searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

小心さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
二十四孝に会いに行く!
ブログURL
https://shousin.hatenadiary.org/
ブログ紹介文
社寺巡りをしていると、お堂や社殿に彫刻が施されているのを見ますよね!日本の神話や中国の仙人、鳥や動物。その中でも中国の孝子たち、「二十四孝」の彫刻に絞って見ていきます。
更新頻度(1年)

44回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/09/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、小心さんの読者になりませんか?

ハンドル名
小心さん
ブログタイトル
二十四孝に会いに行く!
更新頻度
44回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
二十四孝に会いに行く!

小心さんの新着記事

1件〜30件

  • 琴平神社(菊田神社の境内社)・3 武志士(ぶしし)

    石祠の裏側には二十四孝の彫刻ではない、見慣れない仙人の彫刻がありました。 左を向いた、ひげのある男性。武志士仙人は布で橋を架けて空中を歩いたそいうです。 さらに気になる台座のモチーフ。 左にはカニ、右には船らしきもの。これは・・・カニ漁?? ーーー 琴平神社の彫刻 終 ーーー

  • 琴平神社(菊田神社の境内社)・2 郭巨

    孟宗の反対側の面には郭巨の彫刻がありました。 左の人物が立てた鍬の上に手を休ませている郭巨、右側が奥さんですね。 摩耗しているものの、奥さんが赤ちゃんを抱いているのがなんとんなくわかります。

  • 琴平神社(菊田神社の境内社)・1 孟宗

    石祠を真横から見たところです。孟宗の彫刻があります。 石祠に彫られた二十四孝の彫刻は初めて見ました。社寺建築の羽目板や脇障子、欄間などを中心に眺めてきましたが、今まで見過ごしてきた石祠の中にも二十四孝はあったんでしょうか。これからは石祠も要チェック。 積もった雪の中から顔を覗かせたタケノコ。 台座に彫られた動物はライオンかなー。 おかっぱ頭でヒゲが生えて巻き毛。

  • 習志野市 琴平神社(ことひらじんじゃ・菊田神社の境内社)  

    菊田神社の鳥居をくぐってすぐ、右手にクリーム色の鳥居があります。琴平神社です。 奥に石祠があります。古い石の部分と新しい部分がありますね。 二本の柱と扉は新しく修復されてますね。もともとは赤く彩色されてたようで、ところどころ色が残ってました。

  • 菊田神社・2 唐夫人

    郭巨の彫刻を見たあとは社殿の裏に回ります。背面(画像左側の面)には彫刻はありませんでした。その隣の面には彫刻があります。 画像が不鮮明ですがどうやら「唐夫人」ですね。 ↓こちらは白井市富塚の鳥見神社の「唐夫人」。唐夫人と姑さんの配置は大体こうですね。 ーーー 菊田神社の二十四孝彫刻 終 ーーー

  • 菊田神社・1 郭巨

    拝殿の右手から奥の本殿へ向かいます。 瑞垣の向こうの本殿には彫刻が見えます。見えますが瑞垣に遮られて全体が見えません。 なんとか隙間から撮影。ヘリがフリルみたいになっていて、ちょっと可愛い釜。 郭巨の足元には鍬もあります。 パッと一回で全体が見渡せるといいのですが。

  • 千葉県習志野市 菊田神社(きくたじんじゃ)

    習志野市津田沼鎮座の菊田神社。京成津田沼駅から徒歩数分。 拝殿の彫刻も立派です。 「菊田神社 彫刻」で画像検索するとアイーン狛犬がずらずら~っと出てきますが二十四孝の彫刻もございます。

