searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
幕末多摩・ひがしやまと
ブログURL
http://mikemiketenko.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
東大和市を中心とした、幕末の多摩地域のお話をします。新選組漫画つきです。
更新頻度(1年)

22回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2013/07/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、イッセーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
イッセーさん
ブログタイトル
幕末多摩・ひがしやまと
更新頻度
22回 / 365日(平均0.4回/週)
フォロー
幕末多摩・ひがしやまと

イッセーさんの新着記事

1件〜30件

  • オレデミー大賞 2021年4月期

    4月期ドラマのオレデミー賞です。今期はゴールデンでなかなか面白いドラマが多かった印象。逆に深夜では不調・・・というか、ワタクシ好みのドラマが少なかった印象です。10位 桜の塔 テレ朝 木 21:009位  ドラゴン桜 TBS 日 21:008位  おちょやん NHK 月~金 08:007位  あのときキスしておけば テレ朝 金 23:156位  今ここにある危機とぼくの好感度について NHK 土 21:0...

  • 江戸楽アカデミー 夏秋講座ご案内

    1年間お休みしておりましたワタクシめの歴史講座ですが、今夏から各所で再開させていただくことになりました。今回告知させていただきますのは「江戸楽アカデミー講座」です。以前は「江戸文化歴史検定」とタイアップして講座をさせていただきましたが、江戸検も終了してしまいましたので、今回からは検定試験にこだわることなく歴史初級者から上級者まで、楽しめるような講座にしたいと思っております。もう、見事に大河ドラマに...

  • 「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方⑪ 軍用金調達

    当ブログでは「青天を衝け」をきっかけに、より東大和市域に関係の深い渋沢成一郎を追って記事を書いているワケですが、栄一は自分と成一郎との違いについて、自分は一つ一つ目の前の課題を片付けながら進むタイプだが、成一郎は一足飛びに先に進もうとすると語っています。なるほど、彰義隊離脱後の成一郎を見ていると、そのような性格が彼を動かしていくような感じにも見えてきます。田無村に入った振武軍ですが、ここは彼らの最...

  • 「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方⑩ 田無駐屯

    「青天を衝け」も平岡円四郎が亡くなってしまいました。篤太夫も成一郎もショックだったことでしょうし、また武家の世界のことは平岡が頼りだっただけに不安にも駆られたハズ。ただ、この後平岡の後任を務めた黒川嘉兵衛が親切に対応してくれたので、大いに助かったと「雨夜譚」に書かれています。ここまでのドラマのちょっとこぼれ話。篤太夫が薩摩藩士・折田要蔵の元にスパイとして潜り込む話がありました。篤太夫がどのようにし...

  • 「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方⑨ 渋沢成一郎と天野八郎

    前回、話が横道に逸れましたが元に戻します。渋沢成一郎が頭取、天野八郎が副頭取となり彰義隊はスタートしました。しかし、この体制はすぐに問題を起こします。それは成一郎と天野の立場の違い、あるいは性格の違いから来たのかもしれません。まず成一郎ですが、彼は慶喜に見いだされ側近に抜擢された人間ですから、なんとか慶喜の名誉を回復したい。彰義隊の隊士も一橋家臣や幕臣に限る、と彼は考えています。慶喜に対する忠誠心...

  • 「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方⑧ 川村恵十郎と真田範之介

    前回の「青天を衝け」で、渋沢栄一と喜作は突然平岡円四郎から一橋家の家臣にならないか、と声を掛けられました。いよいよ二人の運命が動き出しそうです。平岡に「なかなか見どころのあるヤツがいますよ」と栄一・喜作を紹介したのは、同僚の川村恵十郎だといいます。前回の放送で栄一を円四郎の待つ長屋に引っ張り込んだ人物、あれがそうですね。波岡一喜さんが演じています。でも、ドラマでは栄一・喜作が川村恵十郎と知り合った...

