searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ぼのさんのプロフィール

住所
土岐市
出身
東区

自由文未設定

ブログタイトル
自転車散歩と山歩記  「この道の向こうに…」
ブログURL
https://vrooom.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
映画、洋楽、JAZZ好きな中年オヤジの 自転車散歩と山歩き。
更新頻度(1年)

4回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2013/02/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぼのさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぼのさん
ブログタイトル
自転車散歩と山歩記  「この道の向こうに…」
更新頻度
4回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
自転車散歩と山歩記  「この道の向こうに…」

ぼのさんの新着記事

1件〜30件

  • 「この稜線の先へ ~山とCAMPと自転車と」の自転車カテゴリに中山道自転車旅の思い出を新たに更新しました。

    当ブログの続編ブログ「この稜線の先へ ~山とCAMPと自転車と」の自転車カテゴリに "自転車旅の振り返り" として「中山道自転車の旅の思い出・第二弾」を更新いたしました。 ブログ記事はコチラです。

  • 「この稜線の先へ ~山とCAMPと自転車と」自転車旅のカテゴリを更新しました。

    本日4/23、当ブログの続編ブログ「この稜線の先へ ~山とCAMPと自転車と」の自転車カテゴリに "自転車旅の振り返り" として「中山道自転車の旅の思い出・第一弾」を更新いたしました。 新規更新ブログ記事はコチラです。 思い出ではありますが、久方ぶりの自転車記事です。どうぞご覧くださいまし。

  • 山歩きレポ、更新しました。

    続編ブログ「この稜線の先へ ~山とCAMPと自転車と」"山歩き" のカテゴリに新しい記事を行進いたしました。 2020.03.25 ミツマタの群生鑑賞の後は歴史を感じながら歩く山旅を… 霧山城址ハイキング

  • 2020.04.17 更新情報 第2弾ブログ「この稜線の先へ」に自転車旅の今までのリストを移行しました

    こちらのブログでは、本当にお久しぶりでございます。 この度、当ブログの続編である「この稜線の先に」に自転車カテゴリを漸く更新しました。 まず手始めにサイクリングリストをこちらのブログから移行しています。 宜しければご覧くださいまし。 「この稜線の先へ ~山とCAMPと自転車と」 URL: https://bono90125.blog.ss-blog.jp/  「自転車旅、自転車散歩  Index」 URL : https://bono90125.blog.ss-blog.jp/archive/c2306183713-1

  • お知らせ。

    いつも当ブログにお越しいただきありがとうございます。 この度、ブログ移設…ではないのですが、当ブログの容量が満杯になってしまいましたので、パート2を立ち上げることとなりました。 ま、いわゆる続編ということになります。 本日以降の新規更新分は、新しいブログに更新されていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 新ブログのURLは、  https://bono90125.blog.so-net.ne.jp/ タイトルも「この稜線の先へ  (自転車散歩と山歩記 2)」というタイトルに一新し、続けていく所存でございます。 ここ最近山旅関連の記事が多くなってきているため、登山中心のブログになるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。 尚、こちらのブログも過去の記録として残しておきます。山行や自転車旅の参考にしていただけたらと思っていますので、ど..

  • 2019.02.28 今年も可憐なセツブンソウに会ってきました。@奥伊吹、セツブンソウ群生地

    2/28、生憎の雨模様。 こんな日は、以前から見に行きたかったセツブンソウに会いにその場所へ。 ということで、この日お休みの山友さんを誘い、昨年見に行った奥伊吹の集落、大久保のセツブンソウを見に行ってきました。 昨年はちょっと終わりかけだったようで、群生地はまばらだったのですが、今年はどうなんでしょう。 昨日からの雨の状況が心配でしたが、この日を逃すと多分今年は見ることが出来ないかも…ということで、半ば強制的に見に行ったという感じでしたが、結果的には見に行って良かったです。 天気予報は午前中は雨で、午後から上がるとの予報。集合を11時と、ちょっと遅らせて昼からの始動ということにしました。

