<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> 
読者になる
住所
出身
ハンドル名
<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さん
ブログタイトル
<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> 
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/lp_2010
ブログ紹介文
嘗てのクラシック音楽の名演奏家達の貴重な演奏がぎっしりと収録されたLPレコードから私の愛聴盤を紹介し
自由文
-
更新頻度(1年)

94回 / 329日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2016/04/22

<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(IN) 50,120位 50,535位 50,391位 46,670位 46,514位 46,516位 46,487位 975,657サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 637位 648位 648位 645位 647位 652位 640位 27,998サイト
レコード 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 83サイト
クラシックブログ 372位 383位 387位 380位 372位 371位 369位 4,603サイト
クラシックCD鑑賞 19位 20位 21位 19位 19位 19位 19位 141サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 77,535位 78,217位 77,908位 66,663位 66,648位 66,874位 85,218位 975,657サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 1,102位 1,128位 1,122位 770位 778位 803位 1,136位 27,998サイト
レコード 8位 9位 9位 6位 7位 7位 10位 83サイト
クラシックブログ 842位 843位 848位 788位 793位 793位 852位 4,603サイト
クラシックCD鑑賞 28位 30位 28位 25位 25位 26位 30位 141サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,657サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,998サイト
レコード 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 83サイト
クラシックブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,603サイト
クラシックCD鑑賞 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 141サイト

<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さんの読者になりませんか?

ハンドル名
<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さん
ブログタイトル
<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> 
更新頻度
94回 / 329日(平均2.0回/週)
読者になる
<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> 
  • ◇クラシック音楽LP◇オイストラフ&オボーリンの名コンビによるベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第8番/第2番/第4番

    ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第8番/第2番/第4番ヴァイオリン:ダヴィド・オイストラフピアノ:レフ・オボーリン録音:1957年、パリ発売:1977年LP:日本フォノグラム(フィリップスレコード)X‐5690ヴァイオリンのダヴィド・オイストラフ(1908年―1974年)は、ロシアのオデッサ生まれ。オデッサ音楽院で学び、同音楽院を1926年に卒業後、直ぐに演奏活動を開始。1935年「ヴィエニアスキ国際コンクール」第2位、そして1937年には、「イザイ国際コンクール(現エリーザベト王妃国際音楽コンクール)」に優勝して、世界的にその名を知られることになる。1938年にはモスクワ音楽院の教授に就任。1949年までは旧ソ連内での活動に留まっていたが、1950年以降になると西欧各国での演奏活動を積極的に展開するようにな...◇クラシック音楽LP◇オイストラフ&オボーリンの名コンビによるベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第8番/第2番/第4番

  • ◇クラシック音楽LP◇ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団のプロコフィエフ:交響曲第5番

    プロコフィエフ:交響曲第5番指揮:ジョージ・セル管弦楽:クリーヴランド管弦楽団録音:1959年10月24日、31日LP:CBS/SONY13AC797セルゲイ・プロコフィエフ(1891年―1953年)は、現在のウクライナ生まれのロシア人作曲家。サンクトペテルブルク音楽院で学ぶ。ロシアが革命の嵐に包まれる中、1918年、プロコフィエフはアメリカへの移住を決意。シベリア・日本を経由してアメリカへ5回渡り、さらにパリに居を移す。20年近い海外生活の後、1936年に社会主義のソヴィエトへ帰国。このように何回も海外移住をを繰り返し、最期には祖国に帰還できたということは、プロコフィエフの行動を黙認するしかなかった、ということであろう。つまり、それほどプロコフィエフの世界的な名声が高かったことの証だ。1948年、プロコフィエ...◇クラシック音楽LP◇ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団のプロコフィエフ:交響曲第5番

  • ◇クラシック音楽LP◇フランス・ブリュッヘン ブロックフレーテ(リコーダー)によるバロック音楽名演集

    ①ヴィヴァルディ:ブロックフレーテ、オーボエ、ヴァイオリン、ファゴットと通奏低音のための協奏曲②バード:5声部のブラウニング“青葉”―5本のブロックフレーテのための―③シンプソン:4声部のリチェルカーレ“愛しいロビン”―ガンバ、ブロックフレーテ、ガンバ/ヴァージナルのための―④モーリー:哀しみのファンタジア(2声部)―ブロックフレーテ、ガンバのための―⑤モーリー:狩りのファンタジア(2声部)―ブロックフレーテ、ガンバのための―⑥パーチャム:ブロックフレーテと通奏低音のためのソロ⑦ヴァン・エイク:“ダフネ”による変奏曲⑧ラヴィーニュ:ブロックフレーテと通奏低音のためのソナタ「ラ・バルサン」⑨ダニカン=フィリドール:ブロックフレーテと通奏低音のためのソナタ⑩テレマン:ファンタジア―無伴奏フルートまたはヴァイオリンの...◇クラシック音楽LP◇フランス・ブリュッヘンブロックフレーテ(リコーダー)によるバロック音楽名演集

