住所
山口県
出身
ハンドル名
sirouturiさん
ブログタイトル
歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/sirouturi/
ブログ紹介文
日本の美しい四季の中、歴史を感じる心の旅を楽しんでいます。 美しい御朱印、大好きです
自由文
-
更新頻度(1年)

100回 / 117日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2014/11/04

sirouturiさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(IN) 6,635位 6,549位 6,399位 6,637位 6,638位 6,858位 7,248位 953,051サイト
INポイント 40 30 50 40 40 70 50 320/週
OUTポイント 110 100 90 120 100 120 140 780/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
コレクションブログ 16位 16位 17位 16位 16位 16位 17位 7,422サイト
御朱印 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 239サイト
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 13,018位 13,306位 13,544位 12,919位 13,222位 12,888位 12,838位 953,051サイト
INポイント 40 30 50 40 40 70 50 320/週
OUTポイント 110 100 90 120 100 120 140 780/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
コレクションブログ 62位 65位 68位 66位 67位 63位 64位 7,422サイト
御朱印 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 239サイト
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 953,051サイト
INポイント 40 30 50 40 40 70 50 320/週
OUTポイント 110 100 90 120 100 120 140 780/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
コレクションブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,422サイト
御朱印 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 239サイト

sirouturiさんのブログ記事

?
  • 覚苑寺から長府観光会館まで、侍屋敷跡を眺めながら小路を歩く(山口県下関市)

    覚苑寺(かくおんじ)の境内にも乃木大将の銅像がありご挨拶しましたっ覚苑寺を出てからは車を停めてある長府観光会館に向かいますなんと駐車料無料です侍屋敷跡を見学しながらの帰り道小路を通っているとタイムスリップしたかのようです壇具川まで帰って来ました鴨やら鯉や

  • 長府毛利家の菩提寺「覚苑寺(かくおんじ)」(山口県下関市)

    この日の長府散策で一番高い所に位置する法輪山 覚苑寺(かくおんじ)黄檗宗の寺院ですこの辺り一帯は和同開珎の鋳造所があった所でたくさんの出土品があったそうです覚苑寺は長府毛利家の菩提寺長府毛利藩三代藩主 毛利綱元が建立誰も居ない覚苑寺お椀を伏せたような変わ

  • 「乃木神社」の御朱印 乃木家旧邸(山口県下関市)

    乃木神社の御朱印乃木神社の境内には乃木大将が十歳から十六歳まで住んでおられた住居が復元されていますその当時の調度品から父 十郎母 寿子乃木将軍(14歳)の人形まで揃っていてかなりリアルです天上には大風呂敷寝具などが入れてあったのかしら?生前に将軍が使用さ

  • 城下町長府を散策しながら「乃木神社」へ 乃木神社の御朱印(山口県下関市)

    忌宮(いみのみや)神社の参拝後城下町長府を散策しながら次の目的地に向かいますこんな所であっちかな~?こっちかな~?と迷うのが楽しい・・・がすぐに着きました乃木神社手水鉢の龍がグリーンでお洒落にしてあって素敵清めたら拝殿に参拝御祭神は乃木希典大人之命(のぎ

  • 「忌宮(いみのみや)神社」の鬼石と、段飾りのお雛様(山口県下関市)

    ニワトリと鳩の事ばかり書いていましたが忌宮(いみのみや)神社の拝殿です第14代天皇仲哀天皇が九州を平定の為この地に皇居豊浦の宮を興し7年間政治をとられた旧址です御祭神は仲哀天皇 神功皇后 応神天皇長門二ノ宮で旧国弊社です境内には鬼石その昔豊浦宮に攻めて来

  • 「忌宮神社」の御朱印 ニワトリと鳩(山口県下関市)

    忌宮(いみのみや)神社の御朱印長府ひなまつりに行き長府城下町の散策一番初めは忌宮神社の参拝鳥居をくぐり楼門を見上げてビックリ屋根にとまった鳩のすごい数隣の木にもいっぱいとまってる~@@境内に入るとニワトリもいるニワトリは神社で飼われているようです先に入っ

  • 長府毛利邸のひな祭り 明治天皇ご宿泊の部屋(山口県下関市)

    長府毛利邸のひなまつり明治35年11月に明治天皇が宿舎されたお部屋がそのまま残されていました明治天皇は熊本陸軍大演習を御視察の際に宿泊されたそうです明治35年に熊本陸軍大演習に向かわれた時明治天皇が行幸された所はあちこちに残っていて神社などの説明書きで何

  • 長府毛利邸のひなまつり(山口県下関市)

    お雛様の頃山口県下関市の城下町長府ひなまつりに出かけました歴史とお雛様を同時に巡れます長府毛利邸門をくぐってすぐの所に長府藩祖 毛利秀元公銅像毛利秀元は毛利元就の四男 元清の二男です毛利秀元公は関ケ原の戦いで毛利全軍を指揮その後は毛利家の存続に尽くし長府

