searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
悔い改めの礼拝とスヴェーデンボリ神学著作集の原典訳 http://sinjerusalem.livedoor.blog/

聖書とスヴェーデンボリ神学著作集から信仰と悔い改めを学び、主への愛と隣人への愛のある礼拝を目指します。

インターネット新教会は誰でもいつでも訪れて主を礼拝することが出来ます。 またこの世の金銭の献金は一切不要ですが、主のものである善と真理は十分の一とは言わず凡てを主に返してください。 自分が語り行ったどんな善い事も自分が行ったと思わず、自分を通して主が為されたことを承認して主を見上げ主に帰してください。

インターネット新教会
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2013/08/13

1件〜100件

  • 37-4688~4689意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4688~4689意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4688.「そして見給え、あなた達の束が私の束を取り囲んだ」が、信仰の中に居た者達を意味すること、即ち何かの仁愛の信仰の中に居た者達を意味することは、「取り囲むこと」の意味が、ここでは崇拝するために近付くことであることか

  • 38-4831~4832原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4831~4832原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4831. `Et nomen illius Tamar': quod significet quale Ecclesiaequod Ecclesia repraesentativa spiritualium et caelestium, constatex significatione `nominis' quod sit quale, de qua n. 144, 145,1754, 1896, 2009, 2724,

  • 38-4828~4830原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4828~4830原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4828. Vers.:節、6-10. Et accepit Jehudah mulierem Ero primogenitosuo, et nomen illius Tamar. Et fuit Er primogenitus Jehudae malusin oculis Jehovae, et mori fecit eum Jehovah. Et dixit Jehudah adOnan, Veni ad uxor

  • 37-4684~4687意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4684~4687意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4684.「それで彼らは更に彼を憎むことを付け加えた」が、更に大きな侮りと嫌悪を意味することは、上の4681番に言われたことから知られよう。そこで同様な言葉が言われている。4685.「また、ヨセフは彼らに言った。どうぞ私が見た夢を

  • 38-4825~4827原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4825~4827原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4825. `Et addidit adhuc et peperit filium': quod significetidololatricum, constat (c)a significatione `filii' `hic quod' sitidololatricum, nam qui prius nati sunt, significabant falsum etmalum, n. 4821, 4823, inde

  • 37-4682~4683意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4682~4683意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4682.「また、ヨセフは夢を見た」が主御自身についての予言を意味することは、「夢を見ること」の意味が予言することであることから知られよう。また夢はヨセフについて取り扱うので、それは主の神的な人間性について予言することで

  • 38-4823~4824原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4823~4824原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4823. `Et concepit adhuc et peperit filium': quod significetmalum, constat ex significatione `filii' quod sit verum et quoquebonum, de qua n. 264, ita in opposito sensu falsum et quoque malum,sed malum quod ex fals

  • 37-4679~4681意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4679~4681意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4679.「彼の兄弟達は見た」が信仰のものを意味し、また最も近い意味においてヤコブの子孫達を意味することは、「見ること」の意味が認めることと理解することであることから知られよう。そのことについては2150, 2325, 2807, 3764, 3

  • 38-4819~4822原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4819~4822原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4819. `Et nomen ejus {1} Shua': quod significet quale, constat exsignificatione `nominis' quod sit quale, de qua supra n. 4817, hicquale mali ex falso mali, de quo etiam supra n. 4818.4819. `Et:また、そして、nomen

  • 37-4677-2~4678意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4677-2~4678意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ[8]神的な真理は唯一のものなので、即ち神的な善からあるので、王国の福音を宣べ伝えるために十二弟子達が派遣された時、彼らに二つのシャツ(下着)を持たないことが命じられた。それらのことについては次のようにルカ伝において

  • 38-4818-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4818-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ[3] Quid:何か?、どんな?、haec:これは、origo:起源、源泉、始まり、involvit:包む、含む、et:また、そして、repraesentat,:象徴する、表象する、patet:明らかである、a:~から、~により、sequentibus,:次の、後に続く、qu