  • ◇クラシック音楽LP◇ジャン・マルティノン指揮フランス国立放送管弦楽団のビゼー:交響曲第1番/組曲「美しきパースの娘」 /小組曲「子供の遊び」    

    ビゼー:交響曲第1番組曲「美しきパースの娘」小組曲「子供の遊び」指揮:ジャン・マルティノン管弦楽:フランス国立放送管弦楽団録音:1971年2月、パリLP:ポリドール(グラモフォンレコード)MGW5154(2544100)交響曲と言うと直ぐに、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの古典派やマーラーやブルックナーなどのロマン派のドイツ・オーストリア系の曲が思い浮かぶ。それでは、フランス系の交響曲を挙げてみなさいと言われると・・・ベルリオーズの「幻想交響曲」ぐらいしか思い浮かばない人も少なくはない。今回のLPレコードは、そんなドイツ・オーストリア系偏重の交響曲の中で、フランス系の交響曲として、ベルリオーズの「幻想交響曲」と並んで気を吐いている、ビゼーの交響曲第1番である。ビゼーと言えば、オペラ「カルメン」が有名...◇クラシック音楽LP◇ジャン・マルティノン指揮フランス国立放送管弦楽団のビゼー:交響曲第1番/組曲「美しきパースの娘」/小組曲「子供の遊び」

  • ◇クラシック音楽LP◇スメタナ四重奏団+ヨゼフ・スークのモーツァルト:弦楽五重奏曲第2番/第6番

    モーツァルト:弦楽五重奏曲第2番/第6番演奏:スメタナ四重奏団イルジー・ノヴァーク(第1ヴァイオリン)リュボミール・コステツキー(第2ヴァイオリン)ミラン・シュカンパ(第2ヴィオラ)アントニーン・コホウト(チェロ)第1ヴィオラ:ヨゼフ・スーク録音:1981年6月15日~21日、プラハ、芸術の家ドヴォルザーク・ホール発売:1981年LP:日本コロムビアOF‐7011‐NDモーツァルトの弦楽五重奏曲は、有名な第3番と第4番を含んで全部で6曲ある。第1番は、モーツァルトが17歳の時のザルツブルグ時代の曲である。何故、モーツァルトが弦楽四重奏曲でなく、弦楽五重奏曲を作曲したのかは、未だもって明らかにはなっていない。五声部の曲にチャレンジをしたかったのか、あるいは誰からかの依頼を受けたのかもしれない。第2番はその14年後...◇クラシック音楽LP◇スメタナ四重奏団+ヨゼフ・スークのモーツァルト:弦楽五重奏曲第2番/第6番

  • ◇クラシック音楽LP◇ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン・フィルのブルックナー:交響曲第5番

    ブルックナー:交響曲第5番指揮:ハンス・クナッパーツブッシュ管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団発売:1977年LP:キングレコードGT9091これは、ブルックナーという、ドイツ音楽の中でも最もドイツ音楽臭い大作曲家の傑作、交響曲第5番を、これもワーグナーやブルックナーの演奏にかけては右に出る者はいないと言われた巨匠ハンス・クナッパーツブッシュが、ウィーン・フィルを指揮したLPレコードである。ブルックナーが作曲した9つの交響曲の中でも、この第5番は、全体がみごとな構成美に形づくられており、まるで壮大な建築物を仰ぎ見るような重々しい迫力は、聴くものを圧倒せずにおかない。そして何よりも、ブルックナーのカトリック教徒としての深い信仰心が滲み出ており、リスナーは知らず知らずのうちにブルックナーの精神的な内面を覗き...◇クラシック音楽LP◇ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン・フィルのブルックナー:交響曲第5番

