searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

小心さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
二十四孝に会いに行く!
ブログURL
https://shousin.hatenadiary.org/
ブログ紹介文
社寺巡りをしていると、お堂や社殿に彫刻が施されているのを見ますよね!日本の神話や中国の仙人、鳥や動物。その中でも中国の孝子たち、「二十四孝」の彫刻に絞って見ていきます。
更新頻度(1年)

57回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2019/09/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、小心さんをフォローしませんか?

ハンドル名
小心さん
ブログタイトル
二十四孝に会いに行く!
更新頻度
57回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
二十四孝に会いに行く!

小心さんの新着記事

1件〜30件

  • 二十四孝・24 陸績

    ラストは陸績。 陸績ろくせき 字(あざな)公紀陸績(ろくせき)は六歳の時 袁術と云人の所へ行き侍り。袁術陸績(りくせき)がために 菓子に橘を出せり。陸績(りくせき)これを三つ取りて袖に入れて帰るとて 袁術に礼をいたすとて たもとより落とせり。袁術これを見 「陸績(りくせき)殿は幼き人に似あわぬこと」と云ひ侍りければ 「あまりに見事なるほどに 家に帰り 母に与へんためなり」と 申し侍り。袁術これを聞きて 幼き心にて かやうの心づけ 古今まれなりと 誉めたるとなり さてこそ天下の人 彼が孝行なることを 知りたるとなり。 「ろくせき」になったり「りくせき」になったりしていますが、細かいことは気にしな…

  • 二十四孝・23 剡子

    残り二人になりました。23番目は剡子。 剡子せんし剡子は親のために命を捨てんとしけるほどの孝行なる人なり。そのゆへは父母老ひて ともに両眼をわづらひしほどに 目の薬なるとて 鹿の乳をのぞめり。剡子もとより孝なるものなれば 親の望みを叶へたく思ひ すなはち 鹿の皮を着て あまた群がりたる鹿の中へまぎれいり侍れば 猟人是を見て まことの鹿ぞと 心得て弓にて射んとしけり。その時 剡子「是は まことの鹿にはあらず 剡と云ふ者なるが 親の望みをかなへたく思ひ いつわりて 鹿の形となれる」と 声をあげて 云ひければ かりうど 驚いて その故をとへば ありすがたを語る。されば孝行のこころざし深き故に 矢を逃…

  • 二十四孝・22 田真田廣田慶

    22番目も兄弟。こちらは田真・田廣・田慶の三人兄弟。 田真 田廣 田慶でんしん でんくはう でんけいこの三人は兄弟なり 親に後れて後 親の財宝を三つに分けてとれるが 庭前に紫荊樹とて 枝葉さかへ 花も咲き乱れたる木一本あり。これをも三つに分けて取るべしとて 夜もすがら三人詮議しけるが 夜すでに明ければ 木を切らんとて 木の下へいたりければ 昨日まで さかへたる木が にわかに枯れたり。田真これを見て 「草木心ありて 切り分かたんといへるを聞きて 枯れたり。まことに人として是をわきまへさるべしや」とて分かたずして おきたれば また 再びもとのごとく さかへたるとなり。 親の遺した木を伐って分ける相…

  • 二十四孝・21 張孝 張礼

    残り少なくなってきました。21番目は張孝兄弟。 張孝張礼ちやうかう ちやうれい張孝張礼は兄弟なり。世間飢饉の時に八十余りの母を養へり。木の実を拾ひに行きたれば 一人の たへ疲れたる者来て 張礼を殺して 食らはんと云へり。張礼 云ふ様は 「我 老いたる母を持てり。今日はまだ食事を参らず候ほどに 暇を給はれ。 母に食を参らせ やがて参らん もし この約束 違へば 家に来て 一族まで殺し給へ」と云ひて 約束のごとく彼の者の所へ行きける。兄の張孝 是を聞きて また跡より行き 盗人にいへるやうは 「我は張礼より こへたる程に 食するによかるべし 我を殺して張礼たすけよ」といへり。また張礼は「我はじめより…

  • 二十四孝・20 丁蘭

    20番は丁蘭。綺麗な響きの名前だけど男性でしたー。 丁蘭ていらん丁蘭は かだい(河内)の やわう(野王)といふ所の人なり。十五の年 母に後れ 長き別れを悲しみ 母の形を木像に作り 生ける人に仕へぬるごとくせり。丁蘭が妻 有る夜のことなるに 火をもって 木像の面を焦がしたれば 瘡のごとく腫れいで 膿流れて 二日を 過ごしぬれば 妻の女房 かしらの髪が 刀にて 切りたるやうになりて落ちたるほどに 驚きて詫び言をする間 丁蘭も奇特に思ひ 木像を大道へ移し置き 妻に三年詫び言をさせたれば 一夜のうちに 雨風の音して木像は 自ら うちへ帰りたりるなり。それよりして かりそめのことをも 木像の気色を伺ひた…

