chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 新月に

    自分の中に宇宙があるとしてねそこには言葉や形になる前のものが無限にあるのそういうのを「Void」と言うのかもしれない言葉や形にするということは「制限する」ということでもあるけれどでもそれこそが人間にとっての創造性なのかもしれない圧縮するのね圧縮して形にするの表現するの無限を言葉や形にはできないけれどそこから感じて、吟味して、選んで、そうやって創造するのだと思う人間は。そういう意味で、肉体を持って生きるというのはとても面白いことではないかしらねああでもないこうでもないっていうゲームをするのVoidからどれだけのオモロイモノを取り出して制限と圧縮でどれだけその「オモロイモノ」に近づけられるかオモロイモノと言っても、それはなんでもいいのl私なんかは愛と美よ。そんなの人間の歴史でどんだけ〜〜ってくらい表現されてき...新月に

  • In The Sound of The Rain

    InTheSoundofTheRain...雨の音の中で。これは確か3年前に初めて宅録(家で自分で録音すること)で自分の歌を録った時の曲のタイトルです。当時、私はLofi-HipHopというジャンルの音楽が好きで、Youtubeで毎日聴いていました。というか、「流して」いました。というのは、これは基本的には歌は入っておらず(インスト)、各作者が自分で作った、もしくはどこかで選んできたHipHopビートに2~4小節のループで色々な音やちょっとしたメロディー(これも大体ループさせる)を乗せ、ほとんどがスローテンポでメローな感じなもので、1曲、大体2~3分程度の短いもの、「聴く」というよりは「流しながら」のんびりする、そんな音楽なのです。特徴はもちろん、HipHopビートであることと、Lofi、高音質ではなく少...InTheSoundofTheRain

  • Aphroddite

    これは私は30代前半くらいの時に書いた曲のタイトルで、今日はその歌詞をご紹介したいと思います。その頃私は、D’Angelo、EricaBadu、JillScottといったNewClassicalSoulなんて呼ばれていた音楽が好きでD’Angeloみたいな、いわゆる「ループもの」を書いてみたいと思っていました。(つまり,例えば、4小節のコードの展開をずっとループし続ける、ような。でも、メロディーは展開してゆくのです。)タイトル「Aphrodite」、アフロディーテとは女神の一人で、彼女は愛と美、官能の女神とされています。どうやってその女神のことを知ったのか覚えていないのですが、私はそのアフロディーテにとても惹かれたのです。そこで、彼女の名前をタイトルに曲を書いてみたい、と。今こそ知られるようになったTwi...Aphroddite

  • そこから出ればいい

    週末(土日)に久しぶりに家族で旅行しました。目的は7年に一度の長野の善光寺のご開帳参り。私は幼少の頃は毎年夏は必ず、おじいちゃん、おばあちゃん、いとこ家族、うちの家族で、善光寺に行ったものでした。善光寺はそれ以来でしたので、とても楽しみにしていました。(夫が組んでくれた)計画としては土曜日にまず万座に行って一泊、日曜日の朝に長野善光寺に行って、ついでに戸隠神社をお参りして東京に帰る。あ、車移動です。軽井沢まで、というのは家族で何度もやったことがあるのですが、万座となると結構距離があるのです。今回は軽井沢ではなく、草津経由で行きました。実は私自身は元々調子が良くない状態での出発だったのですが、でも、とても楽しみにしていました。調子が良くない、というのは体調というよりは、精神的なものでした。この半年というもの...そこから出ればいい

  • 知っている場所から

    昨日は満月でしたが、雨模様でしたので見られないだろうと諦めていて、夜は窓の外を見ることもなくお布団に入ってしまいました。今朝、インスタグラムで友人が満月が雲間から顔を出した瞬間の写真を載せていて、なんてミラクル、と思いました。おかげで私も昨日の満月を見ることができました。今日は近くの「むさしのコーヒー」に来て、ナッツと生クリームがどーんと乗った、ふわふわパンケーキを注文しました。メレンゲでできているパンケーキなのですが、直径15cmくらいのが二個もあって、そこに私はなみなみとメープルシロップをかけるわけですが、ふわふわしてようが、かなりお腹に来るわけです。・・・って、最近はそんなのばっかり食べてます。この前は巨大バナナクリームパイをいただき、平らげて頭がクラクラしました。大丈夫なのか、私よ。大丈夫です。今...知っている場所から

  • The UnknownとKnowing

    昨日は満月でしたが、雨模様でしたので見られないだろうと諦めていて、夜は窓の外を見ることもなくお布団に入ってしまいました。今朝、インスタグラムで友人が満月が雲間から顔を出した瞬間の写真を載せていて、なんてミラクル、と思いました。おかげで私も昨日の満月を見ることができました。今日は近くの「むさしのコーヒー」に来て、ナッツと生クリームがどーんと乗った、ふわふわパンケーキを注文しました。メレンゲでできているパンケーキなのですが、直径15cmくらいのが二個もあって、そこに私はなみなみとメープルシロップをかけるわけですが、ふわふわしてようが、かなりお腹に来るわけです。・・・って、最近はそんなのばっかり食べてます。この前は巨大バナナクリームパイをいただき、平らげて頭がクラクラしました。大丈夫なのか、私よ。大丈夫です。今...TheUnknownとKnowing

  • 生きた!愛した!愛された!・・・ってことは。

    前回のブログ「Solitude」から気づけば2週間近く経ってしまった。(自分でもビックリ)いつもココを覗いでくださっている皆様、ありがとうございます。Solitudeからそのまま山にでも篭ったのではないか、笑。いえ、いますよ、いつものところにいます。前回は「しばらくSNSから離れる!」とかって言いましたが、結構すぐに復帰しまして(笑)。私は友達としか繋がっていませんから、やっぱり「みんな、どうしてるかなあ」なんて思いながら、フムフムと彼らの投稿を見たりするのが好きなのです。空白の2週間、みたいになりましたが、生きてます!そういえば、(しばらくやってませんが)私の聴くブログ「サウンドブログ」でかつて「生きた!愛した!愛された!」というタイトルでお届けしました。この世を去る時に、どんなことを思いたいか、そうい...生きた!愛した!愛された!・・・ってことは。

  • Solitude

    Solitude...一人在ること。静かに自分の中に入ってゆくこと。分かったのは、ただ一人で時間を過ごすことが本当のSolitudeではないということでしょうか。静かに自分の中に入ってゆくこと、というのは『外界』の喧騒から離れること。そういう時間を持つこと。いや、山にこもりましょうっていう話でもなく。(それができるのなら、それこそSolitudeですな。)私は「一人で時間を過ごすこと」は多いのですが、いつも、もうこれは完全に「癖」ですが、パソコンを開けば、スマホを開けば、FacebookTwitterInstagramを用もないのにチェックしている。。。(という方も多いのでは?)日に何度もね。一人の時間を過ごしていても結局「外界」から離れることのない日々。静かに自分の中に入っていくことを本当に意味ではしていなか...Solitude

  • 避けてるところに何かがある?

    避けている・・・避けてきた・・・ありませんでしょうか。私。あります。気づいていましたが、色々と言い訳をつけて無視していました。それは何かと言うと。『オリジナル曲を書くこと』あぁ・・・。私はもともと「歌うこと」が好きでした。それはずっと。若い頃(10代)からオリジナルのものを書きたいと思ったことがなく、それは「避けていた」ではなく、本当に興味がなかったのです。とにかく歌っていたかった。色々な楽曲に挑戦していたかった。それがあって、アメリカの音大に行った時も、パフォーマンス科を躊躇なく選択して、とにかく歌うことのスキルを身につけることに集中しました。良いのです。それで良いのです。歌うことを学んだと同時に、音楽理論も一通り学ばされたので、オリジナル曲を書くための術は身につけていました。思えば。学生時代の最後の方に生ま...避けてるところに何かがある?

  • Illumination

    自分の中に隠れていたもの隠してきたものに光をあてると自分が遠い遠い過去から持ち運んできた未だしがみついている怖れが見えてきます。そこから手を離すことがきっと魂の成長ということなのだと思います。自分が遠い過去に明け渡してしまった本当の力を取り戻すこと、それは結局のところ愛、愛という力なのですが、そのためには「怖い、怖い」でいっぱいになっていたところをきれいに空けなければなりません。「怖い、怖い」で曇っていたところをクリアにしなければなりません。自分の魂が本当に望むもののためにそしてそれも、結局のところ愛、なのですが、それが入ることができる場所を空けなければなりません。その場所が空いてくると、まず希望が見えてくるのです。希望が見えてくる、ということは「もともと魂が知っている」ということです。その場所から見ると、なぜ...Illumination

  • Ever-unfolding Rose

    棘のないバラがあるのなら、私はそんな風になりたい。つまり棘で自分を守る必要がないほどの強さがあってその強さとは中心から外へ向かって永遠に花びらが開いていくように傷つくことを怖れることなく自分を開き続けてゆく何を疑うこともなく今に咲き続けるように無条件のFaithをもって完全に丸腰になるそういう強さと美しさとそして決して完璧にはなれない人間らしさとそれら全部が全部で棘のないバラのようになりたいEver-unfolding*聴くブログ!?「SoulQuestSoundBlog」というラジオなようなものを勝手に作って展開しております!このブログの調子が、そのまんま私のトークと音楽で展開されています。このブログのカテゴリー「SoundBlog」から是非どうぞ!クリックしてすぐに聴けるようになっています。私のオフィシャル...Ever-unfoldingRose

  • バークリーでの体験

    今日はなんとなく私の学生時代のことを振り返っています。これが読者の皆さんにとって興味深い内容かどうかは分かりませんが、私にとっては備忘録のような、そんなようなものかもしれません。バークリー音楽大学(BerkleeCollegeofMusic)というのは米ボストンにあるアメリカ・コンテンポラリー音楽の専門大学です。Jazzで有名ではありますが、ジャンルはJazz/Soulmusic/Rock/Pop/Latin...考えられる全ての現代音楽を扱っていて、コース(学部)においても、私が取った、演奏自体を勉強するパフォーマンス科から、作曲、アレンジ、フィルムスコアリング(映画音楽)、ソングライティング、レコーディングエンジニアリング、先生になるためのMusicEducation、その他、たくさんのものがありました。あ...バークリーでの体験

  • 元の場所へ・・・

    東京は雨。夕方から激しくなるらしいのですが今は心地よい感じでちょうどショパンの「雨音」がぴったり、そんな雨です。雨好きの私ですが、あくまでも家の中で、それこそ雨音を聞くのが好きで、あえて外には行こうとは思わないのですが、今日はなんとなく外を歩きたくなりました。そこで思いついたのが、近くにある子安神社という神社。氏神様ですな。大変失礼なことに今年は初詣もしなかったという始末で今更ではあるけれど、お参りに行こうと。小さな神社なのですが、やはり神社と言えば、そこの空気と、ご神木をはじめとする木々。そこだけ異世界。ちょうど昨年、神殿が新しくなったとのこと、真新しい立派な神殿が建っていました。雨の中の新緑も美しく、緑の匂いと、なぜかどこからかジャスミンの香りも漂ってきました。雨の中、歩いてきてよかった。本当はずっとそこに...元の場所へ・・・