  • ◇クラシック音楽LP◇ドヴォルザークの室内楽曲の名品、ピアノ五重奏曲と弦楽四重奏曲第7番

    ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲弦楽四重奏曲第7番ピアノ:エディット・ファルナディ弦楽四重奏:バリリ四重奏団ワルター・バリリ(第1ヴァイオリン)オットー・シュトラッサー(第2ヴァイオリン)ルドルフ・シュトレング(ヴィオラ)エマヌエル・ブラベッツ(チェロ)発売:1976年8月LP:日本コロムビア(ウェストミンスター名盤コレクション)OW‐8045‐AWドヴォルザークの作品を挙げるとなると、「新世界交響曲」や「アメリカ弦楽四重奏曲」などが直ぐに思い浮かぶ。これらの作品は、さしずめ大広間に置かれた、多くの人に愛される一般的な名曲とすると、このLPレコードに収められたピアノ五重奏曲と弦楽四重奏曲第7番は、奥座敷にひっそりと置かれ、ドヴォルザークの作品をこよなく愛する人向けの名曲と言えるのではないか。ドボルザークのピアノ三...◇クラシック音楽LP◇ドヴォルザークの室内楽曲の名品、ピアノ五重奏曲と弦楽四重奏曲第7番

  • ◇クラシック音楽LP◇ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲第22番とピアノとヴァイオリンのための二重協奏曲

    ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲第22番ピアノとヴァイオリンのための二重協奏曲ヴァイオリン:ズザンネ・ラウテンバッハーピアノ:マルティーン・ガリング指揮:C.A.ビュンテ管弦楽:ベルリン交響楽団発売:1970年7月LP:日本コロムビアMS‐1087‐VX今回のLPレコードは、18世紀末に南イタリア出身の名ヴァイオリニストとして名を馳せたジョヴァンニ・バティスタ・ヴィオッティ(1758年―1824年)が作曲したヴァイオリン協奏曲第22番とピアノとヴァイオリンとオーケストラによる二重協奏曲である。昔は、ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲第22番は、ラジオ放送されるケースがちょくちょくあり、ちょっとした有名な曲であった。ヴィオッティは、優れたヴァイオリニストとしてのほか有能な教育者でもあり、彼の門下生からは数多くの優秀...◇クラシック音楽LP◇ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲第22番とピアノとヴァイオリンのための二重協奏曲

  • ◇クラシック音楽LP◇ウィーン・フィルハーモニー弦楽四重奏団によるシューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」/第10番

    シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」弦楽四重奏曲第10番弦楽四重奏:ウィーン・フィルハーモニー弦楽四重奏団ウィリー・ボスコフスキー(第1ヴァイオリン)オットー・シュトラッサー(第2ヴァイオリン)ルドルフ・シュトレンク(ヴィオラ)ロベルト・シャイヴァン(チェロ)発売:1979年LP:キングレコードGT9254このLPレコードで演奏しているウィーン・フィルハーモニー弦楽四重奏団は、ウィリー・ボスコフスキー(1909年―1991年)をはじめとして、当時のウィーン・フィルの首席奏者達による、ウィーン弦楽派の最高峰に位置する弦楽四重奏団であり、ヴォルフガング・シュナイダーハン(1915年―2002年)やワルター・バリリ(1921年生まれ)という歴代のコンサートマスターによるムジーク・フェライン弦楽四重奏団のメン...◇クラシック音楽LP◇ウィーン・フィルハーモニー弦楽四重奏団によるシューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」/第10番

  • ◇クラシック音楽LP◇巨匠オットー・クレンペラーのブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」

    ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」(1953年版)指揮:オットー・クレンペラー管弦楽:フィルハーモニア管弦楽団発売:1956年LP:東芝音楽工業AA‐7270ブルックナーは、全部で11曲の交響曲を書いているが、通常は第1番から、未完成に終わった第9番までの9曲が演奏される。これら9曲の交響曲の中で、ブルックナー自身によりニックネームが付けられた曲が、この第4番の「ロマンティック」なのである。ブルックナーの交響曲は、いずれも重厚感たっぷりで、重々しく長大な曲ばかりであり、そう気軽に聴くことは出来そうもない曲ばかりである。その理由は、ブルックナーが敬虔なカトリック信者であることと切り離しては考えられない。教会音楽、なかんずくオルガンに対するブルックナーの思い入れは強いものがあり、ブルックナーの交響曲の根幹...◇クラシック音楽LP◇巨匠オットー・クレンペラーのブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」

