searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

バージルさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
読む・考える・書く
ブログURL
https://vergil.hateblo.jp/
ブログ紹介文
マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。
更新頻度(1年)

87回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2016/01/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、バージルさんの読者になりませんか?

ハンドル名
バージルさん
ブログタイトル
読む・考える・書く
更新頻度
87回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
読む・考える・書く

バージルさんの新着記事

1件〜30件

  • 東南アジアの「親日」ももうすぐ終わり。ネトウヨは震えて待て。

    大学生の娘を持つウヨ親が、課題の練習問題を読んで震えている。 大学生の娘の勉強見てたら次の課題コレって…どうしよう…本当にどうしよう…ガチで怖いんですけど手に変な汗かいた pic.twitter.com/tRGL9L1s7b — Ayam (@Ayamatsugeya) May 29, 2020 以下が、ウヨ親が怖くてたまらないらしい課題の内容。 (1)以下の文章を100字以内で要約せよ。 インドネシアはオランダの植民地だったことで知られるが、日本も1942年から1945年までインドネシアを軍事占領した歴史がある。インドネシアでは歴史教育の時間に日本占領期のことがしっかり教えられている。隣組、…

  • 言葉の暴力は人を殺す

    女子プロレスラーの木村花さん(22)が23日に死亡していたことが報じられた。SNSでの誹謗中傷に追い詰められた末の自死だという。 www.nikkei.com 捜査関係者によると、室内には母親らに宛てて「ごめんね。産んでくれてありがとう」などと、謝罪や感謝の気持ちを記したメモが残されていた。(略) 3月末に配信された番組では、木村さんの試合用のコスチュームを間違って洗ってしまった別の出演者に憤ったシーンが流された。SNS(交流サイト)で「二度とテレビに出ないでください」「早く消えてくれよ」などの心ないメッセージが、相次いで木村さん宛てに送られる事態となった。 木村さんは23日未明、写真共有アプ…

  • 大真面目な「皇位の安定継承」議論が面白くだらない

    いま東京新聞で、「代替わり考 皇位の安定継承」と題して、「皇室の歴史や法制度に詳しい識者の意見」が紹介されている。男系男子の皇族のみが皇位を継承できるとする現在の皇室典範のままだと、「将来は安定的な皇位継承が危ぶまれ、天皇家と三つの宮家は後継者不在で絶家となる」[1]という危機感からだ。 画像出典:[1] 今日までの連載で、女性天皇容認論(小田部雄次 静岡福祉大名誉教授[1]、河西秀哉 名古屋大准教授[3])、旧宮家復活論([2]百地章 日大名誉教授)、男子優先だが無理なら女性天皇も認める折衷論(所功 京都産業大名誉教授[4])と、この問題に関するだいたいの論点が出揃っている。 なお、議論の対…

  • 新型コロナウイルスの武漢研究所起源説はホワイトハウスで作られた

    米トランプ政権は、新型コロナウイルスが武漢のウイルス研究所から発生したとして、中国を激しく非難してきた。 Bloomberg (2020/5/4): 新型コロナの起源は武漢の研究所と米国務長官-トランプ氏も批判 ポンペオ米国務長官は3日、ABCの報道番組で新型コロナウイルスの発生源について中国湖北省武漢市の研究所であることを示す「膨大な証拠」があると指摘した。だが、その主張の裏付けは示さなかった。 同長官はABCの「ジス・ウィーク」で、「武漢の研究所が起源であることを示す膨大な証拠がある」と説明。新型コロナが人工的につくられたとは言及せず、遺伝子組み換えや人工的なものではないとする米国家情報長…