  • 38-4818-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4818-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4818. `Et vidit ibi Jehudah filiam viri Canaanitae': quodsignificet affectionem mali ex falso mali, constat exsignificatione `filiae' quod sit affectio boni, de qua n. 2362, etin opposito sensu affectio mali, n. 3024;

  • 37-4677-1意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4677-1意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4677.「そして彼に様々な色のシャツ(下着)を作った」が、神的な霊的な自然的なものと神的な霊的な理性的なものとの連結からの真理の外観(それらにより自然的なものの霊的なものが知られ、また区別される)を意味することは、「シャツ

  • 38-4816~4817原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4816~4817原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4816. `Et declinavit ad virum Adullamitam': quod significet adfalsum, constat a significatione `declinare' quod sit in perversumabire; declinare enim, sicut descendere, praedicatur de elongationea bono ad malum et

  • 38-4815原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4815原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4815. `Et descendit Jehudah ex fratribus suis': quod significetposteritatem Jacobi, in specie Jehudae tribum quae separata areliquis, constat ex repraesentatione `Jehudae' quod sit inuniversali sensu posteritas Jacobi, e

  • 37-4675~4676意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4675~4676意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4675.「また、イスラエルは自分の凡ての息子達よりもヨセフを愛した」が、理性的なものの神的な霊的なものと自然的なものの神的な霊的なものとの連結を意味することは、「イスラエルとしてのヤコブ」の表象が自然的なものの神的な霊

  • 38-4814原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4814原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4814. `Et factum in tempore hoc': quod significet statumsequentium, constat ex significatione `temporis' quod sit status,de qua n. 2625, 2788, 2837, 3254, 3356, 3404, 3938; quod sit statussequentium, significatur per quo

  • 38-4813原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4813原典訳「天界の秘義」創世記ⅣSENSUS INTERNUSSENSUS INTERNUS:内意、4813.Vers. 1-5. Et factum in tempore hoc, et descendit Jehudaet fratribus suis, et declinavit usque ad virum Adullamitam, etnomen ejus Hirah. Et vidit ibi Jehudah filiam viri Canaani

  • 37-4670~4674意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4670~4674意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4670.「十七歳の息子」が主の霊的な神的な人間性そのものの状態を意味することは、聖言において述べられている者達の年齢の歳が他の数の如く同様に事柄と状態を意味することから知られよう。聖言の中の凡ての数は事柄と状態を意味す

  • 38-4811~4812原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4811~4812原典訳「天界の秘義」創世記ⅣCAPUT XXXVIII1. Et factum in tempore hoc, et descendit Jehudah exfratribus suis, et declinavit usque ad virum Adullamitam, et nomenejus Hirah.2. Et vidit ibi Jehudah filiam viri Canaanitae, et nomen ejusShua, et ac

  • 37-4666~4669意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4666~4669意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ内意4666.一~三節、「そしてそれから、ヤコブはカナンの地において自分の父の滞在の地に住んだ。下記の出生はヤコブのものである。ヨセフは十七歳の息子であり、その兄弟達と一緒に羊の群れを飼っていた。またその少年は自分の父の

  • 38-4809~4810原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4809~4810原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4809. Quando venerit Filius hominis in gloria Sua significatquando apparebit Divinum Verum in sua luce, (m)quod fit unicuivishomini cum moritur; venit enim tunc in lucem caeli, in quapercipere potest quid verum (o)

  • 38-4807~4808原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    38-4807~4808原典訳「天界の秘義」創世記ⅣGENESEOSCAPUT TRIGESIMUM OCTAVUMGENESEOS:創世記、CAPUT:章、TRIGESIMUM:第三十の、三十番目の、OCTAVUM:第八の、八番目の、4807. Ante caput praecedens, n. 4661-4664, inceptum estexplicare quae Dominus apud Matthaeum