  • 少年と野の花

    少年は毎日毎日野で花を摘んで私に届けてくれたそれでも時折少年がやって来ないこともありその時は寂しく不安になるのだったけれど必ず少年は戻ってきてまた毎日毎日野の花を私に届けてくれるのだった私はその少年の顔をちゃんと見ているだろうか摘んだばかりの花を握りしめているその手を見ているだろうか息を切らしているその呼吸を聞いているだろうか言葉にならない言葉を聞いているだろうか私はその少年が摘んできてくれた野の花を本当に「受け取って」いるだろうか差し出してくれているものの本当の価値を受け取っているだろうかその少年全てとその野の花全てに私は値すると認めることが受け取る、ということなのではないか受け取るとは愛されることを全面的に自分に許すということではないか差し出された愛を受け取れない時それは自分がその愛に値しないと思っているか...少年と野の花

  • ぎっくり腰の右のお尻バージョンと共にGWが明ける

    そう。ぎっくり腰の右のお尻バージョンとは。昨夜遅く、私は如何にもこうにもお腹が空いて、キッチンへと徘徊し、ポテトチップをバリバリ食べた。しゃがんで。しゃがんだ時に「ん?」という、何か違和感のようなものを感じたのは確かだったが、ポテトチップの後に、うまい棒を一本を食べて、そのまま気にせずにベッドへと戻ったのであった。明け方であっただろうか。右のお尻が異様に痛い。どんな体勢になっても痛い。どうも筋がおかしくなっていたようだ。嫌な予感。予想通り、朝になって起きると、痛くてまともに歩けないほどで。ひどいびっこを引きながら、朝のルーティンをこなすことになったのであった。骨じゃない、筋なのだ。(骨だったらこりゃ大変)まさに。ぎっくり腰が我が「右のお尻」に起きた。そのような感じ。その後、夫に強く勧められ、「タイガーバーム」を...ぎっくり腰の右のお尻バージョンと共にGWが明ける

  • 覆水盆に・・・返んなくていい

    ちょっと前のお話。今思うと(今日気づいた)あれはとてもシンボリックな出来事だったなあ、ということがありました。馴染みの顔ぶれが集まる、とあるミュージック・バー。その日はある大切な友人のLIVEに行って、その帰りにちょっとだけそのバーに寄ったのですが、どういうわけが、どうも気持ちは落ち込んでいたのですね。そして、私はやっちまった。なみなみと注がれたビールのコップを派手にぶちまけてしまったのです。フロアはビールの池・・・。私の不注意でしたし、マスターはカウンターの中で大忙しだし、キッチンペーパーをロールごといただいて(本当にごめんなさい!!!)とにかく(色々周りには機材などもありましたので)大急ぎで、その「池」の処理にまわりました。池、ですからね。これ以上、広がったらアカン。拭いても拭いても、なかなかビールがなくな...覆水盆に・・・返んなくていい

  • After The Rain 新月と日食

    5月になりました。今日は新月、そして日食が起こるそうです。私は占星術は勉強していないので細かなことは全然わかりませんが、きっとなかなかのタイミングであるのでしょう。一つ前のブログでもお話しましたが、今日で12週間続いた「一人ワークショップ」も終わり。今週は一つもタスクをやらなかったけれど(汗)最後まで「読んだ」し、自分にはとりあえず合格をあげたいと思います。「やり遂げた」ということでね。12週間を含む、この4ヶ月は本当に長かった・・・というのも前回書きましたけれど思えば遠くに・・・来れた?・・・のでしょうかね。外的景色はちっとも変わらないけれど、内面の旅と考えれば随分とその景色は変わったように思います。まあ、この私のブログサイトのタイトルも「SoulQuest」と入っていますし、タイトルに偽りなし!と言えますか...AfterTheRain新月と日食

  • The Final Test

    TheFinalTest...最後の試験。以前、このブログでも書いたかしら・・・(多分書いたな)ちょうど12週間前、約3ヶ月前に、私はある本と共に一人ワークショップを始めました。それは以前、友人から教えてもらった本で、邦題は『ずっとやりたかったことをやりなさい』というもので、アメリカのジュリア・キャメロンという、本人も映画を撮ったり、本・台本を書いたりするアーティストで、彼女自身が、いわゆるクリエイターとして経験した苦難、そこからどうやって自分の創造性を取り戻したか、というのを12週間に渡り、1週間ずつテーマを変えながら、読者を色々な「タスク」を通して導いてくれる、そういう本です。(原題は『TheArtist'sWay』)そのようなタイミングだったのでしょう。私はやろうと決めました。どんな内容だか分からんが、1...TheFinalTest

  • No Choice (A poem in English と日本語訳)

    NomatterwhathappensIhavetochooseTocomebacktoyouItisn'tmymind,Butit'smyheartthattellsmetodosoThatmeansIhavenochoicebuttocomebacktoyouMyheartrulesovermymindThere'sno"understanding"ButknowsthetruthbeyondlogicMymindhastobowtomyheartOtherwisetherewouldbenosparkleNopassion,nojoyMymindfears"whatif?"CalculatingwithallithasknownAllithasknown?Whathasitknown?Atinyboxof...NoChoice(ApoeminEnglishと日本語訳)

  • No Choice(詩)

    NomatterwhathappensIhavetochooseTocomebacktoyouItisn'tmymind,Butit'smyheartthattellsmetodosoThatmeansIhavenochoicebuttocomebacktoyouMyheartrulesovermymindThere'sno"understanding"ButknowsthetruthbeyondlogicMymindhastobowtomyheartOtherwisetherewouldbenosparkleNopassion,nojoyMymindfears"whatif?"CalculatingwithallithasknownAllithasknown?Whathasitknown?Atinyboxof...NoChoice(詩)

  • その先に行きたいから

    昨日は雨だし寒かったので、夕飯のお買い物以外は家でグズグズしておりました。今日は東京は晴れて気温も高く、(と言っても、夜にはまた雨だそうで、すでにジワジワ曇ってきています)先ほど、池上本門寺経由で池上まで歩き、スタバでお茶して、いろいろ書いて、帰ってきました。暑い。パーカーを着ていたのですが、汗をかいてしまいました。今日のお話は。ThatThing「ThatThing」と言えば、90年代にLaurynHillがヒットさせた曲ですが、要は男女のアレのお話です。もちろん、男女間である必要はないのですが、私の場合は異性が対象になるので、男女、とさせていただくわね。(これからの時代は、こういう但し書きが必要なのかしらね)暑い暑い、と外から帰ってきて、オレンジを台所で切りながら食べて・・・なぜ、こんな話を思いついたのだろ...その先に行きたいから

  • Baby Steps

    今日の東京は昨日よりも15度くらい低い気温で、「今にも雨が降りそう(で降らない)」お天気です。午前中に洗濯をして(部屋干しよね)ヨガをやって・・・発声練習を始めました。(初めての方、私は歌手です)そう、四日前から始めたのです。ここまでくると(どこまでくると?)20代の頃のように必死に練習する必要もなくなり気づけばいわゆる発声練習をしなくなるわけです。(LIVE前に始めるくらいです)ですが、ほんの20分~〜30分でも(ヨガと同じくらいじゃん)日課としてやろうと。声帯は筋肉ですから、低い音から高い音までを出す発声練習をすることは身体で言えば、ストレッチ&筋トレのようなものです。最近「BabySteps」(小さなステップ)を大事にしようと決めました。大きなステップじゃなくていい、小さなステップでいいから毎日やってみる...BabySteps

  • 春のSensuality(オチのないお話)

    いやぁ、今日の東京は夏でした。昨日から日傘を使い始め、今日も活躍。しかし日傘は新しい強力なやつを購入したい。(傘の下が「夜」になるくらいの)後は、手首までの手袋2枚と腕まで覆ってくれる長い手袋1枚。(すでに1枚持っている)ほら、お洗濯しなきゃいけないから。2枚ずつが安心でしょ。そんなこんなで急に夏になったものですから、早急に必需品を手に入れねば。今日のタイトル「春のSensuality」。Sensualityとは、日本語に訳すと「官能」なのですが、官能、というと、途端に杉本彩さんの世界な感じがしまして(あ、決して悪い意味じゃない)まあ、そういう?官能も含むっちゃー含むのですが、私はSensuality,センシュアリティーという響きが個人的に好きなのです。春と言えば、あらゆる生命が再生します。小鳥たちは毎日あちら...春のSensuality(オチのないお話)

  • 先が分からないというのは・・・

    今やっている大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。毎週熱狂的に観ている訳ではありませんが、夫が熱心に観ているので、私もたまに便乗します。三谷幸喜さんワールド全開の歴史ものではあるけれど、なんとも言えないユーモアがちりばめられている。キャスティングも三谷ファミリーと、ファンからしたら「待ってました」というものなのでしょう。日曜日の午後1時から前週のものが観られます。スマホで「クッキージャム」をプレイしながら、先ほど、ゲームとドラマ同時進行しておりました。そして、とても印象的なセリフが飛び込んできたのです。北条義時(小栗旬)と三浦義村(山本耕史)、二人は源頼朝に仕えているわけですが、旅の途中(?)での二人の会話。ちゃんとは覚えてはいないのですが。かなりアバウトですが。北条:私は今目の前のことで精一杯です。三浦:先が分からな...先が分からないというのは・・・

  • 涙のパターン

    泣く、というのは大事なことだと思います。悲しみと一緒に涙を流す、というのは、それを押し殺して、我慢するよりも、きれいさっぱり前に進むために、気が済むまで泣くということの方が、ずっとずっと大切なことだと思います。悲しみをしっかり抱いて、そして、さよならする、そういう儀式のようなものだと思うのです。私はよく泣きます。め〜め〜泣きます。だいたいいつも一人で泣いてます。けれど。泣く「パターン」があることに気づきました。つまり「泣くネタ」が決まっていることに。。。それって。ある、ものすごい悲しいことがあって、先に述べたように「気が済むまで泣いて前に進む」というのとは違う。いつも同じことで泣いてないか、私?つまり。全然前に進んでいないのです。だって、同じパターンで泣いてるんだから。同じパターン、ということは、同じネタ、とい...涙のパターン

  • 言葉にすると・・・

    言葉にすると・・・言葉にしようとすると・・・言葉にしたかった「それ」から離れてしまうことがあります。でも「それ」をなんとかして言葉という「形」や「音」にしようとするのが言葉を使う人間の欲望のようなもの、欲望というより、渇望なのでしょうか。作家や詩人といった人たちはきっといつもいつも「それ」を言葉にするという正解が決してないような、でも少なくとも自分にとっての「正解」があるのではないか、なんとかして見つけてみようではないか、と、言葉という大海原で自分の内なる大海原で常に波にのまれながら、でも諦めず、「それ」と「言葉」が少しでも交差するところを探している人たちなのかもしれません。なんて私は作家でも詩人でもありませんからあくまでも想像なのですけれどね。「それ」を感じるのはまず自分であって言葉にしなければ、「それ」はそ...言葉にすると・・・