  • 【検察庁法改悪】安倍がいまどうしてもやりたい理由、そして元検事総長らの反対意見書に見る強烈な皮肉と危機感

    検察庁法改正案の目的は黒川を検事総長にすることと検察を政権の支配下に置くこと 改正案の仕組みと問題点 検察OBによる反対意見書が指摘する危険性 「恥ずべき事件」を利用してのし上がってきた黒川弘務 法案と黒川の定年延長が関係ないという主張はミスリード 検察庁法改正案の目的は黒川を検事総長にすることと検察を政権の支配下に置くこと いま安倍政権が無理やり国会を通そうとしている「検察庁法改正案」だが、何がその目的なのかは普通に考えれば明白だろう。第一に、安倍晋三が自身の逮捕投獄を避けるために手下の黒川弘務を何としても検事総長にしたいということ、そして第二に、内閣が検察官の人事に介入できるようにすること…

  • 福島で置き去りにされた動物たちの悲劇

    いま東京新聞で、写真家豊田直巳氏が原発事故後の福島を取材した記録「ふくしまの10年・行ける所までとにかく行こう」が連載されている。3月13日、豊田氏らは無人となった双葉厚生病院を訪れているが、恐ろしいことに、ここでは毎時1,000 μSvまで計測できる線量計が振り切れてしまったという。仮に1,000 μSvちょうどだったとしても、わずか1時間で一般人の年間被曝上限1mSvに達し、数時間いれば原発労働者がガンを発症した場合に労災認定される被曝線量5mSvに達してしまう。ちなみに、日本の自然放射線量は平均で毎時0.1 μSv程度なので、実に日常の1万倍以上の線量だ。www.tokyo-np.co.…

  • ホロコースト博物館長の警告

    ホロコースト博物館が提供する警察官教育プログラム 日本の警察官教育はヘイトを植え付けるカルト教育 反省なき国はまた過ちを繰り返す ホロコースト博物館が提供する警察官教育プログラム 今年1月27日はソ連軍によるアウシュヴィッツ強制収容所の解放から75年目の節目ということで、この日に合わせてホロコースト関連の新しい記事がいくつか出ている。 その中で、クーリエ・ジャポン掲載の、ホロコースト記念博物館(米ワシントン)館長サラ・ブルームフィールド氏へのインタビュー記事が興味深い内容だったので引用する。 ホロコースト博物館館長が“ファシズムの前兆”に警鐘を鳴らす「ナチスは突然、空から降ってきたわけではない…

  • 「自粛警察」の心理は関東大震災時の自警団のそれに近い

    コロナ自粛によるイライラが募るなかで、「自粛ポリス」とか「自粛警察」と呼ばれる人たちの異常行動が頻発している。 www.sankeibiz.jp 「うるさい。こっちはコロナでイライラしているんだ」。休校中の4月、友人数人で公園内のグラウンドでサッカーをしていた東京都内の男子高校生(16)は、高齢の男性から注意を受けた。その数日後には、「サッカーをやっている人がいる」と通報があり警察官が駆けつけた。 その場には男子高校生ら以外に人はおらず、大声も出していなかった。「やめろと強制はできないが、注意をしてくださいといわれた」と警察官。「サッカーをしていただけで通報されるなんて、監視されているみたいで…

  • あの検査ルールは「ある意味」とても良くできている

    前回記事で見たように、「帰国者接触者相談センター」のマニュアルで使われている検査ルールはとんでもない代物だった。事実上、既に重症化していて入院しなければ命が危ないような状態でなければ検査してもらえないのだから、疑わしい症状に苦しむ患者やそうした患者を抱える現場の医師から見れば、犯罪的でさえある。 しかし、別の立場の人間から見れば、この検査ルールは実に良くできているのではないか。 ステップ2で引用されている「COVID-19擬似症届出基準」を見ると、濃厚接触歴や渡航歴がない者は「一般に認められている医学的知見に基づき、集中治療その他これに準ずるものが必要」でない限り検査は受けさせないとしている。…

  • 「帰国者接触者相談センター」のマニュアルがひどすぎて検査にたどり着けない

    厚労省、ようやく受診目安の見直しへ 相談から検査までのフローを示すマニュアルの内容 ステップ1:発熱4日ルール ステップ2:厚生労働省令で定める「擬似症」基準 ステップ3:健康安全課での再チェック これでは関門が多すぎて検査までたどり着けない 厚労省、ようやく受診目安の見直しへ いまごろになって、ようやく厚労省は新型コロナウイルス感染症の受診目安を見直すのだという。(東京新聞5/5朝刊) www.tokyo-np.co.jp 新型コロナウイルス感染症の相談・受診の目安を巡り、厚生労働省が「三七・五度以上の発熱が四日以上続いた場合」などとしてきた項目を見直す方針を固めたことが、関係者への取材で分…

