住所
出身
ハンドル名
川ちゃん農園だより 自然のままにさん
ブログタイトル
川ちゃん農園だより 自然のままに
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/iwadonosansou2
ブログ紹介文
農家の遊休土地をお借りしてはじめたものです。カメラも趣味ですので四季の移り変わりを記録して行きたいと
自由文
-
更新頻度(1年)

126回 / 189日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2014/09/29

川ちゃん農園だより 自然のままにさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/25 05/24 05/23 05/22 05/21 05/20 全参加数
総合ランキング(IN) 39,549位 40,639位 36,599位 33,580位 30,633位 33,675位 36,643位 961,200サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 0 30 20 10 60 20 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,686位 1,741位 1,629位 1,551位 1,420位 1,568位 1,630位 33,563サイト
季節・四季写真 36位 37位 37位 38位 36位 38位 37位 276サイト
植物・花写真 112位 114位 113位 107位 102位 108位 111位 1,553サイト
花・園芸ブログ 1,124位 1,138位 1,001位 880位 811位 883位 988位 19,478サイト
野菜のみ(家庭菜園) 83位 82位 75位 64位 58位 62位 69位 719サイト
今日 05/25 05/24 05/23 05/22 05/21 05/20 全参加数
総合ランキング(OUT) 34,477位 36,320位 36,320位 39,069位 36,337位 44,160位 40,664位 961,200サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 0 30 20 10 60 20 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,433位 1,481位 1,483位 1,588位 1,502位 1,764位 1,658位 33,563サイト
季節・四季写真 33位 32位 32位 33位 33位 39位 42位 276サイト
植物・花写真 85位 88位 90位 92位 91位 106位 102位 1,553サイト
花・園芸ブログ 843位 869位 877位 951位 879位 1,121位 1,014位 19,478サイト
野菜のみ(家庭菜園) 90位 95位 95位 96位 90位 105位 100位 719サイト
今日 05/25 05/24 05/23 05/22 05/21 05/20 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 961,200サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 0 30 20 10 60 20 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,563サイト
季節・四季写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 276サイト
植物・花写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,553サイト
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,478サイト
野菜のみ(家庭菜園) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 719サイト

川ちゃん農園だより 自然のままにさんのブログ記事

  • MK大学歯学部病院・治療

    80翁、8027<80歳にして27本健在>で至って歯は丈夫であると自認しているのですが、ここと所虫歯菌が奥下の歯第6歯に侵され治療している。神経を抜く根管治療しているのですが、<歯髄(神経と血管)>この歯髄を除去した後に、根管内の清掃や洗浄、消毒などを行い、根管内の痛みや炎症を抑えるのです。掛かりつけの歯医者でしばらく治療をしたのですが膿が出て痛みが治まりません。MK大学歯学部病院へ紹介され治療を受けること1カ月半、<5回通院>の結果はようやく化膿は止まり、また掛かりつけの歯医者さんに戻されました。驚いたことに大学歯学部病院の治療費の安いこと、1時間治療して5日間にうち一番安いは1,200円最後の歯のレントゲンを撮って神経を完全に抑えて<4つの神経根>治療が終わりそれでも5,300円、患者負担は1割なので助かり...MK大学歯学部病院・治療

  • 小満<二十四節気>・恵みの雨

    「とまと畑」<6:52>二十四節気の一つである小満<きのう21日>は、陽気がよくなり草木が成長して茂るころです。そんな時恵みの雨が<大雨の注意報が出ましたが・・、>降ってくれました。3月はじめ以来の雨の恵みなので2カ月ぶりです。それでは小満の農園の野菜の模様を記録します。①直売小屋、イチゴが陳列しています、<6:52>②トンネルの中なす・ピーマン・キャベツ・ブロッコリー、<6:52>③ニュウメロン・キュウリ<5/8寒さでやられる、>・赤カブ、<6:53>④いちご畑、<路地いちご発売中、><6:54>⑤苗床、レタス・落花生・棉の木、朝顔・ひまわり、<6:54>⑥中畑、里芋・じゃがいも・そら豆、<6:55>⑦北畑、西瓜・南瓜、落花生<種まく><6:56>⑧本畑、ネギ苗・コカブ・トウモロコシ、<6:57>⑨じゃがいも...小満<二十四節気>・恵みの雨

