住所
-
出身
-
ハンドル名
Hiroさん
ブログタイトル
Hike de 俳句
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/livedaiza_101918aiza/
ブログ紹介文
思いがけない発見・小さな驚きを俳句と写真でまとめ…日々の記録として残しています。〈俳人の一句〉付き。
自由文
時々、“書”のようなものもアップしています。⇒見出し末尾に*印.
更新頻度(1年)

67回 / 1665日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2014/07/03

Hiroさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 9310 9857 9888 9855 10705 11231 12157 946492サイト
INポイント 30 30 30 50 30 10 30 210/週
OUTポイント 40 60 90 70 70 30 70 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 27 28 28 28 32 35 37 5859サイト
俳句 8 9 9 9 9 9 9 294サイト
写真俳句 16 17 15 17 16 16 15 99サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 19356 20609 20981 22406 23085 23486 23017 946492サイト
INポイント 30 30 30 50 30 10 30 210/週
OUTポイント 40 60 90 70 70 30 70 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 18 18 17 19 20 20 20 5859サイト
俳句 8 9 9 9 9 9 10 294サイト
写真俳句 18 19 19 19 20 19 17 99サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946492サイト
INポイント 30 30 30 50 30 10 30 210/週
OUTポイント 40 60 90 70 70 30 70 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 0 0 0 0 0 0 0 5859サイト
俳句 0 0 0 0 0 0 0 294サイト
写真俳句 0 0 0 0 0 0 0 99サイト

Hiroさんのブログ記事

?
  • 多様な命のサイクル01/23′19

    ■命あるもの天を指す  冬木立               …………  いのちあるものてんをさす  ふゆこだち  No.1400  …………◆すっかり葉を落とした「冬木立」と、あちこちで出逢う。◆寒々しくも、痛々しくも見えるが…“独り生きる”ことをしっかり受け止めているよ

  • 数の子のトッピング01/21′19

    ■数の子のトッピングあり  五目飯               …………  かずのこのトッピングあり  ごもくめし  No.1397  …………◆正月が過ぎて、ダイブ経つが…この日の我が家の食卓の「五目飯」には…。◆なんと、細かく切り分けた「数の子」の「トッピング」が!?!

  • 何度でも大丈夫?01/2′19

    ■誰とでも  また何度でも初詣               …………  だれとでも  またなんどでもはつもうで  No.1397  …………◆この日は、今年3度目の「初詣」(!?)へ。◆はたして…「初詣」は、何回もしていいものなのかどうか!?    よく知らなかったが、来客がある

  • 近辺の散歩01/20′19

    ■大根畑  いつまで散歩できるやら               …………  だいこばた  いつまでさんぽできるやら  No.1396  …………◆この時期…我が家の近辺の畑では「大根」が栽培されているのをよく見かける。◆この2、3日、何度躓いたりよろめいたりしたことか?【

  • 誰もいない公園で*01/19′19

    ■足跡の無数そのまま  日向ぼこ               …………  あしあとのむすうそのまま  ひなたぼこ  No.1395  …………◆この日の散歩は、やや遠くにある小さな公園まで足を延ばした。◆公園には誰もおらず…6つ程あるベンチのほとんどは日陰の中…。◆日の当

  • どの墨を使おうか?01/18′19

    ■どの墨を使えばいいか  寒九郎               …………  どのすみをつかえばいいか  かんくろう  No.1393  …………◆現在使っている墨が6〜7本…。◆この日は、父の遺した「墨」を持ち出してみた…。〈冬うらら  父の遺品の墨試す〉〈残されし墨の善し悪

  • 潔い引き際の美学*01/17

    ■我等にも蒼き空あり  鷹柱               …………  われらにもあおきそらあり  たかばしら №1393  …………◆数10年ぶりの再会をした友人達との、約半日のドライブ…。◆富士の裾野で、友人の1人が「ンン…“タカバシラ”かぁ?!」と声を上げ…車を停めた。

