searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

akishimakidさんのプロフィール

住所
昭島市
出身
秩父市

更新に疲れたため、3年間ほど中断していましたが、再開しました。若い頃に比べると活動している世界がとても狭くなりましたが、亀の甲より歳の功。晩年経験することは結構新鮮です。物忘れがひどく進みましたが、幸運にも認知症にはならずに済んでいます。話し相手が日々少なくなってゆく中で、SNSのような新しいものについて行けない私のような者にはブログは貴重な自己表現の場です。できる限り、更新してゆきたいと思います。

ブログタイトル
personofleisureのブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/personofleisure/
ブログ紹介文
秋田県大館市で定年を迎えた60歳台のおじさんブログ。更新再開後の内容は日記風の随筆が中心。
更新頻度(1年)

91回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2016/11/17

参加カテゴリ

オヤジ日記ブログ / 60代オヤジ

外国語ブログ

地域生活(街) 東京ブログ / 昭島情報

※ランキングに参加していません

フォロー

ブログリーダー」を活用して、akishimakidさんをフォローしませんか?

ハンドル名
akishimakidさん
ブログタイトル
personofleisureのブログ
更新頻度
91回 / 365日(平均1.7回/週)
フォロー
personofleisureのブログ

akishimakidさんの新着記事

1件〜30件

  • 昭島自慢

    昭島育ちの人に、「市で自慢できるものは何か?」 と尋ねれば、ほとんどの人が「水」と答える。それは、市の水道が100%深層地下水を使用しているため、美味しいかららしい。確か水質の良さを実感したのは約30年前千葉県から引っ越してきた時、近くの多摩川で釣ってきた魚を水

  • 自作料理

    最近、少し料理プロセスが複雑な料理を作ることがなくなった。そこで一昔前の料理と、その作り方を紹介してみようかと思うまずは、ハルシメジのシチューだ。この料理を作った当時、ハルシメジに毒成分が含まれているという情報はなかった。数少ない春のキノコを利用した料

  • 翻訳

    折角馴染んできた英語を忘れないよう毎日短いニュースを英語にしているが、文化の違う社会で使われる言語を他言語に翻訳するのは簡単ではない。英語にしづらい日本語は、日本語自体の使われ方が正しくないことも多い。周囲には5W1Hのはっきりしない表現が、ゴロゴロ転がっ

  • 落とし穴

    タイトルの「落とし穴」の話だと思うと落とし穴に嵌るかも知れない。なぜなら今回は狩猟や戦争、遊び、悪戯などに用いられる「落とし穴」の話ではない。どちらかと言えば策略の意味で使われるケースに近いからだ単刀直入に何の話かと言えば、使用している携帯電話の話であ

  • 小学生の登校拒否

    朝登校する児童の見守りを始め、もう5年少し経つ。先日、小学校低学年〜中学年の児童は走る子が多いと書いたが、その反対に下校時には余り見ないが、朝の登校時には歩くのがとても遅く、いかにも学校へ行くのが嫌そうな児童を眼にすることがある。どういうわけか、そういう

  • 私は履物にはあまり関心がない。たかがいつも履いている靴とは言え、思い出はいくつかある。まず、自分の靴と足の紹介から…どちらかと言うと私はO脚なので右足も左足も踵の外側が減る。また利き手が左手であることと関係があるのかも知れないが、利き足は右だ。大きさも右

  • ピアノを聴かなくなったこの頃

    私が初めてピアノの音を耳にしたのは小学校の音楽室だっただろうか? 当時小学生だった私にグランドピアノとアップライトピアノの音の違いなど分かるわけがない。そもそも、グランドピアノを目にすることなどは滅多に無かった。グランドピアノは高価な上、場所をとるから、当

  • ほとんど何もしないうち、1年半が過ぎてゆく

    2020年1月に日本で最初のCOVID-19感染者が確認されてから約1年半が経過する。その間、私達の生活は様々な制約を受けるようになり、恒例行事を中心に多くのイベントが中止または自粛されたり延期となった。感染し、重症化し亡くなられた著名人も少なくないコロナウイルス

