毎日積み立て生活
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ディーカサワさん
ブログタイトル
毎日積み立て生活
ブログURL
https://mainichikotsukotsu.muragon.com/
ブログ紹介文
eMAXIS Slim S&P500の毎日積み立て始めました。
自由文
-
更新頻度(1年)

114回 / 112日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2019/07/05

ディーカサワさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/23 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 全参加数
総合ランキング(IN) 3,676位 3,695位 3,586位 3,181位 3,311位 3,330位 3,293位 975,731サイト
INポイント 40 130 40 110 70 70 140 600/週
OUTポイント 1,000 3,140 550 1,400 1,650 1,000 1,710 10,450/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 109位 108位 106位 98位 100位 102位 101位 13,569サイト
米国株 44位 44位 42位 39位 40位 40位 40位 929サイト
投資信託 18位 18位 17位 16位 16位 16位 15位 742サイト
今日 10/23 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 1,149位 1,146位 1,127位 904位 951位 963位 829位 975,731サイト
INポイント 40 130 40 110 70 70 140 600/週
OUTポイント 1,000 3,140 550 1,400 1,650 1,000 1,710 10,450/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 85位 85位 86位 71位 73位 71位 59位 13,569サイト
米国株 43位 43位 43位 39位 40位 40位 38位 929サイト
投資信託 10位 10位 10位 10位 10位 10位 9位 742サイト
今日 10/23 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,731サイト
INポイント 40 130 40 110 70 70 140 600/週
OUTポイント 1,000 3,140 550 1,400 1,650 1,000 1,710 10,450/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,569サイト
米国株 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 929サイト
投資信託 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 742サイト

ディーカサワさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ディーカサワさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ディーカサワさん
ブログタイトル
毎日積み立て生活
更新頻度
114回 / 112日(平均7.1回/週)
読者になる
毎日積み立て生活
  • 悪用される『富裕層』という言葉

    「富裕層」には公的な定義はないそうです。日本では野村総研の定義が一般的に用いられることが多く、それによると日本の富裕層は純金融資産保有額1億円以上、約120万世帯。 全世帯数のほぼ2%になるのだそうです。50世帯のうち1世帯は富裕層、小中学校の1クラス(40人強?)に1人く...

  • 米国中古住宅販売大幅減の衝撃

    米不動産業者協会(NAR)が9月の中古住宅販売件数を発表。季節調整済み年換算で前月比2.2%減の538万戸と、市場予想の0.7%減の545万戸を大きく下回りました。 このところの中古住宅販売の動きをみると、7月は5か月ぶり、8月はなんと17か月ぶりの伸びと絶好調が続いていた...

  • 株価は景気の先行指標の筈

    アメリカのペンス米副大統領が対中国政策について、今月24日に演説するという発表だけで、先週末の米株式市場では主要株価指数が下げ幅を拡大する場面があったという。 理由はペンス氏が去年10月の演説で中国を厳しく批判し、米中冷戦時代の幕開けスピーチとなり中国の強い反発を招いたから...

  • イギリスの香港化

    ブレグジットがまた土壇場で停滞。イギリス人は流石よくもここまで陰湿なことを思いつくな⁉️という、離脱協定案の実施に必要な全ての関連法が議会で成立するまで協定案の承認を遅らせるという修正案が可決され、情勢は泥沼化。 イギリス議会民主主義の悪いところが出てしまいました。権力の暴...

  • ブレグジットやっと完了?

    イギリスとEU がブレグジットに合意。後はイギリス議会承認だけとなりました。 今回のブレグジット案によくEU は同意したものだと、非常に驚いています。恐らくアイルランドは最後まで躊躇したでしょう。ジョンソン首相の説得が実ったのか、何か裏があるのかわかりません。 メイ前首相の...

  • 米中合意への致命的障壁

    香港人権法案がアメリカ下院で、全会一致のもと可決されました。 同じく上院でも審議、可決が急がれる模様。 米上院外交委員会のリッシュ委員長は「香港は私にとって優先順位が高い。われわれはできるだけ迅速に推し進めるつもりだ」と前向き。 そもそも香港人権法案は香港の民主主義、人権、...