  • 創世記 第三十七章の内容(内意の概要)

    創世記 第三十七章の内容(内意の概要)この章の内意において主の神的な人間性からの神的な真理について、それが教会の中で時間の経過ではねつけられることで投げ捨てられ、また最後にその代わりに間違った原理が受け入れられたことが取り扱われる。特に、仁愛から分離された

  • 37-4665意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4665意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ創世記 第三十七章の聖言1.そしてそれから、ヤコブはカナンの地において自分の父の滞在の地に住んだ。2.下記の出生はヤコブのものである。ヨセフは十七歳の息子であり、その兄弟達と一緒に羊の群れを飼っていた。またその少年は自分の父の

  • 37-4804~4806原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4804~4806原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4804. Sunt perplures societates in altera vita quae amicitiaesocietates vocantur; constituuntur ab illis qui in vita corporisjucundum conversationis praetulerunt omni alii jucundo, et quiamaverunt illos cum quibus

  • 37-4802~4803原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4802~4803原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4802. Sunt etiam tales spiritus qui quodammodo admittunt lucemcaeli ac recipiunt vera fidei, et usque mali sunt, sic ut aliquamperceptionem veri habeant, et quoque vera cupide recipiunt, sed nonob finem ut vivant s

  • 37-4661~4664意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4661~4664意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ創世記 第三十七章4661.前の章の前部に主が教会の最後の時について予言されたことを説明することが続けられた。またそこでマタイ伝、25.1-14、の許の十人の乙女達についての例えによって説明された。その後、他の例えが続く、即ち外

  • 37-47800~4801原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-47800~4801原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4800. Paucissimi credere possunt quo spirituum et angelorumsocietates sint quibus correspondent singula apud hominem, tum quoplures societates sunt, ac quo plures in societate, quod eo melioret fortior corresponde

  • 37-4799原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4799原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4799. Erant spiritus apud me ex alio orbe, de quo alibi, quorumfac erat diversa a faciebus hominum nostri orbis; erat prominens,imprimis circum labra, et praeterea libera; cum illis locutus sumde more illorum vivendi, st

  • 36-4658~4660意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    36-4658~4660意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4658.内的なものから認められたものを聴覚が持ち、またそこのその霊が教え示すことに従順であり、またその命令をふさわしく知らせる者達は耳の内的なものに関わりがある。彼らがどのような者達であるかもまた示された。左の脇腹に接

  • 37-4794~4798原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4794~4798原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4794.(s) Spiritus seu homo post mortem, omnes sensationes habetquas dum vixit in mundo, nempe visum, auditum, olfactum, et tactum,non autem gustum, sed loco ejus aliquod analogon, quod adjunctumest odoratui. Quod n

  • 36-4652~4657意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    36-4652~4657意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ続、最大の人間、即ち天界との相応について、ここでは聴覚、および耳とそれ(最大の人間)との相応について4652.霊魂と身体、或いは人間の内部の霊と人間の外部の身体の間にどのような相応があるかは、身体のものである話すことと聞

  • 37-4793原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4793原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4793. Quia gustus correspondet perceptioni et affectioni sciendi,intelligendi et sapiendi, et in illa affectione est vita hominis,idcirco non permittitur alicui spiritui et angelo influere ingustum hominis, nam hoc foret

  • 37-4791~4792原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4791~4792原典訳「天界の秘義」創世記ⅣContinuatio de Correspondentia cum Maximo Homine, hic de Correspondentia Gustus et linguae, et quoque Faciei cum illoContinuatio:続、続くこと、de:~について、Correspondentia:相応、cum:~と一緒に、~と、Maximo H

  • 36-4647~4651意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    36-4647~4651意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4647.十五~十九節、「下記の者達は、エサウの息子達の中の君主達である。エサウの長子エリファズの息子達、君主テマン、君主オマル、君主ツェフォ、君主ケナズ、君主コラ、君主ガタム、君主アマレク、これらの者達はエドムの地のエ