  • 鴻巣ポピー公園<望遠レンズ使用>

    ”華やかなポピー公園の裏にひっそりと咲く”<9:04>この日は2台のカメラを使用、きょうは望遠系<70-300mm>のレンズで撮った様子をお伝えします。何か特長が出ている気がします。①広いポピー公園、後ボケの様模様、<8:04>②小さいドローン、空の彼方にに追う、<8:18>③レンズ焦点距離300mmでとる、<8:32>④麦なでしこ、手前に・中央に・後方に焦点を合わせる、<8:48>⑤奥に焦点を合わせる、<8:48>⑥遠くにある、親子・ご夫婦、<8:57>⁂私は常に2台のカメラを持ち歩いている、カメラ・レンズにより違いがでる。どちらをとるか、わたしは、きょうの望遠系レンズの方がよかったかな・・と思う。<いわどの山荘主人>鴻巣ポピー公園<望遠レンズ使用>

  • 鴻巣ポピー公園・日本一広いポピー畑

    日本一広いポピー畑<12.5ha>に約3000万本の赤やオレンジ色が見渡す限りに咲き誇っています。あす<18日>から始まる「鴻巣ポピーまつり」を前にスケールの大きいポピー畑をのぞいて来ました。隣接する”麦なでしこ畑”も見事に咲いていました。①日本一広いポピー公園、<8:02>②白雲たなびくポピー公園、<8:15>③ドローンで撮影の人たち、<8:18>④振り向けば今通ってきた橋の下です、<8:32>⑤青空と雲とポピーと、<8:33>⑥麦なでしこ畑、むらさき色が美しい!<8:39>⑦古刹をのぞむ、<8:47>⑧展望台より、<8:59>⑨ポピー公園の裏に回る、ひっそり咲くポピーたち、<9:02>⁂裏に回ると表の華やかさに比べてひっそりした情緒のある風景を見つけた・・、<いわどの山荘主人>鴻巣ポピー公園・日本一広いポピー畑

  • 日本一長いバラのトンネル<花だより>

    川島町にある”日本一長いバラのトンネル”ばらの小径は総延長330.5mです。南門から入る、バラのアーチが青空に映える・・、①<12:19>②バラの小径を散策する、<12:17>③ばらの色取り、<12:14>⁂バラのシーズンになると毎年通っているがいつもは朝のうちの陽の柔らかいところを撮っている。きょうはお昼前後の憩いの風景も撮れた。<既報>バラの方は今を盛りとして美しかった。<いわどの山荘主人>日本一長いバラのトンネル<花だより>

  • 平成の森公園・皐月の鯉と遠足の子供たちとバラ園

    きょうの天気予報はく曇りのち晴れとの予報・・、となり町川島町にある、ふるさと創生1億資金で造営された公園、日本一長いばらのトンネルを晴れ間を覗きに出かけた。お昼前後は晴れわたり入道雲とともに公園広場には大きな鯉のぼり泳いでいて緑の雰囲気がいっぱいであります。鯉のぼりの下では赤い帽子白い帽子緑の帽子をかぶった遠足の小学生たち鬼ごっこしたりして走り回ってます。大人の見物客も大勢で平日にもかかわらずバラ園の季節でにぎわっています。思わぬ撮影日和になりました。<日本一長いばらのトンネルの様子は明日お伝えします。><いわどの山荘主人>①鯉のぼりの下で遊ぶ子供たち、<11:49>②広場の中央で泳ぐ鯉のぼり、<12:26>③位置を替えて撮る、<12:29>平成の森公園・皐月の鯉と遠足の子供たちとバラ園

  • 愛猫マーちゃんの死

    家での飼い猫マー君、喉のガンで呼吸が苦しくなって25日間、食事も出来なく水ばかりで生を得てきた。不治の病との・・、カミさん・係り付けの獣医さんとの判断できょう安楽死をさせる。正式名称ひらがなで「まさる」とカミさんが名付けた。マミーマートでのお使いの帰り銀行に立ち寄る、生後3か月ぐらい、、銀行のドアーが開くたびに入ってくる、銀行の職員が追っ払って外に出します。<手のひら乗るほどの可愛い子猫です、>それを見てうちのカミさん不憫に思って家に連れて帰ったのことです。<16年前の3月のことでした、>それ以来16年の生を受けて”きょう5月13日”、係りつけの獣医さんの手で安楽死の道を選びました。病院より家に帰りお線香を手向けて、その後火葬場で荼毘にして夕方、お骨となり家にかえりやっと安堵の表情です。愛嬌のある可愛い猫でした...愛猫マーちゃんの死

