chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 今日のみちばた 稲刈り跡

     散歩道沿いの田んぼは、三割がた稲刈りが終わった。

  • オニグルミ1004

  • 観音塚考古資料館 企画展 地方から見た継体朝とその前後

     観音塚考古資料館 企画展 地方から見た継体朝とその前後 ~6世紀前半期の群馬の古墳時代~会期 10月8日(土)~12月4日(日)開館時間 午前9時~午後4時休館日 月曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)、祝日の翌日(11月4日、11月24日)入館料 一般100円、高・大学生80

  • 群馬県立歴史博物館企画展 上野三碑の時代

      群馬県立歴史博物館企画展 上野三碑の時代 ー7・8世紀の都と東国ー会期 令和4年10月8日(土)~11月27日(日)開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)休館日 毎週月曜日(ただし、10月10日は開館、翌11日休館。)観覧料 一般800円・大高生400円・中学生以下無

  • 浅間縄文ミュージアム企画展 平安時代は平安でなかった

     浅間縄文ミュージアム企画展 平安時代は平安でなかった ー仁和の千曲川大洪水と天仁の浅間山噴火ー 信濃国でおきた平安時代の大災害を展示紹介。 発掘資料から平安時代の人々の暮らしを覗いてみます。 会 期 2022年10月1日(土)~2022年11月27日(日) 時

  • 赤堀歴史民俗資料館企画展 赤堀茶臼山古墳

     赤堀歴史民俗資料館企画展 赤堀茶臼山古墳ー東国屈指のハニワたちー赤堀歴史民俗資料館1階ホール令和4年10月14日(金曜日)から12月25日(日曜日) 月曜日休館赤堀茶臼山古墳(市指定史跡・赤堀今井町二丁目)は、5世紀中頃(古墳時代中期)に築造された全長62mの帆立貝形古

  • 今日のみちばた 中の尾根コース

     今日は中の尾根コース。 榛名はそこそこ、赤城は薄い雲をかぶってる。 この田んぼはいち早く稲刈り済み。 週末が稲刈りラッシュかな。 ナンテンハギ 花盛り。  カラスウリ ヤクシソウ

  • 日経 文化欄 2022年9月28日 どんぐりはオンリーワン

     昨日の日本経済新聞文化欄 宮国晋一さん  ”どんぐりはオンリーワン”  ”同じ種でも木によって多彩、根気強く観察25年” ドングリの季節らしいおはなし。 宮国さんは電子デバイスの技術者。 CiNiiを引くと、トップには ドングリさんぽ手帖 : ポケット版

  • 今日のみちばた 赤城も榛名も

     赤城も榛名も、今日はすっきり姿が見える。 道ばたに一輪だけ咲いていた、タマスダレかな? ヤマノイモの種とむかご。 クリがたわわ。 

  • 今日の道ばた 空

  • 赤旗 2022年9月28日 戦争遺跡と保存運動3

     連載の第3回目。 愛知県の豊川海軍工廠跡の保存運動について。 豊川海軍工廠平和公園として整備されているそうです。

  • 今日の道ばた ススキと彼岸花

     昼休みの太陽が低くなった。 ススキの穂はまだ開かない ヒガンバナは盛りを過ぎる 榛名山は雲の中 ナンテンハギの若い豆果、絹さやみたいだ 今年はヤマノイモのムカゴが目に付く スズメウリも鈴なり。

  • 今日のみちばた 宙吊りアキノノゲシ

     秋晴れ。 蜘蛛の巣に吊られて、石垣から水平に伸びたアキノノゲシ。 不思議な風景。 アオツヅラフジ、スイカヅラの実、ノササゲの花、ヤブマメの花。   

  • オニグルミ0926

  • 群馬県森林学習センター 憩いの森 2022年9月25日

     久しぶりに青空、秋晴れ 憩いの森を一巡り。 レンゲショウマの若い果実。花の姿は違うけれど、トリカブトのような形。 ヤマハギも若い豆実。 メナモミでよいのかな?ずいぶん小さい。 久しぶりに見た。ナガミノツルキケマンだろう。 山草園のシュロソウ、花と

  • 今日のみちばた 肌寒い日

     上着を着て散歩に出る。 彼岸花の赤が深い。 赤城も榛名も、低い雲の中。 寒々しい。 ヤマノイモの零余子がたくさん。 ヤブマメの花が目立ってきた。 ナンテンハギは花房がたわわ。 スズメウリ、コナラ カナムグラの雌花、アカソの果実