  • 37-4788-2~4790原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4788-2~4790原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4788. ` Midianitae:ミデヤン、vendiderunt:売った、売り込んだ、eum:彼を、ad:~に、~へ、Aegyptum'::エジプト、quod:こと、それ、そのこと、significet:意味する、illos:それらを、彼らを、qui:その者達、in:~の中

  • 37-4784~4788-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4784~4788-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4784. `Et renuit ad consolandum se': quod significet quod nonposset, constat ex illis quae nunc dicta sunt.4784. `Et:また、しかるに、renuit:拒否する、はねつける、ad:~のために、~へ、consolandum:慰めることへ

  • 36-4643~4646意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    36-4643~4646意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4643.二~五節、「エサウは、カナンの娘達から自分の女達を迎え入れた。ヘテ人エロンの娘アダ、またヒビ人ツィベオンの娘アナの娘オホリバム、また、イシュマエルの娘、ネバヨテの妹バセマテ、そして、アダはエサウにエリファズを産

  • 37-4780~4783-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4780~4783-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4780. `Et luxit super filio suo diebus multis' quod significetstatum, nempe luctus pro deperdito bono et vero, constat arepraesentatione `Josephi' qui hic est `filius', quod sit DivinumVerum, in specie illa de qu

  • 36-4640~4642意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    36-4640~4642意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ内意4640.一節、「そして、下記のものはエサウの出生である。その者はエドムそのものである。」「下記のものはエサウの出生である」は、主の神的な自然的な善の中の派生物を意味し、「その者はエドムそのものである」は、自然的なも

  • 37-4779-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4779-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ[3] apud:~のもとに、~において、Ezechielem,:エゼキエル書、Clamorem:叫び、どよめき、歓声、edent:発する、出す、(三人称複数未来)super:~の上に、~のために、te:あなたから、voce:声、言葉、sua,:自分自身から、et:

  • 37-4779-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4779-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4779. `Et posuit saccum in lumbis suis': quod significet luctumpro deperdito bono, constat ex significatione `ponere saccum superlumbis' quod fuerit repraesentativum [luctus] pro deperdito bono;`lumbi' enim significant

  • 創世記 第三十六章の内容(内意の概要)

    創世記 三十六章の内容(内意の概要)ここの内意の中で主の神的な自然的な真理について、またその善の凡ての秩序についてそれが名前によって記述されている。主の神的な自然的な善は「エサウ」である。1.そして、下記のものはエサウの出生である。その者はエドムである。2.エ

  • 36-4639意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    36-4639意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ創世記 三十六章1.そして、下記のものはエサウの出生である。その者はエドムである。2.エサウは、カナンの娘達から自分の女達を迎え入れた。ヘテ人エロンの娘アダ、またヒビ人ツィベオンの娘アナの娘オホリバム、3.また、イシュマエルの娘

  • 37-4776-2~4778原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4776-2~4778原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ[2] (s)Quod:こと、それ、そのこと、{3} nemo:誰も~ない、possit:出来る、可能である、salvari:救われること、nisi:~以外、もし~でなければ、in:~の中、~において、bono:善、charitatis:仁愛、vixerit,:生きた、et

  • 36-4638-2意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    36-4638-2意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ [4]「容器」は信仰の教義の事柄である。「しかし、花婿が遅れて凡ての者達がまどろみ、また眠った」は、遅れとそこからの疑いを意味し、内意において「まどろむこと」は遅れから教会の中で緩慢になることを意味し、「眠ること」は疑い

  • 37-4776-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4776-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4776. `Fera mala comedit eum': quod significet quod cupiditatesmali exstinxerint, constat ex significatione `ferae malae' quod sitmendacium ex vita cupiditatum, de qua n. 4729, proinde cupiditates;et ex significatione