  • 裏山田んぼ・苗代<季節のたより>

    あさ<6:26>裏山田んぼの苗代に来ています。苗代の準備も進んで被った寒冷紗の中のトレイには芽が出ています。今は農機具の進歩により、苗代作りも変わりました。田植え用トレイに蒔きつけます・・、わたしの子供の頃は苗代用に作った田に種籾をまき、一定に成長した早苗を家族総出で田植えをしたものです。現在は田植え用機械に早苗を積んで植え付けて行きます。あれからどちらの時間が経過したのでしょうか‥、遠い思い出になっております。里山の裏の田んぼの苗代模様をお伝えします。<いわどの山荘主人>①現在の苗代風景、<6:26>②田に張った水面にきょうの空が映ってまあす、<6:27>③田んぼ全景、<6:33>④帰り道、紫紺の”あやめ”が咲いていました。<6:50>裏山田んぼ・苗代<季節のたより>

  • 雨蛙・蹲掛樋に生きる!

    けさ、蹲掛樋にカミさん水を通す!掛樋に2尾の雨蛙が生きる。慌て飛び出してくる!止めるとまた掛樋にもどる。カミさんの知らせに望遠系レンズでカメラに収める。①水を勢いよくだす、<9:40>②弱める、<9:41>③流れ落ちるかと思いきや、掛樋に上る、<9:41>④止めるとまた樋の中に入る、ここが彼らめおとのすみかなのだろうか・・、<9:42>⁂カミさんがカエルの習性を教えてくれた。カメラを持って撮影の臨む、最初の経験では蹲に落ちたと言っていあたが今回は落ちずに樋の上に昇っている。激流に動物は対処出来るのである。<いわどの山荘主人>雨蛙・蹲掛樋に生きる!

  • 初夏の大銀杏

    秋の黄葉でにぎわう坂東10番札所岩殿観音正法寺の大銀杏・・、周りが新緑でいっぱい・・、さらに緑を濃くした樹齢800年の名木・大銀杏・・、下から眺める。壮大なる威厳があります。お参りをしながら撮影する。<夏の陽は朝から強く反射してしまい、シャープさが出ない、><岩殿観音>①巨大なる大銀杏、<6:34>②本堂、<6:39>初夏の大銀杏

  • 初夏の緑の大銀杏

    秋の黄葉でにぎわう岩殿観音10番札所正法寺の大銀杏・・、周りは深緑でいっぱい・・、初夏の緑の大銀杏

  • 記録の寒暖差・低1.7℃→高21.9℃=20.2℃

    私の住む町は鳩山町と隣り合わせである、今朝から日中かけての気温差が気象協会からウエブでは、低7℃→高21.9℃=20.2℃とのことである。この寒暖差は年に何度もないとの気象協会では話しておられました。この朝の寒さで5/2八十八夜の別れ霜ではないですが、これより一週間遅い寒さに遭い、定植したきゅうり・トウモロコシ、それに収穫を控えたじゃがいもまでこの寒さに負けてしまいました。丹精込めて育てたのに残念です。100%回復は無理でしょう。2月に種を植え付けたじゃがいもなどは葉が霜焼けになったは2度3度です。どの位大きくなっているかなと先だって掘って見たのですがまだ小粒でした。なにせ自然を相手に農作業している訳ですから成り行きに任せるしかないのでしょう!けさは天気がイイので反対のとなり町川島町にある「日本一長いバラのトン...記録の寒暖差・低1.7℃→高21.9℃=20.2℃

  • 平成の森公園・川島町

    立夏が経ちて2日目である、朝から晴れる・・この時期の最低気温5℃・・となり町川島町にある「日本一長いバラのトンネル」のバラの咲き具合を見に行って来た。公園は整備されていて緑鮮やかな朝日に輝いている。奥にあるバラの小径はまだチョット早めかチラホラ咲きである。①みどりの公園、<6:36>②バラの小径の案内板、<6:38>③出会いの広場、水の広場、<6:41>④バラの小径・中の橋、<7:00>⑤南門入り口、<7:08>⁂まだチラホラの咲きはじめである、あと一週間ことしは花の盛り新鮮な”日本一長いバラのトンネル”を撮影したいものです。<いわどの山荘主人>平成の森公園・川島町