  • 登山速報! 久しぶりの下呂の山。白草山に登ってきました。

    平日休みの仲間で計画した山登り。なんと天気予報はその日だけ雨(涙)。 ネット情報を駆使して雨の降らない山を探していたら、下呂方面のみ晴れ予報(笑)。ちょっと遠いけど、こうなりゃ下呂へ行くしかない!ということで、久しぶりに白草山に登ってきました。 下呂の山は本当に久しぶり。しかも白草山は2年ぶりかな。 事前に登山道状況やアクセス状況を調べていたら、二日ほど前まで登山口周辺が凄いことになっていました。なんと、道路凍結。中にはスタッグしてしまい、結局登れなかった方もいたようです。 急遽下呂にお住いの大先輩たちに連絡を取り、状況確認。スタッドレスを履いていれば大丈夫のようです。安心して当日現地へ。 ところが… 本日は触りのみを簡単にお伝えしますね。

  • 速報! 毎年恒例。中山道妻籠宿から馬籠宿までまったりと歩いてきました。

    毎年恒例となっている中山道街道歩き。 いつもは梅、桜が咲く春か、紅葉の秋に歩くのですが、今回はこの時期。2月21日に歩いてきました。 いつも一緒に山歩きをしている仲間二人が昨年足の手術をして、その快気祝いを兼ねて歩こうと企画しました。 ルートは、中央線南木曽駅から妻籠宿へ向かい、妻籠宿から馬籠宿まで中山道の旧道を歩くというもの。 普段自分一人ならそのまま落合宿、若しくは中津川宿まで足を延ばすのですが、今回は山友さんお二方の快気祝い歩き。あまり無理はできません。 馬籠宿まで歩いて、余裕があれば落合宿まで行ければいいかなと。 今回は速報として一部ご紹介いたします。

  • 登山速報! スノーシューハイクで阿智の富士見台高原に行ってきました。

    スノーシュー歩きをしたことがない山友さんのリクエストにお応えして、2/18に星空が一番綺麗な村と称される阿智の富士見台高原にスノーシューハイクをしてきました。 ここは、スノーリゾートとしても有名なところで、眺望も最高に良いし、スノーハイクをするにもビギナー向き。しかも、スノーシューレンタルもしているという、至れり尽くせりのスポット。 今回は自分含めて7人所帯で楽しんできました。しかも、初スノーシューメンバーが5人(笑)。 きっとハマるだろうな~。とニヤニヤしていましたが… なんと現地の雪の状況が… 詳しくは後日お伝えするとして、今回は例のごとく、触りだけを少しお伝えいたします。

  • 2018.11.19~20 秋を満喫する山旅。滋賀の名低山二座、一泊二日の旅 其の二;11/20 琵琶湖と若狭湾を同時に観ることが出来る素晴らしい稜線。赤坂山周回登山

    秋を満喫する山旅、滋賀編の二日目は高島市のマキノ高原に鎮座する赤坂山。 花の名山としても有名な赤坂山。一度登ってみたかったんですよね。 昨日金勝アルプスを登った後、滋賀の山友さんの自宅に一泊させていただき、いよいよ楽しみな赤坂山です。昨日に引き続き、泊めていただいた山友、ヨシオさんにアテンドいただく山旅です。二日間よろしくお願いいたしますm(__)m 昨日の雨が残ると嫌だなぁ…と思っていたのですが、なんとか雨もあがり、晴れ間が見えてきました。いい登山日和になりそうですね。

  • 登山速報! 揖斐の池田山へちょこっとだけスノーハイクを楽しんできました。

    この時期、スノーハイクをまったりと堪能できる岐阜の低山、揖斐の池田山へ雪を求めて行ってきました。 今年は例年より暖かく、先日登った鈴鹿の藤原岳もこの時期で積雪が50cmなかったこともあり、ちょっと池田山もあるかどうか心配でした。 まぁ、なければないでまったり低山歩きをしようということで、当日麓にある道の駅まで向かったのですが、麓から仰ぎ見ても雪が付いている感じは無し。 場所を変えて近くの伊吹山にしようかという案もあったのですが、せっかくだからと登ることにしました。 池田山、いつもは霞間ヶ渓(かまがたに)からのピストンで登っていたのですが、今回2~3年ほど前から作業用登山道を整備して綺麗になった大津谷登山道(霞間ヶ渓登山口から3キロほど北上したところ)を初めて使ってみました。登りが大津谷ルートで、下山を霞間ヶ渓ルートの周回です。 まず霞間ヶ渓登山口に一台車をデポし、もう..