  • 赤旗 2022年9月21日 戦争遺跡と保存運動2

     赤旗 2022年9月21日  水曜エッセー 戦争遺跡と保存運動 2 初の文化財指定「病院壕」 沖縄県南風原町の南風原陸軍病院壕の指定に至る経過、発掘調査、復元整備

  • いただきもの 姫子梨

     青森産の洋梨「姫子梨」をいただいた。 フレミッシュ・ビューティという品種で、青森が生産量日本一。 日本名は「日面紅 にちめんこう」というのだそうだ。 洋梨は食べごろの判断が難しいな。 

  • オニグルミ0921

     田んぼのイネが吹き倒されてしまった。 オニグルミの実は落ちずに残っていた。 かわりに、実を取り囲んでいた蔓草は、だいぶ痛めつけられたようだ。 「台風一過」にはならなかったが、すっかり秋の空気に入れ替わった。   

  • 重監房資料館 企画展 2022年9月9日上毛

    2022年9月9日上毛新聞Culture重監房資料館 企画展 収監者の人生、後世にhttps://www.jomo-news.co.jp/articles/-/177035重監房資料館希望(のぞみ) 絶たれても なお ~重監房収監者の人生~

  • 赤旗  とくほう・特報  被爆建物・戦争遺跡 保存・活用を

     しんぶん赤旗 2022年9月15日 とくほう・特報  被爆建物・戦争遺跡 保存・活用を 最近、赤旗での戦争遺跡報道が多い気がする。 これからの埋文行政・・・に関連したものだろうか。  

  • 『本郷』161号

    昨日いただいた吉川弘文館のPR誌『本郷』161号アイヌ研究に関する特集は必読。〈特集〉アイヌ研究の新潮流 ~『アイヌ文化史辞典』刊行に寄せて~関根 達人 「アイヌ研究のこれまでとこれから」菊池 勇夫 「「仁政」とアイヌ文化」手塚 薫 「外部との関係性で捉

  • 今日の道ばた 花と実と

     今日は循環器病院周回コース。 赤城も榛名も雲の中。

  • 赤旗 2022年9月14日 戦争遺跡と保存運動1

     赤旗 2022年9月14日 水曜エッセー 戦争遺跡と保存運動 1 保存への道・原爆ドーム

  • 今日の道ばた 夏去らず

     朝の天気予報では 「地上は真夏、空は秋」 と言っていたのだけれど、地上も夏、空も夏 昼の散歩で汗をかいてしまった。 とはいえ、 ヒガンバナが道ばたの主役、ノササゲの花も、もうすぐ開く。 ナツアカネは真っ赤になった。

  • オニグルミ0912

  • 今日の道ばた ヒガンバナが咲き始めた

     今日は30度越え。 日射しも強いのだが、 秋。 彼岸花が咲き始めた。

  • 赤城自然園 2022年9月11日

       とりあえず、撮って出し。 アサギマダラ、ヒョウモンチョウが飛び交っている。 キキョウ、フジバカマ、ワレモコウ、ナンテンハギ、ツルリンドウ、ツルボ キバナアキギリ、ツリフネソウ、キツリフネ、 白花のホトトギスは園芸種なのかな? ツノハシバミ、ツ

  • ネコにマタタビ

     孫1を連れて憩いの森の観察会に出かけるつもりだったのだけれど、 水沢寺に着く前に雲の中に突入→雨。 仕方がないので、今回はお休みすることにした。 「ネコにマタタビ」は本当か、という実験をすることになって、 帰りがけに林道に入って、マタタビをちょっとい

  • 小田沢遺跡浄瓶記事 2022年9月9日上毛

     小田沢遺跡(東吾妻)ほぼ完全な形 字刻まれた浄瓶発見 愛知県産の陶製仏具 中央との関係示すか 残念なタイミングの記事だね。 発掘情報館は1月まで閉館してしまっている。 もう少し早ければねぇ。 ボリュームのある記事だけれど、中身はそこそこ。 「中

  • 備忘 ボルネオ島で発見された最古の外科的な肢切断の証拠

    Nature Japan 注目のハイライト 人類学:ボルネオ島で発見された最古の外科的な肢切断の証拠Nature 2022年9月8日インドネシアのボルネオ島で発見され約3万1000年前のものとされた人骨について、左足が外科的に切断されており、本人は回復していた。Tim Maloneyたちは、少