  • 二十四孝・19 王裒

    19番!嵐の中、お墓に向かう王裒さん! 王裒わうしやう(おうしょう・・・読みが王祥と一緒になってますね。一般的には「おうほう」です)「わうしやう」は営陰といふ所の人なり。父の王義 不慮の事によりて 帝王より法度に行はれ 死にけるを恨みて 一期の間 その方へは向かふて 座せずなり。父の墓所に ゐて ひざまづき 礼拝して 柏の木に取り付きて泣き悲しむ程に 涙かかりて 木も枯れたるとなり。母は平生 雷を恐れたる人なり。されば母むなしくなれる後にも 雷電のしける折には 急ぎ母の墓所へ行き 「わうほう(こっちは〇)」是にありとて 墓をめぐり 死したる母に力を添へたり。かやうに死して後まで 孝行をなしける…

  • 二十四孝・18 山谷

    18番目は黄山谷。 山谷さんこく山谷は宋の代の人なり。今に至りて詩人の師といはるる人なり。あまた 使ひ人も多く また妻もありといへども 自ら 母の大小便の器物を取り扱ひて けがれたる時は手づから 是を洗ひて 母に与へ 朝夕よく仕へて 怠ることなし されば 一をもって万を知るなれば そのほかの孝行 おしはかられたるとて この人の孝義 天下にあらはれたるとなり。 この山谷のことは 余人にかはりて名の高き人なり。 介護の義務は実子にあるんだもん、フツーのことだと思うわ。奥さんに押し付ける旦那さんが間違ってるわよねー。・・・と言える時代に生きててよかったわ。

  • 二十四孝・17 庾黔婁

    17人目は庾黔婁でございます。 庾黔婁ゆきんろう (「ゆさんろう」と書かれているように見えますが気にせず「ゆきんろう」と読んでいきます。だってほかの本はみんな「ゆきんろう」だもん)庾黔婁は南斉の時の人なり。「せんりやう」といふ所の官人なり。すなはち「せんりやう県」へ至りけるが いまだ十日にもならざるに たちまちに 胸騒ぎしけるほどに 父の病み給ふかと思ひ 官を捨てて帰りければ 案のごとく 大きに病めり。黔婁は医師によしあしを 問いければ 医師 「病者の 糞を甞めて見るに甘く 苦からば よかるべし」と語りければ 黔婁やすき事なりとて 嘗めてみれば 味わひ よからざりけるほどに 死せん事を悲しみ …

  • 二十四孝・16 蔡順

    16番目は蔡順。 蔡順さいじゅん蔡順は汝南といふ所の人なり。王莽(わうまう)といへる人の時分の末に 天下きに乱れ また飢饉して食事に乏しければ 母のために 桑の実を拾いけるが 熟したると 熟せざるとを 分けたり。この時 世の乱れにより 人を殺し 剥ぎ取りなどするもの共 来て 蔡順に問ふ様は 何とて二色に拾ひわけるぞと いひければ 蔡順一人の母をもてるが この熟したるは 母に与へ いまだ熟せざるは 我ためなりと語りければ 心強き不道の者なれども 彼が孝を感じて 米二斗と 牛の足一つ与へてさりけり。その米と牛の腿とを 母に与へ また自らも常に食すれども一期の間 尽きずして ありたるとなり。是孝行の…

  • 二十四孝・15 王祥

    15人目の孝行者は王祥さん。 王祥わうしやう王祥は いとけなくして母を失へり。 父また妻を求め その名を 朱みん といひ侍り。継母の癖なれば 親子の仲をあしく言ひなして 憎まし侍れ共 恨みとせずして継母にも よく孝行をいたしける。かやうの人なるほどに もとの母 冬のことなれば きはめて寒き折節 生魚をほしく思ひけるに 肇慶府(ちょうけいふ) といふ所の川へ求めに行き侍り。されども 冬のことなれば 氷閉ぢて 魚見えず すなはち衣を脱ぎて裸になり氷の上に伏し 魚なきことを悲しみゐたれば かの氷少し溶けて 魚二つおどり出たり すなはち取りて帰り 母に与へ侍り 是ひとへに孝行のゆへに 其の所には毎年人…