  • 2018.11.19~20 秋を満喫する山旅。滋賀の名低山二座、一泊二日の旅 其の一;11/19 小雨降る岩の殿堂、金勝アルプス

    ここ最近非常に気になっている滋賀の山々。武奈ヶ岳、赤坂山、金勝アルプス、金糞岳、リトル比良…。結構い登ってみたい山々が多々あるのですが、距離的に日帰りでは中々行くことが出来ません。 いつも岐阜の山に遠方からお越しいただき、ご一緒している滋賀のお友達のご意向に甘えさせていただき、お宅に一泊させていただいて栗東の金勝(こんぜ)アルプスと高島の赤坂山に登ることができました。 初日は金勝アルプスに。一泊させていただいて二日目は赤坂山という日程です。 まず初日の金勝アルプスをお伝えいたします。 今回はのんびりと電車で滋賀まで向かいます。南草津駅で山友さんと待ち合わせ。 楽しみです。

  • 2018.11.12 鈴鹿セブンマウンテンの名峰、岩の殿堂・御在所岳の秋。 初めての本谷ルート登攀。

    11月に入って、秋も段々深くなってきた感があり、紅葉と山を堪能したくて、どこかいいところないかと調べていたところ、滋賀の山友さんから「秋の御在所なんかどう?」のひとことで即決定(笑)。 そういえば御在所って秋に登ったことなかったような…。ということで、秋の御在所岳を登ってきました。 山友さん曰く「秋の紅葉を観ながら登るなら本谷が一番綺麗」だとのこと。 御在所岳登山は毎年恒例となっているのですが、その殆どが中道ルート。この本谷ルートは初めてです。 この本谷ルートは正規の登山道ではなく、登山地図にも記載されていない所謂バリエーションルートで、以前はよく、単独では絶対に入山しないような呼びかけもありました。これは現在も余程このルートを歩き慣れた経験者に同行してもらったほうが良いとされる難所。 私もこのルート、以前から気になっていたのですが、中々登る機会に恵まれず、今日に至ってしまいまし..

  • 2018.11.08 山頂周辺の岩場が楽しい美濃加茂の隠れた名低山、「続ぎふ百山・米田白山」(再訪)

    暖かな秋空の11月8日。こんなに気持ちいい穏やかな日、外に行かなきゃ勿体ない! ということで久しぶりに地元低山の米田白山(岐阜県美濃加茂市)に登ってきました。 この山、今年の2月に一度登ってみたのですが、標高270mでサクッと登れてしまう山でありながら、山頂からの岩の稜線が素晴らしく、結構楽しめます。 今回は、久しぶりの木曜会のメンバーを誘って登ってきました。 ※前回登った時のブログ記事はコチラをご覧ください。

  • 登山速報! 藤原岳で雪遊びをしてきました。

    今年初めての雪山登山。1月31日に鈴鹿セブンマウンテン、藤原岳に登ってきました。 但し、登頂しない山歩き(笑)。 当初は富士見台高原か、伊吹山系の池田山(大垣市)でスノーシュー遊びをしようと計画していたのですが、まさかのピンポイントで、雨予報(涙)。 特に富士見台高原は風もかなり強い予報だったので、日を改めることにしました。 天気がよろしくない日に登れて、雪遊びが出来る山を探したところ、やはり鈴鹿山系ということになり、正月にやはり雨で登れなかった藤原岳に再挑戦ということになりました。 あそこなら最悪吹雪いても、避難小屋があるので大丈夫だろうと… 結局、登っていくうちにホワイトアウトとなり、登頂は断念しましたが、小屋内での宴会、そして小屋前でまったりと雪遊びをしてきました。 詳細は後日お伝えしますが、今回も例によって、触りを少しだけお伝えしますね。