  • 美しい「浅草寺」の瓦屋根 東京八社めぐり終了(東京都大東区)

    浅草寺には五重の塔のもありスカイツリーまで楽しめるシルエットの美しい五重の塔御朱印を頂く御影堂にはすごい人が並んでいて御朱印を頂くまでにかなり時間がかかりましたがお堂の中には干支の仏様が並んでいらっしゃるのであまり退屈はしませんこちらで頂いた御朱印帳と御

  • 「浅草寺」の御朱印帳と御朱印(東京都大東区)

    浅草神社に行けばもちろん浅草寺に行きますそして綺麗な御朱印帳を頂きました浅草寺の御朱印帳最後のところ浅草寺の御朱印ですいつ行っても浅草寺はもの凄い人で外人さんばかりです~まずは本堂の脇を通って浅草神社を参拝して浅草寺を真横に見ながら戻って来ましたつい眺め

  • 「神田明神」の境内社 銭形平次さんっ!(東京都千代田区)

    神田明神には沢山の境内社がありましたこれは何処にも無いでしょう江戸神社合祀社末廣稲荷神社金刀比羅神社そして~ここも境内社かと思ったら御朱印所でした神田明神の御朱印です田舎の神社は向こうにはたいてい山が見えるけど都会の神社はビルしか見えませんだ~け~ど裏側

  • 東京八社めぐり 八社目は参拝したかった「神田神社」 写真入りの御朱印(東京都千代田区)

    写真入り神田神社の御朱印東京八社めぐり最後の神社は神田神社です一度お参りしたかった神田明神にやっと来ることができました人気ある神社なので鳥居の脚元もゴゥジャス華麗な随神門正式名は神田神社1300年も江戸を守り続けた総鎮守付近はビジネス街なのでスーツ姿の参

  • 1月に咲く湯島天神の梅 「湯島天満宮」の御朱印(東京都文京区)

    湯島天満宮の御朱印東京八社めぐり七社目は湯島天満宮通称湯島天神です木彫りの牛さんと梅がカッコイイ~1月11日に参拝したのですがまだ謹賀新年で~露店もたくさんでお正月っぽい雰囲気でした受験シーズンで参拝客が多いからでしょうね拝殿の綺麗な彫り物境内は人でいっ

  • 最近参拝した神社の中で、一番好きだった「被官稲荷」 可愛い狐の朱印入りの御朱印(東京都大東区)

    浅草神社の境内にお稲荷様を見つけたのでお参りなんだか濃密な雰囲気がプンプンこの鳥居の建て方も濃密すぐに親子狐さんが迎えてくれましたここの狐さんは可愛いぞ被官稲荷様なんだ社殿ですすごく好きな雰囲気だったので念入りに参拝お仕えしている狐さんがどれも可愛くて生

  • 東京八社めぐり 「浅草神社」の御朱印(東京都大東区)

    浅草神社の御朱印東京八社めぐり六社目は浅草神社鳥居をくぐったとたん黒い石の狛犬さんと目が合いました尻尾とかの毛の流れが優美な狛犬さん浅草寺はスゴイ人だったけど奥まった浅草神社の方は人が少なくて参拝しやすかった綺麗な社殿の奥の神様に手を合わせる境内社を参拝

  • 東京八社めぐり、五社目は「東京大神宮」 御朱印と参拝記念品(東京都千代田区)

    東京八社めぐり五社目は東京大神宮伊勢神宮の神々を祀る東京のお伊勢さんはやっぱりすごい人気で沢山の人で溢れていました縁結びの神様としても人気で日本で初めての神前結婚式を行った神社でもあります綺麗な神殿は鰹木や千木が燦燦と光っていて神々しさを感じました境内は

  • 「靖國神社」の御朱印帳と御朱印 大村益次郎さん見っけ^^(東京都千代田区)

    靖國神社の御朱印帳御朱印一度は参拝に行きたかった靖國神社明治天皇の思し召しにより明治2年に招魂社として建てられたのが始まり広くて整然とした境内には巨大な灯篭や凄い数の酒樽神門重厚な扉に靖國神社の威厳を感じる中門鳥居の向こうにテレビで何度も観る祖国に殉じら

  • 三社目は「日枝神社」 可愛い神猿像と御朱印(東京都千代田区)

    東京八社めぐり三社目は日枝神社珍しい山王鳥居で有名な神社ですエスカレーターも完備されている急な階段を上るとビルに囲まれた山王神社が姿を現します元々は江戸城の鎮守の神様ですこちらの神様のお使いはお猿さん神猿像ですご祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)神様の

  • 東京八社めぐり 明治神宮の御朱印帳(東京都渋谷区)

    明治神宮の御朱印帳明治神宮の御朱印東京八社めぐりの2社目は明治神宮へ正月三が日の参拝者日本一の明治神宮参拝した日は1月10日でしたが沢山の参拝者でした東福門の扉の立派なこと御社殿重厚な扉この奥深くに明治天皇と昭憲皇太后が祭られています人口の森明治神宮の森