  • 立夏・深緑<季節のたより>

    きょう二十四節気の一つ立夏です。桜が咲いた・散った。木々の新芽がでた、萌え木だとあっという間に深緑となり、夏立ちです。農園でも木っ葉堆肥温床の苗も大半の苗たち、トマト・キュウリ・なす・カボチャ・西瓜まで畑に定植をした。路地いちごもこの頃から熟しはじめます。直売小屋一番の人気もの、それは”いちご”なのです。ありがたいことに口コミでお客様いっぱいです。ありがたいことです。<いわどの山荘主人>①今朝の深緑、遊休田んぼ周りの雑木のみどり、<6:04>②カエデもみじも緑の濃さを増しております。<15:41>③コナラも増しております。<15:44>④夏バラに入ります、庭に深緑の真紅のばらが好きです。立夏・深緑<季節のたより>

  • いちごの初出荷<野菜だより>

    !いちご畑!<6:57>去年より1週間遅れの直売小屋への初出荷である。茎葉も旺盛で多くの収穫が見込まれる。昨年10月子苗を移植約半年の丹精である。寒さ避けに寒冷紗を掛けてやり、枯れ葉をとり追肥をしながら今日にきました。①4列のイチゴ畑、<6:51>②熟したいちごの実、<7:00>③直売小屋前の案内、木っ葉堆肥温床ポスター、<8:55>⁂ことしは近年になく出来栄えがイイ、しかしいちご密集し過ぎているのでは心配である。近所の人に人気があるイチゴだけにイイ実を着けて長持ちをしてほしい!<いわどの山荘主人>いちごの初出荷<野菜だより>

  • 箭弓稲荷神社の古木フジ

    箭弓稲荷神社の牡丹園は”ぼたん”の時期は終わり、名木・古木の藤の花が勢いを増しております。毎年訪れていますがこの日一番でした。<いわどの山荘主人>①この神社の名木”フジ”枝垂れ滝<7:34>②中に入る、<7:35>③市の名木に指定されてる。<7:36>箭弓稲荷神社の古木フジ

  • 友の死・ガキ大将の死

    きょう田舎で共に学び遊んだ同級生の告別式に立ち会った。告別式でのご尊顔を拝した。穏やかな死顔である、実は去年の傘寿の同窓会にお会いして、その時の記念写真をお届けに地元に住んでいる二人の同級生とともに写真を配って回った。一番先に訪れた友である。奥さん共々歓待していただいた。あれから1年の月日が経過したが、突然の訃報に驚いた次第です。第一知らせを受けた同級生、<同級生同士で結婚をして夫婦が駅近くに住んでいて、田舎での同級生での会合・溜まり場所になっている、>の話によると1週間前に電話を地元の選挙での支援をお願いしたところ、電話口に出てくれたと・・だるいの症状で病院にい行って来たという、元来丈夫なので医者には用がない・・がしかし診察の結果はガンの末期だと告げられたという・・、それから1週間での命である。満80歳・享年...友の死・ガキ大将の死

  • 山芍薬(やましゃくやく)一輪

    ことしも庭の隅に山芍薬が咲いてくれた。ことしも一輪である、カミさんが丹精を込めて育ててくれる。茎の先に気品のある花を一つつける。我が家の山芍薬は白である。多年草であるのでこの季節になると待っています。花の命は短くて咲いているのを確認して記録をしたのですが、翌日には雨風があり消えてしまいました。<いわどの山荘主人>〇庭に咲く山芍薬、<8:17>山芍薬(やましゃくやく)一輪

  • 新天皇即位の儀式・朔日参り

    最近スマホを手にした。<息子のプレゼント>写真部門でも簡単で鮮明に映る・・、購入したばかりのミラーレスの最高級品にも見劣りしない。いつもの箭弓様への朔日参りに詣でる。①<7:27>②牡丹園のぼたんとお神酒が供えてある、<7:31>カフェレストランで朝食をとる、帰ってきょうは新天皇の即位の日である。TVをみる、各局との特集番組を組んでいる。令和の時代の幕開けだと伝えている。新天皇は59歳である、史上3番目に遅い天皇即位とも伝えている。新皇后になる雅子皇后は、皇居への車中で手を振る笑顔をみて”うつ”から脱したように・・、新皇后の覚悟のほどが垣間見えてきた。宿命である。聡明な方だけにきっと立派にやってくれると思います。<TVよりスマホ撮影、朝見の儀11:17>⁂皇室に受け継がれる三種の神器、剣と勾玉それに鏡です、伝統...新天皇即位の儀式・朔日参り

