chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • ラブライブ!スーパースター!! 第4話 科学室のふたり 感想

    米女メイと若菜四季は似た者同士だったのね。スクールアイドルが好き(アイドル全般かもしれないけど)なメイのためなのか、自ら体験入部する四季。メイを導くために、意外と行動力がある四季。でも、メイは入部しない。2人とも、他人と群れるのがあまり好きではないタイプのようだ。だから、似た者同士なのだ。そして、四季も意外とスクールアイドルに興味があったみたい。結局、2人そろって、スクールアイドル部に入部すること...

  • リコリス・リコイル(Lycoris Recoil) #6 Opposites attract 感想

    今回は真島にひたすら狙われる回。アラン機関の吉松シンジの依頼でロボ太と真島が錦木千束を狙う。真島はDAを襲撃したいみたいだけど、千束だけを対象にしぼって必要に狙うようだ。これまでのサードリコリスたちはおぜん立てに利用されただけみたいだ。千束の部屋の構造も面白かったけど、家事分担を決めるのに、じゃんけんで決めたけど、相手の服と筋肉の動き(予備動作っていうのかな)でじゃんけんの出し手がわかってしまうとい...

  • カッコウの許嫁 15羽目 言うしかない、俺たちの秘密…! 感想

    商店街のお祭り?神社のお祭り?の続き。天野エリカが金魚すくいをするために、ブラックカード(クレジットカード)を使用しようとするところは面白かった。屋台でクレジット決済をしようとする人は初めて見たかな。私自身、小学生のころしか、お祭りに行ってないから、最近の屋台がキャッシュレス決済に対応しているのかどうかわからないです。お祭りは普通に楽しんでいたけど、歩道橋で瀬川ひろと会い、海野幸が海野凪とエリカの...

  • ラブライブ!スーパースター!! 第3話 優勝候補 感想

    もう、代々木スクールアイドルフェスティバルの時期なのね。Liella!(リエラ)はとりでの出場です。ライブ会場で準備をしていると、前回登場のライバルっぽい子が現れる。結果はこの子の優勝。1人での圧巻のパフォーマンスだったな。アイドルというよりもミュージカル女優っぽかったな。残念な結果ではあったけど、学校のみんなは部活動で唯一、好成績を収めているリエラを誇りに思い、スーパースターだと励ます。代々木フェスは...

  • リコリス・リコイル(Lycoris Recoil) #5 So far, so good 感想

    今回は松下さんという人の東京観光の依頼。浅草などを順調に案内するが、ジンというミカの元同僚に狙われる。みんなで協力して、何とかジンを捕獲する。松下さんは捕獲したジンを殺害してくれと依頼するが、錦木千束は殺害したくないと拒否すると、松下さんはしゃべらなくなる。本当は松下さんという人物は存在していなくて、何者かが遠隔操作で操っていたという事実が判明する。どうやら吉松シンジが本当の依頼主っぽいんだけどね...

  • カッコウの許嫁 14羽目 壁は超えるためにある!! 感想

    天野エリカの追試の合格のため海野凪は勉強を教える。エリカの学力は中学生レベルっぽいな。進学校である目黒川学園では、学年最下位。だが、何とかクリアして、実家に戻らなくてもよくなった。1週間後、商店街のお祭りで焼きそばを売る凪、海野幸。そこへ、神社がこのお祭りの協賛をしているということで瀬川ひろもやってきました。凪は幸を妹だと紹介します。夜になり、エリカも合流。エリカと幸が歩いていると、またひろと会い...

  • ラブライブ!スーパースター!! 第2話 2年生と1年生 感想

    桜小路きな子はめっちゃやる気があって、頑張り屋さんじゃないか。新入部員獲得のため、練習メニューを簡単にすることに決めたけど、ラブライブ優勝を目指すには物足りなさ過ぎた。ハードに頑張る澁谷かのんたちLiella!(リエラ)のメンバーを見て、一緒に優勝を目指したいと思ったきな子の言葉で、今まで通りハードなメニューに戻すリエラのメンバー。きな子は唐可可のようなタイプなのか。運動は苦手だけど、芯の強い女の子なの...

  • リコリス・リコイル(Lycoris Recoil) #04 Nothing seek,nothing find 感想

    井ノ上たきなは指定された男性用トランクスしか持っていなかったので、女性用の下着を買いに行くことになりました。この後は女子らしいお買い物のシーンが続きます。お買い物、スイーツ、水族館。錦木千束が何故、非殺傷弾を使用するのか、何故、DAを離れたのかが、話される。ふくろうのペンダントをくれたのが誰なのか?会ってありがとうと言いたいらしい。以前、たきな達の関わった事件の時に持っていかれた銃が利用されて、事件...

  • カッコウの許嫁 13羽目 なかなかうまくいかないねぇ 感想

    自分が誰が好きなのか、悩みすぎてテストで学年13位になってしまった海野凪。1位をとるどころか、大幅なダウンで落ち込むが、天野エリカに励まされて、あっという間に立ち直る。凪を励ますのは自分だと自負していた瀬川ひろだけど、エリカの方が似合うと思ってしまっていた。そんなひろをあらためて好きになる凪。自分が好きな人と、支えてくれる人がちょっと違うということなのかね?まあ、ただ、これだけ人間性が良さそうな子...

  • ラブライブ!スーパースター!! 第1話 ようこそLiella!へ! 感想

    1期の感想は書かなかったのですが、見ましたよ。リアルタイムではないですけど。ラブライブシリーズはリアルタイムではなく、後からざっと見ましたが、このスーパースター!!が圧倒的に面白く感じました。他のシリーズと比較しても、スポ根的な要素が圧倒的に強い気がします。実力でガチ勝負感が満載っぽい内容な気がします。実力者揃いでもありますので。見ごたえがあったのですよね。2期になり、澁谷かのんたちは2年生になりま...

  • リコリス・リコイル(Lycoris Recoil) #03 More haste, less speed 感想

    今回は健康診断・体力測定。錦木千束はDA本部に行くが、司令官の楠木に会える機会もあるので、井ノ上たきなも一緒に行くことになりました。DA本部って結構な田舎にあるのですかね?東京のど真ん中にあるのかと、勝手に思っていましたが、回りの風景を見る限り、郊外都市どころか、ド田舎っぽいところですけど、これが本部なんですかね?あ、でも、ウィキペディアによると、DA東京支部になっているから、これは本部ではないわけすね...

  • リコリス・リコイル(Lycoris Recoil) #02 The more the merrier 感想

    今回はウォールナットからの依頼。結構な報酬らしいから、中原ミズキはやる気満々らしい。ウォールナットの護衛を任務として、敵対する人たちと交戦。マシンガンで攻撃してくる相手の弾をすべて回避する錦木千束が凄すぎる。マシンガンの攻撃って避けられるものなのですかね?追跡されていた車から降りて、閉店?したスーパーマーケットに逃げ込んだ(予定通りの作戦)中での交戦でしたが、外に出たら、ウォールナットがやられてし...

