searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

青梗菜さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
qinggengcai
ブログURL
https://qinggengcai.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
tetsugaku poet
更新頻度(1年)

66回 / 82日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2013/11/15

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、青梗菜さんをフォローしませんか?

ハンドル名
青梗菜さん
ブログタイトル
qinggengcai
更新頻度
66回 / 82日(平均5.6回/週)
フォロー
qinggengcai

青梗菜さんの新着記事

1件〜30件

  • 塗装生活 60/xx

    >僕たちの言語に支配的な、能動態/受動態。 >それ以外の対立が分からなくなった僕たちだけれど、 感謝する/される、だって、スマイルする/される、だって、生きる/生かされる、だって、―― 使い倒されて、あまり好きな言葉ではないとしても、>二極に分裂させないこと、その間を認めて、育むこと。能動と受動は、必ずしも対立しない。        げみ        すぐスマイルするべきだ    子供じゃないならね...

  • 塗装生活 59/xx

    50,500kmも走って、フィルターを換えないのは、セルフ・ネグレクトに等しい。エアコンの消臭と、フィルターの交換で、所要時間は、30分。        >生まれてきてよかったのか、>生まれてこないほうがよかったのか、>そんな問いは、成り立たない。よいとか、悪いとか、って言っても、おおよそ、問いにも、答にもならない。何を言っているのか分からない。よいか、悪いかに二分されるわけでもないし、よくなければ、悪くな...

  • 塗装生活 58/xx

    生まれてきてよかったのか、生まれてこないほうがよかったのか、そんな問いは、成り立たない。人は、生まれてきたから人である。生まれてこなければ、何もない。良いも、悪いも、何もない。だから、生まれてこないことは問題にならない。生まれてこないほうがよかった、と言う者が、もとより、存在しないからである。非存在と存在は比較にならない。問いの対称性が崩れたなら、残る問いは、存在してしまうことを悪いと思えるような...

  • 塗装生活 57/xx

    >ひいては、生まれてきた子どもたちの中に、>生まれてくるべきではなかった子どもが混ざっているとでも。反出生主義なら、間違えて生まれてくる子どもが含まれている。>自分が「存在」してほしくないこと。⇒ 他人も「存在」してはいけない。反出生主義なら、生まれてくるべきではなかった子どもが含まれている。誰かの生命を、否定する思い上がりがある。そして、間違いなのも、存在してはいけなかったのも、もちろん、その当人...

  • 塗装生活 56/xx

    すでに真夏日になった朝。エアコンのフィルターと、エアコンの消臭剤を買った。どちらも、買ってもいいし、買わなくてもいい。健康で文化的な最低限度の生活を営むのは、権利ではあるが、義務ではない。    >自分がしてほしくないことは他者にもしてはいけない。ここで扱うことのできる反出生主義は、してほしい、とか、してほしくない、とかの、気持ちをベースに、反出生主義を唱えるパターンに限定される。功利主義的に、と...

  • 塗装生活 55/xx

        人間の権利は、いかなるばあいにおいても    自然の法に基づかねばならない。    そして、自然の法と人間の権利、    そのどちらにも共通する大原則、    地上のどこにおいても普遍的な原則がある。    それは、「自分がしてほしくないことは    他者にもしてはいけない」ということ。    ―― 寛容論/ヴォルテール 著、    ―― 斉藤悦則 訳、2016、光文社古典新訳文庫自分がしてほしくない...

  • 塗装生活 54/xx

        ―― やっぱり I was born なんだね ――    父は怪訝そうに僕の顔をのぞきこんだ。僕は繰り返した。    ―― I was born さ。受身形だよ。    正しく言うと人間は生まれさせられるんだ。    自分の意志ではないんだね ――英語を持ち出すまでもない。日本語だって同じこと。例えば、僕は、本を読む、本は、僕に読まれる。読まれる、とは、読む、の受身形である。同様に、生まれる、とは、生む、の受身形である。...

  • 塗装生活 53/xx

    >命題(p ⇒ q)は、>自分がしてほしくないことは、他人にもしてはいけない。命題を真として、逆も、裏も、対偶も、真偽は一致すると考えて、偽(p ⇒ ¬q)は、自分がしてほしくないことを、他人にするのは構わない。その逆(¬q ⇒ p)は、他人にしても構わないことは、自分がしてほしくないこと。裏(¬p ⇒ q)は、自分がしてほしいことを、他人にしてはいけない。対偶(q ⇒ ¬p)は、他人にしてはいけないことは、自分がしてほ...

  • 塗装生活 52/xx

    >以前には、予め定められた意義を求めていた。>もしも、正解が用意されているのなら、>それを上手にトレースすればいい。>正しい意義に沿って、正しく行動して、>予定通りに、正しさを受け取ればいい。>しかし、よりよく生きるためには、>プリセットされた意義を求めないほうがいい。>ここでは反対に、行動が人生の意義を作る。正しい答を知れば知るほど、人は考えることをやめてしまう。正しい自分なら、もはや、考えるに...