  • 日曜日の東松山牡丹園<花だより>

    東松山牡丹園には27日の雨の早朝撮影について、きょうは”ぼたん育て方教室”連日お邪魔させていただいた。今日は晴れて光の反射が出て十分ではないが前ボケの牡丹をコアにお届けします。10時からぼたん育て方教室には苗木の無料配布があるとのことで出かけた訳ですが、先着30名様とのこと間に合いませんでした。①自薦の前ボケぼたん、<10:06>②休憩場の屋根と・・、<9:32>③牡丹園風景、<9:47>*朝の写真より昼の写真の方がどうしてシャープにでない、光に反射されてしまうからです。きょうはつつじの前ボケで牡丹をバックの影で撮ってみたがいかがでしょうか・・。<いわどの山荘主人>日曜日の東松山牡丹園<花だより>

  • 可愛いいアオガエル

    今朝の出来事である。カミさんが蹲(つくばい)の水の入れ替えをしている時にアオガエルの小さな動物が蹲に飛び込んできた、カミさんの知らせにカメラを持って駆けつける。取り替えたばかりの水面はキレイ!澄んでいる。小さな物体がどこにいるのやら!カミさんの手で水面に誘導してやるのも怖がって応じてくれない・・・、最後には逃げ出して行ってしまった。<いわどの山荘主人>〇蹲(つくばい)とアオガエル、<8:12>可愛いいアオガエル

  • 地元物見山つつじ祭り

    4月27日午前10時より物見山つつじ祭りが開催さる、前夜の雨も上がり新緑と山つつじが満開の日である。事前にプログラムが知らされているので、私は大東文化大学全学応援団チアリーダー部の演技と地元保存会の民族芸能である麦打ち唄<戦後30年ごろまで>の実演を見学したのでした。①物見山登山道には今を盛りと山つつじが咲いている。地元ケーブルTVのお姉さん<11:08>②会場に向かう係の人、<11:08>③チアガールの登場・演技、<11:21>④観客とのジャンケン遊び、<11:27>⑤見物する市長さんと地元の代表の人たち、<11:33>⑥チアガールのフィナーレ、<11:35>⑦市のマスコット、まっくんとあゆみちゃん<11:42>⑧地元保存会による麦打ち唄の演技、<12:32>⁂麦打ち唄、戦前までの麦打ちの風景が浮かぶ・・、辛...地元物見山つつじ祭り

  • 雨のぼたん園<花だより>

    かねて市広報によりお知らせのあった東松山牡丹園早朝<AM5:00~7:30>~7:30の撮影会にブログ仲間と参加する。生憎の雨模様である、雨も一興と・・・、濡れた牡丹も可愛いい!ぼたんは雨に弱いがまだ元気がある様である。受付の彼女たち朝4時30分から来て準備をしているとのこと・・<この期間2日間特別開催です。>大勢の参加者あれば・・ですが参加者は少ないようです。係に名前と電話番号を記入して受付をおわり入場する。①案内板<6:09>②雨の牡丹園、<6:09>③雨に打たれて可哀想!<6:12>④養生中の1~2年もの、<6:19>⑤撮影仲間たち、<6:23>⑥ぼたんたち、<6:25>⑦ハナミズキとぼたんとつつじ、<6:27>⑧全景・ワイド版、<6:21>⑨受付のお嬢さんたち、<6:51>⁂雨の日の写真撮影は全景よりは...雨のぼたん園<花だより>

  • 恵みの雨・夏野菜苗

    夏野菜・トマト、キュウリ、ナスなどの”木っ葉堆肥温床”よりの苗が育っている。それらの定植時期でもある。けさの雨で畑が潤う、まさに恵みの雨である。ビニールハウスに架けた雨樋から水亀にいっぱいの雨水が溜まっている。①<6:32>②畑にも土中にしみ込んでいる、<6:51>③イチゴ畑・温床苗にも、<6:53>④中畑、玉ねぎ・そら豆・ジャガイモにも、<6:57>⑤本畑、ゴボウ・ラッキョウ・じゃが畑にも、<6:57>⑥北の畑、カボチャ・西瓜の定植後、<7:01>⁂きゅうり・カボチャ・西瓜などの瓜類がトレイの腐葉土の肥料が切れたのか、育ちが悪くなったので早めに定植をしたのですが土が乾いていたので水やりに苦労をした。やっとのことで補給ができました。<いわどの山荘主人>恵みの雨・夏野菜苗