  • 登山速報! 岐阜県の石津御嶽から三重県、多度山へ越境縦走してきました。

    「モッフモフの雪の上を歩きたい」…山友さんからのリクエスト。 ならば、この時期モッフモフの雪の上を難なく歩けるとっておきの山、企画してみました。 二年前の同じころ、モッフモフの雪の上を気持ちよく歩いた場所、岐阜県海津市の石津御嶽から三重県桑名市の多度山への縦走。 養老山脈の南端からの縦走です。石津御嶽から多度山へ向かう縦走路は積雪すると凄く気持ちいいんですよね。 幸か不幸か2~3日前から三重県北部は大雪警報発令中。 きっと雪が積もっているに違いない! との予想を立て、仲間を引き連れて行ってきました。 しかし… 詳細は後日お伝えするとして、今回は触りをご報告いたしますね。

  • ダークナイト(バットマン)化したジェームズ・ボンド。「007」にダークさって要るの?

    ちょっとここらで珈琲ブレイク… 先日、某映画レビューサイトでダニエル・クレイグの007「スカイフォール」の記事を読み、ちょっと気になって体調が悪かったこともあり、休日毎にダニエル主演の007を見直していました。 ここのところ映画観てなかったから、丁度いい機会かなと…。 元々007シリーズは好きで、劇場では「私を愛したスパイ」以降、ピアース・ブロスナンの「ダイ・アナザー・ディ」まで。それ以前のロジャー・ムーア作品と、ショーン・コネリー作品はビデオ・DVDで全て観ている所謂「007マニア」(笑)。 ただダニエル・クレイグになってからのは劇場では観ていません。 どうしても彼の風体がジェームズ・ボンドって感じじゃないんですよね(苦笑)。 とりあえずはソフト化されてから一通りは観ているのですが…。 で、先日某映画レビューサイトでこのダニエル・ボンドの記事を読んで、か..

  • 登山速報! リハビリ登山で鳩吹山から継鹿尾山縦走してきました。

    今年に入って正月明けから体調を崩し、ずっと山に行くことが出来ませんでした。 本当に今年の風邪はしつこい(笑)。熱はすぐに治まったのですが、咳が止まらなかったことと、喉の痛みが中々引きませんでした。幸いインフルエンザではなかったので、ほっとしていますが、今年も猛威を振るっていますね。皆さんどうか体調だけは十分にお気を付けくださいませ。 さて漸く治ってきたので、5日の御在所以来久方ぶりに山友ハジメくんを誘って山歩きをしてきました。 リハビリ登山ということで、可児市と犬山市に跨るホームマウンテン、鳩吹山と継鹿尾山を縦走です。 ハジメくんは鳩吹山は初めて。兼ねてから気になっていた山だったそうです。自分のホームマウンテン、気に入ってくれるといいな。 前回の御在所は、山に登らない山歩き(ロープウェイで山頂まで)でしたので、本格的な山歩きは今年初。 久しぶりの山歩き、楽しかったです。..

  • 2018年下半期の山行記の一部をリストアップしました。

    昨年(2018年)の下半期(6月から)に登った山の索引を一部リストに入れました。実は今回まだ11月以降の山行記をアップしておりません(涙)。 昨年後半は例年になく山に登っていて、しかもひとつひとつの山行の内容が濃いため、記事がどうしても長くなってします(^^;。ひとつの山行記をアップできない状態でまた次の山に登りに行ってしまう…。これが続いて更新がどんどん遅れてきてしまいました(苦笑)。 それを補うために「速報」というカテゴリを作ったのですが、余計遅くなってしまいました(自爆)。 ### いいわけ ### いいわけ ### いいわけ (^^;(^^;(^^;(^^; ということで、現時点でアップしている10月までの山行記をリストに載せましたので、ご了承くださいませ。()内の日付をクリック(タップ)いただければその日の山行記をご覧いただけます。 またちょ..