  • ◇クラシック音楽LP◇ヨセフ・スークのヴィヴァルディ:調和の幻想

    ヴィヴァルディ:調和の幻想ヴァイオリン協奏曲ト長調Op.3の3ヴァイオリン協奏曲イ短調Op.3の6ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.3の9二つのヴァイオリンのための協奏曲イ短調Op.3の8ヴァイオリン協奏曲ホ長調Op.3の12ヴァイオリン:ヨセフ・スーク第2ソロ・ヴァイオリン:グナール・ラルサン指揮:ルドルフ・パウムガルトナー弦楽合奏:ルツェルン弦楽合奏団録音:1976年9月16日、19日、スイス、ヴァインフェルト会議堂発売:1977年9月LP:日本コロムビアバロック時代のイタリアの大作曲家ヴィヴァルディの協奏曲集「調和の幻想」Op.3は、1712年に作曲されたが、この作品でヴィヴァルディの名は一躍有名になった。このLPレコードには、全部で12曲からなる「調和の幻想」の中から5曲が、ヨセフ・スークのヴァイオリン、グ...◇クラシック音楽LP◇ヨセフ・スークのヴィヴァルディ:調和の幻想

  • ◇クラシック音楽LP◇アレクセイ・チェルカーソフのチャイコフスキー:ピアノ小品集「四季」

    チャイコフスキー:ピアノ小曲集「四季」1月:炉辺にて(プーシキンの詩)2月:冬おくりの祭り(ウャーゼムスキーの詩)3月:ひばりの歌(マイコフの詩)4月:雪割草(マイコフの詩)5月:白夜(フェートの詩)6月:舟歌(プレシチェイエフの詩)7月:草刈り人の歌(コルツォフの詩)8月:取り入れ(コルツォフの詩)9月:狩り(プーシキンの詩)10月:秋の歌(トルストイの詩)11月:トロイカ(ネクラーソフの詩)12月:クリスマス週間(ジュコフスキーの詩)ピアノ:アレクセイ・チェルカーソフ録音:1973年7月、モスクワLP:ビクター音楽産業VIC‐5509このチャイコフスキーの愛すべき12曲からなるピアノ小曲集「四季」は、“12の性格的な小品”という副題が付けられている。作曲の切っ掛けは、ペテルブルグにあるある出版商から音楽雑誌...◇クラシック音楽LP◇アレクセイ・チェルカーソフのチャイコフスキー:ピアノ小品集「四季」

  • ◇クラシック音楽LP◇サンソン・フランソワのベートーヴェン:ピアノソナタ「悲愴」「月光」「熱情」

    ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番「悲愴」ピアノソナタ第14番「月光」ピアノソナタ第23番「熱情」ピアノ:サンソン・フランソワ発売:1970年LP:東芝音楽工業ASD‐3サンソン・フランソワ(1924年―1970年)は、天才肌の名ピアニストであった。ショパンやドビュッシー、それにラヴェルの演奏をさせたら当時、フランソワに匹敵するピアニストはいなかった。フランス人の両親の間にドイツで生まれ、1938年パリ音楽院に入学し、マルグリット・ロン、イヴォンヌ・ルフェビュールに師事。1940年に同音楽院を首席で卒業後、1943年に第1回の「ロン=ティボー国際コンクール」で優勝。その後世界各地で演奏活動を行い、名声を高めた。しかし、フランソワは、酒とたばこを愛した人であり、「酒はやめるがタバコはやめられない」と言い、これが原...◇クラシック音楽LP◇サンソン・フランソワのベートーヴェン:ピアノソナタ「悲愴」「月光」「熱情」

  • ◇クラシック音楽LP◇ホルンの名手アラン・シヴィルのモーツァルト:ホルン協奏曲全集

    モーツァルト:ホルン協奏曲全集ホルン協奏曲ニ長調K.412ホルン協奏曲変ホ長調K.447ホルン協奏曲変ホ長調K.417ホルン協奏曲変ホ長調K.495ホルンのためのコンサートロンド変ホ長調K.371ホルン:アラン・シヴィル指揮:ルドルフ・ケンペ管弦楽:ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団発売:1975年LP:RVCGGC‐1129このLPレコードは、モーツァルトの有名な4つのホルン協奏曲とホルンのためのコンサートロンドを、ホルンの名手であったアラン・シヴィル(1929年―1989年)が、名指揮者ルドルフ・ケンペ指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の伴奏で録音した、記念すべき一枚である。アラン・シヴィルは、イギリス出身のホルン奏者。指揮者のトーマス・ビーチャムによって、デニス・ブレイン(1921年―1957年)の次...◇クラシック音楽LP◇ホルンの名手アラン・シヴィルのモーツァルト:ホルン協奏曲全集