  • 通学路の風景 変わったもの 変わらないもの

    自分が小学校児童の通学路見守りをはじめたのが2016年だったから、もう5年以上続けていることになる。見守りをはじめた当時、マスク姿で登校する児童などいなかった。それが今ではどうだ、全員マスク姿だ。時差登校が始まると、こちらもマスクをしていないと周囲の人の顰蹙

  • 好みの花

    梅雨を鬱陶しいと感じる人は多いのではないでしょうか? しかしこの時期は、樹木や草にとって恵みの水分を享受する季節であります。春は、雨が少ないと思いますが種が入った実をつける為、一斉に開花する花がたくさんあります。ところで、梅雨と紫陽花はとても良いコンビで

  • ワクチン接種

    私が昔ワクチンや予防注射を受けたのは、おもに小学生時代の記憶です。学校でうけた日本脳炎ワクチン接種はとても痛かった記憶があります。最近の私は学校管理を請け負っているため、感染したり周囲の人を感染させないよう毎年季節性インフルエンザ用ワクチン接種を受けるよ

  • 100円均一ストアを見直す

    去年までは、梅雨時の通学路見守りに雨合羽が必要なことが多かった。今年はどうだろう。現場に行くまでは雨傘をさしていても良いが、見守り時には何があってもすぐ対応できるよう傘はご法度になっている。小雨程度なら雨合羽の上着だけで済むが、本降りになればズボンも必要

  • 茂みのキツネ

    先日、いつも行く近くのスーパーマーケットの茂みを見るとギンギツネキツネがこちらを睨んでいました。まさか実物だとは思いませんでしたが、毛皮には迫力がありました。きっとお金持ちのご婦人の落とし物を誰かが植え込みにかけて置いたのだと思いますマフラーではありま

  • 深夜のサイレン

    今夜も真夜中に救急車のサイレン音が聞こえてきました。社会が高齢化するのは今の日本では仕方ありません。高齢者が救急車のお世話になる機会が多くなるのは当然でしょう。しかし、どんな深夜でもSOSが届けば駆けつけてくれる救急隊には感謝感激です。我が家の近くには消防

  • 心安らぐ光景

    最近、COVID-19のせいで出かける機会が少なくなった。それでも運動不足解消のため、人気の少ない場所を散策しては、デジタル写真を撮っている先日は今にも雨が降り出しそうだったが、この辺りの梅雨時の風物詩である真竹のタケノコの生え具合を多摩川沿いまで歩いて偵察

  • ババヘラアイス

    秋田県に住んでいた当時のことは「秋田回顧録シリーズ」やグーグルストリートビューシリーズでその昔、記事にまとめました。気が向いたら検索し覗いてみてください。それ以外に、時々記憶に蘇る当時の光景を取り上げてみます。今回は「ババヘラアイス」です秋田県は高齢

  • 戦場放浪記

    新型コロナウイルスのため図書館や書店などに出かけづらくなったこともあり、市立図書館の電子書籍貸し出しサービスをよく利用するようになった。先日、故) 吉岡逸夫著の戦場放浪記を借りてみた。動機はジャーナリズムのことを興味本位でも少し齧ってみようと思ったからだ。

  • ねぷた祭り

    全国各地の代表的夏祭りの一つとして「ねぷた祭り」があります。このコロナ禍の時代、去年は中止となった夏祭りもたくさんありますが、今年は約9割の夏祭り主催者が実施したい意向だと伝えられます。しかし今の所どのように実施されるのか不透明です。このまま夏を待ってい

  • 石神前駅・日向和田駅

    前回は母の日をテーマにしました。今回は、予定通り散歩記録を紹介します。散歩に行ったのは青梅線の石神前駅と日向和田 (ひなたわだ) 駅周辺です石神前駅で下車するのは今回2度目です。前回この駅からほんの少し北にある車の通れない好文橋を渡ったところから、多摩川河

