chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Hike de 俳句 http://blog.livedoor.jp/livedaiza_101918aiza/

思いがけない発見・小さな驚きを俳句と写真でまとめ…日々の記録として残しています。〈俳人の一句〉付き。

時々、“書”のようなものもアップしています。⇒見出し末尾に*印.

Hiro
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/07/03

1件〜100件

  • 子規忌'22/09/20

    ■子規忌とや  泣いて叫んでみたきもの        …………  *しききとや  ないてさけんでみたきもの  No.1903  …………◆9月19日は、「敬老の日」そして、子規忌!◆“へちま”の“絶筆3句”を詠み…その翌日、34歳の若さで亡くなった子規だが…。◆『病牀六尺

  • 野垂れ死ぬこと’22/09/15

    ■野垂れ死ぬこともまたよし  螻蛄鳴く ①       …………  *のたれじぬこともまたよし  おけらなく  No.1902   …………◆先日(9/13)、今後の見通しについて入院先の主治医と話した。“老健”か“特養”に行くことになるだろうが…ヨーは「お金」の問題で、行く

  • 月見団子’22/09/10

    ■供されし月見団子の小さきこと         …………  *きょうされしつきみだんごのちさきこと  No.1901  …………◆今回の入院生活も、約一月半! ◆W難病の身ゆえか、おバカな(デリカシーの無い!?)看護士のせいか…楽しいこと・うれしいことはメッタにない。 

  • 終戦日’22/08/15

    ■小窓行く夏の雲たち  終戦日        …………  *こまどゆくなつのくもたち  しゅうせんび  No.1900  …………◆もう10数年も前のことだが…知人から聞いた話…。⁂すでに、ここまででバカらしくなってしまったが…。◆四月、出逢いの季節…旧職員と新人との顔

  • 原爆忌'22/08/10

    ■人の愚と宇宙は無限  原爆忌       …………  *ひとのぐとうちゅうはむげん  げんばくき  No.1899   …………◆「宇宙と人の愚かさは無限」というアインシュタインの言葉を素材に作った句!◆ただし、アインシュタインは「前者については断言できない」と付け

  • 緊急入院〜続報ⅱ’22/08/05

    ■病床にふつと潮の香  若布汁        …………  *びょうしょうにふっとしおのか  わかめじる  No.1898  …………◆“当季”ではないが…。8/2、理学療法士に2階に作られた中庭に連れ出してもらい。入院生活も2週間が過ぎ、こんな句ができた。◆入院最初の

  • 入院〜続報ⅰ’22/07/30

    ■病室は小窓が一つ  夏の空        …………  *びょうしつはこまどがひとつ  なつのそら  No.1897   …………    救急車内⬆︎◆0時半、足腰が立たなくなり…救急車を呼ぶ。救急隊員があちこちへ連絡、家を出たのが2時頃!? 地元の病院でコロナの検査(38.9

  • ■✴︎滑稽・挨拶・即興〜余韻!!!       …………  *  No.18   …………◆〓[起]発見! 客観的事実・観察から出発!!   自然・人事=丁寧な観察! クイズも!◆〓[承]広い視野で考察・説明。準備・伏線…愛すべき失敗・愚かさ!!!◆〓[転]想像・連想・類推・

  • 緊急入院!

    ■救急車高速移動  明けやすし       …………  *  No.18   …………◆昨夜、救急車で高速道路を搬送。40㎞も離れた大きな病院に入院することになったのでした。◆ついにと言うか、とうとうと言うか…立ち上がることも歩くこともできなくなってしまったのです。?

  • 洗脳!?’22/07/10

    ✴︎洗脳はいまも巧妙  沖縄忌        …………  *せんのうはいまもこうみょう. おきなわき  No.1896   …………◆調べれば、次々と新たな知を得ることができ…「沖縄忌」を季語に、いくらでも句ができそうだ。◆これまで、多くのことを知らぬまま過ごしてきたと

  • 今日も楽しく?!'22/07/05

    ■梅雨出水  「今日も楽しく」「やっちゃえ」と         …………  *つゆでみず  「きょうもたのしく」「やっちゃえ」と  No.1895   …………◆世間では相変わらず、“安易”で“楽観的”&“攻撃的”で“刹那的”なCMが続いているが…。◆一昨年の熊本の大雨災

  • 難病余聞№25

    ☆“副作用”!?  乗るのも怖い体重計   ★警個句川柳★        …………  *“ふくさよう”!?  のるのもこわいたいじゅうけい yobun№25   ………… ◆手術退院後、入院前の体重のマイナス10㎏まで減らしたのだけれど! ナントこの日…入院前のマイナス3㎏ま

