住所
出身
ハンドル名
神2さん
ブログタイトル
超私的見解書
ブログURL
https://www.jin2.site
ブログ紹介文
3人の息子と素人の私の体験談をぶつぶつ喋りながら書いています
自由文
-
更新頻度(1年)

28回 / 40日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2019/04/15

神2さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/24 05/23 05/22 05/21 05/20 05/19 全参加数
総合ランキング(IN) 7,620位 8,073位 7,828位 8,037位 8,050位 8,276位 9,154位 961,097サイト
INポイント 10 40 60 40 50 50 20 270/週
OUTポイント 180 2,800 4,820 4,230 3,530 4,270 320 20,150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 48位 53位 52位 52位 54位 58位 69位 9,146サイト
少年サッカー 8位 8位 8位 8位 8位 8位 8位 861サイト
今日 05/24 05/23 05/22 05/21 05/20 05/19 全参加数
総合ランキング(OUT) 492位 546位 525位 567位 591位 599位 656位 961,097サイト
INポイント 10 40 60 40 50 50 20 270/週
OUTポイント 180 2,800 4,820 4,230 3,530 4,270 320 20,150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 12位 12位 12位 12位 13位 13位 14位 9,146サイト
少年サッカー 5位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 861サイト
今日 05/24 05/23 05/22 05/21 05/20 05/19 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 961,097サイト
INポイント 10 40 60 40 50 50 20 270/週
OUTポイント 180 2,800 4,820 4,230 3,530 4,270 320 20,150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,146サイト
少年サッカー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 861サイト

神2さんのブログ記事

  • リーグ第5節 第6節

    神2です。リーグ戦にも大分慣れてきました。第5節と第6節が行われました。リーグ後半戦へ突入まず第5節の相手は勝点が同じです。 得失点差でなんとか息子のチームが上回っている相手です。 4位と5位の対決。何としてでも勝っておきたい相手です。またこの対戦相手は老舗のスポーツ少年団近頃は低迷しているが、一昔前は名門と言われていたチームだ。 いわゆる古豪といったところでしょうか。またこのチームはU-11を中心に構成されたチームで来季にむけて名門復活の足掛かりとされている期待のチーム。息子達セカンドチームもU11を中心に構成されたチームお互い負けられない相手。しかも、初対戦。試合内容はというとどちらも責め…

  • 出場機会を失った1人の選手。

    神2です。前回に移籍組の台頭話をしましたが、今回はそれと正反対の移籍組により出場機会を失った選手を1人をフォーカス。その選手は移籍組の選手が加入するまでどんなときも試合に出場し続けていた選手です。特に中盤の真ん中を任せられることが多く、皆に期待を寄せられていた子どもです。正式に指揮を執るコーチも決まり、数名の新加入の選手で新体制となったU10チーム。 門出となる遠足先の試合で彼はベンチスタートという立ち位置になる。おそらくサッカーを始めて自分の世代の試合でベンチというのは、この数年間で初めての経験なのではないでしょうか。失意に感じたのか、途中出場しても全くキレがありません。そんな調子なものでま…

  • 移籍組の台頭。

    神2です。移籍関連の話はよくしてきました。今回はそれを目の当たりにした話。 次男U10世代はやはり人が動く。 移籍が多い時期です。この中でも1人飛び抜けた選手が移籍してきました。もうすでにチームのナンバーワン選手です。この選手はおそらく長男のいる1つ上のカテゴリーに飛び級してくるのは間違いないでしょう。この他、県外からも転勤の都合で移籍してきた選手も良い。移籍前のチームも強豪クラブでレギュラーとして活躍していた選手。即戦力です。まだ他にもう1人市外から移籍してきた選手もレギュラーとまではいかないが侮れない選手です。その他に1つ下のカテゴリーから飛び級してきている選手もいます。 次男も壮絶なレギ…