  • 語ること尽きぬ友と01.15′19

    ■語ること尽きぬ友あり  雪の富士               …………  かたることつきぬともあり  ゆきのふじ  No.1392  …………◆「衣被」はたしか、秋の季語ですが…思わぬ時期に居間に現れたのでした。◆「衣被」は…何とも、懐かしいキャラクター!    鄙びた味

  • 時には呆け顔にて*01/15′19

    ■その晩は呆け顔にて  衣被               …………  そのばんはほうけがおにて  きぬかつぎ  No.1392  …………◆「衣被」はたしか、秋の季語ですが…思わぬ時期に居間に現れたのでした。い◆「衣被」は…何とも、懐かしいキャラクター!    鄙びた味覚と

  • プラハからの絵葉書01/14′19

    ■松の内過ぎて  便りはプラハより               …………  まつのうちすぎて  たよりはプラハより  No.1391…………◆「松の内」が過ぎて…ドイツの息子から絵葉書が届いた。正月に投函したものらしい。◆鷗外の研究者となって、初めてドイツの地に立った気持

  • 松過ぎの光の行方は01/13′19

    ■夕べ追う  松過ぎの光の行方               …………  ゆうべおう  まつすぎのひかりのゆくえ  No.1390  …………◆最近は、夕方の散歩が多い…。◆1日が終わる「夕」方の、切ない感情。心が、スーッと冷めてゆくような不思議な感じ…。「光の行方」も、そ

  • 負の本性?!01/12′19

    ■紅               …………  あ  No.138  …………◆技術革新によって、考えられない世界になってきているようだ。技術革新後しか知らない世代が恐ろしい!◆〓が…家を出て、わずか200〜300mで息は上がるわ、休憩所に着けば飲み物を忘れて来たことに気付き…

  • ふらここも巣箱も*01/11′19

    ■ふらここも巣箱も  小さき境内に               …………  ふらここもすばこも  ちさきけいだいに  No.1388  …………◆ここは、初めての散歩道にあった小さな神社の境内。◆住宅街のようだけれど…人も車もほとんど通らない“路地裏”といった感じ…。◆小

  • 冬夕焼の正体は?01/10′19

    ■何も無くまた有る世界  冬夕焼  ①               …………  なにもなくまたあるせかい  ふゆゆやけ  No.1387  …………◆久々に散歩をするようになったが…わずか200〜300mで息が上がってしまうテータラク!?!    調べてみると…5000歩以上歩いたのは、昨

  • 戻るか、それとも!?01/09′19

    ■草の絮  引き返そうか進もうか               …………  くさのわた  ひきかえそうかすすもうか  No.1386  …………◆「草の絮」は、秋の季語ですが…。モノクロにすると…荒涼とした感じは、完全に“冬”ですね!◆この日は、久々の散歩。家を出てすぐに息

  • 今年の七種粥は?01/08′19

    ■七種粥  麻痺の手足に有り難く               …………  ななくさがゆ  まひのてあしにありがたく   No.1385  …………◆昨日は、久しぶりの散歩に出た…。◆が…家を出て、わずか200〜300mで息は上がるわ、休憩所に着けば飲み物を忘れて来たことに気付き…

  • 有り難がるべきは?01/07′19

    ■喰積の残り小皿に  老夫婦               …………  くいづみののこりこざらに  ろうふうふ  No.1384  …………◆少しだけ賑やかだった、暮れから正月にかけての我が家…。◆子ども達が都会へ戻り、三が日が過ぎる頃には、すでに手持ち無沙汰で…。取り残さ

  • 覚悟できぬまま01/06′19

    ■闘病の覚悟できぬまま  四日               …………  とうびょうのかくごできぬまま  よっか  No.1383  …………◆暮れ・三が日もアッという間に過ぎた。初夢ではなかったが…〈寝込みたる四日の夢に  ギター弾く〉◆常時続く痺れと痛みに加え、体調を崩し

  • あらたまの年には*01/05′19

    ■あらたまの年に自戒の如きもの               …………  あらたまのとしにじかいのごときもの  No.1382  …………ひ◆「年」のはじめに、“抱負”や“目標”を書き記すことが多い。◆この3〜4年、そんなことも忘れていたが…今年は「自戒」らしきものを書い

