プロフィールPROFILE

ももさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
気を抜くとウツになりそうな私、でもがんばってます!
ブログURL
https://www.momosjournal.com/
ブログ紹介文
主婦、趣味は昼寝、時々料理と読書。頑張らない暮らしの記録・日記。したくないことはしない主義。
更新頻度(1年)

244回 / 244日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2018/10/12

ももさんのプロフィール
読者になる

ももさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 9,767位 10,561位 10,094位 10,126位 11,041位 11,037位 10,593位 980,008サイト
INポイント 20 30 40 40 40 10 20 200/週
OUTポイント 50 230 130 170 140 100 60 880/週
PVポイント 320 1,250 880 980 670 2,940 1,120 8,160/週
主婦日記ブログ 325位 351位 340位 335位 364位 373位 366位 27,024サイト
30代主婦 11位 12位 10位 11位 11位 13位 11位 3,861サイト
ライフスタイルブログ 664位 706位 676位 685位 744位 740位 707位 66,562サイト
シンプルライフ 121位 127位 124位 124位 131位 127位 126位 5,715サイト
ゆるい暮らし 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 109サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 10,568位 10,889位 11,334位 11,570位 12,457位 13,595位 14,489位 980,008サイト
INポイント 20 30 40 40 40 10 20 200/週
OUTポイント 50 230 130 170 140 100 60 880/週
PVポイント 320 1,250 880 980 670 2,940 1,120 8,160/週
主婦日記ブログ 458位 465位 488位 501位 529位 563位 583位 27,024サイト
30代主婦 7位 6位 7位 8位 11位 15位 16位 3,861サイト
ライフスタイルブログ 897位 912位 947位 959位 1,000位 1,080位 1,124位 66,562サイト
シンプルライフ 146位 151位 151位 156位 166位 180位 188位 5,715サイト
ゆるい暮らし 1位 1位 1位 1位 1位 2位 2位 109サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 2,998位 3,071位 3,208位 3,261位 3,315位 3,340位 4,103位 980,008サイト
INポイント 20 30 40 40 40 10 20 200/週
OUTポイント 50 230 130 170 140 100 60 880/週
PVポイント 320 1,250 880 980 670 2,940 1,120 8,160/週
主婦日記ブログ 94位 95位 97位 99位 100位 102位 118位 27,024サイト
30代主婦 6位 6位 6位 6位 6位 6位 7位 3,861サイト
ライフスタイルブログ 270位 277位 284位 290位 294位 288位 342位 66,562サイト
シンプルライフ 70位 70位 71位 73位 73位 74位 84位 5,715サイト
ゆるい暮らし 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 109サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ももさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ももさん
ブログタイトル
気を抜くとウツになりそうな私、でもがんばってます!
更新頻度
244回 / 244日(平均7.0回/週)
読者になる
気を抜くとウツになりそうな私、でもがんばってます!

ももさんの新着記事

1件〜30件

  • 週五日働いて判明したこと

    何年かぶりの週五日勤務が終わった。どうってことなくは全然なかった。朝起きられないし、着る服決められないし、遅刻ギリギリだし、お弁当がしょぼいし、帰ってからの家事が辛いし、眠いしって思っていたら結膜下出血を発症。だから言ったのだ、週五日も働くキャパなんて備わってないのだと。これからは今以上に自分のことを労わろう。 週五日働くと白目が赤く染まる危険性がある以外に判明したことは、W氏が時計を読めないということ。午後四時に帰る予定の私に向かって「今時間ある?」と聞いてきたのは三時五二分の事。負けじと「あるっちゃありますけど、私はあと八分で帰りますがね」と言い切るも「あと八分かあ~!えっとな、ちょちょコ…

  • もう一つのオマケ

    そういえば、粉類を買ったオマケとしてフォームローラーもいただいたので、使ってみることに。ミニマリストに憧れているとき「オマケはもらうべからず」みたいな文言をそこここで見かけて、それを近年は徹底してきたが、ここにきてオマケに踊らされている日々。いけない。 しょっぱなから話がそれたが、フォームローラーである。コロコロ転がして筋肉のハリをとる、ダイエット効果もある、なんて聞いたらオマケだろうとなんだろうと使うのが太っている人間の悲しい宿命。 YouTubeでフォームローラーの使い方を学びながら転がしてみることに。まずはふくらはぎ。この時点ですぐにいろいろなことがおかしいことに気づく。コロコロ転がすな…