  • 次男新体制スタート。

    神2です。つい先日また県外遠征がありました。今までは担当のコーチの固定はなく、基本はサブコーチ(親コーチ)が取りまとめていた状態です。今回からは正式にメインコーチが決まり、そのコーチがU-12まで監督を務めるようになります。言わば新体制スタートです。そのコーチは数々の栄冠を勝ち取ってきた勝率の良いコーチです。そのコーチの就任に保護者達も大半は納得しています。大半はね…勝率の良いコーチですがその反面、勝ちにこだわる部分が強いのか、試合に出れない選手は今まで以上に試合に出場することが難しくなります。実際にその県外遠征に行った際には結果を新体制でいきなり結果を残して帰ってきます。自由な交代が可能な8…

  • 県トレセン。

    神2です。県トレセンとは、地区トレセンの1つ上のカテゴリー。他の都道府県はどうかわかりませんが、息子達の活動拠点である我が県では約30名ほどが県トレセン練習会を行っております。つい先日それに長男が参加させてもらいました。リフティングから始まり四つ角に分かれてパス練習 いわゆる止める 蹴る練習3色のビブスに二人ずつ分かれて6人でのロンド最後に8人制のゲームで終わりました。 その最初のリフティングの練習の時に気付かされた事があります。長男 実はリフティング出来なかったことを…回数を重ねるチョンチョンリフティングなら何百回と出来るのですが、足を棒のように伸ばしボールを自分の顔位まであげるリフティング…

  • 喋り場。

    神2です。すみません!今日は愚痴ブロです!言いますよ~~~!「子どものスクールの日程に合わせて親同士の喋り場の機会にするのやめてください!」以上。これで終わりにしたいのですが、少し書きます。 ❰スクールの決める基準❱ 仲のいい子ども達、仲のいいママ友がそこのスクールに通っているから私もそこに行きます!論外。 何のために行ってるのでしょうか。子どもの為?親交流の為?後者の親交流の為ならカフェでお茶してください。以上・・・。もう少し書きます。上手い子どもが行っているスクールその子と仲良くなれればチームで自分の子どもは安泰だ。何しにサッカーさせてるの?サッカーを友達作りの場にしてる人いますよね。 保…

  • 次男 絶不調。その弐

    神2です。前回の続きになります。次男の絶不調ぶりがどんなものなのかをまず説明させていただきますと…とりあえず3点あります。・ボールウォッチャーになる ・迷いながらプレーしているからすべて中途半端 ・戦う姿勢がない ボールウォッチャー 半径1メートル以内にいる敵味方がいるとします。 チームメイトがボールを奪いにいっていているのにフォローしない。 こぼれてくるボールを待っている様に見えます。 フォロー サポート等オフザボールの動きが全くなく固まっている。 迷いながらプレー まず先にゴールではなくパスのイメージが浮かんでいるのでドリブルしていても迷いながらドリブルしていて全てが中途半端なプレーに終わ…

  • 次男 絶不調。その壱

    神2です。今日スランプ真っ只中の次男(U10)です。いつからこうなったのだろう…最近の次男の動きが硬く重たい。それを痛感することとなったのがGW中の県外遠征でした。まるで機能してない レギュラーとして出てはいたものの、そのプレーの散漫さに私自らコーチのもとに詰めより、 「もうアイツは出さないでください」 と言ってしまった程です。ご法度中のご法度だ。コーチも「確かに動けてないですね」と一言 次男も私の顔色に気付いたのか、試合の合間の時間に私の側を通っても顔を合わそうとはしません。勿論、私も話し掛けることはありませんでした。この日の試合の全日程が終了し、帰り支度をしているところ、次男はいつまでたっ…

  • ベテランレフリー。

    神2です。つい先日のリーグ戦のアナザーストーリー審判にフォーカスします。ちょうど息子の試合で審判をした人がいます。白髪の年齢は定かではありませんが70歳ぐらいでしょうか。歩く姿を見ても片足を引きずっていてとても走る事は出来ないのではないでしょうか。その姿は子ども達選手からしてみればおじいちゃんでしょう。私は正直「この審判で大丈夫か?」と思ってしまいます。 さぁキックオフ!目まぐるしくボールが動きます。審判のことはよくわからないですが、その人その人によってベストなポジションや角度があると聞いたことがあります。その審判の基本的な場所はセンターサークル。 センターサークル外に出ても1メートルといった…