  • 二十四孝・14 曾参

    14番~。曾参~。 曾参そうしん曾参ある時山中へ薪をとりにゆき侍り。母留守にゐたりけるに い(し)たしき友きたれり。これにもてなしたく 思へども 曾参はうちにあらず。もとより家貧しければ かなはず。曾参がかへれかしとて 自ら指を噛めり。曾参山に薪を拾ひゐたるが にわかに 胸騒ぎしけるほどに 急ぎ家に 帰りたれば母ありすがたをつぶさに語り侍り。かくのごとく指を噛みたるが 遠きにこたへたるは 一段 孝行にして しんし(親子)の情け深きしるしなりと 惣じて曾参のことは 人にかはりて心と心との上の事をいへり。奥深きことはりあるべし。 ありすがた・・・有様。 曾参の肩には薪。息子の帰りを待つ母親はしっか…

  • 二十四孝・13 朱壽昌

    13番目は朱壽昌。 朱壽昌しゅじゅしゃう朱壽昌は七歳の時 父その母を去りけり さればその母をよくしらざりければ この事を嘆き侍れども 遂に 会はざる事 五十年に及べり ある時 壽昌 官人なりといへども 官禄をも捨て 妻子をも捨て しん(秦)と云ふところへ たづねに行けるとて 母に会はせて給へとて 自ら身より血をいだして 経を書きて 天道へ祈りをかけて たづねたれば こころざし 深き故に つゐにたづねあへるとなり。 笠を手に、荷物を背にした旅姿の男性。家の前で出迎える、杖をついた老女。これぞ朱壽昌という感じの鉄板構図ですねー。

  • 二十四孝・12 郭巨

    半分来ました。12番目は郭巨。唐夫人・楊香・孟宗・郭巨と、人気の高いキャラが続いています。 郭巨くわつきょ郭巨はかだい(河内)と云所の人なり。家貧しうして 母を養へり。妻一子を生んで 三歳になれる。郭巨が老母かの孫をいつくしみ 我が食事をわけあたへける。あるとき郭巨 妻に語るやうは 貧しければ 母の食事さへ 心に不足と思ひしに その内をわけて孫に給はれば 乏しかるべし。是ひとへに我が子の有し故なり。しょせん汝と夫婦たらば 子二度あるべし、母は二度あるべからず。とかく此の子を埋づみて 母をよく やしなひたく思ふなりと 夫婦云ければ 妻もさすが悲しく思へども 夫の命にたがはず かの三歳の子を引連れ…

  • 二十四孝・11 孟宗

    11番目は孟宗。 孟宗まうそう 字(あざな)恭武(きゃうぶ) 或ひは子恭(しけう)孟宗はいとけなくして 父に後れ ひとりの母をやしなへり。母とし老いて 常にやみいたはり 食の味はひも たびことかはりければ よしなきものを望めり。冬の事なるに 竹子をほしく思へり すなはち孟宗竹林に行き求むれども 雪ふかきおりなれば などか たやすく得べき ひとへに天道の 御あはれみを頼み奉るとて 祈りをかけて大きに悲しみ 竹によりそひける所に にわかに 大地ひらけて竹の子あまた 生へ出侍りける。大きに喜び すなはちとりてかへり あつものに作り 母に与へ侍りければ 是を食して 其のまま病も癒へて よはひをのべたり…

  • 二十四孝・10 楊香

    10番目は楊香。 楊香やうきゃう楊香は一人の父を持てり あるとき父ともに山中へ行きしに たちまち荒き虎に会へり。楊香父の命を失はん事を恐れて 虎を追い去らんとし侍りけれ共 かなはざるほどに 天の御あはれみを頼み 乞ひ願はくは 我いのちを虎に与へ 父を助け給へと 心さしを深くして祈りければ さすが 天もあはれと思ひ給ひけるにや 今まで猛き形にて 取り食らはんとせし虎 俄かに尾をすべて 逃げしりぞきければ 父子ともに 虎口の難を免れ つつがなく家にかへり侍るなり 是ひとへに 孝行の心ざし 深きゆへに かやうに奇特をあらはせるなるべし。 尾をすべて・・・尾をすぼめて。 真似すると虎に食べられてしまう…

  • 二十四孝・9 唐夫人

    9人目は唐夫人。 唐夫人たうふじん唐夫人は姑 長孫夫人としたけて よろづ食事 歯にかなはざれば 常に乳をすすめ あるひは 朝毎に 髪を削り 其ほかよく仕へて 数年養ひ侍り。有時長孫夫人わづらひつきて 此の度は死せんと思ひ 一門一家を集めていへる事は 我が嫁唐夫人の数年の恩情を報ぜすして 今死せん事残り多し。我が子孫 この唐夫人の孝義をまねて有ならば 必ず末も繁昌すべしといひ侍り かやうに姑に孝行なるは古今まれなりとて 人みなこれをほめたりと さればやがて報ひて 末繁昌することきはまりもなきためしありたりし也