  • 「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方⑦ 天野八郎

    慶応4年(1868)2月、一橋家に近い旧幕臣たちが、慶喜の汚名を雪ぎ薩賊を殲滅せんと結集いたします。即ち、12日 雑司ヶ谷茗荷屋にて 17人17日 四谷円応寺にて 30人21日 同所にて 67人この中で、出自は農民ながら持前の才覚で頭角を現わし、慶喜の奥祐筆格まで勤めていた渋沢成一郎が頭目に推されることは、当然のことでした。しかし、そこにもう一人変わった経歴の男が居り、その彼がこの集団と成一郎の将...

  • 「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方⑥

    14代将軍徳川家茂(磯村勇斗)と皇女和宮(深川麻衣)の結婚が決まり、和宮の江戸城入りとなった前回の「青天を衝け」。和宮様の東下りは中山道を使っての道中でした。そこで血洗島の住民たちが深谷宿まで人足として駆り出されることになります。これに対して栄一がえらく憤慨しておりました。良い子のみんなはもうご存じでしょうが、これは助郷ですね。年貢とともに農民が納めなくてはならない税の一つ。労働税です。各藩や幕領な...

  • オレデミー大賞 2021年1月期

    2021年になり、最初のオレデミー賞です。テレビドラマでは出演者もマスクをしているシーンが目立ち、こういうのは何年もして再放送を見ると「そーゆー時代だったなァ」なんて思い出されるんでしょうね。さて、2021年1月期に地上波で放送されたドラマは非常に数が多くて、ワタクシが少なくとも1回はチェックしたものでも36本ありました。さらに、前クールから継続中だった「監察医朝顔」「24JAPAN」を入れると38本...

  • 「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方⑤

    前回の放送では、いよいよ大老に就任した井伊直弼が水戸の徳川斉昭、越前の松平春嶽、一橋慶喜を江戸城から追い出し、安政の大獄へと進んでいきました。また、14代将軍継嗣問題や日米修好通商条約締結など、時代は本格的な幕末へと向って行きます。一方、主人公の栄一は何をしていたのかというと。大好きなお千代ちゃんを巡って、従兄弟の喜作とガンのくれあい、飛ばしあい。ツッパリハイスクールロッケンロール血洗島編の真っ最...

  • 和歌山城と郵便保護銃

    東京の緊急事態宣言が解除になったから、というワケでもないのですが、和歌山に行ってきました。昨年秋に大学時代の後輩が病気で亡くなり(新型コロナではない)ました。ワタクシの1学年下で、住んでいたアパートも隣の部屋。同じ演劇部で一緒に芝居をつくった仲間でありました。すぐ葬儀に駆け付けたかったのではありますが、昨今の世の中の状況とご親族から家族葬で行うのでとの連絡もあり、お別れを言いたい気持ちをずっと抑え...

  • 桜の話

    この記事は2021年3月23日に書いていますが、昨日仕事で都内を歩いていると、桜が七、八分まで咲いている所がありました。今日は陽射しもあって日中は暖かだったので、一気に満開まで行った所もあったでしょう。ところがワタクシの住んでおります東大和市は「東京の軽井沢」と呼ばれている所(笑)ですので、多摩湖周辺のまだまだ桜も二分三分咲きといったところです。最近は日中の気温が高いので、今週末がちょうど見頃を迎えるか...

  • 「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方④

    いきなりなんですが、PCが壊れてしまいました。もうかなり長い間使っているモノなので、最近は動作が不安定でもあり、新しいPCを発注した矢先のことでした。ということで、大事なデータは外付けのHDDに保存した後だったので、それは問題ないのですが、しばらくはこちらのブログもスマホかiPadで閲覧したり書いたりになります。使い慣れてないと...ホント不便^^;一応、Bluetoothのキーボードを買っておいて良かったです。さて、前回...

  • 「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方③

    「青天を衝け」第3話ではいよいよペリーがやって来て、日米和親条約が締結されました。残念だったのは、従来のごとく「幕府がアメリカの砲艦外交に屈して」開港したと演出されていた所ですねぇ・・・。開港通商を要求してきた軍人ペリーに対して、幕府は林大学頭を筆頭に学者と官僚が国際法を分析して、日本の主張を押し通し、人命救助や食料の供給など人権保護の面で開港を譲歩したと、そろそろ視点を修正してもいいだろうと思う...