  • リーグ第3節 第4節

    神2です。今年のチャンピオンズリーグめちゃくちゃすごくないですか?今までも数々のドラマがありましたが特に今年の準決勝セカンドレグはヤバイです!フットボールさん、感動で目が濡れました… 我が町の地区リーグもだんだんとアツくなってきております!↓前回のリーグ戦の模様↓ www.jin2.siteそして、今回第三節と四節まず、第三節相手チームには地区トレセンの選手を1人擁している体格も大きめのチーム。 息子長男は先発から外れベンチスタート。思いの外、とんとんと得点が入り前半2-0のリードで折り返します。後半頭から息子に出番が回ってきます。 ポジションは中盤の真ん中。以前からチーム全体として指摘されて…

  • GWを終えて。

    神2です。今更ですが、GWお疲れ様でした。保護者の方や選手、特にチーム関係者コーチの方々は大変お疲れ様でした。このGWはどうでしたか?選手のレベルアップは出来ましたか?ハッキリ言って目に見えるぐらいの事はなかなかないにしても、沢山の経験が出来たことは確かではないでしょうか。私は9連休という休みを頂きましたが、その9連休全てが息子たちのサッカー観戦でした。長男(U11) 次男(U10) 三男(U8)勿論、重なることもありますした。特に上二人は年代的にも忙しく大変です。 三男もそのうちそうなるのだろうと予測しています。このGW…普段仕事をしている方がまだマシというぐらい疲れました。GW前はサッカー…

  • トレセントラブル 最終章。

    来る日がきた。新U-12 新U-11のトレセン選考会。来年度トレセンを取り仕切ることとなるAさんはその場にいた。そして他にも、もう一人Aさんのチームのコーチも試験管としています。やはりそれを目の当たりにして噂が本当だったってことを実感。 一次 二次 最終選考会と進むにつれて私はもうそんなことは正直、どうでもよくなっていた。ただひたすら応援するのみ。大人の事情など知ることかと。 そして、結果が出た。 ふたを開けるとU-12 Aさん所属合格者 6名 Bさん所属合格者 6名印象としては去年よりやはりAさん所属の選手の増え率が倍以上。 でも確かにAさん所属のU-12の選手は上手いのは上手い。認めざるを…

  • トレセントラブル 噂話。

    ある日、一人のパパさんから私におもむろに話してきた。「Bさんとこトレセンから手を引くんだって」私はまたそんなこといきなりあり得ないでしょうと返す。それから深く話を聞いているとどうやら本当のようだ。パパさん「なんか噂ではAさんのクラブの選手の子があまり受かってなくてBさんとこばっかり受かってるのが気に入らないらしいよ」また引き抜き行為の事もしっていたようだ。しかし、あれは勝手にBさんとこのエース君がしてることだけで全く引き抜き行為はしてないとそのパパさんもキッパリ言う。そのパパさんは地元でも顔が広くサッカーの情報に詳しい人。信頼性は充分だ。私は息子が近々トレセンのセレクションがあり、息子が推薦さ…

  • トレセントラブル 会議室。

    ある大会の抽選会の時、事件は起きた。 抽選会も終わりに差し掛かりB「その他なにか」A「ちょっといいですか…」 ???会議室??? A「あのー、話は変わってトレセンの事ですけど、やたらFC○○(Bのクラブ名)の子達が多すぎることないですか?リスト見ると偏りすぎてひいきしているとしか思えないのですが」B「はっ?いやぁそのひいきしているとかはない話ですよ」とキッパリ。A「トレセンコーチがいるチームだからそのチームの子が優遇されていると他でも聞くものでね」B「そんな…なんの事を言ってるの?」こんなやり取りが続くなかでA氏がついにこんなことまで言い出します。A「最近よくうちのチームの選手たちがやたらオタ…