  • 無差別“殺人”‘’22/06/30

    ■猛暑日や  “無差別”といふ理不尽さ         …………  *もうしょびや  “むさべつ”というりふじんさ  No.1894   …………◆世間では、異常な暑さ=“猛暑日”が続いている。◆“コロナ禍”の数データ(死者数とともに、重度の熱中症で搬送された人の数)も報

  • 沖縄忌’22/06/25

    ■沖縄忌  焼け落つること二度三度 ①       …………  *おきなわき やけおつることにどさんど  No.1893   …………◆6月23日は、沖縄“慰霊の日”!!! ◆“唯一の地上戦”と言われることもあるが…“地形がかわった”とも言われる激しい“鉄の暴風”を受けた

  • 朽ちる兆候!?余聞№24

    ☆“朽ちてゆく”兆候ばかり!?  次々と   ★警個句川柳★        …………  *“くちてゆく!?”ちょうこうばかり つぎつぎと yobun№24   ………… ◆W難病を得て以来…“回復”を望んだこともあったが…。それは、どうも無理らしい!◆そこで、せめて…“現状

  • 余聞No.18諸葛菜

    ■主なき庭の片隅  諸葛菜 ★呟句!?★        …………  *あるじなきにわのかたすみ  しょかつさい  …………◆発病・手術から、もうすぐ5年。手足が不自由になって、狭庭の手入れができなくなった。◆一年前…庭木のほとんどを職人に伐採してもらい、それ以外

  • さくらんぼ’22/06/20

    ■さくらんぼ  ことなる夢をみる二人        …………  *さくらんぼ  ことなるゆめをみるふたり No.1892  …………◆先日、特別作品として結社に送った15句のうちの1句。◆皆さんご存知の四字熟語をヒントにして作った、駄句だったが…。◆日曜日が“父の日”

  • 曲がりなり!?’22/06/15

    ■葉桜や  曲がりなりてふ暮らしぶり        …………  *はざくらや  まがりなりちょうくらしぶり  No.1891   …………◆「花過ぎ」と題し…上の句を含め、結社に特別作品15句を送った。◆体調不良で外出も儘ならない状況で…よい句ができるはずもないだが!?◆

  • 余話余聞№23一茶なら!?

    ■“ありのまま”答えるだろか  一茶なら    ★待った句川柳★        …………  *“ありのまま”こたえるだろか  いっさなら yobun№23. ………… ◆先日NHKの〔視点・論点〕で俳人の大谷弘至さんが語る〔小林一茶の生き方〕という番組を観た。◆一茶は以下の

  • 余聞No.17馬鹿!?

    ■楽しけりゃそれでいいのさ  万愚節 ★忸怩句!?★         …………  *たのしけりゃそれでいいのさ  まんぐせつ  …………◆4月1日は“エイプリルフール”=“4月馬鹿”・“万愚節”。◆1年に一度…全世界的に“嘘”を吐いてもいい日!? ⌘ 螻蛄亭日乗  

  • 哲学の道’22/06/10

    ✴︎花万朶  “哲学の道”一筋に   、       …………  *はなまんだ  “てつがくのみち”ひとすじに   No.1890   …………◆前作(6/5)と同じく…時期も場所も近く。京都東山で詠んだ旧作。◆娘・息子が揃って学生時代を古都で過ごしたことで…豊かな旅を何度

  • 花の塵‘22/06/05

    ■花の塵  訊けばめしひの犬と言ふ       …………  *はなのちり  きけばめしいのいぬという  No.1889   …………◆最近、ロクな句ができないので…旧作に登場してもらうことにした。◆まだ息子が京都で暮らしていた頃。賀茂川沿いの堤で出逢った光景を句にした

  • モラハラ余聞№22

    ■青あらし 「モラハラ妻」という言葉    ★驚句川柳★        …………  *あおあらし. 「モラハラづま」ということば  Yobun№22 …………◆“ハラスメント(=嫌がらせ)”を調べているうちに、パワハラ⇒モラハラ(モラルハラスメント)という言葉へと至り…。◆さらに、“

  • ストレスレス!?’22/05/30

    ■ストレスに負けてはならぬ  夏野菜 ④       …………  *ストレスにまけてはならぬ  なつやさい  No.1888   …………◆ストレスレスの生活を望んでいるが…。内外大小…ストレスだらけの毎日が続いている。◆どうしたら“ストレス”を減らせるのか?◆困った

  • 昼寝覚め’22/05/25

    ■昼寝覚め  飼ひ犬はまだ夢の中          …………  *ひるねざめ  かいいぬはまだゆめのなか  No.1887  …………◆TVで、“痛痺れ(イタジビレ)”という言葉に出逢った。脊椎損傷をした料理人の方の言葉だった!◆私はいつも、自分の症状を“痛みと痺れ”と表現し

