searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

こざとへんさんのプロフィール

住所
奈良県
出身
大阪府

一応鉄道廃線中心でやっていますが道路(酷道・廃道・隧道・未成道etc...)や産業遺産なども取り上げています。活動の中心は京阪奈3府県ですがたまーに遠征もしています。管理人の移動手段はママチャリ(みたいなもの)だったりカメラもスマホだったりとってもショボイですがあんまりお金がないのでどうかお許しくださいませ。。。

ブログタイトル
スタレモノ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/asahikozato/
ブログ紹介文
近畿地方中心の廃線中心の交通系遺産ブログです。
更新頻度(1年)

21回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2015/06/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こざとへんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
こざとへんさん
ブログタイトル
スタレモノ
更新頻度
21回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
スタレモノ

こざとへんさんの新着記事

1件〜30件

  • 京都市・五番ノ橋

     名前は五番・構造は二層。 タイトルには「京都市」と書いたが、この橋が架かっているのは伏見区の淀地区。歴史的にも規模的にも京都第二の都市「伏見市」である方が自然に感じられるこの区にあって、淀という場所は一部お馬界隈には有名なところだろう。今回紹介する五番

  • 北沢産業網干鉄道 廃線跡②

     総合電機の非電化路線。 前回は網干駅から旧下余部駅ーー東芝姫路工場までを探索した。今回は終点の浜田地区までレポートする。 お馴染みの「TOSHIBA」のロゴ。(私のような)若い単身者世帯は別として、皆様のご家庭にも一台ぐらいはこのロゴが入った製品があるのではな

  • 北沢産業網干鉄道 廃線跡①

     鉄路は消えず。例え会社が分割されても、路線が廃止されても。 表題の通り、この廃線は姫路市網干にある不動産関係事業者「北沢産業」(上場企業の厨房機器メーカーとは無関係らしい)という会社が有していた鉄道である。JRの網干駅から姫路港の浜田地区までを結んでいた

  • 沼津市・御成橋

     ある意味ながーいアーチ橋。 このブログで静岡のネタを取り上げるのは初めてな気がする。そもそも私は旅行を滅多にしないタイプの人間なので関西でも関東でもないところにはほとんど出かけた試しがないのだが、今回こうして沼津に行ってきたのにはやむを得ない事情があっ

  • 横浜市・響橋

     今だからこそ振り返りたい、80年前の「五輪遺産」。 東京ー横浜間の主要な道路として簡単に想像できるのは国道1号だろう。と、書いてしまうのは私が3ヶ月だけ都民だった「ニワカ」だからかもしれない。天下の国道1号が背負うのはナンバーワンだけ、というのは至極当然のよ

  • 迷走録 其の十四

     小ネタの掃き溜めーーなんですけど、今回ばかりは絶対に紹介したい!というものがあってこれを書いてます。・果てなき青の世界(神奈川県小田原市) 箱根で土木見学をした後、ふと思い立って小田原駅から熱海まで足を伸ばした私。その道中で一生忘れられないような光景を

  • 箱根地区国道1号施設群(旭橋・千歳橋・函嶺洞門)

     「天下の険」への3つの秀麗なる門。 関東を代表する観光地・神奈川県箱根町。火山地帯ならではの自然や温泉もさることながら、美術館なんかも多く抱えるこの地は静岡県との県境に位置し、関東と東海を隔てる門扉のような存在でもある。というか実際に「箱根関」が置かれ

  • 東京都・猿楽橋

     通勤電車の窓から見つけた橋。 通勤電車というものの鬱陶しさが盛んに議論された昨今であるが、読者諸兄は通勤時間についてどうお考えだろうか。私は幸い職住近接を実現できたので今はあんまり苦にはしていないのだが、昨年4月に会社に入ったのち7月に関西の支社へと配

  • はてなでのブログ開設につきまして

    お知らせです。現在、ブログの移転を画策しています。別にこれで食っているわけでもないのでこれといった拘りはないのですが、まあlivedoorがいい!と思っているわけでもないので・・・というわけで、はてなブログにて「スタレモノ(仮)」を開設いたしました。URLは下記の通り

  • 東京都・言問橋

     スカイツリーのお膝元にある、悲痛な歴史を今に伝える美しい橋。 東京都の東側に位置する台東区・墨田区の間に流れる隅田川。2回続けて隅田川の橋について記すことになるが、周囲の風景は海辺・都心の勝鬨橋とは大きく異なる。「浅草」のイメージからか、どちらかというと

  • 東京都・勝鬨橋

     エイエイオーの橋はその昔、開閉する橋だった。 東京都中央区はざっくりと2つの部分に分けることができる。一つは他の地域と陸続きとなっている箇所。もう一つは川や海で他の陸地と分断されているベイエリアだ。後者を本州島じゃないと形容するのはやや無茶だろうが、地

  • JR大船工場専用線 廃線跡②

     工場跡へ。 雨の中廃線跡を辿る旅。 前回から何一つ変わり映えのしない写真ばかりである。 鉄道と聞いて即座に想像されるようなレールや信号機は既になく、こんな感じの柵ぐらいしか見るべきものがない。 先にオチを書いておくと、どこまでいっても廃線跡地の状況は大

  • JR大船工場専用線 廃線跡①

     鉄路を支えた廃線跡。 大船は神奈川県鎌倉市にある駅である。「鎌倉」と聞けば所謂“湘南”の風光明媚な観光地群が頭に浮かぶものだが、名前に反してやや内陸のこの駅は観光地としてより工業地としての要素が強いようだ。周辺の事業所としては次回登場する三菱電機や住友