  • トレセントラブル 序章編。

    神2です。この記事を書こうか書かないか迷いましたが書くことにしました。数ヶ月前の話。トレセンにトラブルはやはり付き物なのでしょうか?今年度から初めて長男がトレセン活動をしているのですが、事件はトレセン選考会より前の話。これは私が聞いただけの話なので体験はしておりません。あらかじめご了承下さいませ。 事件は会議室で起こったそうです。 事件内容はトレセンでの選考が偏り過ぎているのではないか?という不満から。トラブルの元となる発端者は強豪クラブの代表者Aそれを言われた相手というのは4種協会でもそこそこ上の方で、そのそこそこ上の方も街クラブを経営している代表者でもあります。 この方をBと今回は呼ばせて…

  • 同じスクールを続けた者と辞めた者。

    神2です。我が街には地元では有名なスクールがあります。上手くなりたきゃそこに行け!というぐらい定着しています。そのスクールとは足元技術の強化で有名で市外からは勿論のこと県外からも通う子どもがいるぐらいです。皆努力しているんですね。その努力を続けた子どもと途中で辞めた子どもの比較そのスクールに通っていた時はお互いにライバルと言いますか、どちらも上手い選手でした。途中で満足して辞めた子がいます。空白約2年間いわば2年後の状態はどうでしょうか。どちらもチームのエース的存在は変わっていません。しかし、続けていた子どもは足元に更なる磨きをかけチームを勝利に導くプレーを幾度となく披露してます。反対に途中で…

  • 親の過大評価とそのギャップの結末。

    神2です。こんな保護者まわりにいませんか?「うちの子は上手い」上手い子を目の当たりにしても 「あの子は大したことない」こんな発言をする保護者 私は見たことあります。まさにプライドの塊。これは私の体験談の話です。その保護者と子どもは二人三脚で頑張っていました。 サッカーは特に熱心な保護者です。少々お高いスクール等にも行かせたりして確かに子どものレベルはグングン上がっていきます。 しかし、強かったはずのチームも学年が上がるに連れて段々と勝ちから遠ざかってしまうようになりました。最終学年にあたるU-12の時は一部リーグから二部リーグに降格するほどに弱体化してます。県大会常連だったチームがU-12の1…

  • 清々しい話。

    神2です。今日は清々しい話。きよきよしい話。ある一人のパパさんとの会話です。私「GW予定が大変ですね!」パパさん「そうなんですよー○○県に2回でしょう、後○○(市外)にもいかないと!」私「えっ全部行くんです?」パパさん「行かないんですか?」私「いやぁ…調整中です」 このパパさんスゴくないですか? それともそれが普通なのですか?まだスゴいのがあります。予定表を頭の中に全て叩き込んでいます。そして、さらにはその遠征地や大会主催チームをGoogleで検索しまくって有りとあらゆる情報を掴んでいます。 「この遠征には○○FCが来る」「1回戦はFC○○と当たりますねぇ」チームの掲示板に出ていない情報をいち…

  • ゴールデンウィーク サッカー三昧。

    神2です。突入しましたね、GW!山へ川へ旅へ楽しいことがたくさん出来ますねーしかし、サッカー少年少女をお持ちの私達はどうですか?「そんなこと言ってる暇はない」こんな方々ばかりではないでしょうか。 私もその一人です。 遊びに行くのも調整してみないと行けない現実。 サッカー三昧のGW 皆様ご苦労様です。特に兄弟がいる家庭は倍大変になります。ご苦労様です。 私のところは長男次男で数万円が飛んでいきます。内訳 県外遠征2回 日帰り県内遠征2回 合宿二泊三日。お金の話より大変なのが兄弟いると必ず起こる日程が[かぶる]です。・どちらをどのように連れていくのか? ・誰かに頼まないといけない ・偏らないように…