  • 暇な人は元気100倍アンパンマンにならなければなりません

    ああ、今日はなんて寒い一日だったことでしょう。久しぶりにヒーターを点けたりセーターの上からユニクロのモコモコを着たりして、家で過ごしました。朝から雨で寒かったけれど、家族が学校やら仕事へと出かけた後、なんとも穏やかな静けさに包まれたのでした。我が家(マンション)の南側はベランダなのですが、全面窓になっていて、そこからベランダへと出入りするのですが、外に広がるどんよりした空も、静かな光を放っていて、それはそれで美しいのでした。過去や未来への不安が顔を出したら「即、削除!」という練習をしていると、「ああ、今って、こんなにも穏やかではないか」と思うのでした。「今」を穏やかにしないものというのは、そもそも今じゃないものが原因で、それは全部自分が作り出しているのだな、ということがわかってきました。そうは言っても、そういう...暇な人は元気100倍アンパンマンにならなければなりません

  • Lovers' Trees

    昨日、久しぶりに池上本門寺の森の私の好きな場所に行きました。木々は見た目はまだ冬のままようでしたが、枝をよく見ると、新しい葉っぱの芽がたくさんあって今にも咲きそうに膨らんでいました。いつも根っこに座らせてもらう木がありまして、「久しぶり。こんにちは。」と言って座りました。春の暖かな風が気持ちよく、たくさんの鳥が鳴いていました。冬に訪れた時は寒くてゆったりできませんでしたが、昨日はとてもリラックスできて心地よかったです。色々思うことがあってでも、「では、なんなのだろう?」が分からないまま、しばしちょっと悲しい気持ちになりながら、座っていました。ふと私の目線は腰掛けたところからすぐ近くにある、木の根元に行きました。いつもあったし、きっと来る度にいつも見ていたのでしょうけれど、初めて「気が付き」ました。それは二本の木...Lovers'Trees

  • Grace of Life

    前回から1週間くらい経ったのでしょうか。毎日「ああ、春なのだなあ」と、日差しや空気や木々に感じるようになりました。三月ですものね。私はというと・・・昨年末に古地から出発して今年に入って新地に足を踏み入れて、慣れるまでに随分と時間がかかりましたし、怖い思いもたくさんしました。(↑これは物理的な土地の移動の話ではなく、自分の在り方のようなもの、のお話)ようやく新地の空気に慣れ、ここ数週間、本当に久ぶりに自分の中に「穏やかさ」を感じることができるようになりました。2ヶ月前くらいの私からしたら、これは奇跡のようなもので、でも、ちゃんと、ちゃんと、歩いてこられたのだな、と今は思います。得てして、というか、往往にして、人間「先が分からない。見えない。」というのが多分、最も怖く、不安の種になるものだと思うのですが、でも、そも...GraceofLife

  • 母への恨みつらみ(なんちゃって)

    なんちゃって、というのは本当で、そのお話を今日はするのですが。あることからあることを思い出したのです。そう、今日は雛祭り。娘がいるので、お雛様出してないけど(ごめん!)せめて、ちらし寿司くらいは作っておめでたい雰囲気にしようとお買い物に行ってきたところです。(因みに私は具材を全部最初から作るはずもなく、「ちらし寿司の素」を使うのですが、なんてったって、永谷園の「すし太郎」(北島三郎先生)がおすすめ。スーパーではミツカンのやつがやたら派手にディスプレイされていましたが、それらには目もくれず、その下で数も少なく地味に展開されていた「すし太郎」をカゴの中に。一度ミツカンに浮気をした経験があっての、バック・トゥ・すし太郎。間違いない。)雛祭りということで「お雛様」。お雛様と言えば、娘に母が贈ってくれた雛人形。お雛様とお...母への恨みつらみ(なんちゃって)

  • 「あなたは」どうするのか。

    先のブログで私は以下のことを書きました。『静観する。世界のことも。自分のことも。煽られてはいけない。集合意識の「外」に出ること。世の中が騒いでいる時こそ静かにしていること。どんなことがあっても「自分の道」を歩み続けること。それが世界を変える。』短いものですし、読んでくださった方々それぞれの受け取り方で十分だと思いつつ、やはり、個人的には言葉が足りないような気もして、私なりに考えていることを書きたいと思います。ウクライナで起きていること、そして世間、世界の人たちの様々な反応について(ニュースやSNSなどを通じてですが)思うことがあったのです。読み方によっては、私の文章はまるで「そういうことには無関心でありなさい」と言っているようにも読めます。違います。これは「時事ネタ」ではない、ということをどれだけの人たちが分か...「あなたは」どうするのか。

  • Stay on your path, no matter what

    静観する。世界のことも。自分のことも。煽られてはいけない。集合意識の「外」に出ること。世の中が騒いでいる時こそ静かにしていること。どんなことがあっても「自分の道」を歩み続けること。それが世界を変える。Stayonyourpath,nomatterwhat

  • Knowing without Knowing

    Knoingwithoutknowing「知らずして、知る。」ああ、なんてまた小難しいことを。知らずして、知る・・・というのは直訳なのですが、そうですね、「知らないけれど、分かる」というのはどうでしょう?更に付け加えると、「頭は知らないけれど、魂は分かっている」あら、こんがらがっちゃったかしら。でも、きっと、皆様、それこそ「なんとなく意味することは分かる」のでは?Withoutknowingのknowingというのは頭による理解であったり、知識であったり、いわゆる知っていること、知ること。これは具体的な「データ」です。私たちはなんでも知りたがる。もちろん、それが人間のあらゆる分野での探求に繋がるわけで、それらが生み出したものはたくさんあります。でも、私たちは「何でも」知ることができるでしょうか?何でも知っている...KnowingwithoutKnowing

  • 春は来るんだから!

    皆さま、金曜日です。今週もお疲れ様でございました。私の今週は・・・なんと二人の子供のクラスが学級閉鎖となり、毎日家でリモート授業(すごい時代だなあ)、夫ももちろんリモートで仕事、私も同じく家から毎日リモートで宇宙と交信(嘘のような、本当のような)、つまり先週末から家族全員集合、自宅監禁のような状態でございました。キツかったっす。マジで。ごめんなさい、今日はね、文句タラタラの煩悩まみれの回です。正直ね、朝は楽だった。オンライン授業が8:45からだったので、いつもよりゆっくりできました。それだけ。良かったのはそれだけ。あ、もう一つは、一家全員、元気。これは本当に感謝したいこと。がしかし。ここから煩悩まみれの文句オンパレード。まずはね、給食がないわけよ。夫に関してはお昼は勝手にやっていただいておりますが、子供達はそう...春は来るんだから!

  • 毎日が愛の日

    そうか。今日はバレンタインデー。・・・。(笑)自分に対して皮肉ってるわけではないのですよ。もうそういうのは関係ない年だし・・・的なね。関係ありますとも!死ぬまで関係あり続けたいわ、こういうLoveはね。私はね。私は自分に対して皮肉っぽくなるとか、わざと自分を嘲笑って自分を落とす、みたいな言動は好きじゃない。もうおばさんだし、とか。もう〇〇だから、とか。どうせ〇〇だから、とか。ついついやってしまう時・・・あるな。人の前で敢えて笑いながら言い訳するように、心の中で自分に言って聞かせるように。もう(どうせ)〇〇だから〜〜はしない。できない。と言う時。思う時。「〜〜」の部分が自分にとって実はとっても大事なことなのかもしれない。本当はとても価値を置いていることなのかもしれない。「〜〜」に入るであろう無限の事柄から敢えてそ...毎日が愛の日

  • 「幸せ」と「成功」について

    今日はちょっと難しいトピックかもしれません。(私にとっても)でもこれらは生きていて必ず引っかかることでもあると思うのです。長きに渡って、もしくは一生、そこに足を取られたままであることも・・・皆さんにとって「成功」とは何を意味するでしょう?社会においての成功とは、自分の力で富(お金)を築くこと。そこには名声も加わるかもしれません。これが私たちが生きている物質世界での成功と言われているし、何ら「問題」もありません。素晴らしい。凄いことではありませんか。では皆さんにとって「幸せ」とは何を意味するでしょうか?さあ、こうなるとすぐには答えが出てこないかもしれません。幸せの形とは人それぞれ違うものですし、また「自分にとって何が幸せなのか」分からない人たちも実は多くいるのではないかと思うのです。また同時に、社会においての成功...「幸せ」と「成功」について

  • 愛の形について

    どうしたら喜んでくれるだろう?愛というのは形がないもので、それをどうにかして伝えるために、私たちは言葉だったり行動だったりで大切な誰かに示したい、表現したい、と思うのではないかと思います。今日のタイトルは「愛の形について」。どんな形で愛がほしいかはそれぞれ違うと思います。またその人の状況にもよると思います。例えば、その人が仕事が本当に大変でしんどい時。私などはどうしても心身の心配をしてしまう。どうにかしてケアをしてほしいと思う。でもそれを伝えるよりも、「頑張れ!」と言って励まされたいのかな。それとも全然違う話題で笑わせてほしいのかな。それとも、しばらく放っておいてほしいのかな。そんな風に考えてしまう。「自分だったら、こういう時はこうしてほしい」というのが、相手はそうとは限らない。空気を読む、という言葉があります...愛の形について

  • A Gentle Heart

    暇・・・が続いています。でも「暇できる」ことに感謝です。今の私には必要なことなのでしょう。暇に慣れていないものですから、ザワザワすることもあるのですが、これも練習。ザワザワせずにこういうものとしてゆっくり過ごす練習。今日は最寄りの「むさしの森珈琲」にやってきています。まだ新しめ。店内の感じが好き。私ここ好き!(コーヒーがたっぷりめなのがまたありがたし)平日の午前11時。お一人様が多く、パソコンでお仕事していらっしゃる方も。(そう、ここはfreewi-fiがあるのよ!)今日のトピックを考えずに書き始めたので、ここでしばしインスピレーション待ち・・・PLEASESTANDBY...そうね。今日は・・・「心を柔らかくすること」について。心を柔らかくする、ということは、自分を守るために築いてきた固い壁を溶かしていくこと...AGentleHeart

  • お月様を忘れてしまうほど

    昨日は新月でした。忘れてた!!!これは由々しき・・・いや、珍しい事態でして。このブログを読んでくださってきている皆様は私が毎度、ほれ満月だから何かが「完了」ほれ新月だから何かが「スタート」とか、月の満ち欠けに翻弄(?)されている様子をブログでいちいちご報告しているのをご存知かと。翻弄、というのは語弊がありますな。それは月の女神様にちょっと失礼だわ。月の満ち欠けを気にするようになって、自分の内外に起きていることとシンクロしていることに気づき、「そういうことだからか!」と、私の場合は自分の状況を理解するという形で助けられてきました。特に多くのことが自分に起きている時など、非常にセンシティブな状態の時などは、そうやって自分を落ち着かせてきたと言いますか。「多くのことが起きている」という期間が本当に随分と長く続いたよう...お月様を忘れてしまうほど