  • カッコウの許嫁 12羽目 好きじゃない、まだ 感想

    海野凪は放課後の勉強会。遊園地での出来事のリベンジを果たすため、図書館での勉強だが、会話は筆談なので、瀬川ひろと仲良くなることが難しいのか。その後はキックボクシングに付き合う。2人ともパフォーマンスが凄い。家に戻ると、天野エリカからデートに誘われる。服を買いに行ったり、爬虫類ショップに行ったり、公園でマラソンしたり。でも、これは によるよくわからない嫉妬によるものだった。エリカはまだ凪のことを好き...

  • リコリス・リコイル(Lycoris Recoil) #01 Easy does it 感想

    キャラクターPVを見た限り、喫茶店のようなお店の女の子と日常系アニメなのかと思ったけど、普通のPVを見たら、シティーハンターのようなアクション系アニメのようだった。どちらが主体になるのかわからなかったけど、面白そうなので見ることにしました。リコリスという、日本の公的機関「Direct Attack」のエージェントの女の子たち(錦木千束、井ノ上たきな)の物語。日本の治安維持活動を担っている存在。事件を未然に防ぐのか...

  • カッコウの許嫁 11羽目 無かったことになんて出来ないよ 感想

    停電でのアクシデント(たまたまキス)で、妹ではなく、一人の女性として扱われることになった海野幸。今までは単なる妹だったけど、もう幼い子供というわけではないので、このような扱いになりました。幸にとっては一歩前進なのかな。海野凪にとってはさらに複雑な状況になりつつあるけど。大変だよね。カッコウの許嫁 第1巻 《原作・吉河美希描き下ろし添い寝シーツ付き完全数量限定版》【ブルーレイ】 楽天ビック(ビックカメラ...

  • カッコウの許嫁 10羽目 妹扱いしないでよ 感想

    今回は母の日だから、海野凪、海野幸が海野奈美恵にエプロンをプレゼントした話と天野エリカの天野宗一郎との関係の話。と言っても、何か話の展開が進んだわけでもない感じ。凪の兄の存在が明らかになっただけかな。見た目は同一人物にしか見えないけど、双子ではないみたい。この人はどのような存在なのだろうね?キーパーソンみたいな存在なのだろうけどさ。今のところは謎の人物だ。カッコウの許嫁 第1巻 《原作・吉河美希描き...

  • パリピ孔明 第12話 英子の歌 感想

    SHIBUYA109(渋谷109)前で歌った月見英子の歌は素晴らしく綺麗な歌声だったな。のびやかで透き通る歌声は大変好みだな。歌詞も久遠七海を応援するような歌詞だった。10万イイネの10万目はスティーブ・キドなのか。渋谷にいたAZALEA(アザリエ)のファンの心もしっかりつかんで10万イイネ達成。英子の歌を受けて、アザリエも素顔を出して、初期のアザリエの曲?を披露する。この後、孔明によるなんとか10万イイネ返しとい...

  • カッコウの許嫁 9羽目 黒潮が俺を呼んでいるぜ…!! 感想

    今回は遊園地が好きな瀬川ひろとデート?絶叫系マシーンが好きなひろ。つづいて次世代迷宮というのがなかなか凄いな。どういう仕組みなのか。でも、やっぱり何回も絶叫系マシーンに。海野幸はデートが気になるのか、気に入らないのか、うさばらしにバッティングセンターに。天野エリカもついていく。つづいて銭湯。エリカは初めてのバッティングセンターに初めての銭湯。これらはすっきりするためのルーティーンなのか。庶民的な生...

  • パリピ孔明 第11話 草船借箭 感想

    孔明の策はまさかの月見英子にアザリエの曲を歌わせるという、個人的にまったく想像していたなかった展開です。相手の作戦に乗っかって、利益を得るというやり方。オーナー小林は赤壁の戦いで、矢を集める作戦を思い出すが、こういうやり方で10万イイネの大半を獲得するというのは、本当にまったく想像していなかった。私自身、それほど三国志に詳しくはないので、考えてもみなかったけど。さらにKABE太人のラップでAZALEA(アザ...

  • カッコウの許嫁 8羽目 このまま結婚しちゃうの? 感想

    今回は海野幸が一緒に住むことになりましたね。新しく住んでいるアパートが狭い、勉強を教えてもらいたい等の理由ですが、やはり海野凪のことが気になるのですかね?勉強を教えるって、天野エリカはごくせんの山口久美子(ヤンクミ)のものまねができるのですね。これは意外だった。やはり、本当は凪と離れたくなかったのね。休日も物資の買い出し。結局、買ったのは手作りのフォトボードの材料。遠足での話の内容は、凪が覚悟が出...

  • パリピ孔明 第10話 DREAMER 感想

    月見英子はスティーブ・キドに認めてもらい、自分の曲にかっこいいアレンジをしてもらうことに成功する。KABE太人は赤兎馬カンフーとのラップ勝負に勝利する。2人ともいろいろと悩んだり上で、旧友と新たな人たちに支えてもらい、進化していく。特に英子の曲は孔明が時空を超えるほどの衝撃だったようだ。あれは三顧の礼の場面なのかな?孔明と劉備が対面するところ。この記憶を思い起こさせるほどの内容だったのかな?英子の曲は...

  • カッコウの許嫁 7羽目 運命、変わっちゃうのかな? 感想

    今回は遠足に行くことになったのか。班に分かれて行動するようだけど、海野凪、瀬川ひろ、天野エリカ、遊馬シオンの4人の班になった。シオンという人はエリカのファンで、先生に頼み込んで同じ班になった。パリピっぽい人のようだ。凪の思惑では、凪とひろ2人で行動予定だったけど(エリカはセキュリティ上の理由で、昔から遠足は禁止されていたようだ)残念ながら4人での行動になった。といっても、エリカは凪とひろを2人で行...

  • パリピ孔明  第9話 たみくさのために 感想

    たみくさのためにとは人を思って何かをするということ。月見英子は久遠七海を思って歌を歌う。七海がAZALEAのベースボーカルなのと、高校の友人たち(一夏、双葉)で結成したバンドであること。売れるために方針転換して、現在のプロデューサーである唐澤の言うがままやっていること。本当は正統派?のバンドがやりたいこと。七海の事情や思いを知って、英子も支えになろうとする。人を思って歌うと表現力も増す。どこにいたのかわ...

  • カッコウの許嫁 6羽目 一人で住んでるんだよね? 感想

    何で朝活でキューピッドのコスプレが必要なのだ?というか、服持ってきたのか?何とか海野凪と瀬川ひろを今まで以上に仲良くさせようと努力しているが、すべてにおいて能力が上回っていそうなひろにアピールすることが無い。朝活において、天野エリカに勉強を教える方針などでもめているうちに、ひろは2人のコミュニケーションの多さに嫉妬する(仲が良いか良くないかはおいといて)そこで、さらにエリカと仲良くなるために、放課...

  • パリピ孔明 第8話 自分を探す 感想

    今回はひたすらレベルアップを図る回。月見英子は久遠七海と路上ライブと銭湯や食事での交流。KABE太人は英子との会話で原点回帰というヒントを得て、地元に戻り、友人佐々木と接することで、勝負にこだわることでなく、昔のように楽しくラップをするということに、自分らしさを見出す。今回は本当にこれだけ。あとは、七海がAZALEAのメンバーだけど、あまりやる気が無さそうというか、本当にやりたいことでは無さそうな感じがする...