  • 県トレ選出。

    神2です。前回の記事で書きました。 www.jin2.site県トレセンは固定ではなく変動制。ダメなら落ちるシステムで調子の良い選手が残るシステム。そこにずっと要れる選手はそれはきっと誰の目から見ても上手いと思える抜群の選手なのでしょう。 前回の練習会の結果 長男U-11が次回の県トレセン練習会の切符を手に入れることが出来ました。まさかですよ。 その連絡を聞いた瞬間、正直、驚きも束の間、喜びが湧いてきました。県トレセンに選出させるのは地区トレセンの中からキーパーを除く10名が選出。縁のないような話と思っていましたが、実際行くこととなって少し長男に感心しているのが本音であります。 よくやりました…

  • 初めてのトレセン活動。

    神2です。つい先日、トレセンの練習会がありました。勿論、初めての経験。いざ、会場に入りますとセレクションの時の重たい重たーい雰囲気とは一変して和やかな雰囲気です。 保護者も選手もにこやかです。 練習時間 1時間半 ❰本日の練習メニュー❱ ・リフティング(アウトサイドとインサイド) ・対面パス ・ロンド(鳥かご) 以上 私「えーつまらない」正直、今まで上級生のトレセンを数回、見学したことはありましたがそのどれもがゲーム中心だったので、なんか意外でした。普段の練習とそうは変わらないことをしている。 基礎的な練習のみで終わるとは…。 基礎的なことは皆出来るのを分かっていてのこの練習です。 裏を返せば…

  • サッカー教室。

    神2です。久しぶりにサッカー教室についての話。 www.jin2.site www.jin2.siteサッカー教室いわゆるスクール。所属チームから離れて練習が出来る環境。例えると学校の授業だけで物足りない、更に勉強がしたい子どもが行く?行かされる?ようなのがサッカーで言うところのスクール(教室)です。ですから公式戦は基本的にありません。 でもいるんですね、そんな教室に行かなくても県ナンバーワンプレイヤーが…。 いわゆる天才というヤツでしょうか。 将来プロ以外の道に進むものなら❰消えた天才❱とかなんとかの番組に取り上げられそうですよね。 我が子は凡人…もちろん教室に通っています。もう丸々2年が経…

  • 試合前の対戦相手の声。

    神2です。リーグ戦の話。試合会場にはいろんなチームが集まるわけで、私もいろんなところをほっつき歩くタイプですので、いろんな喋り声が聞こえます。息子のチームと対戦が決まっているチームの会話がたまたま聞こえました。 というよりは相手チームが喋りながら歩いて私の側を通る時に聞こえたという感じです。 内容はめちゃくちゃ粋わめいてました。「絶対あいつらに勝つ」 「何が○○(息子のチーム名)だよ」他にも汚ない言葉が飛び交っている。 私の内心 メラメラ~っとしてきます。その反対に新たに感じたのは標的にされてんだなという事です。確かにフレンドリーなチームでも何でもないのは確かですけど、そこまで感情あらわになる…

  • リーグ開幕。

    神2です。私の息子長男も5年生。チームのセカンドチームにメンバー入りし、初めてのリーグ戦デビューを果たしました。 初めてリーグ戦を見たのが長男2年生次男1年生の時でした。長男だけではありますが、このリーグ戦に関われることとなって、なんと言いますか…「この時がついに来たか」となります。子どもの実年齢の意味での成長を実感しております。 セカンドチームの所属は、地区リーグ3部と言うことで中堅所が名を連ねるリーグ構成となっています。各リーグに9~10チーム所属して隔週総当たりの結果上位2チームが昇格し下位2チームが降格といったような皆さんの街にもあるリーグとそう大差ない普通のリーグ戦です。この日は2試…

  • 一学年差。

    神2です。一学年 一歳 この差がとてつもなく大きいのがジュニア世代。特に体の小さい子どもと体の大きい子どものの一歳一学年差なら身長で20センチ以上も差があります。20センチ以上…大人の世界なら男性と女性ですよ。それぐらい同じ性別で一歳差でハンデを伴うのがジュニア世代。サッカーだけに限らず野球 バスケットでもそうです。 息子や娘に「もう少し身長があったらなぁ」と思ったことありませんか?私はあります。今でも思っています。 しかし歳を重ねるにつれてこの問題の差は狭まってはきます。 それからが勝負ですよ。 しかし、今できることを疎かにしてはいけません。 しっかり先を見据えてじっくりと鍛練しておきましょ…

