searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

GOL・D・NEWGATEさんのプロフィール

住所
厚別区
出身
厚別区

旧JR北海道大学 鉄道学部 車両学科 JR北海道の内容を中心に自分の知識も含めながらブログをやっています。通学途中のものを題材にするので主に札幌圏を走行する列車についての話題です。 写真も添付していますが、どれも綺麗なに撮れているものではありません。見づらいものもありますが、ご了承ください。 身近なことから珍しいことまでJR北海道のことについてのあらゆる分野を取り上げます。

ブログタイトル
北海道の鉄道情報局
ブログURL
http://fortysonseason.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
主にJR北海道で活躍している車両を取り上げます。
更新頻度(1年)

273回 / 365日(平均5.2回/週)

ブログ村参加:2012/06/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、GOL・D・NEWGATEさんの読者になりませんか?

ハンドル名
GOL・D・NEWGATEさん
ブログタイトル
北海道の鉄道情報局
更新頻度
273回 / 365日(平均5.2回/週)
読者になる
北海道の鉄道情報局

GOL・D・NEWGATEさんの新着記事

1件〜30件

  • 地球探索鉄道花咲線ラッピングトレインと道東森の恵み号の共演

    本日の朝に掲載した記事がトップに反映されていなかったので、再度掲載します。先週末、「キハ54-521」(地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン)と「キハ40-1791」(道東 森の恵み号)が1往復の列車で共演しました。その列車とは、花咲線の5627Dです。背後に特急「おおぞら4号」の釧路駅出発前の様子が見えます。この列車は途中の門静~糸魚沢間と別当賀~落石間で速度を落としてゆっくりと走ります。理由は、車窓から流れる絶景をゆ...

  • 8月5日の試運転列車3連発!!!

    8月5日は、札幌圏で試運転を実施していた列車が3本もありました。まずは早朝。前回の記事で掲載した写真ですが、「TRAIN SUITE 四季島」の試運転列車です。今年3月のダイヤ改正で快速「エアポート」が大増発しましたが、ほぼそのままのスジで通過していきました。次に、15時前にはロイヤルエクスプレス。今回は日曜から水曜にかけて試運転が実施されたようです。最後に、臨時「北斗91号」と思われるスジで、キハ261系5000番台はま...

  • 地球探索鉄道花咲線ラッピングトレインと道東森の恵み号の共演

    先週末、「キハ54-521」(地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン)と「キハ40-1791」(道東 森の恵み号)が1往復の列車で共演しました。その列車とは、花咲線の5627Dです。背後に特急「おおぞら4号」の釧路駅出発前の様子が見えます。この列車は途中の門静~糸魚沢間と別当賀~落石間で速度を落としてゆっくりと走ります。理由は、車窓から流れる絶景をゆっくりと堪能してもらうためのサービスです。但し、列車に大幅な遅延が生じた場...

  • ようやく北海道に上陸した「TRAIN SUITE 四季島」

    新型コロナウィルスの影響により、7月まで北海道の来道を控えていたJR東日本の周遊型寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」(トランスイートしきしま)。8月中からの営業運転再開に向けて、8月4日~5日に一足先に試運転で北海道にやってきました。管理者はロイヤルエクスプレスよりもこっちですよ。ロイヤルエクスプレスにはない迫力満点のエクステリア。押し出し感の強いフロントマスク。久しぶりにJR東日本の車両で好きになりました。9...

  • キハ285系の日

    今日は令和2年8月5日ということで、キハ285系の日です。世間ではあまり知られていませんが、かつて北海道でキハ285系という次世代特急気動車の試作車が在籍していた時期がありました。このような車両です。記憶にある限りでは、本線上で走ったのは1回だけであり、あとは苗穂工場の敷地内で試運転を実施する程度でした。それ以外は苗穂工場でずっと放置され続けた車両です。このように、新車でありながら、厳冬期には苗穂工場敷地内...

  • キハ283系の日

    昨日は令和2年8月3日ということで・・・キハ283系の日です。Twitterでは、「#キハ283系の日」とハッシュタグが設けられるほど。管理者も昨夜、Instagramのストリーズ機能を使って作成しました。それにしてもカッコいいですよね。とても営業運転開始から23年を経過したとは思えません。そのデザインはいまだに通用すると思います。昨日はロイヤルエクスプレスの試運転で盛り上がっていたようですが、管理者は釧路に行き、帰りの列車...