  • ◇クラシック音楽LP◇夭折の天才ピアニスト ディヌ・リパッティのショパン:ピアノソナタ第3番、バルカロール、マズルカ第32番、 ノクターン第8番     

    ショパン:ピアノソナタ第3番バルカロールマズルカ第32番ノクターン第8番ピアノ:ディヌ・リパッティ発売:1962年9月LP:日本コロムビアOL‐3103これは、ルーマニアのブカレストに生まれた、夭折の天才ピアニスト、ディヌ・リパッティ(1917年―1950年)を偲ぶLPレコードである。「偲ぶ」というと単なる懐古趣味と思われがちだが、リパッティに限っては、このことは当て嵌まらない。このLPレコードは、今もってショパン:ピアノソナタ第3番の録音の中でも、1,2を争う名盤と私は信じている。さらに同じLPレコードのB面に収められた3つの小品、バルカロール、マズルカ第32番、ノクターン第8番についても、今もってこれに真正面から対抗できる録音は数少ない。リパッティは、ショパンを弾かせたら他の追随を許さない天性の閃きを持って...◇クラシック音楽LP◇夭折の天才ピアニストディヌ・リパッティのショパン:ピアノソナタ第3番、バルカロール、マズルカ第32番、ノクターン第8番

  • アルテュール・グリュミオーのショーソン:詩曲/サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ、 ハバネラ/ ラヴェル:ツィガーヌ        

    ショーソン:詩曲サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソハバネララヴェル:ツィガーヌヴァイオリン:アルテュール・グリュミオー指揮:マニュエル・ロザンタール管弦楽:コンセール・ラムルー管弦楽団録音:1966年3月(ショーソン/ラヴェル)、1963年4月(サン=サーンス)、フランス、パリ発売:1980年LP:日本フォノグラム(フィリップスレコード)13PC‐242このLPレコードは、フランコ・ベルギー楽派の泰斗アルテュール・グリュミオー(1921年―1986年)が、ショーソン、サン=サーンス、ラヴェルのヴァイオリンとオーケストラのための名曲を収録した一枚。グリュミオーは、ベルギーに生まれ、ブリュッセル王立音楽院で学ぶ。その後、パリに留学してジョルジュ・エネスコに入門。デュボアとエネスコに学んだグリュミオーは、正...アルテュール・グリュミオーのショーソン:詩曲/サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ、ハバネラ/ラヴェル:ツィガーヌ

  • ◇クラシック音楽LP◇ブタペスト弦楽四重奏団+ワルター・トランプラーのブラームス:弦楽五重奏曲第1番/第2番

    ブラームス:弦楽五重奏曲第1番/第2番弦楽五重奏:ブタペスト弦楽四重奏団+第2ヴィオラ:ワルター・トランプラーヨーゼフ・ロイスマン(第1ヴァイオリン)アレクサンダー・シュナイダー(第2ヴァイオリン)ボリス・クロイト(第1ヴィオラ)ワルター・トランプラー(第2ヴィオラ)ミッシャ・シュナイダー(チェロ)録音:1963年11月14日~15日(第1番)/1963年11月21日、26日(第2番)、アメリカ、ニューヨークLP:CBS/SONYSOCL1138ブラームス:弦楽五重奏曲第1番は1882年に、そして弦楽五重奏曲第2番は1890年に、それぞれ完成している。第1番は、如何にもブラームスの作品らしく、緻密で内向的な性格の曲。地味ではあるが完成度の高さでは、ブラームスの室内楽曲の中でも屈指の作品とも言える。どちらかという...◇クラシック音楽LP◇ブタペスト弦楽四重奏団+ワルター・トランプラーのブラームス:弦楽五重奏曲第1番/第2番

  • ◇クラシックLP◇シュナイダーハンのモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番/第5番

    モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番/第5番「トルコ風」ヴァイオリン:ヴォルフガング・シュナイダーハン指揮:ハンス・シュミット=イッセルシュテット管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(第4番)北ドイツ放送交響楽団(第5番)LP:ポリドールKI7306このLPレコードは、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第4番と第5番を、ウィーンの名ヴァイオリニストであったヴォルフガング・シュナイダーハン(1915年―2002年)が演奏した録音である。モーツァルトは、ヴァイオリン協奏曲の作曲を若い時に集中し、以後、死に至るまでヴァイオリン協奏曲は作曲せず、ピアノ協奏曲を作曲することになる。ピアノ協奏曲の質の高さと量の多さを考えると、後年になってからもヴァイオリン協奏曲にも執着して欲しかったようにも思えてくる。ヴァイオリン協...◇クラシックLP◇シュナイダーハンのモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番/第5番