  • カッコウの許嫁 5羽目 一緒に朝活できるかな…? 感想

    今日は学校に行きたくないと駄々をこねる海野凪だが、天野エリカには早くいけとせかさせる。学校に行くと、図書室で瀬川ひろが待っていて、どういう勉強をしているのか調査される。御朱印集めという共通の趣味も持っていること、これから朝、図書室で一緒に勉強する約束をするということ、凪にとってはとてもありがたい状況になったが、朝のホームルームになると、エリカが転校生としてやってくる。凪にどうしても学校へ行け、と言...

  • パリピ孔明 第7話 天下泰平の計vol.1 感想

    10万イイネ獲得までに強力なライバルがいるらしい。ライバル3組のうち、現在3番手につけているアイドルグループ、AZALEAが強敵らしい。孔明の策は順位確定3日前にピンスタに10万イイネを獲得できるような投稿をするということ。その投稿のために月見英子、KABE太人はそれぞれのミッションをこなしていく。KABE太人は赤兎馬カンフーとの決着をつけ、このプロジェクトに集中しようとする。英子は自作の楽曲のレコーディングに...

  • カッコウの許嫁 4羽目 俺と付き合ってくれますか…? 感想 

    テストで1位になった海野凪。凄いな、やっぱり頭いいんだな。凪は何とか瀬川ひろとの会話のタイミングを計っているが、ひろは学校内ではめっちゃ人気者なので、常に人が寄り付いていて、会話のタイミングがなかったが、放課後、会話の時間を持てるようになる。ひろに1位を取る理由を聞かれて、凪はあっさり告白。しっかりしている子なのだな。でも、お断りされました。まだ、1勝だけ。あと10勝しないとだめみたい。負け越して...

  • パリピ孔明 第6話 孔明's フリースタイル 感想

    新しいラップメンバーを勧誘するためのステージ。孔明はKABE太人をメンバーに加えるために、ラップバトルに挑む。ひたすらKABE太人を鼓舞するような内容なのかな。結構、孔明は上手いのではないか。というか、ラップは全然詳しくないので、凄いのかどうかわからないけど、凄くは見えると思う。KABE太人を煽り、奮い立たせるようにラップしているように見える。ラップの内容については、赤兎馬カンフーが漢文に詳しいらしく、月見英...

  • カッコウの許嫁 3羽目 絶対に負けないから!!!! 感想

    同じ家に住むことになった海野凪と天野エリカだが、お互いに干渉しない生活をすることになる。生活スタイルが違うので、凪は2週間勉強に励もうとする。エリカはSNS用の写真を撮ることに熱中している。勉強道具を借りるために手伝わされることになるが、なにげに交流を深めているようだ。でも、凪の分の勉強道具も届いていたので、あまり意味はなかったのかな。まあ、ちょっとだけ、お互いにことを知る機会にはなったけど。あと、...

  • パリピ孔明 第5話 孔明、韻を踏む 感想

    新しいラッパーを探している孔明であったが、お目立てのラッパーは再びステージに立つことを拒んでいる人みたいだ。プレッシャーには弱く、再び活躍することを嫌がっている。ライバルのラッパー赤兎馬カンフーには、再戦を望まれているが。コインランドリーでKABE太人を待ち構える孔明。斬新なジャージ姿の孔明がものすごく印象的だった。孔明も即興?のラップを披露して、KABE太人を勧誘する。後日、ステージを設けるので、来てほ...

  • カッコウの許嫁 2羽目 結婚ならしないわよ? 感想

    お互いの家を訪問することになったというか、海野凪の両親、海野洋平、海野奈美恵(自分の両親でもある)に会って言いたいことがあるとか。凪の家は1階がお店で、上が1DKの部屋。お嬢様、お金持ち育ちの天野エリカには不思議な家に見えるようだ。で、エリカの家も訪問。こちらは綺麗な大豪邸。お店にも来たわけだけど、凪の両親にいじられ放題。なじみのない料理やなじみのない庶民の雰囲気に爆発寸前だと凪は思い込んでいたが...

  • パリピ孔明 第4話 孔明、道を照らす 感想

    代々木フェスで英子は近藤剛にスカウトされる。次なるステージにサマーソニアを選ぶ英子。だが、出場条件はピンスタでの10万いいね。現在の英子では、到底、10万いいねを獲得するのは難しいが、この目標、さらには、英子最大の目標であるポイズルランド?ポイゼルランド?への出演に向けて、孔明は策を巡らす。10万いいねを獲得するために、新たな人材、ラッパーを探すことにする孔明。英子は自作の曲作り、孔明は様々な人と...

  • カッコウの許嫁 1羽目 私の彼氏になりなさいよ! 感想

    YouTubeのPVをだいぶ前に見て、ちょっと気になったので見てみました。全体艇には、これはギャグアニメなのかな?という印象だった第1話。出産時に取り違えが起きて、海野凪と天野エリカは育ての両親に育てられ、生みの親と育ての親で対面する日に、凪とエリカは出会い、契約上の恋人としての約束をしたが、まさか、2人が許嫁ということになる。生みの子供と育ての子供が結婚すれば、両方の親になれるという、4人の親による戦略...

  • パリピ孔明 第3話 孔明、進むべき道を知る 感想

    今回のライブは代々木アートフェスライブ。割り当てられたライブ会場は地味な場所。対して、人気インディーズバンド、ジェットジャケットは目立つところ。孔明は機材トラブルを装って、月見英子(EIKO)に観客が集まるように仕掛ける。ジェットジャケットを油断させて、相手の弱点を利用して、お客さんを集める作戦。兵法三十六計、無中生有というらしい。こういうのがあるんだな。 情報収集→徹底分析→弱点発見→相手の弱点を解消→...

  • パリピ孔明 第2話 孔明、計略を使う 感想

    ミア西表の誘いでL.R.N.のステージで歌うことになった月見英子(EIKO)をサポートするため、石兵八陣という計略を用いて、客を集めることに成功した。ステージ会場の特性と人と道具を用いて、集まったお客さんがとどまるようにするという、こういうことを昔の戦でもやっていたのね。もちろん、孔明のいうように、最終的に英子の歌の魅力によって、客は歌を聴くためにとどまっていたのだけれど、同じ場所に人を出来るだけ長い時間と...

  • パリピ孔明 第1話 孔明、渋谷に降り立つ 感想

    どのような内容のアニメなのか気になっていたけど、とても面白い第1話だった。諸葛亮孔明が生まれ変わって(そのままの姿だけど)、日本の渋谷にやってきて、ハロウィンのイベントなのか?諸葛亮孔明のコスプレをしている人と間違えられて、そのままクラブハウスへ。そこでアマチュア歌手の月見英子と出会い、彼女に日本の現代での生活の仕方を教えてもらい(スマホの操作とか、中国三国時代についてのウィキペディアとか)彼女の...