  • 蛙の初鳴き・彫刻通りのハナミズキ<季節のたより>

    里山でも今朝は遠く”蛙の鳴き声”が伝わってきた。苗代の準備が始まったのだろう!きのうは、彫刻通りに沿ってハナミズキ並木になっている1kmほどの駅前通りを散策してきた。通勤・通学の人たちがハナミズキ通りを急いでいた。<いわどの山荘主人>〇彫刻が並ぶハナミズキ通り、<7:05>菜の花畠に入り日薄れ見わたす山の端霞ふかし春風そよふく空を見れば夕月かかりてにおい淡し里わの火影も森の色も田中の小路をたどる人も蛙のなくねもかねの音もさながら霞める朧月夜蛙の初鳴き・彫刻通りのハナミズキ<季節のたより>

  • MK大学歯学部病院<エッセイ風>

    町の歯医者の紹介で大学病院で治療をうける、今日で3回目である。虫歯で町に歯医者にかかる、歯を抜かずに神経を除去する治療である、根菅治療である。本来であれば化膿止めの薬で排膿が治めるはずが年を取る、加齢になると止まりが遅いとのことで大学病院に足を運んだのです。治療法は大学病院でもほとんど同じであるが治療環境が違う、虫歯菌の繁殖の抑え方です。それでも1カ月経過したがまだ化膿・膿(うみ)が1/10程度におさまったという、次回1カ月後に答えがでます。それに気が付いたことに専門の大学病院でありながら治療費が安いということです。初診料とか再診料とかとらないのでしょうか、1時間の治療を受けて支払い治療費が1割負担の高齢者健康保険で120円とは驚いた。あちこちで診療をうけているが一番低廉でした。<いわどの山荘主人>〇MK大歯学...MK大学歯学部病院<エッセイ風>

  • 梨の花<花だより>

    庭の梨の花が真っ白く美しい!今が盛りと謳歌している。去年は、5つ6つ実を着けたが食べられるまで行かなかった。梨の花がこんなにきれいで美しいと今年は実感した次第です。<いわどの山荘主人>①庭の梨の花、<9:38>②萌え木の間にあり華やかだ!<9:40>③つづく、<7:04>梨の花<花だより>

  • 物見山の山つつじ<季節のたより>

    桜がおわり、萌黄色から新緑に変わりつつある中で山つつじの出番である。近くの物見山公園に山つつじの様子をたずねる。まだ半分開きの様相である。90m位の小高い丘陵ですが公園に入ると気持ちが清々します。①山つつじの様相、<7:14>②ピースミュージアムをみる、<7:14>③右手に休憩小屋が・・<7:16>④下から上を、その下をのぞむ、<7:18>⑤広場にでる、<7:22>⑥犬の散歩の人が登ってくる、<7:23>⑦山つつじ、<7:23>⑧最後にピースミュージアムを撮る、<7:27>⁂27日には物見山つつじ祭りが開催されるのポスターがあり、地元の麦打ち歌と実演があります。その頃が満開で晴天であれば楽しみが増すというもの・・・。<いわどの山荘主人>物見山の山つつじ<季節のたより>

  • さくら2019・10選

    パソコントラブルが発生したのが、さくら撮影と重なってしまいブログでのお伝えできませんでした。そこで私が自薦10選を紹介させていただきます。①先・本堂に一礼」<7:06>②満開、<7:11>③イケメンに咲く、<7:30>④満開・不動池、<7:30>⑤夢灯路祭り、<18:06>⑥夢灯路、<18:18>⑦夜桜景色、<18:19>⑧下沼・広角、<18:55>⑨吉見堤のさくら、<7:34>⑩ミラーに映る、<7:24>⁂ブログ仲間の応援を得て写真加工アプリが回復することができました。Picasaアプリは2016年5月廃止されており、それがgoogoleフォトに引き継がれていることを教えてもらい、さらに取り込み方まで教えていただきました。手慣れたアプリは楽であります。<いわどの山荘主人>さくら2019・10選

  • 萌黄色・季節の歩み

    巻頭「萌黄色」春の穏やかな天気です。”春眠暁を覚えず”です。桜が散り新緑の前、萌黄色のひと時です。①庭のカエデもみじ萌黄色です、梨の花と椿の花がコントラストをなしております。②門扉前のドウダンつつじです、<7:09>③前の雑木林の萌え木です、<7:10>④通りに出る、<7:12>⑤名残の枝垂れと・・、<7:14>⑥休耕田に出る、<7:16>⑦畔に咲くタンポポ、<7:18>⁂里山は一面萌黄色<やや黄色味を帯びた緑色>に朝日を浴びて光ってます。一瞬のうちに新緑に変わります。ひと時をご覧ください。<いわどの山荘主人>萌黄色・季節の歩み