  • 風呂も疲れるから運動の一種

    夫のプロテインやなんとかチンなどの大量の粉ものがまた届いて、狂いそうになったことは記憶に新しい。夫曰く、大量に買うといつもオマケをただでくれるらしいのだが、今回届いたオマケの中に、夫も聞いたことがない名前のサプリがあった。 CLAと書いてあり、調べてみるとどうやら「共役リノール酸」というもの、と言われても全然ピンとこないのだが、要するに「脂肪を減らす脂肪」というもの、と言われても、イマイチ分からない。 イマイチ分からないなりに解釈したところによると、どうやらそのサプリは①食後に飲む②運動前に飲む③脂肪燃焼を助ける④痩せる、ということらしく、となると自然と「じゃあこれはモモコ用やな」ということに…

  • 夫は知らない。

    週に五日間働けるのか、いや無理、今日火曜日だけどあと三日も無理、と病んでいる私をよそに、土日にしょっちゅう働いていて平日に代休がある夫は、今までは私がいつも家にいるので平日に遊びに誘われても断っていたのだが、私が平日働くのでこれはチャンスとばかりにどんどん遊びの予定を入れてゆく。 聞いているだけでも、飲み会(昼12時から)、ゴルフ、謎解きイベントなどなど。遊ぶ予定を入れるのは勝手だが、夫は大きなことを忘れている。そうなのです、時間はあってもお金がないのですね、我が家には。今年は庶民のくせに海外旅行に三回も行き、そのたびに散在したおかげで30代共働き夫婦としては考えられないほどお金がないわけです…

  • 全力の月曜日

    ついに来てしまった、12月が。毎日、神社にお参りし、お月さまにもご先祖様にもお祈りしていたのに、私の渾身の祈りは微塵も受け入れられることがなく、普通に12月になった。 平常心を装って出勤。とてもどきどきしている。うまく仕事ができるか、とかそういうことに悩んでいるのではなく、主に、米粒ほどの大きさしかないおのれの体力と仕事に対する情熱とキャパシティーをどのように五日間に分配すればよいのか、ということに悩んでいるのである。週五日働くからといって、仕事量を増やされたり、新しい仕事を任されたりするのも困るので、そのことについても悩んでいる。 そんな月曜は、暇。暇なとき、わが社では「手が空いていますので…

  • 紅葉の季節に取り乱す

    今度は本当に関西地区にもみじこぞう(ドラクエウォーク)が出現しているらしく、夫と紅葉狩りがてら、もみじこぞうを狩りに出かける。前回、もみじこぞうが北海道・東北辺りに出現していたとき、私は夫に連れられ、寒い中、夫が思う存分もみじこぞうを狩れますように、と祈りながら三時間も歩き回った。関西地区にもみじこぞうは一匹たりともいないのに。あれは地獄だった。帰り道に大好きな業務スーパーに寄って買い物したから余計にしんどくはなったが、業務スーパーに行っていなかったらと思うと、今でも呼吸が荒くなる。 あんな地獄を味わった数週間後に、またもみじこぞう狩りに付き合ってあげるなんて、夫は本当にいい嫁をもらったと思う…

  • 十一月の本

    読書の秋なんて、嘘っぱちですね。いっそのこと睡眠の秋と改名したい。それくらい眠いのだ。そんなことより、11月30日にこの記事をアップしなければ12月は一生来ないと信じてアップしなかったのだが、結局12月は来てしまったのでアップすることにします。 ①今はもうない/森博嗣 S&Mシリーズ第8作目。叙述トリックものの本作は、ってあたかも叙述トリックが一体何なのかを熟知しているような物言いだが、コレを書く今の今まで知りませんでしたよ、私は。一部の描写をあえて伏せたり曖昧にして、読者に誤った解釈を持たせて、最後にあっと驚かせる、という書き方を叙述トリックと言うらしい。ミステリー小説を推理しながら読まない…

  • キョウ妻の会

    夫によると、夫は職場で「キョウ妻家の会」のメンバーらしい。奥さんが恐妻の人とそうでない人の違いは明白である。奥さんが恐妻じゃないと、夫はクズになりやすい。たとえば、先日も話題にした、暖房器具使用禁止男なんかは、奥さんがしっかり者で優しいのでクズなのだが、つい最近はそんな奥さんに出張だと嘘をつき、一人で温泉旅行に行っていたらしい。奥さんが恐妻ではないからなせる業なのだ。 奥さんが恐妻の人はそうはいかない。奥さんにそんな嘘をついて、バレたらどうなるか分かったもんじゃない、殺されるかもしれない、どうやったら許してもらえるのか、という思いを胸に秘め、妻を恐れて日々生きているのだから。 夫の恐妻家の先輩…

