searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

INFPの妻さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
INFPのブログ
ブログURL
https://infp.hatenablog.com/
ブログ紹介文
INFPで非常に生きづらい人生を送る夫の生態を、妻(ISNF)から見た備忘録です。
更新頻度(1年)

15回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2020/09/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、INFPの妻さんをフォローしませんか?

ハンドル名
INFPの妻さん
ブログタイトル
INFPのブログ
更新頻度
15回 / 365日(平均0.3回/週)
フォロー
INFPのブログ

INFPの妻さんの新着記事

1件〜30件

  • 親の過干渉と自己肯定感

    先日面白い記事を読みました。 「親の過干渉は子供の自己肯定感を低下させる」 と言うもの。 親からの過干渉で育つ子供は、自らの行動を制限されたり、親が良かれと思って転ばぬ杖を先手先手で差し出されることで、いざ自分で選択を迫られた時に判断ができなくなるそう。 そして、それを繰り返して育つ子供は自分で決断したいこと、やりたいことも選択できなくなっている状況に置かれることが多いとか。 そうなると、いざ決断!の際に今までに経験がない状況になるため、とても不安であり、最終的に決断ができない、時には誰かに決断してもらうように相談したりする。 これを読んだときに、もしかして夫(INFP)はこれが関係しているの…

  • 血液検査の結果は肥満

    先日の記事で「糖尿病予備軍」という記事を書きました。 infp.hatenablog.com そこで手軽に血液検査を受けてみることに。 自宅でリラックスして採血し、ポストに投函すれば結果がメールで届くので、 外に出るのもつらい状態の方にもおすすめです。 血液検査キット スマホdeドック 生化学14項目 スマホdeドック Amazon 結果が数日で来るのですが、やはりいろいろな部分に支障が出てきているようでした。 10㎏以上体重が増えたこと。 ほぼ家に居るのに食生活が変わらず、甘いものをよく食べる。 特に控えていた炭酸飲料の摂取、チョコレートなどのドカ食いなどなど、 「そりゃこんな結果になるよね…

  • 糖尿病予備軍

    夫(INFP)は現在うつ状態。 毎月、カウンセラーとお話をする治療(?)のみ継続中。 カウンセリングのクリニックのため、資格のある医師ではないため、薬の処方も障害年金などの手続きをするために診断書を書いてもらうこともできません。 現在はきちんと病院通いにシフトチェンジしてほしいなと考えているところです。 さて、 夫のうつ状態がいつごろから発症しているのかは実際にわかりませんが、 かなり人に気を使ったり敏感なところがあるHSPでもあるので、辿れば結構昔から違和感を感じる部分があります。 「あ、あの頃からそうだったのかも」 「出会った頃もこんなことあったっけ」 なんて言い出したらきりがないのです。…

  • 気を使う人は疲れやすい

    夫(INFP)はもしかすると私たちが出会ったころからすでにうつ病になる未来に向かって走っていたのかもしれません。 夫は昔からとても気遣いができる優しい人です。 優しいだけではなく、人にもとても気を遣う性格でもあります。 自分が発した音が、周りの人の迷惑になるほどの音になっているんじゃないか? 逆に大きなくしゃみをする人が近くに居たら、とても驚いたり(音に敏感)。 完ぺき主義であったり、自分が思う最高のパフォーマンスを出したいと常に精一杯で、自分を許してあげることができない性格です。 夫は不器用でもあるので、ベストなパフォーマンスをしているつもりでも、私からするともう少し要領よくやればいいのにと…

  • うつを甘く見てました(書籍紹介)

    うつを甘くみてました #拡散希望#双極性障害#受け入れる#人生 (ぶんか社コミックス) 作者:ブリ猫。 発売日: 2018/09/06 メディア: Kindle版 先日、こちらの本を読みました。 「あ、私間違ってたのかな」 と反省しました。 夫(INFP)は現在うつ状態で、休職中です。 経緯としては ・いつも仕事は長続きせず(理不尽な上司がいること、自分が思う通りに効率よい仕事を進められないこと、希望している仕事内容でバリバリと働けないことが主な原因) ・極度のHSP(Highly Sencitive Person) ・思い描いていた未来と現実の乖離 ・将来への不安 ・頼りにされていない、自分…