  • 元総社蒼海遺跡群・上野国府等範囲内容確認調査現地説明会

     詳しいことは 歴史発見!前橋フィールドミュージアム 発掘調査の現地説明会を開催します 元総社蒼海遺跡群(147)・上野国府等範囲内容確認調査の現地説明会

  • 備忘 新石器時代の食生活に関する識見を深める 

    Nature Japan 注目のハイライト 考古学:新石器時代の食生活に関する識見を深めるNature Communications 2022年9月7日英国スコットランドのアウターヘブリディーズにある新石器時代の4つの湖上住居の分析Hammannたちは、新石器時代のこの地域の食事には、以前に考えられ

  • 今日の道ばた ヌルデ

     雨模様。 折りたたみ傘を持って昼の散歩。 橘川を下るが、河畔の野道は途中から草藪に。 目を引くのはヌルデの花。 ヌルデはウルシの仲間だけれど、ひどくかぶれることはない。 葉軸に翼がある奇数羽状複葉が特徴的。 どこにでもある木で、用途がなかなか面白い

  • 今日の道ばた 中の尾根コース

     中の尾根コース、途中まで。 榛名山は雲の中。 妙義方面も雲に閉ざされている。 今年はヤマノイモが元気だ。 零余子飯が食べられるかな。 センニンソウ、キツネノマゴ、カラムシ、 カラスウリは縞模様がはっきりしてきた。 今年はヤブマメが見つからない。 

  • オニグルミ0905

     そろそろ収穫してしまおうかなぁ。。。

  • 今日のみちばた キクイモ

     キクイモ・クズ・アレチウリ・カナムグラ・オオブタクサ 厄介者集団の中で、黄色い花が映える。

  • 土器観の会

     プロフェッショナル弥生屋さんの土器観察会に野次馬参加。 見る機会のほとんどない時期の土器。 知らない遺跡名、形式名が飛び交って、 歴博の「縄文後期~弥生6期土器形式併行関係一覧表」と首っ引き。 いやいや、時代の変換点。 すごい時代だったんだろうな。

  • 今日の読書 縄文VS.弥生

     設楽博己 「縄文VS.弥生 先史時代を九つの視点で比較する」 「ロマン」に溺れない考古学。 書きぶりは優しいけれど、中身はシビア。 明日はこの本に登場する 何人かのお顔を拝見できるはずなので、 読み直し。 

  • 群馬埋文 群馬県民の日に公開普及デー

     10月28日(金)群馬県民の日に 公開普及デーを開催します。 今年は、発掘情報館が工事による休館のため バックヤード探検のみ事前予約制で実施します。 ホームページに載っているのは 2019年のバックヤードツァーの写真です。日程 9:00、10:30、13:00、14:30

  • 玉原湿原 2022年9月1日

    休日出勤の振替休日。 ラベンダーパークの営業も終わったので、静かになっただろうな という目論見で玉原湿原へ足を延ばした。 花が乏しい時期だけれど、初めて会う花は多い。 トリカブトだな、しかしずいぶん透明感がある・・・ と思ったら、これはどうも別種らし

  • 今日のみちばた セスジスズメ

     ちょっと出遅れてしまったので、中の尾根コースを途中まで。 榛名山はすっかり雲の中だけれど、予報よりは好天。 日射しもあって、汗ばむ陽気。 発掘情報館裏のフェンスで、大きな幼虫を発見。 画像検索してみると、セスジスズメというスズメガの幼虫らしい。 ヤ

  • 今日の道ばた 空気が替わった 秋

     雨上がりのせいもあるのかな 日陰の道は、新鮮な空気が冷たいほど 秋の空気だ 

  • オニグルミ0829

     あまり変わり映えのしない写真が続くなぁ。

  • 上毛新聞「風っ子」に八ッ場天明泥流ミュージアム

    8月28日付けの上毛新聞社「子ども新聞 週間風っ子」表紙から3ページにわたって、八ッ場天明泥流ミュージアムの特集記事泥流災害と昔の暮らしが、多面的に紹介されてます。見出しだけ拾っておきます。「1783年に浅間山が大噴火」「泥流被害や生活に思い」「長野原中

