立ててちょっと燃えて切れちゃって。新しいものを買って繋げたら、msnのメールが「これは本当にあなた本人ですか!?あなたのパソコンなのですか!?(意訳)」と、成りすましを疑ってくるんですよ。たった1つの部品を交換しただけで!?冗談じゃない!他のアカウントは解除できたんですが、このブログ用のメールアドレスが回復出来てない状...11/19(火)の「朝日新聞」朝刊に、高村薫さんのインタビュー掲載

  • 「サンデー毎日」2019年10月20日号に、『我らが少女A』刊行記念特別対談の内容が掲載

    「サンデー毎日」2019年10月20日号〔異色対談〕創作の秘密・捜査の秘密作家・高村薫×元警視庁捜査一課長・久保正行先月の対談の内容です。4ページにまとめるのは、大変だったろうなあ。<合田雄一郎の“身上調書”>という簡易な一覧表もあります。<七係シリーズ>について、「幻の作品」と呼ばれている、という一文が、辛い。なんとか書籍化してほしいものです!コピーしたものを読むのは、疲れますから。「サンデー毎日」2019年10月20日号に、『我らが少女A』刊行記念特別対談の内容が掲載

  • 「週刊新潮」2019年10月10日号の読書コーナーに『照柿』が紹介されました。

    4人の方々がリレー方式で文庫を紹介していくコーナーなんですが、そのコーナー名をド忘れしました。ごめんなさい。紹介者は野崎歓さん。訳された『赤と黒』(光文社古典新訳文庫)を読みましたし、放送大学の印刷教材『ヨーロッパ文学の読み方-近代篇』も読みましたし、最近では『異邦の香りネルヴァル『東方紀行』論』(講談社文芸文庫)も読みましたよ。(←誰に向かって呟いてるの)「週刊新潮」2019年10月10日号なので、紹介された文庫も新潮文庫版でした。「週刊現代」で紹介されるなら、講談社文庫版なんですよね。その点は、どちらも徹底している。「週刊新潮」2019年10月10日号の読書コーナーに『照柿』が紹介されました。

  • 「小説トリッパー」2019年秋号に、『我らが少女A』の書評が掲載されました。

    「小説トリッパー」2019年秋号評者は市田隆さん。朝日新聞社会部編集委員の方です。「小説トリッパー」2019年秋号に、『我らが少女A』の書評が掲載されました。

  • 『我らが少女A』 加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較 その8

    間が空きましたね、ごめんなさい。その7の続きです。引用部は、○印・・・毎日新聞連載時●印・・・単行本で区別します。異なる部分は下線を引きます。その後、変更部分を指摘する、という形式です。メインは加納祐介さんに関連するところですが、大空翼くんには岬太郎くんが欠かせないように、加納さんには合田雄一郎さんが欠かせない部分が出てくるので、その点も取り上げている場合があります。ついでに加納祐介さんに該当する固有名詞・名詞・単語等は強調しています。○一方、その様子に判事の友人は何かしら危うさを覚えたか、自身もサドの作品に供された会田の表紙絵がお気に入りのくせに、今回ばかりはふだん口にしない苦言を呈して、珍しくケンカになる。しかし、少し時間をおいてそれぞれ頭を冷やしてみると、どちらも確たる理由はない、なにがしかの熱病のような...『我らが少女A』加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較その8

  • 「週刊文春」2019年9月26日号の<文春図書館>に、高村薫さんのインタビュー掲載。

    されています。「週刊文春」2019年9月26日号買いました。先行している他のインタビューと多少は内容が重複していますけど、それはそれでしょうがないですね。「週刊文春」2019年9月26日号の<文春図書館>に、高村薫さんのインタビュー掲載。

  • 西南学院大学で、10月8日(火) 読書教養講座公開授業で直木賞作家の高村薫さんが講演。

    福岡県や近郊にお住まいの皆さん!高村薫さんにお会いできる絶好のチャンスですよ。10月8日(火)読書教養講座公開授業で直木賞作家の高村薫さんが講演申し込み締め切りは9月27日(金)まで。ネットでの申し込みはこちらからできますので、どうぞ。西南学院大学で、10月8日(火)読書教養講座公開授業で直木賞作家の高村薫さんが講演。