  • 臨時列車としても活躍!!ながまれ号

    道南いさり火鉄道保有の車両の中に、「ながまれ号」という愛称のつく車両が存在します。普段は普通列車でも使用されますが、臨時列車としても重宝している道南いさり火鉄道の保有する車両の中でも特別な存在です。地域情報発信列車としての役割を担い、道南地域の食や文化といった魅力ある情報の発信により、観光の方々にも満足いただけるように、北海道の補助事業を活用して、JR北海道より譲渡されたキハ40形を2両を改造し、2016...

  • 早朝の苗穂運転所(札ナホ)を出区するキハ281系

    今年3月のダイヤ改正から、キハ281系は札幌運転所(札サウ)滞泊から、苗穂運転所(札ナホ)滞泊に変わりました。苗穂運転所(札ナホ)出区シーンです。撮影できるのもこの時期だけの特権ですよね。時間帯は5時30分前ぐらいから出区準備が始まり、5時40分には札幌駅4番線に入線する流れです。そこから特急「北斗2号」として運用に入ります。苗穂でキハ281系といえば・・・昨年度数回にわたって、グリーン車を中間に組み込んだ3両編成が苗...

  • 最後のとかち色先頭車「キハ183-406」が解体へ

    苗穂界隈では・・・長らくこのようにしてキハ183系が留置されていたわけですが、その中でも貴重な・・・N183系以降の車両で唯一とかち色だった「キハ183-406」の解体が始まったようです。先週末の時点では、苗穂工場の解体線で解体待ちでした。解体線に入るまでは、苗穂工場敷地内でしばらく留置されていましたよ。2018年7月から「オホーツク」・「大雪」で編成変更を実施し、現在の編成になりました。同じキハ183系ですが、原則N1...

  • ロイヤルエクスプレスの試運転が始まる

    ロイヤルエクスプレスの試運転が昨日から始まりました。たまたまTwitterで昨日10時30分頃だったと思いますが、ロイヤルエクスプレス 試運転ロイヤルエクスプレス 試運転ロイヤルエクスプレス 試運転ロイヤルエクスプレス 試運転ロイヤルエクスプレス 試運転ロイヤルエクスプレス 試運転ロイヤルエクスプレス 試運転ロイヤルエクスプレス 試運転ロイヤルエクスプレス 試運転ロイヤルエクスプレス 試運転という投稿があったので、暇...

  • 北海道にやってきたロイヤルエクスプレス

    青い外観をまとった「THE ROYAL EXPRESS」。先日ようやく北海道に上陸しました。現在は札幌運転所(札サウ)でその様子を確認することができます。札幌圏入りが深夜ということで、甲種輸送の撮影は諦めていました。それは何より、人が多く集まり、コロナの中に飛び込んでいくようなものですから、やはりそこは大人な対応をしなくてはなりません。甲種輸送後は週末まで外に放置される例がほとんどだったので、実際に2日後に行ってみる...

  • キハ261系5000番台はまなす編成の試運転が始まる

    先日苗穂運転所(札ナホ)に到着したキハ261系5000番台はまなす編成の試運転が先週の月曜日から始まりました。今のところ、試運転は7月20日(月)と22日(水)に札幌~岩見沢間(往路は苗穂発)で実施されました。先週は4連休のため、2回だけだったと思いますが、1週間が通常どおりであれば、月曜・水曜・金曜といった感じで試運転が実施されるのかもしれませんね。往路は11時台。キハ201系の普通列車165Dの前を走ります。苗穂~幌向間は苗...

  • 函館運輸所(函ハコ)に転属した「キハ40-825」

    苗穂運転所(札ナホ)に所属していた「キハ40-825」が、函館地区で活躍するようになりました。先日函館に行った際、新函館北斗駅に停車中の様子を撮影しました。貸し出し等ではなく、おそらく函館運輸所(函ハコ)に転属したものと思われます。延命化を実施していない700番台車では、H100形の投入とともに廃車が進行していますが、転属というのは珍しい例です。700番台の中でもよほど状態が良いのでしょうね。実はこの車両・・・札...

  • キハ261系0番台SE-104編成が重要機器取替工事を終えて営業運転に復帰

    キハ261系0番台SE-104編成(キハ261-104+キハ260-104)が重要機器取替工事を終えて営業運転に復帰しています。7月14日に札幌駅で上りの特急「宗谷」を撮影しました。重要機器取替工事を終えたばかりのSE-104編成は、屋根上も下回りも綺麗な状態でした。前照灯もLEDに交換されています。特急「オホーツク4号」を追いかけ、同列車到着の4分後に札幌駅に到着します。加えて、札幌駅でも隣同士で停車します。もはや名物シーンですよね。...

  • 三笠の鉄道施設~今年はスズメバチに注意!!