  • ものすごく「谷」

    旅行から帰ってきたら、日常が戻った。日常はいいのだが、人生山あり谷ありでいうところの、旅行中が「山」だとすると、今私がいるところは「谷」である。 手の小指にばい菌が入ったのか膿みたいなのが出来て何をしても痛いし、寒いし、久しぶりの仕事は何をしたらいいのかサッパリ分からないし、いつもはクールな上司のYさんがにこやかに話しかけてきてなんだか怖いし、寒いし、心の底から見かけたくないのにマンションの共用部分で犬を歩かせているキチ●イ夫婦は見かけるし、日は早く暮れるし、来週から仕事は週五日行かなくちゃいけないし、寒いし、夫のパーソナルトレーナーごっこに付き合って筋トレしたら五日間くらいずっと筋肉痛だし、…

  • バンコク旅行 お土産

    バンコクで買ったものを紹介するつもりはなかったのだが、荷ほどき中に夫がいそいそとお土産をきれいに並べはじめ、キラキラした目でもって「ほら、ブログに載せーや!」と言ってくれたので、載せることにする。「ほら」ってどういうこと? こうして眺めてみると、夫の筋肉痛用(?)の塗り薬の多さに目がいきますね。その数、なんと計16個。来年の俺はヤバいから、と言いながらいっぱい買っていたが、一体どんな姿になるつもりなのか。恐ろしくていまだに聞けていない。 ヤードムという鼻吸引機(?)は、夫が職場にお土産といって買ったのだが、現地でいたく気に入り、職場の人にあげるのはもったいないから全部自分用にするとのこと。職場…

  • バンコク旅行 ④

    この日も午前中はプールでぐうたら過ごす。翌日には帰国のため、ぐうたらしたい私と、どこかに出かけたい夫の熾烈な戦いも残念ながら今日で終わり。今さらだが、午前中ぐうたらできても結局午後はバンコクの人混みを歩き回って疲れ果てるので、午前中のぐうたらはなかったことになると気づく。戦いの軍配は夫に上がってしまった。 午後は夫が行きたいところを無理やり探して無理やり見つけ出した古着屋さんへ行くことに。クンテンでの失敗を活かし、今回は営業時間をバッチリ調査済み。お店に向けて怪しげな路地裏を進む。 すると、目の前に見えてきたのはシャッターの閉まった古着屋。目当ての店ほど開いていないもんなんですよね。よくありま…

  • バンコク旅行 ③

    午前中はプールでのんびりと過ごす。当初の予定では初日からプールで過ごす予定だったのに、気が付いたら二日間も活動的に過ごしていた。普段、週の半分以上を家からほぼ出ずに過ごし、仕事に行ってもパソコンの前から98%動かない人間からすると、過去二日間で、一か月分の動いた計算になる。しかも一緒に行動しているのは体力が有り余っている大男。疲労困憊のはずである。 本当は一日中プールサイドで過ごしたいのだが、日光に当たると赤く腫れてブツブツができて痒くなるという特異体質のため、後ろ髪を引かれつつ午後からは泣く泣く出かけることに。 まず向かったのは、エビの踊り食い「クンテン」が食べられる場所。ゲテモノを面白がっ…

  • バンコク旅行 ②

    今日こそはゆっくりしようと思っていたのに、夫がゆっくりするのはまだまだ後や!と張り切り出し、朝から出かける羽目に。張り切っているところ大変申し訳ないのだが、明け方からお腹を盛大に壊している私。昨夜ナイトマーケットで食べた何かにあたってしまった模様。とにかく何を摂取しても、摂取した次の瞬間にトイレに駆け込む事態。ビオフェルミンを持ってこようと一瞬思ったが、結局持ってこなかったおのれを軽く呪う。 お腹を壊している妻のことなど微塵も気にしない夫に連れられ、インスタ映えで話題のワット・パークナムへ。本当にこんな行き方で合ってるの?ここ道じゃないじゃん!と不安になるような道を行ったところに寺院はある。 …