  • 「かわいいね」と言われたら

    新次元(!)にも慣れてきたようで(多分)ようやく頭も心も「まとも」な感じになってきました。以前に戻った、のではなく、苦しい「脱皮」が完了して「羽化」しつつある、つまり、SoulQuestの新しい章の幕開け!・・・の、まだ準備段階かもしれませんが、「準備段階」という章の中で進んでいる、ような。つまり、プロローグというのね、こういうの。相変わらずゆっくりペースですが、はい、『忍耐』。かなり長いプロローグ。そう、ブログでも、私は前置きが長いではないか。良き、良き。今日は本当に久しぶりですが、私の日々の心のなんちゃらかんちゃらではなく、ある「トピック」を。『かわいい』について。以前、キティーちゃんのイラストと共に、日本国の「かわいい文化」について書きましたが、今回は、女性として男性から『かわいいね』と言われることについ...「かわいいね」と言われたら

  • 優美に『暇』・・・をする練習

    暇・・・を感じられることは今の私にとって大きな進歩であり、大変贅沢なことであります。大きな進歩、という理由は。やっと暇、という「スペース」を感じる余裕が出てきたことです。すっからかんになって、そのスペースが怖くて怖くて仕方なく、そのスペースを恐怖で埋めていた私が、暇・・・と感じられるようになった!個人的に大進歩!これまた昨日、それを感じ始めたのです。(始めた、ということは、今日も暇が続く、笑)そう。暇なの。やることないのよ。家事以外に。そして、特にやりたいこともないのよ。今は。いつも何かに向かっていたいとか、何かやらなければ、という傾向であった私にとって、暇というのは「埋めた〜〜〜い!!!そのスペース埋めた〜〜〜い!!!」という誘惑の宝庫でして、昨日も午後YOGIBOに寝っ転がりながら、リクライニングチェアーに...優美に『暇』・・・をする練習

  • Back to LOVE少しずつね

    今朝、起きた瞬間にすごい目眩が起きて(こんなの初めて)勢いよく起き上がったせいなのか、鉄分が足りないのか、なんなのか、収まるまで数時間かかってしまいました。子供達が学校に行ってから、しばらく南向きの娘の部屋のベッドで休みました。そう。私の寝室は北側にありまして、この季節、日中はとんでもなく寒く、ただでさえ自力で自分の身体を温められない私は、結局、(暖房や電気モーフつけても)寒すぎて休めない、余計に疲れるという結果になるのですが、つい先日、陽のあたりの良い娘のベッドで横になりましたら、いやあ、太陽の力とはすごい。電力による暖かさとは比にならない。(これはね、電子レンジで温めた食べ物とちゃんと火で温めた食べ物の違いと同じよ、まさに!分かるでしょ、あの違い!?)なので、この季節は日中は娘のベッドを借りることにしました...BacktoLOVE少しずつね

  • 少しだけ楽しみになってきたこと

    何かを楽しみにする・・・というのはなんて希望に満ちている!未来への希望ですな。何かをする誰かに会う何かを買うどこかに行く・・・何でもいいのですが、そんな日を楽しみにしていると日々の心も軽やかになるというものです。私にも少しだけ楽しみになってきたことがあります。具体的なプランではないのですが。(相変わらず漠然&抽象的)すっからかんになってしまった自分の「空きスペースに何が入ってくるのかな。何がそこから生まれるのかな。」という楽しみです。すっからかん状態に怯えまくっていた私にとっては随分と進歩したでしょ?昨日、ある言葉と出会いました。UnbecomeWhatyouhavebelievedyourselftobe出た、また英語、笑。解説しよう。ます、Becomeというのは「〜になる」という意味ですね。それに否定形のU...少しだけ楽しみになってきたこと

  • 満月と「完了したもの」

    長い。長かった。昨年末のLIVE後からの「強制的大変館」というのは、私の意志などはお構いなく、長い長い年月の間に自分に課してきた、また、当たり前だと思っていた「お荷物」を、青天の霹靂の如く、奪われた。。。というか、剥ぎ取られた、もぎ取られた。当たり前であった重い思い荷物をある日突然、持ってかれるとどうなるか。「わーい、軽くなった、軽くなったー!」とは行かないのです。自分でよく考え、自分の意志でもって、順序立ててやっての結果であれば、「おいら、良くやった!ああ、軽くなったーー!」と祝っていたでしょう。自分が電車だとして。なんの疑問もなく線路を走っている。見通しも良いので懸念事項もなく。ところが、急に何か別の力でもって別の方向へ行く線路へと「ガチャ!」っと変更され、あ〜〜〜れ〜〜〜何ですか、これは!?この道知りませ...満月と「完了したもの」

  • 自分に寄り添うということは・・・

    誰か大切な人に「寄り添う」ということはどういうことなのでしょうか例えば、その人がある日、立ちすくんでしまい、前に進めなくなってしまい、座り込んでしまった。そこから動けない。どうしたらいいか分からない、立てない、前に進めない、それをするのが怖い、と泣いている。その大切な人に寄り添うということはどういうことなのでしょう。泣くな、なんて言うだろうか。早く立ち上がれるようにあれこれ説得するだろうか。無理やり腕を引っ張るだろうか。わざとらしくて空っぽなポジティブな言葉なんかかけるだろうか。きっと、寄り添うというのは、ただ黙ってそばにいてあげることなのかもしれない。時折背中をさすってあげて、心の中で「絶対大丈夫だから」と信じて。どんなに時間がかかろうと、寄り添うということはそういうことなのかもしれません。忍耐がいります。忍...自分に寄り添うということは・・・

  • 勇気ある者

    今日の東京は朝から冷たい雨が降っています。前回のブログから(私にしては)ちょっと時間が空いてしまいました。『心の凪』がなかなかやってこず、ちょっと苦しんでおりました。この私のSoulQuestJournalは「私の魂の旅の実況中継です」的なことをかつて書いたような気がするのですが、人間「渦中」にいますと、実況中継というのは無理ですな。渦中のど真ん中にいる時というのは「言葉にできない状態」ということがよく分かりました。言葉にする、という行為、プロセスというのは、マインドがある程度クリアな状態でないとできないのですね。つまり、言葉にできる、ということは言葉にならないバラバラで宙に舞っているパズルのピースをそれぞれ言葉で拾い、はめてゆくことなのですね。・・・が、ずっとできなかったのです、ここ数日。新しくて先が何も見え...勇気ある者

  • 雪 静けさ

    東京は雪が降っています。雪らしい雪。こんなにしっかり振るのは何年振りでしょうか。雪国の方々にとっては毎年毎年のご苦労の多い季節だと思いますが、東京人の私にとっては・・・呑気ですみません。ああ、とてもきれいだなあ。と思わずにはいられません。北の地域に比べれば東京の家というのはこんな日のための暖房設備が整っていなくてとても寒いです。現在私は寝室にいまして、ディロンギを付け、暖房を付け、もはや自分の書斎と化したベッドの上で、背中ににクッションを置いて、下半身はお布団の中、最近、電気毛布を入れたので、まあ、こたつに入っているような感じでブログをかちゃかちゃ打っております。末端冷え性の私、指先がひえっひえでございます。前回のブログで書きました「よし、岩盤浴に行こう!」企画はまだ決行されておりませんが、来週小学校が始まるの...雪静けさ

  • 初新月 嵐から凪へ

    お正月の「ママのミッション」もほぼほぼ終わり。ようやくダラダラできるようになってきました。今日の夜は昨日の残りの春巻きを揚げて、ご飯とお吸い物(残りもの)、まあ、サラダくらいは作ってもいいだろう、少しずつ「スペシャル・オケージョン」から「いつももの日々」へと移行。今年も月の満ち欠けに注目しながら、その時の自分に起きていることとどうリンクしているか、「ふむふむ」とちょっとだけ深く理解しながら行ってみようと思っています。ということで。今日は今年初めての新月。新月というのは何かの始まり。満月で満ちたものが、ここでようやく落ち着くわけです。昨年最後のブログで、『今の私は、「終わり」と「始まり」の間にいるような感じです。凪。Voidと言ってもいいかもしれません。』と書きましたが、正直、「凪」どころでもなくし〜〜んとした「...初新月嵐から凪へ

  • 明けました

    皆様、明けましておめでとうございます。明けました。年末のブログやSoundBlogでは「軽やかに、年をまたぎましょう!」と言っておりました私は、大晦日はカウントダウン的なものにも一切興味もなく、確か8時半とかには寝床に入り、眠っている間に年が明けたようでした。これを軽やかというのか、なんというのか。昨日の元日は手料理3種を持って、2年ぶりに夫の実家(横浜、なので日帰りね)に行き、じじばばと久しぶりの再会、ミッションコンプリート。本日、先ほどは一家のみによるお正月お祝いも終わり、ミッション2コンプリート。本日の夜から明日は、残りものでなんとか回すのだ。回してくれ。そんなわけで年末に起きた(起こした)自分の内側の大きな変化にグルングルンとやられ、心身ともに休む間もなく「ママのお正月ミッション」を終え、ようやく個人的...明けました

  • 終わりと始まり

    2021年も今日を入れて後二日となりました。一年が終わり、新しい一年が始まります。「終わりと始まり」というサイクルは永遠に続きます。暦や季節、日が沈み、日がまた昇る、宇宙、自然は「終わりと始まり」を永遠と繰り返します。また私たち人は、人生の中でもいくつもの「終わりと始まり」を経験します。永遠のサイクルの中の一つのペアを切り取ってるわけですから、「始まりと終わり」という切り取り方をしてもいいのですが、どうしても私たちにとって「終わり」とは悲しかったり、寂しかったり、苦しかったり・・・終わりって・・・ちょっと怖いでしょう?けれど、何かが終わるということは次に新しい始まりがある。必ずある。次の新しいステージに何があるか分からない不安と、でも、何かが終わったことによって古いものでいっぱいだったポケットが空いて「どんな新...終わりと始まり

  • Sound Blog『気高く、優美に』の続きのブログ

    皆さま、こんにちは。昨日投稿しました今年最後のSoundBlogを聴いてくださった皆さま、ありがとうございました。いつも台本なしのまさに「一発撮り」というものでしてちょっと「ああ、あれをちゃんと言いたかった」というものがありますので、ここに書きます。SoundBlogを後から自分で聴いてみてですね、「優美」という言葉の響きって・・・ちょっと「オーホホホホ!」という感じがあるなと、笑。でも、そういう意味ではないのです。「優美」という言葉に至ったのは、私は英語の「Graceful」という言葉が好きだからです。「AmazingGrace」という歌もありますね。それを日本語に訳すと「優美に」となります。その優美さとは、表面的なものでは決してなく、底に静かに漂っていて、フワ〜ッと外に優しく流れ出るような目には見えない美し...SoundBlog『気高く、優美に』の続きのブログ

