searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

しろやぎさんのプロフィール

住所
町田市
出身
南区

今昔混合のシンプルなブログを心がけています。 販売促進と広告デザインの会社を営みながら、徘徊しています。

ブログタイトル
33回転な日々
ブログURL
https://33kaiten.blog.jp
ブログ紹介文
街歩きとオートバイ、タイランドが大好きです。 販売目的無し。アフリも無し。 単にアクセス数を増やすだけの姑息な手段無し。
更新頻度(1年)

33回 / 152日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2017/03/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しろやぎさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しろやぎさん
ブログタイトル
33回転な日々
更新頻度
33回 / 152日(平均1.5回/週)
読者になる
33回転な日々

しろやぎさんの新着記事

1件〜30件

  • 串川の発電所

    人目のつきにくい場所を流れている串川。みんなが宮ヶ瀬へ行く際に通る道の脇を流れている、あの川です。 源流地点は宮ヶ瀬湖近くの山の中。うねうねと流れて相模川に行き着く。長竹人さんによると、昔(60年ほど前)はうなぎが取れたという。昭和20年代の串川が写っている

  • 入谷駅軌道跡

    相模線・入谷駅を茅ヶ崎方面に向かって最初の踏切。そこにある橋が骨董レベル。欄干の低さが時代を物語る。上でどんどん飛び跳ねると崩れ落ちそうな危うい感じ。下には用水路が流れている。橋と踏切を渡って右を見ると、駅から伸びて来る小道がある。入谷駅は木に隠れて見え

  • チェーンの油

    RC42のチェーンには当初、飛び散りの少ない今時のチェーンルブが吹き付けられていた。チェーン表面に白とか黄色とか(透明のもあるのかな?)の皮膜がつく、アレです。私はソレがあまり好きではない。だから速攻で拭き取りました。あれって、時間が経つとただの油汚れになっ

  • 串川の劇場前

    「館山」を調べに行った際、通りがかりのおばあさんと話しをしたことは、以前エントリィした通り。その際に半原の映画館のことも尋ねてみたんです。 即答で「あった」という。「故影拾遺II」から場所は半原郵便局の前。下調べしていた場所と合致した。他にも数軒の娯楽施設

  • ES2000

    エプソン「ES2000」。いいスキャナーです。古いけど。。。Macが何台も代替わりする中、これは長く使用している。現行機種には解像度で敵わないけれど、このちょい古機種の方がしっかり読み込んでくれるような気がする。新しいのを試したい気はあるのですが、スキャンする作業

  • 海底〜後編

    前編の「弁天社と弁天淵」の地下が江ノ島に通じていると言われる不思議さに加え、もうひとつ地下に謎を持っていそうな事があります。半原(宮ヶ瀬方面)から引かれている横浜水道路が「弁天社と弁天淵」前の地中を走っているのですが、面白いことにこの地点で方向転換する。

  • 海底〜前編

    不思議な地名です。「海底」と書いて「おぞこう」と読む。古くからある地名の漢字は「当て字」になっている場合が多いと、地名研究をしている知人は力説していた。 海底の場合、どこでどう「当て」れば「おぞこう」と読めるようになるのだろう?愛川詣でを繰り返している時、

  • 池袋西口のムートーン

    「金の豚」という意味のタイ料理店は池袋西口にある。もう40年も前に知り合った友人と、その奥さん(タイ人)が開いてちょうど2年の記念日に、 その頃の友人達が集まることになった。待ち合わせの時間まで、換気のよいデパートの屋上で時間を調整。 店内や料理の写真を撮ろ

  • 町田駅前の映画館を懐かしんでみる

    駅前界隈には1950年代から2000年までの50年間に、6つの映画館ができて消えた。その記憶を辿ってみた。こんなこと知っているよ。なんていう情報は大歓迎です。下の画像は1975年の地図に、映画館のある(あった)場所をポイント。A:町田東映全く記憶に無い、私にとっては謎の

  • 津久井17系統

    半原バス停留所の1965年頃と現在。そんなに変わっていないですね。バス後ろの建物は、記憶が正しければ1階が待合所、2階が神奈川中央交通(以後、神奈中)の事務所だった。壁面のスピーカーで、どんなアナウンスをしていたのだろう。以前コメントをいただいた「八王子から(

  • 更新情報

    幣山地区・橋の遺構タイカブ・C100EXはなぜ売れたのか画像追加や加筆をしました。

  • タイカブ・C100EXは、なぜ売れたのか

    タイホンダマニュファクチャリングが製造販売したドリーム100(日本名:ホンダC100EX、通称タイカブ)は、販売するやいなや大人気のモデルとなった。タイのみならず近隣諸国へも輸出され、アジアを代表するバイクになる。日本でもホンダの正規販売網で逆輸入・限定販売された

  • 昨夜のスワンナプーム空港

    飛んでいないからこうだろうなとは想像していたのですが、こうして見ると衝撃的。いろいろ意見があるかと思いますが、この策が正解かもしれません。「上」がダメダメなのによく頑張ってますよ、ほんと。国も国民も、今は体力勝負中。友人はこの後、2週間の隔離となります。に

  • 田代富士

    宮ヶ瀬も近い半原地区の、通称「田代富士」。正式な名前は「館山(やかたやま)」。地元の人以外でこの山を知っている人は、そんなに多くはない。むかし源頼朝が石橋山の戦いに敗れた後、この山に辿り着いたのは1180年。その後ここに砦を作り、鎌倉幕府誕生に向けてあれやこ