  • 沖縄戦…'22/05/20

    ■島唄の聞ゆる夕べ  仏桑花          …………  *しまうたのきこゆるゆうべ. ぶっそうげ  No.1886   …………◆何年前のことになるか…初めて沖縄を訪ねた時のこと。掲句の場面〜縁台で老人が三線を弾きながら歌っていた〜に出逢って感激した私であった。◆し

  • 歩行不能!?’22/05/15

    ■春の雨  歩行不能の六時間 ②       …………  *はるのあめ  ほこうふのうのろくじかん  No.1885   …………◆昨日は…。“終にきたか”と思った! ◆自分の脚で歩けなくなる日が!?! ◆低い椅子での2時間ほどのうたた寝から目覚めた直後だった…。◆自分の

  • どんな馬鹿?!’22/05/10

    ⌘ 三度目の“最後のギター”  四月馬鹿    ②   ★狂我意句★       …………  *さんどめの“さいごのギター”  しがつばか  No.1884  …………◆兄達の影響でギターを始めたのが、小学3年生の時。◆その時以来、オヨソ20台ほどのギターと出逢い…すでに“最

  • 祈るのみ?!’22/05/05

    ■できるのは祈ることのみ  こどもの日   ①       …………  *できるのはいのることのみ  こどものひ  No.1883   …………◆先日、我が家でて“お食い初め”なる儀式を執り行なった。◆世は、まさに疫病と戦争の中! こんな時代が来るなんて予想もしなかった

  • 余聞№21暴挙戦争!?

    ■まだ続く暴挙  憲法記念日も    ★迷話句★        …………  *まだつづくぼうきょ  けんぽうきねんびも  Yobun№21 …………◆中七のために、“暴挙”としたが…。ウクライナ“侵攻”・“戦争”は、一人の人間の“狂気”によるものなのかもしれない!? 一国

  • 子等の声’22/04/30

    ■惜春の 路地伝ひくる子等の声 ②       …………  *せきしゅんの  ろじつたいくるこらのこえ  No.1884   …………◆ゴールデンウィークの始まり。ということは…「春」の終わり。◆連れ合いは、帰省した娘家族と散歩に出掛けた。ムロン、飼い犬も一緒だ。◆脚

  • 余聞№20埋没

    ■生温き“みんな”の中に埋没す ★生温句!?★        …………  *なまぬるき“みんな”のなかにまいびつす  Yobun№20 …………◆このところ…自分の中で気になっていたキイワードに、マスコミの報道などで出逢うことが多い。◆“原点”や“勝ち組”であったり“

  • 啄木忌(2)’22/04/25

    ■啄木忌  役に立たぬ手動かぬ手 ②       …………  *たくぼくき  やくにたたぬきうごかぬて  No.1883   …………◆4月13日は、敬愛する石川啄木の忌日だった。◆あまりに若い(幼い=10歳!?)時に出会った歌人ゆえ、当時の感情は忘れてしまって…思いはビミョー

  • 生傷’22/04/20

    ■生傷の絶えぬ麻痺の身  春夕焼          …………  *なまきずのたえぬまひのみ  はるゆやけ  No.1882   …………◆運動麻痺のせいか、感覚が鈍くなっているせいか…転倒による打撲や擦過傷・火傷などが絶えない。◆加齢とともに“できなくなること”が増える

  • 櫻の夜’22/04/15

    ✴︎櫻の夜  かの世の人と待ち合はせ  ①       …………  *さくらのよ  かのよのひととまちあわせ  No.1881   …………◆手足がどんどん不自由になって…この半年ほどは、外出することも少なくなった。◆「櫻」の季節も、通院など、最低限の外出のみ!◆今期、

  • 余聞No.19啄木忌

    ■啄木忌  心鎮まる日々来ぬか ★生活句!?★        …………  *たくぼくき  こころしずまるひびこぬか  …………◆小学校の四年生の頃、学校の図書室で出会ったのが“啄木”だった!◆それは…“藝術”の世界との運命的な出逢いでもあった。モチロン、子どもの

  • 仏生会'22/04/10

    ✴︎仏生会  ただそのままに咲き誇る  ③       …………  *ぶっしょうえ  ただそのままにさきほこる  No.1880   …………◆4月8日は「仏生会」。お寺で育った私には、思い出多き日。◆午後、早めに帰った連れ合いが、“花見に行こう”と誘ってくれた。◆これ