  • (奉祝)eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)信託報酬率引き下げ

    SBI バンガードS&P500 インデックスに対抗し、我がeMAXIS Slim米国株式 S&P500 が信託報酬率を下げてきました。 いつかは下がるとは思っていましたが、もう少し待って、SBI バンガードS&P500 インデックスの本当のコストが判明するまで待つと予想して...

  • 武蔵小杉の想いで

    数十年前、武蔵小杉から数駅のところに住んでました。武蔵小杉は当時JR南武線とだけ接続していて、乗り換えに下車したり、友達と駅前の飲み屋に言ったりした思い出の場所。そういえば、関西人の私が初めてホッピーを飲んだのは、武蔵小杉の安酒場だったかもしれない。当時から自由が丘のオシャ...

  • eMAXIS Slim 米国株S&P500の積立額変更見送り

    やはり米中協議の行方定まらず。トランプさんの「ツイッター大本営?発表」は眉唾満載のようです。 Earlier, stocks had been lower after a report that Beijing was seeking more talks before s...

  • 台風19号の被害に遭われた皆様に謹んで御見舞い申し上げます

    今朝から報道されている、台風19号による大規模被害に衝撃を受けているのは私だけではないでしょう。 現在も洪水が続いています。被害者の方々の一刻も早い救出、復旧を祈っております。 今回の広範囲にわたる冠水被害は、長野、新潟、福島、宮城のように、地方の河川堤防の決壊によるものが...

  • 米国株リスクオンへ?

    米中協議は予想を上回る妥協案で合意しそう。詳細は未発表ですし、正式な発効は来月のトランプ大統領と習近平主席間の調印を待つことになりますが、ごく大雑把に言うと。 - トランプ大統領は消費財や設備投資を冷やす、対中関税をこれ以上強化したくなかった。 - トランプ大統領は選挙の成...

  • (速報)S&P500先物急落

    米国株S&P500 の先物が急落しているようです。 原因はサウスチャイナモーニングポストの以下のニュース。 Dow Jones futures fell late Wednesday, along with S&P 500 futures and Nasdaq future...

  • (一応歓迎)つみたてNISA 期間延長へ

    すでに広く取り上げられているとおり、つみたてNISA 制度の改正が具体化してきました。決定ではないですけれど、恐らく2037年までにつみたて開始すれば、誰もが20年間のつみたて期間を確保できるようになりそうです。 現行つみたてNISA にはちょっと残念なところがあって、20...

  • 米中閣僚協議直前

    米中閣僚協議を直前に、様々に情報が飛び交ってます。 Chinese Vice Premier Liu He is expected to lead the Chinese trade delegation in Washington this week, and he is...

  • 米中閣僚協議の行方

    注目の米中閣僚協議が来週開催されます。結果によっては、米国株に大きな影響があるかもしれません。 以前にも書きましたが、米中の問題はアメリカの巨額貿易赤字だけではありません。例えば、中国は2017年に国家情報法を成立させ、中国企業は中国政府=中国共産党の命令があれば、必要な情...

  • S&P500 よ、そこまで上げなくても

    今週の最終日、S&P500 は1.42%も上昇。3000目前の2952.01で終了。原因は雇用統計の悪化が顕在化しなかったこと。 The U.S. economy added 136,000 new payrolls in September, missing expect...

  • 米国株今日のところは反発

    おはようございます。 注目の9月のISM 非製造業景況指数が発表されました。やはり事前予想を下回りました。 ISM’s non-manufacturing purchasing managers’ index (PMI) fell to a reading of 52.6 ...

  • 米国経済いよいよ停滞へ突入か?

    2日連続で米国株は下落。S&P500も2900を下回りました。 今日の下落の大きな要因は民間ADP 雇用統計が、今週末の正規のそれに先立ち発表され、事前予想を下回ったことでしょう。 ADP/Moody’s private payrolls report reflected ...