  • 聴くブログ?!Sound Blog Vol,7『気高く、優美に』

    皆さま、こんにちは。今年最後のSoundBlogです。聴くブログとは私が宅録で作るラジオのようなものでして、ブログの語り口がそのまんま声になっております。(いや、よりフランクになっています、笑)さて、今日のタイトルは『気高く、優美に』。どんな風に生き、どんな風に在りたいか。たくさん考え、たくさん助けられ、辿り着いた、私にとっての二つのパワーワード。そんなお話です。是非、お聴きくださいませ!SoundBlogVol.7『気高く、優美に』*クリックしますと「アプリ取得」「またはウェブ版の利用を継続」と出てきますが、後者でちゃんと聴くことができます。*ヘッドホン(イヤホン)ですと、より聞きやすいかもしれません。今回は13分ほどです。皆様にとって心地の良い時間をお届けできますように!PeggyLeeのアルバムから"Do...聴くブログ?!SoundBlogVol,7『気高く、優美に』

  • クリスマスが終わる前に贈りたい言葉

    今年のクリスマスももうすぐ終わりですね。日本でのクリスマスは宗教的なお祝いではなく一つの慣習的イベントという感じではありますが、それでもクリスマスというとなんとなくスペシャルな日、それぞれの心での「クリスマス」があるように思います。このブログでもずっと宣伝させていただいたLIVEも12月23日に無事に終えることができました。今日は、LIVEがどうだったとか、ということではなく今日のタイトル「クリスマスが終わる前に贈りたい言葉」について皆様とシェアしたいと思います。LIVEがあった23日から今日25日までの三日間、私の中で多くのことが浮上し、掻き回され、考えさせられ、同時に「次に自分が向かう方向」に光が当てられたのでした。それは私を愛し大切にしてきてくれた近しい愛おしい人たちに導かれての、光、なのです。この短い期...クリスマスが終わる前に贈りたい言葉

  • 真相の深層

    LIVE当日ではありますが、家を出る準備は万端。後1時間ほどあるので、ちょっとブログを書きたくなりました。皆さまにもご経験があるかもしれませんか。何かのことで「そうか!そういうことだったのか!そういう意味だったのか!」と、突然腑に落ちる時。全ての辻褄が合い、頭をタテにブルンブルン降っちゃうような、ものすごい納得感というか、辿り着くべきところに辿り着いた時のストーン!と落ちる安堵感。が。時が過ぎて、(その長さは色々ですけれど)何かのきっかけであの時やたら腑に落ちた件がなんと「新たな見解として」こういうことだったのか・・・と思ったら、え!こういうことだったのか!!!という、同じ件で2回以上腑に落ちる、という経験。ありませんか?(ある?ない?ないの?あるよね?あ、ない?)私は何度かあるのです。真相は層になっている!?...真相の深層

  • あなたの物語、あなたの歌

    ニュースに取り上げられる話はほんの僅かであり、ドキュメンタリーに取り上げられ、素敵に編集される誰かの人生もほんの僅かだ。けれど、人の数だけ物語が生きている。今この時も。誰にも知られることのない、自分しか知らない、たくさんの瞬間。たくさんの想い。大切な人たちと分かち合うことができた、たくさんの瞬間。たくさんの想い。決して、世に知られることのない、美しい物語たち。その美しさとは喜びや悲しみ、笑いも涙も、苦しみも憎しみも、希望も絶望も、美しさも醜さも、全てが混沌と混ざったものであり、全ての物語には優劣などなく、どんな形であろうと全てが尊く、愛おしく、生きている、生きたというだけで美しい。それが全ての、どんな人であっても、その一人一人の人生に対して、私たちが示すもの、それが敬意というものだ。決して知られることのない、あ...あなたの物語、あなたの歌

  • 静かなる満月

    本当に久しぶりです。「静かに満ちた満月」を迎えるのは。満月というのは、何かが満ちる、何かが完了する、そんなタイミングなのですが、ここ数年、思えば月の満ち欠けを意識し始めてから私は満月となると凄まじい圧迫感と「アップアップ状態」に見舞われ、疲れ切っていました。それは今思い返せばそれだけ自分に課題があったということです。毎度、自分の中の課題が大きくクローズアップされるわけですから、そりゃたまらない。満月が終わるといつもホッとしていました。ほんと、戦々恐々とまでは行かなくとも「ウゥ〜〜満月が近づいている〜〜はぁ〜〜〜」そんな感じでいつも満月を迎えていたように思います。ですから、今日のように圧迫感ではなく充足感、構えるのではなく、なんとも穏やかに本当に「満ちた」満月を迎えられたのは初めてかもしれません。まあ、随分と長い...静かなる満月

  • Rise in love

    Fallinlove(恋に落ちる)に抗って、こんな言い回しはないのですが、勝手に作ってしまった。Riseinlove(愛に昇る)揚げ足を取ってると言われてしまうとしょうがないのですが(笑)気づいたのです。誰かと愛に「落ちる」ことなんてできないのです。愛とはひたすら上昇することだと思うのです。無限に。ひたすらに自分の内なる愛を上昇させる、それ以外にチョイスはない、ほぼ強制的なチャレンジ・・・を、お互いにさせるそうなってしまう・・・そのような相手こそが共に愛に上昇する(riseinlovewitheachother)相手なのだと思います。Fall(落ちる)していたら一緒になれない相手なのです。なぜチャレンジなのかというと、愛へと昇ってゆくためには、高みへと行くには、重いものをどんどん脱いでいかなければならないからで...Riseinlove

  • ドラマはもういい

    この場合のドラマというのは、テレビでやっているドラマ番組のことではなく、特に英語では別の意味を示すことがあるのですが、Drama...劇的な感じ自分でそういうドラマを作り出すとでも言いましょうか。自分のエモーショナルな部分でもって起きていることを不必要にドラマチックにすること。人との関係でも、人生においても、自分の感情の波をそのままそこに反映して、ある意味、そこに浸ることでしょうか。ドラマチックってそうじゃない?ある種の「悦」がそこにある。エゴイスティックな。人間、そういうの好き。映画とかもその映画によるけれど、ドラマチックな展開を見せて、こちらは感動して涙する。苦しみや悲しみを乗り越えて、主人公が体験する、愛や喜び。成功。達成。もちろん全ての物語がそうではないし、素晴らしいものはやはり素晴らしくて(作品として...ドラマはもういい

  • 成長した木

    月曜日というと皆様はどんな気持ちでお過ごしになられるのでしょうか。ブルーマンデーなんて言われることもありますがお休みの土日を経て「ああ、また一週間が始まるのかあ。また仕事モードかあ。」とか、そんな感じになるのでしょうか。思うに。多分、「モードの切り替え」がちょっとしんどいのかな、と。お休みモードから活動モードへの切り替え。私の場合は以前にも書いた記憶がありますが、土日という賑やかな活動的な家族タイムを経て月曜日にようやく一人静かに休める・・・そういう感じです。なので、月曜日のこの時間(朝)は私にとって自分のモードを取り戻すための大事な静かな時間です。(ですので月曜日はなるべくオフにしています)お仕事モードへと切り替え中の皆様、ゆっくりとギアチェンジしてくださいね。リズムを取り戻したら、smoothdriving...成長した木

  • エンパスと境界線

    かつて、「スピリチュアルな視点とサイキック能力」というタイトルのブログを書きまして、「その二つは違うよ」なんてことを書きました。その時に「エンパス」についてちょこっと書いて、私がソレで、なかなか大変ということを書きました。そこで、今日はその「エンパス」について。これは一つのサイキック能力とも言えるし、サイキックな面での「体質」とも言えるような。「エンパスとは」とググればたくさん出てきますが、要は、人の(人によっては他の生物も入る)エネルギーや感情を「まんま感じやすい」「感じることができる」「感じてしまう」というのが一番分かりやすいかと。「そのまま」「直接に」感じる。というのが特徴でして、外見的要素とは関係なく、例えば、目の前にいる人がたとえにこやかに振る舞っていても、もし内側に「悲しい」とか「怒ってる」とかを感...エンパスと境界線

  • 何を「聴く」のか

    皆様、こんにちは。今日の東京は雨が降っていてとても寒いです。私は昨日LIVEのリハーサルを無事に終え(直前にもう一回あるけど)いい感じで疲れて、久しぶりに(!)朝までぐっすり眠ることができました。(ここ最近は、夜中に必ず二回くらい目が覚めてしまうのです。年なのかしら。それがすごく嫌でねえ。)ぐっすり眠れたことの幸せ。静かな家で一人の時間がある幸せ。さて、朝起きてみると、知らない方がtwitterで私をフォローしてくださいまして。その方のページに行ってみると・・・なるほど、この方(男性。私よりも若い。)もミュージシャンでピアノ弾き語りをしている・・・試しにYoutubeも拝見してみますと、家でキーボードを弾きながら歌っている。「ふるさと」を歌っていて、イントロからコードアレンジがなかなかとても素敵。歌はなかなか個...何を「聴く」のか

  • 静かに 静かに

    今日は新月。南極では皆既日食が見えるそうです。星占い的には大きなターニングポイントなんですって。(By石井ゆかりさん)私はここ2年くらいでしょうか、月の動きを気にするようになりました。と言っても、新月と満月くらいですけれど。なので、毎年買う手帳は月の動きが簡単に分かるものにしています。私は女性ですので、毎月の身体のリズムなども(生理とか)月の動きとどのようにシンクロしているかを気にして見ると、今の自分の調子が分かったりします。月も自然、私たちも自然の一部なのですから、月が海の満ち引きに影響を与えるように、私たち人間に影響を与えるのは当然のことでしょう、意識していようが、していまいが。それは肉体だけでなく、私たちの内部や周りを取り巻くエネルギー全てに影響を及ぼしているはずなのです、これまた、意識していようが、して...静かに静かに

  • 打ち上げ花火よりも

    私は(よほど疲れていない限り)寝つきが悪くてですね、眠るまでに1時間くらいかかったりします。(場合によってはそれ以上)その間に、色々考えごとだったり、日によては心配事だったり(ああ、超、時間とエネルギーの無駄)、時には素敵なことを想像したりして、そんで、どんどん頭が冴えてくる。と、思ったらやはり頭も疲れてくるようで、いつの間にか(というか、ようやく)眠っているようです。そんな、良いのか良くないのか分からないベッドでの時間に、インスピレーションも降りてきたりすることもあります。特にブログのテーマなんかは夜に思いついたり。(で、頭の中で書き始めるから、また眠れなくなる)ただ、朝になって思い出すと、「あれは夜のマジック、いや、マヤカシか」ということで、実際には書かないことも多いのですが、今回は久しぶりに朝になっても「...打ち上げ花火よりも

  • Integration ~一歩ずつ~

    急に寒くなりました。いよいよ、冬の到来といった感じです。前回のブログ「VOID明け?』からちょうど一週間。私にしては、長いお休みでしたが、その間もこのブログに訪れてくださった皆様、本当にありがとうございます。はい。確かにVOIDが明けました。(しつこいですが)11月5日の新月から11月19日の満月を経て、VOIDに入り、それが明けてから今日まで、私の中で本当に色々なことが起こりました。VOIDE明け?と言っていた一週間前の後も決して「明けましておめでとう!」とはいかず、かと言って、またグルングルンとなったわけではないのですが、調整の時間というのが一番当てはまるように思います。今日のタイトルにある「Integration」というのは、「統合する」という意味があるのですが、まさに色々と変化が起きた後、一旦バラバラに...Integration~一歩ずつ~

  • VOID明け?

