住所
出身
ハンドル名
インターネット新教会さん
ブログタイトル
悔い改めの礼拝とスヴェーデンボリ神学著作集の原典訳
ブログURL
https://blogs.yahoo.co.jp/sinjerusalem
ブログ紹介文
スヴェーデンボリ神学著作集から信仰と悔い改めを学び、主への愛と隣人への愛のある礼拝を目指します。
自由文
インターネット新教会は誰でもいつでも訪れて主を礼拝することが出来ます。 またこの世の金銭の献金は一切不要ですが、主のものである善と真理は十分の一とは言わず凡てを主に返してください。 自分が語り行ったどんな善い事も自分が行ったと思わず、自分を通して主が為されたことを承認して主を見上げ主に帰してください。
参加カテゴリ

哲学・思想ブログ / キリスト教 カリスマ派

聖書・聖句 / 宗教

更新頻度(1年)

166回 / 56日(平均20.8回/週)

ブログ村参加:2013/08/13

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 04/24 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 全参加数

インターネット新教会さんのブログ記事

  • 基督教は愛を教えるがそれに従う者は僅かである

    私が主御自身をキリストと呼ぶと、彼らの許に或る種の反感が感じられたが、しかし、その理由が明かされた。自然的な世界で基督教徒達が彼らよりも悪く生きること、また誰も仁愛の中に居ないことを知ったことから由来していた。しかし、私が素朴に主の御名を呼...

  • 20-2596~2597意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ

    20-2596〜2597意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ 2596.或る朝、一つ集団が私から隔たった所に居た。集団の象徴から彼らは中国人達であることを認めることが与えられた。というのは、彼らは毛深い雄山羊の種類、更に黍(きび)からの菓...

  • 22-2801~2802原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ

    22-2801〜2802原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ 2801. Vers. 7. Et dixit Jishak ad Abraham patrem suum, et dixit, Pater mi; et dixit, Ec...

  • 主に歓待される者

    他生において、信仰の真理を承認し、また同時に、善い生活を行った基督教徒達は、異教徒達よりも歓待されるからであるが、しかし、今日、このような基督教徒達は僅かな者達である。これに反し、従順と相互の仁愛の中で生きた異教徒達は、そのように善い生活を...

  • 20-2593~2595意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ

    20-2593〜2595意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ 2593.更に古代の時に生きた者達、またその時、より賢明な者達の間に居た者達と一緒に話すことも与えられた。最初、彼らは前方の隔たった所に見られ、なお加えて、そこで私の内的な思考...

  • 22-2799-7~2800原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ

    22-2799-7〜2800原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ [20] Ubi:そこで、その場所、legitur:読まれる、朗読される、quod:こと、それ、そのこと、` devoti:呪われた、et:〜と、および、occisi:殺...

  • 異教徒と基督教徒

    多くの異教徒達に私は教えられた。彼らは品行方正な生活を行い、なお加えて、従順である者達であり、また相互の仁愛の中で生き、そして自分の宗教的なものに従って良心と同等のものを受け入れた者達は、他生において歓迎され、なお加えて、そこで入念に天使達...

  • 20-2591~2592意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ

    20-2591〜2592意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ 2591.しかし、基督教徒達の間の如く、異教徒達の間にも賢明な者達と素朴な者達が居り、彼らがどのような者達であるかを私が教えられるために、時折、数時間、或いは数日その賢明な者達...

  • 22-2799-6原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ

    22-2799-6原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ [16] apud:〜のもとに、〜において、eundem,:同(書)、 Ne:〜しないように、否、exeas:出る、出て行く、(接続法二人称単数現在)agrum,:野、原、et:ま...

  • 主の慈悲は全人類に例外なくある

    異教徒と異邦人と呼ばれる教会外に産まれた者達は、聖言を持っていないこと、また、従って主を知らないこと、その方なしに何も救いの手段がないことの理由により救われることが出来ないと言う一般的な見解がある。しかしそれでもなお、主の慈悲は例外なくある...

  • 20-2589~2590意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ

    20-2589〜2590意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ 教会外に産まれた異教徒達と異邦人達の他生における状態と運命について 2589.異教徒と異邦人と呼ばれる教会外に産まれた者達は、聖言を持っていないこと、また、従って主を知らないこ...

  • 22-2799-5原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ

    22-2799-5原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ [12] apud:〜のもとに、〜において、eundem,:同(書)、 Rex:王、Babelis:バベル、バビロン、turres:櫓、塔、tuas:あなた達の、destruet:...