  • 怠惰か、もともとの性格か、うつのせいか

    number.bunshun.jp 先日から考えていました。 夫(INFP)は一つのことしかできません。あれをやってこれをやってとできない人です。計画も立てられない人です。 私は逆にこれをやらないと!とある種強迫観念の様に、思い立ったらやってしまい性格なので、物事の途中でもやらなければ!と思い立ったらそれを済ませてしまいます。 夫は目の前のことしか手につかないので、すでに転職活動で長らく家に居ますが、自分にとって目の前の優先ごとがあると、限りある時間の中で、通常業務をこなすことができません。 家に居るなら、食事も準備してほしいし、洗濯や掃除、食器も片付けてほしい。でもそれができる日とできない日…

  • HSPって治るのかな

    youtu.be 先日こちらの動画を見ました。 HSCとはHighly Sencitive Childの訳で、超敏感気質という意味です。 友達が怒られていると、まるで自分が当事者かの様に悲しくなるし、音やにおいにもとても敏感だったりします。 HSPというのも最近はとても話題に上がる気質で、こちらは大人バージョンです。 このビデオの彼の気持ちも、夫(INFPでありHSP)を見てきているので理解できます。 そして祖母の言うことも大変理解できるのです。 私はどちらかと言うと祖母側の気持ちに近いものがあります。 コメント欄に「私もHSCだったけど治った」と書いている人がいました。 それをみて、もしかし…

  • 絶賛就職活動中!

    夫(INFP)は絶賛就職活動中です。 コロナの影響で仕事はぐんと減り、企業側も面接どころか募集も控えている昨今。 夫の体調もコロナの影響もあり、上向きとはいきません。 私が働いているのでまだ何とかなっていますが、 この先何年と無職でいるわけにはいきません。 また仕事をしない期間が長ければ長いほど、再就職には不利になります。 それは単に働いていないというマイナスのイメージを面接時に突っ込まれることはもちろんのこと、本人自身も外に出ることが怖くなってくるからです。 夫のうつ状態も言葉通り日々、浮き沈みが激しく、外に出ることは問題ないものの、 人ごみの中に行くこと、また居ることに強いストレスを感じる…

  • 帯状疱疹の後は、謎の体調不良

    みなさま、今日もお疲れ様です。 先日から、帯状疱疹で療養中の夫(INFP)です。 帯状疱疹は水疱瘡のウイルスを持っている人ならだれでもかかりうる免疫低下によって引き起こされる疾患で、夫もストレスがたたって、帯状疱疹を発症してしまいました。 帯状疱疹は早期治療が決め手で、神経に沿って痛みが生じるので、早めに直さないと、神経の痛みが長引くそうです。 INFPさんはいろいろなことに敏感なので、今回も早めに症状に気付き、病院へ行ったので、治りは早かったように思います。 ただ、症状のピーク時はすごく患部に不快感を感じ、またピークを通り越してから?かゆみに悩まされました。 搔きたいのに掻けないのってストレ…

  • 帯状疱疹が出た(ストレス?)

    みなさん、今日もお疲れ様です。 夫(INFP)の体調はあまりよくありません。 転職のストレス?コロナの影響?毎日の負のニュース・・・ INFPさんは人の気持ちや周りの状況をもろに受け取って、その人の気持ちや状況を汲み取ってしまう(なんなら肩代わりしているような)タイプなので、今、このコロナ禍の状況で、毎日毎日同じようなマイナスのニュースばかりを見ているせいか、体調がすごく悪いです。 症状は ここ最近はずっと下痢が続いています。 突然の寒気とともにトイレに駆け込む感じ。 これは仕事のストレスを強く感じている時もよくお腹を下していましたので、許容範囲(妻)です。 最近になって体が痛いと言い始め、つ…

  • 日に日に外に出るのがこわくなる

    今日も一日、お疲れ様です。 私の夫(INFP)は現在転職活動中で、家に居ることも多くなっています。 特に週末は何もしなくて良いので、余計に外に出なくなっています。 ですので月曜日など、外出する日が近づくと不安で眠れなかったり、よく目が覚めたりするようです。 出不精に慣れると、次に外に出るのが怖くなってしまうようです。 負のスパイラルですよね。 夫はINFPでもあり、極度のHSP(超過敏)でもあり、うつっぽい症状もあるため、現在転職活動は思うように進んでいません。 私も夫のために良い転職先はないだろうか? できる仕事はないだろうか?などとネットで探すのです、 夫の性格を知っているので、 「あ~こ…