  • 二十四孝・8 董永

    8番手は董永。 董永どうえい(「とうえい」ではなく「どうえい」と書いてある)董永はいとけなき時に 母に離れ 家 貧にして常に人に雇はれ 農作をし 賃を取りて日を送りたり 父老ひて足も立たざれば 小車を作り 父を乗せて田のあぜにゐて やしなひたり。有時父におくれて葬礼をととのへたく思ひはべれども もとより貧しければ かなはず。 りょうそく(料足)千貫に身を売り 葬礼をいとなみ侍り。さて かの銭主のもとへ行けるが 道にて一人の美女にあへり かの人董永が妻に成るべしとて ともに行きて 一月にかとりの絹三百疋織りて主の方へ返したれば 主も是を感じて董永が身を許したり。其後 婦人董永にいふやうは 我は天…

  • 二十四孝・7 呉猛

    7人目の孝行者は呉猛。 呉猛ごまう呉猛は八歳にして孝ある人なり。家まどしくして よろづ心に 足らざりけり。されば夏になりけれども帷帳もなし。呉猛自ら思へり。我衣を脱ぎて親に着せ 我が身はあらはにして 蚊にくはせたらば 蚊も我身を食らはば 親をたすけんと思ひ すなはち いつも夜もすがら裸になり 我身を蚊に食はせ 親の方へ 蚊の行ぬやうにして仕へたるとなり。いとけなきものの かやうに孝行は不思議なりしこと共なり。 まどし・・・貧しい。帷帳(いちょう)・・・とばり。垂れ絹。 お父さんの掛布団、呉猛の衣にしては大きいサイズ。呉猛は10匹以上の蚊に刺されています。さらに5匹の蚊が押し寄せてきています。お…

  • 二十四孝・6 姜詩

    姜詩きやうし姜詩は母に孝行なる人なり。母つねに江の水を飲みたく思ひ また 生魚の膾を欲しくおもへり すなはち姜詩妻をして 六七里の道をへだてたる江の水を汲ましめ また魚の膾をよくしたためて与へ夫婦ともに常によくつかへり。 ある時姜詩が家のかたはらにたちまちに江のごとくして水わき出 朝毎に中に鯉あり これすなはち取りて母に与へ侍り。 かやうの不思議なることのありけるはひとへに姜詩夫婦の孝行を感じて天道よりあたへたまふなるべし。 水を汲むのも魚を捕まえるのも奥さんが一人でこなしています。一方姜詩は母親と談笑してるのでしょうか。親孝行のために奥さんを酷使する、サイテーな夫と批判されても仕方ないでしょ…

  • 二十四孝・5 閔子騫

    5番目は閔子騫。 閔子騫びんしけん閔子騫 いとけなくして母をうしなへり 父また妻をもとめて二人の子をもてり かの妻我が子をふかく愛して 継子をにくみ 寒き冬も葦の穂を取りてきるものに入れて着せ侍る間 身も冷えて たへかねたるを見て父 後の妻を去らんとしければ 閔子騫がいふやうには かの妻を去りたらば 三人の子さむかるべし。今我一人寒きをこらへたらば 弟の二人は暖かなるべしとて 父をいさめたるゆへに 是を感じて継母ものちはへだてなく いつくしみ もとの母と同じくなれり ただ人のよしあしはみつからの心にありと 古人のいひ侍りけるも ことはりとこそおもひ侍る。 ただ人のよしあしは 「ただ人のごとくあ…

  • 二十四孝・4 黄香

    4番目は黄香。 黄香わうきやう(おうきょう)黄香はあんりゃうといふ所の人なり。9歳の時母に後れ父によく仕へてちからをつくせり。されば夏のきはめてあつきおりには まくらや床をあふいで すすしめて 又冬のいたってさむき時には ふすまのつめたきことをかなしむで わが身をもって あたためてあたへたり。かやうに孝行なるとて太守りうくはん(劉讙りゅうかん)といひし人 札を立てて彼が孝行を褒めたるほどに それよりして人みな 黄香(こそ)孝行第一の人なりとしりたるとなり。 ふすま・・・掛布団。 布団を扇ぐと温度が下がる・・・かしらね?

