searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

sirouturiさんのプロフィール

住所
山口県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/sirouturi/
ブログ紹介文
日本の美しい四季の中、歴史を感じる心の旅を楽しんでいます。 美しい御朱印、大好きです
更新頻度(1年)

177回 / 365日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2014/11/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、sirouturiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
sirouturiさん
ブログタイトル
歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
更新頻度
177回 / 365日(平均3.4回/週)
読者になる
歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行

sirouturiさんの新着記事

1件〜30件

  • 驚きの光景!

    3月の終わり頃の事ドライブの帰り道に立派なしだれ桜を見つけ車を停めてパシパシ写真を撮りまくりでも帰ってパソコンに落としてみたら桜のダイナミックな美しさは全く撮れてなかった雄大なる姿のしだれ桜遠くから眺めると腕を伸ばした生物みたいだますます雄大に何百年も咲

  • なぜか好きな所「二所山田神社」(山口県周南市)

    地元の人しか知らないような雰囲気の良い二所山田神社小さな神社なのだけど荘厳さが凄いんです境内がある山からも神聖な空気が降りているようで外界とはなんだか違う空気を感じる拝殿の前に立てば彫刻の素晴らしさや屋根の凝った瓦に思わず目が行ってしまうよく見れば瓦には

  • ハート桜の御朱印が人気 春日神社の阿吽の鹿さん(山口県防府市)

    春日神社はハートの形に咲く桜がとっても人気です春の日の神社と書く春日神社なので桜がぴったりハートの桜は鳥居の中つい何度も撮ってしまいます拝殿の前には春日神社なので神様のお使いの鹿さんがいました阿の鹿さんは雄鹿本当にお口が「あ」と言ってるみたい~吽の鹿は雌

  • 春日神社の桜御朱印(山口県防府市)

    桜の季節3月28日に桜の「結」御朱印を頂きました春日神社の桜御朱印ピンクのグラデーションの桜を貼り合わせてハートが作ってあって思わず私の瞳もハート型に春日神社の桜はハートの形素敵な景色染井吉野よりも色が濃い陽光桜桜を愛でて春日神社に参拝狛犬さんにご挨拶う

  • 備中国総社で見つけた神様の面 

    備中国総社の狛犬さんひびが入っていたり石紋が入っていたりしてなかなか古そうです拝殿では面白い物を見つけました拝殿前は屋根が合わさっていてそこに~ちょっと怖い顔の七福神さんこの顔でコロナウイルスを睨みつけて退散させてほしい天野岩戸開き神々の面こちらは備中神

  • 備中国総社の御朱印(岡山県倉敷市)

    備中国総社の御朱印2月9日の参拝なのであれから3か月も経ちましたこの頃からコロナウィルスの嫌な雰囲気が・・・駐車場に車を停めると長い屋根のついた参道が見にとまりここを通ってみたくてこちらから入って見ました延々続きますしっとりしたお庭の境内です参道の屋根が

  • 遍照院の御朱印と、古くカッコイイ龍 地蔵菩薩様の缶バッチ(岡山県倉敷市)

    遍照院の本堂(右)と大師堂(左)御本尊は十一面観世音菩薩様いぐさ祈願と言う珍しい物がありました倉敷エリアは古くからイグサの栽培が盛んでなんと千五百年前にはすでに栽培されていたらしく岡山一帯の古墳から畳やイグサが出土されたそうですスゴーイイグサ祈願はしなか

  • 「遍照院」の綺麗な三重塔と御朱印(岡山県倉敷市)

    先日ネットでお買い物をしたら一緒にアマビエ様のイラストが入っていました嬉しくて部屋の壁に貼っていますどうかコロナウイルスを終息させてください~2月9日この頃は中国でコロナウイルスが蔓延し日本にも嫌な気配が伝わって来た頃なので出かけるのは近隣で日帰りで行け

  • 妊婦さんに優しい「不洗観音寺(あらわずかんのんじ)」(岡山県倉敷市)

    不洗観音寺↑あらわずかんのんじと読みます本堂に参拝御本尊は十一面観世音菩薩様で瀬戸内観音霊場第一番札所です境内にも立派な十一面観音様がおられその上にある紫雲殿に向かいますこちらで御朱印は頂けます紫雲殿は御祈祷所でそれは大変豪華な設備で驚きました安産を祈願

  • 不洗観音寺の御朱印(岡山県倉敷市)