  • バンコク旅行 ①

    7:00起床。昨夜遅くにバンコクに無事到着し、電車を乗り継いでホテルに到着したらすぐに寝たかったのに、空腹で死にかけの夫(冗談抜きで)が道端の屋台でカオマンガイを食べると言いだしたので、結局寝たのは午前2時くらい。 ゆっくり寝ていたいのだが、どうしても行かないといけないところがあるのだ。そう、今回のバンコク旅行で楽しみにしていた、チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットでお洒落な古着を見つけるのである。 マーケットは広く、店がひしめきあっている。モノも人も多い。はじめこそ、何か掘り出し物を見つけて値段交渉してやるぞ、と意気込んでいたが、いかんせんモノが多すぎた。「選ぶ」ということが苦手な私は…

  • バンコク旅行

    海外プロジェクトへの異動をかけた運命の試験にちゃんと落ちた夫と、今回の旅行のために5キロ痩せる目標を達成できないどころか、むしろ太った私とで、バンコクへ。一次試験に通った場合、旅行を予約しちゃったから二次試験を受けられないことをどうするか、決められないでいた夫は無事に落ちたことに胸をなでおろしていた。 今回の旅行のテーマは「食い尽くせ!タイグルメ!ひたすらぐうたら!プールサイドで!もちろん買い物もするけどね!」である。学生時代は旅行に行くと、どんなに食べても痩せて帰ってきたものだが、今回の旅行に関しては痩せる要素ゼロ。でも大丈夫、これから日本は冬で、人間冬には痩せるようにできてるから。 旅行に…

  • 私という人間

    旅行に行く前日のため、張り切って仕事を休む。昨日は、上司が「風邪っぽくてだるいし鼻水は出るし熱もあるかもしれないので休みます」と細かいような細かくないようなよく分からないことをLINEグループ上で申告して仕事を休んだのだが、今日は「目から出血しているので休みます」とのこと。前日の風邪っぽさから一転、目から出血とは一体どんな容態なのか、大変気になる。 旅行に行く前は、掃除をする派なのだが、荷造りが思うようにいかず、気が付いたら夕方になっていた。朝7時半に夫を送り出してからすぐに荷造りをはじめたのに、荷造りは終わらないどころか、掃除も何もかもが終わっていない。絶対こういうことになるだろうと事前に予…

  • ナマハゲのような存在

    友人に「一緒に知り合いの子供の子守しない?」とお誘いを受ける。友人は一体どういうつもりなのか知らないが、私は子供の扱いが下手というか、子供に嫌われがちである。 その証拠に、以前(たぶん)何か悪いことをした甥っ子がお母さんに「モモちゃんに謝りなさい」と怒られ、なかなか謝らずにいたのだがその理由が渾身の「だってモモちゃん怖いんだもん(泣)」だったし、それに、さっきまでキャッキャ笑っていた姪っ子は私と目が合うと、真顔になって目が泳いだりしたこともある。 今頃、義兄弟の家では子供が悪さをすると、「そんなことばっかりしてるとモモちゃんに怒られるよ!」とか「モモちゃんの家に連れて行くよ!」とか、まるでナマ…

  • 数年前の記憶

    「どうしたら早く風邪が治るか」と「12月から一体私はどうなってしまうのか」ということばかり考えている今日このごろ。風邪の治りが遅いことに関しては、加齢と栄養の偏った食生活に起因すると思われるので、どうしようもできないから諦めるとして、問題なのは12月からの私の生活だ。 今日も「数年前は週五日働いてたんだから大丈夫大丈夫」と自分で自分を励まして(騙して?)いたのだが、ふと「週五日働くことができたとしても家事は一体どうしたら?ていうか数年前一体私は仕事と家事をどうやって両立させていた?毎日仕事から帰ったらごはん作って食べて片付けて、洗濯物畳んで洗って干して、クイックルワイパーかけてって、私どうやっ…

  • 危険で怪しげ

    最近の不健康具合を鑑みて、夫のビタミン剤を飲む。このビタミン剤はただのビタミン剤ではない。まずネーミングからして、一線を越えてしまっている。その名も「アナバイト」。アナバイトと聞いて何が連想しますか。私は、すぐに「ア●ル」を「噛む(バイト)」を連想しましたね。その危険で怪しげな響きに、夫にしつこく「ねえ、これ怪しい錠剤じゃない?ねえ、大丈夫?」と、入念に確認までしましたね。 アナバイトはネーミングだけではなく、その見た目にも驚かされる。でかいのだ、一粒が。一回じゃ飲めないのだ、でかすぎて。アメリカ製だからアメリカ人用に錠剤も大きいのか、と一瞬思ったが、アメリカ人の食道も日本人の食道もさほど違わ…