  • 塗装生活 51/xx

        人間の権利は、いかなるばあいにおいても    自然の法に基づかねばならない。    そして、自然の法と人間の権利、    そのどちらにも共通する大原則、    地上のどこにおいても普遍的な原則がある。    それは、「自分がしてほしくないことは    他者にもしてはいけない」ということ。    ―― 寛容論/ヴォルテール 著、    ―― 斉藤悦則 訳、2016、光文社古典新訳文庫命題(p ⇒ q)は、自...

  • 塗装生活 50/xx

    ドアバイザーに両面テープ。幅5mm、厚さ0.16mmを5枚重ねた。こんなのでは、半年もつかどうか。でも、その時は、その時だから、その時に考えよう。所要時間は、1時間30分。            上手にスマイル出来るね    こんな時は努力が必要さ    ―― スマイル/森七菜    ―― 渡辺慎 作詞作曲、1996、2020、Sony Music Recordsいつでもスマイル、上手にスマイル、目的があって、継続しているのなら、それだって、...

  • 塗装生活 49/xx

    チャラチャラしたクルマには、チャラチャラした人が乗り込んで、オラオラしたクルマなら、オラオラした人が乗っていて、パラリラしたクルマからは、パラリラした人が降りてくる。そもそも、クルマに手を入れる人、ってだけで、利口そうな気がしない。先入観は良くない、その通りで、偏見も良くない、ごもっともであるが、でも、たいていは、先入観の通りだから、なるほど、偏見もごもっともである。おおよそ、クルマなんてのは、き...

  • 塗装生活 48/xx

        以前には、人生には生きる意義があるのかどうかを    知ることが問題であった。    しかし、ここでは反対に、人生には意義がなければないだけ、    それだけよりよく生きられると思われる。    ―― シーシュポスの神話/アルベール・カミュ    ―― 清水徹訳、1969、新潮文庫以前には、予め定められた意義を求めていた。もしも、正解が用意されているのなら、それを上手にトレースすればいい。正しい意義...

  • 塗装生活 47/xx

    人生が苦労して生きるに値するか否か。カミュは、結論する。    シーシュポスは幸福なのだ、    とイメージすべきである。何回も、岩を山頂に運び、その岩が頂きから麓(ふもと)に転げ落ちると、また、何回でも、山頂に運び上げる、なんてことを、幸福とイメージする。    以前には、人生には生きる意義があるのかどうかを    知ることが問題であった。    しかし、ここでは反対に、人生には意義がなければな...

  • 塗装生活 46/xx

    >仕事も、恋愛も、勉強も、ギターも、テニスも、>将棋も、ダイエットも、筋トレも、人づきあいも、>PEST分析も、哲学も、怪我や病気の治療だって、>継続している人が、努力している人であり、>努力している人が、継続している人である。とりとめのない僕の、繰り返される日常が、苦労して生きるに値するかどうか、それは、苦労して生きることで判断する。生きる、という言葉を使う僕たちなら、その意味は、個々の行為よりも前...

  • 塗装生活 45/xx

    目的は、クルマをきれいにすること。くだらないことをしている、って、ほかにすることがあるだろう、って、そう言われたなら、その通り、ごもっとも。僕にとっても、たいして価値がないことで、決して、優先順位は高くない。さておき、問題にしたいのは、努力、である。努力って何だろう、ってことである。例えば、洗車機に入れる、なんてのは、あまり、努力とは呼ばれなくて、それよりも、自分の頭と、自分の腕と足を使って、きれ...

  • 塗装生活 44/xx

    ドアバイザーの取りつけの前に、窓枠のモールを塗る。塗料は「染めQ」、ゴムもプラ樹脂も、まとめて塗れる。リアは、丸ごと。フロントは、中途半端に、ドアバイザーで隠れる部分だけ。左側を終わらせて、所要時間は、3時間。                いつでもスマイルしててね    完璧なんかでいられる訳がないだろう    ―― スマイル/森七菜    ―― 渡辺慎 作詞作曲、1996、2020、Sony Music Records...

  • 塗装生活 43/xx

    どんなに優しい人だって、すべての人に分け隔てなく、優しくなれるわけではなくて、例えば、100人に出会って、99人に優しくなれるとしたなら、控えめに言っても、その人は、極めて優しいけれど、しかし、残る1人にしてみれば、その優しい人の冷たさは、優しくない人の比ではない。ともすれば、極めて優しい人は、それゆえに、残酷なほどに冷たい人になる。どんなに社会が優しくなっても、すべての人に均しく、優しい社会になれるわ...