  • 「女性自身」2019年9月24日号に『我らが少女A』が紹介。

    「女性自身」の今週の本のコーナーの、新刊レビューで取り上げられています。「女性自身」2019年9月24日号ほんの100文字超の紹介文ですけどね。「女性自身」では、いがらしゆみこさんの「エレクトラ」と、そにしけんじさんの「ラガーにゃん」が個人的に好きで、読むのが楽しみです。(今はそれほどでもないんですが)私、実はラグビーを観るのが好きでして。ラグビー大好きの全盛期は、同志社大学が敵なしだった頃ですね。今は亡き平尾さんが在籍していた頃です。(ちなみにこの当時のスクラムハーフの方が、爽やかでかっこいい男前の方で、メンクイの私は以下省略)そして第1回ラグビーワールドカップが開催され、世界のレベルの高さに驚いた。(この当時はNHKで五か国対抗ラグビーが放映されていたのが、唯一の海外ラグビーを観られる機会だった)各国によっ...「女性自身」2019年9月24日号に『我らが少女A』が紹介。

  • 「AERA」2019年9月9日号に高村薫さんのインタビュー掲載&「新潮」2019年10月号に『我らが少女A』の書評掲載

    「AERA」2019年9月9日号ネットでも読むことができます。(いずれネットでも読めると思ってた)主人公は自分の分身?刑事・合田雄一郎の成長感じる人気シリーズ、高村薫最新作「AERA」を書店で手に取ったんですが、うっっっっす!薄すぎるわ。かつて高村さんが時事エッセイを連載していた頃よりも、ページ数が減ってないか、これ?「新潮」2019年10月号に掲載された『我らが少女A』の書評。評者は武田徹さんです。「AERA」2019年9月9日号に高村薫さんのインタビュー掲載&「新潮」2019年10月号に『我らが少女A』の書評掲載

  • 『我らが少女A』 加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較 その7

    その6の続きです。引用部は、○印・・・毎日新聞連載時●印・・・単行本で区別します。異なる部分は下線を引きます。その後、変更部分を指摘する、という形式です。メインは加納祐介さんに関連するところですが、大空翼くんには岬太郎くんが欠かせないように、加納さんには合田雄一郎さんが欠かせない部分が出てくるので、その点も取り上げている場合があります。ついでに加納祐介さんに該当する固有名詞・名詞・単語等は強調しています。○●午後一番に定期検診を受けにいった友人から、終わればメールが入ることになっているが、検査が増えたのか少し時間がかかっている。(第5章13)(単行本p26232)相違点はありません。○合田と加納の中高年二人連れは、しけこんだ駒沢の焼き鳥屋で変わり映えしない刑法談義をして雨の夜を潰す。当夜の肴は構成要件だ。犯罪成...『我らが少女A』加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較その7

  • 『我らが少女A』 加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較 その6

    その5の続きです。引用部は、○印・・・毎日新聞連載時●印・・・単行本で区別します。異なる部分は下線を引きます。その後、変更部分を指摘する、という形式です。メインは加納祐介さんに関連するところですが、大空翼くんには岬太郎くんが欠かせないように、加納さんには合田雄一郎さんが欠かせない部分が出てくるので、その点も取り上げている場合があります。ついでに加納祐介さんに該当する固有名詞・名詞・単語等は強調しています。○合田は、仕事ばかりでろくにカレンダーも見ていない友人の判事と、久しぶりに高尾山へハイキングに出かけた。友人の希望で大混雑のケーブルカーには乗らず、稲荷山展望台を通って山頂へ向かうコースを、時間をかけてゆっくり登りながら、どちらからともなく退職後の話をした。判事の定年は六十五だが、ひょっとしたら友人はそれを待た...『我らが少女A』加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較その6