  • 37-4770~4775原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4770~4775原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4770. `Et intinxerunt tunicam in sanguine': quod significet quodfoedaverint falsis ex malis, constat ex significatione `intingeresanguine' quod sit foedare falsis, `sanguis' enim in opposito sensuest verum falsific

  • 36-4635~4638-1意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    36-4635~4638-1意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ創世記 第三十六章4635.創世記の前の章々の序文において、これまで主がマタイ伝、24章において予言された教会の最後の時について説明されたので、また同福音書、25章においてそれが続けられているので、それもまたその順序で内意に

  • 37-4769-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4769-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ[3] `hircus:雄山羊、autem:しかし、他方において、caprarum':雌山羊、respective:それぞれ、個々に、関係して、関して、ad:~に、~へ、Ecclesiam Christianam,:基督教会、significat:意味する、illos:それらを、彼らを、qui

  • 35-4627~4634意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4627~4634意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4627.他方において、鼻の内的なものに関係する者達は、その外的なものに関係する者達よりも認識に関して更に完全な状態の中に居る。そのことについては上に示された。彼らについて下記のことを述べることが許されている。私に浴室が

  • 37-4769-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4769-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4769. `Et mactarunt hircum caprarum': quod significet veraexterna ex jucundis, constat ex significatione `hirci caprarum' inVerbo quod sint vera naturalia, hoc est, vera externi hominis exquibus jucunda vitae, tum quoq

  • 37-4767~4768原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4767~4768原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4767. Vers. 31-35. Et sumpserunt tunicam Josephi, et mactarunthircum caprarum, et intinxerunt tunicam in sanguine. Et miserunttunicam variorum colorum, et adduxerunt ad patrem illorum, etdixerunt, Hanc invenimus, a

  • 35-4623~4626意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4623~4626意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4623.しかし霊達の感覚的な生命は二様のものがあること、即ち実際のものと実際のものでないものがあることが知られなければならない。一方のものは他方のものから区別されたものであり、天界に居る者達に現れるその凡てのものは実際

  • 37-4766原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4766原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4766. `Et ego quo ego venio?': quod significet ubi nunc Ecclesia,constat a repraesentatione `Reubenis' quod sit fides Ecclesiae incommuni, de qua n. 4731, 4734, 4761; et quia Reuben de se dicit `etego quo ego venio', sig

  • 37-4764~4765原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4764~4765原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4764. `Et rediit ad fratres suos': quod significet docentes,constat a repraesentatione {1} `fratrum (o)Josephi' quod sint quia fide separata, et quia pastores erant, quod etiam sint docentesex fide, ut supra n. 470

  • 35-4619~4622意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4619~4622意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4619.「そしてその民に集められた」が、理性的なものが今や神的な自然的なものの間にあることを意味することは、「民に集められること」の意味が、表象について述べられる時もはや表象がないことであることから知られよう。そのこと

  • 37-4763-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4763-2原典訳「天界の秘義」創世記ⅣCum:その時、その場合、convertit::向きを変えた、se:自分自身を、Samuel:サムエル、ad:~のために、~へ、abeundum,:去ることへ、出発することへ、Shaul:サウル、apprehendit:つかんだ、握った、alam:外縁、裾、へり、{3} tu

  • 37-4763-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4763-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4763. `Et discidit vestes suas': quod significet luctum, constata significatione `discindere vestes quod sit luctus, nempe propterverum deperditum seu quod nulla fides; in Verbo, imprimishistorico, saepius legitur quod

  • 35-4613~4618意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4613~4618意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4613.「マムレキリアテアルバ」がその状態を意味することは、「マムレ」の意味が接合されるもののその質と量であることから知られよう。そのことについては2970番に示された。また「キリアテアルバ」の意味が真理に関する教会である

  • 37-4761~4762原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4761~4762原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4761. `Et rediit Reuben ad foveam': quod significet fidemEcclesiae in communi, constat a repraesentatione `Reubenis' quodsit confessio fidei Ecclesiae in communi, de qua n. 4731, 4734; et(c)ex significatione `fovea