  • 赤城自然園 2022年8月27日 実

     ブナの実がこんなに付いているのは初めてだ。 ツノハシバミも今までになく大粒。

  • 赤城自然園 2022年8月27日 

     きょうは榛東村と吉岡町のぶどう郷からキャラバンが出店 巨峰とシャインマスカットと、クイーンニーナの試食付き クイーンニーナは、初めて食べたけど、甘い甘い。

  • 新聞三題 勤勉な古代女官 堅果の豊凶調査 戦争遺品

    昨日の新聞三題 8月25日 上毛新聞 平城宮女官 59歳、329日出勤 勤務評価記した木簡見つかる このあいだ読んだ「古代日本の官僚 天皇に仕えた怠惰な面々」に出てきたのは みんな怠け者だったけれど、やっぱりまじめな人もいるんだね。 8月25日 上毛新聞 視点

  • 今日の道ばた 中の尾根コース

     曇り。 日射しは弱いし、多少風もあるから、昼の散歩には好条件。 中の尾根コースの坂道を上がっても、やや汗ばむ程度。 夏は終わったか。

  • 小田沢遺跡の浄瓶&発掘情報館の長期休館

     群馬埋文発掘情報館。 吾妻郡東吾妻町の小田沢遺跡で出土した灰釉陶器の浄瓶が展示されています。 高台部が打ちかかれていますが、大きな欠損のない、きれいな姿です。 器面には「延」という字が刻まれています。 出土状況などは 発掘調査の最新情報 小田沢(お

  • 今日の道ばた

     秋の気配もないではないが、 赤城山は暑苦しい雲の中。 エビヅルのまばらな結果。 オニドコロの花。 道ばたに転がっているヤマグリ。

  • オニグルミ0822

     オニグルミの葉もうなだれてきてしまったしクズやカナムグラやママコノシリヌグイに覆われていよいよどこに実があるのか、解らなくなってきてしまった。道ばたには茂みの奥にある大きな木から落ちたとおぼしき黒く熟した実がころがっている。林縁には、これから芽生え

  • 大安場史跡公園第1回企画展「福島県における古墳時代の祭祀遺跡」

     大安場古墳 丘頂に作られた前期の前方後方墳 残念ながら、墳丘に登れない。 前期古墳らしい眺めが楽しるんだろうな。 史跡公園のガイダンス施設。 古墳と古墳時代について、コンパクトながら、良くまとまった展示。 これだけの墳丘と棺を持っているのに 鏡が

  • 白河関・白河神社

     白河関・白河神社  こちらは江戸の関所だそうだ。 昼食おそば。 美味しかった。 

  • 追分の明神 住吉玉津島神社

     夏休み。 以前から通ってみたかった道。 那須、伊王野を越えて、追分の明神社。 東山道、坂東の終点。  

  • 今日の道ばた 雨上がり

     昼休みを待っていてくれたのか、 急に日射しが夏に戻る。 出勤時には21°しかなくて、ちょっと羽織るものを、と 自宅に引き返したほどだったのに。 クサギの花も終わり近い 栗の実が美味しそうに膨らんできた。 これはなんだかわからないもの。 ハリエンジュ(

  • 今日の道ばた 中の尾根コース

     雨模様。 赤城も榛名も雲の中。 折りたたみ傘を持って散歩に出かける。 涼しいので、中の尾根一巡り。 アオツヅラフジ イチビ ガガイモ。 葉の上にヒメジュウジナガカメムシ(長い名前だなぁ) キツネノマゴ ヤマノイモ

  • 今日の道ばた&今日の読書「麦の文化誌」

     久しぶりに「焼け付く」暑さ。 シオカラご夫妻、こんなところに卵を産んで、だいじょうぶかなぁ。 先日、行田市博で仕入れた「麦の文化誌」の図録。 考古資料、文献から民俗資料を含め、丹念に資料収集されている。 コムギ、オオムギ、麦茶、麦酒、麦藁細工ときて

  • オニグルミ 0815

  • 今日のみちばた

     日射しはないけれど、じっとり汗ばむ。 とんぼ。オナガサナエというらしい。 ウツギ、ママコノシリヌグイ ノブドウとくらべると、エビヅルは受粉しないのかねぇ。

  • 行田市立郷土博物館「縄文・弥生の足あと」展のカナムグラ擬縄文壺

     行田市立郷土博物館開館の35周年記念 第32回テーマ展 「縄文・弥生の足あと―古墳以前の行田を知る―」 を見学。 アンブレラのプロムナードを抜けて忍城に入城。 池上の髭面土偶型容器 池上の壺。 環濠出土土器の位置付けというのが よくわかっていないのだけ

  • 備忘 古墳時代にタイムスリップ- 家型埴輪を知ろう!