  • 『我らが少女A』刊行記念特別対談 高村薫×久保正行(元警視庁捜査第一課長) 「刑事として 人として 合田雄一郎の生き方」

    という催しがあります。どうやっても私は行けないので、興味ある方、合田さん好きな方はぜひ!開催日時2019年9月22日(日)13:30開場14:00スタート会場武蔵野商工会館市民会議室ゼロワンホール(ブックスルーエより徒歩3分ほど)参加方法ブックスルーエ一階カウンターないしはお電話にてお申し込みください。0422(22)5677までお願いいたします。ご来場前に参加費1000円をブックスルーエ一階カウンターにてお支払いいただきます。その際のレシートが入場券となります。入場料1000円定員90名詳しくはこちらをご覧ください。『我らが少女A』刊行記念特別対談高村薫×久保正行(元警視庁捜査第一課長)「刑事として人として合田雄一郎の生き方」

  • 『我らが少女A』 加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較 その5

    その4の続きです。引用部は、○印・・・毎日新聞連載時●印・・・単行本で区別します。異なる部分は下線を引きます。その後、変更部分を指摘する、という形式です。メインは加納祐介さんに関連するところですが、大空翼くんには岬太郎くんが欠かせないように、加納さんには合田雄一郎さんが欠かせない部分が出てくるので、その点も取り上げている場合があります。ついでに加納祐介さんに該当する固有名詞・名詞・単語等は強調しています。○警大をそのまま通り過ぎ、榊原記念病院に向かう。加納は、ペースメーカーが不調だと言いながら、裁判の日程が詰まっていて診察を受けに来られず、結局定期検診で心電図を取り直すはめになった。結果次第では機械のセンシング感度の再設定だけではすまないかもしれないというのは穏やかでない。(第3章49)●警大をそのまま通り過ぎ...『我らが少女A』加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較その5

  • 本日の「毎日新聞 日曜くらぶ」の<仕事の現場>に高村薫さんご登場。

    <仕事の現場>作家高村薫さん書くことは考えて生きること会員以外の方は最初の部分しか閲覧できません。写真は会員の方でも閲覧できるようです。<仕事の現場>作家高村薫さん書くことは考えて生きること写真1~7枚情報、ありがとうございます♪本日の「毎日新聞日曜くらぶ」の<仕事の現場>に高村薫さんご登場。

  • 『我らが少女A』 加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較 その4

    その3の続きです。引用部は、○印・・・毎日新聞連載時●印・・・単行本で区別します。異なる部分は下線を引きます。その後、変更部分を指摘する、という形式です。メインは加納祐介さんに関連するところですが、大空翼くんには岬太郎くんが欠かせないように、加納さんには合田雄一郎さんが欠かせない部分が出てくるので、その点も取り上げている場合があります。ついでに加納祐介さんに該当する固有名詞・名詞・単語等は強調しています。○電話の相手が推測したとおり、合田はオリンピック公園に面した駒沢公園通りを歩いている。隣には今日退院した友人の判事がいる。玉川通り近くのちょっといい鮨屋で退院祝いをし、締めはウイスキーだろうと言う友人の口車に乗って、公園のすぐそばに建つ友人のマンションへ向かっているところだ。(第3章17)●電話の相手が推測した...『我らが少女A』加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較その4

  • 「週刊新潮」2019年8月15・22日夏季特大号に、『我らが少女A』の書評掲載。

    評者は川本三郎さん。「週刊新潮」2019年8月15・22日夏季特大号に、『我らが少女A』の書評掲載。

  • 「週刊現代」 8月10日・17日号に『我らが少女A』の書評が掲載。

    評者は永江朗さんです。遅れてネットにも出るといいんですけどね。全部の新聞・雑誌をチェックできないので、「ここに載ってたよ!」とコメント欄等で教えていただけると助かります。よろしくお願いします。***8/4(日)にネットでアップされた、これ↓「女性セブン」8月15日号【著者に訊け】高村薫の刑事・合田雄一郎シリーズ最新作が、「女性セブン」8月15日号に掲載されたものとほぼ同じです。女性誌誌を買えない男性の方は、こちらでお読みください。著者への7つの質問がネットではカットされてます。残念。これが面白いなのになあ。「週刊現代」8月10日・17日号に『我らが少女A』の書評が掲載。