  • “湧”4月号’22/04/05

    ■きな臭き星の片隅  二月逝く                                 …………    *きなくさきほしのかたすみ  にがつゆく  No.1879  …………◆コロナ禍に加え、ウクライナでは“戦争”が続き…。◆我等が地球は、一段と「きな臭」い「星」になってい

  • 蕗の薹‘22/03/30

    ■蕗味噌や  言葉にならぬ種々も         …………  *ふきみそや  ことばにならぬくさぐさも  No.1878   …………◆我が家の食卓に並んだのは初めてかもしれない(!?)「蕗味噌」。◆我が狭庭に育った蕗の薹から作られた「蕗味噌」。チョット感動的な…出来事!◆フツ

  • 今生余聞No.16共生

    ■人とあり  命あること有り難く ★川柳有難句★       …………  *ひととあり  いのちあることありがたく  …………◆昨日で、12日間の“二人展”が終わった。◆初めてのギャラリーでの企画展だったゆえ、不安も大きかったのだけれど。 ⌘ 螻蛄亭日乗  ⌘ 

  • 桜餅'22/03/25*

    ■歩くこと止めではならぬ  桜餅        …………  *あるくことやめてはならぬ  さくらもち  No.1876   …………◆当地も「桜」花の季節に。我が家の…ほとんど剪定してしまった「桜」も満開だ。◆そして食卓には、草(蓬)餅とともに「桜餅」が!◆日々体調は悪

  • ぼっち余聞No.16キャンプ

    ■ぼっち好き  “ぼっちキャンプ”も見飽きたか ★テータラ句★       …………  *ぼっちずき  “ぼっちキャンプ”もみあきたか   …………◆深夜放映される〔ヒロシのぼっちキャンプ〕が1週間で一番の楽しみ…だった。◆ヒロシの少しズレる…独特の着眼・感性

  • 春場所'22/03/20

    ■春場所や  新三役の心意気        …………  *はるばしょや  しんさんやくのこころいき  No.1876   …………◆“荒れる春場所”と言われるが…。◆新関脇の阿炎・若隆景、新小結の豊昇龍などが活躍している。◆また、“関脇が活躍する場所は面白い”とも言う

  • 強弱余聞No.15灯?!

    ■ちさき灯の消えればそれが  ホタルイカ ①       …………  *ちさきひのきえればそれが  ホタルイカ   …………◆生命の灯が消えた時…食物に変わる! これも、“弱肉強食”の世界の…。時に吐き気を催すような“生臭”を、自分がしていること!◆ベジタリア

  • ひじき'22/03/15

    ■麻痺進む  ひじきの小皿一つ増え   ①       …………  *まひすすむ  ひじきのこざらひとつふえ  No.1875   …………◆やっと“春”らしくなってきた、この頃…。◆「ひじき」でも食べながら…“平凡が幸せ”、と呟くことにしようか?◆“知足安分”と言い

  • 夢余聞No.14春疾風

    ■かの頃の夢捨て切れず  春疾風   ①       …………  *かのころのゆめすてきれず  はるはやて   …………◆「春疾風」か“春一番”か…このところ、当地では強い風が吹く日が多い。◆強風は好まないが、こんな風によって“春”が引き寄せられるのかもしれな

  • 黄水仙'22/03/10

    ✴︎遅れ咲くことも喜び  黄水仙 ①       …………  *おくれさくこともよろこび  きずいせん  No.1874   …………◆コロナ禍は治まることなく…連日、キナ臭いニュース・報道が続いている。◆春になり、この世の「光」も、ほんの少しだけ明るくなったようだけ

  • 戦場余聞No.13暴挙!

    △殺戮も破滅も辞さぬ  霊長類▼    ★戦(オノノ)句★       …………  *さつりくもはめつもじさぬ  れいちょうるい  ………… ◆ロシア(プーチン!?)によるウクライナへの軍事侵攻!?! マサカ、こんな事が起こるなんて…思ってもいなかった…21世紀。◆情報戦の時

  • 雛の日は特別な‘22/03/05

    ■雛の唄  母と二人の霊安室   ②       …………  *ひなのうた  ははとふたりのれいあんしつ  No.1873   …………◆母を亡くして、30年以上が過ぎた。子供たちは成長して、すでに家を離れ…。◆コロナ禍に加えて、ウクライナでの軍事侵攻〜戦争勃発!?!◆天災

  • 巷間余聞No.12独裁!?

    △“独裁”にさえ寛容な  多様性▼    ★恐句★       …………  *どくさいにさえかんような  たようせい  ………… ◆“独裁”者の思惑によって、ウクライナ情勢は急変! 「21世紀にこんな事が起こるなんて」…ウクライナの一般市民の言葉が胸に響いた。◆だ

  • 病中余聞No.11不運?