    今日から4連休です。東京では外出自粛要請が出ましたが、それでも外出する方はいるでしょう。北海道では自粛要請は出ておらず、企業によっては給料が入り、昨日も夕方のATMは大混雑でしたね。遊びに行かれる方も多いと思います。ということで、三笠の鉄道施設、クロフォード公園や三笠鉄道村に訪問される方もいると思いますが、今年はスズメバチに注意すべきとのこと。コイツですよね。管理者も間近で撮影したことがあります。7年...

  • 2020年も「富良野・美瑛ノロッコ号」の運転始まる

    先週末から「富良野・美瑛ノロッコ号」の運転が始まっています。今年は新型コロナウィルスの影響で運行開始時期が遅くなってしまいましたが、なんとか運行を開始することができました。7月末までラベンダーの最盛期ということもあり、どうしても列車の運行を実施・間に合わせる必要があったのでしょう。「富良野・美瑛ノロッコ号」といえば、鉄泣かせの列車でもあります。理由は、富良野線を地図で見てもらうとわかると思いますが...

  • 旭川発稚内行き普通列車(321D)

    旭川駅から真っ直ぐ稚内駅へ。「宗谷」や「サロベツ」以外にも直通する列車があるのです。それが旭川駅を6時03分に発車する稚内行きの普通列車です。旭川駅では、「宗谷」・「サロベツ」以外で唯一「稚内」と表示する列車だと思います。所要時間は6時間05分。稚内駅到着は12時08分です。フリーパス等での利用も多い列車で、「宗谷本線 321D」と調べれば、ネット上で多く検索がヒットしますよ。時刻表上で宗谷本線の欄を確認すると...

  • 「くしろ湿原ノロッコ号」もいよいよ運行開始!!

    今年もいよいよ釧路方面の夏の風物詩、「くしろ湿原ノロッコ号」が運行を開始します。富良野方面の臨時列車同様、新型コロナウィルスの影響で今年は運行開始が遅れてしまいました。今年は運転日によって運行時刻が変更になっていたりと、注意すべき点もあるので、それを含めてお知らせしていきましょう。詳細は以下のとおりです。<<運行時刻>>・釧路から塘路方面 ノロッコ2号ノロッコ4号ノロッコ94号夕陽ノロッコ号釧路11:061...

  • 2020年も「富良野・美瑛ノロッコ号」がまもなく運行開始!

    前回の記事で掲載した札幌~富良野間の「フラノラベンダーエクスプレス」同様、旭川・美瑛~富良野間で運行する「富良野・美瑛ノロッコ号」もまもなく運行開始となります。新型コロナウィルスの影響で今年は運行開始が出遅れましたが、ようやく例年の富良野方面の臨時列車の賑わいになりそうです。詳細は以下のとおりです。<<運転日>>7月18日(土)~9月22日(火・祝)の土曜・日曜・祝日<<運行時刻>>・旭川・美瑛から富良野方...

  • まもなく運行開始!!2020年夏の「フラノラベンダーエクスプレス」

    いよいよ今週末から、北海道では夏の臨時列車の運転がスタートします。まずは、夏の札幌~富良野間で運行する「フラノラベンダーエクスプレス」から。もはや北海道の夏季の風物詩とも呼べる列車で、繁忙期になると1日2往復が運行されます。例年は6月から運行を開始しますが、今年は新型コロナウィルスの影響により、6月は運行されず、7月18日から土曜・日曜・祝日に設定されます。今年は平日の設定はないようです。詳細は以下のと...

  • 結局は5両編成より6両編成の方が貴重だったコロナ期間中の特急「北斗」

    新型コロナウィルスの影響で所定編成の減車を余儀なくされていた道内の一部特急列車。その中でも、札幌~函館間の特急「北斗」は2度にわたる減車を行い、期間中の変化が最も多い列車でした。最短は5両編成でしたが、5両編成になる前は6両編成で運行していました。5両編成も過去を振り返るとそれはそれで貴重な編成になりましたが、3月23日から4月5日まで(一部列車は滞泊先の関係で4月6日まで)実施期間が短かった6両編成の方があ...

  • 札沼線末端区間廃止以降、出番のないキハ40形400番台

    札沼線の末端区間の専用の車両として活躍していたキハ40形400番台。末端区間廃止後は、所属先の苗穂運転所(札ナホ)で休んでいる日々が続いているようです。先日確認したところ、旧扇形庫付近に留置されていました。役目を終えたキハ183系とともに・・・。同車は延命化を実施していないものの、豪雪地帯で使用するため、その際に1両運行実現と降雪時の排雪抵抗増に対応できる車両が必要されました。札沼線の末端区間では、国鉄分...