  • 「自民に懲りて維新になびく」― 何度でも詐欺に引っかかる人たち

    コロナ危機対応のあまりのグダグダさによって、さすがに間抜けな日本人にも安倍の無能さが隠しきれなくなってきている。なにしろ他国より2ヶ月近くも時間的余裕があったのに、オリンピック開催に執着して全部無駄にしたあげく、たった2枚の布マスクの配布さえまともにできないのだから当然の話だ。 マスク2枚配布というそもそも糞のようなプランを、実行するのに死ぬほど苦労して、虫は出てくるわ、謎の第4の企業は出てくるわ、とうとう安倍の汚職の可能性まで出てきて、目も当てられない始末。 — 哲夫:反ファシズム (@bbtetsuo) April 25, 2020 安倍政権版シン・ゴジラ、ゴジラが東京を蹂躙している最中に…

  • もし憲法に緊急事態条項があったら政府のコロナ対策はどうなっていたか

    現行憲法のままでも私権制限を含むコロナ対策は可能 前回記事で説明したとおり、安倍が改憲で導入をもくろむ緊急事態条項は問題があるとか危険とかいうレベルを軽々と越えて、もはや邪悪としか言いようのない代物だ。 右派は、現行憲法では私権制限ができないから有効なコロナ対策が打てない、だから緊急事態条項が必要なのだと言うわけだが、そんなことはない。 〔自由及び権利の保持義務と公共福祉性〕第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。 〔個人の尊重と公共…

  • 安倍自民党が導入をもくろむ緊急事態条項は狂気の独裁条項そのもの

    憲法記念日の3日、安倍晋三は新型コロナウイルス問題を口実に緊急事態条項導入への「意欲」を示した。 www3.nhk.or.jp 憲法記念日の3日、安倍総理大臣は憲法改正への意欲を改めて示したうえで、新型コロナウイルス対策で緊急事態宣言を出していることを踏まえ、緊急事態への対応を憲法にどう位置づけるか、国会で議論すべきだという考えを示しました。 (略) また安倍総理大臣は新型コロナウイルス対策で、緊急事態宣言を出して対応していることを踏まえ、「緊急事態における国家や国民の役割を憲法にどう位置づけるかは極めて重く、大切な課題だと改めて認識した」と述べました。 そのうえで、「自民党がたたき台として、…

  • 感染症予防法の規定により検査陽性者は全員入院というのは本当か?

    検査を増やすと陽性者は全員入院させなければならないから医療崩壊する、という主張 新型コロナウイルス感染症を指定感染症に定めた政令 この政令で感染症予防法を読み替えるとどうなるか やはり「指定感染症」を理由に検査の抑止を正当化する主張は詭弁 検査を増やすと陽性者は全員入院させなければならないから医療崩壊する、という主張 PCR検査の抑止を正当化する理屈の一つに、新型コロナウイルス感染症は感染症予防法の「指定感染症」になっているため、検査を進めて陽性者が続出すると軽症や無症状の者も入院させねばならなくなり、病床が足りなくなって医療崩壊する、というのがある。 指定感染症の状態で現時点では陽性者は自宅…

  • このままでは検査を受けられないまま自宅で死んでも「勝手にやったこと」にされてしまう

    自粛の果ての倒産・失業は「勝手にやったこと」? 検査を受けられないまま死んでいく人々 検査抑止を決めた責任者たちが逃げていく このままでは仕事どころか命を失っても「勝手にやったこと」にされる 自粛の果ての倒産・失業は「勝手にやったこと」? 「読む国会」の平河エリ氏が、『このままでは、コロナ自粛は「国民が勝手にやったこと」にされてしまう』と警鐘を鳴らしている。 gendai.ismedia.jp 「お前たちの志願である」 太平洋戦争時、神風特別攻撃隊の志願者を募るとき、玉井浅一中佐はこう言った。 「お前たちは誰より可愛い。だから一番可愛いお前たちを日本の歴史に其の名を載せて、悠久の神として祭って…