  • 相模原のバンコク

    ノーチェックの店でした。(喰●さんありがとう) 早速、近くに用事をつくってランチを食べに出かけてみた。市役所とか警察署とか、役所が多くあるエリアのど真ん中という好立地。ただ、店の入り口が非常にわかりにくい。表に出している「のぼり」と、他店の電飾スタンドが

  • 301のリアブレーキシュー

    だましだまし使っていたけれど、もうダメです。効き方がヘン。効きが悪い。調整カムが限界近く。シューはこんなに残っているのにね。厚いところで4mm、薄いところで3.5mm。どうやら301は、この位で交換のよう・・・。何度かペーパーがけして使っていたシュー。古いものですね

  • 小菅銀嶺座

    古い映画館の建物を見に行く。相模湖まで頑張って下道を行き、そこから勝沼までは中央で。勝沼のコンビニで休憩&お昼のサンドイッチ。時間は11時30分。そして塩山駅方面へ。ここには「塩山シネマ」という1960年頃に開館した映画館がある。木造2階の貴重な建物です。狭い路地

  • 更新情報

    「山火」に加筆しました。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村。 

  • RC42用〈ビチューボ〉リアサスペンション

    RC42のノーマル・リアサスペンションは、ショーワ製。前期タイプは普通のカタチ。後期になって別体のタンクが付いた。この車両は、2年前にメーカーでオーバーホールをしたものが着いている。路面やタイヤ等との相性もあるのでしょうが、低中速での細かなピッチングが気になる

  • タマふたつ

    301のメーターランプが点灯していないことに気がついた。チャージランプの点き方ががチラチラしてきた。タマタマ夜間走行する機会があったので、気がついた。まずメーターランプから。左が今まで付いていた球。標準は12V3.4Wが推奨らしいけれど、1.7Wが付いていた。しかし球

  • 幣山地区・橋の遺構

    この目で見に行きます。ちょうど付近にお住いのご老人が歩いていたので、橋のことを尋ねてみた。 聞いた話を要約すると *(石神社近くの)「幣山」の集落はとにかく交通が不便で、  近道のため木造の橋をかけていた。 *華奢な橋で、大雨で流されることが多かった。 

  • 幣山地区・橋の痕跡

    さて、GGマップで石神社近くの小集落周辺を何気なくみていたら(地図を見るのが趣味のひとつだったりして)、その集落に、中津川にかかる「橋の残骸」と思われる物を見つけた。 古い地形図(1980年発行の1/25,000)で調べると、確かに橋がかかっている(A)。しかも下流の石

  • スーパーモレのここが漏れる

    緩いバイク話しでちょっと一息。スズキのスーパーモレは、未だナンバーを取っていない。でもたまに弄っていたりする。この車両ってマフラーを外すのも、リアホイールを外すのも、何をするにしてもエアークリーナーボックスを取り外さないと先に進めない。ボックスにはキャブ

  • 山火

    さて今回は長いです。華麗にスルーを推奨します。宮ヶ瀬から相模原・横浜方面へ「帰る」のに便利な「水道みち」ルートのビューな地点といえば、間違いなくここになる。どーんと下って田園地帯へ。その先に相模原台地へと一気に駆け上がる、情け容赦ない急坂(水道坂

  • ファイヤーボール

    網膜に焼き付いて離れない映像。8歳とか9歳くらいの時の夏。暗くなってから、家族と駅前の方に「何かをしに」行くことになった。「何かをしに行く」とは何の事か?さっぱり思い出せないのが悔しい。時間はおそらく8時頃。そんなに遅い時間ではない。でもそんな時間帯に

  • 磯部八幡宮前~その3

    昔の磯部八幡宮は山伏の修験場でもあって、江戸時代には護摩が焚かれ、境内は非常に賑ったという。当時は川向こうの(厚木市)依知、山際地区等からも参拝があり、特に火渡りの護摩が有名であった。本殿への石段は比較的新しい。その石段途中から参道橋を見る。参道橋上

  • 磯部八幡宮前~その2

    磯部八幡宮はなかなか由緒のある神社のようで、1536年には村の鎮守として存在していた記録が残っている。現在のGGマップ。奇妙な歩道橋部分を赤にしています。地図を見れば、そして実際に境内へ行けば、すぐ判る。歩道橋は参道なんですね。東から伸びてくる道は大山

  • 磯部八幡宮前~その1

    調べもので、時間のある時に図書館や市民博物館に通っているのですが、なかなか核心まで至らない。まぁいいのですが。。。その過程である資料をパラパラめくっている際、偶然「小田急砂利軌道」という砂利運搬専用線の存在を知った。その軌道のひとつが、前回のエントリィ

  • 戦車みち

    桜美林裏にあった「戦車道路」の一番古い記憶は73年頃のもの。なーんにもない荒地で、とても「道路」と呼べるものではなかった。友人はここをバイクで走っていて転倒し、前歯を折った。お隣、相模原・座間エリアにも、戦車道路と呼ばれているところがある。市ヶ谷から移

  • 馬の背の住人

    成瀬駅からほど近く、恩田川の脇にたつマンション。敷地内のゴミ置場で、何かモゾモゾしている。近づいてみるとタヌキでした。近所の公園は夕方になるとコウモリがいっぱい飛び交う。カブトムシやクワガタも沢山獲れる。そんなの珍しくないじゃん。と思われるでしょう

カテゴリー一覧
商用