  • 2018.10.31 紅葉と絶景の山歩き。岐阜二百名山・二ッ森山と天空の城跡・苗木城巡り (後編;苗木城跡散策) 

    紅葉と絶景の山歩き、後編は中津川市にある "東濃の天空の城跡" 苗木城跡を巡ります。 二ッ森山で絶景と紅葉を思う存分楽しみました。でも今回はそれだけじゃありません。皆さんせっかく遠方からわざわざお越しいただいているのですから、めいっぱい東濃を楽しんでいただきましょう(*^^)v。 今回のプランは岐阜二百名山の二ッ森山と苗木城。岐阜県の東濃には二つの山城がありました。ひとつは恵那市岩村の岩村城跡。そしてもうひとつは今回ご紹介する中津川市にある苗木城です。 どちらも城そのものはありませんが、それぞれ県を代表する名所となっています。 さ、二ッ森山を下山した "ぼのツー" 御一行様、苗木城目指して出発です。 ※ 前編、二ッ森山の登山記はコチラをご覧ください。

  • 2018.10.31 紅葉と絶景の山歩き。岐阜二百名山・二ッ森山と天空の城跡・苗木城巡り (前編;二ッ森山)

    滋賀のお友達のリクエストで一年ぶりの二ッ森山へ紅葉ハイキング。この山はサクッと登れて、山頂からの眺望が最高。地元東濃の山々の中でも屈指の眺望の良さ。 でもせっかくわざわざ滋賀からお越しいただくので、二ッ森山だけじゃ勿体ないということで、昨年同様、登山後に名勝観光もして貰おうと、中津川市の名所、苗木城跡へご招待。 久しぶり、夏以来の「ぼのツー」第二弾です(笑)。 ツアー内容は、昨年鈴鹿のイバッチさんをご招待したときと同様のツアー内容にお風呂付き(笑)。 まず二ッ森山登山。山頂でランチ後、下山して中津川のもう一つの名所、苗木城跡を散策。最後に山の中の温泉、蛭川の「東山ラジウム温泉」でまったりしていただきます。 ささ、「ぼのツアー」秋編の始まりですよ~(^_^)v

  • 2018.10.26 京都一周トレイル 第2ステージ 東山ルート・蹴上から比叡山 (後編;哲学の道から瓜生山、そして比叡山へ)

    京都一周トレイル 第2ステージ 東山ルート。 後編の本編は、哲学の道から再び山に入り、瓜生山を経て比叡山に向かいます。 蹴上から大文字山を目指した前編。台風による倒木でかなり手こずりましたが、火床を観ることが出来、とても感動しました。 さて、この後編、哲学の道から比叡山の区間ではどんな素晴らしい景観をみせてくれるのでしょうか。 ルートは銀閣寺の傍、哲学の道から瓜生山、てん子山を経て比叡山へ。東山最終標識をタッチし、叡山ケーブルで下山する予定です。 さぁ、歩を進めましょう。 ※ 東山ルート前編の記事はコチラ⇒

  • 2018.10.26 京都一周トレイル 第2ステージ 東山ルート・蹴上から比叡山

    京都一周トレイル第2ステージ。 もっと早くこの第2ステージを歩く予定でしたが、大阪の地震、そして度重なる台風上陸により、なんと第1ステージから5ヶ月もブランクが開いてしまいました。 今回は、前回のトレイルの終着点、蹴上から比叡山までのルート。この区間には京都の有名な大文字山などを越えるルートになっていて、台風の影響がちょっと心配ではありますが、京都周辺の山は未踏なので非常に楽しみにしていました。 概略は「速報!を参照していたければと思います。 さ、いよいよ京都一周トレイル、再開です。 尚、前回の第ステージの模様はコチラをご覧くださいませ。

  • 登山速報! 2019年登り初めは登らない山歩き。雪の御在所岳山頂周辺をスノーハイク。

    2019年、今季初の山歩きはスノーハイク。 実は藤原岳に登る予定でしたが、生憎前夜からの雨が朝方まで残り、登山口近くまで行きながら断念。 あのカルスト台地の山頂周辺をスノーシューハイク&ヒップそりで遊びたかったのですが、これだけ雨にやられたら、登山口近辺から5合目まではドログチャだろうということで中止にしました。 近くの町並み観光とかグルメツアーとか考えたのですが、やはり山馬鹿(笑)。 「山に登りたい!」(爆)。 で、どこか他に登れるところないかいなと考えた末、近くの御在所岳へ変更。 御在所ならロープウェイを利用して山頂まで行けば、麓のドロドロ、グチョグチョは回避できますからね。 ということで登らない山歩き(笑)、ロープウェイを利用して山頂周辺をスノーハイクしてきました。 御在所ロープウェイは幼少のころ親と乗って以来。だから40年ぶりくらいか(笑)。 ..