  • 高村薫さん『我らが少女A』のサイン会へ行ってきました。

    待ちに待ったサイン会。だけど、朝からヘンなことが起こって。・地下鉄へ向かう下りの階段で滑りかける・地上へ出る上りの階段で躓きかける・昼食後、財布から小銭を出していると、小銭を床にぶちまける何かの前触れ?それともサイン会を控えて、気付かないくらい、ふわふわしてるの?仕事はミスはしなかったんだけどな。14時前に着くのは難しかった紀伊國屋書店、サイン会会場へ入られる高村さんのお姿を拝見できませんでした。14時過ぎにサイン会用の書籍を買って、整理券を頂き、列に並びました。このリーフレットと、<先生へのメッセージ>を書く用紙が用意されていたので、最も伺いたいことを一番初めに書きました。待っている間は読書に励みました。紀伊國屋書店さんのブックカバーじゃない文庫を読んでてごめんなさい。読んでいた本は待っている間に読み終えるペ...高村薫さん『我らが少女A』のサイン会へ行ってきました。

  • 「女性セブン」 8月15日号の<大切な本に出会う場所>に高村薫さんのインタビュー掲載&7/30(火)<JAM THE WORLD>でインタビューがありました。

    『我らが少女A』に関する、高村さんのインタビューです。昼休みにコンビニで立ち読みして、帰りに書店で買いました。「女性セブン」8月15日号1ページだけですが、内容はものすごく濃いですよ。プライヴェートのQ&Aもあります!土曜日のサイン会に、サ●トリーの<●崎>を差し入れする方がいるかも!?(私は下戸なので、お酒のことは分からない)ラジオのJーWAVE、時事問題、話題の新刊「我らが少女A」のお話、今の日本の政治について(お話:作家高村薫さん)は、ラジコ(radiko.jp)で会員登録すれば、バックナンバーが聴けるみたいですよ。***明後日のサイン会、『土の記』のサイン会以来なので、どぎどき。直截お会いする気分をたとえるなら、『李歐』の「心臓が妊娠したような気分だ」これですよ。既にサイン会でお会いした皆さんなら、分か...「女性セブン」8月15日号の<大切な本に出会う場所>に高村薫さんのインタビュー掲載&7/30(火)<JAMTHEWORLD>でインタビューがありました。

  • 『我らが少女A』 加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較 その3

    その2の続きです。引用部は、○印・・・毎日新聞連載時●印・・・単行本で区別します。異なる部分は下線を引きます。その後、変更部分を指摘する、という形式です。メインは加納祐介さんに関連するところですが、大空翼くんには岬太郎くんが欠かせないように、加納さんには合田雄一郎さんが欠かせない部分が出てくるので、その点も取り上げている場合があります。ついでに加納祐介さんに該当する固有名詞・名詞・単語等は強調しています。○加納は、心臓のペースメーカーを埋め込んで七日目に病院を抜け出し、高裁の部総括の奥さんの、御歳九十七になる母親の葬儀に出かけていった。式場が病院から近い日華斎場だったのはまったくの偶然だが、それにしても上司の妻の親の弔事にまで雁首をそろえるヒラメたちの一匹に、友人が本気でなろうとしたはずもない。急な入院で仕事に...『我らが少女A』加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較その3

  • 『我らが少女A』 加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較 その2

    その1の続きです。引用部は、○印・・・毎日新聞連載時●印・・・単行本で区別します。異なる部分は下線を引きます。その後、変更部分を指摘する、という形式です。メインは加納祐介さんに関連するところですが、大空翼くんには岬太郎くんが欠かせないように、加納さんには合田雄一郎さんが欠かせない部分が出てくるので、その点も取り上げている場合があります。ついでに加納祐介さんに該当する固有名詞・名詞・単語等は強調しています。○教室へ向かう廊下の窓の外に晴れた空があり、小型機が見える。その同じ空の下で入院している旧友へと思いが飛び、気分がふさぐのはあいつのせいもある、と自分に言い訳をする。手術は来週だ。(第1章21)●教室へ向かう廊下の窓の外に晴れた空が広がる。白と青の小型機が飛び立ってゆく、その空の下で入院している男へと思いが飛び...『我らが少女A』加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較その2