    △不運とは受け入れがたき  世の掟▼    ★狂涯句★       …………  *ふうんとはうけいれがたき  よのおきて  ………… ◆“不運”な事が起こったら…まず“現実を受け入れる”ことだと多くの人が言う。そして“失ったものを数えるな”とも言う…。◆だけどそ

  • 軍事侵攻?!?'22/02/25

    ■きな臭き星の片隅  二月逝く        …………  *きなくさきほしのかたすみ  にがつゆく  No.1872   ………… ◆四肢の麻痺がヒドくなり歩行・移動が困難になったため、2階から1階の部屋へ引っ越した。◆そして、ヤット…制作を始めた日。⁂キャビネットイ

  • 余聞No.10野暮道

    △はればれと野暮の道行く  枯野原▼    ★狂涯句★       …………  *はればれとやばのみちゆく  かれのはら  …………◆オシャレだの粋だの…そんな洗練されたモノからは遠く離れたMy way。裏道・細路・迷い径!?◆マルデ“枯野原”を独り、這いつくばり迷いつ

  • 五輪という舞台’22/02/20

    ■コロナ禍の中  真冬の五輪まだ続く        …………  *コロナかのなか  まふゆのごりんまだつづく  No.1871   …………◆2022年コロナ禍は治らず…北朝鮮はミサイル実験を繰り返し、ウクライナ情勢も怪しいのだけれど。北京での冬季オリンピックが開催されて

  • 余聞No.09正当化?

    △飾っても  はぐらかしても暴いても▼    ★迷話句★       …………  *かざっても  はぐらかしてもあばいても  …………                         ⁂ポロックの作品▷破壊(≒自己否定)こそ創造の始まり!?⬆︎◆まさに“迷宮”にいるよう!? 何を

  • 星は冴えて'22/02/15

    ✴︎『点線面』カンディンスキーの星冴ゆる       …………  *『てんせんめん』  カンディンスキーのほしさゆる  No.1870   …………◆子どもの頃から本好き・読書好きで…学生時代には、美術書もケッコー読んだ。◆美術の理論書の中では、カンディンスキーの『点

  • 余聞No.08余分かな?

    △過不足の無い人生って  どんなかな▼    ★戯れ句★       …………  *かふそくのないじんせいって  どんなかな   …………◆“シャベクリ”も“ダンマリ”も勘弁して欲しいと思う。 ガサツ無神経もインケン狡猾も…御免被りたい!◆そんな人間に、何人も出

  • 軌道修正’22/02/10

    ✴︎節分の復活遂げむ  ひとり酒   ①       …………  *せつぶんのふっかつとげむ  ひとりざけ  No.1869   …………◆春を迎えるということで、何かと気が焦る日々だった。◆依頼されていた“俳句百句の感想(寸評!?)”もやっと書き終わり、一息吐いているとこ

  • 余聞№07衣食には…

    △サイコーの幸せは  腹くちること▼ ★驚句!?★       …………  *サイコーのしあわせは  はらくちること  …………◆“衣食足りて礼節を知る”とは言うが。タシカ、伝教大師と道元禅師のお二人は“衣食に執する”ことを戒め…“パンのみにて生くるにあらず”と

  • 見えぬ目’22/02/05

    ■ほぼ見えぬ目玉愛でつつ  四温晴          …………  *ほぼみえぬめだまめでつつ  しおんばれ  No.1866  ………◆“sagging eye(サギングアイ)”という病気があるそうだ。◆“ぼけて見える”のではなく…“斜視”の一種で、モノが“二重に見える”とのこと。◆10

  • 余聞№06カワイイ鬼

    △この頃の鬼愛しき  鬼やらひ▼ ★頷句★       …………  *このごろのおにうつくしき  おにやらい  …………◆反動が反動を呼び…。近年、毒の無い「カワイイ」が大流行りである。◆「カワイイ」という言葉の高慢さ・見下し視線を説いた先人もいたが…。貧弱な

  • 粕汁’22/01/30

    ■粕汁は喉焼くほどに熱くして        …………  *かすじるはのどやくほどにあつくして  No.1865   …………◆外出も庭に降りることもあたわず、1日3度の食物で“季語”と出逢うことも稀で…。◆だけれど…この日は「粕汁」と巡り逢うことができた。◆このとこ

  • 毒を以って余聞№05

    ☆警報や  疫病神も凍えをり☆ ★戯れ句★       …………  *けいほうや  やくびょうがみもこごえおり  …………◆津波注意報に大雪警報、そしてコロナ蔓延防止ムニャムニャ! マルデ、秩序なき世界に神が、秩序を与えようとしているようにも思える。◆何だか…