  • おじさんからの林檎

    りんごが届くのを待っている。以前の職場で知り合ったおじさんが、私のことをいたく気に入り、毎年お菓子やさくらんぼや甘酒や商品券やりんごやらを送ってくれるのだ。私が退職した後も、おじさんはなぜか私に色々なものを送ってくれ、もう送ってもらう義理も無いので送らないで欲しい、と断ったりもしたが、人の話を聞くのが苦手な人なので相変わらず送ってくる(失礼)。 はじめこそお返しを送ったりしたが、それもだんだん面倒になり、お返しを送らなくなってもおいしい食べ物を中心に送ってくれるので、「私がお返しを送っている」という誤った記憶がおじさんの頭の中でねつ造されますように、と願いながら有難く受け取り、おじさんの望み通…

  • ハッカ味の刺身

    今日まで拒否し続けてきたが、意を決して風邪薬を飲む。薬のせいで頭がぼーっとして、何もする気が起こらないので、家事の中で一番嫌いなごはん作りを夫に任せて、洗濯物を片付けることにする。そして、いつもそんなことしないのに、夫の枕カバーにハッカのスプレーをかけることに思いつく。理由は分からない。鼻がつまっているので定かではないが、おじさん特有の臭いを発しているわけではないはずである。 そうこうしているうちに、ごはんが出来た。シンプルに刺身と卵焼きと漬物とごはん。ぼーっとしながら食べていると、徐々に何かがおかしいことに気づく。刺身を食べてもハッカ、卵焼きを食べてもハッカ、ごはんを食べてもハッカ、漬物を食…

  • 夫は幸せもの。

    鼻をかみすぎて鼻の下の皮が剥け、さらにはお腹をくだしてお尻が壊滅的な状態なので、大人しく家にこもって映画鑑賞。青春恋愛映画「ダーティ・ダンシング」を見る。大学進学間近の金持ちの娘である主人公ベイビーは夏休みに家族と避暑地を訪れ、ワイルドなダンスインストラクター、ジョニーと恋に落ち、ダンスやいざこざを通して愛を育む。この映画は、ラストのダンスシーンがものすごく有名らしいのだが、そんなことよりも目を奪われるのは、映画終了間際にジョニーがベイビーを軽々と持ち上げるシーン。まるで子供を持ち上げるみたいに、脇の下に手を差し入れ、助走などつけずにひょいっと持ち上げるのだが、あれは一体どうやっているのだろう…

  • それぞれの戦い

    風邪が治らないまま、腹痛を併発。健康だけが取り柄なはずのに、なんだか体調不良が続いている。それもこれも寒いせい。夏は夏で、暑いだけで、Tシャツとズボンかスカート、もしくはワンピースしか着るものがなくて飽きたから早く冬が来てほしいと文句を言っているが、冬が来たら来たで、寒い寒いと文句を言っているような気がする。心の移り変わりが激しい年頃なので、自分ではどうすることもできない。 妻が腹痛でも、そんなことは気にしない夫に連れられて冒険へ。今は「ナウマンボーグ」というナウマンゾウを模したモンスターを討伐しなければならないらしい。この前もモンスターを討伐するために若者で賑わうアメ村の三角公園に行ったら、…

  • 本日の使命

    出勤したのはいいが、何もする事がない。暇な私の本日の使命は「忙しそうにしている周りの人に溶け込むように仕事をしているフリ」をすること。我が社には、する事がない時に「今手が空いていますので、何かあればおっしゃってください。」と言う、という暗黙のルールみたいなものが存在しているのだが、あくまで暗黙のルールなので、そんなルールは存在していないものとして振る舞う。厄介な仕事を振られるのは御免である。 午前中はうまく忙しくするフリをし、お昼休みをはさんで午後からも引き続きうまく忙しいフリをする。暇な私の本日午後の目標は、終業時刻の午後四時までフリをして乗り切ること。順調にみえた使命及び目標達成だったが、…