  • ◇クラシック音楽LP◇グレン・グールドのシェーンベルクのピアノ小品集

    シェーンベルク:3つのピアノ曲Op.115つのピアノ曲Op.236つのピアノ小品Op.19ピアノ組曲Op.25ピアノ曲Op.33a/Op.33bピアノ:グレン・グールド録音:ニューヨークLP:CBS/SONY18AC971カナダ出身のグレン・グールド(1932―1982年)は、1964年のシカゴ・リサイタルを最後にコンサート活動からは一切身を引いてしまう。この理由については、いろいろ詮索されているが、これ以降、没年まで、グールドはレコード録音及びラジオ、テレビなどの放送媒体のみの音楽活動に集中することになる。そして1981年、バッハの「ゴルトベルク変奏曲」を再録音した後の1982年10月4日、脳卒中により死去した。享年50歳。リヒテルは、グールドを「バッハの最も偉大な演奏者」と評したという。そんなグールドは、現...◇クラシック音楽LP◇グレン・グールドのシェーンベルクのピアノ小品集

  • ◇クラシック音楽LP◇名女性ハーピスト アニー・シャフランによるドビュッシー/ラヴェル/ピエルネ/フォーレのフランス音楽ハープ名曲集

    ドビュッシー:神聖な舞曲と世俗的な舞曲ラヴェル:序奏とアレグロピエルネ:ハープ小協奏曲フォーレ:即興曲Op86ハープ:アニー・シャフラン指揮:アンドレ・クリュイタンス管弦楽:パリ音楽院管弦楽団ヴァイオリン:ティッシュ&シモンヴィオラ:レキャンチェロ:ベクスフルート:カラシェクラリネット:ブータール録音:1965年11月LP:東芝EMIEAC‐40110このLPレコードは、フランス音楽の中でも極上のハープの音色思う存分味わえる一枚である。豊穣な香りのワインにも似て、ハープの響きは、この世ので聴く天上の音楽とでも言ったらいいのであろうか。ところでハープという楽器は我々にとって親しみのある楽器ではあるのだが、いつ頃から今の形のハープが定着したのであろうか、という知識を持たない。その辺を、このLPレコードのライナーノー...◇クラシック音楽LP◇名女性ハーピストアニー・シャフランによるドビュッシー/ラヴェル/ピエルネ/フォーレのフランス音楽ハープ名曲集

  • ◇クラシック音楽LP◇若き日のピリス、モーツァルト:ピアノソナタ第8番/幻想曲ニ短調/ピアノソナタ第11番「トルコ行進曲付き」の日本録音盤

    モーツァルト:ピアノソナタ第8番幻想曲ニ短調ピアノソナタ第11番「トルコ行進曲付き」ピアノ:マリア・ジョアオ・ピリス録音:1974年1月~2月、イイノ・ホール(東京)LP:DENONOX‐7054‐NDマリア・ジョアオ・ピリス(マリア・ジョアン・ピレシュが正確な表記。1944年生まれ)は、ポルトガル出身の女性ピアニスト。1953年から1960年までリスボン大学で作曲・音楽理論・音楽史を学んだ後、西ドイツに留学。1970年に、ブリュッセルで開かれたベートーヴェン生誕200周年記念コンクールで第1位。この間に、個人的にケンプの薫陶を受ける。室内楽演奏にも力を入れ、1989年よりフランス人ヴァイオリニストのオーギュスタン・デュメイと組みツアーを行う。モーツァルトのピアノ・ソナタ集の録音により、1990年に「国際ディス...◇クラシック音楽LP◇若き日のピリス、モーツァルト:ピアノソナタ第8番/幻想曲ニ短調/ピアノソナタ第11番「トルコ行進曲付き」の日本録音盤

  • ◇クラシック音楽LP◇新ウィーン楽派の3人(シェーンベルク/ベルク/ウェーベルン)の編曲によるヨハン・シュトラウスのワルツ集

    ヨハン・シュトラウス:皇帝円舞曲(シェーンベルク編曲)南国のばら(シェーンベルク編曲)酒、女、歌(ベルク編曲)宝石のワルツ(ウェーベルン編曲)室内楽:ボストン交響楽団室内アンサンブル第1ヴァイオリンジョーゼフ・シルヴァースタイン第2ヴァイオリンマックス・ホバートヴィオラバートン・ファインチェロジェール・エスキンハルモニウムジェローム・ローズンピアノギルバート・カリッシュフルートドリオ・アントニー・ドワイアークラリネットハロルド・ライト録音:1977年4月3日、ボストン、シンフォニー・ホールLP:ポリドール(ドイツ・グラモフォン)2530977(MG1194)これは、大変愉快なLPレコードだ。というのは、あのヨハン・シュトラウスのワルツの名曲を、何とシェーンベルク、ベルク、ウェーベルンの3人の新ウィーン楽派の作曲...◇クラシック音楽LP◇新ウィーン楽派の3人(シェーンベルク/ベルク/ウェーベルン)の編曲によるヨハン・シュトラウスのワルツ集