  • 腹がくちれば’22/01/25

    ■白魚や  腹がくちれば幸せと         …………  *しらうおや  はらがくちればしあわせと  No.1864  …………◆アナクロ!? 食糧難の時代・地域の句のようになってしまったが…。◆世間〜今の日本〜では、よく見られる景色だ。◆食卓の「白魚」を見ていたら…

  • 大ニュース余聞№04

    ☆“惜命”の思ひ生まるる  寒椿☆         …………  *“しゃくみょう”のおもいうまるる  かんつばき  …………◆上の画像の句「寒椿  ピンピンコロリ逝くもよし」と詠んだのは、手術後2〜3年が経った頃。時々右手の激痛に襲われたが…杖があれば普通に歩

  • 蕎麦うどん餅'22/01/20

    ■蕎麦うどん  餠好きもみな父譲り        …………  *そばうどん  もちずきもみなちちゆずり  No.1863  …………◆大晦日の年越し蕎麦から…我が家の食卓には蕎麦やうどんの登場が多い。◆極め付けは、正月のお「雑煮」の“餅”!?! 考えてみると…これらは全

  • 恐怖余聞№03

    ☆〓の身に  呪文真言七日粥☆         …………  *〓のみに  じゅもんしんごんなのかがゆ   …………◆〓スッカリ忘れていた“七種”の朝。思わず手を止めて、「七日粥」を撮影。⬆︎◆〓職を離れて4年以上が経つというのに、未だ心に余裕がないらしく…“味

  • 飲食こそ!?’22/01/15

    ■飲食こそ生の要よ  鰤大根  ①       …………  *おんじきこそせいのかなめよ  ぶりだいこ  No.1862   …………◆このところ、我が家の食卓には“切干大根”が登場していたが…そしてしてこの日は「鰤大根」が登壇!◆不自由な身になっても、何故か食欲だけは

  • 冬の日差し’22/01/10

    ✴︎冬日和  小さき部屋がわが世界        …………  *ふゆびより  ちいさきへやがわがせかい  No.1858   …………◆外出もほぼできなくなり…毎日、この小さな部屋で過ごしている。◆最近は体調が思わしくなく、したいこともほとんどできない。◆ただの“穀潰

  • 螻蛄亭余聞’22/01/08

    ☆麻痺の身に  呪文真言七日粥☆         …………  *まひのみに  じゅもんしんごんなのかがゆ   …………◆スッカリ忘れていた“七種”の朝。思わず手を止めて、「七日粥」を撮影。⬆︎◆職を離れて4年以上が経つというのに、未だ心に余裕がないらしく…“味

  • 三日過ぎ…’22/01/05

    f■三日過ぎ  居間にテレビの声ばかり        …………  *みっかすぎ  いまにテレビのこえばかり  No.1860   …………◆例年のことだけれど。◆ふぐ刺しと揚げ物・牡蠣鍋・焼肉、年越し蕎麦・御節…。大晦日から元日にかけての贅沢!?◆今回は娘の家族が帰省せず

  • 気紛れ余聞’22/01/03

    ■正月や  お笑い芸人空騒ぎ        …………  *しょうがつや   おわらいげいにんからさわぎ   …………◆例年のことだけれど。正月…TVの中ては、お笑い芸人が大騒ぎしている…。◆低めのギャラなのだろうけれど、彼等も稼ぎ時。“めでたくもありめでたくもな

  • メデタイ!?’22/01/03

    ■正月や  テレビの中の馬鹿笑ひ        …………  *  No.18   …………◆〓[起]客観的事実から出発!!   自然の運行・人事の彩=丁寧な観察!◆〓[承]おトボケ・おかしみ、甘い叙情+寂しい滑稽…喜劇・笑い話…愛すべき愚かさ!!!◆〓[転]独自の視点・切り

  • 年の瀬…’21/12/30

    ■予後余生  麻痺の身ひとつ年を越す          …………  *よごよせい まひのみひとつとしをこす  No.1859   …………◆W難病の手術から4年4ヶ月が過ぎた。◆3年で終わると言われていたステロイド薬の量は増し、痛み痺れも大きくなるばかり!◆転倒が増えた

  • クリスマス!?'21/12/25

    ■あいまいな身の置き場無きクリスマス        …………  *あいまいなみのおきばなきクリスマスえ  No.1858   …………◆別に騒ぎ立てるつもりはないけれど。私は、真言宗の小寺で生まれ育った者。◆昨夜のこと。Instagramに、上のメッセージが届いた。ムロン、た