    結局、昨日もVOIDな感じが続きまして、眠り病かというほど、寝続けておりました。(因みに「VOIDな感じ」はこのブログを参照くださいませ。)昨日は東京は雨、雨、雨でしたが、今日はすっきりと晴れてきていて、なんだか空気が澄み切っています。そろそろVOID明け?「動くな」と言われているかのように、何もできませんでした。と同時に、昨日などは感情がかき回されて、それを全部他人のせいにしたり。ああ、しょうもないな、私ったら。しかしそういう感情もだんだんと落ち着いてくるものでして、とりあえず、それに呑まれてとんでもない言動をする、ということは回避できました。(あっぶね〜、あっぶね〜)でも、全ての感情はやはり理由があって、何かを訴えているわけですから、蓋はしない。とりあえず言いたいことは全部言わせてあげる。たとえそれがとんで...VOID明け?

  • そして・・・LOVE

    では「愛とはそもそも何なのか」ということは未だに言葉にできないけれど、一つ分かったことがあります。愛は、「ただ在る」ものであり、それは全てを埋め尽くしているもの。真に在るものは、愛だけなのだ、ということです。全ての空間、私たちを含むすべてが何の隙間もなく愛で埋め尽くされている。私たちはその愛に、同調するか、しないか、受け取るか、受け取らないか、ただ、それだけなのです。本当に、それほどシンプルなことなのです。Onlyloveisreal「愛だけが真実である」は、本当なのです。ビートルズの、AllyouneedisloveLoveisallyouneedも、本当なのです。need(必要である)もなにも、在るのは本当はLoveだけなのですから、needというチョイスがあるということも、本当は幻想ではありますが、人間の...そして・・・LOVE

  • VOID

    昨日、今日と、凄まじい疲れに襲われ、日中もひたすら寝ていました。前回の新月から一昨日の満月までにグルングルンとかき回され、一つの冒険みたいのなのを終えて、急に力が抜けたような感じなのだと思います。力が抜けて、完全に脱力ならいいのですが、そうも行かず、なんとも今自分がいる場所が何かと何かの間、のような居心地の悪さがあって、どこに身を置いたらいいのか分からない、今日は特にそんな不安定さを感じた一日でした。まさに「Void」とはこういう場所なのではないかと。すき間、ぽっかり空いた穴・・・朝からやたらネガティブな感情の中に吸い込まれ、やたらとイライラして、不安な感じがありました。午後になると、何も感じなくなりました。マインド(頭)が言ってくるネガティブなことにももはや反応せず、まるで心が完全にvoidのような状態で、静...VOID

  • 満月と月食

    今日、2つ目のブログになります。今日は満月で、しかもほぼ皆既に近い部分月食。(皆さん、ご覧になりましたか?)なんだか、とても特別な感じがするので、もう一回ブログを。東京ではすごい燃えるような夕焼けが見えました。月の満ち欠けは、地球、地球上に生きとし生けるもの全てに影響を及ぼします。関心があろうがなかろうが。だから、別にいつのものように過ごせば良いのですがね、月の満ち欠けを気にしてみると、結構、お面白いことに気づいたりします。自分の中の変化。周りで起きていることの変化。何かが「満ちて完了する」のです。私は毎月、満月は苦手でして、アップアップになります。色々な「その時の」ものが、マックスrに膨らむというか、大きくフォーカスされるというか。ジーーっと耐えますです。(なんとかやり過ごす、っていうやつです。)今回は前回の...満月と月食

  • 逃げたらアカンぜよ。

    飛んで逃げてしまいました。「あちら」に。目に見えないキラキラワールドに浸り、涙を流し、高揚感にうっとりし、そのまま「こっち」に持って帰ってきたけれど、でも私は(今思えば)「あちら」にいたままでした。フワフワとしたカタチのないビジョンが映像を空中に投射しているような状態で、私はそれに「そうだ!そうだ!」と興奮していました。そのまま地に足がつかないまま、友人にその「持って帰ってきた(つもりの)」アイデアをLINEで伝えたのですが・・・私たちは肉体を持って、この物質の世界に生きています。「ここで」生きることが「ここで現実を創ってゆくこと」がその意味するところです。「地に足を付けて」とはそういう意味です。同時に、目に見えない世界、それが過去生でも、違う星でも、別の次元でも、エネルギーをそちらに向ければ、肉体を置いたまま...逃げたらアカンぜよ。

  • 自分との結婚〜誓いの言葉〜

    昨日、私はやっちまった。自分を言葉ですごく傷つけた。泣きながら(また泣いてる)、ひどい言葉を自分に投げまくった。そして「こんな自分でごめんなさい」と何度も謝った。誰にだろう。自分を自分で傷つけて、その後に自己憐憫。そのまま寝た。今朝、起きると、「そういや私、昨夜はえらいことになっていたな。」と思い出し、自分に投げまくっていた言葉はどこかへ行っていたけれど、私のエネルギーは沈没している感じがする。人の言動に傷つくことってある。でも、それは「人の」なので、「外部」からトゲが刺さる感じで、何だろう、他人→自分というベクトルで変な言い方だけど、わかりやすい。色が違う、というか。そのトゲをどう抜くか、というのはそのトゲがどれだけ深く刺さったかによるけれど、なぜ自分はそれに傷ついたのか、なぜその人の言動が「トゲ」となったの...自分との結婚〜誓いの言葉〜

  • 魔法のぎゅーーーっ

    東京はなんとも穏やかなお天気が続いています。前にも書いたと思いますが、私は秋の陽の光が好き。とても優しいから。秋といえば収穫の季節。寂しさなんて全然感じなくて、それよりも金色に輝く豊かさ!そんなイメージで、お芋さんのようにホクホクと、身も(!)心も肥えてゆく・・・ああ、なんて豊かだこと!そんな陽の光が優しい午後ですが、今日は、私の心が朝からシクシクと痛むのです。なんだか分からないけど。でも、こういう時は頭でわかろうとしない方がいい。その心の痛みをただボーッと感じてみる。シクシクするなぁ・・・って。最近ね、自分の心が感じていることが、自分のものではない時がある。・・・というのが、なんとなく分かるようになりました。自分ではない誰かの心のエネルギーを私がキャッチしている。「あ、これは私のじゃない。」って。以前、親友が...魔法のぎゅーーーっ

  • In Your Own Skin

    Yourownskinを直訳すると「あなた自身の肌、自分の肌」となります。どういう意味かというと、「自分のそのままの姿(在り方)、ありのままの姿(在り方)」。よく使われる言い回しがあるのですが、それは、Feelingcomfortableinyourownskinつまり「自分のそのままの姿(在り方)に心地よく感じる」ということになります。Yourownskinって、英語もうまいこと言うな、と、笑。今の私はそれこそmyownskinに戻り、もしくはちゃんともう一度探して見つけて、そこに心地よく安心して居ること、そこから生きること、そういう状態に戻る練習、プロセスの中にいます。さて、yourownskin,つまり「そのままの姿、ありのままの姿」ってなんでしょうね。よく言うでしょ、自分のありのままの姿を受け入れよう。...InYourOwnSkin

  • 手綱を持ってるのは「そっちの自分」

    前回、前々回と『魔法の時間(ある美容師さんとの出会い)』を前編、後編に分けてお届けいたしました。多くの方々が読みに来てくださいました。皆様がどのように感じられたかは分かりませんが、スピリチュアル云々は置いておいて、たとえ「不思議なこと」であっても、何かそこに「ん?」と感じるものがあったとしたら、あなたの中のどこかに通じるものがあるのかもしれませんね。また、私の場合、今回は、インナーチャイルド、つまり「自分の中にいる子供の自分」のビジョンをヘッドスパの間に見て、その子から「課題」をもらいました。Alostchild...(迷い子)もしそのお話に「ん?」と何かを感じた方がいらっしゃったのなら、それもまた、あなたの中のどこかに通じるのかもしれません。ヒーリングという言葉が世の中に広がり、まあ、ちょっとしたスピリチュア...手綱を持ってるのは「そっちの自分」

  • 魔法の時間(ある美容師さんとの出会い)<後編>

    さて、いよいよここからなおさんは私の髪の毛をいじってゆくわけですが、魂を見てヘアスタイルを作り上げる・・・どうなるのか!?どうなっちゃうの、私!?私の魂が今望むものとは!?(魔法の時間(ある美容師さんとの出会い)<前編>より)ボーっとしたまま、私はもうお任せしよう、とすっかり降伏したというか、なんだか(自分に)疲れたというか・・・。私がなおさんに伝えていたこと、というのは。私はパーマが好き。ウェーブが付いてるのが好き。美しくて柔らかくて優しくて可愛くてセクシーで、そういうのが好き。と。しかし、なおさんは・・・「あゆこさんはとにかくピュアな人だから、本当はパーマとか、そういうのではないはずなのよね。」「だけど!今日はパーマかな。まずはリハビリ、ということでね、笑」パーマとかそういうのじゃない・・・まずはリハビリ・...魔法の時間(ある美容師さんとの出会い)<後編>

  • 魔法の時間(ある美容師さんとの出会い)<前編>

    前回のブログ『過去の私の手を取って』から。その続きがあったのでした。過去の私の手を取ってくれたのは、ある美容師さんだったのです。前のブログを書いた二日前のこと、私はfacebookで大きく「長い髪、飽きてきた。」なんてことを投稿したのでした。それは本当で、コテで巻いたりするとまあまあ素敵になるし、嫌いではないのだけれど、「なんかつまんない」という感じをここずっと感じていたのでした。投稿すると、中高時代の友人からメッセンジャーでメッセージが。あゆちゃん、面白い美容師さんがいる、と。その人はヘッドスパをしながら、その人の魂を見ることができるんだ、と。そして、そこからヘアスタイルを作り出すんだ、と。この友人は優れた華道家で、今や日吉に「秘密基地」と称して何人かの方々とサロンを開いていて、日々、いろいろなイベントを催し...魔法の時間(ある美容師さんとの出会い)<前編>

  • 過去の私の手を取って

    今日は久しぶりに泣きました。よく泣いていた時期があったので、その頃に比べたら随分と久しぶり。泣くといっても、明らかに「悲しい出来事」が起きたわけではなく、(そういう意味では平和な日々が続いています。)ある出来事によって、過去からの傷を思い出し、痛み、泣く・・・私の場合はだいたいそういうパターンです。少なくとも、それが分かるようになりました。「今」起きていることに悲しんでるのではなく「過去」に起きたことを今と勝手に重ね合わせているのです。パブロフの犬、みたいよね。ということを分かりつつ、今日は過去の自分がシクシクと泣いておりました。泣きたいんだから泣いておけ、私。でも、それは「過去」だからね。「今」、じゃないのよ。過去に起きて、今も引きずっている(引きずっているつもりはないのに、ある出来事で引っ張り戻される)悲し...過去の私の手を取って