  • 2019.01.01 あけましておめでとうございます。

    新年あけましておめでとうございます。 この地方は穏やかに晴れ渡りました。新しい年のはじまりですね。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年の元旦は、二年ぶりに初日の出を拝むことが出来ました。残念ながら山ではなく、自宅からではありますが…(苦笑) やはりご来光は山で観ても自宅のベランダから観ても素晴らしいですね。神々しい…。 今年も公私ともに頑張っていこうと誓いました。

  • 2018年を振り返って…

    早いもので、2018年もあと1日を残すのみとなりました。 皆さま、2018年はいかがな年でしたでしょうか。 しかし日の経つのは早いですね。2018年の新年を迎えたのがついこの間のように鮮明に覚えていますよ(笑)。 さてこの一年を振り返ってみると、当ブログのタイトルである「自転車散歩」が殆ど無くなり、山登り一辺倒になってしまった感があります(笑)。 たまには乗ってあげないと…なんて思ったりもしていましたが、各シーズンに一度づつくらいしか本年は乗ってなかったような気がします。 来年はもうちょっと乗ってあげようかなとも思っているのですが…。 ということで(強制的に話題を変えたりしますが…笑)、今年も沢山山に登ってきましたね。そこで今年登った山々を振り返ってみたいと思います。

  • 2018.16~17 山に登らない山旅。神が降り立つ地、上高地。 @家族旅行 (後編) 

    山に登らない山旅、上高地一泊旅行。 初日は大正池方面を散策してきました。 二日目は、河童橋から散策道を歩いて明神方面へ向かいます。 ※ 初日のブログ記事はコチラ⇒

  • 2018.16~17 山に登らない山旅。神が降り立つ地、上高地。 @家族旅行

    以前「速報!」でお伝えしていました山に登らない山旅、上高地一泊旅行。 漸く本文に取り掛かることが出来ます(苦笑)。 って、「もう何か月前のことなんだよ」って感じですが…m(__)m もう記憶も大分薄れてきてしまっていますので、大まかな概略は「速報!」をお読みいただくとして…(結構いい加減 ^^;) 今回は、Pic中心にお伝えしたいと思います。 ※上高地旅行「速報」の記事はコチラ⇒

  • 登山速報! 本年度登り納め? 雪を期待して昨年に引き続き養老山に登ってきました。

    いよいよ今年もあと僅か。早いですねぇ。 段々と…というか更にも増して一年が早く感じてくるようになりました。 山登りの方もそろそろ登り納めかな? 今年もまた昨年同様、養老山に登ってきました。 今回は少し前にお友達になった方とご一緒。登る山は昨年末と同じですが、新鮮な感じがしました。 昨年は雪と樹氷が美しかった養老山でしたが、今年は? ※前回の養老山周回登山の記事はコチラ⇒

  • 2018.10.12 釜ヶ谷山、読図講習実践登山

    以前「速報!」でお伝えしていました、知人主宰による "コンパス・読図講習実践登山" のお手伝いで、岐阜県山県市の釜ヶ谷山に登ってきました。 概略は「速報!」に記していますので、ここでは割愛させていただきますが、今回初めて教える側のスタッフとして実際に地図を見ながら先導させていただきましたが、本当、色々と勉強になりました。 釜ヶ谷山「速報」のブログ記事はコチラ⇒ 当日は先日来の雨や台風の影響、そして当日も雨模様で登山道の状況がちょっと心配でしたが、予定通り開催。 集まった生徒さんは女性7人男性1人の8人。そして私を含むスタッフが2人の合計10名での山行です。 読図講習は知人主宰で何度も行っている人気講習。本日も殆どの方が1~2回は受講しているそうなので、ちょっと安心です。

カテゴリー一覧
商用