  • 岡村隆史の風俗発言は論外、許してはならない

    お笑い芸人の岡村隆史(吉本興業所属)が4月23日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、コロナ禍で「かわいい子」が風俗嬢になることを期待するという趣旨の発言を行った。 smart-flash.jp リスナーからの「コロナの影響で、今後しばらくは風俗に行けない?」とのメールに、岡村は「今は辛抱。『神様は人間が乗り越えられない試練は作らない』って言うてはりますから。ここは絶対、乗り切れるはずなんです」とコメント。 (略) さらに「コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんです」と希望を持っていうという。それは「収束したら、なか…

  • 検査が遅れると感染していても結果が陰性になりやすい?

    産経新聞(4/25)に、米ニューヨークで新型コロナウイルス患者の治療にあたり、自身も感染した内科医、宮下智さん(30)へのインタビューが載っている。 www.sankei.com 貴重な体験談だが、読んでいて特に驚かされたのが次の一節だ。 --症状はどのような形でいつ出ましたか 2週間にもわたる過酷な夜勤を終えた翌日の4月7日です。夜勤終了を祝して、大好きなインドカレー屋のマトンカレーを食べていました。そのとき、大好きなはずのカレーの味がしないことに気が付きました。(略) しかし、毎日、重症の新型コロナの患者の診察にあたり、呼吸しづらいマスクと、密閉するガウンを着ての勤務だったので、仕事の疲れ…

  • 「婦人補導院」 こんな施設がいまだに存在していたとは

    東京新聞に載っていたこの記事(4/20)で知ったのだが、いまだにこんな施設が存在していたとは驚いた。 www.tokyo-np.co.jp 執行猶予付き有罪判決を受けたにもかかわらず、売春防止法に基づいて二十歳以上の女性が身体の自由を拘束される施設がある。現在、全国でただ一カ所残る東京婦人補導院(東京都昭島市)だ。同法違反(勧誘等)の罪で裁判所から補導処分付きの判決を受けた女性たちが入る。だが、最近十年間の収容者は計四人にとどまり、「時代にそぐわない」と法改正や廃止を求める声が上がる。 (木原育子) ◆3畳に鉄格子「刑務所のようだ」 婦人補導院設置の根拠となる売春防止法は、戦後の混乱期、売春に…

  • 猫ロジックより不可解なネトウヨロジック

    ■ 「猫ロジック」とは? 猫を飼っていると、「どうしてそうなるのだ?」と困惑せざるを得ない、不可思議な行動に遭遇することがある。 下のカラパイアさんの記事にたくさん例が載っているのだが、 karapaia.com たとえば、わざわざ食べにくそうな格好でゴハンを食べていたり、 大きなドアが全開なのに狭い猫用ドアを通るのにこだわったり、 せっかくふかふかのクッションを買ってあげたのに、その箱のほうがお気に入りだったりw こういうのを、人間には理解し難い猫独自の論理による行動だとして、「猫ロジック」と呼ぶらしい。 ■ 一方、「ネトウヨロジック」は・・・ 一方、人間の世界にも理解し難い不可思議な論理と…

  • 危機につけ込む火事場泥棒たち【小物編】

    火事場大泥棒の周囲には、当然のように小泥棒が群がる。 ■ マイナンバーカード取得させたいマン 平将明 内閣府副大臣。 mainichi.jp 平将明副内閣相は5日の参院予算委員会で、ITを活用して災害時や緊急時にマスクなどの物品を国民に普及させることについて「マイナンバーカードをしっかり普及させれば技術的に難しくない」との認識を示した。自民党の小野田紀美氏への答弁。 事実上取得を強要されている公務員を含めても普及率が14%しかないマイナンバーカードでどうやって買い占めを防止するのか。だいたい、そんなものを使わなくても、例えば健康保険証(これならほぼ誰でも持っている)を使うなど、効果的な販売管理…