    不洗観音寺の御朱印瀬戸内観音霊場第一番の御影2月9日瀬戸内観音霊場 第一番景光山 不洗観音寺を参拝参道の入り口のまぁるい門その向こうには梅が咲いていました素敵~作りこまれたお庭を見ながら歩いて行くと可愛いわらべじぞうさんが並んでいました広い池には滝その向

  • 象さんの朱印が可愛い「普賢寺」の御朱印(山口県光市)

    2月3日の節分の日に我眉山普賢寺に参拝海に向かって建つ歴史を感じる仁王門正面に御本堂途中に像さん石の橋を渡って行きます御本堂では星祭の法要が行われていました御本尊は漁師の手により沖合の海より出現された普賢菩薩様1006年建立御本尊は50年に一度御開帳があ

  • 弥生人の人骨が300体、土井が浜遺跡と人類学ミュージアム(山口県下関市)

    今年1月に山口県下関市の史跡 土井が浜遺跡と人類学ミュージアムを訪ねました1月なので枯れ草に囲まれる人類学ミュージアムです目立つのは古代の貝のモニュメント弥生時代の人々はこんな貝で装飾品を作りたくさん身に付けるのがステイタスだったよう人類学ミュージアムの

  • 薬壺の朱印が素敵!「周防国分寺」の御朱印  雨の中「周防国分寺」を参拝(山口県防府市)

    昨年12月22日に参拝した周防国分寺天平13年に聖武天皇の勅願により国ごとに建てられた大官寺のひとつです仁王門の前をくぐる前から楠の大きさに圧倒される気持ち良いほど直線上に見える国分寺の金堂仁王門の向こうには金堂がでんと構えるのみ国分寺の正式名称は金光明

  • 彦根城の御庭「玄宮楽々園」でお抹茶を頂く(滋賀県彦根市)

    彦根城に登城しひこにゃんと遊んだあとはお城の麓に下りて来て玄宮楽々園に行き御庭を散策水鏡に映る景色にうっとりお城のシルエットも素敵~♡御大名気分でお庭を歩き江戸時代そのままの景色を楽しんでいるとお茶を頂ける鳳翔台を見つけお抹茶を頂く事にラッキーなことに他

  • 彦根城と言えば「ひこにゃん~♡」(滋賀県彦根市)

    彦根城のもう一つのお楽しみ~それはひこにゃんに会えること私にとって初めての生ひこにゃん~この日ちょうど初お衣装だったそうスローな動きがかわいいにゃん横向きのひこにゃん後ろ向きのひこにゃんくるっと回ってポーズきゃぁ~んひこにゃん可愛いきゃぁきゃぁ言ってたら

  • 国宝彦根城は、御城印まで赤備え(滋賀県彦根市)

    御城印まで赤備え彦根城の御城印初めての彦根城への登城は一歩進むごとに気持ちが高まりました太鼓門に続く続櫓大手門からの坂道を登りきると廊下橋があり戦時には落とすそうです廊下橋が繋がるのは天秤櫓で内部の見学ができます外をのぞくと今登って来た坂道が見え敵の動き

  • 彦根城の馬屋と彦根城博物館(滋賀県彦根市)

    彦根城の見学は馬屋からスタート馬屋なので~かわいいお馬さんがいました藩主の馬など21頭を収容し馬屋番の役人は馬のためにいつも施設を清潔に保ち馬の健康にも細心の注意を払い育てていたそう ボランティアの優しいおじさんがそれは丁寧に説明して下さいました馬屋を出

  • 井伊の赤備え甲冑の御朱印が頂ける「滋賀県護国神社」(滋賀県彦根市)

    滋賀県護国神社ではカッコイイ井伊の赤備えの御朱印が頂けます彦根城前に鎮座する滋賀県護国神社お城に行く前にまずはこちらに参拝幕末から太平洋戦争までの戦争で亡くなられた滋賀県出身の英霊がまつられています城前にある神社なのでなんとなくここももうお城な雰囲気近江

  • 彦根の駅からお城に向かう途中に見つけた「大師寺」の御朱印(滋賀県彦根市)

    旅の最終日琵琶湖のほとりに建つかんぽの宿から彦根駅に移動し荷物をロッカーに預け徒歩で彦根城に向かいます駅前では城主の井伊直政公がお出迎え可愛いひこにゃんはあちこちに彦根の駅前から大通りじゃなく横道に入ったりしてぶらぶらとお城方向に向かうすると見つけました

  • 琵琶湖竹生島「都久夫須麻(つくぶすま)神社」の御朱印 

    琵琶湖に浮かぶ竹生島聖なる島には人が住むのも許されずあるのは宝厳寺と都久夫須麻神社だけ都久夫須麻神社の本殿は国宝豊臣秀頼の命により伏見城の殿舎を移築したものです御本殿を参拝したあとは竹生島竜遥拝所へ私の好きな琵琶湖の素敵な景色が一望できました水鳥が気持ち