  • 37-4760原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4760原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4760. `Et adduxerunt Josephum Aegyptum': quod significetconsultationem a scientificis, constat a significatione `Aegypti'quod sint scientifica, de qua n. 1164, 1165, 1186, 1462; ad quaecum affertur Divinum Verum, est con

  • 35-4611~4612意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4611~4612意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4611.二十七~二十九節、「そして、ヤコブは自分の父イサクに向かってマムレキリアテアルバへ行った。それはヘブロンである。そこにアブラハムとイサクは滞在した。そして、イサクの日々は100年と80年であった。そして、イサクは息が

  • 37-4759原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4759原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4759. `In viginti argenti': quod significet aestimationem,constat ex significatione `viginti' quod sint bonum et verum ininteriore homine reconditum a Domino, quae `reliquiae' vocantur, dequa n. 2280, ita sanctum bonum a

  • 37-4755~4758原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4755~4758原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4755. `Et auscultaverunt fratres illius': quod significet condescendentiam, constat absque explicatione.4755. `Et:また、そして、auscultaverunt:耳を傾けた、服従した、fratres:兄弟達、illius'::それの、彼の、quod:

  • 35-4606~4610意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4606~4610意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4606.「またシメオンとレビとユダとイッサカルとゼブルンであった」が、それらの本質的な部分を意味すること、即ち外なるものの神的な善と真理を意味することは各々の者の表象から、即ち「シメオン」の表象が最高の意味において摂理

  • 37-4752~4754原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4752~4754原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4752. `Ite et vendamus eum Jishmaelitis': quod significet quodagnoscant Ipsum qui in simplici bono, constat a significatione`vendere' quod sit abalienare a se, ita {1} recipi ab aliis, (o)dequa n. 4098, quod cum pr

  • 37-4751原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4751原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4751. `Quid lucri quod occidamus fratrem nostrum, et obtegamussanguinem ejus': quod significet quod inde nihil proficuum et(o)inde nihil altitudinis si hoc prorsus exstingueretur, constat(c)ex significatione `quid lucri'

  • 35-4602~4605意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4602~4605意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4602.二十三~二十六節、「そして、ヤコブの息子達は十二人であった。レアの息子達はヤコブの長子ルベン、またシメオンとレビとユダとイッサカルとゼブルンであった。ラケルの息子達はヨセフとベニヤミンであった。また、ラケルの女

  • 37-4750原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4750原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4750. `Et dixit Jehudah ad fratres suos': quod significet pravosin Ecclesia qui contra bonum quodcumque, constat a repraesentatione`Jehudae' quod in bono sensu sit bonum amoris caelestis, de qua n.3654, 3881, in opposito

  • 37-4749原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4749原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4749. `Euntes ad deferendum ad Aegyptum': quod significetinstructionem in scientificis, constat a significatione `Aegypti'quod sint scientifica, de qua n. 1164, 1165, 1462, et quia per`aromata, resinam et stacten' signif

  • 35-4600~4601意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4600~4601意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4600.「また、イスラエルがその地に留まっている間に」が、その状態の中に居る時を意味すること、即ち真理からの善の状態の中に留まっている時を意味することは、「留まること」の意味が生きることであることから知られよう。という

  • 37-4748-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4748-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4748. `Et:また、そして、cameli:駱駝、illorum:それらの、彼らの、ferentes:持って行っている、下している、aromata,:香料、et:また、そして、resinam,:樹脂、et:~と、および、stacten'::没薬、香油、quod:こと、それ、そ

  • 37-4748-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4748-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4748. `Et cameli illorum ferentes aromata, et resinam, etstacten': quod significet vera interiora naturalia, constat exsignificatione `camelorum' quod sint in genere illa quae suntnaturalis hominis inservientia spiritu

