searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
モリヤスBUILD & ENGINEERING PARTⅡ
ブログURL
http://moriyasubuildandengineeringpart2.blog.jp/
ブログ紹介文
静岡県浜松市でバイクの『修理』『製作』『レストア』『カスタム』を行っております。製作した車両は『M.B.A.E.S(モリヤスビルドアンドエンジニアリングショールーム)』にて販売しております。(GooBikeに掲載中)
更新頻度(1年)

161回 / 342日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2019/09/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、モリヤスビルドアンドエンジニアリングさんの読者になりませんか?

ハンドル名
モリヤスビルドアンドエンジニアリングさん
ブログタイトル
モリヤスBUILD & ENGINEERING PARTⅡ
更新頻度
161回 / 342日(平均3.3回/週)
読者になる
モリヤスBUILD & ENGINEERING PARTⅡ

モリヤスビルドアンドエンジニアリングさんの新着記事

1件〜30件

  • お盆休みのお知らせ

    ~~ 盆休みのお知らせ ~~誠に勝手ながら、令和2年8月6日(木)~令和2年8月13日(木)まで、お盆休みとさせていただきます。休業中は接客・電話対応・修理・車両預かり&お渡し・ショールームにて車両見学など、業務の一切を行っておりません。通常営業はR2年8月14日

  • ジェイド250:エンジン搭載・キャブレターセット・その他諸々

    組みあがったエンジンを車体とドッキングさせる。                    ↓間髪入れず、キャブレター・ラジエーター・チェーンなどを取り付ける。                    ↓出来てきましたね!!!

  • ロードフォックス:車両買取りは突然に・・・

    ~~ プロローグ ~~4月上旬、馴染みの客から久しぶりに連絡があった。ガラケーである事とガラケーLINEである事には触れるなよ!!送られてきたLINEには画像が添付けされていた。チャリンコに包囲されたその車両は、ホンダのロードフォックスだった・・・。「なんだコレ?

  • ジェイド250:エンジン組み立て&エンジン塗装

    エンジンを組み立てる。                    ↓                    ↓          ↓赤枠のヘッドカバーはマスキングの為に取り付け塗装する。乾燥後、先に塗装しておいたエンジンカバー類を取り付け。つるピカエンジンで

  • ジェイド250:車体を組みまっしょい!!

    再メッキ(ユニクロ)が帰って来たので車体を組んでいく。まずはホイールにタイヤやブレーキディスクなどを組み付ける                    ↓フレーム                     +フロント周り                    

  • RZ250:【完】「ノーマルLOOKのRZこそ価値がある!!」と思うんだが・・・

    シートを張り替えに出す。張替え前もっさいネェ~あと、橙〇部のガソリンタンクとの繋がりがデザイン的にイマイチだ。第1回目フィッティング前方を盛ってもらったこんな感じでぴったりフィット10日後、納品されたシートがコチラ 張り替え前の画像と比較イカス~!!完成です

  • ジェイド250:塗装、エトセトラ.

    車体部品を塗っていく。樹脂パーツ色々(半艶ブラック)                     ↓ホイールなどなど(艶々ブラック)                     ↓社外新品リヤサスペンションのスプリング(艶々ブラック)               

  • ジェイド250:相反する想いがある

    ヤフオクで入手したエンジンを分解チェックする。                     ↓                     ↓                     ↓中の状態はグッドコンディション!!走行距離も短いし、出品時の説明文でも良さげ

  • GPZ900R(A7):こだわりの

    マフラーを取りつける。私が選んだマフラーは・・・当(とう)の然(ぜん)・・・純正ノーマルマフラーだっ!!GPZ900R・ニンジャといえば、カスタムする車両が多い。「社外ピストンでボアアップ」と「社外ホイール」はカスタムを行う順番としては最後の方だ。多くのニンジャ

  • ジェイド250:エンジンOUT!!エンジンGET!!

    車体の全バラ完了。(フレーム塗んのね)エンジンをバラしていく。そういえば “250のCBR系エンジン” をヤルのは初めてじゃないかな・・・                     ↓                     ↓作業担当者の相棒1に呼ばれ見て

  • RZ250:メーター帰還。外装と共に取り付け。

    クラフト・ビー社からスピード&タコメーターがリビルドされて帰ってきた。                     ↓車体に取り付ける。                     ↓外装を取り付ける。※スクリーンは当時物のスモークスクリーンカッコよ 

  • Z1000P:車体のカスタム(その2・続 ガソリンタンク)

     ガソリンコックとフューエルセンサーを何とかしなければならない。画像を撮り忘れたので、加工前の画像で比較この作業は難しく、特にフューエルセンサーを設ける作業はは困難を極めることが想像できた。「Z-1のガソリンタンクにスワップされているので、メーターの燃料計が

  • RZ250:マフラー装着。外装帰還。

    「チャンバー焼き」「マフラー塗装」「グラスウール巻きなおし」を施した純正マフラーを取り付ける。サイレンサーまで 「ブラスト → 塗装」 するあたり、イイ仕事してますね~!!                                     ↓外装がリフレッシュされ

  • ジェイド250:ジェイドにCBXウインカーを

    フロントマスクの雰囲気だけでもCBXにしたい。その理由は、・既にテール・テールランプ&ウインカーがCBX風になっている・あと、誰もヤッてなさそう!そんな理由だ。フロントマスクをCBX400Fに疑似ることにする。まずはメーターをASSY交換する。ジェイド250前期モデ