  • 日向ぼこ’21/12/20

    ✴︎日向ぼこ  朴念仁の極意とは    ①       …………  *ひなたぼこ  ぼくねんじんのごくいとは  No.1857   …………◆今年の冬は、例年より暖かな日が多いような気がしますが…。◆そう感じるのは、1階の陽当たりのいい部屋に引っ越したせいでしょうか。◆

  • 冬夕焼け'21/12/15

    ■冬夕焼け  粗相転倒して苦笑          …………  *ふゆゆやけ  そそうてんとうしてくしょう  No.1856   …………◆日に日に手足の麻痺は拡大して…。◆「粗相」も「転倒」も含めて、泣くか笑うか?!〈今日もまた粗相転倒 冬夕焼〉◆ヤッパリ、笑うしかないよ

  • 雪蛍‘21/12/10

    ■雪ぼたる  捉へしはずのたなごころ        …………  *  No.18   …………◆久々にNHKの俳句番組を見て。旧作を思い出した。◆正確に、上のとおりかどうか自信はないが…。◆最近はメッタに出逢うことのない「雪蛍」だが…その本意を生かして作句できたように

  • 十二月になって'21/12/05

    ■窓を染め  夕暮れあをき十二月   ①       …………  *まどをそめ  ゆうぐれあおきじゅうにがつ  No.1854   …………◆「あを=アオ」は、“青”・“蒼”・“碧”・“藍”の漢字が使われ、それぞれに違いがあるようですが…。◆「窓」「空」を詠んだ句なら、

  • 己が背中は'21/11/30

    ■木の葉髪  己が背中は見えぬもの        …………  *このはがみ  おのがせなかはみえぬもの  No.1852   …………◆自分の背中も後ろ姿も…なかなか見る機会はないよなぁ!◆他人からはシッカリ見られているだろうに…。◆しかもそれは“本当の姿”で…隠すこ

  • 切り干し'21/11/25

    ■切干や  産土の海荒れ初むる       …………  *きりぼしや  うぶすなのうみあれそつる  No.1853   …………◆食卓に「切干」大根を使った料理が登場。◆〓おトボケ・おかしみ、甘い叙情+寂しい滑稽…喜劇・笑い話…愛すべき愚かさ!!!◆〓独自の視点・切り口!!

  • 木の葉髪'21/11/20

    ■木の葉髪 捨つるべきもの失くすもの       …………  *このはがみ  すつるべきものなくすもの  No.1851   …………◆捨てることも失くすこともできない、この難病・この痛み!!!  ◆ほとんどの日…1日の大半は痛みに襲われていて。                 

  • 行雲流水*'21/11/15

    ■雲は行く  あつけらかんと冬の空        …………  *くもはゆく  あっけらかんとふゆのそら  No.1850   …………◆毎日、一度は空を見ているような気がする。◆窓越しの「冬の空」だけれど…。◆自然の空のように廓然と、その空を行く雲のように…拘り無く自

  • 生姜湯でも…'21/11/10

    ■生姜湯や  能書きよりも心持ち       …………  *しょうがゆや  のうがきよりもこころもち  No.1849   …………◆この日の夜…連れ合いが「生姜湯」を私の部屋まで届けてくれた。◆このところ夜中の頻尿に悩まされていた…のを察してのことらしい。珍しいこと

  • さつまいも'21/11/05

    ■ふとつちよもへなちよこもをり  藷談義       …………  *ふとっちょもへなちょこもおり  いもだんぎ  No.1848   …………◆今年初めての“さつま藷”!!   ◆きれいな形とは言えない「藷」たち。知り合いからの貰い物でしょうか?◆“イモ”類の食感があまり

  • レンズ遊び‘21/10/30

    ✴︎ひとしきりレンズで遊び  秋の昼        …………  *ひとしきりレンズであそび  あきのひる  No.1846   …………◆TVで見て…100均のスマホ用撮影“レンズ”を入手。“レンズ”と言うより、フィルターと言うべきか。◆スマホのレンズ部に取り付け…ご覧のよ

  • 秋の蝶は…'21/10/25

    ■死に所探し当てたか  秋の蝶        …………  *  No.18   …………◆1匹のキチョウ…何故か、我が家の玄関先にズッといる。◆初めて気付いてから、1週間以上。◆タンに…食草がある場所だからなのか…それは分からないけれど。◆「死に所」を見付けたのかも

  • 見詰め合う?!'21/10/20

    ■蟷螂の小さき瞳と見詰め合ふ        …………  *とうろうのちさきひとみとみつめあう  No.1844   …………◆久しぶりに「蟷螂」と遭遇した!◆数年ぶりのことのような気がするが…彼等はいつでも“喧嘩腰”のような気がする。◆野生の動物は、こちらから刺激し