    「古墳時代にタイムスリップ- 家型埴輪を知ろう!」https://what.warehouseofart.org/exhibitions/architecturalmodel/日時:2022年9月24日(土)19:00~20:30(予定)登壇者:深澤太郎(國學院大學博物館・准教授)視聴方法:建築倉庫公式YouTubeチャンネルより配信

  • 今日のみちばた

  • 今日のみちばた ぶどう峠

    涼しくて、すいているところ。ブログを振り返ってみると、ぶどう峠は11年ぶり。

  • 今日のみちばた 竹林コース

    竹林コースを小さく一回り。日陰道を選んでも、汗が止まらない。イネの花、オオバタンキリマメ、ヒヨドリジョウゴ、ヤブラン。

  • オニグルミ 0808

  • 箕郷ふれあい公園

  • 群馬県埋蔵文化財センター発掘情報館の長期休館

     群馬県埋蔵文化財センター発掘情報館が 来年1月頃まで長期休館します。 展示室も、体験学習室も、 そして図書室も入室不可。 職員も、なかなかのダメージです。 群馬埋文ホームページのお知らせを転記しておきます。 図書室のご利用をお考えの方は、ご注意く

  • 日本経済新聞 20220803 「戦争遺跡」進まぬ保存

    日本経済新聞 20220803 「戦争遺跡」進まぬ保存古墳の次は城、そして戦争遺跡という順に、再調査を進めたかったのだけれど、未達。国の取り組みが及び腰なのは明白。

  • 今日のみちばた シオカラトンボ

    今日も猛暑。シオカラトンボ嬢に先導されて、橘川を下って瓜山橋往復、と思っていたのだが、草のバリケードに阻まれた。カラムシの葉裏で巣つくりを始めた蜂。ここは例年、フクラスズメに食い荒らされてしまう場所。大丈夫かぁ・・・

  • 今日のみちばた チョッキリが働き始めた

    猛暑日。起伏の少ない循環器病院周回コース。このコースは日当たりが良いので、ノブドウの実がたわわわわ。ヨウシュヤマゴボウサルスベリ蝉の抜け殻を見つけた。チョッキリが働き始めた。

  • オニグルミ 0801

    休みをもらったり、雨だったりで、久しぶりのオニグルミ詣で。クズやカナムグラがはびこってきて、覆い隠されそうだ。だんだん色が変わってきた。

  • 今日のみちばた 

    >エビヅルオモダカノブドウヘクソカズラ

  • 新潟県立歴史博物館 夏季テーマ展示「重要文化財村尻遺跡出土品」

     新しくなった三国トンネルを抜けて新潟へ。 (フジロックやっていたんだね。) 新潟県立歴史博物館の夏季テーマ展示「重要文化財村尻遺跡出土品」 弥生再葬墓群出土土器の集中展示です。 8月28日まで 看板は土偶型容器だろうけれど、この遺物を含めて注目すべき

  • 赤城自然園 2022年7月29日

    今週は孫1宿題のため、トンボ探求に赤城自然園へ。今日見たのは、アキアカネとシオカラトンボ、コシホソヤンマ、そしてオニヤンマかと思っていたのだけれど、ちょっと違和感があって、自然園のガイドさんと協議。FBFの応援も得て、ヤブヤンマと判明。残念!オニヤンマは

  • 「これからの埋蔵文化財保護の在り方について(第一次報告書)」が公開された

    22日の金曜日に「これからの埋蔵文化財保護の在り方について(第一次報告書)」が公開されていた。パブコメの結果は、「これからの埋蔵文化財保護の在り方について(第一次報告書)(案)」に関する意見募集の結果についてにある。日曜日に4回目のワクチン接種。昨日

  • 今日のみちばた 林道新井盗人越線から吾妻山線

    午後から4回目のワクチン接種FFFときて、今回初めてモデルナ。接種前に、林道新井盗人越線から吾妻山線。カラフルなウワミズザクラの実が目を引く。隣にはクサギやら虫入りのマタタビの実。ちょっと脇を見ると、おや、特徴的な奇数羽状複葉、赤い葉柄。これはヤマウ