  • 自己肯定感を高めてあげる

    ご無沙汰しております。 夫婦ともども忙しく働いていて(笑)、ブログの更新ができなかったこと、また現在INFPの夫が以前よりも精神的に落ち着いていることもあり、なかなか更新することがなかったような、そんな状況です。 以前勤めていた会社には、Theパワハラ上司がおり、 その上司は何もしないのに自分の手柄だけは全部持っていくような、下の者に働かせるだけ働かせるような上司だったため、夫が仕事を始めてから、彼らの部門で何人人が入れ替わったか!というほどでした。 その後、契約の期間満了に伴い、退職することになったのですが、夫の代わりに入ってきた人は、退職した夫に今でもメールで愚痴を言うほどのパワハラ上司。…

  • INFPの結婚相手を考える2

    「INFPの結婚相手を考える」についてはこちら。 infp.hatenablog.com 夫(INFP)は、現在妻(ISFJ)と結婚しています。 INFPxISFJは相性は良いと思います。 空想家で傷つきやすいINFPと、お世話したがりで献身的なISFJは補うことができる相性なのかなと。 ただ、献身的に尽くすISFJへの見返りが少ないので、現在不満爆発している妻ですが。。。 // INFPは一人で過ごす事が好きだし、それでエネルギーを回復したりするので、もしかすると独身の人も多いのかもしれません。 INFPの生涯賃金は低いんです。 なので、「こんな自分が結婚なんて」と言う風にあきらめた結果、独…

  • とうとう離婚を切り出した

    あ~なんかね、今日は愚痴ですよ。 夫(INFP)はお金の管理やら、とりあえず計画的に何かを達成することができません。 成人するまでどうやって生きてきたんだと思うくらい。 結婚してからお金に困らなかったことがない。 いつもギリギリで生活している。 あればあるだけ使って、無くても使ってる。 私が通帳を見て悲鳴をあげるの繰り返し。 // 先日は、貯金額が1万円を切っていた。 しかも銀行から毎回下すのに手数料を取られている。 年間でうん千円。もうガックリ。 夫は、こちらが何か言えば、自分を正当化する言い訳を必ずします。 だから怒りをぶつけても焼け石に水です。 なぜ怒られないといけないのか、理解できない…

  • 自死は突然やってくる

    竹内唯子さん(享年40)が自死されたとのニュース。 衝撃的でした。 記事によると、前夜まで家族で食事を楽しんでいたとか。 ハツラツとした、魅力的な女性ですよね。 前向きで、向上心があり、美しく聡明で。 夫がすこし元気を取り戻しても明日には自死しているかもしれない。 そんな不安に駆られるニュースでした。 // 竹内唯子さんが悩んでいたのか、うつ状態にあったのかは私たちにはわかりません。 ただ、私の夫(INFP)は確実にうつ状態で、気分は下がっている状態なので、いつそうなってもおかしくないのかもしれません。 一つ言えることは、周りがそれに巻き込まれてはいけないという事。 うつ状態の人は精神状態が安…

  • 体調管理にスマートウォッチが便利

    夫(INFP)は、かなりこだわりが強く、自分が欲しいと思ったものでも、最高品質、最高性能を求めます。 INFPって何? →性格診断のタイプのこと! // これは自分自身の完璧主義にも当てはまり、 ある程度で妥協してしまうだとか、何か完成させないといけないものがあっても、完璧でなければ、全く納得せずに何度も何度もやり直し、修正をかけたりします。 夫(INFP)の性格上、 ストレスが溜まると、どちらかと言うと過食に走るタイプで、 イライラしているとどうしても甘い物や、お菓子などをドカ食いしてしまいます。 それは自分では駄目だとわかっていても 自制することができないのです。 これは負の連鎖が働くサイ…

  • うつと脳と食べ物

    夫(INFP)は、現在うつ傾向にある。 現状は落ち着いている感じですが、厄介な病気ですのでいつ急変するかはわからないので、しっかりと様子を見ていないとなと思う今日この頃。 // 以前、うつに関してどんな仕組みなのか書き留めた記事があります。 infp.hatenablog.com 今日、メンタリストDaiGoのYoutubeをたまたま見たんですが、 「脳をぶっ壊す食品」 と言うのがありまして、見てみました。 健康に気を使っている人であれば、あーあれだろうな~と察しがつくかと思いますが、 私も復習の意味も込めてみてみました。新しい発見があるかもしれませんしね。 脳に依存性を及ぼす度合いでランク付…

  • INFPとHSP(超過敏)