  • 西国三十番「宝厳寺」の御朱印 琵琶湖クルーズ(滋賀県長浜市竹生島)

    安土駅から彦根駅にJRで移動して彦根港から竹生島へ琵琶湖クルーズ4便の最終便竹生島港に到着するとすぐに宝厳寺へ続く165段の階段が見えた竹生島出発までの時間に見れる所は全て見たいので急いで階段を上る日本三大弁財天が祀られる宝厳寺は西国三十番札所ですここも

  • 安土天守「信長の館」の興味深い展示物(滋賀県近江八幡市)

    信長の館には興味深い展示物がありました1582年(天正10年)5月信長さんが明智光秀に接待役を命じ武田勝頼討伐に功を奏した徳川家康や穴山場梅雪を安土城にもてなした時の食事メニューの展示です端から順番に大御馳走でした写りが悪いけれど安土城の全体像の模型です

  • 蘇った幻の名城「安土城天守」が再現された信長の館

    安土と言えば信長公観音正寺を参拝後是非行きたかった信長の館に直行信長の館には本能寺の変の約半年後に築城わずか3年で焼失した安土城天守の5階6階部分が再現されているんです入館した途端バーンと現れた金ピカ天守に驚く大きな天守が屋内に再現されています5階は黄金

  • 西国三十二番「観音正寺」からの絶景 酒樽のお堂や奥の院

    西国三十二番観音正寺の御朱印近江八幡市安土の豊かな風景が楽しめる観音正寺本堂は平成5年に焼失現在の本堂は平成16年に落慶参拝後境内を散策圧倒される石の山は聖徳庭仏様もいらっしゃいました境内を散策しながら眺めの良い境内の入り口に向かう途中にあるお堂にあった

  • 西国二十番善峯寺から西国三十二番観音正寺へ(滋賀県近江八幡市)

    京都西山の西国二十番 善峯寺から滋賀県近江八幡市にある西国三十二番 観音正寺にJRで移動途中忍者の電車に出会ってパチリこの頃はコロナウィルスなんて無くて平和だった早くあの頃のように気ままに旅をしたい到着したのは安土駅信長さんがお出迎え駅前にタクシーが居な

  • 京都西山「善峯寺」の広い境内を楽しむ(京都市西京区)

    西国二十番善峯寺の御朱印善峯寺の本堂から山門を眺めるどこを眺めても絵になる境内境内のみならず望める京都の町もなかなか絶景三万坪とも言われる広い境内には有名な遊龍の松があり後ろに見える山を借景に本当に龍のように見える松のあまりにもの立派さに驚きました紅葉と

  • 西国二十番「善峯寺」の御朱印(京都市西京区)

    昨年11月京都西山の紅葉を楽しみに行きました西国三十三所善峯寺第二十番札所です京都駅から向日町にJRで移動し駅から町の中や家々の間を抜けやっと到着した西山楽しみにしていた紅葉はまだ始まったばかりでした山門を抜けると本堂が見える登る石段には秋の花が竹筒から

  • 美しい風景画の中に存在しているよう 天ヶ瀬温泉「山荘 天水」(大分県日田市)

    天ヶ瀬温泉山荘「天水」のお庭を散策そこは林の中木々の中に埋もれに行くと緑の枝を揺らす風の音が気持ちいいほっこりとした気持ちで歩いていると足湯を見つけましたそのずっと上に天水の石の門林の中にはお土産屋さんもあり昨日の夕食時の食前酒を見つけたので買って帰りま

  • 天ヶ瀬温泉「山荘 天水」(大分県日田市)

    耶馬渓と日田を歩く旅この日お世話になったのは天ヶ瀬温泉にある山荘 天水木々の中を迷いながら到着しましたすごい構えの石の門をくぐるとまるで林の中今度は林の中のアプローチを下りお宿に到着フロントに行ってビックリ!!なんと建物の中に岩!岩ががっしりと建物に組み

  • 日田の鎮守の森「大原八幡宮」の御朱印(大分県日田市)

    大原八幡宮の御朱印日田の町歩き最後に行ったのは日田市で一番大きな八幡宮の大原八幡宮大きな鳥居の所で子供さんたちが何か探しているのでどうしたのか聞くと飼っている小鳥が逃げてしまったので探しているそう少し一緒に探しましたが残念ながら見つかずどうか小鳥ちゃんが

カテゴリー一覧
商用