  • 赤城自然園 2022年7月23日

     今度こそ本当の梅雨明けかな、という空。 年パスの書き換えに赤城自然園へ。 この一年で11回遊びに行っているらしい。 ほぼ月一回ペースか。 今日のランチには、いつもの三穀米サンドに 辛口カレーパンを追加。 これ、辛いよ! 今日の第2目的は、 孫1が

  • 西野白桃

    ありがたい。今年も西野白桃がいただける。収穫時に雨模様だったそうで、味が心配との事だったが、とんでもない。いつもの美味、変わらず。

  • 今日の道ばた まだ赤くないアカトンボと

     戻り梅雨の中休み。 じめじめと、暑い。 赤城山、夏姿。 今日はトンボに良く出会った。 ミヤマアカネ これは雌らしい。 ナツアカネ ナツアカネも、ミヤマアカネも、まだ赤くない。 これからだんだん、赤みが増すらしい。 これはおなじみハグロトンボ。 オニ

  • オニグルミ0720

     連休と雨降りで、久しぶりの昼散歩。 オニグルミ観察も、少し時間が空いてしまった。 果実の状態はほとんど変化がないようだけれど 葉が茂ってきて、外からではほとんど見えないくらい。 葉を一枚持ち上げて、アップ写真。

  • 「これからの埋蔵文化財保護の在り方について(第一次報告書)(案)」に関する意見募集

    今日締め切りなので、とりあえずまとめた3点を提出。最初はⅡ.埋蔵文化財保護に関する基本的な考え方と現状保存すべき埋蔵文化財に関する考え方Ⅲ. 指定相当の埋蔵文化財の保護に係る課題について。 高輪築堤の問題は、平成10年通知前提で埋蔵文化財の範疇に入らない

  • 埋蔵文化財保護のあり方について報告書案を読む会

    これからの埋蔵文化財保護の在り方について(第一次報告書)(案)へのパブリックコメントが求められている。受付締め切りが7月19日23時59分。いよいよ迫ってきた。FBで紹介されていた、考古学・文化財のためのデータサイエンス・サロンonline #25埋蔵文化財保護のあり

  • 埼玉県立歴史と民俗の博物館 発掘された日本列島2022

    午後は埼玉県立歴史と民俗の博物館の発掘された日本列島2022。こちらは明後日までで、その後巡回。転機と言われて久しい列島展。今年は井戸尻が看板娘かな。いろいろ工夫はしているんだなぁ。速報展では、古墳時代が面白かった。猪ノ鼻(1)遺跡 本州北端、青森の古墳と

  • 令和4年度 埼玉の考古おひろめ展 地中からのメッセージ

    今日はなかなか忙しかった。午前中はさきたま史跡の博物館で今日から始まった令和4年度 埼玉の考古おひろめ展 地中からのメッセージを見学。詳しい紹介はこちら。行田の北大竹遺跡遺跡と神川町の平遺跡は、先に見学機会があった資料。ケースの中に入ると、よそよそ

  • 今日の道ばた 循環器病院コース

     今日も厚い雲が赤城、榛名を覆う。 スタートが遅れたので、循環器病院を廻るコース。 ここは起伏が少ないので、楽ちん。 途中、補助員さんたちに人気の野菜直売所がある。 坂の途中にあるヒメコウゾ どういうわけか、このコースのスベリヒユは みんな大株で肉厚

  • 今日の道ばた エゴノネコアシ

    昨日まわれなかった中の尾根コース。しかし今日も蒸す。おそらく30度には達していないのだけれど、気持ちの悪い空気だ。見事な虫瘤。エゴノネコアシアブラムシの仕業。

  • 今日の読書 古代日本の官僚 天皇に仕えた怠惰な面々

     官僚・役人がサボってるっているのは よくわかったのだけれど、 それでも世の中が回ってるのは なぜなのか? 支配できている、支配されているのは なぜなのか?? そこがしりたい。

  • 今日の道ばた 草刈りの跡に・・

    昼休み中の尾根を目指して歩き出したところが、雨が落ちてきた。榛名もすっかり雲の中。早々に、薄暗い竹林を抜けて帰ることにする。先週末に草刈りされた発掘情報館裏の小径。刈跡に何が芽を出してきたかな。宿根のヤブマオは生き残っている。シンジュとヤブカラシ。

  • オニグルミ0711

ブログリーダー」を活用して、orbitさんをフォローしませんか?

ハンドル名
orbitさん
ブログタイトル
Ancient Botanical Garden
フォロー
Ancient Botanical Garden

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用