  • 苗穂工場で進むヨンマルの解体

    昨今苗穂工場では、キハ40形気動車の解体が進んでいます。先週までに3両が解体線付近に留置され、そのうちの1両はもう台車のみの状態になっていました。該当車両は「キハ40-817」のようです。その次に「キハ40-822」、「キハ40-820」の順で解体を実施していくものと思われます。今回確認した3両は700番台に属し、延命化を実施していないグループになります。これまでにも何両か既に廃車・解体されているので、今後北海道では、H100...

  • キハ261系5000番台はまなす編成が札幌に到着

    昨日、キハ261系5000番台のはまなす編成5両が本州から甲種輸送で札幌にやってきました。本来の予定より1日遅れての到着だったようです。北広島市内の中央陸橋の上から撮影しました。半月ぶりにこの場所に行きましたが、ハチが飛び交うようになりました。管理者は大の虫嫌いなので、しばらくこの場所での撮影は控えましょう。今回新たに投入された5000番台は、多目的車両と称し、定期列車の代走や多客臨、修学旅行用の臨時列車など...

  • 道南いさりび鉄道の朝の上磯行き4両編成

    当ブログでは初になると思います。道南いさりび鉄道の列車について取り上げます。函館からの早朝の1番列車ですが、面白い列車があるのです。函館駅6時19分発の上磯行き普通列車。道南いさりび鉄道の列車としては、最長となる4両編成で運行される普通列車です。同社が保有するキハ40形気動車は、全車両がユニークな外装となっています。この日は上磯方から、冬(白色)、国鉄急行色、ながまれ号、夏(濃緑色)による4両編成でした。上磯...

  • 733系3000番台とキハ261系1000番台でウポポイラッピング再び

    当初は、今年の4月24日に胆振の白老町にオープンする予定だった「民族共生象徴空間 ウポポイ」(以下 ウポポイ)。新型コロナウィルスの影響で開業日が延期となっていましたが、ようやく7月12日にオープンが決まり、快速「エアポート」で使用する733系3000番台と特急「北斗」で使用するキハ261系1000番台でウポポイの告知PRを実施しています。対象車両は快速「エアポート」で使用する733系3000番台の6両編成×11本の計55両と、特急「...

  • 新幹線を見てきました!!

    先日、函館に行ってきました。本当はゴールデンウィーク期間中に行こうと計画していましたが、コロナの影響で管理者なりの自粛をし、予定を繰り下げて行ってきました。一番の目的は・・・新幹線です!北海道新幹線が開業してから4年を経過して初めて見ることができました。もちろん、E5系やH5系も実物を見るのは初めてでした。こちらはJR東日本のE5系。「はやぶさ」や「はやて」として北海道新幹線に乗り入れています。今や東北新...

  • 【代走レポート】7月4日の下りの特急「宗谷」をキハ183系5200番台ノースレインボーエクスプレスで代走

    久々の代走レポートです。7月4日と5日の2日間、宗谷線特急に代走が入りました。3日の上りの特急「宗谷」が旭川駅到着時点で10分ほど遅れていたようです。代走と何か関係があるのでしょうか??代走車両は久々のノースレインボーエクスプレス。いつもの厚別駅手前のポイントから。今年は札幌~富良野間の「フラノラベンダーエクスプレス」も7月中旬まで運行されず、所定のキハ261系0番台も重要機器取替工事が施行されるようになって...

  • キハ261系1000番台の5次車のヘッドマークがLEDへ変更

    つい最近になって、キハ261系1000番台の5次車のヘッドマークがLEDへ変更されているようです。今回変更が確認されたのは、函館運輸所(函ハコ)に所属している「キロ261-1108」です。先週末あたりまで幕式ヘッドマークを採用していた同車ですが、今週になって最新のものと同じフルカラーLEDタイプのヘッドマークに交換されています。幕式だった頃の写真を過去の記事から探していると・・・これぐらいしかありませんでした。あとは・...

  • 「北斗」・「おおぞら」が通常運転に戻る

    新型コロナウィルスの影響に伴う利用減少により、道内の特急列車は減便や減車を余儀なくされていましたが、7月1日から順次通常運転に戻っています。今回はその中でも、長きにわたって減便や減車が実施され、元気な様子が見られなかった「北斗」と「おおぞら」を取り上げます。・「北斗」所定の編成ですが、今までが5両編成と短かっただけに、7両編成が長く感じます。6月30日までキハ261系の列車が2往復、キハ281系の列車が1往復の...

カテゴリー一覧
商用