  • スローループ 第12話 二人で選ぼうっ 感想

    海凪ひよりと吉永恋の幼いことの話を聞いた海凪小春の希望で、今回は恋先生によるフライの自作教室。使用する道具が全部カタカナで覚えられない。一度見ただけでは、覚えられない。難しい。で、後日、夏休みに来た渓流で釣り。ワンフライトーナメントという大会らしい。一本のフライを使って1時間以内に一番大きい魚を釣り上げた人が優勝。順位によって豪華賞品もある。あ、参加者はこのアニメの主要キャラクター全員です。大会が...

  • からかい上手の高木さん3 第12話 3月14日 感想

    3月14日はホワイトデーであり、浜口が北条さんに告白する日であり、ついでに、西片も高木さんに告白するかもしれない日であり、告白ではなく、勝負にこだわる西片による、西片クエストの日でもある。だが、親戚の結婚式に出席していて、遅れて学校に登校する予定だった高木さんはフェリーの欠航で帰ってこれず、学校の登校は翌日になる模様。高木さんは欠席ということで、紅白ミッションもからかいもスルー出来るので、喜んでい...

  • 平家物語 第十一話 諸行無常 感想

    壇ノ浦の戦いは激戦を極めている。船上での戦いも難しいな。イルカが現れ、このイルカの動きによって勝敗が変わるという。どちらに味方をするような動きをするか、ということなのだろうか?イルカの動きと風向きが変わって、形勢逆転。源氏が有利になった。あっという間に源氏の勝利になった。平家は滅んでしまったけど、平徳子だけは生き残ったのだね。平徳子、後白河法皇、びわ、みんな穏やかな世の中が好きだったのにね。生き残...

  • 平家物語 第十話 壇ノ浦 感想

    平家一門は壊滅寸前。何とか打開策を考えるが、平重衡は捕らえられ、平維盛も非常に苦しんでいる。京の都では、源義経による治安維持が成功し、穏やかな日々の暮らしが続いている。静御前との出会いもこの時なのね。びわは平資盛、平徳子とともにいる。清和源氏は源範頼、源義経を主力として、平家を追い詰める。いよいよ、壇ノ浦か。平家側もいろいろと源氏からの追討を逃れようとしたけど、打つ手はないようだった。味方がもうい...

  • スローループ 第11話 大切なもの 感想

    通称、「天空の湖」というところにやってきた海凪ひより、海凪小春、吉永恋、海凪ひなた。「紅葉狩り釣り女子キャンプ」を開催。場所はここではないみたいだけど。あ、キャンプ場には福元一花、宮野楓、福元二葉、二宮藍子、吉永玲子。車では、キャンプ道具を運べないので、小春がリアカーで運んでたけど、「ちゃーん」って言ってましたよね。「子連れ狼」の大五郎のセリフですかね?が懐かしいとか言ってましたし。子連れ狼と言え...

  • からかい上手の高木さん3 第11話 2月14日 感想

    2月14日、バレンタインデー。西片は下級生からのチョコが入った箱3つを貰う?先に登校してきていた高木さんと数字での語呂合わせの会話勝負をするが、負けてしまって、罰ゲームになるが、どこか高木さんの様子がおかしい。他の子たちは友チョコを交換したり、貰えなかったり、貰えたり。英語の授業中での、消しゴムの消しかすの長さを競う勝負も高木さんが全く乗る気ではない。これは西片が先生に注意されて、笑われてしまった...

  • スローループ 第10話 私もがんばりますねっ 感想

    文化祭の季節。南神祭でのイベント。海凪ひより、吉永恋のいる1ー1組は和風喫茶。海凪小春のいる1-2組はお化け屋敷。福元二葉は県の作文コンクールで入賞したので、作文をみんなの前で読んでほしいという先生の依頼で悩む。文化祭で使用する普段と違う魚が必要になったので、ひよりと二葉は釣りをすることに。ああ、リールを使った釣りは初心者なのね、ひより。だから二葉に協力してもらっているわけね。鰯、ヒイラギ(魚編に...

  • からかい上手の高木さん3 第10話 初詣で 雪だるま お正月 相談 感想

    初詣でに来た神社で新年早々、からかわれて、おみくじ勝負でも圧倒されて、高木さんのお願いも叶ってしまった。新年早々、利用され続ける西片。雪だるまは5年ぶりに香川県小豆島に積もるほどの雪が降ったので、いい雪だるまを作る30分勝負。「いい雪だるま」の基準がわからず、焦る西片。とにかく大きくするのが得意な西片は大きさに執着して、30分のほとんどを大きい玉を作ることに費やし、完成せず。一方の高木さんはこじん...

  • 平家物語 第9話 平家流るる 感想

    木曽義仲や源頼朝に追われて、ひたすら逃げる平家。木曽義仲も京の都で傍若無人なふるまいが過ぎて、源頼朝に討伐される。源範頼、源義経に追い込まれ、平家も追い込まれる。海岸での平敦盛と熊谷直実の一騎打ちのシーンが凄かった。迫力と緊迫感のある剣術での勝負。勝利した熊谷直実も複雑な気持ちだっただろう。びわはお母さんと再会して、平家の行く末と祈りづつけることを自分のやるべきことと決めた。やっぱりさ、傍若無人は...

  • スローループ 第9話 釣りキャンプしたい!! 感想

    今回は海凪ひより、海凪小春、吉永恋の3人でのキャンプの話。子供たちだけでのキャンプには、海凪一誠に反対されるけど、綿密な計画を提案して了承してもらえた。キャンプは渓流のある場所。ひよりはイワナ、小春は放流したニジマスを主に釣っていたようだ。恋は釣りをしている人を見ているのが好きと言っていた。小春による料理も「ニジマスのホイル焼きマヨづくし(みそマヨ、カレーマヨ付き)」がメインでとても美味しそうだっ...

  • からかい上手の高木さん3 第9話 クリスマス 感想

    西片は本当にびっくり箱が苦手だね。何回驚いているのだ。高木さんがサンタクロースになった、クリスマスの夢だけど。冬休み初日にフェリーに乗って、「劇場版100%片想い」を見に行く。高木さん曰く、都会の映画館で見るようだ。映画の前にゲームセンターのクレーンゲームで勝負。高木さんが西片の欲しがっていたキャラクター2人組のぬいぐるみ?をあっさり捕獲して、もの(イケ男とキュン子のペアぬいぐるみ?)も貰って、ま...

  • 平家物語 第八話 都落ち 感想

    もう源氏と平家はかなり戦闘しているのだね。源頼朝、源義仲との戦闘もかなり行われているのか。源義仲と平維盛が戦うわけだけど、圧倒されて、源義仲が京に上ってくる。平家は福原、大宰府へと移り住む。琵琶はと言えば、お母さんを探して旅をしているようだけど、お母さんは城資永の側室だったのね。京の都は源義仲の郎党が傍若無人なふるまいをしているので、平家がいたときとあまり変わらない様子だが、琵琶を助けた人たちは誰...

  • スローループ 第8話 ここがいい 感想

    ひよりのおばあちゃんの家に行き、だんご(あんこ味)を作り、翌日、渓流釣り。川に入る装備を用意して、イワナを釣る。ひよりは順調に魚を釣るが、小春は釣れない。渓流釣りはいろいろな場所を移動して魚を釣るらしい。また、海と違って魚が少ないので、リリースもする(一般的でもあるらしいが、ひよりのポリシーみたいなもの)小春は食べたいので、1匹だけ持ち帰る。でも、雨が降ってきて、小春は風邪をひいてしまう。ひよりは...