  • 自信。

    神2です。前回 調子に乗る。をやりましたが、果たして自信の現れとはなんなのか見解していきたいと思います。よく大人での会話でもある「自信持ってくださいよ」子どもに対しても「自信持ちなさい」これはほとんどの人が言った経験がおありかと思います。 自信を持つこととは、すなわち勇気です。 ただ、言葉で言って勇気が出たら世話ありません。自信を持つにはそれまでの過程が大事になってきます。その過程とは《日々の努力》これでしょう。 少年サッカーの場合、親の協力は必要不可欠。その日々の努力を与えてあげる使命が親にはあるからこそ、協力は必要不可欠に繋がると見解します。日々の送迎 応援 これだけでも充分、与えてますよ…

  • 調子に乗る。

    神2です。調子に乗ってる子 各学年にいませんか?調子に乗る理由は勿論、自分が上手いと思っているからです。 自分の調子の良いときや何やっても上手くいってる時って大人でも調子に乗ってしまいます。 自信の表れなのかもしれませんね。 ただ、私は自信と調子に乗るはイコールで結ばれないと見解しています。 調子がいいからそれに乗っかってしまうのが調子に乗るですよね?人間、有頂天になれば足元すくわれます。子ども達も同じです。 調子がいいのは何時までも続くものではありません。そこで乗ってしまうが為に大事な事が忘れてしまいます。《謙虚》これを忘れてしまってはノビシロが減ると私は思っています。自信を持つことは大事な…

  • 最初は皆フォワード。

    神2です。サッカーを始めたのが低学年であれば、誰でも経験があるお団子サッカー。 www.jin2.siteつい先日、三男新2年生の練習試合がありました。 久々にじっくり見ることになるお団子サッカー まぁ2年生になりますので始めて間もない頃に比べますとまだマシにはなりましたが。ボールに群がるのが団子サッカーの特徴です。 その光景を久々に見るとある漫画の登場人物を思いだしました。日向 小次郎です。 目の前に相手がいようが味方が居ようが全員ブッ飛ばすぐらいの勢いで直線ドリブルします。全員がゴールを目指すというより、個人個人がゴールを目指す。全員がアタッカーになります。ゴールキックは最大のチャンス。全…

  • やっぱディフェンスだわ。

    嫌いだなぁ…前線張り付け守備しない選手。 簡単に抜かれる選手、1発で行こうとする選手。 はい、うちの次男のことです。申し遅れました、神2です。やっぱ大事なの守備ですよ。サッカーは1つのボールを奪い合うスポーツ。取られたら取り返すシンプルです。 いくら技術があってもディフェンスがザルならイラッとしません? 攻撃は最大の防御という言葉がありますが、防御は受け身言葉です。サッカーでは意味のないこと。サッカーでの守備はボールを奪うことが前提です。守備といってもそこには攻撃な部分があります。守備が出来ない選手は試合では使えない。体の入れ方 間合い ポジショニング守備にもいろんな技術や頭がいります。少年サ…

  • タイトロープ。

    神2です。最近よく思う事があります。サッカーとは綱渡りであると。こんな激しいスポーツを成長期にあたる子ども達はやっています。どう考えても、怪我は付き物のスポーツ。かすり傷、打撲当たり前で中には掴まれた後のアザや引っ掻き傷…これも当たり前の世界。 でも、これよりやはり恐いのは膝の怪我ではないでしょうか。 足でするスポーツだけに膝に一番負担がきます。 オスグットや軟骨のすり減り等は使いすぎた結果。酷使しすぎた結果です。 そうなったら…ただただ休むしかない。 致命傷ですよね。 好きなサッカーが出来なくなるのですから。 特に高学年になるにつれてその発生率は比例していきます。 いざ自分達の時代が来たとき…