searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

心経さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ロードバイクとスーパーカブで巡る四国八十八霊場と別格二十霊場
ブログURL
https://sikimidaigarden.hatenablog.com/
ブログ紹介文
町中はロードバイク、遠くにある山寺はスーパーカブで回った108のお寺をご紹介します
更新頻度(1年)

2回 / 8日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2020/10/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、心経さんの読者になりませんか?

ハンドル名
心経さん
ブログタイトル
ロードバイクとスーパーカブで巡る四国八十八霊場と別格二十霊場
更新頻度
2回 / 8日(平均1.8回/週)
読者になる
ロードバイクとスーパーカブで巡る四国八十八霊場と別格二十霊場

心経さんの新着記事

1件〜30件

  • ロードバイクとスーパーカブで巡る四国八十八霊場と別格二十霊場(その6 大山寺)

    別格第一番札所 仏王山 大山寺 (ぶつおうざん たいさんじ) 住所 板野郡上板町神宅字大山 電話 099-694-5525 地蔵寺から大山寺まで 距離 7.6km 標高差 +450m -19m 地蔵寺から大山寺まで 古墳時代の末期、西暦五百年頃に西範僧都(せいはんぞうず)が開基。阿波国最初の仏法道場である。教科書で習った仏教伝来(538)より早く、ロマンの漂う開創縁起である。弘法大師が立ち寄ったのが平安時代前期、西方笹原にあった寺を現在地に移転し、長安青竜寺恵果大阿から授かった先手観世音を本尊として安置する。密教道場に最適の場所として山号を仏王山、印度の須弥山にちなみ寺名を大山寺へと改める。寿…

  • ロードバイクとスーパーカブで巡る四国八十八霊場と別格二十霊場(その5 地蔵寺)

    第五番札所 無尽山 地蔵寺 (むじんざん じぞうじ) 住所 板野郡板野町羅漢林東5 電話 088-672-4111 大日寺から地蔵寺まで 距離 1.8km 標高差 +1m -56m 大日寺から地蔵寺まで 弘仁十二年、紀伊の熊野権現から霊木をいただき、弘法大師が一寸八分の勝軍地蔵尊を刻んで本尊として開創したのがお寺の始まり。本尊が勝軍地蔵のため軍神として崇められ、源頼朝や義経、三好氏や蜂須賀氏らの武将から寄進や保護を受けた。その結果、寺領が阿波はもとより讃岐、伊予にまで拡大し、三百を超える末寺を有したと言われている。本堂裏手の石段を上がると奥の院である五百羅漢堂がある。拝観料二百円。様々な喜怒哀…

  • ロードバイクとスーパーカブで巡る四国八十八霊場と別格二十霊場(その4 大日寺)

    第四番札所 黒巌山 大日寺 (こくがんざん だいにちじ) 住所 板野郡板野町黒谷字居内5 電話 088-672-1225 金泉寺から大日寺まで 距離 4.9km 標高差 +82m -21m 金泉寺から大日寺まで 弘仁六年に弘法大師がこの地にて大日如来を感得し、一刀三礼をして一寸八分の大日如来像を彫造したことがお寺の由来。三方を山に囲まれ、黒谷川の上流にあることから「黒谷寺」とも言われている。2018年に改築された山門(鐘桜門)は、旧門と同じく下層が角柱、上層が丸柱の欅造りで立派の一言。手水舎の水がうっすら白く濁るため、胃腸に良い「はまぐり水」として地元民から重宝がられていたが、最近では水の出が…

  • ロードバイクとスーパーカブで巡る四国八十八霊場と別格二十霊場(その3 金泉寺)

    第三番札所 亀光山 金泉寺 (きこうざん こんせんじ) 住所 板野郡板野町大字字亀山下66 電話 088-672-1087 極楽寺から金泉寺まで 距離 2.7km 標高差 ほぼ平坦 極楽寺から金泉寺まで 建立時は金光明寺という寺号であったが、弘法大師が巡錫した際、水不足に苦しむ村人のために井戸を掘ったところ、黄金の霊水が湧き出たことから金泉寺と改称した(これとは別に、弘法大師が境内の古井戸から黄金の仏像を拾い上げたとも言われている)。源義経が屋島攻略の折に訪ねた際、力自慢の弁慶が試しに持ち上げた「弁慶石」がお寺の北にある泉水のふちに保存されている。義経が祈りを捧げたと伝えられる聖観音は「勝運観…

  • ロードバイクとスーパーカブで巡る四国八十八霊場と別格二十霊場(その2 極楽寺)

    第二番札所 日照山 極楽寺 (にっしょうざん ごくらくじ) 住所 鳴門市大麻街檜字段の上12 電話 088-689-1112 霊山寺から極楽寺まで 距離 1.2km 標高差 ほぼ平坦 行基の開基と伝えられるが、弘法大師が三十七日間阿弥陀経を読誦し修法。結願の日に阿弥陀如来が出現したので、その姿を彫造して本尊とする。阿弥陀如来像は美しく、発する光は遠く鳴門の長原沖まで達するため漁の妨げとなった。このため漁師らが本堂の前に人工の丘を築き、光を遮ったとの伝えから山号が「日照山」となる。極楽寺は安産祈願のお寺。難産に悩む難波の婦人が妊娠したので安産祈願を受けたところ、ある夜弘法大師が夢に現れ四国遍路を…

  • ロードバイクとスーパーカブで巡る四国八十八霊場と別格二十霊場(その1 霊山寺)

    第一番札所 竺和山 霊山寺 (じくわさん りょうぜんじ) 住所 徳島県鳴門市大麻町坂東塚鼻126 電話 088-689-1111 徳島駅から霊山寺まで 距離 12.9km 標高差 ほぼ平坦 弘仁六年(815)に弘法大師が四国八十八箇所第一番の霊場と定めた由緒あるお寺。元は天平年間(729〜749)に聖武天皇の勅願を受け、行基が創建したもので、八十八霊場のうち三分の一は行基によって開基されたという。大師が巡錫の際、この地で三十七日間の修法を行ったところ、大師の周りを大勢の僧侶が取り囲む光景が天竺の霊鷲山で釈迦が説法している情景と似ていると感じ取り、天竺の霊山を日本に移す意味で「竺和山霊山寺」と名…

カテゴリー一覧
商用