  • ◇クラシック音楽LP◇名メゾ・ソプラノ クリスタ・ルードヴィッヒのブラームス/ワーグナー/マーラー歌曲集

    ブラームス:「アルト・ラプソディー」ワーグナー:「ヴェーゼンドンクの五つの詩」天使とまれ!温室で苦悩夢マーラー:「五つの歌」わたしはこの世に忘れられて真夜中にうき世の暮らしほのかな香り美しいトランペットの鳴り渡るところメゾ・ソプラノ:クリスタ・ルートヴィッヒ指揮:オットー・クレンペラー管弦楽:フィルハーモニア管弦楽団合唱:フィルハーモニア合唱団(ブラームス)録音:1962年3月21日、23日(ブラームス)1962年3月22日、23日(ワーグナー)1962年2月17日、18日(マーラー)LP:東芝EMIEAC‐40118ブラームスの通常言われる「アルト・ラプソディー」の正式な名称は「アルトと男声合唱とオーケストラのためのラプソディー」であり、ブラームス36歳の作品。テキストは、ゲーテの詩「冬のハルツの旅」から取っ...◇クラシック音楽LP◇名メゾ・ソプラノクリスタ・ルードヴィッヒのブラームス/ワーグナー/マーラー歌曲集

  • ◇クラシック音楽LP◇ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルのチャイコフスキー:交響曲第5番

    チャイコフスキー:交響曲第5番指揮:エフゲニ・ムラヴィンスキー管弦楽:レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団録音:1960年11月9日~10日、ウィーン・ムジークフェライン・ザールLP:ポリドール(ドイツ・グラモフォン)SE7910エフゲニー・ムラヴィンスキー(1903年―1988年)は、旧ソ連時代に活躍したロシアの大指揮者。1924年レニングラード音楽院に入学し、作曲と指揮を学ぶ。同音楽院を1931年に卒業後、レニングラード・バレエ・アカデミー・オペラ劇場(現マリインスキー劇場)で指揮者デビューを果たす。1938年ソ指揮者コンクールに優勝後、直ちにレニングラード・フィルハーモニー交響楽団の常任指揮者に就任。当時、低迷していた同オーケストラの立て直しに着手し、最終的には同オーケストラを一流のオーケストラに生ま...◇クラシック音楽LP◇ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルのチャイコフスキー:交響曲第5番

  • ◇クラシック音楽LP◇ラフマニノフ自作自演の歴史的名盤

    ~ラフマニノフ自作自演集赤盤復刻シリーズ~ラフマニノフ:前奏曲Op.3の2(録音:1928年4月4日)前奏曲Op.33の7(1940年3月18日)前奏曲Op.32の7(1940年3月18日)前奏曲Op.32の6(1940年3月18日)前奏曲Op.23の10(1940年3月18日)ユーモレスクOp.10の5(1940年4月9日)W.R.のポルカ(1928年4月4日)セレナードOp.3の5(1936年1月3日)メロディOp.3の3(1940年4月9日)楽興の時Op.16の2(1940年3月18日)前奏曲Op.32の3(1940年3月18日)練習曲Op.32の2(1940年3月18日)ひなげしOp.38(1940年3月18日)オリエンタル・スケッチ(1940年3月18日)音の絵Op.39の6(1925年12月16日)...◇クラシック音楽LP◇ラフマニノフ自作自演の歴史的名盤

  • ◇クラシック音楽LP◇フルトヴェングラー指揮&ピアノ伴奏と3人の名歌手たちによライヴ録音

    ①マーラー:さすらう若人の歌バリトン:ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ指揮:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー管弦楽:ベルリン、フィルハーモニー管弦楽団録音:1953年8月12日、ザルツブルク・フェスティヴァル(ライヴ録音)②R.シュトラウス:森の幸福愛の賛歌誘惑冬の恋テノール:ペーター・アンダース指揮:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団録音:1942年2月15日、17日、ベルリン(ライヴ録音)③ヴォルフ:春にアナクレオンの墓私を花で覆って下さい私のふさふさした髪の陰で意地悪な人たちはみなジプシーの娘ソプラノ:エリーザベト・シュワルツコップピアノ:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー録音:1953年8月12日、ザルツブルク・フェスティヴァル(ライヴ録音)発売:1981...◇クラシック音楽LP◇フルトヴェングラー指揮&ピアノ伴奏と3人の名歌手たちによライヴ録音