  • 迷走録 其の十三

    小ネタの掃き溜め。・ショッピングユニバーシティ(京都市) 講義(あるいは学士号?)という高い買い物をするお店ではあるが・・・・ぱっちり(大阪市) みないで・・・・羞恥心(兵庫県尼崎市) 恥ずかしいのは落書きだけではないはずだ。・激安(京都府久御山町) 田園の中

  • W社野球場跡(仮称)

     兵どもが夢の跡。 今回紹介するのは、タイトルの通り野球場の跡地だ。とある社会人野球チーム(仮に「W社野球部」とする)の本拠地だったこの球場はチームの解散後、手付かずのまま放置されてしまっている。なお、今回は廃墟ネタにつき場所は一切非開示でレポートさせていた

  • JR北王子線 廃線跡①

     「王子」が辿った数奇な運命。 「王子」といってもどこかのプリンスではない。東京都北区の王子のことである。区名の通り23区の中でも北部に位置するこの地は(ユーザーにその認識があるかは怪しいが)東北日本の大動脈・JR東北本線が通っており、ちゃんと(?)王子駅も

  • 東京都・南高橋

     モダンの香りがする鉄橋。 本邦随一の大都会・東京。オフィスビルのみならず住居でさえ天を摩せんとするこの街、特に都心と呼ばれる地域は前回も言ったようにパッと見たところ新しいもので埋め尽くされているように見える。ここ中央区・八丁堀は東京駅からほど近い場所に

  • 東京都道176号檜原あきる野線 旧東秋留橋

     「あきる野」の「あきる」って? 「東京都あきる野市」という街について、特に首都圏以外で知られていることは多くないかもしれない。東京とはいえど最西部グループに入り、(申し訳ないが)全国的に目立つ存在とは言い難いこの都市で一番目立つのは恐らくその市名だろう。

  • 東京都・愛宕隧道

     大都会の小さな隧道。   2019年3月26日ーー新元号発表のほんの数日前、私は東京港区にいた。大学を卒業し無事サラリーマンと化した私は、前々日に奈良の片田舎から一人上京してきたのである。その後関西に配属されてこの記事を実家で書くとも知らず、東京で始まる新生活

  • 大阪市・昭和橋

        令和橋もそのうちできるのだろうか…    大阪と言えば水都であり、八百八橋である。昔ほどではないにせよ、川が多くて見所のある橋梁も豊富な都市である。特にベイエリア(でもないか)の西区・大正区辺りはそこそこ大きな川が縦横に流れており、大正区の全域と西区の

  • 京都市・正面橋

     ハイテクと大仏の間に架かる橋。 前回も同じ川に架かる橋について書いた記憶があるが、今回の舞台は京都鴨川である。 七条と五条の橋の間、異常に影が薄い六条通りに代わって鴨川を渡るのが正面通りだが、今回紹介するのはその正面通りの一部であるその名も「正面橋」で

  • 国道1号 鳥羽大橋

     二つの鳥羽を結ぶ橋。 「鳥羽」と聞いて連想されるのは、普通三重県だろう。洛南の地を想像するのは京都人か私のような京都に通わされている人ぐらいなものだろう。それでも確かに洛南には「鳥羽」を名乗るものが多い。鳥羽高校に上鳥羽口駅、鳥羽離宮跡。歴史で出てくる

  • 国鉄東海道線廃線跡 狼川隧道

     奇抜な廃隧道。 数年前に訪問した狼川隧道だが、片側の坑口しか撮影できていなかったのでリベンジと称し再訪した。所在地はJR琵琶湖線の瀬田ー南草津間。南草津駅から徒歩で現地へ向かった。 立命のすぐそばにあるにも拘らず、自身の所属キャンパスが京都であったがため

  • 再度山隧道(仮)

        二つの名を持つ隧道。    今は亡き「ブルーウェーブ」が山奥の「グリーンスタジアム」をホームスタジアムとしていたのは有名な話だが、港町神戸は山の街でもある。海辺の風景と山岳風景の両方をほとんど同時に見ることができる点はこの街の魅力的な景観を支える一つ

  • 近鉄小房線 廃線跡①

        かつての吉野線末端区間。    奈良県中部の中心都市・橿原市はその規模(人口12万人)の割に線路が多い街である。近鉄だけで4線(橿原・大阪・南大阪・吉野)が乗り入れ、そのうち大阪線以外の3線はこの橿原市に終点か起点が位置しているのだ。県庁の移転先として相応し

  • N博物館

     2025年までにどうにかしておいた方がよさそうな廃墟。 今回は廃墟ネタなのでテキストデータ上では名指しでどことか言わないようにする。「画像でばれるやん」といったことは自分でも思うのだが、まあこれで検索には(とりあえず)引っかからないだろうからよしとしたい。 

  • 大阪市・本町橋

     大阪市現存最古の橋はキメラのような不思議な橋だった。 水都大阪と言えば避けて語れないのが橋である。このブログでもしつこいぐらいに「浪華の八百八橋」ということを書いていろんな橋を紹介してきたと思う。が、意外なことに古い時代のものはそれほど残っていない。「

  • 東京都道311号環状八号線 羽田廃道

     不自然に封鎖された、空港の見える廃道。 東京23区の外縁部をぐるっと囲むように延びる都道311号環状八号線、通称「環八」の起点は大田区羽田空港三丁目に存在する。今回紹介するのはその住所「羽田空港」の一丁目に存在する環八の廃止区間である。なお、探索は平成30(201

  • 鶴見臨港鉄道 本山駅跡

     消えた駅、残ったホーム。※「国道16号」としているもの(第一京浜)は国道15号です。 横浜市鶴見区の沿岸部は隣の川崎市と合わせて工業地帯となっている。地図中にも示した通り日産や東芝、JFEスチールといった名だたる企業の工場が集積している。そんな工場群の間を縫うよ

カテゴリー一覧
商用