  • 海南刀切神社・6 楊香

    楊香。これも迷いようがない題材。構図も大体似てますしね。トラと父親の間に勇ましい楊香がいる鉄板構図。 ーーー 海南刀切神社の二十四孝彫刻 終 ーーー

  • 海南刀切神社・5 唐夫人

    唐夫人。見習う姑さんやお嫁さんがいたのか疑問。

  • 海南刀切神社・4 閔損

    この彫刻も大きく割れているのが残念ですね。 最初、中心の子供と右側の大人の男性だけに目が行って、「陸績」かと思いました。橘の実を袂に入れて持ち帰ろうとして袁術に咎められたシーンかと。 ↓でも画面左端、部屋の外らしき場所で泣いてる子供と母親がいたので閔損だとわかりました。継母が閔損に意地悪していたことが露見して、家を追い出されそうになっているところですね。 ↓優しい閔損が継母をかばって父親を説得しているところ。

  • 海南刀切神社・3 郭巨

    釜が景気よく輝いてますねー。郭巨は曾参や朱壽昌のように迷いようがなく郭巨。

  • 海南刀切神社・2 朱壽昌(たぶん)

    天岩戸伝説の彫刻の上にある二十四孝の彫刻。右の男性は頭が水平方向に割れてしまっています。修復お願いしたいところ。 さてこの彫刻は曾参か朱壽昌か判断に迷います。 家の前に立つ母親は右手を上げて、左手は杖を突いている感じ。指を噛んでいたら確実に曾参の母親ですが、どちらかというと表の男性に呼びかけるような動作に見えます。これだけでは曾参の母か朱壽昌の母か判断できないですね。 そして母親と対面する男性の背中の荷物。薪なら曾参ですが、綺麗な俵型で、ちょっと薪とは違うような気がします。 ↓これは曾参の切手。この絵のように彫刻でも薪の束を二束にして、一本の棒の両端に結わえているパターンが多いです。 ↓こちら…

  • 海南刀切神社・1 大舜

    畑を耕す少年、手伝う象。草むしりをしてくれる鳥が三羽いますね。

  • 千葉県館山市 海南刀切神社(かいなんなたぎりじんじゃ)

    久しぶりの更新です。千葉県館山市の海南刀切神社を参拝しました。 「刀切」と書いて「なたぎり」。 社殿には彫刻がたくさん。正面の大きい彫刻は、左側が八岐大蛇退治、右側が天の岩戸開き。 二十四孝の彫刻は6枚ありました。一日一枚ずつ紹介していきます。

  • 上田市妙見寺・24 田真兄弟

    ラストは田真兄弟。大きな木の前で協議している3兄弟。 ――― 上田市妙見寺の天井画 終 ―――

  • 上田市妙見寺・23 陸績

    袁術のおうちを訪問して、出された橘の実を袂に入れて持ち帰ろうとした陸績。中央の人物が袁術ですね。 袂からこぼれ落ちた実を見た袁術にとがめられ、母親に食べさせたかったから持ち帰ろうとしたことを説明しているところ。 橘の実が床に転がっているはずなのですが、残念ながら絵がにじんでよくわからなくなってます。これまで見てきた絵や彫刻では丸い実がふたつ転がっていることが多いです。

  • 上田市妙見寺・22 楊香

    猛獣トラから父を守る楊香。 トラに立ち向かった楊香を見習った子がいないことを切に願うばかり。

  • 上田市妙見寺・21 黄山谷

    残り4点は竜の描かれた円の周囲にある四隅にあります。数学の図形問題で面積を求めよ、と言われがちな場所。 親の身の回りの世話をかいがいしくする孝行息子の黄山谷。右の女性の腰あたりにある白くて丸いものは火災報知器でしょうね。 右にいる女性は奥さんか、侍女か。赤いお盆に乗せた飲み物を運んでますね。黄山谷は親の下の世話。

  • 上田市妙見寺・20 丁蘭

    幼少時に生き別れたまま親孝行できずにこの世を去った親のために、丁蘭は木像を作って日々供養していました。 母親が生きているようにつかえた、とのことなので食事を運んだりせっせと話しかけたりしたんでしょうね。奥さんは冷ややかな表情に見えます。

  • 上田市妙見寺・19 董永

    父親の葬式代返済のために一生懸命働く董永のために、天から織姫がやってきて美しい布を織り、借金返済してくれました。 織姫は手に機織りの小道具を持っているのではないかと思いますがよくわかりません。 董永のこのポーズは感謝を表しているんでしょうかね。だとしたらこれはお別れ、織姫が天に帰ってしまう場面ですね。