  • 35-4599意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4599意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4599.「またエデルの塔(櫓)を越えてからその天幕を張った」が、その内的なものを意味することは「天幕を張ること」の意味が神聖なものの進行であることから、ここでは内的なものへ向かう進行であることから知られよう。「天幕」が神聖な

  • 37-4747原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4747原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4747. `Et ecce comitatus Jishmaelitarum venit e Gilead': quodsignificet illos qui in bono simplici in quali gentes, constat exrepraesentatione `Jishmaelitarum' quod sint illi qui in simplicibono quoad vitam, et inde in n

  • 37-4745~4746原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4745~4746原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4745. `Et sederunt ad comedendum panem': quod significetappropriationem mali ex falso, constat a significatione `comedere'quod sit appropriatio, de qua n. 3168, 3513 f, 3596, 3832; et exsignificatione `panis' quod

  • 35-4595~4598意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4595~4598意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4595.「また、ヤコブはその墓の上に柱を建てた」が、そこで甦らなければならない霊的な真理の神聖なものを意味することは、「柱」の意味が真理の神聖なものであることから知られよう。そのことについては4580番に示された。ここでは

  • 37-4744原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4744原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4744. `Et fovea vacua, nulla in illa aqua': quod significet quodtunc nihil verum, constat ex significatione `fovea-' quod sintfalsa, de qua n. 4728; ex significatione `vacuae' quod sit ubinihil verum {1} quia nihil bonum

  • 37-4742~4743原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4742~4743原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4742. `Tunica variorum colorum, quae super eum': quod significetapparentiarum quale quoad vera ex bono, constat ex significatione`tunicae variorum colorum' quod sint apparentiae veri, ex quibusspirituale naturalis

  • 35-4593~4594意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4593~4594意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4593.「そして、ラケルは死に、またエフラタの道の途中に埋葬された」が、前の内的な真理への情愛の終結を意味することは、「死ぬこと」の意味がそのようなことを終えることであることから知られよう。そのことについては494番に示さ

  • 37-4740~4741原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4740~4741原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4740. `Factum, sicut venit Joseph ad fratres suos': quodsignificet cum de Ipso praedicatum, constat a repraesentatione`Josephi' quod sit `Verum Divinum' imprimis de Divino HumanoDomini; hoc cum dicitur `venire ad i

  • 37-4739原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4739原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4739. Vers. 23-30. Et factum, sicut venit Joseph ad fratressuos, et exuebant Josephum tunica sua, tunica variorum colorum quaesuper eum. Et sumpserunt eum, et miserunt eum in foveam, et foveavacua, nulla in illa aqua. Et

  • 35-4592-2意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4592-2意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ[7]更にベニヤミンによって聖言の中の他の箇所でもまた、特に預言的な箇所で教会の霊的な真理が意味されている。例えば、モーセの書においてイスラエルの子孫達についてベニヤミンの子孫に言った。「エホバに愛された者よ、エホバは彼の

  • 37-4738原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4738原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4738. `Propterea ut eriperet eum e manu illorum, ad reducendumeum ad patrem ejus': quod significet ut vindicaret Ecclesiae,constat ex significatione `eripere e manu illorum' quod sitliberare, ut supra n. 4732; et a signi

  • 37-4736~4737原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4736~4737原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4736. `Mittite eum ad foveam quae in deserto': quod significetquod absconderent interea inter sua falsa, hoc est, quodconsiderarent ut falsum, sed usque retinerent quia interestEcclesiae, constat a significatione `

  • 35-4592-1意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4592-1意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4592.「しかるにその父は彼をベニヤミンと名付けた」が天的な霊的なものの性質を意味することは、「ベニヤミン」の表象が天的な霊的なものであることから知られよう。それが何であるかは上の4585番に示された。即ちそれは霊的なものと天