  • 『我らが少女A』 加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較 その1

    本日、単行本『我らが少女A』を読了しました。後半の畳み掛けるような、疾走感と加速度のある展開に圧倒。これよ、これこれ!これが高村作品の醍醐味なのよ!新聞連載では一日の分量が決まっているため、この感覚が味わえなかったなあ、と感じました。何よりも、まとまった分量で読めるのが非常に有り難い。自分のペースで読めるのもいい。で、本題。読了したら私の好きなキャラクター、加納祐介さんの登場場面の抜き書きをやると決めてました。何回か分割して、更新します。『冷血』では「サンデー毎日」連載時も単行本も文庫も、電話やメールなどで間接的な登場はしていても、1度も名前が出てなくて、悲しかったですね。それに比べれば『我らが少女A』は、加納さんの初登場時から衝撃的な展開でしたね。***引用部は、○印・・・毎日新聞連載時●印・・・単行本で区別...『我らが少女A』加納祐介さんの登場場面の毎日新聞連載時と単行本の抜き書き・比較その1

  • 明日の26日は東京でサイン会。/ 『我らが少女A』 公式インスタグラムができました。

    ですね。参加される皆さん、良い時間を過ごせますように。『我らが少女A』(毎日新聞出版)刊行記念髙村薫さんサイン会『我らが少女A』公式サイトを見ていたら、今度は『我らが少女A』公式インスタグラムができたそうです。インスタグラムの会員でなくても、閲覧だけはできます。明日の26日は東京でサイン会。/『我らが少女A』公式インスタグラムができました。

  • 【紹介】 直木賞作家・高村薫 さん新刊 人気刑事シリーズ6作目、ゆかりの調布・府中舞台

    <調布経済新聞>のサイトに、直木賞作家・高村薫さん新刊人気刑事シリーズ6作目、ゆかりの調布・府中舞台が掲載されました。簡単なインタビューと内容紹介なので、気楽に読めるはず。来週くらいから、各誌・各紙でインタビューや書評、作品紹介などが掲載されそうですね。報告が遅れましたが、もちろん購読してますよ。今日は被害者の告別式を見張ってた合田さんが、加納さんの発言によって現実に戻るところまで読了。私の読書ペースでは、読了までに7月いっぱいかかる予定。気付いたことをいくつか。新聞連載では、第一章から第九章までの区切りをつけてましたが、書籍は章立てが無くなったんですね。登場人物紹介で、合田さんに始まり加納さんで終わるのが、たまらなく良い!これだけで感謝なのに、新聞連載で1度も登場しなかった表記、<加納祐介>のフルネームがきた...【紹介】直木賞作家・高村薫さん新刊人気刑事シリーズ6作目、ゆかりの調布・府中舞台

  • 【注意】 未読の方は読まないように! 『我らが少女A』の感想レポート

    作家・高村薫さんと愉しむ行先不明のミステリーツアー「52席の至福」に乗車してきましたをレポートされたバッシーさんが、『我らが少女A』を読まれた感想をアップされました。【警告】かなり内容に踏み込んでいますので、新聞連載を読まれた方、ツアーでサイン本をいただいて一足先に読まれている方以外は、絶対に読んではダメ!それが身のためです。未読の方は、以下のリンクはクリックしないように!読まれた方はクリックしてよろしいです。西武多摩川線沿線の12年前と今を描き出す『我らが少女A』――鉄道ミステリを読む【007】【注意】未読の方は読まないように!『我らが少女A』の感想レポート

  • <作家・高村薫さんと愉しむ「52席の至福」>のレポート その2

    をアップされた方がいらっしゃいますので、ご覧ください。西武「52席の至福」作家・高村薫と行くミステリーツアー、行先は前回、紹介した方と同様、アーリーランチコースだったとか。しかも「報道関係者らも同行」!?だから詳細なレポートと写真があるのですね。<作家・高村薫さんと愉しむ「52席の至福」>のレポートその2

  • サイン会の整理券、ゲットできました。

    仕事帰りに梅田の紀伊國屋書店へ寄って、手続きしてもらいました。一安心。御本はサイン会当日の引渡しになるので、読むための本は別に買います。書店員さん、「18日の発売ですね」と言ってたんだけど、地域によっては発売が数日早いのかな?サイン会の整理券、ゲットできました。

カテゴリー一覧
商用