  • ◇クラシック音楽LP◇創設者フリーダー・ベルニウス指揮シュトゥットガルト室内合唱団のシューマン:合唱曲集

    シューマン:合唱曲「ロマンス」第1集作品69①タンブリーンを打ち鳴らす女②森の乙女③修道女④兵士の花嫁⑤海の精⑥聖堂合唱曲「ロマンス」第2集作品91①ローズマリーの花②陽気な狩人③水の精④見捨てられた乙女⑤布を漂す女の夜の歌⑥海の中に3声の女声のための3つの歌作品114①挽歌②トリオレット(三行詩)③箴言詩合唱曲「ロマンスとバラード」第3集作品145①鍛冶屋②尼僧③歌手④ジョン・アンダースン⑤鷲鳥の番をする少年のロマンス指揮:フリーダー・ベルニウス合唱:シュトゥットガルト室内合唱団ピアノ:ハルトムート・ヘルソプラノ:クリスツィーナ・ラキフルート:コンラート・ヒルツェルホルン:ヨハネス・リツコフスキーLP:東芝EMIEAC‐40146シューマンは、1847年から幾つかの合唱団の指揮を手掛け始めるが、そうした指揮者...◇クラシック音楽LP◇創設者フリーダー・ベルニウス指揮シュトゥットガルト室内合唱団のシューマン:合唱曲集

  • ◇クラシック音楽LP◇カラヤン指揮ベルリン・フィルによるロッシーニ:弦楽のためのソナタ集

    ロッシーニ:弦楽のためのソナタ集第1番/第2番/第3番/第6番指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団録音:1968年8月17日~21日、スイス、サンモリッツ、ヴィクトリア・ホールLP:ポリドール(ドイツ・グラモフォン)SE8006このLPレコードに収められたロッシーニ:弦楽のためのソナタ集は、1804年、ロッシーニが僅か12歳の時に作曲した弦楽四重奏のための作品である。弦楽四重奏曲といってもヴィオラは使われずに、ヴァイオリン2、チェロ、コントラバスという異例の楽器編成が取られた。何故このような編成となったかは謎であるが、どうも当時、芸術パトロンをしていたアマチュアのコントラバス奏者のために書いたため、というのが事の真相らしい。この弦楽四重奏曲を基に弦楽合奏用に編曲したのが、...◇クラシック音楽LP◇カラヤン指揮ベルリン・フィルによるロッシーニ:弦楽のためのソナタ集

  • ◇クラシック音楽LP◇バリリ弦楽四重奏団のベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」

    ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」「大フーガ」op.133弦楽四重奏:バリリ弦楽四重奏団発売:1963年LP:キングレコード(ウェストミンスター)WXO‐1バリリ弦楽四重奏団は、若きウィーン・フィルのコンサートマスターのワルター・バリリ(1921年生まれ)を中心に1945年に結成された。1950年代末に解散するまでの間、ウィーンコンツェルトハウス弦楽四重奏団とともに、当時のウィーンを代表する弦楽四重奏団として活躍した。特に、ベートーヴェン、モーツァルト、シューベルトなどの演奏において定評があった。途中、ヴィオラ奏者とチェロ奏者は交代したが、第1ヴァイオリンのワルター・バリリと第2ヴァイオリンのオットー・シュトラッサーは、解散するまで変更はなかった。その演奏内容は、常に安定しており、しかも...◇クラシック音楽LP◇バリリ弦楽四重奏団のベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」

  • ◇クラシック音楽LP◇エーリッヒ・クライバー指揮パリ音楽院管弦楽団のチャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

    チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」指揮:エーリッヒ・クライバー管弦楽:パリ音楽院管弦楽団録音:1953年11月発売:1975年LP:キングレコードSOL5013クライバーという名前を聞けば、多くの人は指揮者のカルロス・クライバー(1930年―2004年)のことを思い浮かべるであろう。カルロス・クライバーは、名指揮者として高い評価を受けていたから当然であるが、今回のLPレコードの指揮者のクライバーは、カルロス・クライバーの父親のエーリッヒ・クライバー(1890年―1956年)なのである。エーリッヒ・クライバーは、オーストリアのウィーン出身で、1920年代から30年代にかけての10年以上もベルリン国立歌劇場の音楽監督を務めた歴史上の大指揮者。ヤナーチェックの「イエヌーファ」やベルクの「ヴォツェック」を初演するな...◇クラシック音楽LP◇エーリッヒ・クライバー指揮パリ音楽院管弦楽団のチャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

カテゴリー一覧
商用