  • 37-4735-4原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4735-4原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ[12]Quia:なぜなら、ので、per:~を通して、~によって、`sanguinem':血、血液、in:~の中、~において、genuino sensu:正しい意味、significatur:意味される、sanctum,:神聖な、聖なる、ita:このように、従って、in:~の中、

  • 35-4588~4591意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4588~4591意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4588.「そして産婆が彼女に言った。心配するな」が自然的なものからの認識を意味することは、聖言の歴史的な箇所における「言うこと」の意味が認識であることから知られよう。そのことについては1791, 1815, 1819, 1822, 1898, 1919,

  • 37-4735-3原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4735-3原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ[5] Quod:こと、それ、そのこと、`sanguis':血、血液、sit:ある、Sanctum:神聖な、聖なる、illud,:それは、constare:知られること、明らかであること、potest:出来る、可能である、a:~から、~により、pluribus:より多くの、

  • 35-4585-2~4587意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4585-2~4587意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ[4]とは言え、そのようなものが聖言の内意の中に含まれているので、またそれらは適当な用語なしに説明されることが出来ないので、また外的なものを表現するためには自然的なものによって以外更にふさわしい用語が存在しないので、

  • 37-4735-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4735-2原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4735. `Ne:~しないように、否、effundatis:注ぐ、注ぎ出す、(接続法二人称複数現在)sanguinem'::血、血液、quod:こと、それ、そのこと、significet:意味する、ne:~しないように、否、violent:傷つける、害する、妨害する、s

  • 37-4735-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4735-1原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4735. `Ne effundatis sanguinem': quod significet ne violentsanctum, constat ex significatione `sanguinis' quod sit sanctum, dequa sequitur; inde `effundere sanguinem' est violare illud. Omnesanctum in caelo procedit ex

  • 35-4582~4585-1意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4582~4585-1意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4582.「またその上に油を注いだ」が、愛の神的な善を意味することは、「油」の意味が愛の神的な善であることから知られよう。そのことについては886, 3728番に示された。「石の柱を建てること、その上に献酒を注ぐこと、その上に油

  • 37-4731~4734原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4731~4734原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4731. `Et audivit Reuben': quod significet confessionem fideiEcclesiae in communi, constat ex repraesentatione `Reubenis' quodsit fides intellectu seu doctrina quae primum est regenerationis,in complexu verum doctr

  • 35-4581-2意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4581-2意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ[4]「献酒」が真理の善、或は霊的な善を意味することはそれらによって利用された生け贄から知られることが出来よう。生け贄は牛の群れか羊や山羊の群れから行なわれ、またそれらは主への礼拝を表象するものであった。922, 923, 1823, 218

  • 37-4730原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4730原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4730. `Et videbimus quid erunt somnia ejus': quod significet quodpraedicationes de Ipso sic falsae et viderentur, constat exsignificatione `somniorum' quod sint praedicationes, de qua n.4682, quae quia in oculis eorum ut

  • 37-4729原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    37-4729原典訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4729. `Et dicamus, Fera mala comedit eum': quod significetmendacium ex vita cupiditatum, constat e significatione `ferae'quod sit affectio et cupiditas, de qua n. 45, 46; `fera' enim ingenuino sensu est vivum, n. 774, 84

  • 35-4579~4581-1意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ

    35-4579~4581-1意訳「天界の秘義」創世記Ⅳ4579.十四~十五節、「そして、ヤコブは彼と話されたその場所に柱を建てた。柱は石(であった)。またその上に献酒を捧げ、またその上に油を注いだ。また、ヤコブは神が彼と話されたその場所の名をベテルと呼んだ。」「ヤコブは彼

ブログリーダー」を活用して、インターネット新教会さんをフォローしませんか?

ハンドル名
インターネット新教会さん
ブログタイトル
悔い改めの礼拝とスヴェーデンボリ神学著作集の原典訳
フォロー
悔い改めの礼拝とスヴェーデンボリ神学著作集の原典訳

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用