  • 危機につけ込む火事場泥棒たち

    人々の関心がコロナウイルス問題に占拠されつつあるのをいいことに、腹黒い連中が悪質な火事場泥棒に勤しんでいる。 ■ 検察人事への介入を合法化 1月31日、安倍内閣は手下の黒川弘務東京高検検事長を検事総長にするべく、その定年を延長する違法無効な閣議決定を行った。そして今度は、それを後付けで合法化するために国家公務員法と検察庁法を「改正」しようとしている。 この黒川は、森友問題の捜査を潰した張本人である。 2年前のリテラの記事。森友問題の捜査を潰した黒幕の実名が書かれている。現在定年延長で揉めているあの男だ。こんな人物が検事総長になったら日本は終わる。「佐川前理財局長ら財務省全員不起訴は最初から決ま…

  • 小林よしのりは今回も安定の愚論を展開

    ■ ネトウヨの次は感染者を増やしたいのか? 新型コロナウイルス問題でも、小林よしのりが安定のトンデモ論を展開している。 小林よしのり「どうせ感染者は増え続ける。自粛を止めて、経済を回せばいい! 集団免疫で必ず感染も止まる!」 ‥ネトウヨの次は感染者を増やす気か?よほど日本を潰したいようだ。 https://t.co/Kj0zhzKIF5 — M16A HAYABUSA (@M16A_hayabusa) April 12, 2020 あまり話題になっていないのが不思議な小林よしのり先生のコロナ論(『SPA!』連載『ゴーマニズム宣言』より) pic.twitter.com/X2PkVhu7bQ —…

  • 感染した人を責めてはいけない

    4月7日、町内で初めて感染者が確認されたことを受けて投稿された、沖縄県西原町公式アカウントのツイートが素晴らしい。 www.okinawatimes.co.jp 文案を考えたのは町健康支援課。以前から感染者の住む地域や年齢に関する問い合わせが度々あり、町民の不安を感じたと説明。「感染者を特定しても感染症の対策は変わらないと伝えたかった」と説明する。 個人の特定は感染者の批判にもつながりかねないと懸念。「普通に暮らしているうちに感染し、誰でもなり得る。大切なのは手洗いやマスクなどの対策だ」と冷静な対応を促した。(浦添西原担当・宮里美紀) しかしながら、新型コロナウイルス検査で陽性と判定された方も…

  • 【コロナ】クラスター仮説に依存した対策はどう見ても既に破綻している

    新型コロナウイルス(COVID-19)問題で、テレビは今日も「クラスター」「クラスター」と連呼しているが、どうして日本では諸外国と違ってクラスターの追跡ばかりに注力しているのか。その理由が、昨日の東京新聞記事からなんとなく分かってきた。 謎解きコロナウイルス ①なぜクラスター対策「連鎖を断つ」に注力 「東京の患者数の増加は、感染爆発が起こった欧州に近い。非常に憂慮している」今月一日、政府の新型コロナウイルス対策専門家会議の記者会見。三月下旬からの感染急増に、患者数の予測を担う北海道大の西浦博教授が危機感をあらわにした。 ■ 潜む感染 新型ウイルスは感染者の八割が軽症や無症状のため、全感染者を見…

  • 【コロナ】東京都の感染者数の推移が異常、陽性率も異様に高い。

    ここ数日、東京都の新型コロナウイルス感染者数が異常に増えている。 www3.nhk.or.jp 2020年3月29日 16時04分 東京都の関係者によりますと、29日新たに都内で1日に確認された数としてはこれまでで最も多い68人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。 (略) このうち20人以上は、これまでに入院患者や看護師などが相次いで感染し院内感染が疑われている東京 台東区の永寿総合病院の関係者だということです。 これで都内で感染が確認されたのは合わせて430人になります。 都の新型コロナウイルス感染症対策サイトに掲載されているグラフを見ると、なぜか東京オリンピ…