  • からかい上手の高木さん3 第8話 寄り道① 寄り道② 寄り道③ 寄り道④ レンタルDVD 感想

    寄り道①は学校の帰り道、階段を上って、ひたすら高木さんに話しかけて、気を紛らわせて、階段の数で勝負しようという西片の作戦は見事だと思う。そう思ったんだけどね、ここは名所だったみたい。海と夕日が見えて、恋愛関係の名所のようだ。事前調査が足りなさすぎるな、西片。寄り道②は同じ場所を浜口と北条さんが訪れる。ヘタレだから、美味しい空気を吸いに来ただけと目的を変える浜口。この場所のことを知っているが、噂を信じ...

  • 平家物語 第七話 清盛、死す 感想

    「平家にあらざれば人にあらず」をひたすらに邁進していく平家。敵を増やし、討伐していく。だが、その討伐にも苦心するようになっていく。平家といっても気力も兵力も限界があるかもしれない。もう、敵が多すぎて、収拾がつかなそうだ。欲望のまま突き進むのは良くないな。【楽天ブックス限定先着特典】平家物語 Blu-ray box【Blu-ray】(ミニアクリルブロック)  楽天ブックス...

  • スローループ 第7話 結婚式 感想

    あ、もう夏休みなの?海凪ひより、海凪小春の家に吉永恋、福元二葉が夏休みの宿題をやりに来た。小学生も一緒に宿題をやる?高校生に教えてもらいに来たのかな?まずは英語から。小春は英会話が得意なのか。流暢に英語をしゃべる。宿題やったけど、すぐに休憩。休憩中は釣りの会話と二葉の相談。友人、二宮藍子に釣りのことを話すかどうか悩んでいるようだ。恋の提案で釣り堀のある遊園地で釣りに対しての反応を見てから話すかどう...

  • からかい上手の高木さん3 第7話 散歩 忘れもの サンタさん? 編み物 感想

    犬の散歩を頼まれた高木さんに誘われて、西片も犬の散歩に参加。西片って犬好きなんだ。一緒に走ったり、高木さんの見てないところで存分に可愛がったり、西片の新しい一面を見ることが出来た。でも、隠し撮りされてたね。西片の行動観察に利用されましたね。高木さんとの下校途中に忘れものを思い出して学校に戻る2人。まだ校舎には、文化祭をきっかけにカップルになったっぽい生徒が多数いる。これと同じだと思われたくない西片...

  • 平家物語 第六話 都遷り 感想

    福原に遷都して、浜辺で月見をしながら笛を吹いて、音色を聞く。現代の時代にはなさそうな風流な趣味だ。福原の都は狭く、みんな不満を抱いているようだ。源頼朝が挙兵して、富士川の戦いになるが、戦闘にもならず平家側は逃げてしまう。平家側は斉藤実盛の言っていた通り、昔の猛々しさはまったくないようだ。平清盛は時代を変えたかったようだけど、他の人たちはやっぱり公家のようになり、武士のままではいられなかったかな。や...

  • スローループ 第6話 「難しい」が楽しい 感想

    今回は吉永良太の誘いで船に乗ってフライでシイラ(漢字で魚へんに暑)、海外ではマヒマヒ)釣りです。他の参加者は海凪小春、海凪ひより、吉永恋、福元一花。小春は沖合での海釣りが初めてだから、苦戦してるね、陸から離れること自体に。それにしても、海が綺麗だな。パヤオっていうものに魚が集まっているポイントに到着。ここで釣りをするわけね。水を撒いて、小魚を撒いて、シイラが集まってきましたね。でも、このポイントで...

  • からかい上手の高木さん3 第6話 文化祭 感想

    いよいよ文化祭での劇なのだけど、その前日の準備と練習。西片と高木さんは放課後、みんなが帰った後で、屋上で練習することになるのだが、途中で他生徒が告白するとかどうとかいう会話を聞いてしまった西片が自意識過剰になり(100%片思いにも同じようなシーンがあり)緊張してしまうという、一人相撲のような展開。まあ、まず、しっかりとセリフ思えましょうよ、西片。43秒でお化け屋敷を通り抜ける高木さん。このタイムは...

  • 平家物語 第五話 橋合戦 感想

    パソコンでの録画に失敗したので、いつか見れる機会があったら、感想を書くかもしれません。 ...

  • スローループ 第5話 また一緒に 感想

    今回は初めての船に乗っての海釣りです。海凪ひよりがフライフィッシングしかしない理由は虫が嫌いということもあったのね。まあ、イソメが苦手というのもわからないではない。釣果はカサゴと鯵。釣りが終わって、鯵パーティ。料理が得意な海凪小春が吉永家と福元一花、二葉を招待して料理をふるまいます。みんなで楽しく食事をすることが好きなことを思い出したひより。二葉が釣りをしなくなった理由は学校で浮くのが嫌だからとい...

  • からかい上手の高木さん3 第5話 苦手なもの ギョーザ 役決め 釣り 感想

    高木さんに似ている女の子が出てきたけど、娘のちーちゃんだったか。ピーマン嫌いなのは西片譲りなのか。そのうち、高木さんが作ってくれる料理にはピーマンが入っているのか、いないのか。3人組も嫌いなものがテーマだが、サナエ、手づかみで餃子を食べるのはどうかと思うよ。ちーちゃんの隣の男の子も手づかみでピーマン食べてたけど、ちゃんと、手洗ってるのか?引き続き、文化祭の出し物を決めてた。木村が提案した「からあげ...

  • 平家物語 第四話 無文の沙汰 感想

    平家が平清盛1強になって、世の中はますます不平不満が増大しているな。もう、清盛を抑え込む力が京にはないようだ。平重盛も大変だったな。この人がずっといれば、平家も違っていたのだろうけどな。これから清和源氏を中心に世の中が変わっていくわけだね。【楽天ブックス限定先着特典】平家物語 Blu-ray box【Blu-ray】(ミニアクリルブロック)  楽天ブックス...

  • スローループ 第4話 はずかしくないんですか? 感想

    釣りをしたり、料理をしたり、マグロの料理を近所の人たちと吉永恋の誕生日会で食べたり、魚料理を他の人と食べて食事を楽しむというテーマだったかな。素材の良さと、料理の上手さと、他の人と食事を楽しむことが凄く好きな人たちが当たり前のようにいる。小春もマグロを釣って見たくなって、特訓してみたが、筋力と金力がまったく足りない。とりあえず、筋力よりも、金力が先にないとマグロ釣りにはいけないので、ひよりと小春は...

  • からかい上手の高木さん3 第4話 衣替え 冬服 お弁当 UFO 夜 感想

    衣替えは言葉遊びかな。でも、このやり方は高木さんが得意なので、同じことをやってもね。結局、高木さんの反則的なやり方で負け。冬服はまあ、何だ、いつもの3人のコントか。お弁当は友人が休みだからって、階段で一人で食べなくてもね。教室で食べればいいじゃないのよ。そこへ、さみしいと思ってからかいに来た高木さん。西片のから揚げと高木さんのれんこんのはさみ揚げをかけてのバトル。高木さんのおにぎりの具は1つは鮭。...