  • 塗装生活 42/xx

    >しかし、ここでは反対に、人生には意義がなければないだけ、>それだけよりよく生きられると思われる。自分が思ってもみないような生き方で、自分が持っている意味を越えて、自分が抱いている価値に収まらないような、それでいて、幸せそうに生きている他人と多く出会えば、やがては、生きる意義なんて問いに、拘泥するのが馬鹿らしくなってくる。どのようにでも、よりよく生きればいいんだ。        げみ>人生が苦労し...

  • 塗装生活 41/xx

        哲学が真剣に向き合うべき問題はひとつしかない。    自殺である。    人生が苦労して生きるに値するか否かを判断する。    これが哲学の根本問題に答えることなのである。とりとめのない僕の、繰り返される日常が、苦労して生きるに値するかどうか、それは、苦労して生きることで判断する。苦労して生きてから判断する。苦労して生きることで、哲学の根本問題に答えることができる。事前に答が用意されている...

  • 塗装生活 40/xx

    よく言われるのは、哲学は、「する」ものだ、ってこと。例えば、ニーチェは、ニーチェと世の中について考えた。ニーチェは、自分=ニーチェとは何か、自分=ニーチェにとって世の中とは何か、を考えた。ニーチェにとって哲学を「する」ということは、自分と、自分と世の中について考えることである。では、僕が哲学を「する」ということは、ニーチェや、ニーチェと世の中について考えることではない。哲学とは、哲学者についてでは...

  • 塗装生活 39/xx

    後ろのドアバイザーの接着剤を剥がして、コンパウンド。所要時間は、1時間30分。    >感謝する、というのは、それ自体では、>何を指しているのか分からない言葉で。>受けた優しさを、誰にどう返すのか、ってのは、>感謝する、ってだけでは、決められていないという意味で。優しくする、とか、努力する、とかもパラレルで。自分のことは、する、っていう決意で判断するけれど、他人のことは、何かをしている、っていう、そ...

  • 塗装生活 38/xx

    反抗期みたいな気分で書いてしまうけれど。疑ってみたいのは、感謝、である。感謝を問題にする、それが既に挑発的なのは、問題にならないくらいに肯定されているから。或いは、なぜ感謝しなければならないのか、って肯定も否定もしていないはずの問いかけでも、「≒ 感謝なんてしたくないのですが」って反抗的に聞き取ってしまうから。もちろん、感謝は、人の上等な資質で、僕も、感謝を忘れずに、って素直に思う。でも、感謝って言...

  • 塗装生活 37/xx

    そんなことは、上手くは、できるとは思えないけれど、曲りなりにも、自己分析、ができていなければ、自分の短所が補えなくなる、自分の長所が伸ばせなくなる。独りでは、上手くは、できるとは思えないけれど。        げみ鈍感な人ほど、他人を鈍感と言い募る。今日も、明日も、ブーメランの連投を繰り返す。底が浅くて、にわか仕込みの知識ほど、なぜか自信が持てる理由は、知識がない人なら、知識がないゆえに、自分の知...

  • 塗装生活 35/xx

    ドアに残ったままの、両面テープの跡を剥がす。所要時間は、1時間。    自らその場に居合わせて、自らの身体を使ってみることで、きっと、得られるものがある。...

  • 塗装生活 34/xx

    現代社会、というか、現代文明、というか。そんな大きなことなんて、固着した両面テープを剥がすことに、リソースを集中させている僕が言うことではないけれど。行動する、更新する、進歩する、拡大する、成長する。大急ぎで、加速度をつけて、何かを「する」ってことに、パラノイアさせて、オブセッションされて、僕は、今まで、「しない」ってことについては、何らの価値も見出すことがなかったから、今どき流行りの、外出自粛な...

  • 塗装生活 33/xx

    ドアバイザーの両面テープを剥がして、「おふろのみがき洗い」とコンパウンド。気が滅入るような単純作業。でも、仕事でも、勉強でも、細分化して、単純化してみれば、なんだって、根気がいる単純作業。    ものごとは、単純化して捉えなければ、考え込んでしまうだけで、取り組めない、取りかかれない。考えないで、次々と作業をこなすような、持ち前の、頭の悪さを発揮して、2本を磨き終えて、力が尽きる。所要時間は、2時間...

  • 塗装生活 32/xx

    泥よけにクリアを吹く。所要時間は、1時間。    ...

  • 塗装生活 31/xx

    泥よけを塗る。脱脂して、サフって、まだ残っている凹みを埋めて、ヤスって、塗料を吹く。所要時間は、2時間。    仕事と家事をこなして、残された隙間の2時間。たいしたことはできないから、今日は、泥よけを塗るだけでいい。それくらいならできる。...

カテゴリー一覧
商用