  • 二十四孝・3 老莱子

    三番目は老莱子。 老莱子ろうらいし老莱子は二人の親に仕えたる人なり。されば老莱子七十にして身にいつくしき衣を着て幼き者の形になり 舞ひたわふれ 又親のために給仕をするとて わざと けつまつきて転び いとけなき者の泣くやうに泣きけり。 この心は七十になりければ年寄りて 形うるはしからざるほどに さこそ この形を親の見給はば 我が子の年よりたるを悲しく思ひ給はん事を恐れ また親の年も寄りたると思はれざるやうにとのために かやうのふるまひをなしたるとなり。 いつくしき・・・ただならず美しい。 70の我が子の泣きわめく姿を見せつけられる親の気持ちはいかばかりか。8050問題どころではありません。

  • 二十四孝・2 漢文帝

    二番目は漢文帝。 漢文帝かんのぶんてい漢文帝は漢の高祖の御子なり。いとけなき御名をば ごう(恒)とぞ申し侍りき。母薄(はく)太后に孝行なり。万の食事を参らせらるる時はまづ自ら聞し召しこころみ給へり。兄弟もあまたましましけれども此の帝ほど仁義を行ひ 孝行なるはなかりけり。この故に 陳平・周勃などいひける臣下たち 王になし参らせたり それより漢文帝と申侍りき。 しかるに 孝行の道は上一人より下万民まで有べきことなりと知るといへども 身に行ひ心に思ひ入るはなりがたきを 忝くも四百余州の天子の御身として かくの如くの御ことわざは尊かりし御心さしとぞ 去るほどに代もゆたかに民も安く( )けるとなり。 四…

  • 二十四孝・1 大舜

    古書「二十四孝」、トップバッターは大舜。 大舜たいしゅん大舜はいたって孝行なる人なり 父の名はこそう(瞽叟)といへる。一段かたくなにして母はかたましき人なり。おととはおほひにおごりていたづら人なり。しかれ共大舜はひたすら孝行をいたせり。有時れきさん(歴山)といふ所にこうさく(耕作)しけるに かれが孝行を感じて大ぞう(象)がきたって田をたがやして又鳥飛び来たりて田の草をくさきり 耕作のたすけをなしたるなり。さてその時の天下のあるじをば尭王と名付けたてまつる。姫君まします。姉をば かくわう(蛾皇)と申す。妹は にょゑい(女英)と申侍り 尭王すなわち舜の孝行なることを聞しめしおよばれ御むすめを妃にそ…

  • 二十四孝

    コロナと猛暑のため、なかなか彫刻を見に行けないので昔買った古本の画像を載せていきます。「二十四孝」というシンプルなタイトルのみで、奥付もなく出版社や著者、発行年月日なども不明。

  • 上田市 竹室神社・3 郭巨

    郭巨。掘り出した釜が輝いています。このブログで取り上げた数のトップが郭巨。郭巨、楊香、大舜、孟宗の四人が群を抜いています。次いで唐夫人。 話の内容は「貧しさゆえの子殺し未遂」なんですが。お宝ゲットで結果オーライ。 さて郭巨の発見したものは「黄金の釜」なのか「普通の釜に入った黄金」なのか、「黄金の釜に入った黄金」なのか、悩みますよね(?) この彫刻では釜の中に黄金が入っているようです。中国の二十四孝の本を見ると「巨遂掘抗三尺余、忽見黄金一釜」と書かれています。とすると釜の中に黄金がいっぱい詰まってたみたいですね。中国語はさっぱりわかりませんが漢字で大体の意味は伝わるのはありがたいことです。 ーー…

  • 上田市 竹室神社・2 孟宗

    真冬のタケノコ。孟宗ですね。 覆屋があるので撮影しにくかったです。こういった彫刻、皆さんどうして上手に撮れるのか謎です。

  • 上田市 竹室神社・1 楊香

    父を守り、トラに立ち向かう楊香。父親の威厳は皆無。

  • 長野県上田市 竹室神社

    上田市の竹室神社。 ヤマトタケルノミコトの足跡もありました。 大きな足ですね。降ったりやんだりのお天気で、雨水が溜まっています。

  • 烏峠稲荷神社・8 楊香

    さて最後は楊香。真ん中で両手を挙げている小柄な人物が楊香。右側はお父さん、楊香の左にはトラ。 福島県西白河郡泉崎村のHPには烏峠稲荷神社本殿 のページで唐夫人と楊香の写真が掲載されていますので鮮明な画像はそちらでご覧ください。 ↓こちらは京都・御香宮神社の楊香。人物の配置は烏峠稲荷神社と同じようですね。 ーーー烏峠稲荷神社の二十四孝彫刻 終わりーーー

カテゴリー一覧
商用