  • 愛宕神社の御朱印と、NHK放送博物館(東京都港区)

    愛宕神社の御朱印1月10日東京八社めぐりをスタート1社目は愛宕神社ビルの間の急な階段を上ると人人人徳川家康公が江戸に幕府を作り防火の神様として火産霊命(ほむすびのみこと)を祭った愛宕神社境内は人が多すぎるので少し離れた所から拝殿をパチリ撫でれば福が身に着

  • 御本尊様は比叡山焼き討ちで救出された阿弥陀如来様「太光寺」の御朱印(広島県広島市)

    太光寺の御朱印広島市の行者山の頂上は綺麗に整備された芝生広場が気持ちの良い所ですとにかく広~いそして青空や白い雲が近い!そんな気持ち良い所にある太光寺ま る でお城みたいっでもれっきとした天台宗のお寺で御本尊様はなんと織田信長によって焼き討ちにされた比叡

  • イラストと写真入りの「草津八幡宮」の御朱印(広島県広島市)

    イラストと写真入り草津八幡宮の御朱印昨年12月24日クリスマスイブに広島県五日市市にお買い物に行ったので近くの神社仏閣2社を訪ねてみました最初に行ったのは草津八幡宮駐車場の方から鳥居をくぐると真新しい狛犬さんがいました寒そうな冬空の下階段を上ると境内では

  • 京都の最後は妙心寺の拝観 雲龍図の御朱印帳

    妙心寺町の長興院で御朱印を頂いていたら時間が遅くなってしまい拝観時間に間に合うよう走って妙心寺に戻りましたきりきりセーフで拝観の団体さんに合流重厚な扉の法堂に入ります中には下から見上げるとどこから見ても龍と目が合う狩野探幽筆の有名な雲龍図天井画があります

  • 素敵な絵入りの御朱印「長興院」の御朱印(京都市右京区)

    妙心寺長興院の御朱印地域の人の生活道路にもなっているお寺がずら~っと並んだ妙心寺町を歩きます歩くお坊様の姿が絵になるわ~と感心しながら御朱印と書いてあるのを見つけましたさっそくその方向に行き御朱印が頂ける長興院へ到着綺麗なお庭では紅葉も素晴らしく予約すれ

  • 妙心寺の塔頭「退蔵院」の御朱印(京都市右京区)

    妙心寺の塔頭退蔵院の御朱印余香苑と書いてあり庭園の名前です妙心寺の拝観を申し込むと時間制だったので次の拝観時間になるまで塔頭をめぐってみることにしました外人さんがゾロゾロ入っていたので私も~退蔵院ですこちらもまだ紅葉が楽しめました退蔵院の御本尊は開祖の無

  • 今宮神社と妙心寺(京都市右京区)

    法金剛院から妙心寺へと向かっていると今宮神社の旗を見つけたので寄り道花園駅近くにある今宮神社境内に入り拝殿にお参りしてもう少し歩くと妙心寺に到着境内に入ると大きな三門これは大きいわ~!次に仏殿、法堂と続きます仏殿横から見たところ法堂立派な勅使門せっかくな

  • 極楽浄土を模した庭園「法金剛院」の御朱印(京都市右京区)

    法金剛院の御朱印嵐山からほど近い関西花の寺第十三番の法金剛院を参拝寺名の下のお花が可愛い境内に入ると紅葉が真っ盛りでした12月に京都の紅葉が楽しめるなんて幸せ過ぎる~律宗五位山 法金剛院このお寺は平安時代の始め右大臣の清原夏野の山荘で死後寺として双丘寺(

  • トロッコ列車で保津川の景色を楽しむ

    冷たい雨の中の嵐山散策になりあまりにもの寒さに嵐山駅に向かっていてそうだトロッコ列車に乗ってみようと思い付きトロッコ嵯峨駅に行き次に出発の切符を買いましたすぐにトロッコ列車が到着切符は買えたのだけど当然良い席は売り切れで乗れたのは窓ガラスの無い寒い列車で

  • 雨に煙る渡月橋(京都市右京区)

    12月3日寒い朝の渡月橋雨が落ち残る紅葉の木々も煙っています傘をさして歩く私はとにかく寒くて寒くて嵐山公園を楽しむ余裕なんて無かったあまりにもの寒さに早く暖かい所へ行こうとさっき渡って来た渡月橋をまた渡り嵐山駅へ急ぎました読み終わったらぽちしてね~御朱印

  • 早朝の嵐山、雨の法輪寺と電電宮(京都市右京区)

    嵐山で朝を迎えると昨日とは一変したお天気雨でした早朝にお宿を出て渡月橋を渡り法輪寺に行きました12月の雨に濡れる紅葉御本堂に行く階段の途中に電電塔がありました塔の後ろには電気研究者の代表としてエジソン電波研究者の代表としてヘルツの肖像が掲げられていました