  • eMAXIS Slim 米国株S&P500 9月までの積立総額と評価額

    9月末までの結果発表です。 積立総額: 2,670,079円 評価額: 2,738,478円 損益額: +68,339円 9月の毎日積立額は、当初の米国株軟調、円高をチャンスに70000 円まで上げたものの、その後は米国株高と円安の流れが定着し、現在は毎日25000 円積立...

  • 関電問題

    関電の役員20人ほどが、原発のある高浜町の元助役から、金品3億円以上受け取っていた事件。 単純化計算で、一人につき1500万円以上も授受していたことになる。一般庶民的的な感覚だと、公益企業幹部がいったい何をして、そんな大金を賄賂として受けたのかということでしょう。 答は簡単...

  • (朗報) NHK 受信料実質値下

    明日、10月1日より消費税が2%アップしますが、NHK 受信料は2%値下げされ、消費税アップ分と相殺。 我々が支払う受信料は実質的には今までと変わらないことになります。🎉🎊 意外に知られていないのではないでしょうか。庶民にはありがたいこと。素直に歓迎したいと思います。 ...

  • つみたてNISA をしない理由は何ですか?補足

    昨日、つみたてNISA をしない理由は何ですか?をブログにアップしました。 今日はその補足を書きます。昨日の投稿で、ネットでも窓口でも、老若男女のお好みに合わせて、つみたてNISA の口座開設のハードルは特に高くは無いと書きました。 またそれにも関わらず、つみたてNISA ...

  • つみたてNISA をしない理由は何ですか?

    金融庁発表のつみたてNISA の今年6月時点での口座数は百五十万口。例の2000万円騒動の初期なので最新の数字なら、二百万口座を越えているかもしれない。 二百万口座ということは、つみたてNISA は一人一口座なので二百万人が口座開設したということ。 一見多いように思えるが、...

  • 米国景気に方向性無し

    9月のアメリカ消費者信頼感指数は事前予想を大幅に上回る下げ。ちょうど一年前の同時期には18年ぶりの高水準を記録しています。 この一年のうちに怒濤の利上げ~今年7、9月の利下げへと金融政策は大きく舵を切りました。 にもかかわらず、消費だけはそれなりの好調を維持していました。そ...

  • 就職氷河期世代の雇用

    兵庫県宝塚市が就職氷河期世代の非正規雇用者対象に募集した3名の職員募集に1600人余りの応募があったことは、全国ニュースになりました。 元宝塚市民の私は相当前からこのことは知っており、人口僅か20万人ほどの地味な地方都市に応募する人は、人手不足の昨今いったい何人いるのかなと...

  • S&P500 は予想に反して穏やかな週明け

    先週の個人的予想に反して、米国株S&P500は、ほぼ値動き無しで、週明け取引を終えました。 ムード的には先週末の拙ブログで書かせて頂いたように、トランプ大統領はあらためて中国との包括的合意しか無いことを強調、大統領選挙前といった期限で交渉しないこと、イラン制裁強化による中東...

  • 韓国が日本との通貨スワップ再開希望

    文政権内部で、日本との通貨スワップ再開するという話が持ち上がっている、との報道がされています。 通貨スワップは、簡単に言えば、お互い困った時、つまり通貨の信用が無くなり、デフォルトしないように、強い方がその通貨を融通して信用補完することで助け合いましょう、という取り決めです...

  • 週明け米国株に動きか

    今週のS&P500は最後にやや値を下げ、3000ポイントを割る水準で終了。 中国視察団がモンタナ州農家訪問予定を急遽キャンセルし、帰国したことで嫌気されたということ。 実際のところはトランプ大統領があらためて、農業分野だけといった部分合意ではなく、 1. 中国とは包括的合意...

  • 日銀金融政策決定会合

    昨日の日銀金融政策決定会合の結論は現状維持。 表向きは現在の日銀のミッションは、健全な経済成長を実現するデフレ防止であり、具体的には、インフレ率2%まで非伝統的金融緩和を徹底するというものです。 黒田総裁就任以降、限界まで金融緩和されており、これ以上の緩和は副作用が大きくな...

カテゴリー一覧
商用