  • 男らしさと女らしさ

    今朝、興味深い記事を見つけました。「自分はゲイかもしれない」エド・シーランの発言から考える、『有害な男らしさ』の問題点|TRILL【トリル】エド・シーランはイギリスのPop/Rockスターですが、このタイトルのように、幼少の時、社会が設定した「男らしさ」と自分が違い、自分はゲイなのかもしれない、と思ったことがあるという。今や、これまで社会が設定してきたあらゆる「〇〇なら〜あるべき」が崩されてきています。LGBtQという言葉(運動)だったり、(特に女性の)体系において、社会が作ってきた「美しさの設定」に対しての反対運動だったり。今回の記事についても、その一つだと思います。「男らしさの呪縛」というのは、欧米に限ったことではないと思います。全世界の国については私は分かりませんが、少なくとも、日本にだってあると思います...男らしさと女らしさ

  • 『かわいい』

    かわいい。かわいい〜!かわいい〜〜!!(か〜わ〜い〜い〜〜)日本の国民ほど『かわいい』が好きな民はいないであろうな。『かわいい』という言葉を頻繁に使う民も。それも、子供だけでなくて、大人も。(または大人になっても)なんでそんなにカワイイモノが好きなんだろう。本当は『かわいい』好きというのは世界的、普遍的でありながら、国によっては「成熟すること」が大事であり、イコール、「カワイイのがいつまでも好きなのは幼稚だ」という文化によって、「カワイイを我慢している」ところがあったりするのだろうか。一方、日本においてはそのような文化がないから、カワイイ・スピリットが自由に飛び交っているのだろうか。私は小さい時、なぜか「カワイイ」を封印していて、本当はお姫様とか、ああいう世界を恋い焦がれていたけれど、「カワイイってやっぱカワイ...『かわいい』

  • 黙っちゃいられない!

    ちょっと前に「デイでドリーム」というタイトルでいつか私が住みたい家と場所のお話をしました。(確か「デイドリーム2」まで書いたような。)そこから色々と、ここからの人生、こうしたい、ああしたい、というのが以前よりもクリアに見えてきたように思うのです。つまり、自分の「望み」というものですね。例えば、どんなライフスタイルを望むのか。ブログに書いたように、やはり私はいずれ木々に囲まれた、近くに川や湖があるような四季がある場所で、コテージ、キャビンみたいな家で裏したい。豪邸ではなく・・・そうね、優しい家に住みたい。先日、Youtubeで「CountrysideLiving」で検索したところ、ある若いアメリア人女性の(まだ24歳だそうです)、アメリカの田舎独り暮らしを紹介するチャンネルを見つけました。OGPイメージTheCo...黙っちゃいられない!

  • もう(ちゃんと)LIVE予約サイトへ飛べます!

    皆さま、おはようございます!いつもいらしてくださる方、もしや「LIVE行ってみようかな、でも・・・予約サイトをクリックしてもNOTFOUNDになってんじゃん!?ということになってしまった方、大変っ、失礼いたしました!!!今朝、友人から指摘されまして、本当にその通りでございました。お店のサイトからも予約サイトに行けるのですが、直接飛べたら便利かと思いURLを載せましたが、何かうまく行ってなかったようです。もう一度やり直しましたので、もう(ちゃんと)LIVE予約サイトへ飛べます!改めまして、どうぞよろしくお願いいたします!どしどしご予約くださいませ!↓↓↓↓↓<<LIVE予約開始と詳細のお知らせ!>>歌手AYUKOSAITOとギタリスト関雅樹のデュオ・ライブ。今回もSoul/Rock/Jazzなど、Peace!!!...もう(ちゃんと)LIVE予約サイトへ飛べます!

  • 愛の爆弾

    友人が昨日、私に、とあるリンクを紹介してくれました。今日はその全文をここに。*****************『アインシュタインが娘へ宛てた手紙』友人の会社の理念体系を整理する際にアインシュタインが娘へ宛てた手紙の存在を知りました。この手紙の真偽は不明なのですがそれはさておきこの不安定な時代を生きる私たちに必要なメッセージと受け取りました。長文ですがお時間許す方はぜひご一読ください。「人が持つ愛の力を信じよう」という勇気がもらえます。私が相対性理論を提案したときごく少数の者しか私を理解しなかったが私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。必要に応じて何年でも何十年でも私が下に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまでお前にこの手紙を守ってもらいたい。現段階では科...愛の爆弾

  • 聴くブログ!?Sound Blog Vol.6 『Kiss・・・?』

    皆さま、こんにちは。もはや完全不定期、気まぐれSoundBlogへようこそ!またまた久しぶりになってしまいました。千里の道も一歩から。SoundBlogのVol.6へと到着。聴くブログとは私が宅録で作るラジオのようなものでして、ブログの語り口がそのまんま声になっております。(いや、よりフランクになっています、笑)さて、今日のタイトル『Kiss...?』の「・・・?」の意味とは?是非、お聴きくださいませ!SoulQuestSoundBlogVol.6『Kiss...?』*クリックしますと「アプリ取得」「またはウェブ版の利用を継続」と出てきますが、後者でちゃんと聴くことができます。*ヘッドホン(イヤホン)ですと、より聞きやすいかもしれません。今回は13分ほどです。皆様にとって心地の良い時間をお届けできますように!K...聴くブログ!?SoundBlogVol.6『Kiss・・・?』

  • 仲間

    私には仲間が・・・いない!しょっぱなから大胆な「ぼっち」宣言。でも、「ぼっち」というのも全然悪くない。いや、ありがたき友達はいるの。なんでも話せる親友もいるの。でも、「仲間」ってちょっと違うじゃない?なぜ、仲間について考えたかというと。先日、娘(小5)が塾のテストで書いた作文があるのですがね。なかなか良くできた作文で、それは「自分が就きたい職業について」だったのです。彼女はとにかくテレビが好きで(困ったもんだ)数あるテレビ局の中でも、なぜか、「日テレ」が熱狂的に好きなわけです。(オタク)で、将来は日テレの制作の関わりたいと。その作文の最後に書いた文章が↓『また、その職業はたくさんの人と協力して行う職業なので、たくさんの仲間を得ることができ、たくさんのことを学べる職業だと思います。』おっしゃる通り、我が娘よ。そこ...仲間

  • どうやったらもっと・・・!

    クリエイティビティ(創造性)というのは何もアートとか音楽の世界だけのものではなくて言葉がちょっと仰々しいというか何やら特別感があるけれどみんなが発動できるものだと思います。(というか、やっている)私なりに考えてみたら、多分、創造性といいうのは、『どうやったらもっと〜になるかな?」という問いから始まるような気がしていて、それで『創造スイッチ』がオンになるのではないかと。「〜」の部分はなんでも良くてどうやったらもっと面白くなるかな?どうやったらもっと便利になるかな?どうやったらもっとおしゃれになるかな?とか、他に色々ある訳ですが、多分「もっとこうしたい!」という思いが、私たちを創造的にするのではないかと思うのです。「もっと」ということは、今の範囲から抜け出て、どんどん広げるってことでしょう?で、多分、そのもっともっ...どうやったらもっと・・・!

  • BelieveとKnowing

    東京は昨日は雨でそれはそれは寒かった!師走なみの気温だったそうで。でも、今日は美しい秋晴れ。気温も上がってゆくそうです。この季節になって気づいたことは、午前中の東から入ってくる太陽の光が、とても優しくキラキラとしていること。夏のギラギラからスーーーっと落ち着いたような、こちらを包んでくれるような柔らかさ。ああ、秋ってもうそれだけで心がときめく。さて。家ヨガを2年半ぶりに再開して一週間経つのかしら。最初は本当に辛くて「疲れるばっかりじゃん」という感じで、(DVDの)最後はしばらく仰向けになってリラックスしてフィニッシュというものなのですが、リラックスどころか逆に心がざわざわして(笑)「ああ、ここから一日を始める気が起きない。」という本末転倒な結果となっていましたが、いやいや、ここでやめたらアカン!続けるのだ、アユ...BelieveとKnowing

  • ヒーリングCompleted@満月

    皆さま、こんばんは。ブログ、ちょっと今回はいつもよりも日にちが空いてしまいました。お元気でいらっしゃいますか?今日の東京は素晴らしい秋晴れでした。数日前に役2年半ぶりに家ヨガを再開しましてね、若くないからこそでしょうか、ちょっとやっただけで体調の変化を感じています。そして!前回のブロウでもご紹介しました、鱗滝さんの修行の森(鬼滅ネタ)、いえ、池上本門寺の森へ再び行って参りました!前回は息子を探して彷徨いましたが、今回は大丈夫。「お箸を渡す」というミッション(前回のブログネタ)もなく、ひたすら木々の間を、風に吹かれて爽やかに鳴る葉っぱの音を聞きながら、気持ちよく歩き、途中ベンチに座ったり、木に触れたり、深呼吸して綺麗な空気を吸ったりして、充電タ〜〜イムヨガを再開してまだ数日なので、正直、疲れるのですが、何年も肉体...ヒーリングCompleted@満月

  • お箸忘れた事件…からの炭次郎@本門寺の森

    *これは去る14日に起きた事件。池上本門寺からFacebookに投稿したものをこちらでもご紹介。(今更、ハマっている「鬼滅の刃」にうまいこと絡めております。)本日、息子は池上本門寺の公園へ遠足。朝からお弁当を作り、持ち物チェックも完璧!息子を送り出し、達成感と疲れでウトウトしていたところに、「アンタ、お箸入れ忘れてるよ」という天の声。お箸無しでは無理だ!豚肉とキャベツの炒めに焼肉のタレをかけたやつなんて、手で食べたら一体どうなる!?(油ギドギド)先生とか予備のお箸を持っていらっしゃるだろうか!?ああ、サンドイッチにしておけば!遅刻の娘を学校に送りがてら、大慌てで職員室へ。お箸の話をお伝えし、一体我が子は本門寺のどこに行けばいるのか、など大騒ぎをし、しまいには校長先生まで出てきちゃって、あちこち先生に電話してくだ...お箸忘れた事件…からの炭次郎@本門寺の森

  • 愛のカタチ

    愛というのは本来は形のないエネルギーで目には見えないもので心の中やそこら中に満ちているような漂っているような掴みどころはないけれど確実にそこに在って私たちはそれを感じることができる・・・そんなようなもののようなが気がします。そんな形のない愛を言葉や行動や、それこそアートも・・・どうにかしてカタチにしようとする、そうせずにはいられないのが人間なのかな、と思うのです。自分にとっての大切な人、家族や友達、恋人・・・その人たちに見えるカタチで分かるカタチで愛をあげたいだから、どんな言葉をかけたらその人は喜ぶかな、ホッとするかな、笑ってくれるかなどういう風に行動すればその人は喜ぶかな、ホッとするかな、笑ってくれるかな何を贈ったら・・・何を歌ったら・・・何をしたら・・・その人が受け取りやすい愛のカタチを私たちは探す思いやり...愛のカタチ