  • 年越しさまざま01/04’19

    ■ともに年越す安寧の蕎麦すする               …………  ともにとしこすあんねいのそばすする  No.1381  …………◆「年越し蕎麦」が老舗蕎麦店から届き…夜遅く、家族全員でいただく…。30年来続く、我が家の大晦日の一コマである。◆そして今回の「年越し」

  • 初神籤の結果は…*01/03′19

    ■初神籤  今年佳きことあるといふ                  …………  はつみくじ  ことしよきことあるという  No.1380  …………◆家族4人で行った、はじめての初詣…。◆娘婿の引いた「初神籤」は“大吉”で、今年は“いいことがある”と書いてあるとのことだっ

  • 初詣へ01/02′19

    ■やすらけく列にまぎれて  初詣               …………  やすけらくれつにまぎれて  はつもうで  No.1379  …………◆昨日(1/1)午前…浅間大社へ「初詣」。1㎞ほど離れた駐車場から、すでに長蛇の列だった。◆列の動きに合わせて流れて行くしかない。参道に

  • 新しい年を迎えて*01/01’19

    ■子等あれば退屈もせず  去年今年               …………  こらあればたいくつもせず  こぞことし  No.1378  …………◆“年の暮”から大晦日にかけ、娘夫婦と過ごした。◆恒例の〔ゆく年くる年〕を見ながら、年越蕎麦をいただき…。⇒娘が先月に訪れ、国宝

  • 或る…歳晩の一日12/31′18

    ■黒豆を炊くも歳晩  夜のテレヴィ               …………  くろまめをたくもさいばん  よのテレヴィ  No.1377  …………◆“年の暮”・“年の瀬”、「歳晩」。この日、当地では“女子駅伝大会”が開催された。〈歳晩の街駆け抜けるランナー等〉◆今年で6回

  • 今月の5句+[12月]′18

    ◼︎無事といふ有り難きこと  古日記               …………  ぶじというありがたきこと  ふるにっき  No.1376  ………… 今月 の Best 5句 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇    〔1〕冬の真夜  これが『人生論ノート』        

  • 大掃除をしていると12/29′18

    ■絵葉書や手紙や写真  年惜しむ               …………  かえはがきやてがみやしゃしん  としおしむ  No.1375 …………◆年末ということか、連れ合いが片付けを始めた日…。◆古地図やわらべ歌の本、「写真」や「絵葉書」、母からの手紙・アルバイトで牛乳配

  • 病院の聖樹12/28′18

    ぬ■逆光の聖樹  待合室に患者達               …………  ぎゃっこうのせいじゅ  まちあいしつにかんじゃたち  No.1374  …………◆病院にも「聖樹」が飾られていた。◆完全な「逆光」の中だったけれど。ここにある…“Merry Christmas”の意味が読めなかった

  • それぞれに冬木立*12/27′18

    ■それぞれに描く空のあり  冬木立               …………  それぞれにえがくそらのあり  ふゆこだち  No.1373  …………◆気が付けば…すでに年の瀬。◆手術後の通院も、すでに1年半。〈それぞれに追ひし夢あり 冬木立〉〈それぞれが夢の途上か  冬木立〉◆

  • 壊れた上皿天秤12/26′18

    ■年の瀬や  平衡感覚狂ひしまま               …………  としのせや  へいこうかんかくくるいしまま  No.1372  …………◆夕食後に一休みをして、出掛けたのだけれど…。駐車場には車も多く、ケッコーな人出だった。◆この日、こんな古い絵が出てきた。〔壊

  • 偽りのクリスマス*12/25′18

    ■偽りであろうがなかろが  クリスマス               …………  いつわりであろうがなかろが  クリスマス  No.1371  …………◆日本人の宗教観は、何かと揶揄されるが…。◆節操がないのは間違いないようだ。〈二人して幸せごっこ  クリスマス〉◆ところが最