  • 霊的な距離

    霊的な世界の空間の距離については善の距離、或いは真理の距離の如きもの以外の別のものではない。霊的な世界の空間の距離は善と真理の類似と相似に従ったそれらの状態である。(神の愛と知恵7) 霊的な世界では凡てのものが外観ですので、霊的な世界の距離...

  • 20-2588-8意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ

    20-2588-8意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ [14]同書において、 「その日、大きな角笛で鳴り響かされ、またアシュルの地において失われていた者達とエジプトの地に追い払われていた者達が来て、そしてエルサレムに向かって、神聖な山に...

  • 22-2799-4原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ

    22-2799-4 原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ [8] apud:〜のもとに、〜において、eundem,:同(書)、 In:〜の中、〜において、igne:火、炎、Jehovah:エホバ、judicabit,:裁く、判決を下す、...

  • 天国は空間の中にはない

    霊的な世界において霊達と天使達は地上の空間に似ている空間に現れる。しかしそれでも空間に居るのではなく空間の外観(apparentia 外観、見かけ、)に居る。(神の愛と知恵7) 身体の死後凡ての人が行く霊的な世界にはこの世のようなの空間と時...

  • 20-2588-7意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ

    20-2588-7意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ [11]前に示されたように、これらの凡ての箇所の「アシュル」によって推論が意味され、「エジプト」と「ファラオ」によって科学(知識)が意味され、「エフライム」によて知的なものが意味され...

  • 22-2799-3原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ

    22-2799-3原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ [4] apud:〜のもとに、〜において、eundem,:同(書)、 Ex:〜から、〜により、ore:口、sedentis:乗っている、super:〜の上で、〜の上に、equo:馬...

  • 20-2588-6意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ

    20-2588-6意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ [10]聖言の内意において、特に預言的な聖言の内意において、これらのことについて多くのことが述べられている。そこでアシュルとエジプトについて述べられている。というのは、「アシュル」に...

  • 22-2799-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ

    22-2799-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ 2799. `Et:また、そして、accepit:掴んだ、取った、in:〜から、〜に、manu:手、sua:自分自身から、それ自身から、ignem:火、炎、et:〜と、および、cu...

  • 22-2799-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ

    22-2799-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ 2799. `Et accepit in manu sua ignem et cultrum': quod significet bonum amoris et verum...

  • 今も続く蛇の誘惑

    感覚により把握しないものを何も信じることを欲しなかったことによって、自分自身を盲目にした者達は、最後に何も信じないまでも自分自身を盲目にする。彼らはかつて「科学(知識)の木の蛇」と言われた。というのは、感覚的なものから、またそこからの間違っ...

  • 20-2588-5意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ

    20-2588-5意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ [8]これらの例から真理により理性的なものと科学的な(事実に基づく)ものの中に入ることが何か、また科学的な(事実に基づく)ものと理性的なものにより真理の中へ入ることが何かが明らかであ...

  • 22-2797~2798原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ

    22-2797〜2798原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ 2797. Vers. 6. Et accepit Abraham ligna holocausti, et posuit super Jishako filio suo; ...

  • 時間と空間は無限ではない

    永遠も同様である、というのは、これは時間の無限であるからである。もし、永遠に到るまでと言われるなら、これは時間から認められる。しかし、永遠からと言われるなら、時間が取り除かれない限り認められない。(神の愛と知恵156) 多くの人は時間と空間...

  • 20-2588-4意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ

    20-2588-4意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ [7]素朴な者達の理解にもまた示されるように、例として科学的な(事実に基づく)ものもまたある。 肯定的な原理の中に居る者達は目の視覚はないこと、しかし霊の視覚があること、その目によっ...

  • 22-2796原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ

    22-2796原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ 2796. {1} Quod induitiones variorum statuum a Domino attinet, de quibus hic agitur, non poss...

  • 自己愛の信仰

    主への愛と隣人への仁愛の中に居る者達は教義の真理を受け入れることが出来、また聖言に信仰を持つことが出来るが、しかし自己愛と世俗愛の生命の中に居る者達は出来ない。或いは同じことであるが、善の中に居る者達は信じることが出来るが、それに反し、悪の...

  • 20-2588-3意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ

    20-2588-3意訳「天界の秘義」創世記Ⅱ [5]もう一つ例として、主への愛と隣人への仁愛の中に居る者達は教義の真理を受け入れることが出来、また聖言に信仰を持つことが出来るが、しかし自己愛と世俗愛の生命の中に居る者達は出来ない...

  • 22-2795原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ

    22-2795原典訳「天界の秘義」創世記Ⅲ 2795. `Et revertemur ad vos': quod significet conjunctionem dein, etiam constare potest ...