  • 平家物語 第三話 鹿ケ谷の陰謀 感想

    平清盛の傍若無人ぶりはますます極まった感じですね。抵抗するものは容赦なく排除する。鹿ケ谷の陰謀も平家に対抗する勢力を擁立するための会議のようだったが、戦を好まない人もいるようで、事前に陰謀は露呈してしまう。でも、世の中にある不満、抵抗勢力は陰謀に加担した人たちだけでなく、あらゆるところにいたので、やはり清和源氏である源頼朝を擁立して、反平家勢力を構築していく。(実際には擁立というのではなく、清和源...

  • スローループ 第3話 ありがとう 感想

    家族の親睦を深めるため、恋の家族とキャンプと釣りに出掛けたひよりと小春。ほとんど釣りのシーンだけど、ひよりはいつも通りに魚を釣ったよう。小春もひよりの助力によりイワナを一匹釣った。夜になっての小春による、ニジマスのアクアパッツァはとても美味しそうだった。その後、2人で見上げた星空のシーンは「恋する小惑星」のシーンみたいだった。ちょっとづつ、少しづつ助け合いながら家族として生活していこうと努力し始め...

  • からかい上手の高木さん3 第3話 うちわ 魔球 ネコ救出 雨 感想

    うちわで消しゴムを動かす勝負。何となく予想はついたけど、やはりあおいで動かすとは言っていない。ついでに、西片のあおいだ風で涼むという策士である高木さんにも感心。魔球は「コノナツ」という野球漫画に登場する魔球を試してみる西片。高木さんの策略でピンポン玉を見つけて、高木さんに勝負を挑まれるが、やはり完敗。魔球「タイムスリップ」という球種もよくわからなかった。フォークボールのように沈む玉みたいだったけど...

  • 平家物語 第二話 娑婆の栄華は夢のゆめ 感想

    公家も武家も白拍子もみんな、身分に関係なく平清盛の駒扱い。こういう時代だったのだね。利用して、飽きたら使い捨て。大変だな。まあ、いつの時代もこういう人はいるのだろうけど。もしくは、権力者はこういうものかな。平家全盛の時はみんな使い捨てだったか。【楽天ブックス限定先着特典】平家物語 Blu-ray box【Blu-ray】(ミニアクリルブロック)  楽天ブックス...

  • スローループ 第2話 笑顔になれたら 感想

    入学した高校の話はほとんどないな。その後は幼馴染の恋の釣具店に行ったり、海凪ひよりの好きな灯台に行ったり、海凪小春にひよりの好きな場所を紹介するシーンが続いた。まだ、新生活が始まったばかりだから、新しい生活のための知識が必要だな。釣り初心者の小春のために、管理釣り場に行くことになった。結局、小春は釣果なしだったけど、良い経験になっただろうか。初心者向けフライフィッシング講座のような内容だったけど、...

  • からかい上手の高木さん3 第2話 気配 続・気配 持ち物検査 図書委員 夕日 感想

    気配、続・気配はほぼセリフ無し。ひたすらにストーカーっぽいことをしているな。持ち物検査は前もって予行練習。ここではそれなりに頭脳戦。まあ、持ち物検査もうそで、もてあそばれただけ。図書委員は誰も来なさそうだから、お互いに本を選んで、交換して読む。本の内容はともかく、セリフにかぶせて、好意を寄せる発言をする高木さんの芸が細かい。夕日は走り込みの成果を見せるために遠い場所にある海岸まで行って証拠の写真を...

  • 平家物語 第一話 平家にあらざれば人にあらず 感想

    平家物語は「新・平家物語」(吉川英治)の文庫本の数巻、読んだことがあるくらいだろうか。内容は平家を中心とした物語で、有名な話だから、感想もざっくりとしか書かないけど、アニメとして見るのは初めてだから、関心はありました。琵琶という架空?の少女からの視点で描かれる感じなのだろうか。今回は第一話だからなのか、平家の傲慢な雰囲気がたくさん出てきた気がするけど、平家のイメージ通りの雰囲気ですかね。平家の武将...

  • からかい上手の高木さん3 第1話 握力のやつ 日焼け 新学期 感想

    相変わらずほんわかと淡く綺麗な映像が印象的だった。高木さんの柔らかい表情と聡明さを感じるからかい。夢と毎日の日常生活のシーンはちょっと区別が難しく感じたけど、西片の夢のごちゃごちゃさと、高木さんの夢の安定感と希望。2人の今までの日常生活の具合がよく表れていると思う。高木さんのからかい自体は面白いというよりも、頭の良さと洞察力に関心する。まあ、毎日、からかわれるのはきついとは思うけど。のどかな雰囲気...

  • スローループ 第1話 とても変わった女の子 感想

    超ゆるーい日常アニメだ。再婚家庭の高校生2人(海凪ひより、海凪小春)の物語。基本的に釣りのアニメなのかな。毛ばり(フライ)でメバルを釣っていたけど、私は釣りは素人だから、初めて見ました。小さいころに、海釣りで消波ブロックでメバルは釣ったことありますけど、ゴカイで釣りましたからね。毛ばり(フライ)で釣れるのは知らなかったです。川釣りで使う専用の道具かと思っていました。魚はお刺身にしたり、漬け丼にした...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 24 白い砂のアクアトープ 感想

    新しい生き物の搬入と結婚式のお話から。新郎新婦の娘さんが水族館が好きだから、水族館での結婚式となったわけですか。でも、シーンはそれほど派手な感じではなかったかな。面白い結婚式ではあったと思うけど、しーんそのものはそれほど多くもなく、結構あっさりと終わったかも。翌日、新エリアのホワイトサンドドームのオープン。たくさんのお客さんと海咲野くくるになじみのある人たちがたくさんやってきてくれましたね。そして...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 23 水族館の未来 感想

    USTDアクアトーププロジェクト。星野晃館長から、2年後のオープンに向けて、2人、ハワイでの研修要員を募集。水生生物を取り巻く、あらゆる問題の解決に向けての研究施設をオープンさせるという。みんなそれぞれに水族館でのやりたいこと、興味のあることが違うので、目指す目標は少し違うようだ。特にこのプロジェクトに強い興味を持っているのは宮沢風花と島袋薫。また、比嘉瑛士もレポートを通過した最終選考に残っている。最終...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 22 覚悟の帰還 感想

    海咲野くくるはアクアリウム・ティンガーラに戻ってきたけど、結婚式のイベント企画(ティンガーラ・ウェディング)の仕事が終わったら、飼育部に移動予定になりました。まあでも、この企画を何とかしないとね。生き物に負担がかからないようにイベントを行うのは、なかなか難しいようだ。くくるはパソコンに向かい、ひたすらにアイデアを出す。宮沢風花や他の人たちにもアイデアを聞いて回る。何とか、アイデアを詰め込んで、プレ...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 21 ブルー・タートルの夢 感想