  • 上田市妙見寺・18 孟宗

    雪の中、タケノコを探しに行く孟宗。 見づらいですがタケノコは3本あるようです。

  • 上田市妙見寺・17 王祥

    体温で池だか河だかの氷を溶かし鯉を捕まえて義母に捧げた王祥。 両親の前で踊ってた老莱子と比べると、王祥は身体張ってますね。 ナイスタイミングで水の中から顔を出した鯉。いじわる継母がサカナのほかに焼き鳥も好きで、食べさせようと思ったら鳥が6-70羽都合よく飛んできた、というエピソードもありますが、それをモチーフにした絵や彫刻はまだ見たことないです。

  • 上田市妙見寺・16 老莱子

    男性が「父上母上、ただいま帰りました」と家に駆けこむシーンかな、と思って「二十四孝でそんな人いたっけ?」と悩みました。老莱子が踊っている場面だと気づくのにちょっと時間がかかりました。 老莱子は庭先にいるんでしょうかね。服も特別派手じゃないし、踊りも控えめ。 やっぱり演奏付きでこれくらい派手に踊ってくれると老莱子だとすぐにわかって有難い。(漢土二十四孝伝より)

  • 上田市妙見寺・15 黄香

    父親の寝る布団を仰いで涼しくしておく黄香。貧しくて召使を雇えないので黄香が世話をしている、というところが親孝行らしいです。 童子に手を引かれてベッドに向かう老父。童子が小さすぎて支えになってないような。 冬には父親が寝る前に黄香が布団に入って温めておいたとのことです。

  • 上田市妙見寺・14 曾参

    山へ薪を取りに行き、胸騒ぎがして家に急いで帰ってきた孝行息子の曾参。 山で採ってきた薪の束が曾参のトレードマーク。庭先に放り投げて家に駆けこむ図もありますが、この絵ではちゃんと戸口まで運んでますね。

  • 上田市妙見寺・13 閔損

    継子の閔損をいじめた継母。閔損の父親がそれに気づいて継母と子供二人(父親と継母との子)を追い出したところ。二人の間に座って仲裁している親孝行な閔損。 閔損は継母と義弟二人が路頭に迷うのは気の毒に思ったんですね。いい子ですね。

  • 上田市妙見寺・12 漢文帝

    老いた母親に自ら食事や薬を運ぶ皇帝、漢文帝。 母親の顔が不明瞭なので拡大して明瞭度を上げたりして修正してみましたが、やはりちょっとわかりにくいですね。 後ろの赤い服の人は漢文帝の奥さんかな。 「昼夜衣冠を解きたまはず」、ビシッと決めた服装で母親の世話をした漢文帝。

  • 上田市妙見寺・11 大舜

    象と鳥と少年。この絵は大舜。 彫刻では地面を踏んでいる象の図が多かったですが、この絵の象たちは牙で器用に耕しています。 心強い協力者がいて、大舜は鍬を持つ手をしばし休めて一息ついてます。

  • 上田市妙見寺・10 張孝兄弟

    張孝(兄)と張礼(弟)のお話。飢饉のとき、弟の張礼は山で賊に襲われ食べられそうになりました。兄の張礼は「私のほうが太っているから私を食べなさい」と、弟を救うために自分の命を賊に差し出しました。 兄弟愛に感動してお米など渡して二人を解放した盗賊。でも服をはだけてみせる兄のお腹を見て、確かにこっちのほうが美味そうだな、と一瞬考えたに違いない。 兄弟愛の話であって親孝行の話じゃないじゃん、と疑問に思われた方はこちらをご覧ください。

  • 上田市妙見寺・9 朱壽昌

    何十年も生き別れになっていた母親との再会を果たした朱壽昌。 朱壽昌が7つの時に別れたらしいので多少はお互いに顔を覚えてる・・・かなあ?? 息子が立派になって会いにきてくれてお母さんも幸せ。

カテゴリー一覧
商用