  • RZ250:エンジン組み・腰上編

    エンジン腰上を組んでいく。シリンダーボーリングの後、ピストンは0.25mmオーバーザイズを使用『WPC処理』を勧められたので、ピストンピンに施した。WPC処理の説明サイト → https://www.fujiwpc.co.jp/motor-service/wpc.html                    

  • RZ250:エンジン組み・腰下編

    クランクシャフトが内燃機屋さんからリビルドされて帰ってきた。クランクベアリング、コンロッド、コンロッドベアリング、スラストワッシャーを交換。ミッションベアリングを交換する。                     ↓昔は“「地味~な作業は一般の方が見ても

  • GPZ900R(A7):部品から車体へ

    フレーム・スイングアーム・その他部品が『パウダーコート カトー』から帰ってきた。組み立てていく。先組みしていたエンジンとフレームをドッキング (ドッキングって今の若者使うの?)                      ↓                スイ

  • RZ250:メインハーネスリビルド♪♪

    前回ページの追記 ダブルディスク化に伴い、フロントブレーキマスターを『RZ350用純正マスター(新品)』にしております。XJ・RZ系の弱点、フロントブレーキキャリパーのキャリパーピストンも新品にしております。上画像 左:新品 右:USEDメインハーネスをリビルドす

  • RZ250:車体組み立て♪♪

    再メッキが出来上がってきた キラッピカーン車体を組んでいく                       +                     | |                                     +                       

  • ジェイド250:ジェイドにCBXハンドルを

    レストアや中古車仕上げの時、完成のイメージや方向性を作業者に伝え、“どんな風に仕上げるか?”は私が決める。だが、“どこまでヤルか?”は直接車両を見て触れる作業者が決める。中古車仕上げのジェイドだが・・・エンジンが下りてしまいましたね・・・“中古車仕上げ”

  • RZ250:マフラー焼きからのマフラー塗装♪♪

    適切な排気を促す為、マフラー(チャンバー)内を浄化する。いわゆる“チャンバー焼き”だ。種火となる“布にガソリンまたは灯油を染み込ませたもの”を入り口から入れてソレに火をつける。あとはエアー(酸素)を加え、種火から長年チャンバー内に蓄積した2サイクルオイル

  • ジェイド250:中古車仕上げ開始!!

    テールカウルとテールランプがCBX風になっている『HONDA:JADE』が入庫した。このまま販売しても良いが、そんな事は他のオートバイ屋がやっている。バッテリー・プラグ・オイル・タイヤ・パットを交換して、「ハイ!どうぞ!」みたいな。ハンドル・グリップ・ウインカー・

  • GPZ900R(A7):逆系譜

    車体もスペシャルにする為、ホイールを社外品にしたい。初期モデルが2000年以降の大型バイクはメーカーの頑張りなどがあり、純正ホイールがビックリするほど軽い。“初期モデルが”とあえて付け足したのはGPZ900RやGSX1100S刀などロングセラー車両の中に2000年以降のモデ

  • RZ250:それぞれをそれぞれの色で塗装する

    各部品を塗装するプラスチック・樹脂の部品は“半艶ブラック”で塗装する新車時から黒く塗装されている鉄・アルミの部品は“艶々ブラック”で塗装するホイールは“アルミ地とブラック塗装”でノーマル風リニューアルフレーム・スイングアームは“艶々ブラック”      

  • Z1000R(R2):【完】旧車の王様♪♪

    シートを張替えに出す。角々(カクカク)してボッテリしているのがローソンのシートだが、折角なので数ミリ単位で加工する。加工前シート屋さんがフィッティングに来た。要所×2手直し依頼をお願いし、完成したのがコチラ 見た目ではあまり変わっていないように見える。「

  • Z1000P:車体のカスタム(その2・ガソリンタンク)

    ガソリンタンクを “Z1/ZⅡ内プレスタンク” にスワップする。                     ↓ フレーム形状があきらかに違う為、すんなりは付かない・・・。    フレーム幅よりトンネル幅の方が狭い。それはすなわちZ1のフレームよりJ系のフレー

  • RZ250:エンジン塗装

    エンジンを塗装するエンジンが綺麗だとバイクのクオリティーが上がる 気がする車両購入時は“手に入れる&乗れる事の高揚感”からあまり目に入らないが、付き合いが長くなってくると色々な傷・腐食・色剥げなどが目に付くようになる。それは男女の関係に似ている。気になっ

  • Z1000P:車体のカスタム(その1)

    車体をバラす前にカスタムを施す。Z1000Pの外観に少し手を入れる。購入者様が走行中、信号待ち時、サービスエリア・道の駅などで停車中に「ん?なんかあのポリスカッコイイな・・・」と思われれば勝ちかな。手始めにフロントフェンダーファットな純正もステキだが・・・。部

  • JOGポシェ:【完】シンボル

    外装樹脂部品がかなり年老いている・・・。水分完全除去後、『WAKO'S スーパーハード(未塗装樹脂用耐久コート剤)150ml入/6600円』を使ってみる [説明文]耐熱・耐久・撥水性を兼ね備えた硬質皮膜の樹脂コーティングです。従来の艶出し剤とは違い、主成分である珪素化合

  • GPZ900R(A7):セカンドステージはスペシャルに♪♪

    エンジン腰上を組むその前にシリンダーヘッドを組み立てておくロッカーアームと調整ボルトを新品にする左:USED 右:新品左:USED 右:新品一般的に『GPZ900Rのカムかじり情報』は独り歩きしている・・・。『音(エンジンノイズ)=カム周りを焼いている』・『音(エンジン

カテゴリー一覧
商用