    夫はMBTIでいうINFPタイプです。 ja.wikipedia.org INFPは「仲介型」というタイプに属しており、平和主義で皆を助けたいというとても穏やかな気質のタイプです。 www.16personalities.com 欲がないというか、人のことを第一に考えているため、自分自身がないがしろになることも少なくありません。 またこのINFPは全人口の中でもすごく少ない割合のタイプのため、一般的なタイプの人から理解されにくいことも多々あります。 // 妻の私はと言えばISFJと言うとても一般的なタイプのため、夫の行動や、発言、思考などの多くに寄り添えないことも多いです。 ただ、彼は「INF…

  • ギブアンドテイク

    最近こちらの本を読んでいます。 GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代 三笠書房 電子書籍 作者:アダム・グラント 発売日: 2014/03/04 メディア: Kindle版 人間は 与えることに喜びを感じる人(ギバー)、 搾取し続ける人(テイカー) その中間にある、損得勘定、またはやってもらったらお返しをしたい、もしくはやってあげたからには見返りを求めてしまう人(マッチャー) が存在します。 // 与え続ける事に喜びを感じる人(ギバー)は何かにつけて損をしていそうに思いますが、 実は収入面で上のランクに居るのは「ギバー」であることの方が多い結果が出ています。搾取され続けたら、収入…

  • 黒い悪魔(うつと戦う)

    夫(INFPであり、うつっぽい)が以前言っていたのですが、 うつ傾向にある最中、物事を悪い方へ悪い方へ考えてしまうということ。 また夫のHSP(超繊細)も手伝ってか、人のことを気にしすぎるあまり、物事を悪い方へ考えると、そればかり頭の中を駆け巡って負のスパイラルに陥ります。 // 私たち一般人の大部分は、「繊細でない人」、「おおざっぱな人」、「少しは気になるけど思い悩むほどではない人」、など、そこまで思い悩む人は多くなく、むしろ年を重ね、経験を積むことで、それらを回避する(自分を守るため)能力、また図太さが身に付くものですよね。 夫はHSPですので、もう良いお年ですが、図太さはなく、思い悩むこ…

  • 三浦春馬さんの自死について考える

    昨日、俳優の三浦春馬さんが自死されたとのニュースが世間を賑わわせ、追悼コメントや、彼の今までの立ち振る舞いに対する賛辞がたくさん飛び交いましたね。 // とても有名な方、しかも若くして自死へ向かってしまったことに世間も大変驚いたのが正直なところ。 ネットニュースのコメント欄などを見ていると、 「驚いた」 「悲しい」 「ショック」 と言ったありふれた言葉よりも、 「そうだったんだ」 「もう少し休息の時間があれば」 など、寄り添う言葉が多かったこと、また自死に走ってしまったことに対するショックよりも、ある意味「そんなことも起こってしまう世の中だ」 と言うように納得するコメントも多かったように思いま…

  • ツレがうつになりまして。映画

    ただいま、映画「ツレがうつになりまして。」がGYAOで無料配信中です。 gyao.yahoo.co.jp 最後に「あ・と・で」と言うワードが出てきますが、 うつ病に関して 「あ」:焦らない、焦らせない 「と」:特別扱いしない 「で」:できることとできないことを考える と言うことをおっしゃっていました。 無料配信が終わってもこのワードは覚えておこうと書き残しておきます。 まだ見ていない方は、当の本人でも、その家族でも共感出来たり、考えさせられたりするので、ぜひご覧ください。 ツレがうつになりまして。 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video ツレがうつになりまして。 (…

  • 極度のHSPさんが子供を持つことについて

    HSP(Highly Sensitive Person)さんは音やにおい、色そのほか、細かなことにとても敏感です。 特に夫(INFP)はHSPの度合いも高く、何度もこちらに書いているように、 ストレスがあるときなど、特に音に敏感になり、気になって自分のやりたいことに集中できません。 特に子供の金切り声は苦痛のようですし、レストランでの周りの会話が雑音になり、自分たちの会話に集中できなかったりします。 そういったHSPさんが子供を持つことについて考えてみました。 もちろんHSPの度合いが低ければなんともないのでしょうが、夫の様に子供の金切り声などにも生気を吸い取られる程の敏感なタイプは、果たして…

  • 本当に自死してしまうんじゃ?