  • 爪を切る夜'21/10/15

    ■長き夜や  伸び放題の爪を切る  ①       …………  *ながきよや  のびほうだいのつめをきる  No.1843   …………◆“夜爪を切ると、親の死に目に会えない”などと言われているが…。◆この夜、ズイブン久しぶりに爪を切った。◆誰も切ってくれる人がいないの

  • それっきり?!‘21/10/10

    ■それつきり会話途切れて 栗ご飯  ①       …………  *それっきりかいわとぎれて  くりごはん  No.1842   …………◆我が家でも、季節の食材が供されることがある。この日は「栗ご飯」だった。◆本来、ご飯に混ぜるような食材ではないような気もするが…。◆何

  • 不可解な!?'21/10/05

    ■“無事”といふ言葉不可思議  ましら酒          …………  *“ぶじ”ということばふかしぎ  ましらざけ  No.1840   …………◆“何事も無”い!? 「無事」という言葉…何とも変な言葉じゃないだろうか!?*かつて鉄斎を模して描いた葉書絵.◆そもそも、世の

  • バレイっしょ!?'21/09/30

    ■馬鈴薯や  ともに余生のいくばくか   ①       …………  *ばれいしょや  ともによせいのいくばくか  No.1840   …………◆台所俳句ならぬ“食卓俳句”に偏っている、この頃。◆不自由な脚では狭庭に出ることさえできず、光の乏しい地階で独房生活を送ってい

  • 不遜な文章’21/09/25

    ■神様も人も気まぐれ  台風来       …………  *かみさまもひともこまぐれ  ついzふうく  No.1839   …………◆ハリケーン・サイクロン、そして「台風」!  この島国の宿命のようなモノ!!◆地球上に自然災害のない所などないのだろうが。◆さらに、天災か人災

  • NHK『俳句』‘21/09/20

    ■コロナ禍の孤食になれて  冷奴  ①       …………  *ひややっこ  こしょく・こしょくのじだいとや  No.1838   …………◆久しぶりにNHKのTV番組『俳句』を見た。◆この日の担当は鴇田智哉さんで、ゲストは宇宙飛行士の毛利衛さんだった。◆鴇田さんの「つき

  • MRI・転倒!?!'21/09/15

    ■今日届いた梨  麻痺の手で皮剥く        …………  *きょうとどいたなし  まひのてでかわむく  No.1837   …………◆福島の友人から、「梨」が届いた。◆段ボール1つに1ダースほど…大きくて立派な梨が、丁寧に保護されて並んでいた。◆みずみずしい「梨」

  • '21/09/10

    ✴︎それぞれが違ふ輝き  秋はじめ        …………  *  No.18   …………◆〓客観的事実から出発!!   丁寧な観察、独自の視点・切り口!!  ◆〓おトボケ・おかしみ、甘い叙情+寂しい滑稽…喜劇・笑い話…愛すべき愚かさ!!!◆〓諧謔自嘲・軽妙洒脱・滑稽冗句

  • 夏の蝶'21/09/05

    ■人魂もかく飛び来るか  夏の蝶        …………  *ひとだまもかくとびくるか  なつのちょう  No.1835   …………◆あるTV番組を見ていて…ふと、あることが思い浮かんだ!!◆それは…◆〔ひと魂でゆく気散じや夏の原〕という北斎の句。◆それが化学変化を起こ

  • パラリンピック'21/08/29

    ■真夏日のパラリンピック  なほ続く        …………  *まなつびのパラリンピック  なおつづく  No.1834   …………◆オリンピックに続いて…“多様性と調和”を謳う障害者スポーツの祭典“パラリンピック”のTV番組を毎日見ている。◆さまざまな障害を持った

  • 大文字!?'21/08/25

    ■✴︎大文字  麻痺進む身の置き所        …………  *だいもんじ  まひすすむみのおきどころ  No.1833   …………◆この日、とうとうこんなことになってしまった!◆階段での転倒・落下である!!◆大事にも至らず…こんな情けない姿で階段に引っかかって助かっ

  • 何処より'21/08/21

    ■何処よりかなかな  暮念観世音 ①       …………  *いずくよりかなかな  ぼねんかんぜおん  No.1832   …………◆つい数日前の夕方のこと。◆布団の上で本を捲っていると…何処からともなく「カナカナカナ」というヒグラシの鳴き声が、聞こえてきた。◆いろ

ブログリーダー」を活用して、Hiroさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Hiroさん
ブログタイトル
Hike de 俳句
フォロー
Hike de 俳句

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用