    海咲野くくるは仕事を休んで、ウミやんの奥さんが研究をしている屋米琉名島になってきたのか。初登場のウミやんの奥さん(具殿岬)は大学准教授。どうやら、この島に来て、ウミガメの産卵に携わっているようだ。バンドウイルカは相変わらず近くの海にいる。宮沢風花や具殿轟介(ウミやん)、おじいが様子を見に来ている。くくるは島を散歩しながら?歩いてかめはうすという小さな水族館へ。屋米琉名島って架空の島かな?グーグル検...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 20 迷子のプランクトン 感想

    今回は海咲野くくるの新エリア準備の忙しさと、近くの海に迷い込んだ子供のバンドウイルカの話。くくるは相変わらず忙しい毎日だが、子供のバンドウイルカに癒されているようだ。久しぶりの登場のおじい。バンドウイルカの様子を見てくれと依頼されてきたらしいけど。おじいからはもうすぐ、がまがま水族館の解体工事が始まるとのこと。残念だけど、もう話は進んでいるようだ。くくるの仕事ぶり、イルカの様子見は雅藍洞凡人飼育部...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 19 さよならハイヒール 感想

    今回はテレビ撮影なのか。水族館の番組制作に協力するわけですね。ペンギンの撮影なのね。宮沢風花がアイドルだった頃の所属事務所の女性とるかもいる。風花にも出演依頼が出るけど、ちょっと戸惑ってるね。海咲野くくるは新エリアの担当になったので、風花の様子を見に行こうと思っていたが、ダメ出しされる。でも、行くんだけどね。久高夏凛の案内で水族館館内を巡っている撮影スタッフに風花も同行。ここへ、くくるがやってきて...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 18 あかりの灯るとき 感想

    今度は真栄田朱里のコスプレイベントの企画が採用された。コスプレした職員がクイズを出して、シールを貰って、プレゼントと交換できるという企画らしい。海咲野くくるには本人が担当したほうが良いと提案されたけど、朱里は水族館大好き人間ではないので、拒否されました。朱里、ふわっとした印象のキャラクターですけど、結構、ドライなんですよね。くくるはちょっと残念そうだ。夜になり、宮沢風花と海岸でこのことについて会話...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 17 くつろぎ処海月風 感想

    海咲野くくる、宮沢風花、照屋月美(うどんちゃん)の3人の休みの日。真栄田朱里、米倉マリナを家(くつろぎ処海月風、おもてなし処海月風別邸)に招待します。朱里とマリナは面識が薄いのかな?ほぼ初対面のような感じだ。これは意外。朱里はくくるとのからみが多いから、一緒にアクアリウム・ティンガーラのいろんな人との接触が多いのかと思っていたが、身近なところにほぼ初対面ぽい人がいたなんて。今日は親睦会というか、く...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 16 傷だらけの君にエールを 感想

    あ、がまがま水族館でお世話になりました竹下先生もアクアリウム・ティンガーラ専属の先生になるようです。南風原知夢とは知り合い?のような、何かあるような雰囲気がありますね。もうすぐ、ペンギンの赤ちゃんが誕生するのね。ペンギン担当の3人は泊まり込みでお世話をすることに。竹下先生の赤ちゃんも順調に成長している模様。事情があって、知夢だけは泊まり込みのシフトがない。このことを宮沢風花から聞いた海咲野くくるは...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 15 ウミウシ大論戦 感想

    海咲野くくるは次のイベントの企画立案と準備か。忙しいんだな、水族館は。オープンしたばかりだし、規模が大きいし。がまがま水族館とは運営方針が違うみたいだからか。今回はウミウシ展?ウミウシについて詳しくなってもらおうという集客イベント。ウミウシは提案した5種類ではなく、8種類必要なので、くくるは仲村櫂と宮沢風花にウミウシの採取を手伝ってもらう。海の色と風景とウミウシが物凄く綺麗だ。素晴らしい描写だ。くく...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 14 ペンギンチェイサー 感想

    びっくりさせようと思ってって、びっくりしましたよ。宮沢風花がなんと、アクアリウム・ティンガーラで働くと、そして、海咲野くくるの隣の部屋に引っ越してきたと。前回の映像で確認してましたけど、ティンガーラで働くためとは。これは非常にびっくりな展開です。飛行機の欠航で2日遅れなのか。ということは、風花も新入社員なのね。飼育部海獣担当、ペンギン担当になりました。くくるは引き続き、前回のバックヤードツアーの準...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 13 海の遥かなティンガーラ 感想

    今回から新章スタートです。海咲野くくるはもちろんだけど、仲村櫂もアクアリウム・ティンガーラへ来たのか。おじいの紹介とはいえ、これは意外。櫂は飼育部魚類担当、くくるは営業部企画広報担当。え?くくるもこういった表情だったけど?真栄田朱里というバイトの人がちょっとサポートしてくれるみたいだ。あ、久高夏凛も営業部にいるのか。飼育員に憧れてたけど、経験は無いからかな?すでに、具殿轟介と屋嘉間志空也は飼育員や...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 12 私たちの海は終わらない 感想

    本日はがまがま水族館最終日です。入場無料です。おじいに育てられた水族館職員たちがたくさんやってきています。やっぱり凄い水族館員なのですね、おじい。あっという間に終了だ。その後の打ち上げで、具殿轟介、屋嘉間志空也はアクアリウム・ティンガーラへ行くことになっているらしい。くくるも高校卒業後にこないか?とアクアリウム・ティンガーラ館長に誘われている。久高夏凛もアクアリウムティンガーラへの転職を考えている...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 11 籠城の果て 感想

    「閉館断固反対!」朝早く起きて、準備してからの海咲野くくる一人による立てこもり運動。また、突拍子もない行動に出ましたね。台風も近づいているので、おじいの判断で本日は休みになりました。くくるは一人で水族館での仕事をこなしますが、心配をしていた宮沢風花も手伝いにやってきてました。いろいろと作業をこなしますが、一人で反対運動にこだわりたいくくると手伝いたい風花の間には、距離感がありますね。くくるの夢を手...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 10 置き去りの幻 感想

    がまがま水族館の閉館まで時間が無くなってきたけど、良い集客のアイデアが思いつかない海咲野くくる。占いなどに頼ったりもするが、結局、「キジムナーの幻」を当てにすることに。でも、これは誰にでも、いつでも見られるというわけではない。人の思いによるところが多分に多い。宮沢風花は映画の主演の依頼が来ていて、アイドルに戻るかどうか悩んでいるようだ。タイミング良くないな。海咲野くくるは「キジムナーの幻」がいつで...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 9 刺客のシンデレラ 感想

    海咲野くくるによる研修が始まったけど、有能っぽい女性だな。業務をそつなくこなす。がまがま水族館の館長は様々な水族館を渡り歩いた伝説の飼育員。これはおじいのことだね、たぶん。そうか、伝説の飼育員の働きぶりを観察するために来たわけか。海咲野くくるとの研修は肌が合わないみたいで、あまりうまくいってない。研修は伝説の飼育員であるおじいと交代。おじいの仕事ぶりはお客さんとの何気ない会話ばかり。得るものはない...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 8 crab crisis 感想