    ここ最近、夫(INFPでHSP)のストレスは半端なく、 耐性のキャパシティーが狭く、なおかつストレスにも超過敏に反応してしまう夫の現在の職場環境は劣悪です。 以前も書きましたが、その部門を担当していた方は複数人いたのですが、退職されるとのことで欠員募集の枠で入社しました。 ただ、複数いたメンバーもその上の上司のパワハラにはひどく疲弊していたため、すべてのスタッフが別部署へ移動。 夫一人にその負担がまわってきました。 普通の人でもその上司のパワハラに耐えられなくて次々とその部署を去る環境にもかかわらず、夫はそのストレスを一挙に引き受ける形になりました。 毎日ストレスが少しずつ溜まっているのが手に…

  • あるタレントがHSPを公表したとの記事を見て

    今日は、「妻(ISFJ)が勝手に思うこと」 のトピックで、独断と偏見で書き散らかす記事ですので先にお伝えしておきます。 先日、某タレントが「HSP」であることをブログか何かに公表したというような趣旨の見出しをネットニュースでちらっと見ました。 私はその方が「HSP」とも思えませんし、流行り好きというか、色んなものに飛びついては話題にしてほしいのか、そんな印象を持っていたので、なんだかこの件もそうなのかよ!と静かな怒りが湧きました。 例えば、書籍で賞を取った某お笑い芸人のあの方だったり、テレビ越しでも「HSP」気質がわかるような方であればこんな感情にならなかったでしょうし、もしかすると、その某タ…

  • 心療内科よりカウンセリングが良い(後編)

    前回の続きです。 まだお読みでない方はそちらからどうぞ。 infp.hatenablog.com 夫は2件の心療内科へ行き、「適応障害」と「双極性障害」の診断をされましたが、その後セラピーの門をたたきました。 一件目の心療内科で言われたことですが、 日本ではまだまだ専門的なセラピーは普及しておらず、なおかつ金額が高いとのことでした。 しかし、夫は自分の症状を緩和してくれるかもしれないというセラピーに行ってみることにしたのです。 そこに行った結果ですが、 「とてもよかった」 と言うのです。 INFP,特にHSPの人は以前におすすめした動画にもあるように youtu.be 穏やかな相手とは話してい…

  • 心療内科よりカウンセリングが良い(前編)

    夫(INFP)が日々の生活の中で感じるストレス、希望と現実とギャップに思い悩む日々が続く中で、とても鬱っぽい症状が続くようになりました。 20代の時はまだ希望の方が強く、30代に差し掛かる頃には現実がリアリティを帯び始め、この世の中はこんなに生きにくいのかと実感し、日々、明るい未来は想像しにくくなっている現状に負のストレスが少しずつ溜まっている状況です。 そんな中、 夫の症状として・・・ 寝付けない、 暗い未来のことで頭がいっぱい、 現実逃避したい、 今まで楽しかったことに興味が持てなくなる 休みの日は何もしたくない 寝付けない割に休みの日はずっと寝ている 時折涙が出る 死にたいと思う このま…

  • テリトリー内ではスイッチオフ

    夫(INFP)は家に入ると全く気を使いません。 もうそれは電源が切れたかの様に。 普段、周りに気を配り、HSP(超過敏)の度合いもかなり高いので気を使って生活をしている分、家に帰ってくると本当に何もしません。 infp.hatenablog.com 何もしないだけならまだしも、自分が嫌だと思うことは一切やらないのでかなり腹が立ちます。 家事はもちろんノータッチ。 家に帰れば食事が用意され、食べて寝るだけだと思っているのか!? 食事もシンクまで持ってくることもないですし、お菓子も好きなだけ食べて、食べた後はテーブルに放置。 やったらやりっぱなし。 自分の本能にだけ忠実に動いている感じ。 それが駄…

  • HSPを簡単に理解、簡単にストレスを解消する動画

    youtu.be Youtubeで分かりやすくHSPさんのストレス解消方法を教えてくれる動画を見つけましたので、参考になれば。 また身近な人がHSPだった場合の理解にも役立ちそうです。 夫はまさに動画そのものです。 行き辛いですけど、これは生まれ持ったもの(?)らしいですよ。 動画ではそうおっしゃってます。

  • あなたがポジティブかネガティブかわかる方法

    妻(ISFJ)が最近友人と話していて思った事。 友人は自分でも断言するほどのネガティブです。 かと言って暗い~性格ではないですし、明るい方です。 ただ考え方がネガティブだと言うだけ。 私は、昔は割とマイナス思考で、自分の行動、言動に反省点を見出してクヨクヨする事もありました。でも今では全く気にしなく、図太くなりました。 さて、自分自身がポジティブか、ネガティブかわかる簡単な質問があることに気づきました。 それは 「タイムマシンがあったら、あなたは未来に行きたいですか?それとも過去ですか?」 こんな質問です。 「過去」と答えた人はネガティブ志向なのかなーと思いました。 現在の状況が嫌である、また…

カテゴリー一覧
商用