  • 【コロナ】とにかく徹底的に仲間内の利権になることしかやらない。それが自民党であり、それが安倍政権。

    ■ 諸外国は次々に生活破綻防止策を発表 新型コロナウイルス問題で失業したり収入が激減する人々を救済するため、諸外国はそれぞれ現金給付など、さまざまな支援策を打ち出している。 アメリカは4人家族で3,000ドル(約33万円)の現金をとりあえず4月と5月の2回給付。 www.jiji.com フランスは営業停止を強いられる観光業の従事者に政府が時給の7割を補償、イギリスも同様に、月額32万円を上限として休業社員の給与を補償。 mainichi.jp こうした対策はいずれも、外出制限等による経済活動の停滞で人々の生活が破綻するのを防ぐためのものだ。 ■ 一方日本は「商品券」? では日本政府はどんな対…

  • 天性の嘘つき安倍晋三

    それにしてもこれには呆れた。安倍晋三がよりによって、国会で「悪夢の民主党政権」と発言したことはない、などと言い出したのだ。 mainichi.jp 立憲民主などの会派の芳賀道也氏(無所属)が「都合が悪くなると、首相は『悪夢の民主党』と言って一切答えない。子供の教育に悪い」と皮肉ったことに反論した。首相は「自民党大会などで『悪夢のような民主党政権』と、経済政策において申し上げている」と認める一方、「国会答弁で答えたことはない。正確な質疑をしたほうがいい」と語った。 実際は、首相は2019年2月の衆院予算委員会などで「民主党政権は悪夢だった。間違いなく」と述べている。首相の答弁を受けた芳賀氏は「全…

  • 『Fukushima 50』、見た人の情報によると相当にひどいらしい

    この映画は未見だが、実際に見に行った人たちの感想を読むと、相当にひどいらしい。 最大の問題は、この映画が事故対応の経緯に関する事実を大きく歪めていることだ。 gendai.ismedia.jp 地震は3月11日午後に起き、その日の夕方から、福島第一原発は危険な状態になっていた。12日未明、総理は自衛隊のヘリで現地へ向かい、視察した。 この現地視察は当時から、批判された。「最高責任者が最前線に行くなどおかしい」というのが批判の理由だ。 映画は、この立場から批判的に描く。 さらに、「総理が現地へ行くことになったのでベントが遅れ、被害が拡大した」したというストーリーに仕立てている。いまもこのストーリ…

  • 【コロナ】厚労省感染研が北海道で検査妨害していたことを自白していた件

    ■ 感染研による検査妨害疑惑 韓国などと比べて新型コロナウイルス検査が遅々として進まず、そのため国内での感染の広がりがまったく把握できないという異常な状況に苛立ちが募っているところに、厚労省が検査を意図的に妨害しているのではないかという疑惑が浮上してきた。 www.nikkan-gendai.com 27日の衆院予算委員会で、立憲民主党の川内博史議員の質問で驚きの事実が発覚。25日に厚労省の研究機関「国立感染症研究所」から北海道庁に派遣された3人の専門家が「検査をさせないようにしている疑念がある」と指摘したのだ。 道の対策本部に派遣された3人は、政府が策定した基本方針に記載のある〈入院を要する…

  • 「普通の日本人」はとにかく正義が嫌いらしい

    ■ 痴漢容疑者を取り押さえようとして重傷を負わされた被害者を嘲笑する人々 2月17日、都営地下鉄駅で、痴漢容疑者を取り押さえようとした男性が階段下に転落させられ、一時意識不明の重体になるという事件が起こった。 www.sankei.com 駅構内の階段で男性を転落させ、意識不明の重体にしたとして、警視庁神田署は17日、傷害容疑で、元警視庁警護課SP(セキュリティーポリス)の会社員、品田真男容疑者(52)=千葉市若葉区原町=を現行犯逮捕した。品田容疑者は当時、電車内で10代少女への痴漢行為を疑われ駅構内を逃走していたという。(略) 逮捕容疑は17日午前7時ごろ、東京都千代田区神田神保町の都営新宿…

カテゴリー一覧
商用