  • デイドリーム2

    幸せとはなんだろう、と。(また難しいことを!)昨日は子供達の小学校の運動会でした。とは言え、感染対策もあり、学年ごとに時間で分けて、我が子の学年のだけ見る、という形で行われました。娘も息子もよく頑張っていました。お天気にも恵まれ、良かった、良かった。秋の気持ちいい風が吹き、我が子の成長に感謝し、「なんて穏やかで平穏であろう」と。幸せではないか。夜には、私の誕生日祝いも兼ねて、運動会ご苦労さんパーティー?一家で久しぶりに焼肉を食べに行きました。幸せではないか。そして、ふと。。。私がこのまま歌をやめても、いや、やめたら、私はこの平穏な日々を、ひたすら過ごせるのではないか。生活は夫のおかげで不自由なくできている。(もちろんこの先何が起きるかはわからないけれど)だからこその歌手活動ではるけれど、そんな活動をやめてしまっ...デイドリーム2

  • サハラ砂漠の砂の一粒

    昨日の我が50's誕生日は特に特別な何かをすることはありませんでしたが、(夜、子供達とデニーズに行ったくらい、笑。でも、お酒が解禁されたから、ビールがありがたかった!)平和な一日となりました。平和なお誕生日。それこそなんて特別なことよ。10の位が変わって、直前はなんとも恐怖さえ感じましたが、なんてことない、今日も普通に生きている。ははのは。Lifegoeson!Andwe'vegottakeepLOVEgoingon!今日の東京はどんより。気温も落ち着いて、私も朝の諸々を終えると、本日のメイクも放棄して、ちょっと疲れ気味で横になったりして。現在、マイ・ベッドの上でかちゃかちゃブログを打っている。皆さま、お元気でいらっしゃいますか?(前置き長し!!!)しかし・・・。宇宙タイミング(宇宙の流れに沿った完璧なタイミン...サハラ砂漠の砂の一粒

  • 新月の誕生日

    そもそもこのブログは全て私の「私事」を書き連ねているのですが、今日はその最たるもので、失礼いたします。本日、無事に誕生日を迎えることができました。(しかも新月なのがまた感慨深く)ここで敢えて年齢を言わないのもアレなので、言いますけど、50歳になりました!10年×5を成し遂げました〜〜!(例によって)宇宙時間とかを考えるとですよ、50年なんて一瞬以下よ。「いっしゅん」の「い」の更に何億分の1とか、そういうの。いや、1兆分の1とか。(もはや桁とか分からない)だけどね、自分がこの地球のここに誕生したのはやはり特別なことだと思うのです。私事として、とっても特別なこと。サハラ砂漠の砂の一粒だって、宇宙の存在の一つだもの。さて。私の今日の年齢を聞いて、このブログリーダーの皆様の反応はどうなのでしょう。万が一20代の方がいら...新月の誕生日

  • デイドリーム

    今日は、夜見る夢ではなくて、「こうなったらいいなあ!」という、そっちの夢のお話。私には今、一つ夢がありまして。でも、遠い遠い夢。遠い夢なので、逆に何も考えずに、ただ想像して、ハァ〜〜〜とうっとりできます。夢というのは、いざ「叶える」「実現する」という段階に入ると、そこには現実的なプランが必要ですし、そこに壁があったり、問題が出てきたりと、これ、なかなかのチャレンジとなります。今私が持っている夢というのは、そんな段階からほど遠い、まだ「フワフワして形がない」ので、本当にただの夢。笑。でも、そういう夢を持つのもいいですね。キラキラの中に逃げられるといいますか。で、それは何かと言いますと。いつか住みたい家。ここ一年くらいでしょうか。そんな夢を持つようになったのは。最近では、家の写真とかよくインターネットで探してみたり...デイドリーム

  • 秋うらら・・・(リハーサルスタジオでの満ちた時間)

    今日の東京はなんとも爽やか。日差しも風も優しくなってきています。YESマイシーズンの到来よ!(今週お誕生日)先週金曜日、激しい台風の中、リハーサルスタジオに一人で入ってきました。↓贅沢にもグラ〜〜ンドピアノ。長いキャリアの中、リハーサルスタジオに一人で入るのはなんと初めて!歌の練習はいつも家でやってきたのですが、春からヘッタクソな弾き語り動画(あ、歌はいいのよ。ピアノね、下手なのは、笑)を始めてすんごい上手なミュージシャンがそばにいなくても、何とかかんとかできるものなのだ、と、笑。ああ、音楽って素敵。音が出せるだけで、声を出せるだけで、音楽になるのだわよ。パンデミックでLIVEもしなくなり、久しぶりに「マイク」を通して歌いましたが、大丈夫。全然、いける、笑。戻った、戻った。いや、私はどこにも行っていなかった。ち...秋うらら・・・(リハーサルスタジオでの満ちた時間)

  • 何もないのもアレですが

    何もないのもアレですが、何かあるとなると、これまたちょっと構えてしまったり。(回りだせば大丈夫なのですが、回る前の段階の緊張のようなもの。)12月23日にLIVEを決行することになりました!私自身がステージに立って歌うのはほぼ2年ぶり。(厳密に言えば、1年11ヶ月ぶり)今回は長年の盟友であるギタリスト関雅樹とのユニット、『Peace!!!』でのLIVE。本当は昨年の7月に予定していたのだ、どんどん延期となり、結局、一旦白紙としてから・・・ああ、一年以上。私自身もちょっと前までは「歌う気が起きない」と洞窟期間(笑)を過ごしましたが、先週のある日、急に目が覚めまして、関君に速攻、その旨を連絡。次の日にはブッキング完了!という、まさに天からのゴーサイン。(と、した)まだ3ヶ月もあるのですが、私の場合は準備に最低でもそ...何もないのもアレですが

  • 選択の祈り ( A Prayer of Choice)

    Pleasehelpmetochoose...HappinessratherthansadnessHumorratherthanseriousnessTrustratherthandoubtHonestyandsincerityratherthanoffensivenessReceivingratherthanrefusing...SOBEIT.悲しみよりも幸せを深刻さよりもユーモアを疑うことよりも信じることを頑なさよりも柔らかさを攻撃よりも素直さと正直さを拒むことよりも受け取ることを選ぶことができますように。どうぞ心安らかな夜を・・・Wishingyourapeacefulnight*聴くブログ!?「SoulQuestSoundBlog」というラジオなようなものを勝手に作って展開しております!このブログの調子...選択の祈り(APrayerofChoice)

  • 「あなたはダメじゃない」90年代スーパーモデル(もう少し言いたいこと)

    前回のブログ「90年代スーパーモデル」は、あれだけでカバーするには、あまりにもデリケートな内容であり、個人個人の捉え方は違うと思います。もちろん、私のような者が全てをカバーできる訳がないのですが、(結局、個人の考え、ということになってしまうのですが。)もう少し書き記したいことが、後になって出てきました。「自分の存在価値は自分の存在そのものだ」究極的なところです。何ができようが、できまいが、どんな姿であろうが、あるまいが、外側で起きていることと関係なく、自分の存在そのものの価値は皆、同じで尊い。外的なことによって、価値に優劣などつかない、というのが、自分の存在の価値なんだ、でも、それを実際に「生きる」ことはとても難しい。そのようなことを書きました。ここから更に書き加えたいのは・・・自分が達成したこと、頑張って得た...「あなたはダメじゃない」90年代スーパーモデル(もう少し言いたいこと)

  • 90年代スーパーモデル

    90年代は「スーパーモデル」という言葉が世に出るほど、ファッションモデル界がそれはそれは華やかな時代でした。私はちょうど20代が始まった頃で、その頃はアメリカで学生時代を過ごしていたのですが、それこそ「VOGUE」なんかを毎月買っては、素敵なモデルさんの写真を切り抜いたものでした。私が一番好きだったのはクラウディア・シファー。本当に彼女にうっとりしたものでした。とにかく、彼女たち、スーパーモデルと呼ばれた人たちはそれはそれは華やかだった。今のように「ボディポジティブ」ムーブメントとか、女性の体型に対しての意識の変革など、カケラもない時代でした。今思えば、私も多分にもれず、世の中やファッション業界が「美しいとする」モデルさんたちに普通に憧れていましたが、でもね、彼女たちは素敵だった。そこは否定しなくてもいいものね...90年代スーパーモデル

  • 波長で寄り添う

    朝から、夫と子供達は平和島「トンデミ」に出かけたので、私は家で平日のような静けさを味わっております。秋分の日も過ぎ、すごく暑くなりましたが、今日はすっかり涼しく。どんよりなお天気ではありますが、穏やかで静かな時間に感謝。今日は「波長」のお話。波長が合う、合わない、といった表現がありますね。または、気が合う、合わない、とか。「波長」も「気」もどちらも目に見えない「感覚」ですが、分かる。その人に会えば。不思議なもので。今回は私の(ボーカル)レッスンでの「波長体験」なんぞをシェアしたいと思っています。私のところには色々な人がレッスンに来てくださっています。(みんな、女の子です、今のところ)それぞれの持つ個性としての波長もありますし、その日の波長、つまり、あら、今日は元気なさそう、とか、すごい元気そう!もあります。そし...波長で寄り添う

  • ヒューマノイド(人間型)

    昨日お風呂で。身体を洗いながらまじまじと自分の身体を(なるべく新たな目で)見ていましたら、あまりにも当たり前であるこの肉体。ザ・ヒューマノイド(人間型)ボディー(そしてドラえもんは猫型)頭があり、胴体があり、腕が二本、脚が二本、指がそれぞれ5本ずつ。変なの!!!(失礼ながらダーウィンの進化論は無視しつつ)一体誰がこんな型を考えたのだろう?!どういう過程でこういう型になったのだろう?!なぜ、腕は4本じゃなくて2本にしたのだろう?!指の数はなぜ5本ということにしたのだろう?!などなど、ツッコミどころはいくらでもあるのですが、分かりゃしない。とりあえず(宇宙的に?)我々の肉体の作りはヒューマノイドというカテゴリーに属している。。。じゃあ、その他にどんな形の有機生物が宇宙に存在しているのだろうか。まず思い出したのは火星...ヒューマノイド(人間型)

  • 好きなように・・・ということは

    好きなようにする、好きなように生きる、というのは、いいわねえ、自由でお気楽で、なんて皮肉なことを言われそうですが、でもそれをするにはまず自分の「好きな」を知っていないとできません。その上で、それを行動に移さないとできません。好きなようにする、好きなように生きる、というのは、実際には、なかなか怖く、勇気がいるものです。「自由」という言葉を聞くと、なんかうわ〜〜っと翼が生えたような、なんか世界が無限に広がっていくような感覚が起きます。そして、私たちはそんな感覚に憧れます。しかし、本当の自由とは無限であり、境界線も限界もないことであり、普段、自由がないとかってブーブー言っていても、いざ、本当の自由なんかをもらっちゃったら、アタフタオタオタするに決まってる。さあ、どうぞ!ってなもんで、無限大のキャンバスをもらっちゃった...好きなように・・・ということは

ブログリーダー」を活用して、Butterfly Infiniteさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Butterfly Infiniteさん
ブログタイトル
AYUKO SAITO's Soul Quest Journal
フォロー
AYUKO SAITO's Soul Quest Journal

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用