  • 小奇麗の理由

    近所のスーパーで買い物していたら、先日仕事で知り合ったMさんとばったり出会う。うちのマンションから歩いて2、3分のところにあるマンションに住んでいることが判明し、そのうちスーパーでばったり会ったりするかもしれませんね、ウフフ、なんて話していたのだが、本当にばったり出くわすとは。イッツアスモールワールド。 突然知り合いに出くわしたりすると、大抵の場合挙動不審になり、あとで反省会を催したりするのだが、この日に限っては、声が上ずったり、妙にでかくなったり、目が泳いだり、変な汗をかいたり、微妙な沈黙が流れたりすることなく、普通の人がするみたいに世間話を少し話をしてお別れすることができたので、私も少しは…

  • 今年もやってきたよ、ハリポタの季節が

    すっかり秋になり、先日の薄着で出勤事件後、おのれを誤魔化しきれずにまんまと風邪を引いたので、大人しく家にこもってハリポタマラソン。マラソンする気はなかったので、なんとなく「ハリー・ポッターと秘密の部屋」から見始めたところ、次作も見たくなり、三作目を見終わったら四作目が見たくなり、気が付いたらマラソンしていたのである。恐るべき、ハリポタ。今となってはなぜ「ハリー・ポッターと賢者の石」から見なかったのか、悔やまれる。最終作まで見終わったらまた一作目から見る羽目になるかもしれない。 ハリポタは昔から好きで、毎年秋冬になると決まって見ている。半強制的に毎年ハリポタマラソンに付き合わされている夫は、とこ…

  • 嘘つきの言い訳

    夫に嘘をつかれていたことが発覚。正しくは、「会社のとある試験を受けるために勉強していた夫は、確認不足で二次試験の日に旅行の予約を入れてしまい、キャンセル料が高いのでキャンセルできず、夫の確認不足とはいえ、一生懸命勉強している夫の姿を見ていたモモコからすると少なからず申し訳ないと思っていたのだが、とある試験というのは実は私の認識とは全然違い、海外プロジェクトへの異動希望者が受ける試験」だったことが発覚。給料は増えないのにサービス残業は増えるという、わざわざ試験に受かってまでそんなプロジェクトに関わりたいわけ?と、私は前々から嫌悪していたのである。 夫曰く、何のための試験かを口にしたことはなく、一…

  • 秋眠暁を覚えず

    眠くて仕方がない。原因として考えられるのは、脂肪が水と共に体外に排出されると信じて水をたくさん飲んで、夜中に何度もトイレで起きたり、もっと寝れるのに夫の排便のスケジュールに合わせて無駄に早い時間に起こされたりしているから。ふんだりけったりである。 だから当然、昼間眠い。テレビ見ていても眠いし、本読んでいても眠い、仕事していても眠い。朝も昼も夜も眠い。夫に妊娠してるのか?と疑われるくらい眠い。妊娠してないのにそんなに眠いのおかしいで、と変人扱いされているのに言い返すことができないくらい眠い。こんなに眠くなかったら、「店頭で売ってるXLサイズの服が、筋肉が発達しすぎて入らないくてオンラインでしか買…

  • お詫びの日

    私の渾身の祈りの成果もなく、着々と12月に近づいていっている。つまり、着々と週に五日も働く日々が近づいているということである。こんなに悲しい思いをしたのはいつのことだったか思い出せないくらい、とても悲しい。 そんな大きな悲しみを抱える中、先週私が手直ししたファイルの内容が、誰かの手によって再度手直しされているのを発見。再度手直しされるのはいつでもウェルカムなのだが、元の状態は跡形もなくなり、もはや別物になり果てていた。私がやった手直しは一体なんだったのか。 こんな満足に仕事ができないどころか、仕事を増やしているような、給料泥棒になりかねない人間が、来月から週に5日も働くことを許した社長の真意は…

  • 寒さのあまり心が荒んで私は

    久しぶりに出勤。恋多き女のような予期出来ない天気や気温のせいで、何を着たらいいのか分からない。外は寒いけど電車や職場の中は暑いし、日陰は寒いけど日向は暖かいし、服を着たり脱いだりするのは面倒だし、天気はこんなに私を翻弄して一体どうしたいのか。 「今日は割と暖かいで」という先に家を出た夫の一言を信じて、ヒートテックとシャツだけで家を出たら、めちゃくちゃ寒い。そうだった、夫とは体感温度が天と地ほども違うから信じてはならなかった、一生の不覚・・・、と反省する私をよそに、通り過ぎるのは口裏合わせたかのように上着をお召しになっている人達ばかり。私ほどの薄着の人は、体温高めで(?)仕事バリバリこなしそうな…

カテゴリー一覧
商用