  • 「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方②

    「青天を衝け」なかなか面白いスタートで、この先を期待させる出足だったと思います。前回当ブログで疑問符をつけた「キタキン徳川家康問題」も、納得。番組の冒頭に登場して1話目では「明治の世を作った者の中には有能な幕臣もいた」、2話目では「江戸時代は鎖国をしていたわけではない。幕府による管理外交が行われていた」という事実を、東照大権現様自らが語っておられます。未だに続いている「幕府が腰抜けだったから欧米列...

  • 「青天を衝け」幕末多摩ひがしやまと流見方①

    コロナ禍によるイレギュラーもありましたが、大河ドラマ「麒麟がくる」もついに終わりました。ラストシーンで光秀生存説を匂わすあたりにビックリしましたけど、アレはアレで余韻の残る良いラストだったと思います。あのラストであれば、光秀と家康がやたら親しんでいた伏線も理解できます。まぁ、そうなると家康の伊賀越えはなんで?という矛盾も出てくるんですけど、ドラマだからいいでしょう。オレデミー大賞の順位も上げておき...

  • オレデミー大賞 2020年 大賞発表

    年が明けまして、いきなりの首都圏への緊急事態宣言です。不要不急の外出は避け、家でドラマでも見ていることにいたしましょう。というワケで2020年オレデミー大賞の発表ですが、先ずは10月期のオレデミーランキングを見てみましょう。10位 リモラブ 普通の恋は邪道 日テレ 水 22:009位  七人の秘書 テレ朝 木 21:008位  共演NG テレ東 月 22:007位  極主夫道 日テレ 日 22:306位 ...

  • 2021年 年賀状

    今年もよろしくお願いいたします。「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • オレデミー大賞 中間発表 4・7月期

    みなさんもご承知のように、今年のドラマ界はコロナ禍の影響をモロにかぶることとなりました。4月期に開始されたドラマは軒並み休止。そのまま打ち切られたものもあれば、秋口以降に再開して完走したものもありました。4月のドラマでいえば、打ち切りのような短縮版になった代表が「GB~身辺警護人」。一方、休止期間を経て、10月までかかって完走させた代表が「SUITS season2」でしょうかね。とにかく4月期だけでは評価で...

  • 東大和観光ガイド #東大和エール飯

    かなり投稿が空いてしまいました。10月に江戸楽アカデミーさんで講座をさせていただいたあと、何をしていたかというと、動画を撮影しておりました。コロナ禍が収まらない中、各地方の飲食店を応援しようということで、全国的に「#エール飯」という企画が行われていることはご存知でしょうか?ワタクシ、地元の東大和市で観光ボランティアガイドの末席に参加させていただいております。しかし、今年はお客様をご案内してのガイド...

  • 江戸歌舞伎と外国人史跡

    まだまだコロナは完全に終息に向かってはいませんが、スポーツ、エンタメと随所で徐々にではありますが復活の動きが出ております。ワタクシもこの秋から江戸講座を復活させていただくこととなりました。江戸楽アカデミーの秋期講座、9月19日の「これだけは覚えておきたい!江戸時代の外国人47人」と10月3日の「たっぷり!くわしく!江戸の歌舞伎」で、受講される方々の前でお話をさせていただきます。一応、江戸文化歴史検...

  • 庚申塔のはなし

    先月のことになりますが、東大和市内の生涯学習サークル「おとなの社会科」にて「庚申塔への誘い~江戸時代における庚申塔の変遷を中心として~」という講座があったので、聴講してまいりました。なんたって、ワタクシも庚申塔ファンだからね。史跡歩きや地方に旅行など行ったときに、庚申塔や馬頭観音像を見ると必ず写真を撮って「萌え~」ってなっています。キモイですか?すみません・・・。庚申塔の意味や石造物に彫られている...

  • 江戸楽アカデミー オンライン講座やってきました

    前回ご案内いたしました、「江戸楽アカデミー」のオンライン講座。本日、無事行うことができました。なにしろ自分でもライブでのオンライン配信は初めてですので、何もわからないまま。技術的な部分は小学館集英社プロダクションのスタッフ様にお任せして、こちらはベシャリに専念させていただきました。配信前のスタジオの様子。奥のデスクの前にカメラがあります。手前でPCなど最終チェックをされているスタッフの方々。本番前の...