    今回は南城総合クリニックにて、移動水族館ですか。具殿轟介の提案企画らしいけど、いろいろと考えますね。看護師長さんはカニが嫌いみたいだけど、生き物の搬入で具殿轟介とすれ違った時のニュータイプのような反応が面白い。準備中にカニ、現れたじゃんw持ち込んだ水槽の中にいた。宮沢風花がカニを見つけたけど、逃げた。具殿轟介は上原愛梨という女の子と知り合いなのか。準備中に現れた子の中の一人みたいだけど。がまがま水...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 7 アイスで乾杯 感想

    夏休みの1週目の来場者数はものすごく多くイベント(タッチプール、かき氷)は成功らしいです。ただ、スタッフは働きづめなので、若いスタッフだけ、1日休暇を取るように、館長であるおじいからの指示です。若いスタッフたちは、コマカ島という島で泳ぐ。コマカ島がめっちゃ綺麗だ。何という綺麗な絵、映像だ。楽しそうに遊んで、夏らしい映像です。その後のバーベキューはがまがま水族館の目の前の海岸で食事。仲村櫂が準備をし...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 6 スイーツラプソディ 感想

    がまがま水族館の夏休み大作戦という集客イベントのアイデアが決まった。スイーツを作って販売する。うどんちゃん(照屋月美)に制作を依頼。スイーツ制作経験は無いけど、挑戦はしてみたいとのこと。小さなことだけど、このアニメは挑戦がテーマっぽい。翌日、がまがま水族館でのスイーツ打ち合わせ。うどんちゃんはなかなかアイデアが豊富に浮かぶ人材のようだ。絵も上手い。絵だけ見ても、美味しそうなスイーツだ。沖縄スペシャ...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 5 母の来訪 感想

    宮沢風花のお母さんが来て、話し合いでもするのかと思ったら、まさか、また逃げるとは。水族館から逃げても、あてはないのだけど。お母さんはくくるの家で、食事のおもてなし。東京オリンピックの選手村の食事も選手たちに大人気のようだけど、海咲野くくるの家の食事もとても美味しいみたい。美味しい食事でのおもてなしは世界中どこでもよろこばれるということでしょうか。宮沢風花もいくあてもないので、うどんちゃんのお店でか...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 4 長靴をはいた熱帯魚 感想

    タッチプールという生き物と触れ合うイベントの開催。これは海咲野くくるがやりたかったイベントらしい。宮沢風花も自分のアイデアを生かしたイベントをしたいらしく、準備に余念がない。生き物についても、とても研究熱心な様子だ。真面目な子だからね。スタッフの人とも出くわして、風花が元アイドルだということがみんなにわかってしまう。この話はがまがま水族館周辺の人たちにも伝わっているのか、宮沢風花は水族館開館前から...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 3 いのちは、海から 感想

    まずは、夏休みの日常と水族館の仕事。ルーティーンっていうのかな。ペンギンのお世話。丁寧なお世話の内容。ひたすら、みんなで水族館を盛り立てようと、海咲野くくるをサポート。この後、まさか竹下先生の出産になるとは。キジムナーのいたずらというか、夢というか、生まれてくる男の子と出会う良い夢だったな。がまがま水族館はいろいろな人がキジムナーのいたずらと出会う場所でもあるわけだね。ひたすら日常の様子を映し出し...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episode 2 濡れるのも仕事のうち 感想

    宮沢風花はがまがま水族館で働くことになったが、動物の扱いには不慣れだから、やらかしてしまう。ペンギンって結構、攻撃的なのね。この水族館はといえば、水族館の補修、再建計画など、問題が山積み。海咲野くくるは何とかしようと頑張るようだけど、怪しい業者も絡んでくる。大切にしていた入口に飾ってあるウエルカムボードも壊してしまう。これには、宮沢風花もものすごく怒る。人の夢をぶち壊そうとする人は許せないわけ。夢...

  • 白い砂のアクアトープ(The two girls met in the ruins of damaged dream) Episodo 1 熱帯魚、逃げた 感想

    「色づく世界の明日から」と同じP.A.WORKS制作のアニメということで、映像の綺麗さを期待して、見ることにしました。思っていたとおり、映像はもの凄く、美しく綺麗でした。カラフルな色、光の加減、BGMも不思議な感じがして、とても良かったです。沖縄って、アニメで見ても、綺麗な場所です。沖縄で水族館の館長をしている女の子(海咲野くくる)と、東京でアイドルをしていた女の子(宮沢風花)の物語。今の段階では、どのような...

  • ゆるキャン△ SEASON2 第13話 ただいま 感想

    飯田さんの酒屋によって、娘さんと一緒にジオスポットの大室山に登る。山頂からの眺めも絶景だね。つづいて、伊東サボテンパークのカピバラを見に来ました。動物園かな?サボテンもあるけど。あったわ、カピバラ露天風呂。カピバラと柑橘系の果物が入ってる。カピバラが触れる場所もある。飯田さんの酒屋さんから先生の大好きな日本酒「池池」の注文の出来るのね。すっかりお得意様になる先生。この後は志摩リンとは別行動で山梨県...

  • ゆるキャン△ SEASON2 第12話 伊豆キャン!!!バースデー! 感想

    朝からみんなでお刺身と海鮮丼を食べてるのかと思ったら、もう昼なのか。ジオスポットを回るけど、伊豆の海は美しいな。キャンプで使うものの買い出しも終わって、キャンプ場へ。西伊豆スカイラインを走りたい志摩リンを先導にして、キャンプ場へ向かいます。「空の上を走ってるみたいだ」へー、こういう感じなのか。標高の高いところなのか。途中?だるま山高原というところで富士山を見ます。あ、でも途中の道でも見えてたけど、...

  • ゆるキャン△ SEASON2 第11話 伊豆キャン!!みちゆき 感想

    細野高原の頂上からの眺めはなかなか良かった。志摩リンの話していたツリーハウスは回る時間がないので行けないみたいだけど、結構、このキャンプはハードなスケジュールなのだな。伊豆が広いからなのか、1つの場所を堪能するのに時間がかかるのか。人によってタイプが分かれるのかな。このメンバーは様々な名所を巡りたいタイプみたいだけど。キャンプ場までの途中で温泉に入る予定なのね。伊豆は温泉地が多いとのこと。堂ヶ島温...

  • ゆるキャン△ SEASON2 第10話 伊豆キャン!はじまり 感想

    伊豆でのキャンプはジオスポットを巡るのと食べ物が目当てだ。志摩リンはバイクで、残りのメンバーは先生の車で、それぞれに伊豆下田を目指して、名所を巡りながら、食べ物を食べながら旅を楽しんでいます。前日、寝ていない各務原なでしこはずーと車内で爆睡。下田に到着して、リンと合流。美味しそうなハンバーガーを食べた後、キャンプの買い出しへ。1日目の食事担当はなでしこと犬山あおいか。2日目は大垣千秋、志摩リン、斉...

ブログリーダー」を活用して、日本のアニメさんをフォローしませんか?

ハンドル名
日本のアニメさん
ブログタイトル
日本のアニメは面白い2
フォロー
日本のアニメは面白い2

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用