  • 母の日

    思えば今週の日曜日 (5月9日) は母の日だった。その日は快晴だったので母の日のことはすっかり忘れ、健康維持のため少し遠出して青梅線青梅駅の少し先まで散歩に出かけた。散歩の様子は次回エントリーで紹介したいと思うが、散歩から戻りその日が「母の日」であったことを知

  • 地学

    図書館から電子プックを借り、少しづつ昔学校で習ったことを思い出しています。先日は、「図解眠れなくなるほど面白い地学」という電子ブックを借りて読んでみました。借りた書籍を斜め読みしてみるだけでも、改めて地球は宇宙の中に存在していることを思い出す内容でした

  • 断捨離と捨てること…

    「断捨離」という言葉を聞いたことがない人はいないのではないだろうか? そのくらい「断捨離」と云う言葉と身辺整理は同じように使われている。自分が認知症になったり、一人では何も出来なくなる前に身辺整理を済ませておこうと思うのは当然だと思う…身辺を見回すと長

  • ワクチン接種

    日本でも、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。筋肉内投与ということで、接種している様子を写した写真を見ると肩の随分深い部分まで注射針を刺されるようだ。痛くないと云うコメントもあるが、少しビビってしまう4月27日、そのワクチン接種を受けるクーポン券

  • 2020.4.26 思い出2 2020

    前回の思い出シリーズに引き続き、撮影した動機が良く思い出せない写真並べ、記憶が断片的に残っているうちに、撮影した動機を整理しておくことにする先ずは蘚苔類の写真から蘚苔類は、菌類と藻類がとても効率良く共生している原始的植物のことを指すようだ。蘚苔類(い

  • あらたな試み

    私のブログには、写真を中心に添付してきた。YouTubeを利用して動画を貼り付けたりしたこともあったが、Livedoorブログでは自分がYouTubeに投稿した動画が終了すると、続けてYouTubeの他の動画に移行することが可能なので、少し興ざめだった音楽も同様にYouTubeを利用し

  • 思い出1 2019年

    撮りためた写真を見ていると、どうしてそのシーンを撮影したのか当時の心理が良くわからないものがたくさんあります。ここ暫く、少し前を振り返り脈絡のない日々を振り返って見ます。第一回目は、2019年夏のそうした写真を披露し、記憶を再構築してみようと思います。ストー

  • ムラウチ 頑張れ

    ムラウチグループと聞き、その名前に馴染みがあるのは東京近辺(それも多摩地区)に住んでいる方だけでは無いかと思う。私が初めてムラウチという名のついた店に行ったのは、妻にせがまれ中央高速道の八王子IC近くのムラウチ家具にダイニングテーブルを買いに行った当時のこ

  • 資源ゴミの出し方

    前回の記事でリ・ユースのことに少し触れました。最近、自治体はどこも資源の再利用や環境負荷低減に熱心です。昭島市も家庭ゴミを出すルールを細かく解説したリーフレットを配布するなど工夫しています。今日はアルミ缶を資源ゴミとして出す時の、自分のちょっとした変化を

  • 越冬そして復活

    野山や路傍の植物は寒さに耐え、暖かくなると緑の葉を開きます。花の季節になれば前年と同じように花をつけます。しかし植木鉢に植えた植物はどうでしょう?以前、バルコニーに置いた蚊を寄せ付けぬ香りを放つ草が根付き、冬を越してピンクの花を咲かせたことを書きました

  • 創意工夫

    私達が産まれた頃は太平洋戦争敗戦間もない時期で、その頃の都会での生活は戦時中と比較すればだいぶ豊かになって来たとは言え、まだまだ物資の少ない時代だったそのせいか、私達の世代は一般的にものを捨てるのが不得手だ。何か必要なものがあると、つい既に身近にあり

カテゴリー一覧
商用