  • 江戸楽アカデミー オンライン講座

    お久しぶりです。5月の下旬から持病の群発性頭痛の頭痛期に入ってしまい、しばらく何も手に付かない状態が続いておりました。ということでブログも更新できず・・・。新型コロナで外出自粛期間中だったので、どこにも行けないといたのうのは都合が良いといえばその通りだっですが、7月に入ってようやく頭痛期も通り抜け悪魔の苦しみから解放されました。さて、頭痛も治まったタイミングで、3月以降中止されていた講座もそろそろ...

  • 厳島神社とトウキョウサンショウウオ  東大和市蔵敷

    東京都の休業要請がステップ2→3に移行して、また感染者が増えてきたように感じますが、かといって爆発的に広がっているワケでもないようですし、日々少しづつではありますが行動範囲を広げつつあるところです。さて、前回子供を飲み込んだ大蛇の池(現防火水槽)をご紹介しましたが、今回はその北側にある神社をご紹介しましょう。大蛇が封じ込められたのも、おそらくこの神社でしょう。厳島神社です。石造りの鳥居の奥に、昔建...

  • 東大和のUMA  東大和市蔵敷・湖畔

    日本国中、どこの地方にも未確認生物(UMA)というものはいるようです。水木しげる先生の「妖怪事典」を読みますと、それがよく分かります。まぁ、妖怪とUMAは違うものかも知れませんが、生物系の妖怪はUMAという括りでいいんじゃないかとワタクシは考えております。で、当ブログの舞台、東京都東大和市ですが、ここにもUMA伝承が残っておりますので、今回はそのエピソードをお散歩がてらご紹介。以前ご案内した熊野神社を少し西へ...

  • 御嶽神社と仙光谷津  東大和市蔵敷

    前回ご紹介した熊野神社から、東に向かって歩いて行きます。途中から旧道に入ります。この道は村山道と呼ばれた、旧幕時代以前のメインストリート。今はほぼ住民しか利用しない生活道路です。途中で北に入る脇道があるのでそちらに行くと、神社が1社あります。御嶽神社です。まぁね、このロケーションですから東大和市民でも知ってる人は少ないですよ。これからの季節、虫除けスプレーでもしていかないと、薮蚊のエサにされてしま...

  • 熊野神社と芋窪礫層

    いやぁ、奥さん!NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」も来月で一時放送中止ですってよ!麒麟が来ないで「麒麟がやすむ」になっちゃいましたよ、ホントにもう・・・。休んでたら本能寺に間に合わないよぉ!ということで、キリンビールよりキリンレモンが好きなイッセーです。今日のひがしやまとお散歩巡りはコチラをご紹介しましょう。熊野神社です。旧青梅街道から1本脇道を入ったところにあります。鳥居をくぐって石段を上がっていく...

  • 雲性寺の地頭墓

    お久しぶりザード。吹雪を呼ぶ男、イッセーです。ま、実際は南国の太陽の方が好きなんですけどね。季節外れのご挨拶、失礼いたしました。さて、みなさま。前例のない不要不急の外出自粛が続きますが、お元気でいらっしゃいますか?地方ではそろそろ自粛の緩和も始まっているようですが、お隣の韓国のように浮かれてクラブに遊びに行ったら再び感染ドカーン!みたいなコトもありますので、ゆめゆめ御油断なされませぬようお願いいた...

  • 山王社と愛宕社

    不要不急の外出自粛要請が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?ワタクシは元々漫画家でした故、缶詰生活には慣れております。加えて生粋のインドア。「俺たち行動派!」ならぬ「俺たち潜中派!」なので、あまり人と交流がなくても全然平気なのですが、あまり外に出ないのも運動不足になる。実はコレステロール値もここ数年で高くなってきており、掛りつけの医者からも「あんた少しは運動しないとダメだぜよ」と忠...

カテゴリー一覧
商用